- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

怖い体験談不思議な話

1名無しさん@おーぷん:2018/07/04(水)03:39:05 ID:izo()
最近こういうスレ少ないので。実体験や聞いた話なんでもかまいません。
2名無しさん@おーぷん :2018/07/08(日)19:03:14 ID:iHQ
現実主義な父が言っていた話
父が病気で意識朦朧としている時、近所に住む幼なじみの父親が急に目の前に現れ、父に頭を深く下げた。
その後、少しだけ空かしていた窓に吸い込まれるようにシュッと消えたそうだ
後日、幼なじみの母親から夫(幼なじみの父)が亡くなった事を聞かされたと言う。
「ワシとあそこの父親はあまり親しくもなかったのに、なんでこんな幻覚見たんだろうなぁ」
と、20年くらい経ってから話してくれた
3名無しさん@おーぷん :2018/07/08(日)19:12:39 ID:iHQ
私の母親は所謂「見える人」だった
その昔住んでいたアパートには、公衆トイレのような共用トイレがあった。
そこのトイレは真ん中のトイレがあかずのトイレになっていた。
何故あかずのトイレになったかを母親が語ってくれた。
私が生まれる前に、同じアパートに「ナカムラさん(仮名)」と言う一人暮らしおばあさんが住んでいた、その方はいつもトイレに入ると真ん中のトイレを使っていたそうな。
ある夜、母が尿意で起きてトイレに向かうと、ナカムラさんとばったり会った。
「こんばんは」
「今夜も冷えますねぇ」
なんて会話をしながらナカムラさんはいつもの真ん中のトイレへ
母は隣のトイレへ入って用を足していた
その最中にふと頭を過ぎった事が
“あれ?今ナカムラさんに会った…?ナカムラさんって、確か昨日亡くなった…はず!?”
そう考えて聞き耳立てるも、横から物音1つ聞こえない。
母は慌ててトイレから出て隣のトイレの扉を確認するが、鍵が閉まっていて開かない
父をたたき起こし、脚立を使って上から覗いてもらうと、無人のまま鍵だけがしっかりと閉められていたそうな
それ以来、真ん中のトイレはナカムラさん専用としてあかずのトイレになったと言っていた
4名無しさん@おーぷん :2018/07/08(日)19:30:49 ID:iHQ
母の話その二
母は不思議な力も使える人だった。
その頃丁度ミスターマリックがテレビでバンバン出てる頃で超能力とか存在するのかと兄弟で話していた頃、母が「出来るかも?」と言った。
電気を消すコードで伸び縮みするやつが昔流行ったと思う。
あれが我が家にもぶら下がっていたのだけど、母は手も触れずにそれを揺らす事が出来ていた。
風で揺れるとかズルをさせない為に部屋を締め切って、そのコードから1メートル近く離れて貰って、母に挑戦して貰った。
母が意識を集中させ初めてから10分くらいで、皆が見てる目の前で前後に揺れ始める。
「ちょっと回すの挑戦してみる」と言って更に10分くらい経った頃、コードが円を描いて回り始めた。

その現象に驚いた後、一番上の兄貴が「じゃあ透視とか出来るの?」と、三センチ四方くらいに切った紙に、何か書いてとても小さく折りたたんで「これ当ててみて?」と言った。
母はそれを握り締め、じっと集中した後「見づらい」と言っておでこに紙を押し当ててじっと集中する
やがておでこに紙を当てたままペンを持って湯気の出たお盆に乗っかったどんぶりのような絵を書いて「こんな風に見えた」とペンを置いた。
一番上の兄貴が驚いた顔をして「紙、開けて」と言う
そこに書かれて居たのは、湯気の出たコーヒーカップ
取っ手の部分が無いだけで、後の部分はほぼ同一だった
5名無しさん@おーぷん :2018/07/08(日)19:59:55 ID:iHQ
ふと思い出した自分の不思議な体験
二年くらい前、ポケモンGOがリリースされた頃に家の近所を夜に徘徊してポケモン集めをしていた。
ふと、とある場所で信号待ちをしていた。
歩行者用信号が青になったので渡っていると、一台のタクシーが信号待ちをしていた。
携帯から顔を上げてタクシーに目をやると、助手席に女の人が座っている。
後ろの席は空席
何より、タクシーは“空車”表示を出している
よく良くその女性を見てみると、何だか薄っぺらい。
その女性とバッチリ目が合ってしまってヤバいと思ったけれど、着いてくる事は無かった。
多分、タクシーか運転手に着いてるものなんだなと思った

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





怖い体験談不思議な話
CRITEO