- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

Cで九九の表を出力したった

1名無しさん@おーぷん:2014/05/05(月)07:36:09 ID:p3hV1xxHG()
だれか添削してくれよ。拡張でもいいから。

https://ideone.com/Yxx8n3
2名無しさん@おーぷん :2014/05/06(火)03:56:57 ID:7b5GGCH1n
桁数は文字列に変換して、文字列の長さを求めたらいいんじゃね?
3名無しさん@おーぷん :2014/05/07(水)12:26:06 ID:xVVWgqqYu
なるほど。それは思いつかなかった。ていうか賢いな。関数ひとつ減るよね。
4名無しさん@おーぷん :2014/05/08(木)23:22:46 ID:suzujsw6l
修正したよ!(・∀・)
https://ideone.com/g1H4yo
5名無しさん@おーぷん :2014/05/09(金)12:50:31 ID:FB8gKdGv2
アスタリスクの位置が混在してる
FILE* stream
FILE *stream
私は型側派
6名無しさん@おーぷん :2014/05/09(金)17:20:18 ID:SVgLYhWr8
私も型側派
直したよ!(・∀・)
https://ideone.com/tSLDJ8
7名無しさん@おーぷん :2014/05/10(土)01:38:51 ID:OlqtlvXUq
5です
直したのか!
実際にコンパイルして使ってみた。
画面に何もでないのでフリーズしたかと思った。
46行目の前にコレいれよ
fprintf(stdout, "九九の表の開始と終了の値を入れて下さい(例:\"1 9\") >");
もし職業プログラマ目指すなら、自分の母親でも使えるような心遣いを
8名無しさん@おーぷん :2014/05/10(土)10:06:42 ID:GRaMaMkXB
なるほど。心遣いは大切だよね。
修正したよ!(・∀・)
https://ideone.com/GWWubM
9名無しさん@おーぷん :2014/05/10(土)10:55:28 ID:GRaMaMkXB
てか、わざわざコンパイルして使ってくれたのかw
ありがとん
10名無しさん@おーぷん :2014/09/10(水)21:58:05 ID:K8ZVE9t09
// Delphiだとこんな感じ

unit Unit1;

interface

uses
 Windows, Messages, SysUtils, Classes, Graphics, Controls, Forms, Dialogs,
StdCtrls;

type
 TForm1 = class(TForm)
  Button1: TButton;
  Edit1: TEdit;
  Edit2: TEdit;
  Label1: TLabel;
  Label2: TLabel;
  Memo1: TMemo;
  procedure Button1Click(Sender: TObject);
 end;

var
 Form1: TForm1;

implementation

{$R *.DFM}

11名無しさん@おーぷん :2014/09/10(水)21:58:15 ID:K8ZVE9t09
procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
var
 X, Y, A, B, MaxLen: Integer;
 S, Line: string;

 function NumStr(N: Integer): string;
 begin
  Result := Format('%' + IntToStr(MaxLen) + 'd', [N]) + '|';
 end;

begin
 Memo1.Clear;
 A := StrToInt(Edit1.Text);
 B := StrToInt(Edit2.Text);
 MaxLen := Length(IntToStr(B * B));

 Line := '';
 for X := A to B + 1do
  Line := Line + StringOfChar('-', MaxLen) + '+';

 S := StringOfChar(' ', MaxLen) + '|';
 for X := A to B do
  S := S + NumStr(X);
 Memo1.Lines.Add(S);
 Memo1.Lines.Add(Line);

 for Y := A to B do
 begin
  S := NumStr(Y);
  for X := A to B do
   S := S + NumStr(X * Y);
  Memo1.Lines.Add(S);
  Memo1.Lines.Add(Line);
 end;
end;

end.
12名無しさん@おーぷん :2014/09/12(金)04:45:12 ID:QrJC3LZaQ
Javaプログラムの構成
http://ext-web.edu.sgu.ac.jp/nikku/nikkunisemi/nikkunisotuken2003/03_study/03_product/01_miyata/java2_1.html

JavaScript 九九表 | 職業訓練学校に行ってみた結果
http://kamukamuline.jugem.jp/?eid=83
13名無しさん@おーぷん :2014/11/20(木)02:42:21 ID:JCv9YoXL0
R 言語だとこんな感じになるよ!
https://ideone.com/J6xaLu
14名無しさん@おーぷん :2015/02/23(月)01:22:45 ID:2hw
面白いスレだな、ここのコード全部githubにおいといてコレクションしない?
15名無しさん@おーぷん :2015/02/26(木)18:56:04 ID:WHI
どう書く.org みたいなアレか
16名無しさん@おーぷん :2015/02/26(木)19:24:50 ID:xkY
雑な haskell
http://ideone.com/WAPvU0
17名無しさん@おーぷん :2016/10/04(火)10:21:32 ID:oGZ
Cはともかく、Rも、そしてhaskellまで身に着けているの? すごいな。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





Cで九九の表を出力したった
CRITEO