- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■

7名無しさん@おーぷん :2018/02/18(日)18:17:48 ID:DuU()
■ゲシュタポ

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%9D

ゲハイメ・シュターツポリツァイ(ドイツ語: Geheime Staatspolizei=「秘密国家警察」、通称ゲシュタポ、独: Gestapo[# 1])は、ナチス・ドイツ期のプロイセ
ン州警察、のちドイツ警察の中にあった秘密警察部門である。

ドイツ国内や占領地域において、ナチス・ドイツの暴力装置として機能し、普通の人たちにまぎれて「夜と霧」と呼ばれる深夜から夜明けにかけての予期せぬ突然の
逮捕、厳しい訊問や残酷な拷問、劣悪な待遇や拘禁などで知られ、ヨーロッパ中を震え上がらせた。これは、人材の配分が武装親衛隊、国防軍、警察の順になってい
たため、ゲシュタポに回ってくるのが社会的不適格者が多かったのが原因とも言われている。

ゲシュタポ要員は、その身なりも黒い外套や手袋、黒眼鏡などを用いて人々に不吉な印象を与え、恐怖心を煽るためにやや芝居がかった茶番劇のような手法をとった。
さらに粗暴、野蛮さ、気まぐれな振る舞い、怠け癖、皮肉な態度や、時には欺瞞的な温容ささえ示して、思いのままに被疑者を調べ上げる権限を行使した。
そのような彼らに対して、ドイツ国民は諦めの気持ちで従順に従った。個人で抵抗するにはあまりにも危険な組織であった。また、国外に逃亡したとしても、ゲシュタ
ポの目からは逃れられなかった。
このレスの続きを表示(14件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■
CRITEO