- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

幽霊・妖怪・怪物・怪獣・天使・妖精・悪魔・

1名無しさん@おーぷん:2016/04/29(金)17:09:47 ID:Atw()
民間伝承や神話の生き物、宗教的魔物からネッシーやツチノコのような居るんだか居ないんだか解からないUMAまで幅広く語りましょう。
71名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)21:34:05 ID:pzK
>>65
煙々羅(えんえんら)とは、江戸時代の妖怪画集に収録されている、煙の妖怪もしくは、煙に宿った精霊であるとされ、
いろんな姿になりながら大気中をさまよって、かまどやふろ場の煙りの中に、人の顔になって現れると言われています。
煙の妖怪であるために、無心でぼんやりと煙を眺める心の余裕がある者でないと、見ることができないとされています。
72名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)21:35:13 ID:pzK
>>65
勧修寺という宰相家に、女性の絵が描かれたぼろぼろの屏風がありましたが、
穂波殿の侍所からその屏風の借用を依頼されたために貸したところ、屋敷近辺で怪しげな女性が目撃されるようになりました。
ある日、女性の跡を追ってみると、屏風の前で姿を消しました。
穂波殿は気味悪がり、屏風は勧修寺に返却されました。
すると今度は勧修寺の方にも女性が現れるようになったため、絵師に調査させたところ、
絵は江戸時代の土佐光起のものであることが判明したため、絵を修復し、大切に保管したところ、女性は現れなくなりました。
73名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)21:35:59 ID:pzK
>>65
狂骨とは、井戸から出てくる白い着物を着た骸骨として、江戸時代の妖怪画集「今昔百鬼拾遺」に収録されていますが、
井戸から現れることと、凄まじい怨みを持っていること以外にはよく分かっていませんでしたが、
最近の文献では井戸に捨てられた骸骨が強い怨念により死霊化したものや、井戸に落ちて死んだ人間が化けて出ているなどの説があります。
74名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)21:36:58 ID:pzK
>>65
能登の戸板村、現在の石川県に出たとされる妖怪です。
笠松甚五兵衛という村人の家で、妻が便所に入ると何者かに尻を撫でられたというので、笠松甚五兵衛が刀を持って便所に入ると、毛むくじゃらの手が出てきたために刀で切り落としました。
すると3日後に、妖怪が3人組の僧に化けて、その手は黒手であり、僧の一人が自分の手だと叫び、約2.7メートルくらいの怪物になり、手を持ち帰ってしまいました。
ある日の夕方、甚五兵衛が歩いていると突然空から衾のようなものが降りてきて、彼を持ち上げて2メートルくらいの高さから落としました。
すると、彼が持っていた刀がなくなっていました。
75名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)21:37:43 ID:pzK
>>65
夜泣き石に関する伝説は、日本の各地にあり、ある場所では夜泣きがひどい子をおぶってその石にお参りすると夜泣きが治まるというものや、
夜な夜な、石の中から子供の泣き声が聞こえるというものなどがあります。
子供の泣き声がするというものには、水害で亡くなった子供の霊や、神社に帰りたいと泣く岩、死んでしまった母親が子を想い泣いているというものなど、さまざまです。
76名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)21:38:23 ID:pzK
>>65
静か餅とは、音の怪奇現象のことなのですが、悪い話ではなく、餅の粉をはたくようなコツコツという音が聞こえ、それが自分の方に向かってくると、運が向いてくる兆しとされていました。
この際に箕という農作業用の道具を後ろ手に差し出すとそこに財産が入ってくるとされており、逆に、音がどんどん遠ざかって行く時は、運の衰えていく兆しとされていました。
77名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)21:41:16 ID:pzK
>>65
魑魅魍魎(ちみもうりょう)とは、山や川から出てくる化け物、妖怪のことを指します。

魑魅は山の妖怪を、魍魎は川の妖怪を指すとされています。
平安時代中期には、すでに語られていたようです。
魑魅は山林の異気から生まれる怪物とされ、顔は人間で体は獣の姿をしているそうです。

魍魎は山川や木石の精霊とされており、あらゆる自然物の精気から生じて
姿は幼児に似ており赤黒色の皮膚をして目が赤く耳が長い鬼のような妖怪だそうです。
78名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)21:42:40 ID:pzK
>>65
辻神とは、中国地方、九州地方に伝わる現世と来世との境界となっていると言われた辻(道が交差した場所)に現れたとされる魔物や妖怪の総称です。
異界より現れるとされる辻神を避けるために、南九州では、T字路に魔除けの石を備える風習がありました。
辻神は、神という名前ですが災いをもたらす悪神として人々に恐れられており、T字路の先に家を建てるとその家では病人が絶えないと言われていました。
79名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)21:43:18 ID:pzK
>>78なんかはアメリカのクロスロード・ブルーズに似た何かを感じる
80名無しさん@おーぷん :2018/06/17(日)03:56:44 ID:RxY
エリア51なんかは米ソ冷戦時代の空軍の秘密基地だったのがハッキリしてるな

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





幽霊・妖怪・怪物・怪獣・天使・妖精・悪魔・
CRITEO