- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【予言】311を超える大津波が、南極氷河の次の分裂によって起きる。影響は北半球にも

1オカルト研究家◆niuaCLE0xw:2017/01/13(金)13:24:34 ID:dz5()
昨日(略)南極のことを強く伝えられてまいりました。

今、南極では亀裂が走り、福岡県と同じぐらいの広さの氷河が南極大陸から分裂しようとしてるとゆうことは
ニュースなどで知っておりましたが、(略)

その後、亀裂は徐々に広がって行き、このまま次の亀裂が生じることになれば、オーストラリアと同じ面積の
氷河が亀裂すると伝えられて参りました。

とんでもない面積です。日本の7倍の面積に当たる氷河が崩れ落ちると海面の上昇だけではなく、その落ちた
勢いで起きた津波が南極から環太平洋全域に広がり、北半球までに及ぶ津波となる。

その津波の規模は3.11東北関東大震災の津波を超えると伝えられて参りました。
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2961.html





http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2961.html
2名無しさん@おーぷん :2017/01/13(金)13:27:34 ID:dz5()
<関連>

2017年10月に惑星「ニビル」が南極を直撃→地球滅亡!? 「“彼ら”は30年間この日のために準備した」 2017.01.13
http://tocana.jp/2017/01/post_11993_entry.html
3名無しさん@おーぷん :2017/01/18(水)18:20:45 ID:hI7
変化する南極:英国の南極基地一時閉鎖 2017年01月18日 ひかたま(光の魂たち)
http://shindenforest.blog.jp/archives/68526159.html
英国の南極基地「ハレー基地」は
ブラント棚氷の上に設営されています。

このハレー基地から
数十kmほど内陸に入った地点で、
2016年10月31日ハロウィンの日に、
棚氷の巨大な亀裂が発見されました。

約40kmにも及ぶ亀裂です。

その後さらに、
ハレー基地の西側にも
大きな亀裂が発見されました。

英国南極調査局は、
現在南極各地で相次いで発生している亀裂が進行する可能性が高いために
ハレー基地を
一時閉鎖して
今のうちに23km内陸へと移設しすることになりました。

近い将来は、
大きな棚氷の崩壊もあり得るかもしれません。

その対岸の南極半島の東側にある
「ラーセンC棚氷」にも巨大な亀裂があり
急激に拡大しています。

ラーセンC棚氷が現在せき止めている氷のすべてが
海に入った場合には
海面は10cm上昇すると推測されています。
4名無しさん@おーぷん :2017/01/27(金)09:36:31 ID:rtG
死ぬ時はみんな一緒だぜ
5名無しさん@おーぷん :2017/01/29(日)10:17:57 ID:vxR
オーストラリアの白人どもは沈むんだろうな

次は、ハワイとかグアム

そして日本か

なんか、朝鮮半島の防波堤になるのかと思うと気分悪いわ
6名無しさん@おーぷん :2017/01/30(月)07:03:36 ID:vgN
はやくしろ、いつまで拷問人生に耐えればいいんだ
7名無しさん@おーぷん :2017/02/09(木)09:53:37 ID:ylC
これはヤバい。
浮き輪を買いに行こう
8名無しさん@おーぷん :2017/02/09(木)10:54:50 ID:V51
ゆう とか 伝えられて参りました。

とか書き込む時点でなんだかな。
9名無しさん@おーぷん :2017/02/11(土)15:03:06 ID:HNu
>>3

>英国では
ハレー基地周辺を
英国領南極地域と指定して、
その領有権を主張しています。




南極って、領有権主張できたっけ?
10名無しさん@おーぷん :2017/03/17(金)11:31:10 ID:4eG
やばいだろ?ソースはどこ?
11名無しさん@おーぷん :2017/03/27(月)17:56:54 ID:IM2
>>3
>棚氷の巨大な亀裂が発見されました。

約40kmにも及ぶ亀裂です。



これ衛星画像無いのかね?
40キロもあれば、撮影可能かと思うんだけど
12名無しさん@おーぷん :2017/04/14(金)09:21:21 ID:WIX
で?
13名無しさん@おーぷん :2017/04/28(金)01:45:01 ID:kAV
くるの
14名無しさん@おーぷん :2017/05/19(金)17:39:56 ID:WLc
チベットでは大洪水の時は周囲を海に囲まれたらしい。
少なくともチベットとかマチュピチュは安全って事だな。
よかったよかった。
15名無しさん@おーぷん :2017/05/22(月)23:29:32 ID:kgo
新情報

コズミック・ディスクロージャー: 南極~新エリア51 シーズン7 エピソード 19
http://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-antarctica-the-new-area-51.html
David: 前の報告で、この空洞が出来た理由は水蒸気と関係していると言っていました。なぜ氷に穴が出来たのか、
それがいまも続けられている発掘にどう影響するのでしょうか。

Corey: そのような空洞は一つだけではありません。それらは自然に出来たものです。殆どは自然に出来たものです。
地熱の排出口になっています。
何が起きているかというと、どうも氷の下の大陸が熱くなっているようです。地熱活動が盛んになっていて、それが
氷の下の湖を大きく熱して、氷棚も熱せられているのです。
そのため、氷の溶解が通常より早くなっています。彼らは飛行機の出入り口として利用するために、その地熱排出口を
広げました。さらに発掘によって生み出された熱もそれで排出しているのです。

David: 灌漑計画で川の流れを変えるように、彼らは熱せられた空気の流れを誘導しているのですか?

Corey: いいえ。彼らはなるべく多くの熱を排出しようとしているだけです。なぜなら、熱によって彼らが作った氷の洞窟が
不安定になるからです。
一番の問題点は、彼らは氷の下の静止点にいますが、でも氷自体は一日30cmも動いていることです。
だから、彼らは新しい遺物を発掘するために目的の方向を掘り進めるだけでなく、氷の流れている方向も同時に掘り進める
必要があるのです。
それが熱の問題に複合的な影響を与えています。彼らは様々な蒸気圧を使って発掘していて、氷が溶かされると氷の下に
川が出来て、それがさらに氷棚を滑りやすくしているのです。それによって、いくつかの大きな問題が起きる恐れがあります。
もし彼らがいまやっていることを続けていると、そのうち氷棚が割れて水に落ちて、津波などの目に見える問題を起こすでしょう。
16名無しさん@おーぷん :2017/05/24(水)05:57:39 ID:8BA
ほう
17名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)10:43:29 ID:fnY
南極最大の棚氷が分離寸前の状態に。もうじき「面積5000平方キロメートルの世界最大の氷山」が誕生する 2017/06/10
http://earthreview.net/biggest-ice-shelf-in-the-antarctica-larsen-c-crack/
南極の最も北部にある南極最大の棚氷が、「分離間近」となっています。棚氷とは、陸上の氷床が海に押し出されて、
陸と連結して海洋上にある大規模な氷で、つまり「氷の山」のような状態のものです。陸地とつながっている場合は安定
していますが、分離した場合、「海に解き放たれて氷山となる」ものです。
この棚氷は「ラーセンC棚氷」と名づけられている棚氷で、下の位置にあります。
その亀裂は、今年初めに確認されていましたが、いよいよ「分離が近い」というところにまで進んでことが発表されています

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【予言】311を超える大津波が、南極氷河の次の分裂によって起きる。影響は北半球にも