- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

鬱病歴8年34歳男クソニートだよ

1名無しさん@おーぷん:2016/12/13(火)00:05:30 ID:UgF()
僕の母が学生だった頃に祖母が「真如苑」と言う宗教団体の信者となりました。
僕の母も祖母とともに信仰をするようになり、その母の元に生まれた僕も生まれた時から信仰をして(させられて)いました。
週末や祝日などに参拝に行き読経をすると言う、今にして思えば普通ではない生活でしたが、小さい頃はそれが普通だと思っていました。
小学校の高学年になり、自分の家庭が他の家とは異なると気付いてからは、積極的に参拝することはなくなりました。
高校生か大学生の頃に信仰をやめることを母親に伝え、それからは家族が参拝に行くのをただ見送るという生活となりました。

2008年の秋頃、大学の同窓生だったM浦仁美さんと交際することになりました。
2009年の1月下旬頃だったと思います。M浦さんを僕の家族に紹介するにあたって、僕の家族がいわゆる新興宗教を信仰していることが気になり、
そのことをM浦さんに打ち明けました。その場では特に拒否反応がなかったため、気にしないでくれるのかと思いました。
しかしその翌日から1週間ほど、彼女と連絡が取れなくなりました。
そして1週間後、「連絡がとれなくなった理由は宗教のことなのか」とM浦さんにメールで聞いたところ、「そうだ」との回答が返ってきました。
当時、M浦さんとの交際が終わってしまうことを最も恐れていたのと、元々家族の信仰に批判的だったこともあり、
「僕は一切信仰をしていない。また、僕の家族はM浦さんに信仰を無理強いさせるようなことはないし、僕に対してもそういったことはしてこない。
万一そのようなことがあれば家族と縁を切ってでもいいから、M浦さんと一緒にいたい」とメールをしました。
それに対し「宗教が嫌いだから生理的に無理」と言う返事がありました。
可能性として破局を考えていなかった訳ではありませんでしたが、切り返しの言葉があまりにショックでした。
その後、「別れるのは仕方ないとしても、1週間ずっと連絡もなく無視され、その後いきなり別れるというのはあまりにも辛い。
また、詳しい理由など、何もわからないのも嫌だ。せめて一度話をしたい」とメールしましたが
「生理的に無理だからもう無理。会いたくない」との返事が返ってきました。
相手に迷惑をかけてはいけないと思い、交際を終わらせることに同意するメールを送りましたが、
この時のやり取りで僕はおかしくなったように思います。
破局した日は平日で、仕事の移動中にメールのやり取りをしたのですが、
移動中に乗っていた電車のホームに飛び込んで死のうかと思い、何十分か立ちすくんでいた覚えがあります。
あの時に死んでいればよかったと、今でも思うことがあります。

その後、病院でうつ病との診断を受け、服薬しながら仕事をしていましたが、1年ほどで休職することとなりました。
休職を機に実家に戻りましたが、破局の原因となった家族と一緒にいるのは辛かったです。
いつ頃かは覚えていませんが、「僕のことを思うなら信仰をやめてくれないか」と母に聞きました。
しかし、僕と宗教のどちらか片方は選べないと言われました。この時から、母に対する絶望が今に至るまで続いています。
家族の信仰と言う、僕がコントロール出来ないことが理由で好きだった女性と破局することになり、それだけでも苦しくて仕方がないのに、
その宗教と自分の息子を天秤にかけた時に、息子を選べない母親の元に生まれたと感じ、とても悲しくなりました。
何故僕を産んだのだろう、と思いましたし、こんなことになるなら産まないで欲しかった、産まれて来たくなかったと思いました。
2名無しさん@おーぷん :2016/12/13(火)00:05:51 ID:UgF()
家族と離れたほうが病状がよくなるのではないか、と医師に言われたこともあり、また一人暮らしをはじめました。
2012年の初夏だったかと思いますが、自殺を試みたことがあります。市販の風邪薬を十数瓶まとめて飲みました。
インターネットで致死量を調べて、買いだめしてから飲んだのですが死ねませんでした。あの時に死にたかったです。

その後復職して働いていましたが、上司の無視などが原因で体調を崩して休職しました。会社とは折り合いがつかないまま、11月中旬に退職しました。
しばらく時間をおいて転職活動をし、2015年2月に新しい会社に入りました。
しかし、労基に違反している箇所がいくつかあり、また、客先に一人で常駐をしたくないと言っていた僕の希望が通りそうにもありませんでした。
それに加えて家族の信仰の件、住んでいたマンションの騒音の件などが重なり、体調を崩して2015年7月に退職しました。

最初の会社の後輩の紹介で、2016年5月に3社目の会社に就職しました。
しかし入社2日目で体調を崩してしまい、その後一度は職場に復帰しましたが8月初旬に退職しました。
体調を崩した理由は、GW半ばに母方の叔父から母親の所に遊びに行こうと誘われたこと、
気候が不安定で自律神経に悪影響があったこと(医師に言われました)、会社の契約上、入社後半年間で成果を挙げなければいけいないプレッシャーなど色々とあったと思います。
自分が自分で思っていた以上に打たれ弱く、病状も良くなっていないと言う現実を改めて突き付けられたようで、立ち直れそうにありません。
毎日が辛くて苦しく、何かをする気力もありません。また、辛い状態を隠して一部の人に接することにも、疲れました。
3名無しさん@おーぷん :2016/12/16(金)00:51:36 ID:1JD
松浦あいつ死ねばいいのに
○ューチャーインフィニティに務めてたあいつ
○R貨物勝島社宅に住んでいたあいつ

ちね!
ちねちった!
4名無しさん@おーぷん :2017/01/31(火)14:30:34 ID:uqN
SHINE
5名無しさん@おーぷん :2017/02/19(日)19:50:54 ID:N2s
まつうら仁美しね
6名無しさん@おーぷん :2017/08/04(金)20:11:59 ID:Twl
松浦仁美死ね

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





鬱病歴8年34歳男クソニートだよ