- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■

7名無しさん@おーぷん :2018/02/18(日)18:17:48 ID:DuU()
■ゲシュタポ

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%9D

ゲハイメ・シュターツポリツァイ(ドイツ語: Geheime Staatspolizei=「秘密国家警察」、通称ゲシュタポ、独: Gestapo[# 1])は、ナチス・ドイツ期のプロイセ
ン州警察、のちドイツ警察の中にあった秘密警察部門である。

ドイツ国内や占領地域において、ナチス・ドイツの暴力装置として機能し、普通の人たちにまぎれて「夜と霧」と呼ばれる深夜から夜明けにかけての予期せぬ突然の
逮捕、厳しい訊問や残酷な拷問、劣悪な待遇や拘禁などで知られ、ヨーロッパ中を震え上がらせた。これは、人材の配分が武装親衛隊、国防軍、警察の順になってい
たため、ゲシュタポに回ってくるのが社会的不適格者が多かったのが原因とも言われている。

ゲシュタポ要員は、その身なりも黒い外套や手袋、黒眼鏡などを用いて人々に不吉な印象を与え、恐怖心を煽るためにやや芝居がかった茶番劇のような手法をとった。
さらに粗暴、野蛮さ、気まぐれな振る舞い、怠け癖、皮肉な態度や、時には欺瞞的な温容ささえ示して、思いのままに被疑者を調べ上げる権限を行使した。
そのような彼らに対して、ドイツ国民は諦めの気持ちで従順に従った。個人で抵抗するにはあまりにも危険な組織であった。また、国外に逃亡したとしても、ゲシュタ
ポの目からは逃れられなかった。
8名無しさん@おーぷん :2018/03/06(火)20:22:19 ID:pxD()
■秘密警察「シュタージ」解体から20年、絶えない機密閲覧希望者 / 2009年5月28日 18:04 発信地:ベルリン/ドイツ

ttp://www.afpbb.com/articles/-/2606572

【5月28日 AFP】1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊し、旧東ドイツの秘密警察として知られる「シュタージ(Stasi)」(旧国家保安省)が解体されてから、今年で
20年が経過する。シュタージが作成した「監視対象者」に関する膨大な機密文書は、現在も保管されているが、閲覧希望者が後を絶たない。

シュタージはその40年の歴史において、国家による反体制派弾圧のための世界で最も効率的な機関のひとつで、冷戦時には27万人以上の要員を擁し、東ドイツ国民は東
欧圏のなかでも最も過酷な監視下に置かれた。

1990年に東西ドイツが統一され、翌91年には一般市民でもシュタージの機密文書を閲覧できるようになった。アーカイブ開設以降、これまでの閲覧申請者は延べ160万
人以上に上っている。
 閲覧によって初めて、友人や同僚、家族がシュタージの「陰の協力者」であったことを知った人は多い。また、これまでにシュタージのスパイであったことを自ら公
表した人は数千人に達している。
9名無しさん@おーぷん :2018/04/01(日)12:51:56 ID:syv()
■非公式協力者 (東ドイツ・秘密警察シュタージにおける)

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E5%85%AC%E5%BC%8F%E5%8D%94%E5%8A%9B%E8%80%85

非公式協力者(独: Inoffizieller Mitarbeiter; IM、または非正規協力者Informeller Mitarbeiter[1]、秘密情報提供者Geheimer Informator、秘密諜報員 Geheimer
Informantと呼ばれることもある)な、東ドイツで隠れてシュタージに情報ば提供しとったが、公式にはシュタージに属していなかった人ば指す。最終的にな、約18万
9千人の非公式協力者がおり、そん情報網は東ドイツのほぼあらゆる社会領域ば覆っとったとよ。ドイツ社会主義統一党独裁制が持つ最も重要な弾圧手段のいっちょやったとよ。
非公式協力者や、秘密情報提供者とゆうこぎゃんことな、かつてのドイツの警察用語や西ドイツで秘密協力者ば指すVマン(ドイツ語版)とゆう言葉から距離ば置くために、シュ
タージが意図的に選んばいもけんある[2]。

ドイツ再統一後に、シュタージのアーカイブが開館したことで、多数の非公式協力者の存在が白日の下にしゃらしゃれたとよ。これら非公式協力者によるスパイ活動が明らかに
なりよったことでばりばりの友人関係や夫婦関係がくずるることにもなりよったとよ。
再統一以降、非公式協力者とゆうこぎゃんことな、他の諜報機関で働いとる人にも用いられるごとなりよったとよ。

10名無しさん@おーぷん :2018/04/08(日)08:39:19 ID:1V7



11精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/05/24(木)20:40:13 ID:yNq()
■非公式協力者 (東ドイツ・秘密警察シュタージにおける)

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E5%85%AC%E5%BC%8F%E5%8D%94%E5%8A%9B%E8%80%85

非公式協力者(独: Inoffizieller Mitarbeiter; IM、または非正規協力者Informeller Mitarbeiter[1]、秘密情報提供者Geheimer Informator、秘密諜報員 Geheimer
Informantと呼ばれることもある)は、東ドイツで隠れてシュタージに情報を提供していたが、公式にはシュタージに属していなかった人を指す。最終的には、約18万
9千人の非公式協力者がおり、その情報網は東ドイツのほぼあらゆる社会領域を覆っていた。ドイツ社会主義統一党独裁制が持つ最も重要な弾圧手段のひとつであった。
非公式協力者や、秘密情報提供者という概念は、かつてのドイツの警察用語や西ドイツで秘密協力者を指すVマン(ドイツ語版)という言葉から距離を置くために、シュ
タージが意図的に選んだものである[2]。

ドイツ再統一後に、シュタージのアーカイブが開館したことで、多数の非公式協力者の存在が白日の下にさらされた。これら非公式協力者によるスパイ活動が明らかに
なったことで多くの友人関係や夫婦関係が壊れることにもなった。
再統一以降、非公式協力者という概念は、他の諜報機関で働いている人にも用いられるようになった。
12精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/05/24(木)21:48:34 ID:yNq()
>>11

非公式協力者の数

シュタージは、非公式協力者の情報網を東ドイツ全国民に使うことができた。非公式協力者のネットワークは、東ドイツの監視システムの基本的な要素のひとつであり
、正式なシュタージの職員が関係を持っていなかった集団への監視も可能であった。たくさんの反体制派、例えば芸術家や教会のグループのなかにも非公式協力者がい
たため、シュタージはいわゆる「敵対的・否定的人物」(シュタージの専門用語)の活動についても情報を得ることができた。

シュタージは、組織が存在していた期間の合計で、およそ62万4千人の非公式協力者を囲っており[3]、構成員の数は、東ベルリン暴動やベルリンの壁建設、東西緊張緩
和のような国内問題のたびに、突如として増加した。1970年代の半ば、非公式協力者は、20万人にまで達し、最大の人員数となった[3]。1970年代終わりには、非公式
協力者をさらに専門化するという方針に変更されたため、その数は若干減少している。最終的には、シュタージは173,081の非公式協力者を雇っていた(1989年12月31
日時点で、偵察総局(ドイツ語版)を除く)[4]。2010年のヘルムート・ミューラー・エンベルクの研究によると、1989年の非公式協力者は、18万9千人としている[5]。
13精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/06/01(金)16:41:28 ID:Fk3()
■部落民と在日朝鮮人による集団ストーカー
ttps://anago.5ch.net/test/read.cgi/rights/1255949063/

■同和・在日・部落と集団ストーカー■
ttp://anago.open2ch.net/test/read.cgi/mass/1518075977/l50

■さたうたらう元代表(仮名)と集団ストーカー・仄めかし■
ttp://ai.2ch.sc/test/read.cgi/bouhan/1514687965/0-
14名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)19:57:55 ID:R1y
おんjからよろしくニキーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
15名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)19:58:08 ID:Tb8
おいすー
16精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/07/13(金)21:40:36 ID:uKw()
■突然増え始めた、熱中症、浴室等での溺死者数(電磁波犯罪被害) / 高齢者の入浴中の溺死者数 消費者庁 2018年1月26日

p://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_013/

人口動態統計を分析したところ、家庭の浴槽での溺死者数は12年間で約8割増加し、平成28年に5,138人となっています。
そのうち高齢者(65歳以上)が約9割を占めており、高齢者は特に注意が必要です。溺死を含む入浴中の事故死は、東京都23区では平成26年に1,442件あり、冬季に多く発生してい
る傾向がみられます。過去には入浴中の急死者数は約19,000人と推計されたこともあります。
17精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/07/31(火)17:07:20 ID:2Xb()

■救急出動増で「不搬送」も増、実態は 年間200回要請で搬送は1回のみのケースも (電磁波犯罪被害)/ 2017年5月31日 m3.com編集部

 ps://www.m3.com/open/clinical/news/article/533420/

 全国の救急出動件数と搬送人数は増加し続けており、2015年には605万4815件、搬送人員数は547万8370人と過去最高記録を更新。これに伴い、救急車の現場到着時間や搬送時間の
延長が起こり、救急車の適正利用が強く呼びかけられるようになっている。日本医科大学救急医学教授の横田裕行氏によると、新たにこの数年、救急出動件数と搬送人数の乖離が進
み、10年で両者の差の割合は拡大しているでいることが分かってきた(図)。この差は救急出動を要請したが何らかの理由で搬送が行われなかった「不搬送」の件数。全出動件数の
約10%を占めるとの推計もあるが、その理由として「頻回要請者」による「搬送拒否」がかなりの割合を占めることが分かってきた。横田氏が、第20回日本臨床救急医学会総会・学
術集会(JSEM20、5月27-28日、東京都)で、東京都における救急車頻回要請者の背景に関する検討結果を紹介。解決策を提言した。
18精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/08/31(金)19:07:36 ID:4WC()
88人が年5210件の救急要請、半数が不搬送

 2015年度の総務省消防庁「救急業務のあり方検討会」報告書でも検討されているが、横田氏らは東京都医師会、東京消防庁、東京都と協議して、2015年の東京消防庁管内の救急車
頻回要請者(年30回以上の要請と定義)の実態を詳細に調査。「頻回要請者」に該当した88人の84.1%(74人)に精神疾患の既往が確認された。

 内訳は、統合失調症43人、アルコール依存症9人、うつ病が8人。頻回利用者の年齢幅は20歳代から90歳代で、年齢別の内訳では40歳代が22人と最多、次いで50歳代(19人)、60歳
代(16人)、70歳代(12人)と中高年者が大多数を占めた。88人の救急要請による総出場件数は5210件、1人につき平均59回の救急要請をしており、そのうち不搬送は2601件と約半数
に上った。「中には年間200回救急車を要請したが、医療機関搬送に至ったのはたった1回だけという事例も存在した」(横田氏)

 理由の98%は「搬送辞退・拒否」

 不搬送2601件の理由のうち、98%(2555件)を「搬送辞退・拒否」が占めた。その特徴としては、「症状が回復」「観察結果から安心」「飲酒などの理由で搬送先の病院が決まら
ない」「病院内でのトラブル歴あり」「態度・言動粗暴により警察保護対応」「背景に精神疾患があり、医師から様子を見るよう指示があった」などが報告されていた。
19名無しさん@おーぷん :2018/09/03(月)15:56:10 ID:tSV
私も見張られている一人です。

私の場合、声が聞こえはじめた頃は「こうたい○だ」「てんの○へいかだ」
「てん○うちゅうしんのちゅうおうしゅうけんこっか」だとか「まさこはこわいぞ」
とか通信相手が後族アピールしまくってきて、怖くて屈服せざるを得なかったです。

24時間プライバシー侵害して騒いでるので、頭にきて各所に報告したら
通信相手がころっと態度変えてきて
「そうかがっかいだ」「やまぐちなつおだ」とか「いしばだ」
とかしつこく言いはじめました。本当にしつこく喧嘩売らせようとしてくるんです。
変じゃないですか?


私は昔から創価学会も自民党も関わりないのですよ。。
やっぱり旧皇族が電磁波犯罪や集ストやっているっていう噂って本当なんでしょうか。
私は過去に後続とは関わりもありましたし。
他の勢力に権力衰退させられている腹いせにしか思えませんね。
20精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/09/15(土)23:03:28 ID:szU()
■突然増え始めた、高齢認知症患者(電磁波犯罪被害)

「認知症700万人時代」にどう立ち向かうべきか / 日経ビジネスニュース 2017年3月17日

 tps://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/022700044/031500002/

 少なくとも2012年(平成23年)の段階ですでに自律的な生活に支障をきたしている認知症有病者が日本に462万人存在する[1]。このうち、精神科など医療機関に入院して治療を
受けている人数は22万人ほどで、その過半は入院後一か月ないし半年しないうちに退院して家庭や地域に舞い戻ることになる以上、不便を感じながら自宅で家族や施設で暮らして
いる高齢者がそれだけいるということになる。つまり、だれか健常者の手を借りながら暮らしている認知症患者が生きていくためには、生活力や所得の乏しい本人だけでなく、本
来であれば働きに出るなどして生産的な活動をしていたかもしれない誰かを巻き込んで暮らしている可能性がある。
21精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/09/15(土)23:09:12 ID:szU()
>>20 つづき

 調査結果によって推計値や結論に差はあるが、厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成25年)では認知症高齢者の家族との同居は61.6%(うち、子供や子供の配偶者の合計は33
.0%)、事業者は14.8%である。自立した生活を送れている認知症患者の割合は少ない。老齢に差し掛かって伴侶・配偶者からの支援(26.2%)以外の人の手を借りて暮らしている
高齢者は、年金など社会保障の収入とは別にそれだけの生産可能人口からの支援を受けながら生活していることになる。逆算すると、2012年すでに300万人ほどの日本人が認知症
患者の生活支援を何らか行いながら暮らしており、2025年にはそれが500万人以上になるのであって、人口のおよそ4.6%が認知症患者を家族に持ち生産性を発揮せずに患者本人が
亡くなるまで暮らしていく構図が浮かんでくる。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■
CRITEO