- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?

1名無しさん@おーぷん:2018/04/13(金)07:40:11 ID:DBN()
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
・ジャンルや、事実の有無は問いません。
・創作も歓迎です(創作と宣言すると興ざめてしまう方もいますのでご注意ください)
・要は最高に怖ければいいんです。
初めてきた方は必ず以下テンプレを読んでから投稿しましょう

【重要ルール】
・他の人が書き終えるまで投稿は待ちましょう。
・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
・文での感想はOK。点数形式での採点はNG。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
・感想は1レスにまとめて読み手同士の会話は極力避けましょう。
・作者様、評論家様、作者(笑)、評論家(笑)、作者()、評論家()などのワードは荒れるだけなのでやめましょう。
・次スレは950レスを超えてから立ててください。
2名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)03:30:36 ID:dOB
過疎ってるな
3名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:12:38 ID:JrD
十年ほど前に体験した話を書いてみようと思う。創作では無い。
この話は酒のツマミによく話してる事なので、色々ボカして表現してるのはご容赦願いたい。
4名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:15:39 ID:JrD
俺は都内某所のゲストハウスに住んでいた。
住環境は正直よろしくはないところだったが、住人は面白いヤツらが多く、楽しく過ごせていた場所だった。
そのゲストハウスは一つ不思議な事があって、必ず霊感が強い人間が居るんだわ。霊感が強いヤツが出るとまた霊感が強い人間が入ってくるというゲストハウス。
実際にそこの住人は何人かは心霊体験をしていたんだ。
5名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:19:24 ID:JrD
で、俺が体験したモノなんだけど。
その日はとても疲れていて這々の体で家に帰ってきた。
玄関を開けて階段を上がり部屋へ向かう。一階の居間では住人が酒盛りをしてる。日常的な光景だ。
そこのゲストハウスはドミトリーっていって、狭い部屋の中で二段ベッドが沢山あるんだ。俺の隣のベッドのヤツは毎晩ネットゲームをしていてキーボードを叩いてる。五月蝿いと感じる事はない、既に慣れてしまっていたから。
6名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:21:47 ID:JrD
ベットに転がり込み大の字になって横になる。
シャワー浴びるのが面倒だとか、下は楽しそうだな、隣のヤツも毎晩よぉやるわ、なんて思いながらボケーっとしてた。眠るワケではなく本当に呆けていた感じね。
7名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:24:29 ID:JrD
で、ふと気付いた時に金縛りになってた。金縛りは人生初。
ただ、その時は『うおっ、遂にキタ!?』なんて恐怖感は無かった。あーマジで動かないな、なんて思ってたくらい。
あ、書き忘れてたんだけど、ベットはカーテンで間仕切りしてるのね。だからベッドの四方はカーテンを掛けてプライバシーの保護(笑)をしてるんだわ。
8名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:26:27 ID:JrD
で、金縛りを体感してる時に凄まじい違和感を感じた。
下の宴会の声も隣のキーボードを叩いてる音も消えてるんだ。それだけじゃない、一切の音が無い。静かだと『キーン』って音がするだろ?それもしないんだ。
9名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:30:22 ID:JrD
薄ら恐怖感を感じ始めて来た時に、間仕切りしてるカーテンの向こうに何か強烈な存在感を感じた。『何かが居る』って見えなくとも感じるんだ。で、更に『ソイツはヤバい』ってのも。本能が強烈にソレを拒否する感じなんだ。
10名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:33:03 ID:JrD
ソイツはカーテンを開けようとしてる、そんな意思まで感じ取れた。
ソイツにカーテンを開けられたらマズい!って恐怖感に襲われた。
動け、動け、動いてよ〜!って強く念じた。(シンジくんか笑)
意識で身体を強引に捻るようなイメージで、金縛りを解こうとしてた。
11名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:35:21 ID:JrD
で、それが成功したのか、金縛りは解けた。解けた瞬間から音がブワーッと戻ってきたんだ。下の宴会も隣のキーボードの音も。
ドッと疲れて、下にある霊感の強いヤツの所に行ったんだ。何だったんだろう?って聞いてみたくて。
12名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:37:29 ID:JrD
俺がヤバい状況?の時、ソイツは別に何にも感じてなかったとの事だったんだけど、俺を見た時にかなり渋い顔をされた。何となく悟ったみたいでさ、ソイツが御守りにしてる水晶を渡されて、「悪いのを吸ってもらえ」って。そしたらその水晶、割れちゃってさ。
13名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:39:24 ID:JrD
次の日にはソイツがダウンしてた。水晶が割れたからかもだけど。
俺はピンピンしてたんだけどね。まぁ、そこのゲストハウスではそれ以外でも心霊体験は結構味わって霊に対する恐怖感はあまり感じられなくなったなぁ、と。
14名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)23:45:00 ID:JrD
ただ、今でも思う。
アレは異世界だったのか?カーテンの向こうにいたのは『時空のおっさん』だったのか?そうでなくとも、カーテンを開けられたら俺は『向こう側』に行けたのか?と。

異世界への憧れは四十前でも衰えないが、それでもあの時に感じた恐怖感を越えてまで異世界に行きたいかと問われると答えられない。
俺が入った異世界は本能か、魂か、何かが強烈に拒否した世界であった事は確かだ。

彼処には行きたくない。
15名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)01:18:43 ID:AXI
どこに書いていいかわからんからここに書くわ

俺が小学生の時の実話。
うちの小学校ってのが校舎は割と大きいんだけど少子化の影響か児童数が少なくて、俺らの世代は一学年二クラスまで減ってたんだ。
そうなると空き教室が増えるからってんで、音楽室や図書室が二つになったりビデオ見る用の教室があったりと特別教室(っていう言い方で正しいのかな?)が増えたんだ。

そうして増えた教室の一つに『郷土資料室』ってのがあった。
学校の周りに田んぼがあるんだけど、そこを管理する農家さんが大昔に使ってた道具を学校に寄贈してくれてて、それを保管してる教室なんだわ。
唐箕とか脱穀機とか石臼とかそういうやつね。
で、その中には鍬みたいな危険物もあるし、そもそも歴史的価値のある物ばかりだからってんで、普段郷土資料室は子供が勝手に入らないように鍵を閉めてたんだ。
まぁでも子供は古い道具なんて興味ないから、郷土資料室の存在なんて忘れて日々を過ごしてたんだけどね。

(続く)
16名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)01:29:22 ID:AXI
んで。
年末の大掃除があって、みんなで学校中を掃除していた時の事。

俺の班が郷土資料室前にあるトイレを掃除する事になってみんなで掃除してたんだが、友達の一人が「あれ何だろう?」って言い出した。
何が?って訊くと郷土資料室の扉の上にある小窓を指差したんだ。
そこには『足跡』があった。
指の形もわかるぐらいのくっきりとした裸足の足跡が、爪先を左下に向けた形であったんだよ。
扉の上だから、高さは二メートル以上かな。そんな位置にその向きで足跡が付くはずなんてないでしょ、普通。
当時『マトリックス』が流行ってたから、俺達の間じゃ「誰かマトリックスみたく壁走ったんだろw」みたいに話してごまかしたんだけど、あれ絶対幽霊の足跡だわみたいな雰囲気にはなってた。

(続く)
17名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)01:44:57 ID:AXI
だけど問題はその翌年の年末大掃除の時。

その時俺達は学年も変わったから全く違うとこの掃除を担当してたんだけど、急に校内がざわつき始めた。
児童数が少ないもんだから、話が伝わるのは早かったよ。
どうやら、例の小窓に『足の裏』が見えたらしい。

俺達は足跡を見ていた事もあって、掃除をほっぽりだして現場を見に行った。
そしたらもう例の小窓に黒いビニール(たぶんゴミ袋)が貼られてて、先生たちが集まってた。
何か真剣な感じで話してて、子供ながらになんか大変な事が起こったぞと直感した。

んでその翌日の終業式の日、近くに住む農家のおじいさんが学校に来てた。
どうやら何らかの農具を郷土資料室から回収したらしい。
後々聞いた話だが、その時に回収したのは古びた鋤だったらしい。
俺達はもういい大人になったが、未だに『その鋤を使った殺人が過去にあって、あの足跡の主はその時の被害者なのだろう』って話になってる。

長々すまん。
18名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)04:01:00 ID:N2L()
>>17
背筋がぞっとするような怖い話ですね
その鋤にはどんな秘密があったんだろう…
19名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)16:27:26 ID:AXI
>>18
反応ありがとう

どうもうちの小学校そういう類いの話が多いんだよね
近くで死体遺棄事件があったり、不審火が多発したりって事もあったし、何か不吉な事に縁のある地域なのかもしれん
20名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)18:06:33 ID:N2L()
>>19
えぇΣ(゚Д゚)
できればもっと聞きたいな
21名無しさん@おーぷん :2018/04/20(金)06:54:08 ID:WGW
>>20
んじゃ一つ。

うちの小学校の地下には小さい川が流れている。
グラウンド西側から入ってグラウンドを横断し、東側の道路一本越えた先で地上に出る形。
この川ってのがあんまり水質がよろしくなくて、ザリガニがうじゃうじゃ沸く事から俺達の間では『ザリ川』って呼ばれてた。
当然ザリ川で泳ぐのは禁止されてたし、そもそも東側の地上に出た所もフェンスに両岸囲まれてたから誰も近付けなかったんだけども。

んで、そんなある日。
俺達は放課後に田んぼの畦道で遊んでいたんだが、ふと友達の一人が「あれ何だ?」ってザリ川の方を指差した。
みんなで集まって見てみると、フェンスの内側に半分川に浸かるような形で何かが落ちていた。
俺は両親が音楽趣味だった事もあって、その物体が『ギターケース』だとすぐにわかった。
それを友達に言うと「あれ拾ってこようぜ」って話になって、友達の一人がフェンスをよじ登ってギターケースを引っ張り始めた。
だけどそのギターケースは小学生一人では全く動かせない程重く、友達は結局諦めて戻ってきた。
彼曰くそのギターケースにはダイヤル式の鍵が付いていて、開ける事もできなかったらしい。

そしたら「あれ落とし物だろうから警察に連絡しよう」っていう話の流れになり、俺達は近くの交番でその事を伝えて、その日はみんな家に帰った。

(続く)
22名無しさん@おーぷん :2018/04/20(金)07:07:22 ID:WGW
んで翌朝。
あの畦道で死体が発見されたというニュースがテレビで流れた。

『死体は切り刻まれた状態でギターケースに入れられ、川に遺棄されていた』

その後俺は『発見当時』現場にいた友達数人と共に何度か警察から事情聴取された。
特に実際ギターケースに触れた友達なんかはニュースが報道された日からしばらく学校を休む程のショックを受けていた。
今でもその時の話になると、彼は体が震えるらしい。

だけどこの事件の何が一番怖いって、その殺人死体遺棄事件の犯人っていうのが俺達が遊んでいた時に農作業をしてた農家のお兄ちゃんだったって事かな。

以上
23名無しさん@おーぷん :2018/04/22(日)16:42:01 ID:vem
助けを呼んだんだろうな、ギターケースの中の人
24名無しさん@おーぷん :2018/05/06(日)00:39:13 ID:kAI
>>17
怖すぎ先生何を知ってるんだw
子供は資料室を遊び場にしてたんだろうか?
それとも外に出ようとしていたのか?
あと既スレですがこちらの方も勿体無いので
先に埋めてくれたら助かります。(^ω^)
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1416986147/l50
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/l50
25名無しさん@おーぷん :2018/05/15(火)02:07:52 ID:bn3
過疎り気味なので書いてみる。
怖くはないけれども。

先日、身内が亡くなった。
足が悪く杖なしでは歩行が困難だったので、冥土の旅に苦労するんじゃないかと思って
足の裏を丁寧に擦ってから納棺させてもらった。

葬式の日、会場に入ろうとしたら右の靴底のゴム部分ががベロンと全部キレイに剥がれた。
マジかーと思ってコンビニで接着剤買いたかったけれど、
駐車場で迷ったので時間がなく、仕方なく知らん顔してそのまま葬列した。

で、火葬場に行ったら今度は左の靴底が全部キレイに剥がれた。
もうね、普通に歩いていて、ん?と思ったら2、3歩後ろに靴底が落ちてんの。

あー持ってかれたかあと思って。良いんだけれど、お気に入りのパンプスだったんだよね。
オシャレが大好きな人だったから、気に入ったんかなあと思ってる。

どうでもいいんだけれど、草鞋はお棺に入ってたと思うんだけど、
ヒールつきの靴で三途の川渡るんかい、と突っ込まずにいられなかったのがその人らしくて妙におかしかった。
26名無しさん@おーぷん :2018/05/16(水)17:34:52 ID:G6P
心霊体験は子供のころに一度だけ体験したっきりな自分の話。

この前、夢からはじまる奇妙な体験をした。
都会の中にそびえるビルに友達と行く夢を見たんだ。
そのビルのロビーの外側?玄関のような場所の四隅に
排水溝でよくある格子になってる鉄のふた(グレーチングというらしい)があるのを見つけた。

なんとなくその中をのぞいてみると穴は案外深いらしくて
薄暗い闇の中には墓がたってたんだ。
足の下に墓石がぽつんとあるのは現実感がなくて(夢だから当たり前だが)
あと3つの排水溝の中身を確かめようと足を踏み出すと、自分の歯がボトボトと抜け落ちたところで目が覚めた。
カーテンの隙間から白っぽい光が注いできてて、もう外は薄ぼんやりと明るいけど
体内時計でなんとなくまだ起きるには早いことが分かった。

久しぶりに怖い夢なんかみた…なんて思って寝返りをうって天井から視線を動かすとあるんだよ。
墓石が目の前の、俺の部屋の中に。5畳のすこしのせまい部屋のど真ん中に立派な墓石がった。
思わずビクッと身体を揺らして寝転がったまま固まってしまった。

なんだこれ、と思いながらメチャクチャ怖いのに目が逸らせずに凝視してると
だんだんと墓石の輪郭がうねっているのが分かった。
蜃気楼みたくゆらゆら、ゆらゆらと揺れて、だんだんとそれは大きくなっていくんだ。
うねりはどんどん拡大していってもう墓石の原型もないくらいまでいくと
今度はスゥ、と透明になって消えたんだ。

しばらく墓のあった空間をながめながら心臓が落ち着くのを待って
どれくらい時間がたったのか分からないけど目覚ましの音で無駄にまたビビってから
会社に行かないわけにもいかず準備をして出社した。
その日はどこまでが夢だったのかずっと考えてたんだけど
そんなの考えたところで分かるわけもなく
びくびくしながら帰宅すると、部屋の中は何も変わっていなかったんだけど
ほのかに香る程度に線香の香りがどこからかしてきた。

夢じゃなかったのか…ってびびったけどそれ以降は何事もなく普通に暮らしてる。

オチなしで申し訳ない。
27名無しさん@おーぷん :2018/05/17(木)00:57:14 ID:yQ1
両親から聞いた話。
昔の我が家は超がつくほど貧乏で、今で言うリサイクル業者からの下請けなんかもやっていた。
その日父親が引き受けたものは、シンク(流し台)の下に付いている排水パイプの取り替えだった。
(昔の排水パイプは今のように塩ビパイプでは無く金属で出来ていたそうだ)
父親がシンクを軽トラに積み込みゴムの荷紐で括りつけて走ると“ゴトン”と荷台からシンクが落ちた。
「きちんと縛れてなかったか?」と、キツキツに縛り直して走ると“ゴトン”とまた落ちる。
結局一度帰って母を連れて来て、荷台に乗せたシンクを見ていてもらってそのまま家の作業場に持って帰った。
いざ作業を始めようとパイプにガスバーナーを当てると、二階にある寝室から何か声が聞こえる。
父はバーナーを消して様子を見に行く。
寝室では、当時三歳ほどだった息子がスヤスヤと寝息を立てている。
気の所為だと、再度バーナーをパイプに当てる。
やはり何か声がする。父は母に二階を見てくるように伝えて一人で作業を始めた。
母が二階に行くや否や、息子を抱えて降りてくる。
「あなた!息子の様子がおかしいの!」
抱えられている息子は「うぅ…熱い…ゴキブリが…ドカベンが…」
ゴキブリやドカベンの意味は解らないけれど唯ならぬ様子だと思った父は、作業を中断して息子を病院に連れて行く事を優先した。
病院では、特に異常を見つける事が出来なかったそうだ。
その日の夜、母はトイレの為に起きた。
寝室から作業場横にある階段を降りて外にあるトイレへと向かう。
ひと息ついて家に戻ろうとした時、一階の窓に人影が映る。
その人影は、室内を右往左往していて、何か探しているような感じだったと言う。
母は慌てて寝室まで駆け上がり父を起こすと二人で作業場へ降りた。
窓があった位置には、例のシンクを保管している。
そこに近付いた両親は老婆を見たと言う。
その老婆は振り返り両親に会釈をして消えた。
「これは扱えない!」と思った両親、翌日軽トラにシンクを乗せて塩を振りかけながらリサイクル業者へ持っていき仕事を断ったと言う。
28名無しさん@おーぷん :2018/05/17(木)17:50:51 ID:hIM
小学校中学年くらいの話な

学年があがってから新しい自転車を親に買ってもらったんだよ
24インチでギアが付いててピカピカで、とにかくその自転車が気に入って
放課後は暇があれば乗り回して遊んでた

当時住んでた家からいちばん近い駅の最寄に寺と小さい墓地があったんだ
裏道にはいったすこし薄暗い通りに面してて
寺の本堂っていうんだろうか?そこへの門はいつも閉じてて
子供心ながらにそこを通るのはすこし怖かったのをおぼえてるけど
その道はちょっとした近道になってて
なんとなくの怖さより横着したい気持ちのが大きくてよく利用してた

ある日の夕方、なんとなく立ちこぎをしてその近道を走ってたんだ
実は墓を囲ってる石垣はすごくボロくて低いから立ちこぎをして中をのぞけば
ギリギリの高さで墓地全体が見渡せるんだけどその墓地の敷地に真っ赤なワンピースをきた女の人がいた
かざりっけのない赤いワンピースに黒髪でこっち背中を向けて立ってたんだ
ギョっとして、ペダルをこぐために一瞬沈んで
また膝をピンとのばして墓地をのぞくと女の人はいなくなってた

それからというもの、たびたびその墓地で赤いワンピースの女を見るようになった
とはいっても本当に見かけるようになっただけで
見るのも夕方その裏道で立ちこぎをするとチラリ見える墓地のそのまた視界のはしに赤いものが見えるだけ
見ようと思って墓地をガン見したりすると見えない

高学年になって行動範囲が変わってからあそこの道は使ってないし
今はもう引っ越したからいまあそこがどうなってるかは分からない

あの女性はなんだったんだろう
29名無しさん@おーぷん :2018/05/18(金)16:21:00 ID:Af1
寝る時は仰向けじゃなくて自然と左右のどちらかを向いて寝てるんだが
もう何年も前だけど夜寝てる時に右肩を「とんとん」と叩かれた事がある。

ビックリして起きたけど冷静に考えたらその時右半身が下になってたから
「とんとん」してきたのは多分人間じゃない。人間だとしたら忍び込んで
肩だけ叩いて姿消すとか怖すぎ。
30名無しさん@おーぷん :2018/05/26(土)01:29:08 ID:LuU
もう何年も前の話


お盆の2~3日前くらいかな?
たまたま仕事が終わり定時の5時に上がらせてもらい、まだ明るかったので近くのお寺に遊びにいった
・・というのは、近所の猫達のたまり場になっているから癒しもかねて結構通っていたんだ

そこは神社とお寺さんが一緒になっているところで、奥が神社、手前が墓地になっている
おまけに古戦場跡地で、神社には結構有名な一族が祀られていらっしゃるらしい
らしい、というのは
私は結構見える方なのだけれどもその方々とは合わないらしく
奥に行こうとするたびに空気の壁というか、押し返される風圧みたいな威圧感が半端なくて
折角抱っこさせていただいた猫様も逃げ出すほど
なのでもう諦めていた

(歴史好きなので縁起とかも知りたいのだけれど、調べようとすると邪魔が入る・・・
一度覚悟決めて無理に進もうとしたら物凄い怒りが伝わってきて逆に驚いた
一体、何の因縁があってそこまで嫌われた・・・)

でも猫の誘惑には勝てず懲りずにお寺さんの方に通ってた

で、その日たまたま気が向いてコンビニの団子を買っていった
墓地の隣には動物慰霊塔があって、そこにお供えするつもりだった

水を慰霊塔前の花(といっても、花筒は壊れててほぼ雑草化していた)に撒いて
ふと見たら雑草が山程生えている
当然のように草むしりを始めた私
31名無しさん@おーぷん :2018/05/26(土)01:30:21 ID:LuU
実は私は何故か人より動物の霊の方によく好かれるし、よく呼ばれる
私的には猫犬が集まってきてくれるので嬉しいことこの上なく
草むしりぐらい屁でもない
むしろむしらせていただいてありがとうございますっ!というくらい

そのうち地面の下から地響きがの感覚が伝わってきて
あ、これ土地の記憶だ、と思った
土地の記憶というか、昔の戦の時の地響きが感覚的に伝わってくるような感じ
普通に考えてその地響きは人の足音と考えるべきなのだろうけれど
あくまで人ではなく別の生物に私は共感する
様子をうかがう逃げ遅れた小動物とか、蛙とか蛇とか その怖れも伝わってくる
うんうん怖かったねー、とか思いながら草むしりをしていたら
いつの間にかあたりは暗くなってた

お盆の直前だというのに、誰もいない墓地に夜1人はさすがに私でもひく
帰ろうと顔をあげたら、墓地にある枯れ木?(葉が1枚もなかったのか見えなかったのか・・・)の枝の間に
人間の顔が鈴なりになってこっちをみてた

それが普通の顔じゃない
表情がなくえらいこと頬がこけてる
生気がないのは当たり前だけれど人形の方がまだ人間らしい顔してるというほど
それがいくつもこっちを凝視していた
32名無しさん@おーぷん :2018/05/26(土)01:30:45 ID:LuU
これはさすがにやばいかも・・・と帰宅を決意
その動物慰霊塔は柵に囲まれた空き地のような雑草地のど真ん中にあって
足首くらいの丈の草地の中を突っ切って外に出るのだけれども
やたら雑草が足にからみついてくる
転んだら終わりだなぁと思いつつ、奇妙な振動を感じつつ何とか転ばずに外に出た
(今気が付いたのだが、柵に囲まれていたのは入ってはいけない場所だったのだろうか・・・?)

奇妙な振動というのは地面の揺れのようなものもあるのだけれど
結界?じみた力の拮抗を初めて体験したからだと思う
草がからみつくというのは、いやな表現だけれども
草が人の手のひらと指で掴むみたいに動くといえばわかりやすいかも
同時に動物のテリトリー威嚇というか「こっちに手ぇ出すんじゃねえ!」みたいな
全く異なる世界が重なったような感じ

当然私は動物側にいて「人間扱いされてないwww」とおかしくもあり
同時に少し嬉しかったのが正直なところ

さすがにその後はその場所へは行かなくなった・・・わけでもなく
やっぱり猫を触りに行って、懲りずに草むしってたような気がする

長文失礼
33あぷる◆2GET.w5CFc :2018/05/26(土)15:44:40 ID:AWW
4 :名無しさん@おーぷん :2014/06/27(金)23:59:37 ID:9zxqnHKSn(主) ×
高校の時池沼の養護学校にボランティアにいったんだが、
水泳の時間に池沼が女の子押し倒して腰カクカク。
俺たちの唖然、10秒くらいで職員が取り押さえる
(^q^)のああああああああああ!!!
って言って離されたが、女の子の股間部分は横にズラされて(ちょっと入ってたぽい)
べっとり一回の射精とは思えないほどの精子が付いてた。
それで女の子泣きながら精子流すために外にあるシャワー行って洗おうとしたら
見学に着てた70くらいの池沼母が日傘で女の子をボコボコにした。
母「うちの池沼ちゃんの精子がそんなに汚いっていうの!?
うちの池沼ちゃんの精子がそんなに汚いっていうの!?」
結局女の子は二針縫って帰って1年休学。池沼の子供妊娠してたらしい
34名無しさん@おーぷん :2018/05/26(土)17:21:01 ID:HgS
えええ
覗きにきたら面白いなここ
35名無しさん@おーぷん :2018/05/28(月)00:36:10 ID:HQe
子供の頃から夢で死んだ人の死の瞬間を追体験することがある
何でこんな?と思ってたけれど
子供向けの本かなにかで「金縛りは守護霊に誰かが会いに来てるからだ」みたいな話を読んで
だからかー、なんて素直に思ってた

イメージとしてはうしろの守護霊さんに誰かがお話し中に
その感覚’(記憶)が強烈すぎて私んとこまできちゃうんだな、ぐらいにしか思っていなかった

正直、痛みはないし苦しくもない・・・と思うがよくわからん
素直な感想としては、人って死ぬ瞬間にしょうもない事考えたりすることあるんだなぁくらい

例えば水死とかされた方
ある程度沈むと水圧で肺の空気抜けちゃうんだよね、ガボッと
で、妙に水生あったけー、とか

あと首吊り自殺は辞めた方がいいよ
吊る瞬間って大抵の方目をつむるから、滞空時間が長く感じるんだよね
で、また人ってどうしてもある程度の未来予測しちゃうらしくて
そろそろ止まる?って思うのが一瞬早い
その一瞬がまた短いけど長くて、え?なんで?とか落ちるーとかパニックになるらしい
その印象が強すぎてだからいつまでもぶらさがってんのか

人に話したらやたら怖がられたから、ここに投下
36名無しさん@おーぷん :2018/07/30(月)12:06:10 ID:Eku
そろそろお盆なので、投下してみる。
怖くはないし、夏ではなくて秋の話だけど・・・。

ウチは田舎で農家なので、仏壇にあげる花は基本は庭に咲いている花で済ます。
母も花が好きなので、色々植えてある。
夏の間はもちろん、秋になってもコスモスや小菊などがもりもり咲くので
滅多に仏壇用に花束を買うなんてない。

たまたま、本当にたまたま付き合いで仏壇花のセットを購入した。
その中にはリンドウの花も何本か入っていて
そういえば亡くなった祖母はリンドウの花が好きだったな~なんて思いだしてたら。
仏壇に添えた花瓶の中でリンドウの花だけが、くりっと仏壇の方を向いた。

まあ、ただそれだけの話。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
CRITEO