- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

アーサー・C・クラーク

5名無しさん@おーぷん :2018/06/14(木)21:45:58 ID:f9d()
2001年宇宙の旅


クラークはスタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』で映画と関わるようになった。
2人は1964年、ニューヨークで会い映画製作で協力する可能性について話し合った。
その過程でクラークの短編「前哨」(1948) を元にした物語とすることが決まった。

元々はクラーク自身が脚本を書くことになっていたが、
キューブリックがブレインストーミングの中で、まずイマジネーションを自由に羽ばたかせるために小説を書き、それに基づいて映画を作ってはどうかと提案した。
クラークは後に「そういう形で始まったが、最終的には小説と脚本は同時進行で相互にフィードバックする形で進められた。
だから私は映画の試写を見た後にいくつかの章を書き直した。創作技法としては苦労が多いもので、これを楽しめる作家は滅多にいないだろう」と述べている。

すなわち「映画原作本」「映画のノベライゼーション」といった関係ではない。
映画の劇場公開は1968年4月であり、小説の出版は同年7月である。

最高のSF映画として全世界で高く評価されており、日本の旧文部省が「特選」に指定した唯一のSF映画でもある。
このレスの続きを表示(4件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





アーサー・C・クラーク
CRITEO