- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ジェイムズ・ティプトリーJr

85名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)12:54:17 ID:Abw

大学在学中に最初の結婚をするが、妊娠中絶掻爬手術の失敗によって子供が産めなくなったことをきっかけに、1941年に離婚をしている。
1942年、アメリカ陸軍航空軍に入隊し、ペンタゴンにて写真解析部門に勤務。
1945年にハンティントン・D・シェルドンと再婚し、1946年に軍を辞め、夫と共に起業している。

同年、ザ・ニューヨーカー誌の11月16日発売の号に最初の小説 "The Lucky Ones" が掲載されている。
このときの作者名はアリス・ブラッドリーだった。

1952年、夫と共にCIAに招かれ、そこで働き始めた。
なお、ハヤカワ文庫版『愛はさだめ、さだめは死』(1987年)の解説では、「五二年、CIAの発足とともにその設立に力を貸すよう政府から要請される」とあるが、
チャールズ・プラットによる1983年のインタビューでの、ティプトリーの誇大な表現による誤解であり、CIAはその時期より以前に創設されている。
なお、Julie Phillipsによるティプトリー評伝によると、彼女は、CIAでは重要な役職にはつかなかった。
その後、彼女の方は大学に戻るため1955年にCIAを辞めている。
このレスの続きを表示(11件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ジェイムズ・ティプトリーJr
CRITEO