- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ニュース

1名無しさん@おーぷん:2014/05/31(土)22:18:35 ID:ndSPeJXPu()
ナショナルジオグラフィック日本版
http://www.nationalgeographic.co.jp/

「SF」ってよりは科学ですね。
まあ、SFに科学知識は必要なので載せて置きます。
73名無しさん@おーぷん :2017/06/24(土)15:10:46 ID:jjB
【琥珀化石】

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO17692600V10C17A6000000?channel=DF130120166020&style=1
琥珀の中に恐竜時代のひな鳥 頭、翼、足、皮膚も保存
ナショジオ 2017/6/24

2017年6月6日付けの学術誌「Gondwana Research」に発表された論文によれば、このひな鳥は、約6500万年前の白亜紀末に恐竜とともに絶滅したエナンティオルニス類に属するという。
今回の発見は、歯を持つこの古代の鳥について、そして、現代の鳥類とどのように違うのかについて、決定的な情報をもたらすものだ。

また、ひな鳥の化石は、これまでにミャンマー産の琥珀から発見された化石のなかでは最も状態がよい。
ミャンマー北部のフーコン渓谷は琥珀の産地であり、そのなかには白亜紀(1億4550万年前~6550万年前)の動植物が世界で最も多く閉じ込められていると考えられている。
今回の研究はナショナル ジオグラフィック協会エクスペディションズ・カウンシルも支援している。
74名無しさん@おーぷん :2017/07/02(日)00:04:43 ID:nMH
【サイバネティクス】

http://www.afpbb.com/articles/-/3134166?pid=19158200
最先端の義肢「ルーク・アーム」販売へ 米国防総省開発
2017年07月01日 21:24 

【7月1日 AFP】
米ニューヨーク(New York)の退役軍人病院で6月30日、近未来的な義肢の実演会が行われた。

(中略)

何年もの試験を経て、2016年5月に首都ワシントン(Washington D.C.)で初披露されたルーク・アームは、卵のように壊れやすいものからブドウ一粒大の小さなものまでつかむことができ、ねじ回しを扱うこともできる。

ルーク・アームを製造している米企業メビウス・バイオニクス(Mobius Bionics)の代表、ジェイ・バークホルダー(Jay Burkholder)氏は、注文数量にもよるが、年内にも数十セットは販売可能だと述べている。
義肢はそれぞれ受注生産されるが、価格については明らかにされていない。

(後略)
75名無しさん@おーぷん :2017/07/02(日)00:11:21 ID:nMH
【隕石衝突】

http://www.afpbb.com/articles/-/3134072?cx_tag=pc_rankday&cx_position=5#cxrecs_s
天体衝突は人類の「最大課題」なのか 国際アステロイドデー
2017年06月30日 17:37 

【6月30日 AFP】
地球はその45億年の歴史を通して繰り返し隕石(いんせき)の衝突に見舞われてきたが、
それらは、海に落下して被害を及ぼさなかったものから、生物種の消滅を引き起こしたものまでさまざまだ。

大規模な隕石衝突が次にいつ起きるかは、誰にも分からない。
だが隕石の到来を予測し、それを「迎撃」するための対策が求められているのは確かだ。

6月30日は「国際小惑星の日(アステロイドデー、International Asteroid Day)」。

この数日前、ドイツ・ダルムシュタット(Darmstadt)にある欧州宇宙運用センター(ESOC)のロルフ・デンシング(Rolf Densing)所長は、
AFPの取材に応じ、「遅かれ早かれ、地球が小規模もしくは大規模な衝突に見舞われるのは避けられない」との考えを語った。

同所長は、私たちが生きている間には起こらないかもしれないが、「地球に隕石が衝突して壊滅的な被害が生じる危険性は非常に高い」と述べ、
地球に向けて飛来する天体から「自分たちの身を守る準備はまだできていない。積極的な惑星防御策は何も講じられていない」ことを指摘した。

現時点では、打てる手はほぼないというのだ。

(後略)
76名無しさん@おーぷん :2017/07/06(木)21:12:20 ID:RaL
【先端医療】

皮膚内部の血管網の3次元位置を非侵襲で画像化 2017/07/06 10:00
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327441/070500209/

アドバンテストは、皮膚内部にある血管網の3次元位置を非侵襲で画像化する技術を開発した。
2年以内の実用化を目指すという。
第16回 バイオ・ライフサイエンス研究展「BIO tech2017」(2017年6月28~30日、東京ビッグサイト)に参考出展した。

今回開発した技術は、光超音波と超音波イメージングを組み合わせることで実現した。
光超音波で得られるヘモグロビンの分布画像に、超音波画像を重ね合わせることで、皮膚表面から深さや位置の情報も同時に表示することができるようにした。

光超音波は、光と超音波のメリットを併せ持ったイメージング技術。レーザーから光を照射し、振動子で超音波を検出する。
光学イメージングよりも優れた測定深度が得られ、高コントラストで画像化することができる。
しかし照射光の波長に対して吸収係数の高い特定の物質のみをイメージングするため、深さ情報を正確に画像に反映することができなかった。

一方の超音波イメージングは、振動子で超音波を送受信する。
かなり深い部分までの位置情報を画像化することができるが、「皮膚の領域に限るとコントラストが低く、分解能が低い」(同社ブース説明員)というデメリットがあった。

そこで今回は、これら2つの技術を組み合わせ、血管分布と皮膚構造を合成した3次元画像を得られるようにしたというわけだ。
具体的には、光を照射するレーザーと超音波を送受信する振動子を用いた。

(後略)
77名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)20:15:25 ID:lCj
【人類進化】

人類の進化の鍵は自閉スペクトラム症が握っていた
http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52236788.html

自閉スペクトラム症(自閉症スペクトラム障害)とは、社会的交流・コミュニケーションに関する障害や知覚過敏を特徴とする症状で、自閉症やアスペルガー症候群などが含まれる。

これらの人人は環境にうまく対応できないことから、変わった行動を見せる。
決まったやり方にこだわり、繰り返し行動を示すのは、環境における不確実性を減らすためだ。

あることに対して異常なまでに強い関心を示したり、ドライヤーや掃除機などの音や砂などの感覚を嫌うといった感覚過敏を示したりすることもある。

こうした自閉スペクトラム症からどのような人を連想するだろうか?
天性の芸術家あるいは恐るべき記憶力の持ち主? あるいは工学や数学に並外れて優れた才能を発揮する特殊な人々?

そうした人々が連想されるのならば、自閉スペクトラム症は貴重なスキルと才能をもたらす症状であると広く認識されてきたということなのだ。
78名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)20:15:57 ID:lCj

【自閉スペクトラム症に近い症状を持つ人は多い】

調査からは、自閉スペクトラム症と診断されていない人の多くにも自閉症的な特徴があることが判明している。
つまり自閉症と正式に診断されていない人はたくさんいるが、彼らがもし検査を受けていれば自閉スペクトラム症であると診断されていた可能性があったわけだ。

そうした人々は自分の特性に気がついていないし、不幸だと愚痴ることもない。むしろその特性を利点だと感じる傾向がある。

これがここで言う自閉症スペクトラムだ――つまり我々の誰もが多少は自閉症的なところがあり、誰もがその特性に適応しているということである。
79名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)20:16:45 ID:lCj

【自閉症は類人猿からの遺産】

遺伝子の研究により、自閉症と自閉症的特性は、長い時間をかけて我々を人間たらしめたものの一部であったことが判明している。
いくつかの重要な自閉症遺伝子は、我々共通の祖先だった類人猿からの遺産であり、それが分かれ道において我々を人間の道へと歩ませた。

それは我々の祖先である類人猿が他の類人猿と枝分かれしたときのことだ。また進化のスケールにおいてはより最近となる10万年以上前の自閉症遺伝子もある。
80名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)20:18:00 ID:lCj

【自閉症を持つ先祖は社会で重要な役割を果たしていた】

自閉症は大抵が遺伝性のものであることが判明している。
その3分の1はランダムに発生する遺伝子の突然変異が原因である一方で、特定の家系に出現する率が非常に高い。
そして、そうした家系の多くがある種の恩恵を得ている。

こうしたことから自閉症が今もなお存在することには理由があることがうかがえる。
最近の研究によれば、自閉症を持つ祖先は、人類の進化史を通じて、その独自のスキルや才能によって社会グループの中で重要な役割を果たしていたことが示されている。

実は数千年前の社会では、自閉症的特性を持つ者は単に受け入れられていただけでなく、大いに尊敬されていた可能性があるのだ。

自閉症の人の多くは、桁外れの記憶力、鋭い視覚・味覚・嗅覚、動物の行動をはじめとする自然体系についての優れた理解力を有している。

こうした能力をコミュニティの中で発揮させることが、専門家の発達に決定的な役割を果たした。
81名無しさん@おーぷん :2017/08/23(水)11:32:38 ID:OrX

JAXA衛星、日食を撮影
https://this.kiji.is/272653970470422013?c=39546741839462401

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、太陽観測衛星「ひので」が捉えた日食の画像を公開した。

 太陽、月との位置関係で皆既日食にはならず、7割が月に隠れる部分日食となったが、太陽から噴き出す「コロナ」をエックス線望遠鏡で鮮明に捉えている。

 米西海岸沖の太平洋上空680キロを飛行中に観測。日本時間の22日午前1時50分ごろから約15分間、月が太陽の前を横切る様子を撮影した。
82名無しさん@おーぷん :2017/09/17(日)03:58:34 ID:LUj
【数学】

最古の「ゼロ」文字、3~4世紀のインド書物に 英大学が特定
http://www.afpbb.com/articles/-/3143151 2017年9月16日 6:52 発信地:ロンドン/英国

3~4世紀のインドの書物に記された黒い点が、数字の「0(ゼロ)」の最古の使用例であることを、英オックスフォード大学(University of Oxford)のチームが特定した。

この書物は、1881年に現パキスタン国内に位置する村で発掘されたカバノキの樹皮の巻物で、発見場所の村の名前にちなみ「バクシャーリー(Bakhshali)写本」と呼ばれている。
1902年からオックスフォード大学のボドリアン図書館(Bodleian Libraries)で保管されてきた。

バクシャーリー写本は、すでにインド最古の数学書であるとされていたものの、その年代についてはこれまでさまざまな意見が飛び交っていた。
しかし同図書館の科学者チームが放射性炭素年代測定したところ、制作時期がこれまで考えられていたよりも約500年さかのぼる3~4世紀であることが判明した。

 ゼロの最古の使用例はこれまで、インド・グワリオル(Gwalior)の寺院の壁に残る9世紀の碑銘だとされていた。
ゼロを意味する文字はマヤやバビロニアといった古代文明でも使用されていたが、現在使われている「0」記号の起源は古代インドで使用されていた点記号だった。
(c)AFP

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ニュース