- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【感動の押しつけ】国民をタダ働きさせよう

※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2017/08/09(水)14:29:26 ID:???
http://lite-ra.com/2017/08/post-3356.html

日本政府、東京五輪をダシに「タダで」国民をこき使おうという魂胆
3名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)22:01:01 ID:???
五輪利権の為に、前回の東京五輪とは打って変わって、真夏の8月に開催しようとする馬鹿!
台風来るわ、夕立来るわ、熱中症有り得るわ、
8月にスポーツ大会なんか開けるものか!
せめて前回五輪と同じく10月に変更すべきだろう。
所詮、8月開催の方が儲かるスポンサーに気兼ねして、選手の生命なんぞ微塵も考えていないのが日本政府。
何が「アスリートファースト」だ!
マラソンなんかで熱中症で選手が倒れても責任が取れるのか?
台風が直撃したり夕立が降ってきても責任が取れるのか?
五輪利権には本当に腹が立つ。
4名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)04:26:18 ID:???
>>3

8月開催って最悪だよね。
でもね、それを押し進めている真の原動力は、あなたの仰せにある〝政府〝じゃなくて、「五輪なんぞに税金使うな」って言う疑似世論にあるんじゃないの。
まじ、8月開催はアカンわ。
考え直してほしい。
5名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)04:34:52 ID:???
連レスだけど、「五輪なんぞに税金使うな」の疑似世論に関して。

これ→(「税金使うな」)つーのはブルジョアジー、プチブルどもの発想な。
小市民、コスモポリタン、日教組の教え子=弟子の辿る定番コースだわ。
人工的ユダヤ人だよ。
6名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)04:49:32 ID:???
やけくそ三連レス、ごめんよ。

五輪の監督・管轄省庁の一つである文部科学省は学校カリキュラムを通じて〝人工的後天的ユダヤ人〝を量産し続けると言う愚行を止(や)めよ。
英米仏の史観を盲信するのは剣呑極まりない軽挙、浅慮。
我々に適合するのは、むしろ、帝政時代の独魯(露)の体制、思考。
7名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:18:56 ID:???
>>4
疑似世論ではなく、国家がオリンピックを盾に国民を搾取しようと考える太い連中なんですわ…
http://lite-ra.com/2017/08/post-3356.html
これ読めば解る。

材木を「タ ダ で」寄越せだの、

五輪ボランティアにとんでもない高い能力を要求しておきながら「タ ダ」でこき使うだの、
(しかも季節は8月の真夏!)

狂ってるのは「世論」ではなく「国家」である。
(まあ「五輪の為に全てを犠牲にせよ」と言い出しかねない「世論」も責任の一端を担っているのかも知れないが)

極めつけは、建築作業員が過労死してるにも関わらず、
人員増やしたり給料増やす、または休暇を増やす事など一切考えず、
滅茶苦茶な工期を間に合わせようと強引な突貫工事を行っているという事。

さらに言えば、東京五輪の【その後】を国家は何も考えていない。
安倍晋三は、長くても東京五輪で辞任する気満々だし、
せっかく作り上げたスタジアムなどが閑古鳥で赤字を垂れ流すようになったら誰が責任を取るのかも不明である。
8名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:45:57 ID:???
>>7

おれは税金使っていいと思うので国家云々の議論には賛成出来ん。
(五輪に)税金使うと文句言う輩が涌くから方々に皺寄せがいく。
搾取しているのは金融資本家及び、産業資本家、すなわち、ブルジョアジー階級だよ。
9名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:57:04 ID:???
我が共同体、すなわち、〝日本社会〝の破壊を企てる〝新左翼〝諸セクトの徒輩は、実は金融資本家、及び、産業資本家どもへ加えられるはずの国権的制御を弱体化せしめていると言う事実に於いて紛れもなく客観的ブルジョア階級の支援団体である。
我が国の〝新左翼〝諸流派は、国家破壊、弱体化を企図せるが故に紛れもなく、人民の敵である。
10名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:45:31 ID:???
>>8
なんで「国営」「国有」と言っても過言でないJOCが「搾取してない」と思えるのですかね?
五輪利権に群がってる国家の選んだウジ虫なんかも、国民を搾取する気満々じゃないですか。

私は今の国家に限らず、そこまで「国家という存在」を信用など出来ませんね。
国家は常に監視対象であるべき、暴走しないよう警戒しておくべきだと考えるから、
「社会契約論」とか「三権分立論」だって生まれたのでしょう?
11名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:47:43 ID:???
>>9
その国家が、安倍晋三だの竹中平蔵だのばかり取り立てる、ブルジョアの味方ばっかりじゃないですか。
森友にしろ、加計にしろ、あれだってブルジョア階級と安倍晋三といった権力者の癒着ですよ?

安倍晋三がマスコミ関係者と食事してるのなんか有名すぎますし
あれもマスコミ関係者との癒着ですよね?
12名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)15:49:48 ID:???
そもそも、日本最大の「ブルジョア」は宗教団体のはずなのですが、
創価学会と統一教会に支援されてる自民党が、
どうしてブルジョア抑圧政策を推進出来ると思うのですか?
創価学会と公明党の癒着、
統一教会と自民党の癒着、
神社本庁及び神道政治連盟と自民党の癒着を激しく非難してきたのは、
あなたの嫌いな【左翼】のはずなんですが?
13名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)20:36:44 ID:???
そもそも日本では「ボランティア」を「タダ働き」と混同しすぎて困る。
「無償」という基本原則は確かにあったが、欧米では今や「有償」が原則である。

「無償」であったとしても、それでも何が何でも求められるのは「自発性」である。
「自発性の無いボランティア」など存在しないのだ。

にも関わらず、日本では戦時中の強制動員かと思わせるような「ボランティア」が、
21世紀現在になってすらもまかり通っている。
オリンピックを歓迎しない、協力しないだけで「非国民」扱いだ。
これっておかしいのではないか?

なんでたかだか「二週間の体育祭」の為なんぞに、
国民がタダ働きさせられなければならんのか?
何で「強制参加」「協力するのが当たり前」なのか?
何で自発性がゼロなのに「ボランティア」などと言い張れるのか?
なんで、協力者の一人一人にも人生や都合が有るにも関わらず、「タダ働き」なのか?
なぜ交通費程度も出さないで国民を搾取しようと企むのか?

本当にふざけた忌々しい話である。
14名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)23:00:52 ID:???
>>13

>なぜ交通費程度も出さないで国民を搾取しようと企むのか?

答えはシンプルだよ。
税金使いたくない〝プチブル〝が喧しいからだろ。
15名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)15:44:46 ID:???
>>14
むしろ国家やJOCが国民をタダでこき使いたいからだと思うけどね…
何せ、「今の日本の財政は危機的」であり、何が何でも国民から搾り取ろうとする国なのだから。

死んだ人間からも「消費税」を取ろうとか言い出してるのが今の国だ。
(相続税とは別に、全ての死人に課せられるらしい)

スマホやパソコンを持ってるだけで、「NHKの受信料」を強制徴収しようなどと言い出す国だ。
(NHK見ないから払わないという言い分が通じない)

どこかの店でBGMが流れてるだけで、
はたまた音楽教室での練習楽曲からでさえ「著作権料」をふんだくろうとする国だ。

最も税金使わずにふんだくってタダ働きさせたいのは日本政府なのだ。
それが民間にも態度として現れているに過ぎない。
16名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)06:02:02 ID:???
拡散希望


http://youtu.be/1iKLQMhzHYQ

五輪を議論する前に我が国のマスメディアの有り様を争点にしなければならない。
17名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)06:28:42 ID:???
諸悪の根元は〝大アジア主義〝であろうと思われる。

頭山満、犬養毅、鹿島守之助、岡倉天心……etc.etc.
この系譜に連なる徒輩が舊南満州鐵道系の戦後引き上げ企業、要員の人脈、コネクションを再編、リニューアルして発足せしめたのが悪名高き電通だ。
リヒャルト・ゾルゲの忠実な協力者、尾崎秀實も前述のカテゴリー所属員だ。
戦後の我が国には右の例に掲げた如き〝大アジア主義〝の妄想、大日本帝國の復活を祈念する時代錯誤主義に取り憑かれた幻想家どもの集団が存在する。
18名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)06:41:52 ID:???
日本の左翼は敵(=反体制)を装った客観的大アジア主義だ。
アイク(アイゼンハワー)訪日をデモで阻止しつつ、一方でCAI、米中央情報局の意図する分割統治に遠心作用、アイデンティティー破壊者として(無自覚にもせよ)協力している。
私はアナクロニズムとしての戦後日本の〝大アジア主義〝は米中央情報局の掌上を遊泳する哀れなピエロだと確信する。
19名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)06:49:43 ID:???
今日の我が国のマスメディアの〝偏向報道〝の根底には〝大アジア主義〝の幻想が存在する事は確実だ。
中谷義明元愛知県知事も浅田真央もその犠牲者だよ。
報道しない自由だって?
20名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)07:28:54 ID:???
五族協和、八紘一宇、←は満州国建国の理念だが、我が国の伝統とは何の関係も無い。
戦後の我が共同体・社会に右の如き机上の空論にも等しき厨二病的亡国の理想論を持ち込む〝大アジア主義〝の幻想家どもは百害あって一利無し。
実名報道にたじろぎ、ファクトの伝播への義務を忘却する。
これが唾棄すべき〝彼ら〝の〝大アジア主義〝、すなわち、五族協和、八紘一宇の正体だよ。
21名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)14:08:59 ID:???
>>17
頭山満は、大日本帝国のやり口、帝国主義政策に常に批判的だったのだが?
支那事変も日本の侵略扱いで否定的に見ていたし、
一方の帝国政府も頭山満と玄洋社を警察が見張っていたくらいの緊張関係だったのだが。

頭山満が好んで匿った中村屋のボースや金玉均を、日本政府は徹底的に冷遇した。
日本政府が大アジア主義に立ち返ったかのように偽装したのは、大東亜戦争が開幕してからの話である。
22名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)14:16:10 ID:???
>>18
岸信介の方が確実に「アメリカのスパイ」だったのですが、そっちは何故批判しないのですか?
そもそも60年安保の頃は【保守ですら】反安保闘争に立ち上がった時代ですよ?

今みたいな、
【アメリカに付いていけば未来永劫安心安泰】
なんてふざけた自主独立の精神が無い連中ばかりの時代じゃありませんので。

加えて、【たった15年前】に、日本人を原爆や都市無差別空襲で殺しまくった【鬼畜米英】の記憶は残っていますし、
リアルタイムで経験している人ばかりでしたから。

今と異なり、【60年安保に参加した】からと言って【イコール反日】になる時代じゃないんですよ。

実際、現在【保守派】評論家として名高い西部邁は、60年安保の時の指導者でしたし、
誰がどう見ても【愛国者】【右翼】【保守】としてしか判断しないであろう三島由紀夫でさえ、
安保闘争に関しては一貫して政府に対して批判的でした。
三島由紀夫は、70年安保の時ですらも日本政府より全学連の方に期待していた事も有名です。
『もしも諸君ら全学連が天皇陛下万歳とただ一言言ってくれさえすれば、僕は諸君の味方になる』
とまで言い切っています。

今みたいな親米=保守、反米=反日左翼なんて価値観は無いのですよ。
23名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)14:25:54 ID:???
>>20
>五族協和、八紘一宇、←は満州国建国の理念だが、我が国の伝統とは何の関係も無い。

はぁ?あなたは何をほざいているのですか?
「八紘一宇」ってのは『日本書紀』に記載されている神武天皇の御言葉から来ているのですがね。

『上は則ち乾霊の国を授けたまいし徳に答え、下は則ち皇孫の正を養うの心を弘め、
然る後、六合を兼ねて以て都を開き、八紘を掩いて宇と為さん事、亦可からずや。』
(日本書紀巻第三・神武天皇即位前紀己未年三月丁卯条の「令」)

橿原神宮の説明では以下の通りだ。

『神武天皇の「八紘一宇」の御勅令の真の意味は、天地四方八方の果てにいたるまで、
この地球上に生存する全ての民族が、あたかも一軒の家に住むように仲良く暮らすこと、つまり世界平和の理想を掲げたものなのです。
昭和天皇が歌に「天地の神にぞいのる朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を」とお詠みになっていますが、
この御心も「八紘一宇」の精神であります。』

【民族差別をしない】ってのが日本人の古来からの伝統なんですけどね。
実際、古事記や日本書紀には渡来人の記述が山ほど出てきますし、
渡来人が日本の文化や技術の発展に貢献した事は全く隠されず、堂々と記されています。
24名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)14:46:56 ID:???
「悪いのは大アジア主義」などと言えないほど、
戦前の日本は大アジア主義から縁遠い国は在りませんでした。
日露戦争の勝利によって、多くの大志あるアジア人たちが日本に憧れを持って留学しに来たと言うのに、
当時の日本政府は、片っ端から捕まえては本国送還するばかりだったのですから。
当時の日本政府にとっては、「大アジア主義」なんぞより、
米英仏などの国々との「友好」の方が大事だったのです。
そんな「友好」なんぞ、相手先が「同じ人間」と思っていない以上、呆気なく崩壊する代物でしかなかったのですが。

頭山満や玄洋社などは、【政府方針に反して】、
アジアの大志ある若者たちを受け入れたのです。
有色人種たちの間で、日本に対する高い期待感が戦後にすら維持出来たのは、
日本政府のお陰などではなく、頭山満たちのお陰であったと強く指摘しておきたいですね。

日本から遠く離れたイラクのサダム・フセインですら「親日家」であり、
湾岸戦争で日本がアメリカの尻にくっついているのを見て、
『日本はかつて白人諸国と戦って有色人種に自信と誇りを与えてくれたはずだが、どうして今度は私に対して敵対するのか?』
と目を白黒させたそうです。

それもこれも、【大アジア主義のお陰】であり、
いつも、いつでも【外交下手】な、日本政府と外務省のお陰なんぞではないんですけどね。
25名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)18:35:11 ID:???
>>21-24

おれと真逆の考えだね。
おれが思うに、

大日本帝國(〝政府〝と言うよりその〝統治機構〝)……善

戦前の〝右翼〝……空想家=観念論者


であって、
マイノリティーをひたすら甘やかす厨二病が〝大アジア主義〝だよ。
つーか、「Left-wing Communism ; An Infantile Disorder」ならぬ「Right-wing Nationalist ; An Infantile Disorder」だろ。
少数民族への迎合イコール、〝ブント〝なんだよ。民族主義の陥穽にどっぷり嵌まったファンタジストだな。
いい例がポーランド女、メルケル独首相だわ。


26名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)23:27:01 ID:???
>>25
あなたの理想通りに戦前日本が行動していれば、
戦後の今でも日本人は【有色人種の期待の星】と言われたのですかね?

恐らくアジアもアフリカも植民地のまま、独立すらしてないと思いますが?
27名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)23:34:44 ID:???
「20世紀はアメリカの世紀」などと言う人が居るがとんでもない。
「20世紀は日本の世紀」であった。

前半の1945年までの間は、日本は【軍事力】で白人列強を圧倒し、
後半の1990年くらいまでの日本は【経済力】で白人列強を圧倒し続けた。

こんな事は、ジンギスカン以来、有色人種が見せた事が無い快挙である。
(オスマン帝国は、現在のトルコ人同様白人志向が強いのでここでは置いておく)

日露戦争で大国ロシアを破った事は、世界中の有色人種に希望を与え、
「我々も努力すれば白人に勝てるのだ」
と自信と励ましを与えた。

一度はアメリカに敗れて焼け野原にされたが、
たちまち日本人は経済復興を成し遂げ、45年後には【世界第二位の経済大国】となっていた。
(厳密には、1968年時点で、既に日本は戦勝国の英仏も抜いて、西ドイツも追い抜いて世界第二位の経済大国となっていた)
有色人種の中で【唯一】G7にも加わっていたのである。

日本より恵まれた条件で独立した国なんぞ無数に存在する。
そのどれもが日本のような経済大国になどなれなかったというのに、日本だけが達成出来たのだ。

「日本人を誇りに思え」などという在り来たりな事は言わないし言うつもりも無い。
何せ今の日本人は【自分の功績でもないのに】、
過去の日本人は凄かった=だから俺様も凄いと言いたがる連中ばかりなので。

だが、事実は事実として指摘しておかねばならない。
28名無しさん@おーぷん :2017/08/21(月)06:27:39 ID:???
日本は「政府としては」一度も「大アジア主義」の理想通りに行動した事など無い。
純然たる「帝国主義国家」だったのだ。
欧米列強と大して変わらない「覇道国家」だったのだ。
日本が欧米列強を見習って帝国主義政策と植民地経営を行った事については、それを強く反省しなければならない。
無論色々な意味で。

単純に「侵略したから謝罪せよ」というだけの意味ではない。
「日本の国益にならなかった」
「結果的に国を滅ぼした」
だから反省する必要があるという事だ。

例えば、朝鮮や台湾の植民地経営が挙げられる。
今のネトウヨは、これらを「善政だった」などと言う。
だが、これらは「大幅な赤字」だったのだ。
当然の事ではあるが、この赤字は「日本人の税金」でまかなった。
自国民を苦しめて、異民族の為に金を貢ぐ事が素晴らしい事なのだろうか?
そんな金があるなら日本の為に金を使うべきであったし、
特に軍の近代化にもっと金を使うべきであったろう。
最低でも、当時の中国如きの軍隊に苦戦するようでは困る。
アメリカやソ連に苦戦したと言うのなら理解出来なくもないが、中国如きは片手でひねり潰せるくらいの軍備を用意しておくべきであった。
大陸打通作戦を、1937年の支那事変勃発と同時に行えていれば、石油禁輸も援蒋ルートも有り得なかったのだ。
当然、日米交渉も無かったし、ハルノートも無いのだから、石油禁輸がらみでの日米衝突は有り得なかったろう。
(無論、アメリカが、中国を制した日本を警戒する事は予想出来るので、どんな悪辣な手段に出るか解らんが)
29名無しさん@おーぷん :2017/08/21(月)11:40:01 ID:???
>>28

後付けの結果論だよ。
軍備の原資は税収だが、その税収は産業振興の進展状況に依存せざるを得ない。
つまる所はマーケットの規模次第だ。
(治安も含めた)投資先に於ける諸々のリスク払拭、これに努める共同体・社会を我々は〝帝国主義国家〝と呼び慣わしている。
欧米に互する、富国強兵とは、そう言う事だ。
産業振興→市場確保→安全保障→後詰め支援→列強間根回しによる承認→帝国勢力圏の確定

このサイクルが帝国維持のルーティンだよ。
軍備偏重を実践しつつの引き籠(こも)り論はあり得ない。
そもそも、大陸軍と大海軍の両方を同時に追及する事自体が幻想なんだ。
海軍への肩入れを止められない以上、陸軍がコンパクトになるのはし方ない。
そうして、コンパクトな陸軍と言う制約下で支那の政変に容喙すると言う火遊びが火傷(やけど)の危険を伴うのは予想されて然るべき。
それを回避する方法は列強諸国による合同統治のみ、縄張り(支那)の独占を図らず、他のマフィア・ギャングスター(アングロ・サクソン)にも機会を提供すべきだった。

もっとも、その恩恵の分かち合いと言う案自体が後知恵ではあるな。
中々出来ん事だよ。
30名無しさん@おーぷん :2017/08/21(月)23:10:45 ID:???
>>29
つまり君も、
「戦前日本は大アジア主義国家ではなく、ただの欧米流帝国主義国家であった」
という事を認めるわけ?

そもそも福沢諭吉が明治時代に既に指摘してるけど、
日本が帝国主義国家の仲間入りして植民地の一つや二つを持てば、
必ず欧米の権益とぶつかって、遠からず先に戦争になっていた事は容易に想像出来るよね?
実際、日清戦争で日本が台湾、米西戦争でアメリカがフィリピンをそれぞれ領有しただけでも、日米間に緊張が走ったのだから。

>軍備偏重を実践しつつの引き籠(こも)り論はあり得ない。

スイスは?あそこは昔から物凄い軍事強国でありながら、引き籠もり国家でもありますが?
スウェーデンも20世紀にはひたすら軍備と福祉にだけ力を注いだ引き籠もり国家だったよね?

>そもそも、大陸軍と大海軍の両方を同時に追及する事自体が幻想なんだ。

いや、イギリスは普通にその両方を追い求めて世界中に大帝国を築き上げたのですが。
31名無しさん@おーぷん :2017/08/21(月)23:18:03 ID:???
>それを回避する方法は列強諸国による合同統治のみ、縄張り(支那) の独占を図らず、他のマフィア・ギャングスター(アングロ・サクソン)にも機会を提供すべきだった。

日本はそもそも支那市場の「独占」なんか考えた事も無いのですが。
日本の理想に共鳴する国には、自由に支那市場を開いていました。
むしろ一方的に「独占」したがっていたのは【アメリカ】です。

大体、訊ねたいのですが、アメリカは1930年に【ホーレー・スムート法】という関税の法律を制定しました。
「万里の長城」と揶揄された程の高関税の山、山、山で、日本はアメリカ市場を失ったのです。

一方、世界の植民地大国であったイギリスは、
1932年に【オタワ会議】を開催しました。
これによって「イギリス連邦以外とは貿易しない」と決議し、日本に対して門戸を閉ざしました。
いわゆる「ブロック経済」であり、イギリスに次ぐ植民地大国であるフランスも倣いました。

「世界一の面積」を誇るロシアは、既に前の世界大戦の時点で革命が起き、社会主義政権の下で門戸を閉ざしておりました。

アメリカ・ロシア、そして植民地大国であるイギリス・フランスが日本に対して門戸を閉ざしていた状態だったのです。
当時の世界地図でも見れば解りますが、地球上の7割以上の地域が日本に対して門戸を閉ざしていた計算となります。
なんでその上でさらに、「米英に分け前を与えろ」などと言えるのですか?
32名無しさん@おーぷん :2017/08/21(月)23:25:18 ID:???
付け加えて言えば、米英仏ソの四大国は、日本以上の工業大国でもあります。
日本製品が「粗悪品」扱いされていた時代、
または米英仏ソの商品が「ブランド」扱いされていた時代、
日本の商品と、彼ら欧米列強の商品のどっちを買うかと聞かれれば、大抵は日本以外の商品を選ぶでしょう。
(粗悪品でも良い貧乏人は別として)

日本やドイツは、7割以上の外国市場を失っていました。
そこで日本は満州や支那に輸出や移民を行い、
ドイツは中・東欧諸国に狙いを付け始めました。

しかし、その残りの3割弱の地域にすら、米英仏ソの四大国は輸出攻勢を緩める事はしなかったのです。
彼らは、自分の国は門戸を閉ざしていながら、
日本やドイツに対してだけは、
「お前らは輸出するな」
「黙って死ね」
「俺たちにも分け前を寄越せ」
などとほざいていたのです。

こんな理不尽がまかり通っていたのが当時です。
33名無しさん@おーぷん :2017/08/21(月)23:32:40 ID:???
>海軍への肩入れを止められない以上、陸軍がコンパクトになるのはし方ない。

ついでにこれまた誤解なのですが、当時の世界にこんな事を言ってる人なんてほとんど居ませんよ?
少なくともこんな事を言っていたのは予算が欲しかった日本の帝国海軍だけであり、
「ロイヤル・ネイビー」で有名なイギリスでさえ、「陸主海従」が国家方針でした。
ロイヤル・ネイビー以上に強力な陸軍が存在したからこそ、イギリスは植民地大国足り得たのです。

そして、どんなに海軍が強力でも、
【絶対】と言える確率で敵の領海侵入と本国上陸を防ぐなんて事は不可能です。
何せ人間は「全知全能の神様」ではないのですし、思わぬ見落としが有ったり、神のいたずらが働いたりするからです。

従って、どんな島国であろうとも、海軍の充実よりはまず、
「最悪でも、敵に上陸されても頑強な抵抗が出来るように」
陸軍を充実させるべき物なのです。
(21世紀現在でも同じである)

イギリスですらそうならば、日本などもっと陸軍の近代化を推し進めておくべきであったでしょう。
何せ、元寇や刀伊の入寇、対馬や樺太などでのロシア人の大暴れを持ち出すまでもなく、
日本列島は何度も外国軍に上陸されているのですから。
34名無しさん@おーぷん :2017/08/22(火)19:40:43 ID:???
スイスやスウェーデンを範に取るとか、(彼我の)地勢や人口規模を全く考慮しない暴論だな。

>>30-33

おれも帝國陸軍の装備の近代化の進捗(1905-1939)に関しては切歯扼腕の念を禁じ得ない。
で、その(当時のそう言う状況に至った)理由を自分なりに〝忖度〝して、「当時の我が帝國は〝金(マネー)〝無かったんだろーな」とイマジネーションを逞しゅうさせてみた訳だ。
確かに何ごとにせよ〝質〝の充実を図る事は重要だが、それを達成させるには〝原資〝が必要な訳で、ものには順番がある。
原資を調達するには、半期もしくは年度ごとの〝決算報告書〝の収入と支出のそれぞれの項目に同額の引き当て金を想定し得る根拠が要る。
国家経営の場合だと、〝収入〝に相当するのは①国債発行、もしくは②国有財産売却、もしくは③税収だよ。
①と②に偏重するのは蛸が自分の脚を喰ってるようなもんだから早晩、財政は破綻する。基本は③の税収だ。そうして、税収を増やすには経済のスケール・メリット化、Π(パイ)の拡大、GDPの成長しか方法は無い。(資源産出国は別だ)
大正‐昭和初期の帝国日本は高度経済成長の真っ只中にいたと思うが、その国策(予算配分)の中での優先順位に於いて我が陸軍は必ずしも厚遇されていなかった、と言う事だが、その是非は大いに議論の余地があるだろう。
国策として「初めに経済(産業振興)有りき」でおれは正解だったと思う。
産業振興の基礎として帝國国内の諸種のインフラに支出が偏重したとしても批判するには当たるまいよ。

強力な経済あらずんば強兵の実現は不可能だからな。
そうして、海外に於ける投資先の約定の物理的担保としての強制力の行使に関しては列強根回しによる連合形式が最も効率がよい。
35名無しさん@おーぷん :2017/08/22(火)19:48:45 ID:???
↑〝引き当て金〝と言う術語の使い方が変だったかな?
前後の文脈で意図を〝忖度〝してやって下さい
(^3^)/
36名無しさん@おーぷん :2017/08/22(火)20:10:00 ID:???
マイノリティーと妥協、親和する思想は或る種の〝敗北主義〝だと思う。
戦前の我が帝國の国策を云々する前に現状の我が国の惨状を概観せよ。
「郷に入れば郷に従え」
↑は古今東西を問わず、人類社会の永遠の普遍的原則だよ。
移住先のマジョリティーの歴史観、伝統習俗、アイデンティティーが気にくわない、と言う理由を以てその共同体の社会的環境そのものを〝惑星テラフォーミング〝的に大改造せんと企てる、これは共同体事業への〝背乗り〝的侵略だよ。
そんな卑劣なエイリアンどもに親和する〝アジア主義〝なんぞに果たして存在理由あるものかね?
37名無しさん@おーぷん :2017/08/22(火)20:19:57 ID:???
「トンスルや試し腹の風習を止めさせ、ウリたちを〝惑星テラフォーミング〝大改造した〝エイリアン〝、チョッパリが何をほざく」

とか言う反論は勘弁なwww
38名無しさん@おーぷん :2017/08/23(水)01:42:07 ID:???
>>34
当時の台湾や朝鮮は、貨幣経済すら浸透してなかった未開の野蛮国だったろう。
おまけに資源もろくに無いし…

軍の近代化に充てる費用を、赤字財政の補填と彼の国の開発に回していたのだから、
そりゃいくら金が在っても足りる訳がない。
39名無しさん@おーぷん :2017/08/23(水)01:43:02 ID:???
>>34
マッカーサーは、日本は「東洋のスイスたれ」と述べましたが、出来ない夢物語ではなかったんですよ。
40名無しさん@おーぷん :2017/08/23(水)01:54:02 ID:???
>>34
加えて大誤解があるのですが、大正時代の日本は「高度経済成長」どころか【万年不景気】だったのですが。
第一次大戦が終わって、世界各国の復興が進むと、途端に日本の輸出品が売れなくなり、日本中で大不況になりました。
加えて、1923年には関東大震災が起こり、東京や横浜が壊滅的な損害を受けました。

高度経済成長どころか、東京や横浜の震災復興だけで金を食いつぶしている状態だったのですが。

おまけに、今でも社民党や共産党辺りの人間が言いそうですが、
「軍事費は無駄」「軍事費を減らして福祉に充てろ」
みたいな暴論が当時もまかり通っていました。

戦前、日本は「軍部が肩で風を切って歩いていた」などと言われますが、大正時代では全く違ったのです。
公共交通で軍人が軍服を着ているだけで、
「税金の無駄遣い」「無駄飯ぐらい」と非難された時代であり、
陸軍省などの公式通達で、
「公共機関で軍服を着るべからず」みたいな命令が出ています。
当時の軍人が、どれだけ「大正デモクラシー」とか「民主主義」といった存在を憎悪したか想像に難くないでしょう。

日本の戦前の高度経済成長は、1931年の満州事変以降の軍需景気からであり、
支那事変以降は年々拡大する軍需景気で一気に日本中の景気が良くなりました。
1936年には226事件が勃発するほど農村の構造不況は酷い状態でしたが、
1940年には、のちのGHQが行った農地解放に通じる施策を先に行ってしまっています。

米を統制経済に起き、価格を一定にして地主に損害を与える一方、
小作人や実際に田畑を耕す農民には生産奨励金というお金をバラマいて豊かにしたのでした。

そもそも台湾や朝鮮といった「足手まとい」が無ければ、もっと早くこういう措置が出来たはずではないですか?
41名無しさん@おーぷん :2017/08/23(水)22:08:44 ID:???
>>39

マッカサー無謬論かい?おかしいな。
南満州鉄道沿線での鉱山採掘権を手に入れた以上、回廊に相当する半島が我が帝国の勢力圏に組み込まれるのは騎虎の勢いと申すものだよ。
大連をケーニヒスベルクに喩えるなら、京城はダンチヒかな。
そもそも、我が帝国はアジア大陸を収奪、搾取の対象と見なしていないのだから、初めに投資有りき、の〝投資〝と言う部分は文字通りの〝投資〝として受け止めてやってほしい。
近視眼的発想は慎むべきであろう。
マッカサーに言及するのなら、彼の米議会に於ける発言にも注目してやれよ。
我が帝国に於ける半島支配の戦略意義も分かるだろう。
42名無しさん@おーぷん :2017/08/23(水)22:18:49 ID:???
ハニートラップ的罠に掛かったり、借財を何らかの理由で肩代わりして貰って、特定アジアの某民族の利益代表になり下がった気の毒な文化人がいるが、おれはその情けない〝文化人〝に対してではなく、彼を傀儡と化さしめた特定アジア某民族の悪辣さ対してこそ、激しい憤りを感じる。
43名無しさん@おーぷん :2017/08/24(木)05:50:52 ID:???
>>41
朝鮮半島の征服なんて、日露戦争に勝った以上【絶対】必要無いね。
むしろ、日本に植民地大国の英仏並みの賢明さが有ったなら、
朝鮮半島を「永世中立国」「日本と大陸の緩衝地帯」として存続させておくのが最も賢い選択だ。
アメリカは、支那大陸進出を望んで望んで止まなかったのだから、朝鮮を世界各国に開かせた緩衝地帯にすればアメリカは文句を言わないし言えない。
英仏も当然文句など言えない、朝鮮も言わない、
ロシアも言える立場に無い。
どこの国も文句を付ける筋合いに無かったはずなんですけどね。

何度も繰り返し指摘しますが、
なんで朝鮮とは赤の他人である【日本人】が、
朝鮮人に代わって【近代化の代行】をしてあげなければならないのですか?
日本人の税金は日本人の為に使うべきではないですか。
44名無しさん@おーぷん :2017/08/24(木)05:59:30 ID:???
>>41
マッカーサー無謬なんて言ってない、マッカーサーが、日本は東洋のスイス的存在になれと言った発言を見ろと言っているのだ。

貨幣経済すら浸透していない、
と言うか農業国のくせに治水・灌漑技術すら存在せず、水車すら存在しなかった前近代社会に、「投資」など常軌を逸している。
百年は日本人の税金を持ち出し続けるようになるだろう事は容易に想像出来るではないか。
朝鮮併合を強引に進めた長州閥の寺内正毅は、朝鮮をその目で見た時、
「まるで鎌倉時代のようだ」
と感想を漏らしたと言う。

確かに鎌倉時代は、執権の北条氏ですら三十代で亡くなるほど栄養状態が悪く、
貨幣経済もまだまだ浸透していない時代であった。

そんな朝鮮併合時点から換算しても七百年は遅れてる土地を併合して、日本に何の利益が有ると言うのか?

それだったら、最初から朝鮮半島など諸外国承認の下で【永世中立国】としてしまい、
日本と大陸との間に挟まれた【緩衝地帯】とする方が得策であろう。
諸外国を抱き込んでおきさえすれば、どこか一国が朝鮮を植民地にしようと抜け駆けすれば、
他の外国が横やりを入れるのは確実だから安全は担保されるし。

そもそも当時の日本はイギリスとは同盟国、
アメリカは支那大陸への足がかりが欲しかった時代なのだから、朝鮮半島など丁度良い存在であったろう。

何も、日本が一国で近代化代行などしてやらなくても良かったのだ。
45名無しさん@おーぷん :2017/08/24(木)06:02:24 ID:???
しかも、日本人を重税で泣かせて近代化してやった結果、朝鮮人が感謝するのならともかく、
日本のやった事を極悪非道とブツクサ文句を垂れるのだから、尚更日本のやった事は無駄である。

まあ、それもこれも、日本が李氏朝鮮を滅ぼしてしまったのが悪いのだが。
腐っても朝鮮人の国であり、朝鮮人の国を日本が滅ぼしてしまったという体裁が良くなかった。
46名無しさん@おーぷん :2017/08/24(木)06:07:05 ID:???
日清・日露でなぜ日本は勝てたか?
理由は色々有ろうが、
「朝鮮や台湾といった足手まといが居なかったからだ」
と指摘が出来る。
朝鮮や台湾に支払う分のカネを、全額日本の開発と軍隊の質的向上に使っていたから、
あのような奇跡が可能だったと考える。

後年の日米戦争の時は、軍事費だけに全力投球という訳には行かなかった。
朝鮮は万年赤字の連続だったし、満州という新たな植民地ができ、
支那事変真っ最中の中国の占領地にも日本はカネをばらまいていたのである。
これらのカネを全額日本軍の近代化に充てていた方が、
「負けた」としても、もっとまともな損害を連合軍に与えられたはずだろう。
47 :2017/10/09(月)17:35:11 ID:???
http://www.moeruasia.net/archives/49586986.html

【これはヒドイ】東京五輪選手村の薬剤師募集→3交代制・報酬なし・交通費自腹・宿泊施設なし・要資格・英語必須・他・・ブラック丸出しワロタwwwww


オリンピックでブラック労働を正当化するな!
48名無しさん@おーぷん :2017/10/10(火)19:31:13 ID:???
平和の祭典の為に過労死で人が死ぬとか
本末転倒だな
49名無しさん@おーぷん :2017/10/10(火)21:28:07 ID:???
国会の、ノリ弁討議、うさんくさい自民党政党
もう自民党政権はウンザリだ

小池がどこまでできるかはわからないが、今の安倍よりマシ

少なくとも、これ以上、韓国の詐欺に遭う事は避けられるだろう

小国フィリピンにさえもシッポ振る安倍
小池なら、安倍みたいに簡単に血税をばら撒く事はないだろうからな
50名無しさん@おーぷん :2017/10/10(火)21:51:20 ID:???
消費税を10%に上げると言ってる自民党が、本当に世論調査で優勢なのか???????

周りの人間で、自民党を応援してる人間が全くいないんだけど、マスゴミが操作してないか

大いに疑問だ
51 :2017/10/11(水)03:38:07 ID:???
>>48
オリンピックの為に全てを犠牲にせよなんてやってるのは、
日本を除けば共産党国家の中国だけなんだよなw
ロンドンやブラジルでも開催日が押し迫ってきても反対運動があった。
それが言論の自由というもの。
52名無しさん@おーぷん :2017/11/15(水)20:47:15 ID:???
「昭恵さんはメラニア夫人を前に、自分の好きなK-POPアーティストのことを“カッコイイ”と饒舌に話したんだそうです。
すると、メラニア夫人は、“あなたは日本人なのになぜ韓国の話ばかりするんですか?”と返したそうです。
それには昭恵さんも苦笑いするしかなかったようです」(別の全国紙政治部記者)

日本の恥
首相夫人なら、韓国の慰安婦問題に怒りを持っててもおかしくない立場なのに
他人事みたいに韓国芸能人に浮かれてるのは異常
噂通り、在日というのはホントかもしれんな

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【感動の押しつけ】国民をタダ働きさせよう
CRITEO