- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

統合失調症

96名無しさん@おーぷん :2017/08/23(水)23:20:33 ID:OOc
■交流磁界が細胞内Caイオン濃度の調整機能に及ぼす影響の解析 / 研究代表者 駒崎 伸二(埼玉医科大学 医学部 解剖学)
www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol38/01/jsms38_024_028.pdf

細胞内Caイオン濃度の変化は、遺伝子発現や細胞のさまざまな生理機能などに密接に関連するがゆえに、磁界の作用により引き起こされる細胞内Caイオン濃度
の変化は、磁界が人体に及ぼす影響を考える上で最も重要な点の1つと考えられる。
たとえば、最近問題になっている、交流磁界とアルツハイマ ー病や乳がんの発生率の増加、そして、メラトニン分泌の減少などには、磁界による細胞内のCaイオ
ン濃度への影響が少なからず関与していることが指摘されている(4)。それゆえ、今回の研究で提起された問題点のさらなる解明は、アルツハイマー病や乳がんなど
をはじめとして、交流磁界が人体に及ぼしうる影響の解明とその予防策に大きく貢献すると考えられる。

(4)Davanipour Z,Sobel E.Long-term exposure to magnetic field and the risks of Alzheimer's disease and breast cancer:Further biological research.
Pathophysiology 2009;16:149-56.)
このレスの続きを表示(8件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





統合失調症