- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ジェイムズ・ティプトリーJr

84名無しさん@おーぷん :2017/12/08(金)12:51:20 ID:Abw
1915年、アリス・ブラッドリーとしてアメリカ合衆国シカゴのシカゴ大学にほど近いハイドパーク地区で生まれる。
父は法律家で探検家のハーバード・ブラッドリー、母は小説や旅行記を書いていた作家のメアリー・ブラッドリー。
幼いころから両親とともに世界中を旅した。
子供時代の大半をイギリス植民地下のアフリカ、インドで過ごす。
アフリカでは野生のゴリラを見た最初の白人女性の一人になったとのこと。
10歳にして、グラフィックアーチストを志し、16歳の時にはすでにアリス・ブラッドリー・デイビー (Alice Bradley Davey) の名で個展を開いていた。
さらに1941年から1942年にかけては、シカゴ・サン紙で美術評論記事を書いていた。
このレスの続きを表示(12件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ジェイムズ・ティプトリーJr
CRITEO