- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

日本は人口1億人を死守できるか

1名無し:2016/05/23(月)18:16:34 ID:wT9()
出生率が最低水準から回復している。政府の試算では2030年までに、人口置換水準にまで出生率を上昇させれば、人口の大幅減は防げると分析している。
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO02656230T20C16A5I00000/
284名無し :2016/06/14(火)22:15:27 ID:1Jz()
>>281
レスは最後ね。以降は無視するね

財政ファイナンスすれば、インフレは急激に進むから、国民の預金の価値は大きく下がる。
285名無しさん@おーぷん :2016/06/14(火)22:22:14 ID:tJ4
>>284
そんな事は有り得ないね
デフレギャップの枠内で納まってる内は
そりゃあ1000兆円も一気に刷ってバラマいたらハイパーインフレにもなりますよ

でも、300兆円ってのは普通に日本の企業が生産出来る稼働能力の範囲内だしなぁ……
で、そこで仕事を与えられれば給料も増えるかボーナスが出るだろう
で、そこの労働者たちがレジャーや趣味、家電製品、家具などにお金を使う
もしくは預金する
その結果として内需は拡大されるし、懐が豊かになった国民は、
「子供をもう一人くらい生んでも良いかな」
という気になるかも知れない
子供を生んで頂くにはまず、懐事情を安定させなければならないし、
次いで育児環境の整備も必要だ

いくら育児環境だけ整えても、懐事情が寒ければ子供を作る意欲が湧かないだろうさ
286名無しさん@おーぷん :2016/06/15(水)10:39:24 ID:grL
>>282
有効求人倍率とか、コイツ数字しか見れない阿呆なんだな。
統計上の数字だけでしか物事を語れない、
人情の機微が理解出来ない点で既に人間として終わってる。
まして、日本人は「無能な国民」と来たもんだ。
287名無し :2016/06/16(木)02:17:50 ID:qdF()
今後最大の課題は、生産性を上げるために労働市場改革を進めながら、産みやすい環境整備の両立を達成しなきゃならない。ただ保育所を作ろうとすると、都心部であればあるほど用地確保の困難から、地元住民は保育所建設に反対する。

地元住民の理解を如何にうまく得ながら、保育所建設を進めていくべきであるか議論を進めたい。
288名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)05:30:07 ID:iuR
東京人口集中という戦略的な失敗を放置しておきながら
いかに東京に保育所作るかという戦術を成功させても意味がない
戦略的な失敗は戦術的な成功では取り返せない
289名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)11:16:58 ID:D67
労働市場改革よりも何よりも、まず、
「国民の懐を豊かにする」
方が先決で第一だと思うけどねぇ……

「労働市場改革」って、それって今まで日本政府がやってきた構造改革のどれ一つを取って見ても、
「日本国民を苦しめて痛めつける政策ばかり」
なわけじゃん?
もう、その手の「改革」はストップしてくれよ。
そうじゃなきゃいくら「子育て環境」だけ整えたって、出生率上昇になんぞ向かわないよ。
290名無し :2016/06/16(木)13:27:17 ID:qdF()
>>288
戦略的には失敗したとは言い切れないと思うよ。少子化対策が後手に回っている感はあるけどね。一極集中型のイギリスやフランスは高い出生率を保ってるわけだから、こういう成功例を参考に少子化対策を進めていくべき
291名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)15:14:58 ID:D67
>>290
>一極集中型のイギリスやフランスは高い出生率を保ってるわけだから、こういう成功例を参考に少子化対策を進めていくべき

それって移民が出生率を押し上げてるんじゃないの?
だとしたらそんな物を参考にしてはいけない。
とっくに移民推進政策の破綻と失敗は明らかで、
イギリスもフランスもドイツもスウェーデンもノルウェーも、
移民と移民賛成派VS移民反対の極右の闘争が続いている。
こんな混乱国家など見習ってはいけない。

今必要なのは何が何でも日本国や企業、日本人の景気回復と収入増、
とにかくお金を日本人に与えてあげること。
「減税」でも良いし、「地域振興券」でも良い。
または、「ベーシックインカム」でも構わない。

とにかく、
日 本 人 の 懐 を 豊 か に し て
余 裕 を 与 え て あ げ る こ と

そうすれば、出生率は自然天然に今より増えると自分は考えている。
それをやってから、なおもっと多くの出生率上昇を望むのならば、
育児環境の整備充実や、労働市場改革とやらを初めて行けば良いと考える。
「国民の懐を豊かにする」事と、「出産環境の改善」……
この二つ同時並行的に出来ない訳でも無いし、出来れば同時並行的に進めるべきだけど、
まず第一に必要なのは「国民の懐を豊かにすること」だ。
292名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)15:21:55 ID:D67
あとは、かつてのナチス・ドイツやファッショ=イタリアが設けていた「独身税」のように、
独身者や出産能力の有るくせに子供を作らない人たちに対して、
強制的に増税で脅しをかけるというやり方も有るけど。

増税で脅しをかけるくらいなら、減税や景気対策などで国民の懐を豊かにする形で出生率を引き上げたい。

例えば、子供を4~5人以上生んだ家庭には無条件でベーシックインカムの生活保障が与えられるとかにすれば良いのではないか?
293名無し :2016/06/16(木)16:20:33 ID:qdF()
東京一極集中の流れを短期的に変えることは不可能だろう。道州制や首都機能移転を仮に実現したとしても、人口の集中は止まらないし、今後も流れは加速していくだろう。

リニア新幹線の開通で中京圏は東京圏に組み込まれる。北陸新幹線の開通で、東京圏の影響力は今後も拡大を続けるだろう。東京オリンピックは、東京一極集中の集大成になるのは間違いない
294名無し :2016/06/16(木)16:27:22 ID:qdF()
>>292
ベーシックインカムなんて財源がなくて実現しないだろう。それも国債発行300兆円とやらで実現するのか?インフレ税で預金も吹っ飛ばしながら、経済と財政の再建を進めて、出生率を改善させていくというわけかな
295名無し :2016/06/16(木)16:35:26 ID:qdF()
>>291
日本人の懐をよくするってのは、みんなそう考えてはいるでしょ。ただやり方が違うだけ。労働市場改革だって、多くの人々が再就職しやすくて、国民生活を向上することが目的なわけだし。子供を産むことだって、最終的には自分たちの生活をよくすることになるわけだし
296名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)17:52:18 ID:D67
>>294
国債じゃなくて政府紙幣な?
あと日本は、300兆円じゃなく、800兆円は刷れるレベル、もしくは資格が有ると考えている。
実際、バブル崩壊とその後の損失を考えれば、800兆円くらい損失を出しているのだし。
(「日本の借金1000兆円」なんてのも大半がこれだろう)

>>295
その「労働市場改革」とやらが、「日本人の体質」に全く適合してないんだよなぁ……
終戦後の約50年間かけて築き上げてきた「日本的体質」を、
「アメリカ」や「EU」のような仕組みに作り替えようとする改革には無理が有りすぎる。
297名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)18:05:23 ID:D67
>>294
そもそも日本は、ベーシックインカム目当てに4~5人の子供を産んでくれるような家庭ばかりだと思う?
それを考えると、ベーシックインカムの財源はかなり見積もりよりも低く落ち着くと思うぞ?
「5人以上の家庭で、一人当たり月20万円保証」
(つまり1つの家庭辺り、月100万円の生活保障)
とかにしたって、5人産む世帯ばかりとは思えない。
ギリギリ手に届くか、届かないかくらいの所にベーシックインカムの基準を置いておけば、
想像以上に出費は圧縮出来ると考えるけどな。
298名無し :2016/06/16(木)18:08:09 ID:qdF()
>>296
まあ八百兆円でもいいけど、財政が豊かで強い経済のスイスでさえ、否決されたからね。ベーシックインカムの実現はまだまだ先だと思うね。

日本型雇用システムは完全に行き詰まってるよ。不況時は合理化の名の下、非正規雇用を増やしたけど、若年の雇用が不安定化した。結果的に給料が低く消費が落ち込み、結婚せず子供を産まない人が増加した。

今後は非正規雇用の待遇改善を強化して、正社員の解雇を大幅に進めていかないと、この二重構造は変えられない。変えられなければ、非正規雇用を若者は再就職できず、子供も産めず、消費は増えない
299名無し :2016/06/16(木)18:11:03 ID:qdF()
>>297
国民がハイパーインフレを容認すれば、そんな政策は実現するだろうな。1番割りを食うのは、銀行員と高齢者になるだろう。ガラガラポンの再出発を考えるなら、ベーシックインカムもアリだと思うよ
300名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)18:25:24 ID:D67
>>298
その労働市場改革が、単に雇用システムの不安定化しか招いてないんだよなぁ……
小泉構造改革でもたらされたのだって、結局の所、非正規雇用の増加だけ。
そんな中、解雇の自由化なんて認めたら、会社がより一層強くなって労働者をクビにしまくっていくようになるだろ。

戦後約50年間巧く行っていた制度なのに、
そんな突然「巧く行かなくなった」と言うのはおかしいのではないか?
だとしたら、最初から日本人の体質に適合せず、失敗していたはずなんだから。

>>299
ハイパーインフレなんか起こらないって。
デフレスパイラルと呼ばれてる今の時代に、どうやってデフレとインフレをいっぺんに起こすんだよ?
デフレスパイラルとすら呼ばれてる日本経済は、ちょっとやそっとの財政支出如きじゃインフレになんぞならないぞ?
301名無し :2016/06/16(木)18:32:30 ID:qdF()
>>300
政府も日本型雇用システムでは20年以上の停滞から抜け出せてないから、方向転換してかなきゃならないと考えてる訳でしょう。小泉政権下で非正規雇用が増えたというけど、派遣切りが横行したのは、リーマンショック後だからね

労働市場改革は景気悪化時には、雇用の解雇が進められるけど、景気回復時には雇用の拡大が進む。景気回復が進んでいると言われる現在は人手不足を解決するために労働市場改革が求められてると言えるだろう

インフレを人為的に起こしても、それをコントロールする方がよっぽど難しいんだよ。日本は金利によるコントロールが出来ないから、インフレを抑制する手段がない。
302名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)18:39:41 ID:D67
>>301
それこそ、インフレにでもなったら「増税」すれば良いじゃん。
「金利」だけがコントロールの方法の全てじゃないだろ。
「インフレになった」と言う事は、少なくとも、
「不況ではなくなった」
「景気が良くなった」
と言う事が出来るんだから。
303名無し :2016/06/16(木)18:46:22 ID:qdF()
>>302
インフレ時に増税して、デフレに戻る懸念もあるけどね。例えばインフレ5%進行時に消費税を引き上げても焼け石に水出し、景気が鈍化する可能性すらある。

インフレをコントロールする手段としては、金利の引き上げとかの金融引き締めが重要になるけど、その出口戦略をやればやるほど、景気を大きく失速させる懸念がある。

バブル退治の時に、政府が規制などで引き締めを図った結果が、失われた20年に繋がった背景を考えると、インフレのコントロールはかなり難しい
304名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)18:48:49 ID:D67
>>301
バブル崩壊以降25年間の停滞の真因は、
「日本型雇用システム」じゃなく、
「政府の無策無能にして有害なる政策」
にこそ有るだろ。
一度でも良いから、この25年間に、ちゃんと積極財政に打って出てみた内閣って有るの?
小渕恵三内閣だけがそれっぽかったけど、後はことごとく皆、消極的すぎる程の財政支出しかしていないじゃん。
で、小渕恵三内閣の時は、見事に株価は上昇していたし、あともう一歩で景気回復って所まで進んでいたんだよ?
これを見ても解る通り、今の日本でも積極経済政策は有効。
305名無し :2016/06/16(木)18:54:29 ID:qdF()
>>304
小渕の後の森政権では景気拡大政策が不十分だったというけど、同じ自民党派閥で、森総理自身、小渕総理ともそこまで経済政策に違いがあったとは言えない気がするけどね。

小渕政権が上手くいったと錯覚したのは、アジア通貨危機から中国やASEANが立ち直り始めたり、アメリカのITバブルが起こったこととか対外的要因が大きいと思うけど。

公共事業を削減した背景には、高齢化社会が進行してて社会保障費が膨張して、そっちに予算を回さざるをえない背景があったからじゃないか。
306名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)18:57:33 ID:D67
>>303
最初っから失速する後の事を考えて政策を作っていたら、何も出来ないじゃん。
まずは「やってみる」って事が大事じゃないの?
まずは「景気回復」こそが第一で先決だよ。
「デフレ脱却」こそが重要。
それで国民生活を豊かにする事が出来れば、増税だって経済システムの改革だって好き放題に始めれば良いんだよ。
まずはどんな手段を使っても良いからフル動員して景気回復させる事だよ。
インフレになった時の心配はその時にすれば良いだけ。
307名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)19:03:17 ID:D67
>>305
いや、戦後の歴代内閣を見ても、戦前の内閣を見ても、結構内閣総理大臣の顔ぶれで、同じ政党でも政策は違ってくるじゃん。
河野洋平とか、今だったら民進党か共産党辺りにでも行ってそうな奴が自民党総裁だった時期も有ったし。
(阪神淡路大震災の頃の村山内閣の頃の自民党総裁な?社会党と連立して与党に返り咲いた。あと悪名高い「河野談話」の生みの親としても名高い)
308名無し :2016/06/16(木)19:06:37 ID:qdF()
>>307
小渕政権の時は自自公連立で、自由党の小沢の影響が強かった内閣だと言えるね。公明党の肝いりで地域振興券なんかも打ち出されたし。
309名無し :2016/06/16(木)19:06:38 ID:qdF()
>>307
小渕政権の時は自自公連立で、自由党の小沢の影響が強かった内閣だと言えるね。公明党の肝いりで地域振興券なんかも打ち出されたし。
310名無し :2016/06/16(木)19:09:06 ID:qdF()
>>306
今まで、バブル崩壊以降自民党は景気回復!を掛け声に政権をとったけど、結局は失われた20年になったわけじゃん。それで民主党が政権をとったけど、政権運営できずに頓挫した。そこでギリシャ発の財政危機をみて、野田政権下でようやく消費税引き上げを決定した。

景気回復は大切だけど、それに必要なのは金融緩和や財政出動じゃなくて、財政健全化や人口減の抑制、そのための構造改革なんじゃないの
311名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)19:31:40 ID:D67
>>310
国家の財政が健全化すると、何か国民が1円でも得するの?
国民が喜ぶ政策ならばどんどんやれば良いさ。
でも、何も恐らく意味が無い。
意味が無い政策を、不況の真っ最中の今やる意味って有るの?
と言うか、不景気対策と真逆な事をやったら、
ますます不景気は加速するし、
経済成長は鈍化するし、
国民生活は苦しくなる。
その結果としては、
国民は子供を作らなくなるんじゃないのかな?

自民党は掛け声だけで、景気対策をちゃんと行ってきたのかな?
口先だけじゃん。
312名無し :2016/06/16(木)19:47:33 ID:qdF()
>>311
前にも指摘したけど、国民生活を破綻させないためでしょ。通貨の安定をはかることで、安定した社会保障サービスを継続させ、国民生活を向上させていく。仮に一時的に不景気になったてしても、構造改革を断行することが将来のためになることはハッキリしてる。

幕藩体制を解体して明治の新体制をつくって、日本は列強国に上り詰めた。その後は、戦争に突入し、戦後に大改革を断行して経済大国になった。今後も構造改革を通して、既存の社会体制を解体して、新しい体制を構築することは必要
313名無しさん@おーぷん :2016/06/16(木)20:35:23 ID:D67
>>312
たかだか不景気対策をすれば良いだけの話を、
そんな幕末とか、終戦後の焼け野原状態の時と一緒に考えるか?普通?
単に景気対策を行えば良いだけじゃん。
今までも資本主義の枠の中で何度も有った景気上昇期と後退期の出来事でしかないのだから。

日本の場合、景気後退、不景気が25年、四半世紀も続いてるのが問題なんであってね。
まず「デフレは悪」「不景気は悪」という所は絶対の前提にしておかないと。

デフレとインフレどっちが良いかで言えば、インフレの方がはるかに良いよ。
少なくとも、デフレと違って「不景気ではない」と言えるのだから。
「好景気である」とは言えなくても、「不景気ではない」というだけではるかに意味がある。
315名無しさん@おーぷん :2016/06/23(木)17:12:30 ID:bC3
〝1986ー1991バブル〝が、はじけた後の日本企業は主に負債の返済に追われ、新規事業開拓への余力を有さなかった。

将来の重要な柱となる〝新規事業開拓〝とは、換言すれば、「需要の掘り起こし」であり、「潜在需要の開拓」と申してもよいだろう。
〝潜在需要〝である。〝潜在する〝、〝需要〝だ。要するに人民の求めているもの(事象も含む)だ。
この考察に真正面から取り組まずして、〝新規事業〝イコール、〝需要の掘り起こし〝なんざ、〝夢のまた夢〝だろうよ。
ターゲットは〝人民〝であって、決して、エリートではない。
だが、そんな〝プロジェクト〝、一民間企業の経営者如きに取り扱えるもんじゃねーだろ?
それは紛れもなく、〝政治マター〝なんだよ。

つまり、現状社会の〝需要の掘削〝作業の推進力確保には〝政治の介在〝が不可欠なんだ。
だって、〝人民〝の潜在願望に立脚する実現手段を模索する試みだからね。
と言う事で、本格的〝大河ドラマ〝ならぬ〝大河需要〝を掘り当てるには政治権力の発動が絶対の条件とならざるを得ない。

〝市場〝イコール〝購買力本体〝とは給与所得者、すなわち、〝人民〝に他ならない。
一方、企業経営者が従属せざるを得ない財務的要請とは、一般的に人件費の圧縮であり、正社員の削減であり、すなわち、雇用貢献指標に反比例する諸施策だ。
何故なら、市場購買力を削減させる本能的要求を企業財務は内在させており、景気循環的経済環境生態系での自己統治能力を本来的に欠落させた存在であるからだ。
316名無しさん@おーぷん :2016/06/23(木)17:31:30 ID:bC3
つまり、じゃね。
いわゆる、アメリカ式経営ってのは、共同体に於ける〝購買力本体〝イコール、〝人民〝を企業家、及び不労所得階級的株主たちが浸食、阻害する悪循環に他ならない。
米国の場合、国内的にはそれをカード・ローン会社の提供するファイナンスで補っている。
貿易収支が赤字でも資本収支的には日中に米国債を買わせているので帳尻が合う。
定期的に小型中型の〝バブル破裂〝を繰り返さし、何処かで借金の棒引きをしなけりゃ回らなくなっているんじゃないのか?
つまり、室町幕府みたいな存在だ。
そんな国のシステムを見習えとかwww
317名無しさん@おーぷん :2016/06/23(木)17:51:58 ID:cYe
アメリカが世界に提供出来るのは軍事力と各国通過に襲いかかるヘッジ・ファンドか弁護士ぐらいのもんだろ?
そんな国のシステムをスタンダードにして、果たして幸せになれますか?
318名無しさん@おーぷん :2016/06/23(木)17:53:34 ID:cYe

>各国通過に X

>各国通貨に ○

だった。スマン。
319名無しさん@おーぷん :2016/06/23(木)18:09:32 ID:cYe
明治維新が成功だったか否かの評価は保留するとしても、だよ。
結果として、武士階級が俸禄米の既得権を返上した事は宜しかった。
支配階級が既得権益を放棄するとか、実は物凄い事なんだが、敢えて、その部分の評価には触れずにおこう。

危急存亡の秋(とき)に際しては、上述の如き非常の施策が採用されるべきであろう。
では、現状では?
武士階級が放棄した既得権益に対応する部分は?
これは〝消費生活の物質的、及び、被サービス的水準〝の均等化ではないだろうか?
放棄させる以外に手段は無いと思う。
320名無しさん@おーぷん :2016/06/23(木)18:12:05 ID:cYe
均等化を放棄させる、の意味ではないよ。
放棄させて、均等化ならしめる。
国民全員がビンボーになる、これしかないと思う。
321名無しさん@おーぷん :2016/06/28(火)14:28:39 ID:JwM
イギリスのEU離脱の動機は移民問題らしいな。
思うに欧州各国にはイギリスと同じ問題意識がサイレント・マジョリティーとして存在しているんだろう。
では、欧州連合の方がイギリス世論に歩み寄るべきだったのでは?と言う疑問が投げ掛けられるるかも知れない。だが、それが不可能なぐらいなら、離脱を選択するはずがない。
欧州に限らず、北アメリカも含めた、大西洋を挟んで並立する資本主義の二大経済圏に於ける「〝安い労働力〝イコール〝出稼ぎ労働者〝、つまりは〝移民の蛹(さなぎ)の国境を越えて移動する自由」と言う原則は富裕層にとって、手放す事の出来ないメリットのある条文なのだろう。

これに対し、〝移民制限で対応する従来の発想は間違っている。
移民を防ぐには移民の賃金を上げさせ、企業=employer、エンプロイヤーが外国人を雇うメリットを消滅させるのが一番であり、その為の労働運動がインターナショナルに広げられる必要がある。
錦の御幡、すなわち、大義名分は「人種、国籍で賃金に差を設けるのは天賦人権に悖る非人道である」←この名目で訴訟し、外国人雇用のメリットを滅却させれば、資本家には逃げ道がない。
この運動の国際化、すなわち、インターナショナル・ヒューマニテルンの設立だ。
ア・プリオリ(←先験的)な人権と人道主義を全面に立て、エンプロイヤーの逃げ道を国際的に封鎖すれば、移民のニーズは地球上から根絶出来る。
322名無しさん@おーぷん :2016/06/28(火)14:52:56 ID:JwM
移民と言うemployee(被雇用人)側の賃金ダンピングをグローバルに禁止する労働運動がインターナショナルに進められる必要がある。
インターナショナル・カピンテルン、すなわち、資本主義インターナショナルが〝グローバリズム〝を名乗る現状に於いて、労働運動のみが各国に割拠していて、どうして対抗出来るだろう?
諸君らよ。グローバリズムを唱える英米仏の〝新自由主義者〝の思想的臍の緒は18世紀の啓蒙思想に繋がっている。
フランス革命であり、それに先立つ合衆国独立革命だ。
フランス国旗のトリコロールは自由、平等、それと博愛を現している。
資本主義の文脈を制御するのは、同一文法の言語のみだ。それは人道主義、博愛、平等etc.etc.だ。
従来の労働運動が軽視しがちなブルジョアの好むスタイルを剽窃し、殺し文句をキャッチ・コピー化すれば、ブルジョアもプチブルも十字架の前のドラキュラ伯爵の如く、しなだれる事であろう。
資本主義を制御するには、同一文脈同一文法の思想フィールドで、彼らのゲームのルール内で、木っ端微塵に粉砕するのが一番。
知力で完膚無きに迄、打ちのめせば、彼らは精神的に再起不能となるはずだ。
323名無しさん@おーぷん :2016/06/28(火)14:58:10 ID:JwM
マルクス主義なんぞに拘泥していては永遠に資本家どもには克てないよ。
324名無しさん@おーぷん :2016/07/19(火)16:22:33 ID:NM7
あげ
325名無しさん@おーぷん :2016/07/19(火)19:10:07 ID:UK0
ドイツって国は、実は、戦前に於ても、支那とは結構、友好関係だったんだよな。
蒋介石軍の軍事顧問団はドイツ陸軍から派遣(人的供給)されていた。装備もドイツ製。
日独防協定締結直前迄、ドイツの〝東方に於けるパートナー選び〝は、大日本帝国、中華民国のどちらに転ぶか予断を許さない状況だった。

ドイツは支那と言うマーケットが好きなんだな。と言うか、切望しているんだよ。幻想に近い期待を持っているんだろ。
逆に、日本に対しては、「支那市場獲得に於ける目の上のたん瘤」と言う認識だよ。
戦前のドイツが結果的に支那でなく、日本を選んだのは、トップに君臨し、独裁権力を行使するヒトラー個人の判断に因るものだ。

で、今のドイツも支那市場にもの凄い期待を抱いている。やはり、幻想があるんだよ。

何でこんな事↑をカキコしたか、つーと、おれは日本はこの支那マーケットから撤退すべきだと確信するからだよ。
支那ってのは昔から、地球の1/4、もしくは、1/5の人口が密集する特殊な地域だ。つまり、クォーター・アースだ。
こんな巨大な社会を開発し、かつ、(自らの)制御下に置くなんて、非支那社会(「支那から見た外国」と言う意味)のどんな野心的権力を以てしても無理、無理、無理、絶対無理だよ。

つまり、自足する経済、外需に依存しない純粋内需の経済の確立が重要だと言いたい。
326名無しさん@おーぷん :2016/11/23(水)20:51:41 ID:OZi
ドイツ銀行(笑)
327名無しさん@おーぷん :2017/04/23(日)15:55:29 ID:sSk
そもそも人口って維持しなきゃ駄目なのか?
労働力不足はAIで補えそうだし
限りある資源を分け合うには少ない方が良くね?
売り先は海外でもいいんだし
328名無しさん@おーぷん :2017/06/24(土)16:13:45 ID:1Zh
  平成29年 平成28年 差引増減
1月 82 411  85 296  △ 2 885
2月 74 451 80 045  △ 5 594
3月 81 222 84 025  △ 2 803
4月 77 719 81 159   △ 3 440
合計 315 803 330 525 △ 14 722

人口動態統計速報(平成29年4月分)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2017/dl/201704.pdf

人口動態総覧の年次推移
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai16/dl/h1.pdf
329名無しさん@おーぷん :2017/06/24(土)16:18:09 ID:1Zh
日本の出生数、たった4ヶ月で1万5千人も減る
去年の出生数が976,979
単純計算で4万5千人減るとすると今年は大体93万人くらいか
330名無しさん@おーぷん :2017/09/05(火)17:12:08 ID:4Ap
1月  -2,885人 -3.38%
2月  -5,594人 -6.99%
3月  -2,803人 -3.34%
4月  -3,440人 -4.24%
5月   -982人 -1.16%
6月  -3,954人 -4.73%
合計 -19,658人 -3.94%
331名無しさん@おーぷん :2017/10/03(火)23:08:05 ID:fUr
1億人死守できないとしても害人の移民・定住は断固反対!!!
夜中道歩けなくなるぞ
332名無しさん@おーぷん :2017/10/05(木)00:13:01 ID:m3n
土地が狭いから減らしていいよ
333名無しさん@おーぷん :2017/10/05(木)12:39:52 ID:d4i
>>327
輸出依存が高まると、今以上に外国の景気情勢に左右されるのだが。
例えば人口大国の中国が、「日本の輸出品は買わない」とか言い出せば、日本経済に与えるダメージは計り知れないほど甚大になるであろう。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





日本は人口1億人を死守できるか
CRITEO