- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

統合失調症

97電磁波犯罪と精神医療 :2017/09/09(土)13:05:10 ID:LxK
■携帯電話の基地局問題 2013年10月16日(水曜日)
「携帯基地局は稼働していません」と住民に説明、実は電波は発信されていた 加害企業を特定中 海老名市の基地局問題

www.kokusyo.jp/%E3%80%8C%E6%90%BA%E5%B8%AF%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E5%B1%80%E3%81%AF%E7%A8%BC%E5%83%8D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%
84%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%80%8D%E3%81%A8%E4%BD%8F%E6%B0%91%E3%81%AB%E8%AA%AC%E6%98%8E/

Aさんは退職後、自宅の玄関から4メートルのところにある電柱の上に設置されたU字型の携帯アンテナから放出されるマイクロ波を、ジャワーのように、浴び続けて
きた。玄関さきの庭に立つと、ほぼ真上からマイクロ波を放射されるかたちになる。そこで延々と趣味のガーディ二ングをする日々を送っていたのだ。 しかし、驚く
べきことに基地局は稼働していないと説明を受けていた。そのために自宅直近の基地局から放射される電磁波に対する対策は取れず、体調不良を重症化させてしまった
のである。
この電話会社の名前は、現在、調査中である。わたし個人としては、刑事告訴してもいいのではないかと考えている。
Aさんの日誌によると、体に異変が起こったのは、2011年5月27日だった。 趣味のガーディニングをしいる時に、右耳に「ぶあん?ぶあん?」という奇妙な感覚
を覚えた。最初の頭鳴だった。しかし、電磁波による影響を疑うことはなかった。 この日を皮切りに、Aさんはたびたび同じ感覚に見舞われるようになった。 6月
29日の夜、NHK番組・「歴史秘話ヒストリア金閣寺と銀閣寺」を見ているとき、「じーん」というセミの鳴き声が伝わってきた。最初は、番組の音響演出だと思った
という。ところが番組が終わっても、セミの鳴き声はやまない。 7月1日には、「じーん」という音や「ぶあんー」という音
響だけではなくて、目覚まし時計の音も聞こえた。
体の異変を察したAさんは海老名市の病院を受診した。しかし、医者に電磁波過敏症の知識はなく、ビタミンB2を飲むようにアドバイスした。 医師の指示に従ったが
まったく効果はなかった。 次にインターネットで探した横浜市の病院へ足を運んだ。しかし、やはり診断はつかず、医者は、 「気長になおしなさい。なれるより仕方
がない」 と、アドバイスしただけだった。 その後、Aさんは精神錯乱を体験することもあったという。
このレスの続きを表示(9件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





統合失調症