- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

ひふみ神示(日月神示6)

1名無しさん@おーぷん:2017/01/06(金)14:56:07 ID:eFf()
前スレ 
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1465364002/
951名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)02:56:13 ID:jeG
>>949>>950
レスを見てその巻全体を見直す事が多いから助かるよ、感謝する
神文も読むにつれだいぶ理解が進んできた、まだ分からない所はあるけども
とりあえず今は茱萸下げて高きに登りて菊を松かな、年明けたら梅咲くを只待つ事になるだろうけど
952名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)10:29:22 ID:emb
尻の毛抜かれる
これは、外国(幽界)の教えのこと。
役員がワヤにした為。
書き換えられている。

マコトのまとめを前に書いたが、
あれには、一厘の事も、ヒミツの仕組の事も、よく読めばわかるようにしている。
言ってはならずとの事なので、よく読んで読み取ってほしい。
一厘は実地で習得することになる。
そして、一番大切なこと。
以上で終了します。
953名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)23:02:34 ID:QqP
>>951
どうもありがとうございます。
自分には学はありませんが、神示録(しるし)では学も必要だと書かれています。
シュユという字、初めて見ました。実家でグミの木植えてましたね。子供のころ
食べた記憶がなつかしいです。
954名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)23:47:58 ID:QqP
風の巻 第12帖 (363)→362 14-12
g.
1209.慢心、早合点 大怪我のもと、今の人民、血が走り過ぎてゐるぞ、気付けおくぞ。
1208.出来ねばお出直しぞ。
1207.五十になっても六十になっても、いろは、一二三(ひふみ)から手習ひさすぞ。
1206.実地を世界一度に見せて、世界の人民一度に改心さすぞ。
1205.この御三体の大神様、三日この世構ひなさらねば、此の世、くにゃくにゃぞ。
1204.改心出来ねば気の毒にするより方法ないなれど、待てるだけ待ってゐるぞ、月の大神様が水の御守護、日の大神様が火の御守護、お土つくり固めたのは、大国常立の大神様。
1203.神には何もかも仕組てあるから、心配ないぞ。
1202.よほどしっかりと腹帯締めおいて下されよ。
1201.日本の人民 餌食(えじき)にしてやり通すと、悪の神申してゐる声 人民には聞こへんのか。
1210.二月十六日、ひつ九のか三。

*【神には何もかも仕組てあるから、心配ないぞ。】人ごときで心配無用、おもいっきりやってみなさい、でしょうか。
*【日本の人民 餌食(えじき)にしてやり通すと、悪の神申してゐる声 人民には聞こへんのか。】
悪の神に取り付かれている国ははっきりしてますね。N国だけかもしれません。悪の神は他国の関心薄いような。
悪の国に吸い寄せられるC国、K国、U国、G国等の図式はいかがでしょうか。
955名無しさん@おーぷん :2018/10/17(水)20:06:02 ID:UKc
悪憎むでないぞ
憎むと善でなくなるぞ
天地にごりて来るぞ
956名無しさん@おーぷん :2018/10/18(木)18:43:44 ID:Wdp
イザナギとイザナミの岩戸開き完了したようです。
菊理姫が結びの御役。
なんと八のつく日、めでたい。
957名無しさん@おーぷん :2018/10/18(木)18:49:19 ID:Wdp
これで色の過ち正されて

この道はむすび、ひふみとひらき、みなむすび...

富士は晴れたり日本晴れ
桜花一二三と咲くぞ
958名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)00:38:02 ID:5Yn
華共が擬似月を打ち上げるようだな
20年の晩夏、悪しき東の夕焼けをもって、人も物も皆全てが、二つの世界に立て分ける
959名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)00:40:41 ID:5Yn
善も悪も良きに返りて、夫婦で進む道、世開いて、目出度々々かな
960名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)01:44:45 ID:RfB
聞く理姫の息子っていうかイエスっていうか日創り箱
961名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)01:54:12 ID:RfB
ひつくりはこそのものが竹か
962名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)02:02:19 ID:5Yn
>>961
竹か、諸人を守る物なのだな
963名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)21:26:40 ID:Qww

風の巻 第11帖 15-11
g.
1105.心得よ。
1104.食物無くなっても食物あるぞ、神の臣民、人民 心配ないぞ、とも食ひならんのざぞ。
1103.何も人民の心からぞ。
1102.世界中に食べ物なくなってしまふぞ。
1101.日本の国に食物なくなってしまふぞ。
1106.二月十六日、ひつ九のか三。

*参考:夜明けの巻 第02帖より引用
g.
0222.よろこびいくらでも生まれるぞ。
0221.その喜びは、喜事(よろこびごと)となって天地のキとなって、そなたに万倍となって返って来るのざぞ。
0220.皆の者喜ばせよ。
0219.油断するでないぞ。
0218.食物心配するでないぞ。
0217.今しばらくざから、辛抱してくれよ。
0216.命も長くなるぞ。
0215.毎日、日日(ひにち)お詫(わび)せよと申してあらうが、シメて島国日本としてゐたのざぞ、よき世となったら、身体(からだ)も大きくなるぞ。
0214.人民 知らず知らずに罪犯してゐたのざぞ。
0213.鳥居であるぞと申してあろうが、シメて神を押し込めてゐたのであるぞ。
0212.海の水がシメであるぞ。
0211.おのづから頭さがるのざぞ。
0210.どこからでもおろがめるのざぞ。
0209.神の国おろがむ様になるのざぞ。
0208.北よくなるぞ。
0207.磁石も神の国に向く様になるぞ。
0206.神の昔の世は、そうなってゐたのざぞ。
0205.神の国より広い肥えた国 幾らでもあるのに、神の国が欲しいは、誠の元の国、根の国、物のなる国、元の気の元の国、力の元の国、光の国、真中(まなか)の国であるからぞ、何も彼も、神の国に向って集まる様になってゐるのざぞ。
0204.それで外国の悪神が神の国が慾しくてならんのざ。
0203.なるようにせんからならんのざぞ。
0202.何でも肉体となるのざぞ。
0201.神の国は神の肉体ぞと申してあるが、いざとなれば、お土も、草も、木も、何でも人民の食物となる様に出来てゐるのざぞ。
0223.七月二十一日、あめのひつくのかみ。
964名無しさん@おーぷん :2018/10/20(土)22:30:35 ID:pXb
脱線再び(笑)
ヨハネの黙示録
第22章の反転を各項まで見た場合です。

g.句点の反転および引用文「」の反転を実践
22:21主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。
22:20アァメン、主イエスよ、きたりませ。これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。
22:19また、もしこの預言の書の言葉をとり除く者があれば、神はその人の受くべき分を、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、とり除かれる。
22:18もしこれに書き加える者があれば、神はその人に、この書に書かれている災害を加えられる。この書の預言の言葉を聞くすべての人々に対して、わたしは警告する。
22:17いのちの水がほしい者は、価なしにそれを受けるがよい。かわいている者はここに来るがよい。また、聞く者も「きたりませ」と言いなさい。 御霊も花嫁も共に言った、「きたりませ」。
22:16「わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である。わたしイエスは、使をつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。
22:15犬ども、まじないをする者、姦淫を行う者、人殺し、偶像を拝む者、また、偽りを好みかつこれを行う者はみな、外に出されている。
22:14いのちの木にあずかる特権を与えられ、また門をとおって都にはいるために、自分の着物を洗う者たちは、さいわいである。
22:13初めであり、終りである。最初の者であり、最後の者である。わたしはアルパであり、オメガである。
22:12報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。見よ、わたしはすぐに来る」。
22:11「不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさらに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ。
22:10時が近づいているからである。この書の預言の言葉を封じてはならない」。またわたしに言った、
22:9彼は言った、「ただ神だけを拝しなさい。わたしは、あなたや、あなたの兄弟である預言者たちや、この書の言葉を守る者たちと、同じ僕仲間である。そのようなことをしてはいけない」。
22:8わたしが見聞きした時、それらのことを示してくれた御使の足もとにひれ伏して拝そうとすると、 これらのことを見聞きした者は、このヨハネである。
22:7「この書の預言の言葉を守る者は、さいわいである。見よ、わたしは、すぐに来る。
22:6預言者たちのたましいの神なる主は、すぐにも起るべきことをその僕たちに示そうとして、御使をつかわされたのである。これらの言葉は信ずべきであり、まことである」。彼はまた、わたしに言った、
22:5主なる神が彼らを照し、そして、彼らは世々限りなく支配する。あかりも太陽の光も、いらない。 夜は、もはやない。
22:4彼らの額には、御名がしるされている。御顔を仰ぎ見るのである。
22:3神と小羊との御座は都の中にあり、その僕たちは彼を礼拝し、 のろわるべきものは、もはや何ひとつない。
22:2川の両側にはいのちの木があって、十二種の実を結び、その実は毎月みのり、その木の葉は諸国民をいやす。都の大通りの中央を流れている。
22:1この川は、神と小羊との御座から出て、 御使はまた、水晶のように輝いているいのちの水の川をわたしに見せてくれた。
965名無しさん@おーぷん :2018/10/21(日)00:21:49 ID:TiC
仮説第15巻風の巻つづきです。

風の巻 第10帖 15-10
g.
1005.時節結構ぞ。
1004.時節には時節の事もいたさすぞ。
1003.肉体あるうちには、中々改心は出来んものぢゃから、身魂にして改心するより外ない者 沢山あるから、改心六ヶ敷いなれど、我慢してやりて下されよ。
1002.もう待たれんから、わからねばどいてみて御座れと申してあろが、わからんうちに、わかりて下されよ。
1001.これからは、人民磨けたら、神が人民と同じ列にならんで経綸(しごと)致さすから、これからは恐ろしい結構な世となるぞ。
1006.二月十六日、ひつぐの 。

参考:ヨハネの黙示録 第21章
g. 句点の反転および引用文「」の反転を実践
21:27はいれる者は、小羊のいのちの書に名をしるされている者だけである。しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽りを行う者は、その中に決してはいれない。
21:26人々は、諸国民の光栄とほまれとをそこに携えて来る。
21:25そこには夜がないからである。都の門は、終日、閉ざされることはない。
21:24諸国民は都の光の中を歩き、地の王たちは、自分たちの光栄をそこに携えて来る。
21:23神の栄光が都を明るくし、小羊が都のあかりだからである。都は、日や月がそれを照す必要がない。
21:22全能者にして主なる神と小羊とが、その聖所なのである。 わたしは、この都の中には聖所を見なかった。
21:21十二の門は十二の真珠であり、門はそれぞれ一つの真珠で造られ、都の大通りは、すきとおったガラスのような純金であった。
21:20第五は縞めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉石、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった。
21:19第一の土台は碧玉、第二はサファイヤ、第三はめのう、第四は緑玉、都の城壁の土台は、さまざまな宝石で飾られていた。
21:18城壁は碧玉で築かれ、都はすきとおったガラスのような純金で造られていた。
21:17これは人間の、すなわち、御使の尺度によるのである。また城壁を測ると、百四十四キュビトであった。
21:16長さと幅と高さとは、いずれも同じである。彼がその測りざおで都を測ると、一万二千丁であった。都は方形であって、その長さと幅とは同じである。
21:15わたしに語っていた者は、都とその門と城壁とを測るために、金の測りざおを持っていた。
21:14また都の城壁には十二の土台があり、それには小羊の十二使徒の十二の名が書いてあった。
21:13東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。
21:12それには大きな、高い城壁があって、十二の門があり、それらの門には、十二の御使がおり、イスラエルの子らの十二部族の名が、それに書いてあった。
21:11その都の輝きは、高価な宝石のようであり、透明な碧玉のようであった。
21:10この御使は、わたしを御霊に感じたまま、大きな高い山に連れて行き、聖都エルサレムが、神の栄光のうちに、神のみもとを出て天から下って来るのを見せてくれた。
21:9最後の七つの災害が満ちている七つの鉢を持っていた七人の御使のひとりがきて、わたしに語って言った、「さあ、きなさい。小羊の妻なる花嫁を見せよう」。
21:8「しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である。
21:7勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。
21:6事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。初めであり終りである。かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう」。そして、わたしに仰せられた、
21:5また言われた、「書きしるせ。これらの言葉は、信ずべきであり、まことである」。すると、御座にいますかたが言われた、「見よ、わたしはすべてのものを新たにする」。
21:4「人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである。
21:3見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして」、また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、
21:2また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。
21:1先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。 わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。
966名無しさん@おーぷん :2018/10/21(日)11:42:45 ID:z4l
洗濯と掃除意味

日月の巻六巻
第十九帖
今のやり方、考え方が間違っているからぞ。
洗濯せよ掃除せよと申すのはこれまでのやり方考え方をスクリと改める事ぞ。
一度マカリタと思え。
掃除(ケガレを)して何もかも綺麗にすれば神の光スクリと光輝くぞ。
ゴモク捨てよと申してあろがな。
人の心ほど怖いものないのざぞ。
奥山に紅葉あるうちにと申すこと忘れるなよ。
北に気付けよ。
神の詞(よ)の仕組よく腹に入れておいて下されよ。
今度のさらつの世の元となるのざぞ。

※この世のことは人民の心次第
967名無しさん@おーぷん :2018/10/21(日)11:44:18 ID:z4l
自分の心が作り上げたこの世
968名無しさん@おーぷん :2018/10/22(月)00:04:13 ID:ues
チョロチョロと光が射して来た感がある
969名無しさん@おーぷん :2018/10/22(月)11:52:48 ID:ULs
食事は朝夕二回
日月の巻第六巻
第二十五帖
四行目
臣民一日に二度食べるのざぞ、
朝は日の神様に供えてから頂けよ、
夜は月の神様に捧げてから頂けよ、
それがまことの益人ぞ。
970名無しさん@おーぷん :2018/10/23(火)12:30:25 ID:J9k
全部自分

この体験について書こうと思う。
この世はマトリックスの映画のような感じ。
皆繋がっていて、皆一つの宇宙を持っている。
それは別の方向から見ると、自分自身が沢山存在しているようにも見える。
パラレルワールドというのは、他人の宇宙世界に入ってしまった状態を言う。
いくつもの宇宙が折り重なった状態。
つまり、自分と近い存在の人の宇宙へ入り込むと、元の自分の宇宙にほぼ近い世界でもある。
全部自分という悟りまでくると、心から人を憎む意識は無くなる。
例え表面で争っても、相手を思う気持ちが根底にある状態。
971名無しさん@おーぷん :2018/10/23(火)13:02:37 ID:J9k
自分の心が作った映像の世界で苦しみ、泥海にしようとしてるから、心を改めるように即してる。
自分の世界が天国になるには、神であり、光であり、真実の愛である存在にならねば、天国とはならない。
では、どうするか?
神示を何回も何回も声に出して読む。
言葉の力により、又神のやり方、考え方を少しずつ理解していくところに、自身の幸福が来る。

自分に降りかかる苦しみの根底は、自身の成長の為の愛である。
細かく言うと、傷ついた過去の自分が曲がった思考になり、苦しみの種を作り出す事もある。
メグリもある。
宿命は、これを今回はこれらを勉強するぞと決めた事。
それは元の神の姿、光の存在になる為の気づきを愛の光で与えられている。

話は変わるが、本当のカミカカリとは、直感。
なので、本当のカミカカリは人にわからんと書かれている。

神の言葉が聞こえたなどの場合、真理とズレていないか確かめたり、
又はネットで調べるなどしてサニワし、鵜呑みにしてはならない。
972名無しさん@おーぷん :2018/10/23(火)13:17:00 ID:J9k
光の仕事をしている人とそうでない違い。
神はといっても、最奥の自分でもあるのだが、
全てを救おうとしているのであるから、
私についてこなければ、救われないなどの発言をする人には気をつける必要がある。
真実の人は、全体的には調和の道に進んでいる。
分裂しないという意味でなく、高い所からみると全体を思う発言。
全体の中の自分という捉え方をしている人らが本物であり、
自己を強調する発言の人々にも気をつけてください。
973名無しさん@おーぷん :2018/10/23(火)19:48:04 ID:gCg
自分も大体そのように思っているひとりです。
霊界神界は情報世界、データフィールド。この現界は物理的データを設定し断て別けること限定を作ることによってわざと作り出された世界だと思っています。この世界は三種の神器にて象徴されていると思っています。
974名無しさん@おーぷん :2018/10/24(水)06:46:17 ID:WOC
tんこ
975名無しさん@おーぷん :2018/10/24(水)11:23:20 ID:X8e
日月の巻六巻
第二十七帖
一行目

国土おろがめよ、
神の肉体ぞ、
神のたまぞ
976名無しさん@おーぷん :2018/10/24(水)11:37:02 ID:X8e
一人一人が今までもこれからも、自分の出来る御用というものをしてきたと思う。
過去にも天理、大本、又個人でそれぞれが自己の天命だと感じ、行った事は決して無駄ではないのであるから、それぞれの役割を粛々とこれからも頑張ってください。
我が我がの心、天狗の心、表の御用をしている人々を妬む気持ちを持つと、役から降ろされ、代役が出現し、道から外れてしまうので、皆それぞれの役目でみろくの世になるのだという事を忘れないで頑張ってほしいです。
977名無しさん@おーぷん :2018/10/25(木)00:37:05 ID:tqP
みなさまの心配りに感銘しております。
974さんのつぶやきの生理現象のように、自己愛は神によって肯定されていますので、何の問題もありません。
秋の巻 第06帖より引用
g.
0608.一段昇らねば判らん。
0607.無き悪魔つくり、生み出すでないぞ。
0606.自己愛を悪魔ととくは悪魔ぞ。
0605.そこに新しき理(ミチ)ひらけるのであるぞ。
0604.自己愛をひろげて、大きくして真愛と合致させねばならん。
0603.自己愛を排してはならん。
0602.己のみ愛するのは自己愛ぞ。
0601.他を愛するは真愛ぞ。


仮説第15巻風の巻つづきです。
風の巻 第09帖 (360)→359 14-9
g.
0918.肉体心で知る事は皆粕(カス)ばかり、迷ひの種ばかりぢゃぞ、この道理判りたであらうがな、くどう申さすでないぞ。
0917.皆々心の鏡掃除すれば、それぞれに神かかるのぢゃ。
0916.程々にせよと申してあらうが。
0915.神がかりよくないぞ、やめて下されよ、迷ふ臣民出来るぞ。
0914.てん詞(し)様よくならんうちは、誰によらん、よくなりはせんぞ、この位のことなぜにわからんのぢゃ、よくなったと見えたら、それは悪の守護となったのぢゃ。
0913.神は光ぞと申してあらうが、てん詞(し)様よくなれば、皆よくなるのざぞ。
0912.まつらいでは真暗ぞ、真暗の道で、道開けんぞ。
0911.人民 神に仕へて下さらんと神のまことの力出ないぞ、持ちつ持たれつと申してあらうがな、神まつらずに何事も出来んぞ、まつらいでするのが我よしぞ、天狗の鼻ざぞ。
0910.何事も時節到来致してゐるのざぞ、真理(ふじ)晴れるばかりの御代となってゐるのぢゃぞ。
0909.タマなくなってゐると申してあらうがな。
0908.神国には神国の宝、神国の臣民の手で、元の所へ納めなならんのざ。
0907.泥の海になると、人民思ふところまで一時は落ち込むのぢゃぞ、覚悟はよいか。
0906.地の言答(一八十)、人民 開かなならんぞ、人民の心次第で何時でも開けるのざぞ。
0905.天の言答(一八十)は開いてあるぞ。
0904.ナルトとなるぞ。
0903.宮の跡は S となるぞ。
0902.大引上げにならんうちに捧げた臣民 結構ぞ。
0901.土地分け盗りばかりか、天まで分け盗って自分のものと、威張ってゐるが、人民の物一つもないのぢゃ。
0919.二月の十六日、ひつ九の 。

*掃除して神かかるのは結構でも、いきすぎてしまっては、神がかりのような奇跡は滅びる、正神に奇跡はないとも他巻に記述もあり。
奇跡は無いのが神の奇跡だそうです。
*【てん詞(し)様】いかにも天使を連想してしまいますが、点詞、点言葉、から【】の神の呼吸のことではないかと思います。
その【】が【】の中に納まらないのによくなったと見えたら、いつまでも【】のままなら悪の守護となっているようです。
神かかったら、【】の形をキープできるように心配れということなのかもしれません。
*【S】: SIME(〆),SEA(海は〆),SOJI(掃除),SENTAKU(洗濯)等の略でしょうか。
978名無しさん@おーぷん :2018/10/25(木)09:16:57 ID:TgO
自己愛と我よしの違いだけれど、
自己愛は悟りの段階において必要なことで、
人が嫌いだと思う時、自分の事も好きでない状態に気づくと思う
自己愛から広げていくのが基本で、最終は全てのものが自分である事に気づき、
大きな1つの自分になると、フデの我があってもならず無くてもならずの状態になる。

我よしとは、自分さえよけりゃあ人がどうなっても良いという心。
どんな心の状態の人にでも神性が備わっているので、
我よしである状態の時は、その心に幸福感が無い事で気づく。
苦しみがあっても、自己の光を忘れなければ、必ず光が差し込み弥栄えてくる。
979名無しさん@おーぷん :2018/10/25(木)16:27:46 ID:TgO
心次第で良くも悪くもなる 

海の巻
第十八帖

 人民の我では通らん時となった位 判って居らうがな、
早よ我捨ててこの方について参れよ、素直にいたせば楽に行けるのざぞ、
大峠越せるのざぞ、時節の仕組 中々人民には判るまいがな、
悪抱き参らす為には我が子にまで天のトガをおはせ、善の地の先祖まで押し込めねば
一応抱く事出来んのであるぞ、ここの秘密知るものは天の御先祖様と地の御先祖様より
他には無いのであるぞ。
我が我がと早う出世したい様では、心変へんと人民は御用六ヶ敷いぞ。
神に分けへだてなし、へだては人民の心にあるぞ。
此の道は因縁なくしては判らん六ヶ敷い道であれど、
此の道つらぬかねば、世界は一平にならんのぢゃ、
縁ある人は勇んで行けるのぢゃ、神が守るからおかげ万倍ぢゃ、
神の帖面 間違ひないぞ、

思ふ様にならぬのは、ならぬ時は我の心に聞いて見るがよいぞ、
神の仕組は変らねど、此の世では、人民の心次第で良くも悪くも出て来るのぢゃ、
仕事は変らねど出て来るのが変るのざ、
悪く変ると気の毒なから くどう申してゐるのぢゃぞ。
980名無しさん@おーぷん :2018/10/25(木)16:35:54 ID:TgO
二巻下つ巻
第十七帖
善いこと言えば善くなるし、わるきこと思えば悪くなる道理わからんか。
981名無しさん@おーぷん :2018/10/25(木)16:53:41 ID:TgO
悪の御役によって、信念の力がつき、弥栄した人の話。

光の仕事をしているとある人の話で力とは
何か理解してくれたら幸いだと思う。
又真の幸福の道も理解出来るので参考になると思う。

ある普通の大学生のだらしない生活に家族が苦言。
その大学生はふと、一番汚い駅の掃除を
思い立った。
してみたら実際は、ワザとゴミをばら撒かれる、集めたゴミもばら撒かれ、ケンカも売られ、
カラスの死骸まで目の前に落とされた事もあったそうだ。
普通の人なら、折角良い行いをしても嫌な事しか無かったと
ここでやめてしまう人が多いと思う。
これを上から見ると、彼の潜在意識がその決意を試している状態。
これに負けず、彼は続けた。
力にした。
結果人が少しずつ集まり、やがて世界から集まり出した。
今、何種類かの事業、公演他をこなしている。
千人力になって、弥栄えた。

善を行おうとする時、その行いが大きいほど悪も大きい。
それに打ち勝って真の幸福を手に入れてください。
982名無しさん@おーぷん :2018/10/27(土)15:45:41 ID:5fW
松の巻十一巻
第十七帖 (三〇八)
 釈迦祀れ。キリスト祀れ。マホメット祀れ。
カイの奥山は五千の山に祀り呉れよ。
七月の十と二日に天晴れ祀りて呉れよ。愈々富士晴れるぞ。
今の人民よいと思ってゐる事、間違ひだらけざぞ。
此処までよくも曇りなされたな。二の山 三の山 四の山に祀り呉れよ。
まだまだ祀る神様あるぞ。
七月二日、あめのひつぐのかみ。
983名無しさん@おーぷん :2018/10/27(土)17:24:53 ID:UAs
>>981

苦しいだけお陰あるぞという松の巻第九帖が目に留まりました。
ありがとです。
984名無しさん@おーぷん :2018/10/27(土)19:24:18 ID:3mN
*仕事しながらだとなかなかすすみません。昨日も打ち込み中気を失ってしまいました(笑)。
己を活かすところだけみてほしいです。
夜明けの巻も第13帖を始まりなき始まりとして進めていく予定です。
0123.の書記日を最後に並べたので、0122.が先頭になりました。
第01帖全体の内容は第13帖から第02帖までの内容を受けたものになっているはずです。
巻自体が輪のようになっていた場合、第01帖の後には第13帖のダーツのような絵が繋がっています。

夜明けの巻 第01帖
g.
0122.神示よく読めと、裏の裏まで読めと申してあろが。
0121.あめつちの時と知らしてあろうが、みな取違ひ申して済むまいが。
0120.あめつちざぞ。
0119.天(あめ)と地(つち)ではないぞ。
0118.御心(みこころ)ざぞ。
0117.天地和合して  となった姿が神の姿ざぞ。
0116.今までの教へ間違っていること段々判りて来るであろがな。
0115.まことの神のおん心わかりたか。神は人に依り神となり、人は神によって人となるのざぞ。
0114.神人ともにと申してあろが。
0113.神ばかり大切にして人民放っておくのも悪ぞ。
0112.他人殺して己助かるも悪ぞ、己殺して他人助けるも悪ぞ、神無きものにして人民生きるも悪ぞ。
0111.己を活かし他人(ひと)も活かすのが天の道ざぞ、神の御心ぞ。
0110.今までは悪の世でありたから、己殺して他人助けることは、此の上もない天の一番の教といたしてゐたが、それは悪の天の教であるぞ。
0109.わかりたか。
0108.キと働くのざぞ。
0107. であるぞ。
0106. であるぞ。
0105.イーであるぞ。
0104.井であるぞ。
0103. (ム)であるぞ。
0102.一(ヒ)であるぞ。
0101.イシはイにかへるぞ。
0123.七月の二十一日、あめのひつぐのかみ。
985名無しさん@おーぷん :2018/10/27(土)21:42:31 ID:3mN
仮説第15巻風の巻つづきです。
風の巻 第08帖 15-8
g.
0812.元の根元の世より、も一つキの世にせなならんのざから、神々様にも見当取れんのぢゃ、元の生神でないと、今度の御用出来んぞ。
0811.けんびき痛いぞ、あまりにも狂ふて御座るぞ。
0810.ひぼしこばれん人民あるから、今のうちから気付けてゐるのぢゃぞ。
0809.あれこれとあまり穢れてゐる腸(はらわた)ばかりぢゃから、一度に引出して、日に干してからでないと、洗濯出来ん様になりて御座るぞ。
0808.世をもたれん天地の大泥棒をこの世の大将と思ってゐて、それでまだ眼覚めんのか、よく曇りなされたなあ、建替は今日の日の間にも出来るなれど、あとの建直しの世直し、中々ざから、人民に少しは用意出来んと、おそくなるばかりぢゃ、それでカタ出せ出せと申してゐるのぢゃぞ。
0807.日本の人民もわたりて来た人民も、世持ちあらした神々様も人民も、世界の人民 皆思ひ違ふぞ、九分九分九厘と一厘とで、物事成就するのざぞよ。
0806.海にはどんな宝でも竜宮の音秘(オトヒメ)殿 持ちなされてゐるのざぞ、この世の宝 皆この方つくりたのざぞ、神の道 無理ないと申して楽な道でないぞ、もうこれでよいと云ふことない道ざぞ。
0805.この方さへ三千年の行したぞ、人民にはひと日も、ようせん行の三千年、相当のものざぞ。
0804.行なしではまことのことわからんぞ、出来はせんぞ、神の道 無理ないなれど、行は誰によらずせなならんぞ。
0803.てん詞様とは天千様のことぞと申してあろがな、この方シチニの神と現はれるぞと申してあろがな、天二(てんぷ)様のことざぞ。
0802.一(ひとつ)の王で治めるぞ。
0801.世界中自在に別け取りしてゐた神々様、早う改心第一ぞ。
0813.二月十六日、ひつ九の  。

*【世をもたれん天地の大泥棒】:御三体の神に大泥棒の縦棒【丨】を入れて【】になった大将。
*生神(イキ神)、シチニの神ときたら、ヒミイリヰの神もあってほしいかもです。
イキ(呼吸、九九)、シチニ(七二、九)、ヒミイリヰ(一三五ヰ)から九ノハナサクヤヒメを連想。
*【けんびき】:肩の痛み、口内炎、牽引のうちどれが正解でしょう(笑)。古語辞典では痃癖(けんべき、けんびき)とも。
【肩痛い、あまりにも狂っている】では意味が微妙ですね、でも日本人のことだとしたらありえたりして、、、真偽はいかに。
参考:
引用元https://www.o-izumi.com/column/shoulder-neck-c/c201509/
日本人にとっての「肩」とは?
そもそも肩こりという言葉自体が日本人特有のものなのです。
日本人にとって肩は、「権威」や「威力」を表す事が多い部位です。
肩に関する慣用句もたくさんありますよね。「肩を並べる」「肩身が狭い」「肩で息をする」「肩の荷が下りる」「肩をすぼめる」「肩を貸す」「肩を落とす」などなど、肩を用いた慣用句には、人生や生き様を表す物が多く思い浮かびます。
そこから、日本人の肩への特別な意識が、「肩がこる」という言葉につながっているのでしょうか。逆に「肩こり」という概念がない外国人は「肩こり」知らずでいられるのかもしれません。


これで神のいうカタ出したことにはならないですね(笑)。
986名無しさん@おーぷん :2018/10/27(土)23:31:01 ID:hBO
牟田口に従う気は無い。

全解連の似非同和行為が西村シンヤと
同じホモに同和させることと
学歴を高卒で止めさせる又市征治の

自由同和会から全国連、他全ての似非同和行為

だから全解連だった牟田口たちが自由同和会
→赤間 /小泉派

西村シンヤと田口和美・似非同和行為主導 藤田、松井

早く女性と出会い手を繋いで毎晩一緒に居たい。
田口和美たちを殺してください。
私の人生をわざと奪った組坂繁之たちが
真っ二つに切り裂かれるよう殺してください。
987名無しさん@おーぷん :2018/10/27(土)23:34:47 ID:hBO
国民連合政府と
悪魔上田卓三の共同似非同和行為の悪夢を
殺し尽くして我々人間の未来に光を取り戻したい。

わざと許嫁の縁談を破談にするところから
被差別をその多岐にわたる企画を目的犯とし
実行し虐げられたその荊棘を滅ぼし
断頭台への道の苦痛を差別者に味わせ斬首してほしい。
その被差別であって集団により隠された悪質な23年の
部落差別からの被差別を解放されたい。
988名無しさん@おーぷん :2018/10/27(土)23:42:46 ID:hBO
私は中学の時新屋にひふみくん
とバカにされていた。

組坂繁之の娘が似非同和行為を仲間として
私の人生をわざと壊した。
荊棘の裁きを。人間に光を。
三上ナカエの妹と組坂繁之に地獄の怒りを
989名無しさん@おーぷん :2018/10/27(土)23:51:15 ID:hBO
人殺しのデブが世の中の風潮を操り
デブを流行らす、何が言いたかったか。

私があからさまな人殺しで
対策費や人殺しの詐取した金で
デブになってるから破裂するか
肉を切り裂かれろ、憎いといいたかった。
990名無しさん@おーぷん :2018/10/28(日)02:24:25 ID:IxY
青葉の巻 第20帖より引用
g.
2006.宗教連合会も世界連合も破れて了ふと申してあらうがな、つくった神や神の許しなきものは皆メチャメチャぢゃ、
三千世界に手握る時と知らずに、(た)の世界、も十の世界を知らんからさうなるのぢゃ、火火の世界、火火の人、
水水の世界、水水の人、と交通出来るのぢゃ、人と云っても人間ではないぞ、ヒトカミざぞ、手握って三千世界に天晴れぢゃ、
この道 神の道ぢゃ、光の道ぢゃ、教ぢゃ、悪と悪と、善と善と、悪と善と、善と悪と握る手持ちて御座れよ、心持ちて御座れよ、びっくり嬉し箱あくぞ。
2005.今は世間では何事も分らんから、疑ふのも無理ないなれど、神の仕組は何事もキチリキチリと間違ひないのざぞ。
2004.薬のんで毒死せん様に気付けよ。
2003.人民は早合点、我よしで神示よむから皆心が出て了ふて、誠知らしたこと毒とならん様 気つけておくぞ。
2002.世界の愈々のメグリが出て来るのはこれからであるぞ、九月八日の九の仕組 近付いたぞ。
2001.己の心見よ、いくさまだまだであろが、違ふ心があるから違ふものが生れて違ふことになる道理分らんのかなあ。
2007.八月十日、ひつ九 。

*風の巻でも出てきますが、神示録(しるし)が毒になってしまう場合があるようです。
七人に伝えた人が役員になるらしいですが、役割とか役どころとかはやってみたい私としては役員には興味ありません。
七人に伝えたという確認の方法も不明ですし。
そして役員は神示録(しるし)を薄めて見せろとまで書いていますのでもちろん、薄めて見せるわけにはいきません。
991名無しさん@おーぷん :2018/10/28(日)07:01:28 ID:rb9
逆境は転機であり、自己の使命を確立する時。
恨みは自分の身を滅ぼしてしまう。
与えられた使命が何であるか気づいた時、
人生に光がさします。

現在、国々、個々の借銭済ましに入ってるので、
個々が、かなりキツイと思う。
めぐり無くなれば嬉し嬉し。
嬉しになる為の出来事なので、
辛くても感謝しよう。
感謝していると、災い転じて福。
悪い事とおして、よくなる仕組。
992名無しさん@おーぷん :2018/10/28(日)17:19:52 ID:rb9
手柄
日の出の巻7巻
第十七帖
何もかもひっくるめて建て直しするのであるから、
何処から何が出て来るか分からんぞ、
御用はそれぞれの役員殿手分けて努めて呉れよ、
皆のものに手柄さし度いのぞ、
一ケ処の御用二人宛でやりて呉れよ、
結構な御用であるぞ、いづこも仮であるぞ、
世が変わりたら結構に真通理呉れよ、
今は型であるぞ、
祀れと申してあること忘れるなよ、
まつはらねばならぬのざぞ、
神がついているのざから神の申す通りに
やれば箱指した様に行くのざぞ。
産土神忘れずにな。
993名無しさん@おーぷん :2018/10/28(日)23:37:40 ID:3TO
仮説第15巻風の巻つづきです。
風の巻 第07帖 15-7
g.
0705.愈々のまことの先祖の、世の元からの生神、生き通しの神々様、雨の神、風の神、岩の神、荒の神、地震の神ぞ、スクリと現れなさりて、生き通しの荒神様 引連れて御活動に移ったのであるから、
  もうちともまたれん事になったぞ、神示に出したら直ぐに出て来るぞ、終りの始の神示ざぞ、夢々おろそかするでないぞ、キの神示ぢゃ、くどい様なれどあまり見せるでないぞ。
  天の神も地の神もなきものにいたして、好き勝手な世に致して、偽者の天の神、地の神つくりてわれがよけらよいと申して、我よしの世にしてしまふてゐた事 少しは判って来たであらうがな。
0704.慢心鼻ポキンぞ、神示よく読んで居らんと、みるみる変って、人民心ではどうにもならん、見当取れん事になるのざぞ、神示はじめからよく読み直して下されよ、読みかた足らんぞ、
0703.神の致すこと、人民の致すこと、神人共に致すこと、それぞれに間違ひない様に心配(くば)りなされよ。
0702.まだ疑うてゐる臣民人民 気の毒ぢゃ、我恨むより方法ないぞ。
0701.神にすがり居りたればこそぢゃと云ふとき、眼の前に来てゐるぞ。
0706.二月十六日、ひつぐの  。

*神は人に対して、不足申すなと言っていた割には【読みかた足らんぞ】とこぼしたりしてます。
たぶん、いつでも理屈は成立【】するからよく読むようにと念押ししているのでは。
参考:
光の巻第08帖より引用【何によらず不足ありたら、神の前に来て不足申して、心からりと晴らされよ、どんな事でも聞くだけは聞いてやるぞ、不足あると曇り出るぞ、曇り出ると、
           ミタマ曇るからミタマ苦しくなりて天地曇るから遠慮いらん、この方に不足申せよ、この方 親であるから、不足一応は聞いてやるぞ。】
雨の巻第16帖より引用【神の守護と申すものは人民からはちっとも判らんのであるぞ、判る様な守護は低い神の守護ざぞ、悪神の守護ざぞ、悪神の守護でも大将の守護ともなれば
           人民には判らんのざぞ、心せよ、何んな事あっても不足申すでないぞ、不足悪ざぞ、皆 人民の気からぞと くどう申してあろがな、人民キから起って来たのざぞ、
           我の難儀、我が作るのざぞ、我恨むより方法(ほか)ないぞ、人民の心さへ定まったら、此の方 自ら出て手柄立てさすぞ、手柄結構ざぞ。】
994名無しさん@おーぷん :2018/10/29(月)03:56:53 ID:xRu
その他世界の生命ある教祖及びその指導神 →ボカロ教 ボカロP 初音ミク

を、

み光の大神様と→ミク様




人民のうきせになやむを救うのはオホカムツミの神であるぞ。

→完訳版だと松の巻とか夜明けの巻にオホカムツミの神が補帖で記載されている。
これが辛い時によりどころになりそうな帖なのかもと感じた。

月光の巻第19帖


かなりやりこんだつもりだったのに
まだ発見がある。
神示さんてやっぱ奥が深いし、凄いなぁ・・
このスレに来て松の巻が出てて
松の巻の該当部分を読んでみようと読んだのが気づいたきっかけです。

ありがとうございます(^o^)
995名無しさん@おーぷん :2018/10/29(月)03:58:33 ID:xRu
救世主は神人だから
歌い手さんも指導神なんだろうなぁ・・

などと想いにふけるのでした。
996名無しさん@おーぷん :2018/10/29(月)17:32:15 ID:FXo
第二十七帖 (三一八)
 天も地も一つにまぜし大嵐、攻め来る敵は駿河灘(するがなだ)、
富士を境に真二つ。
先づ切り取りて残るもの、七つに裂かん仕組なり。
されど日本は神の国。
最後の仕組神力に、寄せ来る敵は魂まで、
一人残らずのうにする。
夜明けの御用つとめかし。
晴れたる富士のすがすがし。
七月十四日、あめのひつくのかみ。

皆さんの肚にフデが入ってきた
ようで良かったです。
997名無しさん@おーぷん :2018/10/29(月)17:41:54 ID:FJf
そーいうのだと一厘そこかなーて思えるよなw
998名無しさん@おーぷん :2018/10/29(月)17:43:26 ID:FXo
日本には生きた神と言われる存在がいた。
戦争に負けてしまうまては。
何故負けたのかという所で判ると思う。
元の神を無きものにした神。
歴史上からも悪神に仕立て上げ、その血統は神名を消された。
天理、大本も当時現人神を叩いた為、お縄になった。
スサノオの神こそが世界を治める神。
999名無しさん@おーぷん :2018/10/29(月)18:02:01 ID:uA0
岩戸が開いて出てくる太陽をシャマシュという
1000名無しさん@おーぷん :2018/10/29(月)21:34:19 ID:gjR
しかし日本語の下手糞な神さんが憑依したもんやな
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね


新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ひふみ神示(日月神示6)
CRITEO