- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ひふみ神示(日月神示6)

401忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/10/25(水)17:46:16 ID:7D4
親切にしてやれ

http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195303c117
402忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/10/26(木)18:40:17 ID:b94
プラスとマイナスと和合せねばならん。
只の和合ではムになって力出んぞ。
今迄の和合のやり方ではならん。喜びの和合。融け合ふ和合。ある和合でないと、少しでも曇りありたら和合でないぞ。
こらへこらへてゐるのでは和合でないぞ。
今迄の和合の仕方ではカスあるであらうがな。
悪の和合であるぞ。

神示肚に入れないで御用六ヶ敷いぞ。はじめは目標(メアテ)つくって進まんと、行ったり来たり同じ道をドウドウめぐりぢゃ。
掴める所から掴んで行けよ。
拝んで行けよ。
統一した幸福こそ、二二(フジ)晴れの幸福ぞ。

気づいたことから早う改めて下されよ。
トコトン迄行って神がさすのでは
人間の面目ないから、人間同士でよく致し下されよ。

只有難いだけではならん。
仕事せねばならん。
努力せねばならん。
ぢっとしていては進めん道理ぢゃ
あかりつけなければ闇のよは歩けんぞ。
それぞれのあかりとなれよ。
油は神示ぢゃ。
油つきん、いくらでもあかりつけて下されよ。
マツリから出直せよと申してあらう。
結構に大きまつり、小さいまつり
まつろひて下されよ。
神心になれば、神ありやかに見えるぞ。


人間は1つの世界

http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195303c210
403名無し :2017/10/27(金)21:28:42 ID:4xg
御用するとの意識は全く無くとも、後になり以前成した事の影響の大きさに驚く。
その時になって
ああ、そういう事だったのかと気付きます。
使ってくれてありがとうございます。
404名無しさん@おーぷん :2017/10/27(金)22:26:55 ID:JwG
カタガナのウとムは▽と△を表しているみたいですごい仕掛けだとおもう。 ウ=有 ム=無  有るということは限界ができるということ
無は無限ということ。自己意識の神の欠片の究極の一点の意識が無限の
世界にポタッと落ちるとき波紋が広がるように世界が創造されるのではないかと考えています
405名無しさん@おーぷん :2017/10/27(金)22:28:57 ID:JwG
人の持つ意識が向けられる先に、常に世界が常に作り出されている
もちろんその瞬間に過去も未来も作り出されている
406名無しさん@おーぷん :2017/10/27(金)22:32:22 ID:JwG
人は常に世界を作り出している。神のごとき力を持ちながら、その作り出される世界のルールに翻弄される無力な神でもある。
407忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/10/29(日)11:08:21 ID:cfB
道は自分で歩まねばならん。
自分の口で食物噛まねばならん。
かみしめよ。
ウジ虫に青畳、苦のたねぢゃ。
畳には畳にすはるだけの行してから坐らなならん。

理屈は一方的のものぞ。
どんな理屈も成り立つが、
理屈程頼りないもの、
力にならんものないぞ。
理が◎(カミ)の御能(オンハタラキ)ぞ、よく見極めねば間違うぞ。
囚はれるなよ。

理屈で進んで行くと、しまひには共喰から、われとわれを喰ふことになるぞ。

神様を真剣に求めれば、神様は人間様を真剣に導いて下さるぞ。
結構に導いて下さるぞ。

※生れ赤児
学出すから、我出すから行き詰まるのぞ。
生れ赤児と申すのは
学も我も出さん水晶なことぞ。
ねり直して澄んだ水晶結構。

親の心判ったら手伝ひせねばならん。云われんさきにするものぢゃと申してあらうが。

※フデを生かした生活=二の御用
二の御用はフデうつすことぢゃ。
フデうつすとはフデを人間に、世界にうつすことぞ。
フデを中心とした世界のはたらきせよ。
・通した人間の仕事つかへまつれよ。
フデ・とした世界つくることぞ。
フデに囚はれるから判らん。
フデすてて、仕事にフデ生かして生活せよ。生活がフデぢゃ。
408忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/10/29(日)11:11:54 ID:cfB
>>403
御用ありがとうございます

皆様弥栄

余談ですが、△▽はスパイラルのように思うのです。
因みに富士山は上下のスパイラルの風が吹いています。
409忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/10/30(月)20:53:17 ID:7KZ
芽を出したから間引かなならん。
神示読んで、
神示読まん人間と
神示肚に入り込んでもう大丈夫と
神が見届けた人間と
間引くのであるぞ。

肚に入った芽は間引いて他に植えかへるのぢゃ。
読んで読まんもの、間引いて肥料とするぞ。

神の申すやうにすれば神が護るから、何事も思ふ様にスラリスラリと心配なく出て来るぞ。

区別と順をわきまへて居れば、何様を拝んでもよい。
時、所、位に応じて誤らねば弥栄えるぞ。

神心には始めも終わりも無いのぢゃ。総てがあるのであるぞ。
世界見よ。三千世界よく見よ。
総てが秘文ぢゃ。

他力の中に自力あるのぞ。
自分ばかりでは成就せんぞ。
足踏みばかり。
愛は愛のみではないぞ。
真は真のみではないぞと申してあらうが。
まつり合わせて・入れて愛となり
真となるのぞ。
愛のみ出ると悪となり、真のみ出ると偽となることあるぞ。
偽りと悪とまつりて善の働きすることあるぞ。心せよ。

同じ愛、同じ想念のものは自ら集まって結ばれる。

奥山とは
天国のカタチ、ウツシが奥山ぞ。
ミソもクソも一緒にして御座るぞ
410忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/10/31(火)19:56:47 ID:2pc
※外にあるものは内にもある
悪の総大将は奥にかくれて御座るのぞ。
一の大将と二の大将とが大喧嘩すると見せかけて、世界をワヤにする仕組、
もう九分通り出来ているのぢゃ。

立替致さずにゆけば、
この世はゆく程悪くつまるのであるぞ。
早うめざめよ。
マツリせねば真理は通らん。
子供にまつろはねば子供導けん道理。
自分判れば一切ありやか。

※理屈=人間智慧=悪の学=マボロシ
今迄の教ではマボロシぞ。
力ないぞ。
まつり合わせて意志と働き、
・入れて理解出来るのであるぞ。
まつりまつりと申してあらう。
上のまつりぞ。
マボロシとは人間智慧のこと。
理屈のことぢゃ。
理屈とは悪の学のことぢゃ。
理でなければならぬ。

理屈で進んで行くと、しまひには共喰いから、われとわれを喰ふことになるぞ。

真の理解に入ると宗教に囚はれなくなるぞ。形式に囚はれなくなるぞ。
真の理解に入らねば、
真の善も、
真の信も、
真の悪も、
真の偽りも判らんのぢゃ。

今にイワトひらいてあきらかになったら、宗教いらんぞ。
政治いらんぞ。
喜びの歌高らかにナルトの仕組、
二二(フジ)にうつるぞ。
411忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/10/31(火)19:58:20 ID:2pc
http://shoutakaamahara.blog.fc2.com/blog-entry-379.html
412忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/01(水)18:54:09 ID:cCL
教派や教義に囚われるのは邪の教
豚に真珠となるなよ。

天国の意志は人間の喜びの中に入り
幽界の意志は悲しみの中に入る。

人間を幸福にするのは心の向け方1つであるぞ。
人間はいつも善と悪の中にいるのであるから、善のみと云ふこともなく、悪のみと云ふこともない。
内が神に居りて外が人に和し、
内が霊に居り外が体に和せば、
それでよいのぢゃ。
そこに喜び生れるのぢゃ。

いよいよ表の守護と相成ったぞ。
表の守護とは、
良いものもなく悪いものもなく、
只喜びのみの守護となることぢゃ
悪いもの悪くなるのは表の守護でないぞ。

1つの魂を得ることは1つの世界を得ることぢゃ。
人間は1人でないぞ。
神は善人の中にも悪人の中にも呼吸しているぞ。
悪なくては生きていけん。
悪は悪でないぞ。
外道の悪が悪であるぞ。

霊ばかりよくてもならん。
体ばかりよくてもならん。
もちつもたれつの世であるぞ。
判らんのは、われが偉いと思っているからぞ。
目覚めれば その日その時からよくなる仕組、結構楽し楽しでどんな世でも過ごせるのが神の道。

智の中に悪をとり入れるゆとりの出来んやうではマコト成就せんぞ
智の中には総てを取り入れて理解出来るやうになっているのであるぞ。
愛の中に悪入れてはならんぞ。

悪に行く理(ミチ)はないぞ。
理は善のみに通じているぞ。
理なきところ進むでないぞ。

※タネ
愛から離れた理解はないぞ。
善から離れた真理はないぞ。
タネなくて芽は出ん道理。

人間は霊人のカタシロになるからこそ養われているのぢゃ。
成長して行くのぢゃ。
血は愛によって生き、愛はヨロコビによって生きるのぢゃ。
喜びなき所に愛はないなざぞ。
・ないところ生命栄えんぞ。
413忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/01(水)18:55:31 ID:cCL
絶対善と絶対悪

http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195303c120
414忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/03(金)13:42:20 ID:91f
※神から命じた場合
目さめたら起き上がるのぞ。
起き上がらずには居れまいが。
神の命ずることは丁度そのやうに人間にうつるのぞ。
霊眼で見たり霊耳で聞いたりすることは間違ひ多いぞ。心せよ。

※人間の極みは神
神は人間の命、
人間は神の容れものであると申してあらう。
人間の極まるところは神であるぞ
霊人は中間の存在ぞ。
人間は神の土台ぞ。

顔まで変わっているのに未だ気づかんのか。
病気に皆がなっているのに未だ気づかんのか。
何事も早い改心結構。

まかせ切らねばマコトの安心立命ないぞ。
まかせ切るには、まかせ切って安心出来る神をつかまねばならん。
おかげ信心や病気治しの神ではまかせ切れまいがな。早う合点結構ぞ。

大きな生命に通ずるものには死はないぞ。
通じなければ死あるぞ。

※まことの神
身も心も嬉し嬉しなるのがまことの神ぢゃ。
ものの嬉しさだけではゼロぢゃ。
たまの嬉しさだけでもゼロぢゃ。
よく心得なされよ。

※神人になるために
自分で自分の心の中は中々につかめんものであらうがな。
その中に又心あり、又中に心があるのぢゃ。
心は神界ぞ。
霊界や神界のものを肉体の自分で掴まうとしても中々ぢゃ。
うなぎつかみと申してあらうが。
ヌラリクラリと掴んだ筈が掴んでないぞえ。
掴むには身と魂と1つに和せねばならん。
・から愛と智とが生れると申してあらうが。
智と愛との和合によって・が生れるのぢゃ。
・は喜びであるぞ。
・の別の・であるぞ。
その・から又別の愛と智が生れ、
又別の・が喜びとなり、
その喜びの愛と智の喜びと結んで、又喜びの・生れるのぢゃ。

神は額から入って顔全体に至り、
全身に及ぶものであるぞ。
415忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/03(金)13:47:18 ID:91f
自己愛と大愛の違いがわかるお話
皆様弥栄

http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195303c121
愛の情動
416忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/04(土)19:35:49 ID:Cq5
・の中の・に悪は入れんのであるぞ。
外の・の中に、外の智の中に悪が入るのぢゃ。
人間の智の中には悪も善も入るぞ。
入るからこそ、これは善ぢゃ、これは悪ぢゃと判るのぢゃ。
人間の自由は其処にあるのぢゃ。
自由なければ発展ないぞ。
弥栄ないぞ。

自分の自由にならんことは大き自分が自由にしているのであるぞ。
神となれば、神人となれば何事も心のまま。

運命は自由自在のものではあるが
又強ひるものでもあるぞ。
大きくも、小さくも、薄くも、厚くも、その人の心次第に変わるぞ
もとは霊界にあるからぞ。
嬉し嬉しで運命を迎へる気、結構ぞ。
この世のことだけでこの世のこと動かんぞ。
霊界との関係によって、この世が動いている道理判らねばならん。
早う神の心に、神意さとれよ。
何事も天から出て来るのぢゃ。
天からとは心からのことぢゃ。

神は人間の想念の中に入っているのぢゃ。
想念が一致するから神の想念が人間に伝はるのぞ。
人間の言葉となって人間に現はれる。
言は神であるが人間でもあるぞ。
自分が自分に語るのであるぞ。
この道理、よく心得なされよ。
時まちて起き出て下されよ。

この神示肚に入ったらグレンと変りて来るぞ。
早う肚に入れて下されよ。
間に合はん。

神は理屈ではない。
理であるぞ。
生きた自由自在の、見当とれん、
絶対であるぞ。
只求めるより他に道ないぞ。
親呼ぶ赤児の声で神を求めよ。
神に呼びかけよ。
総てを投げ出せよ。まかせきれよ
神は喜びの光となって、そなたに現はれて来るぞ。
理屈の信仰に囚はれると邪道。
417忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/04(土)19:35:49 ID:Cq5
・の中の・に悪は入れんのであるぞ。
外の・の中に、外の智の中に悪が入るのぢゃ。
人間の智の中には悪も善も入るぞ。
入るからこそ、これは善ぢゃ、これは悪ぢゃと判るのぢゃ。
人間の自由は其処にあるのぢゃ。
自由なければ発展ないぞ。
弥栄ないぞ。

自分の自由にならんことは大き自分が自由にしているのであるぞ。
神となれば、神人となれば何事も心のまま。

運命は自由自在のものではあるが
又強ひるものでもあるぞ。
大きくも、小さくも、薄くも、厚くも、その人の心次第に変わるぞ
もとは霊界にあるからぞ。
嬉し嬉しで運命を迎へる気、結構ぞ。
この世のことだけでこの世のこと動かんぞ。
霊界との関係によって、この世が動いている道理判らねばならん。
早う神の心に、神意さとれよ。
何事も天から出て来るのぢゃ。
天からとは心からのことぢゃ。

神は人間の想念の中に入っているのぢゃ。
想念が一致するから神の想念が人間に伝はるのぞ。
人間の言葉となって人間に現はれる。
言は神であるが人間でもあるぞ。
自分が自分に語るのであるぞ。
この道理、よく心得なされよ。
時まちて起き出て下されよ。

この神示肚に入ったらグレンと変りて来るぞ。
早う肚に入れて下されよ。
間に合はん。

神は理屈ではない。
理であるぞ。
生きた自由自在の、見当とれん、
絶対であるぞ。
只求めるより他に道ないぞ。
親呼ぶ赤児の声で神を求めよ。
神に呼びかけよ。
総てを投げ出せよ。まかせきれよ
神は喜びの光となって、そなたに現はれて来るぞ。
理屈の信仰に囚はれると邪道。
418忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/04(土)19:35:50 ID:Cq5
・の中の・に悪は入れんのであるぞ。
外の・の中に、外の智の中に悪が入るのぢゃ。
人間の智の中には悪も善も入るぞ。
入るからこそ、これは善ぢゃ、これは悪ぢゃと判るのぢゃ。
人間の自由は其処にあるのぢゃ。
自由なければ発展ないぞ。
弥栄ないぞ。

自分の自由にならんことは大き自分が自由にしているのであるぞ。
神となれば、神人となれば何事も心のまま。

運命は自由自在のものではあるが
又強ひるものでもあるぞ。
大きくも、小さくも、薄くも、厚くも、その人の心次第に変わるぞ
もとは霊界にあるからぞ。
嬉し嬉しで運命を迎へる気、結構ぞ。
この世のことだけでこの世のこと動かんぞ。
霊界との関係によって、この世が動いている道理判らねばならん。
早う神の心に、神意さとれよ。
何事も天から出て来るのぢゃ。
天からとは心からのことぢゃ。

神は人間の想念の中に入っているのぢゃ。
想念が一致するから神の想念が人間に伝はるのぞ。
人間の言葉となって人間に現はれる。
言は神であるが人間でもあるぞ。
自分が自分に語るのであるぞ。
この道理、よく心得なされよ。
時まちて起き出て下されよ。

この神示肚に入ったらグレンと変りて来るぞ。
早う肚に入れて下されよ。
間に合はん。

神は理屈ではない。
理であるぞ。
生きた自由自在の、見当とれん、
絶対であるぞ。
只求めるより他に道ないぞ。
親呼ぶ赤児の声で神を求めよ。
神に呼びかけよ。
総てを投げ出せよ。まかせきれよ
神は喜びの光となって、そなたに現はれて来るぞ。
理屈の信仰に囚はれると邪道。
419忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/05(日)17:05:56 ID:sXU
人民と云ふものは奇跡見ても、病気になっても、中々改心出来んものぢゃ。

死後の生活知らすことはよいなれど、それのみによって改心せよと迫るのは悪のやり方。
奇跡を見せ、病気を直してやるのもよいのぢゃが、それのみによって改心迫ってはならん。
それのみで道をといてはならんぞ
そんなこと位でマコトのホッコンの改心ができるならば、人間はとうの昔に改心して御座るぞ。
今までのやうな宗教は亡びると申してあらうが。
亡びる宗教にして下さるなよ。

何事もとがむでないぞ。
とがむ心、天狗ぞ。

人間は、色とりどりそれぞれの考え方を自由に与へてあるのざから
無理に引っ張ったり、教へたりするでないぞ。

今あるもの、今生きているものはたとへ極悪ざと見えても、それは許されているのであるから、あるのであるぞ。
他を排すでないぞ。

中の自分と外の自分と和せよ。
それが改心の第1歩。
聞かせてきくならば、実地はカタのカタ位ですむなれど。

慾入ると邪気湧く、邪気湧くと邪霊集まるぞ。

神がうつらぬも申しているが、心をやはらかくしてマカセ切れば刻まれるぞ。

人間は肉体をもっている間でも、
その霊は、霊の国に住んで居り、
霊の霊は、霊の霊の世界に住んでいるのであるぞ。
420忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/05(日)17:07:05 ID:sXU
怒りと毒素

http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195303c114
421名無しさん@おーぷん :2017/11/05(日)22:55:47 ID:Rfk
理はこの世界のもとの法則、神の動きのことだろうか?
理屈は人が構築した浅薄な理のことだろうか。

お蔭は方便として使うが、一見分かりやすいそればかりを強調するのは
神から離れることになる。お蔭は利己的だけのものだから。神様の道は利他的でもありかつ自分も犠牲にしない。
422忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/06(月)17:58:07 ID:vY0
>>421

理は・であり、神示であり、神であり、光、喜びでもあるので、神示で言うと、理屈は人間心であり
理は神の御心で、宇宙、自然界の働きそのものでもあるということだと思います。
人はこの神の御心、具体的にこうしなさいと書かれてある神の御心に従うことで理を実行するということになるかと。
人間心ですと、御心の逆さまばかりだと神示にあります。
又理も弥栄向上してゆくそうですので、これで終わり、良いということは無さそうです。
神示ですと、今まではこう説いていたがというような書き出しでこれからはと理の進化が記されているものもあります。

皆様弥栄
423忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/06(月)18:17:48 ID:vY0
宇宙は人間の心のままと申してあらうが。
宇宙は未完成のものと申してあらうが。
永遠に未完成であり、弥栄であるぞ。
そこに生命あり、喜びあるのぢゃ
大神の中で、宇宙はなりなりているのであるから、ナリ、永遠になるのであるぞ。
不変の中に千変万化、自由自在の存在を与へてあるのぢゃ。

めあて
キが到ればモノが到る。
モノを求める前にキを求めよ。
めあてなしに歩いたとて、
くたびれもうけばかり。
人生のめあて、行く先の見当つけずに、その日暮らしの、われよしの世となりさがっているぞ。
めあては◎の・でないか。
・に向かないでウロウロ。
草木より、なりさがっているでないか。
為すとはイノること。
人の為にイノるは、己の為にイノること。
今の人民、イノり足らん。

祈りは弥栄であり、限りない生活であるぞ。
生命のイキであるぞ。
祈りから総てのもの生れるぞ。
誠の祈りからは、・が生命し、
かげの祈りからは〇が生命するぞ

人祈れば神祈り、
人為せば神なる道理ぢゃ。
424名無しさん@おーぷん :2017/11/06(月)19:49:10 ID:MOi
>>422
御教示ありがとうございます。何となく掴めはじめているような気がします。神の理がじわりと心に染み込んで一体になれればいいのですが
まだまだ、我執にふりまわされ、副守護神も言向け和すこともままなりません。

ところで、この前和歌山の熊野大社にお参りしてきたのですが、神気の感じられるところでした。そのとき大鳥居のある明治22年に洪水で流され
た前の社殿が公園のようになっているのですが、そこはちょうど子供たちが虫取をしていて、なにもない空間ですが木漏れ日のなか自然と子供たちが戯れているのをみて、ああこれが神の望んでいる幼木暮し (陽気ぐらし)なのかと感じました。
またそのそばに流れる川は死後のサイの川原のようでした。
425忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/07(火)15:11:16 ID:XX2
>>424
大峠、戦なので誰もが何かしらの苦悩があると思います。
その苦悩から得るものこそが宝なのではないでしょうか?
神と一体になりたい。
そう思うからこその葛藤なのですから、求めれば必ずや導いて下さると思います。
その気持ちを親である神様が慈しまれないわけがないですよ。
可愛い我が子が親を求めている。
その気持ちが尊いことだと思います。
一歩一歩進んで行けば必ず道は開けると信じて。

熊野は私も以前はよくお参りさせていただきました。
子供の世界は良いですね。
子供達の素直な優しさに教えられることも沢山ありますもの。
例えば、親が我が子の楽しそうに遊ぶ姿を見て、嬉しく思う様に、神様も同じ気持ちなのかも知れませんね。
親ですので、鍛えられる事もある
向上発展の為に御用の悪が存在するのではないかと思います。
お互い何とか頑張りましょう。
それぞれの役割を全うする事が、今まで手を引いてくださった神への御恩返しになると思います。
心に無理が生じたら、暫し休憩もいれながら。

関係ないですが、何の設定もしていないのに忍法帖になっております。不気味。
426忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/07(火)15:34:58 ID:XX2
自分だけならば5尺の身体、50年の生命であるが、霊を知り、宇宙の意志を知り、神にとけ入ったならば、無限大の身体、無限の生命となるぞ。
マコトの嬉し嬉しのよろこびとなるのであるぞ。

嬉し嬉しとは
神と金と二つに仕へることはできん、そのどちらかに仕へねばならんと、今までは説かしていたのであるが、それは段階の低い信仰てあるぞ。
影しか判らんから、時節が来て居らんから、さう説かしていたのであるが、
この度、時節到来したので、マコトの道理 説いてきかすのぢゃ。
神と金と共に仕へまつるとは、
肉と霊と共に栄えて嬉し嬉しとなることぞ。
嬉し嬉しとはそのことであるぞ。
神と金と二つとも得ること嬉しいであろうがな。
その次には霊の霊とも共に仕へまつれよ。まつれるのであるぞ。
これが、まことの正しき理(ミチ)
であるぞ。

影とは
悪とは影のことであるぞ。
斜めに光を頂くから影出来るのぢゃ。
影は主人でないぞ。

相対から神を求めると、相対の神が顕はれるぞ。
相対で神の道に導くこと中々ぢゃ。
必ず後戻り、判りはせんぞ。

今までの信仰は何処かにさびしき
もの足りなさがあったであらうが
片親がなかったからぞ。
天に仕へるか、地に仕へるかであったからぞ。
この道はアメツチの道ざと知らしてあらうがな。
清くして富むのがまことぢゃ。
地も富まねばならんのぢゃと申してあらうが。
これから先は金もうけばかりも出来ん。
今までのやうな神信心ばかりも出来ん。
神の理を進むものは嫌でも金がたまるのぢゃ。
金がたまらねば深く省みよ。
理に外れて御座るぞ。

人は罪の子でない。喜びの子ぞ。
427名無しさん@おーぷん :2017/11/07(火)20:45:30 ID:9uW
>>425
いつも日月神示と王仁三郎様の文のせていただきありがとうございます。

更にレスまでいただきありがとうございます。
放蕩息子の帰還のように親神様の言うことなかなかきかないダメ子供かもしれませんが、それもカムナガラの道なのでしょう。
しかし、大峠来るのでしょうか?もう越えてきている可能性はないのでしょうか?これは異議をとなえると言うことではなく、純粋に今どう仕組みが動いているのだろうかという疑問です。
日々、皆様弥栄
428忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/08(水)10:48:26 ID:2yT
>>427
お気遣いありがとうございます。
元々私がこれを始めようと決心したのは、予言の部分を読みまして
こんな事になっては世の中大変ではないかと、何か防ぐ手立ては?
と思い、それには神心を広めると、将棋位の戦で済む、大難が小難となるであろうと始めた事なので、御心を理解しようという方の少しでもお役にたてれば当初の目的通りですので気になさらないでください。

時節に関しましては、トドメノフミというものでは午の年、農作物が高騰する時からが目に見えて国難に向かう時節。

王仁さんのところでは
未の年は庶民層が苦しみ、申の年は中層、酉の年は上層の人々が苦しむというようなものもあります

神示では、このスレで時節を貼って下さった方がおります。
私はここの2か3あたりで貼ったと思いますが、探すのが大変だと思うので、もう1度、時節を調べられた方のブログの紹介を。

http://2288010.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

皆様弥栄
429忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/08(水)11:25:00 ID:2yT
※〇の中に+とウとムの理解
〇の中に│が喜びであるぞ。
〇の中に-もよろこびであるぞ。
よろこびも三つあるぞ。

〇の中に│は表、
〇の中に-は裏、
表裏合わせて〇の中に+ぞ。

〇の中に+は神であるぞ。
神であるなれど現れの神であり、
現れのよろこびであるぞ。

〇の中に+のもとが◎であるぞ。
キであるぞ。
元の元の大元の神であるぞ。
△(ム)であるぞ。

△(ム)から▽(ウ)生れ、
▽から△生れるぞ。
同じ名の神二つあると申してあらうが。

表裏とは
表の喜びが・、愛、真、善、美
となり現れ

裏の喜びからは、〇、憎、偽、悪、醜が現れるのぢゃ。

喜びが神だと申して裏の喜びではならんぞ。
今の人民の喜びと申すのは裏の喜びであるぞ。
悲しみを喜びととり違へているぞ。

春の巻。こまかに説いて判り易く説いてきかすぞ。
分かればそれだけ小さくなるなれど。

喜びが・、真、善、美、愛と現れ、
それが又喜びとなり、
又、・、真、善、美、愛となり、
又現はれ、限りないのぢゃ。

喜びの本体はあの世、
現れはこの世、
あの世とこの世と合わせて真実の世となるのぞ。

あの世だけでも片輪、
この世ばかりでも片輪、
まこと成就せんぞ。

あの世とこの世は合せ鏡。
430忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/08(水)11:28:26 ID:2yT
神はこの世に足をつけ衣とし、
人はあの世を◎として、心として
生命しているのぢゃ。
神人と申してあろうがな。
この十理(ドーリ)よくわきまへよ

この世にあるものの生命はあの世のもの、
あの世の生命の衣はこの世のもの

くどいようなれど このこと肚の中に得心なされよ。

これが得心出来ねば
どんなによいことをしても、
まこと申しても なにもならん、
ウタカタぢゃぞ。

今までのように一方だけではならんぞよ。
431忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/09(木)14:05:53 ID:nPx
仕組とは
人民の理(ミチ)歩んで呉れよ。
何も彼も嬉し嬉しとなる仕組、
人民に禍ないのぢゃ。
不足ないのぢゃ。
いつも楽し楽しの歌で暮らせる仕組ぢゃ。

理(ミチ)しるべ
これがよろこびの理(ミチ)ぢゃ。
人民のいのちを正しく育てることが一番のよろこび。
人民と申すものは神の喜びの全き現れであるぞ。
いくらけがれても元の神の根元神のキをうけているぞ。
それを育てることぢゃ。
導くことぢゃ。
死なんとする人助けるのもその1つぢゃ。
今の人民九分九厘は死んでいるぞ
救へ、救へ、救へ。
おかげは取りどくぢゃ。
生かせよ。生かせよ。
生かす理は神示よむことぢゃ。

人民をほめることよいことぢゃ。
ほめて、その非をさとらせよ。
罪ゆるすことぢゃ。
もの生かすことぢゃ。
生かして使ふことぢゃ。

地上天国への仕組
神示ひろめることぢゃ。
やってみなされ。
必ずうれしうれしとなるぞ。
栄えるぞ。

嬉しくなかったら神はこの世に居らんぞよ。

神示は1本道ぢゃ。

神示うつして下されよ。
世界にうつすことよろこびぞ。
地に天国うつすことぞ。

今の裏のやり方、ひっくり返して表のやり方すれば、それでよいのぢゃ。
裏は裏として生きるのぢゃぞ。
432忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/10(金)18:20:56 ID:Qcj
一切のものはウズであるぞ。
同じことくりかへしているように、人民には、世界が見えるであろうなれど、一段づつ進んでいるのであるぞ。
木でも草でも同様ぞ。

行き詰まりがありがたいのぢゃ。
進んでいるからこそ、行きあたり行き詰まるのぢゃ。
省みる時あたえられるのぢゃ。
さとりの時与えられるのぢゃ。

人民には分別与えてあるから反省できるのであるぞ。
反省あるから進展するのであるぞ。
ほっておいても、いらんものは無くなり、いるものは栄えるのであるが、人民の努力によっては、よりよくなるのぢゃ。
省みねば生れた時より悪くなると申してあろうが。

物の世界から霊の世界へ、
無限の世界へ入るから無限の生命が与えられるのぢゃ。
無限の喜び得ること出来るのぢゃ。

無限世界とは物と霊との大調和した、限りなき光の世界ぞ。
真理を知ることが、無限を得ること。まことの神をつかむことぞ。
よいものつくるには大き手数かかるのぢゃ。
ふところ手でいては出来ん。
手だせ、足だせよ。

自分はよいが、世の中が悪いのぢゃと申しているが、その自分省みよ。

自分が神の理にあり、真実であるならば、世の中は悪くないぞ。
輝いているぞ。

世を呪うことは自分を呪うこと、
世間や他人を恨むことは自分を恨むこと。
このこと悟れば一切はそこからひらけくるぞ。
十のもの受けるには十の努力。
433忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/11(土)17:51:55 ID:iOA
内の自分は神であるが、
外の自分は先祖であるぞ。

外の自分と申しても肉体ばかりでないぞ。
肉体霊も外の自分であるぞ。

祖先おろそかにするでないぞ。
祖先まつることは自分をまつることぞ

信じきるからこそ飛躍するのぢゃぞ。
不信に進歩弥栄ないぞ。

まかせきるからこそ神となるのぢゃ。
神に通づるのぢゃ。

省みることによって更に数倍することが得られるのであるぞ。
いい加減が一旦成功しても土台ないからウタカタぢゃ。
下座の行、大切。

地上天国
無くて七癖、七七四十九癖、
悪い癖直して下されよ。
天国へ行く鍵ぞ。
直せば直しただけ外へひびくものが、かわってくるぞ。
よくなってくるぞ。
かわってくれば外からくるもの、
自分に来るもの、かわってくるぞ
よくなってくるぞ。
幸となるぞ。
よろこび満ち満つぞ。
神のみちみちて天国ぢゃ。
一升枡もってきて一斗入れよと人民申しているが、
神は一斗も二斗も入れてやりたいなれど、一升枡には一升しか入らん。
大き枡もって来い。
頂くには頂くだけの資格いるぞ、
一歩づつ進め。
一歩づつ絶えず進めよ。
それより他に道はないのちゃ。

自分にふりかかって来る一切のものは最善のものと思へ。
如何なる悪いことも それは最善のものであるぞ。
この道理よくわきまへて下されよ。

幸福を得る
真の神を理解すれば、一切の幸福
得られるのぢゃ。
434忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/12(日)15:17:09 ID:lJI
滅びの道と生命の道

どんな草でも木でも、その草木でなければならん御用あるぞ。
だから生きているのぢゃ。
そのはたらき御用忘れるから苦しむ。行き詰まる。
御用忘れるから亡びるのぢゃ。
個人は個人の、一家は一家の、国は国の御用がある。

使命がいのち。
上から、神から命ぜられたことがいのちぞ。
使命はつくられた時に与えられる
使命なくてものは生れんぞ。

自分の使命は内にききつつ外にきけよ。
使命果たすがよろこびぞ。
使命果たすには生命がけでなくてはならん。
生命ぢゃからのう。
努力した上にもせなならんぞ。
努力には苦もあるぞ。
苦のない努力ないぞ。
右をうごかせば左もうごくぞ。
果たせば苦は楽。
果たさねば楽も苦。
重荷あるからこそ、苦あるからこそ、風にも倒れんのぢゃ。

自分の為ばかりの祈りには、自分だけの神しか出て来ない。
悪の祈りには悪の神。
善の祈りには善の神。

思ふようにならんのは、天地の弥栄、育成化育にあづかって働いていないからぞ。

今の世界の行き詰まりは、世界が世界の御用をしてないからぢゃ。

神示よめよ。
秘文世界にうつせよ。
早ううつせよ。

人間の智のみでは世界はよくならん。
裏側だけ清めても総体は清まらん
神にめざめねばならん。
435忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/12(日)15:20:11 ID:lJI
ネガティブ思考の恐さ
雨降らば雨を、風吹けば風を、
一先ず甘受せよ。
甘受した後、処理して行かなならん。
受け入れずにハネ返すのは大怪我のもと。
何回でも何回でも同じことくりかえさねばならんことになるぞ。
何か迫り来るのは、何か迫り来るものが自分の中にあるからぞ。
内にあるから外から迫るのぢゃ。
自分で呼び寄せているのぢゃ。
苦しみの神、因果の神呼んでおいて、不足申している者多いのう。
自分で呼び寄せながら嫌がってハネ返すテあるまいにのう。
同じものでも表からと裏からとでは違うのぢゃ。
同じ目で見ても、違ってうつるのぢゃ。

希望は愛の現れの一つ。
どんな時、どんな人にも与へられているのぢゃ。
希望にもえつつ、現在を足場として生きよ。

同じことしていても、希望をもつ人は栄え、希望なき人は亡びる。
希望は神ぞ。
436名無しさん@おーぷん :2017/11/12(日)18:59:16 ID:btJ
▽はマっぽくない?
437忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/13(月)18:16:02 ID:Dgx
あなたまかせ、よい妻と申してあろうが。
神まかせがよい人民であるぞ。
この神とみとめたら理解して、マカセ切れよ。
太元の神さまにホレ参らせよ。
真の信仰の第一歩ぞ。

他力の中の自力ぢゃ。
ぢゃと申して、まかせきったと申して、ふところ手ならん。
自力大切ぢゃ。

自分すてて他力なし。
人民なくて此の世の仕事出来ん。
人民は道具ぢゃ。
神は心ぢゃ。
元ぢゃ、元だけではならん。
道具だけではならん。

大神は一切を幸し、一切を救ひ給うのであるぞ。
一切が神であり一切が喜びであるぞ。

神にまかせきると申しても、それは自分で最善をつくして後のことぢゃ。
努力なしにまかせるのは悪まかせぢゃ。
悪まかせ多いのう。

一家のメグリは一家の誰かが負わねばならん。
人類のメグリは人類の誰かが負わねばならん。果たさねばならん。
善人が苦しむ一つの原因であるぞ。
神の大きな恵みであり試練であるぞ。判りたか。
愛するものほど、その度が濃い程、魂が入っているのぢゃ。

魂の財産は金を得るより数倍六ヶ敷いぞ、
ぬれ手で粟のやり方、カスつかむそ。

むやみに腹が立ったり、悲しくなったり、くやしくなったりするのは、まだめぐりあるからぢゃ。
めぐりの霊界との因縁が切れて居らぬからぢゃ。
438忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/13(月)18:18:42 ID:Dgx
>>436
そうですね。
マっぽいです。

皆様弥栄。
愛を感じる幸せな日々になりますように。
439忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/14(火)14:39:59 ID:rKF
※神のご実体
小乗の行と馬鹿にするでないぞ。
理屈で神を割出したり、そろばんでハヂキ出したり、
今の鼻高さんはしているなれど、
何処まで行っても判りはせんぞ。

オーヒツキ大神としてのこの神は一柱であるが、
働きはいくらでもあるぞ。
その働きの名がもろもろの神様の名ぢゃ。
無限であるぞ。
このほう一柱であるが無限柱ぞ。

総てが神であるぞ。
一神ぢゃ。
多神ぢゃ。
汎神ぢゃ。
総てが神ぢゃ。
喜びぢゃ。

宇宙の総てはこの神の現れであり1面であるから、
その何処つかんで拝んでもよいのである。
その何処つかんで、すがってもよいのであるぞ。
水の流れも宗教ぞと申してあらう
総てに神の息、通ふているぞ。
一本の箸拝んでもよいのぢゃが、
ちゃんとめあて、よいめあて、きめねばならん。


※二二
霊と肉のまつり第一。
頭と肚のまつり結構。
二二のマツリ、出船の港ぢゃ。

出足の港は二二の理(ミチ)からぢゃと申してあろう。
真理と申してあろう。
これが乱れると世が乱れるぞ。
神界の乱れイロからぢゃと申してあろう。
男女の道正されん限り、世界はちっともよくはならんぞ。
今の世のさま見て、早う改心、結構いたしくれよ。

※力
二二のマツリ、
奥から来るものは喜びぢゃ。
念ぢゃ。
力のもとぢゃ。
生きの生命ぢゃ。
神様にはハラを向けなさい。

和は力ぞ。
440忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/15(水)16:10:57 ID:z34
※順
順と区別さへ心得て居れば、何様を拝んでも良いと申してあろうが
日の神様ばかりに囚われると判らんことになるぞ。
気付けおくぞ。
それでは理にならん。
父だけ拝んで母拝まんのは親不孝ぞ。
おかげないぞ。
おかげあったらヨコシマのおかげと心得よ。
手だけ尊んではいかん。
足だけ尊んでもいかん。
一切に向かって感謝せよと申してあろうが。
門もくぐらず玄関も通らずに奥座敷には行かれん道理。
順序を馬鹿にしてはならんぞ。

始めはカタふんで行かなならんぞ

拝むまつりはまつりのカタぢゃ。
カタから入るのが入り易いが、
この程度の境地では戒律いるぞ。
カタに囚われてはならん。
戒律の世界にいつ迄もいてはならん。
十年たてば十才になるぞ。
恩知らねばならん。
恩に報ひなければならんぞ。
人民天地の恩忘れているから、喜び少ないのぢゃ。

神は順であるぞ。
先づ小の神から進んで行けよ。
ほんとうのこと知るには、ほんとうの鍛錬いるのぢゃ。
棚からボタモチ食っていては段々やせ細るのみ。
鍛えよ鍛えよ。
鍛えればこそ光出てくるのぢゃ。

内の自分に火つけよ。
心くらくては何も判らん。
世の中は暗う見えるであろう。
真っ暗に見えたら自分の心に光ないのぢゃ。
心せよ。
自分光れば世の中明るいぞ。

より上のものから流れてくるものにまつりて行くこと大切ぢゃ。
それがまつりの元。
それが宗教ぢゃ。
宗教は生活ぢゃ。
生活は宗教ぢゃ。
表と裏ぢゃ。

ものの順序わきまえねばならん。
悪平等ならん。
政治や経済は裏、二義的のもの。
441忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/16(木)18:21:21 ID:EeF
今の科学は科学なことは判るが、それより上のことは判らん。
今の科学はあるものがあるということだけしか判らんのぢゃ。

宇宙のすべてがつながりであるぞ
石でも水でも草でも木でも動物でもすべてがつながりぢゃ。
手と頭のようなもんぢゃ。
拝み合えよ。
和せよ。
和すと自分となるのぢゃぞ。
自分大きく、明るくなるのぢゃ。
豊かにうれしうれしぢゃ。
赤いものの中にいると赤くなって行く。
理に向かっていると、いつの間にか神の気いただくぞ。
神の光がいただけるのぢゃ。
二度三度、話きいたり、おろがんだりくらいで理は判らん。
神は解らん。
体験せねばならん
一方的では何事も成就せん。
もちつもたれつであると申してあろう。

※因縁解消の恵み
親子、夫婦、兄弟姉妹と生まれても逆縁あるぞ。
カタキ同士結ばれることあるぞ。
それは神の大き恵みぞ。
それに打ち勝って、新しき生命うみ出してつかへまつれ。
体験ないところに宗教はない

※神の光、喜び受けるには
今の自分の環境がどんなであろうと、それは事実であるぞ。
境遇に不足申すなよ。
現在を足場として境遇を美化し、
善化してすすめ。
そこにこそ神の光、よろこび現れるのぢゃ。
逃げ道つくれば迷いの道に入るぞ
楽に得たもの楽に失う。

※神示は理
神から出るものは理にきまっているぞ。
この平凡の理の道理が何故に判らんのぢゃ。
得心出来んのぢゃ。
それに従えばこそ向上、弥栄するのぢゃ。
天狗ざから、慢心するから、理がなくなるから行き詰まるのぢゃ。
442忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/16(木)18:22:49 ID:EeF
気長にやれと申してあろう。
長い苦心なければ よいもの出来ん
この世で出来終わらねば、
あの世までもちつづけても やりつづけてもよいのぢゃ。
そなた達はあまりにも気が短いぞ
それではならんのう。
マコトの生活は永遠性もっているぞ。
これないものは宗道でないぞ。


http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195302c21
宗教不要の世界へ
443忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/18(土)21:45:24 ID:jDP
よい求めにはよい感応
よい感応によい働き、
よい理解となり、
よい生活生まれる。

念じつつやれ。
神の為と念じつつやれば神のためとなる。
小さい行為でも霊的には大きはたらきするのぢゃ。
自分と云うことが強くなるから発展ないのぢゃ。
行き詰まるのぢゃ。
われよしとなるのぢゃ。
調和が神の現れであるぞ。
霊と調和せよ。
肉体と調和せよ。
人と調和せよ。
食物、住居と調和せよ。
世界と調和せよ。
うれしうれしぞ。
一生かかってもよいぞ。
おそくないのぢゃ。
自分の中のケダモノのため直しにかからねばならん。
悪いくせ直さねばならん。
これが第一歩、土台ぢゃぞよ。

よきことは 人にゆづりて
人をほめ
人たてるこそ
人の人なる。

敬愛の まこと心に まことのり
まこと行う 人ぞ人なる。

間違った求めには間違った神、
間違った生活生まれるぞ。

窮屈であってはならん。
固くなっていてはならんぞ。
笑いの道、喜びの道にこそ神のハタラキあるのぢゃ。

宿命
宿命は宿されたもの。
一つのワクに入っているのであるぞ。

運命
運命は自分で切りひらくこと出来るぞ。

自分は自分の意思で生れたのではないのぢゃ。
その時、その環境を無視出来ん。
その法則に従わねばならん。
444忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/19(日)18:53:35 ID:mGb
※感謝の心の必要性

現在の環境を甘受せよと申してあるが、甘受だけでは足らん。
それに感謝せよ。
積極的に感謝し、天地の恩に報じねばならん。
誠の真理を知らぬ人間に神は判らん。

何事に向かっても先ず感謝せよ。
ありがたいと思え。
始めはマネごとでもよいぞ。
結構と思え。
そこに神の力加わるぞ。
道は感謝からぞ。
不足申せば不足うつるぞ。
心のままとくどう申してあろうが
病気でないと思え。
弥栄と思え。
病治るモト生れるぞ。
キがもとぞ。

何事くるとも何クソと思え。
神の力加わるぞ。
おそれはおそれ生むと申してあろうが。


※神の御心

神は人民を根本から永遠の意味でよくしようと、
マコトの喜び与えようとしているのぢゃ。
局部的、瞬間的に見て判らんこと多いぞ。
おかげは、すぐにないものと思え。
すぐのおかげは下級霊。
まゆにつばせよ。
考えよ。
445名無しさん@おーぷん :2017/11/19(日)21:33:08 ID:oI8
▽のTの各自の長さニなので=揃える
-人並みに奢れ
―ふ~

だいばだったとしゃかですな
446忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/20(月)14:55:56 ID:VSz
※大き器、拝み合うと、、、

草を拝めば草が神となり、
機械拝めば機械が神ぢゃ。
食物拝めば食物が神となる。
心せよ。

宇宙のすべてがつながりであるぞ
石でも木でも動物でもすべてがつながりぢゃ。
手と頭のようなもんぢゃ。
拝み合えよ
親しみ合えよ。
和せよ。
和すと自分となるのぢゃぞ。
自分大きく、明るくなるのぢゃ
豊かにうれしうれしぢゃ。


※不二、二二のまつり
宗教は霊、芸術は体ぞ。

宗教は表、生活は裏。

宗教は生活ぢゃ。


※御用の善悪
上から来るものは光となって流れててくるのざ。
光に本来影はないのであるが、動くから影がうまれる。
それを影でない影と申すぞ。
悪でない悪あると申してあろがな

光は神から人民に与えられている
光に向かうから照らされる。
光は・、真、善、美、愛となり、
又その裏の〇、疑、悪、醜、憎となり現れるぞ。
御用の善となり、御用の悪となる

※外道の善と悪
悪憎むは外道の善
外道とは上からの光が一度人民界にうつり、人民界の自由の範囲に於ける凸凹にうつり、それが再び霊界にうつる。
それが幽界と申してあろう。
その幽界から更に人民界にうつったものが外道の善となり、外道の悪となるのざ。
善にも外道あるぞ。心得よ。
447忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/20(月)15:20:28 ID:VSz
個人的な見解なのですが

〇九十=マコト

「神示はマコトであるぞ」で真理、
〇は霊
マコトは心と一致した言葉であり、真理。
マコトの理。
〇九十=神示=誠=真言=理=・=御心=神の智恵=理智
霊の言葉とも読める。
ムから出た言葉。
見えない世界の言葉。

この神示八通りに読めるについて
八通りの理が書かれてあるということにも。
神示は理。

そして1から8と〇九十で
神示を声に出して読むと
012345678910
裏もあるので
「裏まで読んでくだされよ」
109876543210
フジ、二二、二十二だなと。

別の見方をすれば
1から8の理を九=苦しみつつも習得、そして十の神になる。
「長い苦心なければ、よいもの出来ん」
「苦しんで得たことは楽に得たこと」
「体得」

>>445
お疲れ様です
皆様弥栄
448名無しさん@おーぷん :2017/11/20(月)17:52:33 ID:Mzy
例えばルート2を

9とーりに読むと

ひとよひとよにひとみごろ

8とーりによむと

ひとしいいよとひみこ

8通りというか8桁で終わるように読めって話らしいなw
449忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/21(火)17:39:41 ID:h1Q
外道、いくさについて
いくさは善にもあり、悪にもあり、右には右の、左には左の、上には上の、下には下の、中には中の、外には外のいくさあるぞ。

新しき御代が到来してもいくさはなくならん。
いくさも歩みぞ。
弥栄ぞ。
ぢゃと申して今のような外道のいくさでないぞ。

人殺し、生命殺すようないくさは外道。
やればやる程はげしくなるぞ。

正道のいくさは人を生かすいくさやればやる程進むのぢゃ。

天国へのいくさもあるぞ。
幽界へのいくさもあるぞ。

人民の云う今のいくさ、今の武器は、人殺す外道の道、それではならんのう。
外道なくして下されよ。
外道はないのであるから、
外道抱き参らせて、正道に引き入れて下されよ。

外道の武器すてよ。
外道の武器生かして、活かして、
いのちを生かす弥栄の武器とせよ。
かえられるではないか。

与えよ、与えよ、与えよ、与える政治と申してあろうが。
戦争か平和かと人民申しているなれど、道はその二つでないぞ、
三が道とくどう申してあろう。

水の外道の武器と火の外道の武器の他に、新しき武器気づかんのか。
神示よく読めば示してあるのであるぞ。
ほかに道ないときめてかかるから判らんのざ。
生まれ赤児になれば判るぞ。
知らしてやりたいなれど、知らして判るのでは自分のものとならん
自分が体得し、自分から湧き出ねば自分のものでないぞ。
つけ焼刃は危ない、危ない。
気狂いに刃物ぞ。

平面生活から立体に入れと申してあろうがな。
神人共にとけ合うことぞ。
外道でない善と悪ととけ合うのぞ
善のみで善ならず。
悪のみで悪ならず。
外道は夜明けくれば消えてしまうぞ。
夜明けの御用大切と申してあろうが。

外道の悪殺すでないぞ。
抱き参らすから消えるのであるぞ
450忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/21(火)17:52:01 ID:h1Q
三が道
道は三つと申してあろう。
三とは参であるぞ。
3でないぞと申してあろう。
無限であるぞ。

平面的に申せば右と左とだけでないぞ。
その右の外に、又左の外に道でなき道あるぞ。
それを善の外道、
悪の外道と申す。
外道多いのう。

※中いく道
中の中には中の道あるぞ。
中の中の・は無であるから動きないぞ。
動きないから無限の動きぢゃ。

その・の外の中は人民にも動きみゆるぞ。
この道は中ゆく道ざと申してあろうが、中の・の道は太神の道、
中行く道が神の道、
中の道が人の道ぢゃ。
判りたか。


>>448
初耳です。
そんな話もあるのですね。
ありがとうございます。
皆様弥栄。
451忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/22(水)20:37:43 ID:fHh
新しき武器
念が新しき武器であるぞ。
それでは人民まわりくどいと申すであろうなれど。
ものごとには順と時あるぞ。
もとのキから改めて下されよ。

念なりと、今の人民申す思想はマコトの念でないぞ。
思想は思想ぞ。
念とは力であるぞ。
実在であるぞ。
喜びであるぞ。
喜びは神ぞ。弥栄。

念いれかえるぞ。
念いれかえるとは、
新しき霊界つくることぞ。
新しき霊界つくるとは、
太神の真中にとけ入ることぞ。

今の武器は幽界の裏打ちあるぞ。
神界の裏打ちある武器でなくてはならん。
まことの武器ぞ。
ヒックリであるぞ。
念からつくり出せよ。
その念のもとをつくれば、神から力を与えるから、この世の力と現れるぞ。
念の凸凹から出た幽界を抱き参らさせねばならんのざ。
中々ご苦労であるなれど。
幽界を神界の一部に、力にまで引き寄せねばならん。

二二(フジ)は晴れたりとは、
真理の世に出づことぞ。
天のこと地にうつすときは、
地の力出るように、地の息吹き通うように、弥栄するように、
念を地の力と現れるように、正しくうつして下されよ。
邪気入ってはならん
452名無しさん@おーぷん :2017/11/22(水)21:13:39 ID:WNP
悪を認めて憎まないようにしたいと思っていますが、白石大量殺人犯や
在日外国人の犯罪レイプや殺人詐欺、日本蔑視活動 、侵略行為どれをとっても腹がたち悪を憎んでしまいます。皆さんはどう対処していますか? 是非とも教えてください。悪を抱き参らせたい
453名無しさん@おーぷん :2017/11/22(水)22:45:13 ID:8Zf
絞め殺せば?
454忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/23(木)17:34:56 ID:lCO
数回出てくる目当てとは
十年二十年行じても、目当て違っていたら何にもならんぞ。
このほうの道へ御座れ。
正しき光の道によれよ。
十日で、一月で見違える程になるぞ。
死んだ気で神示をそなたの身にうつせよ。
涙せよ、汗流せ、血流せよ。

この世の五十年をもととして考えるから判らなくなるのざ。
永遠弥栄の生命、早う体得結構。

その人にとってふさわしい行がある。
誰でも同じでない。
1合食べる人もあれば1升食べる人もあるぞ。
身につかんもの、身につかん行は、いくらしても何もならん。
いらん苦労はいらんと申してあろう。

風呂には時々入るが、魂の風呂に行く人少ないぞ。
より高い聖所へ参りて魂のアカ落とせよ。
神示読んで落として下されよ。
アカ落とさずに神の光見えんと申して、おかげないと、われよし申して御座るなれど、風呂に入らずに、アカがつくとは怪しからんと申すのと同じでないか。
何故に判らんのぢゃ。

全体の為奉仕するのはよいが、自分すてて全体なく自分ないぞ。
全体を生かし、全体と共に部分の自分が弥栄えるのであるぞ。
早合点禁物。

まことの光の道に行き、進めよ。
ここぞと見極めたら、理解に向かってひたすらに進まねばならん。
理屈いらん。
宇宙はこの方の中にあるのぢゃ。
このほうぢゃ。

世が段々せまって悪くなるように申しているが、それは局部的のこと。
大局から見れば、よきに向かって弥栄えているぞ。
夏が暑いと申してブツブツ申すでないぞ。秋になるぞ。冬もあるぞ
冬ばかりと考えるでないぞ。
やがては春が訪れるのぢゃ。
いづれも嬉し嬉しとなる仕組。
455忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/23(木)17:54:16 ID:lCO
>>452
自分を正さなければと省みることをしています。
内にあるもの外にある。
又、神示を声に出して読みます。

このような言葉があります。
誓いの言葉の中に
臣民人民一時も早く改心いたし大神様の御心に添い奉り、、、云々
逆から言えば、御心通りに生活していれば、この世は天国に近い世になっているはずですよね。
452さんの気持ちもわかります。
理不尽なことに憤りを感じるのは同じです。
がしかし、その思いで世が良くなるならば続ければ良いですが改善されはしませんよね。
なので、腹が立ったら怒ったあとは切り替えて、私の場合上記を行うように自分に鞭打つような感じでしております。
積極的な改善を望ならば、昨日の神示の方法が良いのではないかと思います。

皆様弥栄
456名無しさん@おーぷん :2017/11/23(木)18:42:25 ID:AHy
諾参らせよ
こうさんさせよ
事代主やね
457名無しさん@おーぷん :2017/11/23(木)20:15:10 ID:MDY
>>455
ありがとうございます。 自分の内にあるものが出てきているのか、なにかを学ばせるためにある悪なのか。少しずつ理解できればいいなと思います。アドバイスありがとうございます。

ときに、幽界は人間の想念が造り出した世界だということでしょうか?
458名無しさん@おーぷん :2017/11/23(木)20:15:56 ID:MDY
>>455
ありがとうございます。 自分の内にあるものが出てきているのか、なにかを学ばせるためにある悪なのか。少しずつ理解できればいいなと思います。アドバイスありがとうございます。

ときに、幽界は人間の想念が造り出した世界だということでしょうか?
459忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/24(金)10:24:46 ID:Ni8
>>458
こちらこそ少しでも御役に立てれば良いのですが。

458さんのレスされた内容はフデの本質にも関連があるので、長くなると思いますが読んでいただければ幸いです。

外国から日本がされていることは、私は因縁により成されている事だと思います。
神示にも、霊界物語にもありますが、国祖を引退させ、肉体にも傷をつけ、又出てこないように呪詛まで施した。
それがメグリとなり、今の日本の現状となっているのだと思います
行為したものが正さなければならない。
そこで、天国の型、つまり、この神様を祀った祭壇の作り方、祈り方を実行して小さい行為ながらもそれが型となり、上手くいけば国の神様の元の位置に戻ることができるようになる為の型でしょう。
成功しなければノアの方舟のように。

神示に
この世乱し神々だとか、おわびせよと申せば、そんな悪いことした覚えないと申すがなどの言葉があります。
ご引退から世が乱れ、つまりは真理からかけ離れた思想、行為になったわけですから、それぞれ自分を正していかなければなりません
人は大きい意味でワンネスですから、どれもにたりよったりの性根でしょう。
誰を責めるよりも、まず自分だと思います。
違いは個性や使命の違い位でしょう。
いくら体裁の良い事を言っても
神示に人民嘘が上手になったとあり、想念と口が伴っていないのでしょう。

幽界は苦しむと曲がるとあり、つまり、苦しんだ時の想念が曲がりである幽界を生みだしたことのようです。
ですから、苦しむような事があった場合でも感謝ですね。
私もこれをしていますが、酷いことをされても感謝を唱えてるわけで、なんでやねん!と自分でツッコミを入れる時もあります。笑
しかし、悪想念で嫌な事が具現化する事を思ったら出来ますでしょ?
しかし、起こる事の全ては成長弥栄の為でしょうね。
個人も世界も。
なので学びでもあるということではないでしょうか?

皆様弥栄
460忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/24(金)10:29:06 ID:Ni8
これもお伝えしとくべきだと思うのですが、世の中を見て、自分はここまでの事を考えたことが無いと思うと思います。
神示には、想念がそのまま同じ形で具現化する事はないようで、地の法則に従い、違った形で具現化するようです。
461忍法帖【Lv=4,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/24(金)10:52:57 ID:Ni8
信仰の始めは感情に支配されがちぢゃ。
理智を強く働かせねばならんぞ。
人間は絶えずけがれてくる。
けがれは清めることによって、あらたまる。
厄祓いせよ。
福祓いせよ。
想念は永遠に働くから、悪想念は清算しなければならんぞ。
中の霊は天国へ行っても、外の霊はこの世に残るぞ。
残ることあるぞ。
残ってこの世の事物にうつって同じこと、所業をくりかえすことあるぞ。
早く洗濯せよと申してあろうがな。

人間も生まれ変わっても死に変わっても、中々に悪いくせはなおらんもんぢゃぞ。
それを少しずつ直してかからねばならん。
努力次第で暫時直るのぢゃ。

心の洗濯早ういたしてオオヒツキ大神様に、殊に育ての、生みの親さまクニトコタチの大神様のご実体を理解せねば、自分でいくら頑張ってもやりそこないぢゃ。
われがわれがと思うているなれど、皆このほうがかげからさしているのに気づかんのか。
おわびせよと申せば、そんな悪いことした覚えないと申すが、何処までくもったのぢゃ。

神にささげるには、自分に与えられたものの中から ささげねばならんぞ。
むさぶり取ったり横取りしたり、自分のものでないもの、もうけたカスを神にささげて威張っているが、それはささげ物にならん。
神は受け給わんぞ。
泥棒のお残りちょうだいは真平ぢゃ。
自分のもの先ずささげるから弥栄えるのぞ。
おかげ万倍間違いなし。
462名無しさん@おーぷん :2017/11/24(金)19:25:18 ID:qhL
>>460レスありがとうございます。
日月神示でもこの部分が現実との感情のすりあわせが多くの人で難しい部分だと思います。
この部分を言向けやわす事が出来ればかなり進むとのにと自分も思います。自分に起きることならば、悪いことでも神示を知った今であれば受け止めてから感謝出るような気がします。
あと、幽界の仕組みもそうですが、想念がそのまま実現するものではなさそうというのは同感です。それとは独立して神の法則がありそうです。
カルマもそうですが。弥栄するために揺らぎが加わるようになってるような気がします。
463忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/25(土)18:57:22 ID:NxP
>>462
まことに、その通りだと思います。
近頃レスされる方々の神示の理解度が非常に増していて、とても嬉しいです。
フデを理解してレスされている事がわかると喜びと感謝の心が沸きますね。
これからも精進なされてください。
皆様弥栄。
一人でも多くの方々が
愛を感じる幸せな日々になりますように。
464忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/25(土)19:18:35 ID:NxP
※幸福への道=理
どうしたらよいのぢゃ、神の云うこときくから助けてくれと申すもの沢山でてくるが、
何も六ヶ敷いことは申さん。
現在を足場として一歩づつ進めばよいのぢゃ。
それでは食って行けんともうすものあるが、
神はあり余るほど与えてあるではないか。
何故手出さんのぢゃ。
与えたもののみが自分のものぞ。
今の人民、余っても足らんと考えて、むさぶりているぞ。
幸福与えてあるに何故手出さんのぢゃ。
曲げてとるのぢゃ。
心の目開けよ。
ゴモク投げだせよ。
我の強い守護神殿、もう我の世は済んだぞ。
我出すほど苦しくなるのぢゃ。

見える幸福には限りがあり、
見えぬ幸福は永遠であるぞ。
理(ミチ)にいそしめ。
理にとけ入れよ。
モノは無くなるぞ。
霊は永遠に弥栄えるぞ。

毎日毎日掃除してもホコリはたまる。
絶えず心の掃除よいか。
洗濯よいか。
目に見えず、上、下、左、右、前、後から何となくせまってくるものをサニワせよ。
サニワして受け入れねばならん。
自分の魂をはぐくみ、成長さしてくれる大切なものは目に見えんところから流れてくるぞ。
和せよ。
調和せよ。
調和とは、上から、より清い所から流れて来るものに従うことぞ。
いよいよが一四一四となるぞ。
雨の神、
風の神、
地震の神、
岩の神、
荒の神、
大地震の神。

理(ミチ)にいそしめ。
理ゆくところ喜びあるぞ。
喜びあるから病気も治るのぢゃ。
金も出てくるのぢゃ。
おかげあるのぢゃ。
喜び神ぢゃ。

タテとヨコ
タテには神と神界と和し、
ヨコには人と環境と大和して行くところにこそ、生きの生命のウレシウレシあるのであるぞ。
465名無しさん@おーぷん :2017/11/25(土)19:39:24 ID:35d
いつもありがとうございます。
最近の科学の発見でまだ仮説らしいですが、雷により反物質である陽電子
が普通に生まれているという話が、陰陽が火水成るのを象徴していて面白いなと
466忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/26(日)18:46:58 ID:Vb4
>>465
最近少しずつ学と真理との重なりが見られますね
時間のことなどもそうですが
雷の話は初耳でネットで調べてみました
証明されたような気がして楽しいですね
皆様弥栄
467忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/26(日)19:09:22 ID:Vb4
※理=神
一足飛びには行かん。
一歩一歩と申してあろう。
一度に神様を知りたいと申してもそうは行かん。
1年生からぢゃ。
出直し出直し。
子供に大学のことは判らん。
十貫の荷物はかつげん道理。
進むには、それ相当の苦労と努力いるぞ。
あぐらかいて、ふところ手していては出来ん。
時もいるぞ。
金もいるぞ。
汗もいるぞ。
血もいるぞ。
涙もいるぞ。
よいもの程値が高い。

今を元とし自分をもととして
善ぢゃ悪ぢゃと申してはならん。

よき人民苦しみ、悪い人民楽している。
神も仏もないのぢゃと申しているが、それは人民の近目ぞ。
一方的の見方ぞ。
長い目で見よと申してあろうが。
永遠のことわり わきまえよと申してあろうが。
支払い窓は金くれるところ、
預け口は金とるところ。
同じ銀行でも部分的には、逆さのことしているでないか。
全体と永遠を見ねば ものごとは判らんぞ。
よく心得よ。

与えられたもの、そのもの喜ぶようにすれば楽にゆけるよう、
暮らしむきもたのしたのしで暮らせるようになっているぞ。
あり余る程与えてあるでないか。
生かして使えよ
生活に何故アクセクするのぢゃ。
与えてあるもの殺すから自分も死の苦しみするのぢゃ。
有限でなければモノは顕れないぞ
モノに顕わすと有限となるのぢゃ
総てに感謝せよと申してあろうが。
総てのものに、それ相当の意義あるぞ。
全体的には喜びせねばならん。
愛をもって接しなければならん。
信をおかねばならん。
ぢゃと申して局部局部に於いては
それぞれ、その時に応じて処理せねばならん。
只その場合は、ゆとりをもって処理せよ。
網長くしておかねばならん。
468忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/27(月)21:31:09 ID:UIY
すべて世の中の出来事はそれ相当に意義あるのであるぞ。
意義ないものは存在ゆるされん。
それを人間心で、邪と見、悪と感ずるから、狭い低い立場でいるから、いつまでたってもドウドウめぐり。
それを毒とするか薬とするかは
各々の立場により、考え方や、処理方法や、いろいろの選び方によってしるのであるから、心せねばならんぞ。
「今」に一生懸命になりて下されよ。

ほんとうにモノを見、きき、味わい、消化して行かなならんぞ
地の上にあるもの、
人間のすること、
その総ては霊界で同じことになっていると申してあろうが。
先づ、霊の世界の動き大切。
霊の食物、
霊の生活、
求める人民少ないのう。
これでは片輪車、
いつまでたってもドンテンドンテンじゃぞ。
そのものを見、そのものに接して下肚がグッとちからこもってくるものはよいもの、ほんものであるぞ。
キは総てのものに流れ込むもの。
信仰は理智的にも求められる、
完き情である。
真理を理解するのが早道。
確信となるぞ。
※片輪車の意味がわかる神示です

見えるものから来る幸福にら限りがあるが、
見えんものから来る幸福は無限ぞ
つきんよろこびは常に神から。
469忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/28(火)19:47:26 ID:gqc
人間は神と共に自分自身で生長して行かなならん。
人間から見れば全知全能の神、あるのであるぞ。
このことよく判りて下されよ。
マコトの理解と迷信との別れる大切ことぞ。

何神様とハッキリ目標つけて拝めよ。
只ぼんやり神様と云っただけではならん。
大神は一柱であるが、
あらわれの神は無限であるぞ。
根本の太ヒツキ大神さまと念じ、
その時その所に応じて、
特に何々の神様とお願い申せよ。

神も人間も同じであると申してあろう。
同じであるが違うと申してあろう。
それは大神の中に神を生み、
神の中に人民生んだためぞ。
自分の中に、自分新しく生むときは、自分と同じカタのものを生む
大神弥栄なれば、神も弥栄、
神弥栄なれば人民弥栄ぞ。
困るとか、苦しいとか、貧しいとか、悲しいとか云う事ないのであるぞ。
理(ミチ)ふめと申すのは、
生みの親と同じ生き方、
同じ心になれよと申すことぞ。
人民いくら頑張っても神の外にはでられんぞ。
神いくら頑張っても大神の外にはでられんぞ。
※抱き参らすのヒントになると思います。

過去も未来も中今。
神も人間と同じで、弥栄して行くぞ。
悪いくせ直さねばいつ何時までたっても自分に迫ってくるもの変わらんぞ。
おかげないと不足申しているが、
悪いくせ、悪い内分を変えねば百年祈りつづけてもおかげないぞよ

理屈なしに子は親を信ずるぞ。
その心で神に対せよ。
神が親となるのぢゃ。

目の光と声とは、実在界にも実力もっているのであるぞ。
力は体験通して出るのであるぞ
470名無しさん@おーぷん :2017/11/28(火)19:51:08 ID:0Ik
神って貉の皮貼りの事だよなw
471忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/29(水)19:05:11 ID:omC
※ウム

無限のものと、有限のものと、
ムとウとをまぜまぜにして考えるから、人間の頭は兎角ウになりがちぢゃぞ。
慾浄化せよ。

ウとムは相たがいに相反するのであるが、これが1つになって動く
ウム組み組みてと、申してあろうがな。
今の人民の智では中々解けん。
ウの中心はム、
ムの廻りはウであるぞ。
中心は無限、
周辺は有限であること知れよ。

・がよろこびであるぞ。
また・の・はムでもあるぞ。
内から外に向かって行くのが◎のやり方、
外から内に向かって行くのが、
がいこくのやり方。
〇から・に行くのは、マコトが逆であるから、マコトのことは判らん。
外から行く宗教や哲学や科学が元を判らなくしているのぢゃ。
元わからんで生きのいのちの判る筈ないぞ。
今の世は逆様ぢゃ。
先祖から正せよ。
原因から正して行かなならんぞ。
◎から出て・にかえり、
無限より出て有限に形し、
有限から無限にかえり、
又有限に動くのがマコトのやり方であるぞ。
マコトの理解者には甘露の水ぞ。

※明日もウムがよく判る神示が続きます。
皆様弥栄。
472名無しさん@おーぷん :2017/11/29(水)19:15:24 ID:Cx6
日本じゃないと世界の事は判らんって意味やな
473名無しさん@おーぷん :2017/11/29(水)21:30:16 ID:eh5
この世界の最初はひとつしかなかった今もひとつだが細胞分裂のように
二つに別れ更に倍にわかれ、等比級数的爆発的に情報生命が成長していった。人の赤ちゃんからの成長のように。
人は言の葉を使いこの世界の領域をひろげていく、縦糸横糸織り合わせて
いくように。
意識の今を基準に常に世界は情報をもとに再構築され、未来過去もその瞬間に作り出されていく。
474名無しさん@おーぷん :2017/11/29(水)21:46:56 ID:eh5
>>471
人が意識を向けるとその瞬間に枠ができその人の回りに世界が構築再生される。今の人が科学的に認識できる倍率の上限下限は同じ位それが○
・は自分の意識であり神のごとき力を持つ。ただし人は神の理に左右されその造り出した世界をコントロールできるわけではない。
475名無しさん@おーぷん :2017/11/29(水)21:48:52 ID:eh5
科学や発見は人の意思、意図が作り上げている。創造している。
476名無し :2017/11/29(水)23:02:03 ID:0bp
人間風情が出来る事は、精々「頭のキャンパスに霊的に描いた想像からの、既に存在する物質を用いた物質的な創造」でしかありません。
言葉(言霊 御言)で命(尊)を生み出す創造神の創造の息吹きはどう足掻いても真似出来ず。

ひと ふた み よ いづ むゆ なな や
ここの たり もも ち よろづ
一霊四魂 厳瑞八力 三元 世 出 燃 地成 弥 凝 足 諸 血 世出
477名無しさん@おーぷん :2017/11/29(水)23:28:39 ID:eh5
>>476
人を含めたこの世界そのものが神だと思う。この世界が進化することにより霊界も進化する。現幽弥栄しながら今に至ると思う。
もちろん神とはそれらを司る理であるとおもうが。
人は神のからだの一細胞としての役割を担っているとも思う
478名無しさん@おーぷん :2017/11/29(水)23:40:27 ID:eh5
物質界も幽界も同じプログラム言語で作られている。
現界で言の葉と意図の交わりで生成された想像を受け止め処理する幽界はバッファ空間のようなもの。今後仮想現実が生活に入り込んでくることは
人の想像がすぐに現界に写ると言うことを表している。さらに人の寿命が延びることにより人は死にづらくなる。この事により幽界の領域を減らし
現界の変化に合わせ幽界のシステムも変わる。
479名無しさん@おーぷん :2017/11/29(水)23:45:34 ID:eh5
>>476
そう思います。人の想像力の外にあるものは神の領域。
480名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)00:05:28 ID:JJY
>>478
単に数列の上に意味を縄文人が日本語構築過程で貼り付けたって流れの可能性はどのくらいやろ?
481名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)00:21:05 ID:kfw
>>480
漢字も絡んでくるからそこまで未来の事意図してのせてるならすごい超能力者だったんだな
482名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)00:27:26 ID:JJY
>>481
漢字は日本発祥らしいから合致するよ
483名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)00:30:47 ID:kfw
>>482
え、中国じゃないの。
484名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)00:37:44 ID:JJY
>>483
中国にある作者の蒼頡の伝説が数式に貼り付けられた文字列として解読されたので
485名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)06:35:21 ID:kfw
>>484
ソウケツて知らなかったから調べてみたけどそこから何で漢字が日本の
ものと断定できるのかわからない。どういう仮説なの?
486名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)06:39:25 ID:kfw
まあでもこれこそが神示を人の理屈で解読しようとしても無駄なこと。間違いに
つながることだろうね。
487名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)12:37:37 ID:JJY
>>486
まあ、実は蒼頡の伝説に限らず全ての神話群の原型ポイんだけども
▽の図形に幾何学的に答えが眠ってた

┬ ← 2


1.7320508

それぞれの長さが2とルート3だけど先ずこのルート3が2なり月なりキリストなりを殺すなりした理由で
ヒトナミニオコレヤ!とかなにやらとヒフミ的に読めるこれはハイヌウェレ型神話を顕わしてもして
蒼頡の神話の天から粟が降ったの部分に相当するキリストならパンは私の肉でワインハは私の血ですって話
そうしてからじゃあ実際に

2-1.7320508=0.2679492
と引いてみると?
488名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)12:42:28 ID:JJY
まーこの引くってのもノコギリで世界を分けたとか鎌でチンポを切ったって話にも通じるんだろうけど

鬼も泣くよ9(酉の刻)に

とヒフミ的に読めて蒼頡の話の鬼も夜に泣いたに比推できる
まあ、これで2辺の長さが統一された||
この同じ長さの二本の辺は箸や夫婦に相当して箸墓伝説や狐の嫁入り等の冥婚を指す
489名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)12:48:59 ID:JJY
まーここまでで蒼頡の粟が降って鬼は夜に泣いたのノルマはクリアーなんだけども
この殺された||はイザナミ扱いでもあってイザナギの冥界下りの話にも繋がる訳だ
冥界で出会ってイザナミが大神に聞いて来るのでまってて下さいって言われて待ちきれずに
扉を開いてしまうんだけど一体なにを見てしまたのか?

||が結婚する交わる合わさるって事で

1.7320508+1.7320508=3.4641016

三尸虫1(丑の刻)参る

でみたなぁ~!

となると
490名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)12:56:35 ID:JJY
まあこんな感じで幾何学の計算結果という不老不死の文字列を元に日本語と世界中の神話が構築されてたって事実が明らかになった

ついでにルート2も読んでみると有名な読み方として

1.41421356

ひとよひとよにひとみごろ

とヤッパリ読めちゃうけどここで123神示の8通りに読めるってのを8トリに読める
8桁目を最後として読めると受け取ると

等しいイヨにヒミコ

と読めてしまう

まあこんな感じで解読がめちゃめちゃ前進してかつ漢字は日本由来と神話が証明されたそれに留まらない事体のが明らかになった訳だけどwww
491名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)12:59:30 ID:JJY
そしてこれらは多分一般に知られた上で皆黙ってるだけの可能性が高いw

正にかごめかごめのかごのなかのとりの不邪見が世に出るのを待たれてた流れを感じるwwwww
492名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)17:54:49 ID:JJY
一般(幽霊含む(棒))
493忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/30(木)19:40:25 ID:nMS
※昨日から続けて読むとウム、有限、無限、内、外、上下が理解出来ると思います
少しややこしい話もありますので、よく読んでください。

ウムと申すことは、自分をよりよく生長さすこと。
一つ生めば自分は一段と上に登る。
この道理わかるであろうがな。
産むことによって、自分が平面から立体になるのであるぞ。

生めば生む程、自分新しくなり成り、大きくなる、
人間は大神のウズの御子であるから親のもつ、新しき古きものが
そのままカタとして現れいて、弥栄えている道理じゃ。
人間の総てに迫り来るもの、総てを喜びとせよ。
努力せよ。
モノ喜ばせばモノは自分の喜びとなり、自分となる。
心の世界は無限に拡がり、生長するのであるぞ。
神にとけ入って宇宙大に拡がるのであるぞ。
神と共に大きくなればなるほど、喜び大きくなるのである。
一神説いて多神説かんのもかたわ、多神説いて一神説かんのもかたわ、一神則多神則汎神である事実を説いてきかせよ。

人民は神のいれものと申してあろう。
神の・と人間の・と通じて居ればこそ呼吸するのぢゃ。
・と・と通じて居ればそれでよいのぢゃ。
神の・と人民の・と通じて居るならば、神の〇と人民の〇と同じようにしておかねばならんと申すのは、人間の誤りやすい、いつも間違い起こすもとであるぞ。
神の〇と人間の〇と同じようにしておくと思うて、三千年の誤りしでかしたのぢゃ。
・と・と結んでおけば後は自由じゃ。
人民には人民の自由あるぞ。
神のやり方と自ら違うところあってよいのぢゃ。
天の理と人の理とは同じであって違うのざと知らしてあろう。
心得よ。

毎日一生懸命に掃除していても、何処かにホコリ残るもんじゃ。
まして掃除せん心にホコリつもっていること位、誰にでも判っているであろうが。
神示で掃除せよ。
大病にかかると借金してでも名医にかかるのに、霊的大病は知らん顔でよいのか。
信仰を得て霊的に病気を治すのは、一瞬には治らんぞ。
奇跡的に治るとみるのは間違い。
迷信ぞ。
時間もいり手数もいる。
物も金もいる。
大き努力いるのであるぞ。
取り違い多いのう。
494忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/11/30(木)19:45:31 ID:nMS
人により神示の見る角度が違い、皆様のレスを見ると楽しいですね。
皆様弥栄で喜びに溢れる幸せな1日を過ごせますように。

小耳にはさんだのですが、幸せという字は土に手足が埋ってる形だそうです。
495名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)21:19:50 ID:JJY
>>492
なんか幽霊は数字が絡むと理解できないって話もあるかんじやなー?
低級霊と高級霊とか格によって異なる可能性や知らない振りって可能性もあるけどもw
496八真止 :2017/12/01(金)03:48:36 ID:JI8
牛虎金神と羊猿金神、縦と横。
|とーが正しく合わさると+。
魂の◯の真中の一点・で結ぶ。
そうなれば◯・であり◯+と成る。

我々が生きるにあたり、ここに示される事から解る道の真中とは何であったのだろうか。
我れ好しの真逆に位置するものとは何なのだろうか。
497名無しさん@おーぷん :2017/12/01(金)12:46:12 ID:OrO
つ 卍 お薬
498忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/02(土)12:47:03 ID:atU
上にたつ程働かねばならん。
働いても力は減らん。
働くにはキ頂かねばならん。
キから力生れるのであるぞ。
働くと申して動くばかりでないぞ
動かんのも働き、
動くのも働き、よく心得よ。
よせては返し、よせては返し生きているのであるぞ。
始の始と始が違うぞ。
後になるほどよくなるぞ。
終りの中に始めあるぞ。
祈り、考え、働きの三つ揃わねばならん。

※キから力
キが元と申してあろうがな。
人民は総てのもののキいただいて
成長しているのであるぞ。
キ頂けよ。
横には社会のキを、
縦には神の気を、
悪いキを吐き出せよ。
よい気養って行けよ。

※祈り
総ては神から流れ出ているのであるから、神にお願いして実行しなければならんぞ。
この判り切った道理、おろそかにして御座るぞ。
そこに天狗出ているのぞ。

カタは形をもたねばならん。
念は語ることによって現れるのぢゃ。
・が無なればなるほど
〇は有となるのであるぞ。
このことよく判りて下されよ。
肚の中のゴモクすてるもよくわかる。

形ある世界では形の信仰もあるぞ
偶像崇拝ぢゃと一方的に偏してはマコトは判らんぞ。

始めは形あるものを対象として拝むもよいが、行き詰まるのは目に見える世界のみに囚われているからぞ。
タテの繋がりを見ないからであるぞ。
死んでも自分は生きているのであるぞ。
大我に帰したり、理法にとけ入ったりして自分というもの無くなるのでないぞ。
霊界と霊と、現界と現身(うつしみ)のことはくどう説いてあろうが。
神示よめよめ。
大往生の理(ミチ)弥栄に体得出来るのであるぞ。

霊と体と同じであると申しても、
人間の世界では別々であるぞ。
内と外、上と下であるぞ。
取り違いせんようにして下されよ
499忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/02(土)12:52:11 ID:atU
※上下などもそうですが、場合に応じて対象物が違う書き方の時があります。
意味が変わるわけでなく、型の大きさにより、つまり人を対象とした場合、宇宙を対象とした場合など。
キもキ=・=光=喜び=神=神示など。


我よし=悪ですが、我よしでない心とは神の御心、真理。
我よしがどういうものかは、最近貼りました大本さんのものが、判りやすいと思います。
自分、自分の家族、自分の国の安寧だけを考える心。
500忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/03(日)19:20:24 ID:DU8
※不二、抱き参らす

幽界と霊線つなぐと自己愛となり
天国と霊線つなげば真愛と現れるぞ。

他を愛するは真愛ぞ。
己のみ愛するのは自己愛ぞ。
自己愛を排してはならん。
自己愛をひろげて、大きくして真愛と合致させねばならん。
そこに新しき理(ミチ)ひらけるのであるぞ。(喜びも二つあるぞ。三つあるぞ。大歓喜は一つなれど、次の段階では二つとなるのであるぞ)
自己愛を悪魔ととくは悪魔ぞ。
無き悪魔つくり、生み出すでないぞ。(次の段階では二つとなるのであるぞの部分の答え)

公のことに働くことが己のため働くこと。
大の動きなすために小の動きを為し、小の動きなすために個の動きなすのであるぞ。
・に・あり、又・あると申してあるぞ。

外は外にあり、内は内にあり、
外は内を悪と見、
内は外を悪として考えるのであるが、それは善と悪でないぞ。
内と外であるぞ。
外には外の喜び、内には内の喜びあるぞ。(よろこびも二つあるぞの答え)
二つが和して一となるぞ。
一が始めぞ、元ぞ。
和して動き、動いて和せよ。
悪を悪と見るのが悪。

外の喜びはその喜びによって悪をまし、内の喜びはその喜びによって善をますなれど、
マコトの喜びは外内と一つになり、二つになり、三つになった喜びとならねば、弥栄ないぞ。
501忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/03(日)19:25:31 ID:DU8
想念から現界に現れるわけですが、今日心理セラピストのリズ山崎さんという方の動画をYouTubeで見つけまして、神示と似たようなことを言っておりました。
現実に即しているので、実際に使う方法としてわかり易く役立つのではないかと思います。
心の不調で苦しんでいる方にも良いと思います。
皆様弥栄。
502名無しさん@おーぷん :2017/12/03(日)22:15:55 ID:s6v
>>500
仏教では女性は悟りから遠いとか言われていますが、大本や日月神示読むと思うのですが。子供を産んだ母親が思うような自分のからだの延長のような慈しむ気持ちの実感は男はわからないと思います。その我良しを他人に広げ写し込めるなら女性の方が悟りが早いのではと思ったりします。
503忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/04(月)20:54:26 ID:8XR

>>502
神示がわかってくれば今度は心のあり方に頭を悩ませますよね
結果、神示にあるタマの戦と書いてある通りになります
でも、それは大きな前進だと思うのです
そんな内容をレスする人がやっと数人出てきたのですから
次神示を自分で読む時の意識も変わりますし
そうすると、答えにグッと近づく

前にトリ立ちて→十理立ちて
ですが、酉経ちての意味もあるかもしれないとレスしたことがあり、本当にこの調子でいくと、来年、理を生活に生かす人々が出てくるのではないかと期待しているところです
皆様の意識が弥栄で嬉しいです
皆様弥栄

海老蔵さんも自然と理を実行されてて、理を実行している方々は自然と栄えますね
太陽が出たら
おはようございます
今日もありがとうございます
と言っておりました
素晴らしいなと思いました
504忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/04(月)21:14:39 ID:8XR
何事もよろこびからぞ。
結果から又喜び生まれるぞ。
この道理わかれば何事もありやか。

みろくの世となれば世界の国々がそれぞれ独立の、独自のものとなるのであるぞ。
ぢゃが皆それぞれの国は一つのへそで、大き一つのへそにつながっているのであるぞ。
地上天国は一国であり、一家であるが、それぞれの、又自ずから異なる小天国が出来、民族の独立性もあるぞ。
一色にぬりつぶすような一家となると思うているが、人間のあさはかな考え方ぞ。
考え違いぞ。
この根本を直さねばならん
霊界(※想念)の通りになるのぢゃ
※の部分は補足させていただきました。

霊界での現れは同じであっても、
現実界に現れる時は違うことあるぞ。
それはモノが異なるからぞ。

人民は神のヘソとつながっているのであるぞ。
ヘソの緒さへつながって居ればよく、神人であるぞ。
・と・とつながって更に大き・につながっているからこそ動きあり、それぞれのハタラキあり、使命を果たし得るのであるぞ。
同じであって全部が合一しては力出ないのであるぞ。
早う心いれかえと申してあるが、
心とは外の心であるぞ。
心の中の中の中の心の中には・が植え付けてあるなれど、
外がまっくらぢゃ。
今までのやり方ではいけんこと判りておろうがな。
いらんものは早うすててしまえよ。

直々の大神様は二(月)の大神様なり。
505名無しさん@おーぷん :2017/12/04(月)21:30:32 ID:OIq
>>503
レスありがとうございます。来年は戌年ですがこれは神示的には何をあらわすのでしょう?
あと興味深い雑学ですが、ニコラテスラは369の数字の神秘性を最後まで研究していたそうです。

あとミロクの世は影の無い直日の世だと書いていますが。夕日、朝日に照らされるこの世界傾いた日に照らされる世界の美しさを思うと神はかたむいた日の世界も計画通りであり、世界を激しく動かすためだったのかとも
思います
506忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/05(火)20:27:49 ID:nO0
>>505
こちらこそ、ありがとうございます。
戌の年は、
「マコトのことは酉の年」
『夜明けの巻』第12帖「申、酉すぎて戌の年、亥の年、子の年めでたけれ」
このような神示があります。

それで酉経ちてではないかと思ったわけなのです。
只の一個人の見解ですが、、。
ムから創り出したものが、現界に現れるまで時がいりますので、神示を理解した、わからなくとも書かれてある通りに神示を声に出して読んでいた等から、数年にかけて現実界に良き変化となって現れ出すのかと個人的には想像しています。
但し、人の心は神様の心と逆様で現実界が出来上がっているわけですから、わかり易く言えば、神が正義のヒーローなら人は悪の怪獣の方なので、人側からすれば良くない世の中になってきたと感じるかも知れませんが、、。
大難が小難にと祈り続けております。
皆様弥栄
507忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/05(火)20:46:43 ID:nO0
ウはムであるぞ。
ウとは現実界ぞ。
ムとは霊界であるぞ。
ウもムも同じであるぞ。
ムからウ生まれて来ると申してあること、よく心得よ。

※ミタマ(身魂)
中は無、外は有であるぞ。
中になる程、無の無となるのぢゃ
同じことくり返すと、人民もうすであろうが、得心して居らんから、かんじんのことぢゃから、クドウ申しているのぢゃ。
人民それぞれのミタマによって役目違うのであるぞ。
手は手、足は足と申してあろう。
何も彼もまぜこぜにやるから結びつかんのぢゃ。

神の仕組狂いないなれど、人民に判らねば、それだけこの世の歩みおくれるのぢゃ。
この世は人民と手引かねばならんから、苦しみが長くなるから、千人、万人なら一人づつ手引いてやりてもやりやすいなれど、世界の人民、動物虫けらまで助ける仕組であるから、人民早う改心せねば、気の毒いよいよとなるぞ。

何程世界の為ぢゃ、人類の為ぢゃと申しても、その心が、我が強いから、一方しか見えんから、世界のためにならん。
人類の為にならんぞ。
洗濯ぢゃ洗濯ぢゃ。
自分が生んだもの、自分から湧き出るものは、いくら他に与えてもなくならんぞ。
与えよ与えよ、与えてなくなるものは自分のものでないと申してあろう。
無くなると思うのは形のみ見ているからぢゃ。
カラのみ見るからぢゃぞ。
本質は無限に拡がるぞ。
与える程よりよく、神から与えられるぞ。
井戸の水のようなもんぢゃ。
汲めば汲むほどよくなる仕組。
508名無しさん@おーぷん :2017/12/05(火)21:16:25 ID:1CF
>>506
酉の年の解説ありがとうございます。 何が起こるにせよ楽しみです。
悪念で言ってるのではないですよ。
逆さまの鏡写しとは
スサノウノミコトが神界では悪事を為した悪役だが地上に降りては人を助けヤマタノオロチを成敗するヒーローになったようにですか?
509名無しさん@おーぷん :2017/12/05(火)22:07:14 ID:ef3
†→┬ ▽ ポールシフト グレン 元に戻る
510忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/06(水)17:30:31 ID:DKa
>>508
今の世では行き詰まる事が書かれてあり、そのワケは御心と逆様の事を考え、行っているので、決して今の世はミロクの世でなく、正反対の形で出来上がっているわけで、それをミロクの世にするとなると、変化が生じます。
その変化の途中は、混乱が生じるのは必然なので人間の方からすると、途中経過は良くない事が起こっているように見えるかも知れないという意味です。
御心と人の心が合致していれば、当然既に元から御心通りのミロクの世のはずであり、神示など必要無いことに。
神示では人間心という表現で御心とは逆様である記述があります。

何事もよろこびからぞ。
結果から又喜び生まれるぞ。
この道理わかれば何事もありやか。

こういう心でいますと、喜び事が現界に現れますが、反対に怒りの心でおりますと、怒る出来事が又起こるという事に。
それが、ムからウ生まれるという神示の意味にもなります。

>>509
そうですね(^-^)
511忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/06(水)17:43:39 ID:DKa
公のことに働くことが己のため働くこと。

人ほめよ。
人ほめることは己ほめることぞ。

※上記ですが、こういう神示もあります。
人呪うことは自分を呪うこと。
これらから、たまにワンネスという表現を使っております。

心理カウンセリングの方が言っておられましたが、人に対して嫌だなという心が反応するのは、自分にも大小の違いはあれど、その要素があるということだそうです。
自分に無ければ反応しないらしいです。

神示ですと、内にあるもの外にある。

今日はちょっと脱線しました。
皆様弥栄。
512名無しさん@おーぷん :2017/12/06(水)22:40:33 ID:96D
>>511
では世の中の嫌事や犯罪をなくすにはどうすればいいのでしょう。
嫌なこと嫌な民族を認めて許し神の御業として受け流すこと喜べばいいのでしょうか。嫌な存在民族を消し去りたいと自分は思っています。どうすればいいのでしょう
513名無しさん@おーぷん :2017/12/06(水)22:50:15 ID:96D
つまり神の理を利用した世界の改編方法とはどのような可能性があるのでしょうか?実際自分の考えている方向へすこしずつ日本は変化しています。
514名無しさん@おーぷん :2017/12/06(水)23:36:31 ID:2JU
積善派が正しかったって事の判明
あと転生の判明
あとなんやろ?
時への干渉?

だいたい仙人の話が本当臭かった的な流れの現出???
515忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/07(木)09:57:30 ID:aM1
>>512
またまた確信をついた質問で重要なことですね。
神示を利用すると膨大な量になりますし、神示の御言葉は1つで沢山の教えを伝えているので、仮の言葉を使い説明しようと思いますが、それであると1つの側面しか伝えきれない。
出来るだけ短く的を得て答えたいので、私の神示の読解力と経験、知識で伝えきれるのか、そこが問題ですが、順にお伝えします。

一言で言い表すと
社会は大きな自分。
自分の内面の投影である。
ですので改心、心を改める。
自分の思い考えを、ちょっと変えてみよう。

例を挙げてくれましたが、民族問題、その心は?
どちらも方法は違えど、排除したいと今の思考の私達は考えてます
これって同じですよね?
戦国時代がいい例で、結局された側がされての繰り返し。
ということは?
この思考は自滅思考だと気づきます。
では?考え方を改めれば良いなと。
でしたら?
自分も良く、相手も喜ぶ内容ならばどうでしょう?
一つの想念がドミノ倒しのように全体を倒してしまう。
一つ歯車が狂うと全体が回転しなくなります。
体に例えると、心臓が大腸に、お前いらない。
そうなれば心臓も死ぬ思いをします。
516忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/07(木)10:07:54 ID:aM1
次に民族問題に絞って。
現実のお話ですが、
一つの民族だけで、ここまでの事になってはいないということ。
元締めの別民族がいます。
あらゆる国で、同じ方法を使い、そろそろバレ初め、憎悪の対象に少しずつなってきております。
どこか戦争になると儲けます。
過去の歴史を塗り替える事もしております。
その必要が多大にあるから、歴史的建造物も壊します。
517忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/07(木)10:28:08 ID:aM1
次にモルモン教での経典で、歴史のお話に移ります。
日本と近いことが起こりました。
良い教訓になると思います。

イスラエルのユダヤ人であるアとイとしておきます。

アメリカ大陸に渡りました。
神の啓示によりです。
アは神第一に、イは元の神から離れてしまいました。
神様はアの一族と共におられましたが、次第にアの一族も神などこの世にないと言う人物まで出てきまして、神から遠ざかり始めました。
結果、イの方に侵略され、イは今のアメリカ人に侵略されたというお話です。

日本人のお役目は神主のようなお役目。
無くなったら大変なのですが、
信仰からは離れてしまった人がほとんど。
この意味するところは?
二の舞にならないよう神第一に考えたいですね。
例より、三つの角度からお話させていただきました。

自分の周りにあるものは、全て自分自身を成長させてくださるものです。
心を改めるのは誰も苦慮するところです。
なので一歩一歩と書いてあります
もし、心が天国同様なら、自分に迫ってくるものも天国同様。
みんなで頑張りましょう。
皆様弥栄。
518名無しさん@おーぷん :2017/12/07(木)13:01:31 ID:CCb
>>517
丁寧に解説ありがとうございます。
答えは神示を読んでそうなのかなと思っている通りでした。ただわかっていても心の我執を治めるのはまだまだかかりそうです。間に合うかわかりませんが。
519忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/07(木)19:22:59 ID:aM1

 宇宙は霊の霊と物質とからなってゐるぞ。
人間も又同様であるぞ。
宇宙にあるものは皆人間にあり。人間にあるものは皆宇宙にあるぞ。
人間は小宇宙と申して、神のヒナガタと申してあらう。

人間には物質界を感知するために五官器があるぞ。
霊界を感知するために超五官器あるぞ。
神界は五官と超五官と和して知り得るのであるぞ。
この点 誤るなよ。

霊的自分を正守護神と申し、神的自分を本守護神と申すぞ。
幽界的自分が副守護神ぢゃ。
本守護神は大神の歓喜であるぞ。
 
神と霊は一つであって、幽と現、合せて三ぞ。
この三は三にして一、一にして二、二にして三であるぞ。
故に肉体のみの自分もなければ霊だけの自分もない。

神界から真直ぐに感応する想念を正流と申す。
幽界を経て又幽界より来る想念を外流と申すぞ。
人間の肉体は想念の最外部、最底部をなすものであるから肉体的動きの以前に於て霊的動きが必ずあるのであるぞ。
故に人間の肉体は霊のいれものと申してあるのぞ。
 又 物質界は、霊界の移写であり衣であるから、霊界と現実界、又 霊と体とは殆んど同じもの。
同じ形をしてゐるのであるぞ。
故に物質界と切り離された霊界はなく、霊界と切り離した交渉なき現実界はないのであるぞ。
人間は霊界より動かされるが、又 人間自体よりかもし出した霊波は反射的に霊界に反影するのであるぞ。
人間の心の凸凹によって、一は神界に、一は幽界に反影するのであるぞ。
幽界は人間の心の影が生み出したものと申してあろうがな。
 
総ては大宇宙の中にあり、その大宇宙である大神の中に、大神が生み給ふたのであるぞ。
このことよくわきまへて下されよ。
善のこと悪のこと、善悪のこと、よく判って来るのであるぞ。
故に、人間の生活は霊的生活、言の生活であるぞ。
肉体に食ふことあれば霊にもあり、言を食べているのが霊ぞ。
霊は言ぞ。
この点が最も大切なことじゃから、くどう申しておくぞ。
520忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/07(木)19:36:59 ID:aM1
>>518
皆同じですよ。
私自身も偉そうな事は言えません

そこで、1番問題なく、皆が喜ぶ世になる為に、神示を声に出して読む。
1番問題なく、効果のある正道でマコトのコトバとして力すると思います。
読めば良くなると書いてありますので。
こうして、神様は人の心を綺麗にされ、人を生かしておりますね。
521忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/08(金)18:57:55 ID:LYl
死んでも物質界とつながりなくならん。
生きてゐる時も霊界とは切れんつながりあること、とくと会得せよ。
そなた達は神をまつるにも、祖先まつるにも物質のめあてつくるであろうがな。
それはまだまだ未熟な事ぞ。
 
死後に於ても、現実界に自分がある。
それは丁度、生きてゐる時も半分は霊界で生活してゐるのと同じであるぞ。
自分の衣は自分の外側であるぞ。自分を霊とすると、衣は体、衣着た自分を霊とすれば家は体、家にゐる自分を霊とすれば土地は体であるぞ。
更に祖先は過去の自分であり、子孫は新しき自分、未来の自分であるぞ。兄弟姉妹は最も近き横の自分であるぞ。
人類は横の自分、動、植、鉱物は更にその外の自分であるぞ。
切りはなすこと出来ん。

 自分のみの自分はないぞ。
縦には神とのつながり切れんぞ。限りなき霊とのつながり切れんぞ。
故に、神は自分であるぞ。
一切は自分であるぞ。
一切がよろこびであるぞ。
 
霊界に於ける自分は、殊に先祖との交流、交渉深いぞ。
よって、自分の肉体は自分のみのものでないぞ。
先祖霊と交渉深いぞ。
神はもとより一切の交渉あるのであるぞ。
その祖先霊は神界に属するものと幽界に属するものとあるぞ。
中間に属するものもあるぞ。
神界に属するものは、正流を通じ、幽界に属するものは外流を通じて自分に反応してくるぞ。
正流に属する祖先は正守護神の一柱であり、外流に加はるものは、副守護神の一柱と現はれてくるのであるぞ。
外流の中には、動植物霊も交ってくることあるぞ。
それは己の心の中にその霊と通ずるものあるためぞ。
 一切が自分であるためぞ。
常に一切を浄化せなならんぞ。
霊は常に体を求め、体は霊を求めて御座るからぞ。
霊体一致が喜びの根本であるぞ。一つの肉体に無数の霊が感応し得るのざ。
それは霊なるが故にであるぞ。
霊には霊の霊が感応する。又 高度の霊は無限に分霊するのであるぞ。
522忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/09(土)21:35:12 ID:XYS
二重三重人格と申すのは、二重三重のつきものの転換によるものであり、
群集心理は一時的の憑依霊であると申してあろうがな。

霊が元と申してくどう知らしてあろうが。
人間は現界、霊界共に住んで居り、その調和をはからねばならん。
自分は自分一人でなく、タテにもヨコにも無限につながってゐるのであるから、その調和をはからねばならん。
それが人間の使命の最も大切なことであるぞ。
 調和乱すが悪ぞ。
人間のみならず、総て偏してならん。
霊に偏してもならん。
霊も五、体も五と申してあらう。ぢゃが主は霊であり体は従ぞ。
神は主であり、人間は従であるぞ。
五と五と同じであると申してあろう。差別則平等と申してあらう。取り違い禁物ぞ。
 
神は愛と現はれ、真と現はれるのであるが、その根はよろこびであるぞ。
神の子は皆よろこびぢゃ。
よろこびは弥栄ぞ。
ぢゃがよろこびにも正流と外流とあるぞ。間違へてならんぞ。
正流の歓喜は愛の善となって現はれて、又 真の信と現はれるぞ。
外流のよろこびは愛の悪となって現れるぞ。
何れも大神の現れであること忘れるなよ。
 悪抱き参らせて進むところにマコトの弥栄あるのであるぞ。
神は弥栄ぞ。
これでよいと申すことないのであるぞ。
大完成から超大大完成に向って常に弥栄してゐるのであるぞよ。
宇宙は総てに於ても、個々に於ても総てよろこびからよろこびに向って呼吸してゐるのぞ。
よろこびによって創られてよろこんでゐるのであるぞ。故によろこびなくして生きないぞ。
合一はないぞ。
 愛は愛のみではよろこびでないぞと申してあろう。
真は真のみでは喜びでないと申してあろうが。
愛と真と合一し、 ・ するところに、陰と陽と合一、弥栄したところによろこびあるのぢゃぞ。
523忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/10(日)19:41:04 ID:Q36
病、ひらくことも、運、ひらくことも、皆 己からぢゃと申してあろう。
誰でも、何でもよくなるのが神の道、神の御心ぢゃ。親心ぢゃ。
悪くなると云ふことないのぢゃ。迷ひが迷ひ生むぞ。
もともと病も不運もない弥栄のみ、喜びのみぢゃ。
神がよろこびぢゃから、その生んだもの皆よろこびであるぞ。
この道理よくわきまえよ。
毎日々々、太陽と共に、太陽について起き上がれよ。
その日の仕事、与へられるぞ。仕事いのちと仕へまつれよ。
朝寝するからチグハグとなるのぢゃ。不運となるのぢゃ、
仕事なくなるのぢゃ。
神について行くことが祈りであるぞ。よろこびであるぞ。
食物、食べ過ぎるから病になるのぢゃ。不運となるのぢゃ。
口から出るもの、入るもの気つけよ。いくさ起るのぢゃ。
人間の病や、いくさばかりでない、国は国の、世界は世界の、山も川も海も、みな病となり、不運となってくるぞ。
食べないで死ぬことないぞ。
食べるから死ぬのぢゃぞ。
 一椀をとって先づ神に供へよ。親にささげよ。子にささげよ。
腹八分の二分はささげよ。
食物こそは神から、親から与へられたものであるぞ。
神にささげずにむさぶるからメグリつむのぢゃ。
メグリが不運となり、病となるのぢゃぞ。運ひらくのも食物つつしめばよい。言つつしめばよい。
腹十分食べてはこぼれる。
運はつまってひらけん。
この判りきったこと、何故に判らんのぢゃ。  
ささげるからこそ頂けるのぢゃ。頂けたらささげると今の人民申してゐるが、それがウラハラと申すもの。
524忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/10(日)19:42:59 ID:Q36
衣類も家も土地も、みな神から頂いたのでないぞ。
あづけられてゐるのであるぞ。
人民に与へられてゐるものは食物だけぢゃ。
日のめぐみ、月のめぐみ、地のめぐみだけぢゃぞ。
その食物節してこそ、ささげてこそ、運ひらけるのぢゃ。
病治るのぢゃ。
人民ひぼしにはならん。
心配無用。
食物、今の半分で足りると申してあらうが。
遠くて近いものヒフミの食べ方して見なされよ。
運ひらけ、病治ってうれしうれしと輝くぞ。
そんなこと位で、病治ったり、運ひらける位なら、人民はこんなに苦しまんと申すが、それが理屈と申すもの。
理屈悪と申してあるもの。低い学に囚われたメクラ、ツンボと申すものぞ。  
理屈すてよ。
すててやって見なされ。
みなみな気つかん理(ミチ)、気つかん病になってゐるぞ。
ツキモノがたらふく食べてゐることに気づかんのか。
食物節すればツキモノ改心するぞ。
先づ百日をめあてに、百日過ぎたら一年を、三年つづけたら開運間違ひなし。
病もなくなってうれしうれしとなるぞ。
三年目、五年目、七年目ぞ、めでたいナア、めでたいナア。
525名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)09:24:37 ID:6kD
ユダヤ教 オリジナル 一神教
キリスト教 普及版 一神教
イスラム教 最新版 一神教
元は一つ

一神教の本質はどの神が一番かという序列がある点を考慮すると
競争なのかも。そういえば上条さんの出演されてるアニメでは
序列一位とか二位とかアクセラレータさんとかいたもんなぁ。
序列に囚われない上条さんは反キリストなんかも

競争世代と言えば団塊JRや氷河期世代
散々悲惨な目にあって自分も未だに独身ですけど
改心できただろうか・・


大本教・・・普及版
日月神示・・・最新版

となるとオリジナルはどの辺になるのだろう。
幕末三大宗教の中では黒住教が年代的には一番古いんだっけ。
526名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)09:28:33 ID:6kD
競争世代としてやってきたきたことの逆をやればいい
そういう意味で今までの経験がある分
これからに希望もてそう。

若い世代は氷河期や団塊JR世代を反面教師にして
随分と大人だし、凄く出来が良い。
だからこそこれからの日本に光が出る。
527名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)09:33:31 ID:6kD
氷河期や団塊JR世代って
ネトウヨだっつたり
第二次世界大戦前後に妙に興味を持ったり

生き方はまるで静かな兵隊さんみたいだった。

最近、氷河期とか団塊JRやっぱすまんかったみたいな論調になてきた。
これってようやく氷河期とか団塊JR世代の改心が
進んできたっていう意味合いなのだろうか・・
528名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)09:45:11 ID:6kD
世代的に人口が多くメジャーな世代が
メジャーなことやっててんじゃマコトの和にはならないよね。

メジャーな世代だからこそ
マイナーな世界に行けと
そういう意思なんかも。

おーぷん2ちゃんは少数派だもんね。
529名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)11:00:11 ID:6kD
競争といえば競争の頂点のF1を想い出す。
若くして逝ったアイルトン・セナは
現代のキリストだったのかも。
530忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/11(月)19:49:37 ID:RGb
※元の神
あめのみなかぬしのかみのそのまへに、
あめゆづる日あめのさぎりのみこと。
くにゆづる月、地のさぎりのみことあるぞ。
◎ の ◎ の ◎ であるぞ。
その前に ・ あることわするるなよ。

 大奥山は神人交流の道の場である。
道は口で説くものではない。
行ずるものである。
教は説かねばならない。

多数決が悪多数決となるわけが何故に判らんのぢゃ。
投票で代表を出すと殆んどが悪人か狂人であるぞ。
世界が狂ひ、悪となり、人民も同様となっているから、その人民の多くが選べば選ぶ程、益々混乱してくるのであるぞ。
 それより他に人民の得心出来る道はないと申してゐるが、道はいくらでもあるぞ。
人民の申してゐるのは平面の道、平面のみでは乱れるばかり、
立体にアヤなせば弥栄えて真実の道が判るのぢゃ。
ぢゃと申して独裁ではならん。
結果から見れば神裁ぢゃ。
神裁とは神人交流によることぞ。

 神はうそつきぢゃと人民申しても、悪い予言はうそにしたいので日夜の苦労、こらえられるだけこらえてゐるのである。
もう、ものばかりでは治まらんこと、キンでは治まらんこと、平面のみでは駄目であること、よく判ってゐるのにカブトぬげん神々様よ、気の毒が来ぬ前に改心結構。

遠くからでは判らんし、近づくと迷うし、理屈すてて神にほれ参らせよ。
よくこの神をだましてくれたぞ、この神がだまされたればこそ、太神の目的なってくるのぢゃ。
細工はりゅうりゅう仕上げ見て下されよ。
 
区別すると力出るぞ、同じであってはならん。
平等でなくてはならんが、区別なき平等は悪平等である。
天に向って石を投げるようなことは、早くやめねばならん。
霊かかりもやめて下されよ。
 
人民が絶対無と申してゐるところも、絶対無ではない。
科学を更に浄化弥栄させねばならん。
 空間、時間が霊界にないのではない。
その標準が違うから無いと考えてよいのである。
 奥山は奥山と申してあろう。
いろいろな団体をつくってもよいが、何れも分れ出た集団、一つにしてはならん。
奥山はありてなきもの、なくて有る存在である。
 奥山と他のものとまぜこぜまかりならん。大き一つではあるが別々ぞ。
今迄になかった奥山のあり方、判らんのも無理ないなれど、これが判らねば この度の大神業、判りはせんぞ。
531忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/11(月)19:52:57 ID:RGb
>>525
沢山レスありがとうございます。私も人々の意識が変わってきたように思います。

皆様弥栄
532名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)21:10:21 ID:6kD
>>531

こちらこそ神示ありがとうございます。

黒住教 1814年
天理教 1838年  現在最大派閥?
金光教 1859年 
大本(教が付かない)1892年 過去最大派閥?   
533名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)21:20:29 ID:6kD
黒住教 30万人
金光教 45万人
大本  17万人 ピーク時800万人以上
天理教 200万人~220万人 明治末期300万人~800万人

大本と天理教は女性教祖だったっけ
女性TOP→人が増える→どうなるんだろ?
534名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)21:56:14 ID:6kD
調べてみると
天理教は信者数が激減してるのだとか・・
やっぱ社会全部がいい感じになってきてるのかも
535名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)22:48:42 ID:2Jf
何にもしてない最底辺の人達も問答無用で次元上昇させてるからな
5次元までは運んでやる
8次元まで行かないと地球には残れないけどな
536名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)22:56:00 ID:6kD
女性教祖、多数派、
またいつものパターンかと想ってたら
実は修正力が働いてましたというオチ。

それでもまだ女性力が強いのかもだけど
男性力と、少数派の力が伸びてきてるんだなという
希望が持てたのがなんか嬉しい。

ついでに古風な女性増えてるのも嬉しい(・∀・)
537名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)09:54:16 ID:UOz
天理教の「女の道」
は実は出典がはっきりしてないらしい。

やっぱり日月神示に
固有名詞で名前出てくるぐらいなんだし
天理教流石です。

天は縦?
地は横?

経糸と横糸でいい感じだもんね。
538名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)10:10:11 ID:UOz
そなたはつまらんことにいつも心ココロを残ノコすからつまらんことが出デてくるのであるぞ。
心ココロを残ノコすと云イうことは、霊界レイカイとのつながりがあることぞ。
つまらん霊界レイカイにいつ迄マデくっついてゐるのぢゃ。
何ナニごとも清キヨめて下クダされよ。
清キヨめるとは和ワすことであるぞ。
同オナじもの同士ドウシでは和ワではない。
違チガったものが和ワすことによって新アタしきものを生ウむのであるぞ。
奇数キスウと偶数グウスウを合アワせて、新アタラしき奇数キスウを生ウみ出ダすのであるぞ。
それがまことの和ワであり清キヨめであるぞ。
善ゼンは悪アクと、陰インは陽ヨウと和ワすことぢゃ。
和ワすには同オナじあり方カタで、例タトへば五ゴと五ゴとの立場たちばで和ワすのであるが、位クライに於オいては陽ヨウが中心チュウシンであり、陰インが外ソトでなければならん。
天テンが主ヌシであり地チが従ジュウでなければならん。
男オノコが上カミで女オミナが下シモぢゃ、これが和ワの正タダしきあり方カタぞ。
さかさまならんぞ。
これを公平コウヘイと申モウすぞ。
539名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)11:22:12 ID:UOz
父のみ拝(おろが)み讃えただけでは足りない、
母に抱かれねば、母の乳を戴かねば正しく生長出来ないのであるぞ。
一神として拝んでも足りぬ、二柱でも一方的、十万柱としても一方的ぞ、
マイナスの神を拝まねばならん、
マイナスの神とは母のことぢゃ、
天にまします父のみでは足りないぞ、天にあれば必ず地にもあるぞ、
一即多即汎、
地即天、
天即地から表即裏である、
マコトを行じて下されよ。
540名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)11:40:42 ID:UOz
沖つ藻葉 辺津藻葉 ぞ、

母治らす御国の五の働きはいずれも十のつばさを持っているぞ、
足は十本であるぞ、さらに五十のつばさとなりなる仕組、
五十の足がイツラぞ、イツラでは動きとれん。
四十九として働いてくれよ、真中の一はうごいてはならん。
真中うごくでないぞと申してあろうがな、時過ぎて種まく人民多いのう、
人民と申すものは天狗ざから、自分はよいのだが、
世の中悪いのざと申しているなれど、世の中と申すものは大神の働きの現れであるから、
大神の中でのうごきであるから、世の中が悪いと思ふのは、
大神が悪いと思ふことになるのぢゃぞ、
其処に底知れぬ程の魔の仕組があるぞ、気つけおくぞ。
541忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/12(火)21:08:30 ID:aty
なりなりて なりあまれるところもて、
なりなりて なりあはざるところをふさぎて、くにうみせなならんぞ。
このよのくにうみは一つ(秘答通)(ヒトツ)おもて(面)でしなければならん。
みと(実透)のまぐはひでなくてはならんのに、おもてを一つにしてゐないではないか。
それでは、こんどのことは、じょうじゅせんのであるぞ。

こんどは、八のくまではたらん。十のくま、十のかみをうまねばならんぞ。
そのほかに、かくれた二つのかみ、二つのくまをうみて、そだてねばならんことになるぞ。

気の合う者のみの和は和ではない。
色とりどりの組合せ、ねり合せこそ花さくぞ。
総てが神の子ぢゃ。
大神の中で弥栄ぞ。大き心、広き心、長い心 結構。中々に合わんと申すなれど、一つ家族でないか。心得なされよ。
 夫婦けんかするでない。
夫のみいかんのでない。
妻のみ悪いのでないぞ。
お互に己の姿を出し合ってゐるのぞ。よく会得せよ。
 判らんことが更に判らなくなるぞ。
ききたいことは何でもきけよ。
大グレ目の前。アホになれよ。
一先づは月の代となるぞ。
ひっくり返り、ビックリぢゃ。

自分と自分と和合せよと申してあるが、
肉体の自分と魂の自分との和合出来たら、も一段奥の魂と和合せよ。
更に、又奥の自分と和合せよ。
一番奥の自分は神であるぞ。
 高い心境に入ったら、神を拝む形式はなくともよいぞ。
為すこと、心に浮ぶこと、それ自体が礼拝となるからぞ。
 山も自分、川も自分、野も自分、海も自分ぞ。
草木動物 悉く自分ぞ、歓喜ぞ。
その自分出来たら天を自分とせよ。
天を自分にするとはムにすることぞ。
〇に化すことぞ。
ウとムと組み組みて新しきムとすることぢゃ。
542忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/14(木)17:36:16 ID:r9y
出発点
現状を足場として進まねばならん。
現在のそなたのおかれていた環境は、そなたがつくり上げたものでないか
山の彼方に理想郷があるのではないぞ。
そなたはそなたの足場から出発せねばならん。
よしそれが地獄に見えようとも、
現在に於いてはそれが出発点。
それより他に道はないぞ。

心のいれかえ
心のいれかえせよとは
新しき神界との霊線つなぐことぞ。
そなたは我の強い霊界との交流が段々と強くなり、我のむしが生まれてくるぞ。
我の病になって来るぞ。
その病は自分では判らんぞ。
わけの判らん虫わくぞ。
わけの判らん病はやるぞと申してあるがそのことぞ。
肉体の病ばかりでないぞ。
心の病はげしくなっているからきつけてくれよ。
人々にもそのことを知らせて共に栄えてくれよ。
この病を治すのは、今日までの教では治まらん。
病を殺してしもうて、病をなくしようとて病はなくならんぞ。
病を浄化しなければならん。
悪を殺すと云う教や、やり方ではならんぞ。
悪を抱き参らせて下されよ。

怒ってはならん。
急いではならん。
怒ると怒りの霊界との霊線がつながり、思わぬ怒りが湧いてものをこわしてしまうぞ。
太神のしくみに狂いはないぞ。
皆々安心してついて御座れよ。

与えることは頂くことぢゃと申しても、度をすぎてはならん。
過ぎると、過ぎるものが生まれて、生んだそなたに迫ってくるぞ。

ウム
流れ出たものは又元にかえると申しても、そのままでは帰られんのであるぞ。
天から降った雨が又天に昇るには、形を変えるであろうが、この道理をわきまえんと、悪神かかりとなるぞ。
それはそなたの自己慾から出ているぞ。
自己慾もなくてはならんが、段々浄化して行かねばならん。
浄化して大き自己の慾とせよ。
自分のみの慾となるから弥栄えんのぢゃ。
弥栄えんもの神の御心に逆行。
※浄化の方法も判る神示となっています。
543忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/16(土)18:44:53 ID:6qa
 そなたの仕事、思いつき結構であるが、神の御意志を頂かねば成就せん。
神と申しても、そなたが勝手にきめた神や宗教で固めた制限された神ではないぞ。
判っただけでは駄目ぞ。
行じねばならん。
生活しなければならん。
芸術しなければならん。

 現実的には不合理であっても、不合理にならぬ道をひらくのが、霊現交流の道であり、立体弥栄の道、行き詰りのない道、新しき世界への道である。平面のみではどうにもならない時となってゐるのに、何して御座るのか。黒船にびっくりしては間に合わん。

 釈迦、キリスト、マホメット、其の他、世界の生命ある教祖及びその指導神を、み光の大神様とたたえまつれと申してあろが。 大神様の一つの現はれぞと申してあろうが。
何故にみ光の大神様として斎きまつらんのぢゃ。宗教せぬのぢゃ。其処にひかり教会としての力が出ないのぢゃ。
人民のうきせになやむを救うのはオホカムツミの神であるぞ。
この能(ハタラキ)の神名わすれてはならん。
このほうはオホカムツミの神とも現われるぞと知らしてあること忘れたのか。

大奥山と教会とをまぜこぜしてはならん。
教会や其の他の集団は現われ、大奥山はかくれぢゃ。
大奥山はこの度の大御神業にゆかりのある神と人とを引きよせてねり直し、御用に使う仕組。
みて御座れ、人民には見当とれんことになるぞ。

大奥山から流れ出た宗団はひかり教会のみでないぞ。
いくらもあるのぢゃ。
出てくるぞ。
故に大奥山に集まったものが皆ひかり教会員ではない。
それぞれのミタマの因縁によって色々な集団に属する。
この点よく心得なされよ。
大奥山はありてなき存在、人間の頭で消化されるような小さいしぐみしてないぞ。
大奥山だけに関係もつ人もあるのぢゃ、囚われてはならん。
三千世界を一つにまるめるのが この度の大神業ぞ。
世界一家は目の前、判らんものは邪魔せずに見物して御座れ。神の経綸 間違ひなし。

産土さまによくお願いなされよ。わすれてはならんぞ。
宗教にこり固まって忘れる人が多いぞ。
他の神を拝してはならんと云う、そなたの信仰はそれだけのもの、早う卒業結構。
544名無しさん@おーぷん :2017/12/16(土)18:53:58 ID:CYP
大奥は天皇家?
545忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/17(日)21:03:25 ID:Wgz
そなたはかみにこり固まっているぞ。
こり固まると動きのとれんことになる。
1度そなたのもつ神をすてるとよいぞ。
すてると掴めるぞ。

※上記の意味
神と申しても、そなたが勝手にきめた神や宗教で固めた制限された神ではないぞ。
判っただけでは駄目ぞ。
行じねばならん。
生活しなければならん。
芸術しなければならん。

そなたは自分で自分の首をしめるようなことをして御座るぞ、
自分で勝手に小さい自分の神をつくっているぞ。
1度その神をすてなされ、
固く抱きしめたり、とぢこめているから判らんことに行きつまるのぢゃ。判りたか。
我と判らん我を気をつけなされよ
今一息と云うところぞ。

※抱き参らす→善悪不二→表裏
厄も祓わねばならんが、福も祓わねばならん。
福はらいせよと申してあろうが。
厄のみでは祓いにならん。
福のみでも祓いにならんぞ。
厄祓いのみしたから今日の乱れた世相となったのぢゃ。
この判りきった道理が何故に判らんのか。
悪を抱き参らせよ。
善も抱き参らせよ。
抱くには〇にならねばならんぞ。

モト(母答)を正さねばならん、間に合わんことになるぞ。
心の改心すれば、どんなお陰でもとらすぞ。
幽国(がいこく)は火の雨ぢゃなあ。
世界1度に改心。

足の裏をきれいに掃除なされよ。
外から見えん所がけがれているぞ。
日本の国よ、そなたも同様、
世界よ、そなたも同様ぞ。
イヅモの神の社をかえて竜宮の乙姫(理由空云の音秘)様のお社を陸(理空)につくらねば、これからの世はうごきとれんことになるぞ。
546忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/17(日)21:04:48 ID:Wgz
※一切が神、一切が自分
一切が自分であるぞと云うことは例えでないぞ。
そなたは、食物は自分でないと思うているが、食べるとすぐ自分となるではないか。
空気も同様、水も同様ぞ。
火も同様、大空もそなたぞ。
山も野も海も、植物も動物も同様ぞ。
人間は横の自分ぞ。
神は縦の自分ぞ、
自分を見極めねばならん。
自分をおろそかにしてはならん。
一切を受け入れねばならんぞ。
一切に向かって感謝しなければならんと申してあろうが。

>>544
大奥ですか?
大奥山ではなく?
大奥は徳川ですが、、、。
547名無しさん@おーぷん :2017/12/17(日)21:12:57 ID:BWh
皇居って江戸城ダゾ
548忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/18(月)21:45:25 ID:I7K
化物に化かされんよう、
おかげ落とさんようにして下されよ。
よいことを申し、よい行をしていても、よくない人があるのぢゃ。
よくないことも御用の一つではあるが、そなたは未だそれを消化する程のところまで行っていないぞ。
小学生が大学生のまねしてはならん。
そなたにはまだ慾があるぞ。
慾を、小さい自分ばかりの慾をすてなされ。
そしてまことの大慾深になりなされよ。
その気持ちさえ動いてくれば、
何事も見事成就するぞ。

そなたの考えて御座ることは自己中心でないか。
われよしの小さいわれよしではならん。
大きなわれよし結構ぞ。
犠牲になることを尊いことぢゃと申しているが、犠牲に倒れてはならん。
己を生かす為に他を殺すのもいかん。
己殺して他をいかすのもいかん。
大の虫を生かすため、小の虫を殺すことはやむを得んことぢゃと申したり、教えたりしているが、それもならんぞ。
総てを殺さずに皆が栄える道があるでないか。
何故に神示を読まぬのぢゃ。


そなたのやることはいつも時が外れて御座るぞ。
餅つくにはつく時あるぞと知らしてあろうが。
時の神を忘れてはならんぞ。
春には春のこと。
夏は夏のこたぢゃ。
そなたは御神業ぢゃと申して、
他に迷惑かけているでないか。
そこから改めねばならん。
鼻つまみの御神業はないのであるぞ。
そなたはお先真っ暗ぢゃと申しているが、夜明け前は暗いものぞ。
暗いやみの後に夜明けがくること判っているであろうが。
神はすべてを見通してあるから、
すぐのおかげは小さいぞ。
利子つけた大きなおかげを結構に頂いて下されよ。

行は世界中の行、誰一人のがれるわけには行かんぞ。
めぐり果たしたものから、うれしうれしになる仕組。
そなたの心配一応は無理ないなれど、何処で、どんなことをしていても、みたま磨けてさえ居れば、心配なくなるぞ。
心配は、磨けて居らぬ証拠ぞ。
そなたはものに不足するとこぼして御座るなれど、
ものに不足するのは、心に足らぬ所があるからぞ。
心いたればものいたるぞ。
何事も神の申す通り素直になされよ。
素直結構ぢゃなあ。
549忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/18(月)21:48:51 ID:I7K
※大きなわれよしの意味
まことから出たことは誰のねがいも同様。

>>547
そういう意味でですか。笑
皆様弥栄。
550忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/19(火)18:36:57 ID:H9i
木にも竹にも石にも道具にもそれぞれの霊が宿っているのである。
人間や動物ばかりではなく、
総てのものに宿っているのである。
宿っているというよりは
霊と体とで一つのものが出来上がっているのである。
1枚の神の裏表のようなもの
表ばかりのものもない。
裏ばかりのものもない道理。
数字にも文字にもそれぞれの霊が宿って居り、
それぞれの能(ハタラキ)をしているのであるぞ。
順序が判れば初段、
和に徹すれば名人。

※立体弥栄とは
真っ直ぐに真上に神をいただくと申すことは、上ばかりではないぞ、真下にも横にも前後にも立体360度に真っ直ぐに神を頂かねばならんということぞ。
神人交流の第一歩

※360度
一はいくら集めても一じゃ。
二も三も四も五も同様ぞ。
〇にかえり、〇によって結ばれるのじゃ。
〇が結びぞ。
弥栄ぞ。
喜びぞ。

釈迦、キリスト、マホメット、その他、世界の生命ある教祖及びその指導神を、み光の大神様とたたえ奉れと申してあろが。
大日月大神の一つの現れぞと申してあろうが。
何故にみ光の大神様として斎きまつらんのじゃ。
宗教せぬのじゃ。
そこにひかり教会としての力がでないのじゃ。
人民のうきせになやむを救うのはオホカムツミの神であるぞ。
この能(ハタラキ)の神名わすれてはならん。
このほうはオホカムツミの神とも現れると知らしてあること忘れたか。

産土様によくお願いなされよ。
わすれてはならんぞ。
宗教にこり固まって忘れる人が多いぞ。
他の神を拝してはならんと云う、
そなたの信仰はそれだけのもの。
早う卒業結構。

※自分と自分と和合せよの意味
裏表
自分と自分と和合せよと申してあるが、肉体の自分と魂の自分との和合
出来たら、も1段奥の魂と和合せよ。
更に又奥の自分と和合せよ。
一番奥の自分は神であるぞ。
551忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/19(火)18:38:34 ID:H9i
>>550
八行目訂正
1枚の神→1枚の紙です。
552名無しさん@おーぷん :2017/12/19(火)19:45:49 ID:0h2
注:同じ名ですが別人です()
は逆に信じてはアカンと思うw
553名無しさん@おーぷん :2017/12/20(水)17:09:34 ID:Pz6
マは▽
ムは△
ラは弦が外れちゃった▽ゆえにどっちかというと△でも7扱いされたりするのかも知れない
554名無しさん@おーぷん :2017/12/20(水)17:51:11 ID:Pz6
あくまで1:7の百を一と白に別けた八朔のことやも知れんなw
555忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/20(水)18:15:45 ID:T18
はじめの喜びは食物ぞ。
次は異性ぞ。
何れも大きな驚きであろうがな。これは和すことによって起るのぞ。
とけ合ふことによって喜びとなるのぢゃ。
よろこびは神ぢゃ。
和さねば苦となるぞ。
かなしみとなるぞ。
先づ自分と自分と和合せよと申してあろうが。
そこにこそ神の御はたらきあるのぢゃ。
ぢゃがこれは外の喜び、肉体のよろこびぞ。

※霊の食物=神示
元の喜びは霊の食物を食ふことぞ。
その大きな喜びを与へてあるのに、何故 手を出さんのぢゃ。
その喜び、おどろきを何故に求めんのぢゃ。
何故に神示を食べないのか。見るばかりではミにつかんぞ。
よく噛みしめて味はひて喜びとせんのぢゃ。
喜びが神であるぞ。
次には神との交わりぞ。
交流ぞ。
和ぞ。
そこには且って知らざりし おどろきと大歓喜が生れるぞ。
神との結婚による絶対の大歓喜あるのぢゃ。
神が霊となり花むことなるのぢゃ。
人民は花よめとなるのぢゃ。
判るであろうが。
この花むこはいくら年を経ても花よめを捨てはせぬ。
永遠につづく結びぢゃ。
結婚ぢゃ。
何ものにも比べることの出来ぬおどろきぞ。
よろこびぞ。
花むこどのが手をさしのべてゐるのに、何故に抱かれんのぢゃ。
神は理屈では判らん。
夫婦の交わりは説明出来まいがな。
神が判っても交わらねば、神ととけ合はねば真理は判らん。
なんとした結構なことかと人民びっくりする仕組ぞ。
神と交流し結婚した大歓喜は、死を越えた永遠のものぞ。
消えざる火の大歓喜ぞ。
これがまことの信仰、神は花嫁を求めて御座るぞ。
早う神のふところに抱かれて下されよ。
556忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/20(水)18:18:18 ID:T18
>>552
沢山レスありがとうございます。

皆様弥栄。
皆様が愛と喜びを感じる一日でありますように。
557忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/21(木)21:12:24 ID:uu7
※楽しむとのびる
そなたはいつも深刻な顔をして考え込んでいるが、考え方にも幾通りも御座るぞ。
考えは迷いと申してあるのは、
そなたのような場合ぞ。
そなたは苦に向かい苦にかったつもりで、苦を楽しんで御座るが、
苦は曲ることぞと知らしてあろうが。
苦をつくり出してはならんぞ。
苦を楽しむより、楽をたのしむ心高いぞと知らしてあろう。
苦しむと曲がり、
楽しむとのびるぞ。
(苦しむ→曲る→幽界が出来る)

※喜ぶ心から喜び生む
何事がおこってきてもそなたは
先ずよろこべよ。
それが苦しいことでも、
かなしいことでも
喜んで迎えよ
喜ぶ心は喜び生むぞ。
人民よろこべばかみよろこぶぞと申してあろが、天地はれるぞ。
輝くぞ。

※今を生きる
そなたは先ばかり見ているぞ。
足で歩くのぢゃ。
足もとに気つけねばならんぞよ。
そなたは自分ひとりで勝手に苦しんで御座るなれど、
みなが仲良う相談なされよ。
相談結構じゃなあ。
相談して、悪いことは気つけあって進んで下されよ。

未来にもえることが現在に生きることであるぞ。
そなたは現在に生きる努力が足らん。
夢ばかり追っていてはうたかたじゃ。

判らんことは神示にきくがよいぞ。遠慮いらん。
そなたは一足飛びに2階に上がりたい気持ちが抜けない。
何事も1段ずつ、1歩づつ進まねばならん。
それより他に進み方はないのじゃぞ。
先ずそなたの中にあるけだもの言向け合さねばならんぞ。
よく話し、教え、導かねばならん。
けものを人間と同じにしようとしてはならん。
けものはけものとして導かねばならん。(副守護神=幽界的自分)
金は金。鉛は鉛ぞ。
鉛は鉛として磨かねばならんぞ。
浄化とはそのこと。
558忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/23(土)19:57:58 ID:d6D
何も六ヶ敷いこと申すのではない。
自分の、内の自分を洗濯して明らかに磨けばよいのぢゃ。
内にあるものを浄化すれば、外から近づくものがかわって来る道理。
内の自分を洗濯せずにゐて、
きたないものが近づくとか、
世の中がくらいとか不平申して御座るなれど、
そこにそなたの間違いがあるぞ。木でも草でも中から大きくなって行くのぢゃ。
三千年に一度の時がめぐり来てゐるのであるぞ。
為せば成る時が来てゐるのぢゃ。為さねば後悔ぞ。
時すぎて種まいても、くたびれもうけ。
そなたは世の中が悪いとか人がよくないとか申してゐるが、
すべては大神の肚の中にゐて、一応 大神が許しなされて居ればこそ存在し、いのちしてゐるのであるぞ。
悪くうつるのは心のかがみがくもってゐるからぞ。
悪い世の中、悪い人と申すことは、神を悪く申し、神界が悪いのぢゃと申すのと同じであるぞ。
新しき世界には新しき【てんし(天詞)てんか】をこしらえねばならん。
このこと間違えるでないぞ。
珍らしき御型(方)が出て来てびっくりぢゃ。
びっくりしなければヒックリとはならんぞ。
神は今迄 化けに化けていたが、
もう化けては居られん。
人民ももう化けては居られんぞ。九分九厘までは化けて、がまんしてゐたなれど、
化けの世、方便の世、方便の教はすんだのぢゃ。
教では世は正されん。
教のつどいはつぶれて了うのぢゃ。
無理してはならん。
そなたの無理押しは よいことをわるく曲げるぞ。
浄化については、557の最後がその意味になります。

考えてゐては何も成就せんぞ。
神界と交流し、神界に生き、神界と共に弥栄すればよいのぢゃ。
人間だけの現実界だけで処理しようとするのが今迄の考えぢゃ
今迄の考えでは人間の迷ひぞと申してあろうがな。
迷ひを払って真実に生きよ。
みたましづめぢゃ。
加実しづめぢゃ。
そなたは信仰のありかたを知らんぞ。
長い目で永遠の立場からの幸が、歓喜がおかげであるぞ。
局部的一時的には いやなことも起ってくるぞ。
天地を信じ、自分を知り、人を理解する所にこそ まことの弥栄あるぞ。
だますものにはだまされてやれよ。
一先づだまされて、だまされんように導いて下されよ。
そなたはそんな場合に我を出すからしくじるのぞ。
だまされてやろうとするからカスが残るのぞ。
まことにだまされる修業が大切ぢゃなあ。
559忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/24(日)21:12:35 ID:H0l
祈りと申すのは
心でいのり願うことでないぞ。
実行せねばならん。
地上人は物としての行動をしなければならんぞ。
口と心と行と三つ揃わねばと申してあること忘れたか。

マコトに祈れと申してあろう。
マコトとは
〇(マ)
123456789(コ)
10(ト)
のことと申してあろう。
只心でいのるばかりでは、
自分で自分をだますこととなるのじゃ。
自分をいつわることは神をいつわることとなるのじゃ。
マコトでいのれば何事もスラリスラリとかなう結構な世ぞ。
※〇に関しては、マ、外国、器、霊、立体360度などの読み方があります。
対象が日本の場合・が日本、〇が外国。
神と人の場合、・が神、〇が器である人などのようになります。

八のつく日に気つけと申してあろう。
八とはひらくことぞ。
ものごとはひらく時が大切じゃ。
第一歩の前に〇歩があるぞ。
〇歩が大切ぞ。
心せよ。

世は七度の大変わり。

七はものの成ることぞ。

十は神。
560名無しさん@おーぷん :2017/12/25(月)20:33:36 ID:Fly
今日は旧暦 11/8でしたね、

ありがとです。
561忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/26(火)17:52:22 ID:ZzG
世界中を泥の海にせねばならんところまで、
それより他に道のない所まで押しせまって来たのであるが、
尚一厘のてだてはあるのぢゃ。
大神様におわび申してすっかり心を改めて下されよ。
神々さまも人民さまも心得ちがひ多いぞ。
泥の海となる直前にグレンとひっくりかえし、びっくりの道あるぞ。

 そなたの用意が足らんぞ。
日々の人間の御用を、神の御用と和すように、神の御用が人の御用、人の御用が神の御用となるのがまことの道であり、
弥栄の道であり大歓喜であるぞ。いつでも神かかれるように神かかってゐるように、
神かかっていても、われにも他にも判らぬようになりて下されよ。鍬とる百性が己をわすれ、大地をわすれ、
鍬をわすれてゐる境地が、
まことのみたましづめであり、神かかりであるぞ。
そこらでなさる行も、それに到る一つの道ではあるが、
それのみではならんぞ。
気つけ合ってよきに進んで下されよ。
そなたが歩むのぢゃ。
道は自分で歩まねばならんぞ。
他人におんぶしたり、
他人が歩かしてくれるのではないぞ。
そなたの力で、そなた自身の苦労で人を助けねばならんぞ。
人を助ければその人は神が助けるのであるぞ。
この道理なぜに判らんのぢゃ。
人を助けずに我を助けてくれと申しても、それは無理と申すもの。神にも道はまげられんぞ。

ミタマ磨きさえすれば何事もハッキリとうつりて、
楽に行ける道がちゃんとつくってあるのじゃ。
その人その人に応じて如何様にでも磨け行くぞ。
犬猫でさえ楽々と栄えているでないか。
洗濯次第でどんな神徳でも与えるぞ。

>>560
こちらこそレスありがとうございます。
皆様も、560さんも愛を感じる喜び溢れる日々になりますように。
皆様弥栄。
562忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/27(水)20:50:34 ID:eIp
そなたは何時もあれもよいらしい、
これもよいようだと迷って、
迷ひの世界をうみ出し、
自分で自分を苦しめて、
気の毒よなあ。
これと一応信じたらまかせきれよ。
梶をはなして鳴門の渦の中にまかせきれよ。
まかせきるとひらけてくるのぢゃ。
悟れたようでゐて、そなたが悟り切れんのはまかせきらんからぞ。

 そなたはいつも孤独、
そなたの不運は孤独からぢゃ。
友をつくりなさい、
友つくることは己をつくることと申してあろうが。
友つくることは新しき世界をつくることぞ。
一人の世界は知れたものぞ。
一人ではマコトの道を生きては行かれんぞ。
友と申しても人間ばかりではないぞ。山も友、川も友、動物も植物も皆友ぞ。
大地も大空も皆友となるぞ。
何も彼も皆友ぢゃ、皆己ぢゃ。皆々己となれば己はなくなるぞ。己なくなれば永遠に生命する無限の己となるのぢゃ。
御神前で拝むばかりでは狭いぞ。野菜拝めば野菜が、
魚拝めば魚が己となるのぢゃ。
拝むことは和すこと。
和すことが友つくる秘訣ぞ。
友を己とすることは、己を友とすることぢゃ。
友にささげることぢゃ。
親は子にささげるからこそ、
子が親となるのぢゃ。
判りたか。
赤ん坊のお尻をふいてやることもあるであろうがな。
そなたが赤ん坊と同じであったら出来ない芸当ぞ。
お尻を出すものがあっても、
決して怒ってはならん。
子のお尻と思って きれいにふいてやれよと申してあろうが。
お尻を持ち込まれるのは、
持ち込まれるだけのわけがあるからぞ。
利子は後から支払えばよいと、そなたは思ってゐるが、
先に支払ふこともあるのであるぞ。
先にお尻をふかねばならんことも、世が迫ってくると出てくるのぢゃ。
その代り、後では神がそなたのお尻をきれいにふいて下さるぞ。
ぶつぶつ申さずに勇んでやって下されよ。
 
そなたは他にものを与えることに心せねばならんぞ。
与えることは頂くことになるのであるから、与えさしてもらう感謝の心がなければならんぞ。
強く押すと強く、弱く押すと弱くはねかえってくること、よく知って居ろうがな。
自分のものと云ふものは何一つないこと、よく判って居る筈ぢゃ。
563忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/29(金)17:36:20 ID:UK3
※心
そなたの苦労は取越し苦労。
心くばりは忘れてならんなれど、取越し苦労、過ぎ越し苦労はいらん。
そうした苦労は、そうした霊界をつくり出して、自分自身がいらぬ苦労をするぞ。
何ごとも神にまかせよ。
そなたはまだ神業の取違ひして御座るぞ。
そなたの現在与えられてゐる仕事が神業であるぞ。
その仕事をよりよく、より浄化するよう行じねばならんぞ。
つとめた上にもつとめねばならん。それが御神業であるぞ。
そなたはそなたの心と口と行が違ふから、違ふことが次から次へと折り重なるのぢゃ。
コト正して行かねばならんぞ。
苦を楽として行かねばならん。
苦と心するから苦しくなるのぢゃ。
楽と心すれば楽と出てくるのぢゃ。
ちょっとの心の向け方、霊線のつなぎ方ぞ。

そなたは悪人は悪人ぢゃ、
神として拝めとは無理ぢゃと申してゐるが、
一枚の紙にも裏表あるぞ。
そなたはいつも裏ばかり見てゐるから、そんなことになるのぢゃ。相手を神として拝めば神となるのぢゃ。
この世は皆神の一面の現われであるぞ。


※逆立ち
 そなたは現実世界のことばかりより判らんから、
現実のことばかり申して、
一に一たす二だとのみ信じてゐるが、現実界ではその通りであるが、それが平面の見方、考へ方と申すもの、
いくら極めても進歩も弥栄もないのぢゃ。
一に一たす一の世界、一に一たす無限の世界、超現実、霊の世界、立体の世界、立立体の世界のあることを体得せねばならんぞ。
そなたは心をもって居ろうがな。心があれば心の属する世界のある道理は判るであろうが。
心で描いて、心で先づつくり出してから行為することも、その順序も判るであろうがな。
心のうごきが先で、肉体がその後でうごくことも判って居ろうがな。
心の世界にないものは物質の世界にない道理も判って居ろうがな。何故に迷ふのぢゃ。
霊界が主で現界が従であること、判って下されよ。
逆立してそなた自身で苦しんでゐること、早う得心して、うれしうれしで暮して下されよ。
564忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/31(日)13:31:21 ID:Ast
※キミが世
世界を一つにするのであるから、王は(秘答理)(ヒトリ)ぢゃ。うごぎは二つとなるなれど、
二つでないとうごかんのぢゃ。
キはキのうごき、ミはミのうごき、うごいて和すのぢゃぞ。
和すから弥栄ぢゃ。
和せば一つぢゃぞ。
キミとなるのぢゃ。
そなたは自分と他との境界をつくってゐるなれど、境界つくってはならんぞ。
境界をつくらずに、おのづからなる自他の別を生み出さねばならんぞ。
世界一家のやり方 間違えて御座るぞ。
それぞれのコト(言)のハ(葉)はあれど、ミコト(実言)は一つと申して知らしてあろうがな。
大難は小難にすること出来るのであるが、無くすることは出来んぞ。
不足は不足をうむぞ。
そなたは口をつつしめよ。
そなたは一度 神をすてよ。
神にしがみついてゐるから、
小さい囚われた、ゆとりのない神を、そなたがつくり上げてゐるぞ。
信ずれば信ずる程 危ないぞ。
大空に向って大きく呼吸し、今迄の神をすてて心の洗濯をせよ。
神を信じつつ迷信におちてゐると申してあること、よく心得よ。
565忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2017/12/31(日)13:31:40 ID:Ast
※神界との霊線
 そなたはつまらんことにいつも心を残すから つまらんことが出てくるのであるぞ。
心を残すと云うことは、
霊界とのつながりがあることぞ。つまらん霊界にいつ迄くっついてゐるのぢゃ。
何ごとも清めて下されよ。
清めるとは和すことであるぞ。
同じもの同士では和ではない。
違ったものが和すことによって新しきものを生むのであるぞ。
奇数と偶数を合せて、新しき奇数を生み出すのであるぞ。
それがまことの和であり清めであるぞ。
善は悪と、陰は陽と和すことぢゃ。
和すには同じあり方で、例へば五と五との立場で和すのであるが、位に於ては陽が中心であり、陰が外でなければならん。
天が主であり地が従でなければならん。
男が上で女が下ぢゃ、これが和の正しきあり方ぞ。
さかさまならんぞ。
これを公平と申すぞ。
口先ばかりでよいことを申すと悪くなるのぢゃ。
心と行が伴はねばならん。
判りきったこの道理が行はれないのは、そなたをとり巻く霊の世界に幽界の力が強いからぢゃ。そなたの心の大半を幽界的なもので占めてゐるからぞ。
己自身のいくさ まだまだと申してあろうがな。
このいくさ中々ぢゃが、正しく和して早う弥栄結構ぞ。
そなたのもつ悪いくせを治して下されよ。
そのくせ治すことが御神業ぞ。
自分で世界を建直すような大きこと申して御座るが、そなたのくせを治すことが最も大切な御用でないか。
これに気がつかねば落第ぞ。
おそれてはならん。
おそれ生むからぞ。
喜べ、喜べ、喜べばよろこび生むぞ。
喜びは神ぢゃ。
神様御自身も刻々弥栄して御座るぞ。
故にこそ生長なされるのぢゃ。
人間も同様でなくてはならん。
昨日の自分であってはならん。
今の自分ぞ。
中今のわれに生きねばならん。
われにどんな力があったとて、我を出してはならんぞ。
我を出すと力なくなるぞ。
我を、大き我に昇華させよ。
大我にとけ入らねばならん。
大我にとけ入ったとて、小我がなくなるのではないぞ。
人おろがめよ。物おろがめよ。
おろがむと自分の喜びとなり、拝まれたものも喜びとなるぞ。
うれしうれしとはそのことぞ。
566忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/02(火)21:17:55 ID:DMr
これほどことわけて申しても得心出来ないのならば、
得心の行くまで思ふままにやりて見なされよ。
そなたは神の中にゐるのであるから、いくらあばれ廻っても神の外には出られん。
死んでも神の中にゐるのであるぞ。
思ふさまやりて見て、早う得心改心いたされよ。
回心して仕事嘉言と仕へまつれよ。結構ぢゃなあ。

そなたは自分は悪くないが周囲がよくないのだ、
自分は正しい信仰をしてゐるのだから、家族も知友も反対する理由はない、
自分は正しいが他が正しくないのだから、正しくない方が正しい方へ従って来るべきだと申しているが、
内にあるから外から近よるのだと申してあろうが。
そなたは無低坑主義が平和の基だと申して、右の頬を打たれたら左の頬をさし出して御座るなれど、それは真の無抵坑ではないぞ。
よく聞きなされ、
打たれるようなものを そなたがもってゐるからこそ、打たれる結果となるのぢゃ。
まことに磨けたら、まことに相手を愛してゐたならば、打たれるような雰囲気は生れないのであるぞ。
頬をうたれて下さるなよ。
生れ赤児見よと知らしてあろうが。
567忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/02(火)21:22:27 ID:DMr
頭を下げて見なされ、流れて来るぞ。
頭も下げず低くならんでゐては流れては来ないぞ。
神のめぐみは淡々とした水のようなものぞ。
そなたは頭が高いぞ。天狗ぞ。
その鼻まげて自分のにほひをかいで見るがよい。
そなたは左に傾いてゐるぞ。
左を見なければならんが、片よって歩いてはならんぞ。
そなたは右を歩き乍ら、それを中道と思って御座るぞ。
そなたは平面上を行ってゐるから、中道のつもりで、他に中行く道はないと信じてゐるが、それでは足らんのう。
立体の道を早うさとりなされよ。【正中の大道】あるのであるぞ。左でもなく右でもなく、うれしうれしの道あるぞ。
左も右も上も下も相対の結果の世界ぢゃ。
原因の世界に入らねばならん平面より見れば相対あるなれど、立体に入り更に複立体、複々立体、立立体の世界を知らねばならんぞ。
相対では争ひぢゃ。
いくさぢゃ。
真の世界平和は今のやり方、考へ方では成就せんぞ。
三千世界和平から出発せねばならんぞ。

そなたは神示をよくよんでゐるが、それだけでは足らん。
神示を肚に入れねばならん。
つけ焼刃ではならん。
神示を血とし生活とすれば、何事も思ふ通りスラリスラリと面白い程 栄えて来るぞ。
思ふように運ばなかったら省みよ。
己が己にだまされて、己のためのみに為してゐることに気づかんのか。
それが善であっても、己のためのみならば死し、
善のための善ならば弥栄えるぞ。善にも外道の善あるぞ。心せよ。神示見て居らぬとびっくりが出てくるぞ。
この世始まってないことが出てくるのぢゃ、世界の片はし八まべからぞ。判りたか。

そなたは神体を偶像と申して御座るが、それはそなた自身が偶像なるが故であるぞ。
礼拝を忘れ、祈りをわすれることは神をわすれることぢゃ。
そなたの住む段階では、祈り畏こみ謹んで実践しなければならんぞ。
拝まんでも拝んでゐる境地はなかなかぢゃなあ。
そなたはわれが助かろうとするから助からんのぢゃ。
世界はこの世ばかりではないことを、よく得心して下されよ。
我をすてて素直になされよ。
三千年の秋が来てゐるのであるぞ。
568忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/05(金)08:22:23 ID:3gL
一度申したこと何処迄もつらぬくそなた結構ぞ。

なれども囚われているぞ。
この神はちと大きな、今迄にない大変をいたすのであるから、あまり小さく囚われていると判らんことになってくるぞ。
固まるときには一度に固まらねばならん。
昨日は昨日、今日は今日ぞ。
そなたは動機が善ならば失敗は薬と、われの都合のよいように、われとわれを弁解して御座るなれど、弁解したのでは薬にならん。毒となることあるぞ。
省みよ。

そなたは何神様でも仏でも、何でも彼でも拝んでいるが、その順序と区別がよく判ってゐないぞ。
判らずにめくらめっぽうに拝んではならん。心得なされよ。

そなたは忙しい忙しい、神示よむ間もないと申してゐるが、忙しいのは神のめぐみであるぞ。
よどんだ水はくさるのぢゃ。忙しい中にこそ、神示よむ時があるのぢゃ。
逃げ道をつくってはならん。


 そなたは自分の力を人に見せようとしてゐるが、無邪気なものぢゃのう。
自分の力がかくせぬようでは、頭に立つこと出来んぞ。
何も彼も出して了ったのでは味がなくなるぞ。

そなたはよく祈る。祈ることは結構であるなれど、祈るばかりでものごと成就せんぞ。
為すには先づ祈らねばならんが、そなたはそなたの神にのみ祈ってゐるぞ。
為すのは己であるから、己にゐのらねばならんぞ。
己に祈りた後、己が為さねばならんぞ。
乳房与えられても自分で吸はねば自分の身にはつかぬ道理ぢゃ。
だが、為したのみでは未だ足らんぞ。
時々は省みなければならんぞ。

そなたは形や口先ばかりでものを拝んでゐるが、心と行と口と三つそろはねばならん。
三つ揃ふて拝むならば、どんなものでも与へられるのぢゃ。
拝む所へ ものは集まってくる。
神も集まってくる。
足らぬものなくなるぞ。
余ることなくなって、満たされるのが まことの富ぢゃ。清富ぢゃ。
569名無しさん@おーぷん :2018/01/05(金)10:51:28 ID:1kn
神示ありがとう。助かります。
570忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/07(日)07:20:00 ID:Ul6
東は扶桑(二三)なり、日出づる秋(とき)は来にけり。
この巻 扶桑(二三)の巻、つづく六の巻を合せて七の巻一百四十四帖の黙示を五十黙示と申せよ。
 
イシもの言ふぞと申してありたが、イセにはモノ言ふイシがあると昔から知らしてあろうがな、
五の一四(イシ)がもの言ふのであるぞ、
ひらけば五十となり、五百となり、五千となる。
握れば元の五となる、五本の指のように一と四であるぞ、このほうを五千の山にまつれと申してあろうが、これがイチラ(五千連)ぞ、五十連(イツラ)ぞ、判りたか、五十連 世に出るぞ。
 
天に神の座あるように、地には人民の座があるぞ、
天にも人民の座があるぞ、
地に神の座があるぞ。

七の印(しるし)と申してあるぞ、
七とはモノのなることぞ、
天は三であり、地は四であると今迄は説かせてあったなれど愈々時節到来して、
天の数二百十六、
地の数一百四十四となりなり、
伊邪那岐三となり、
伊邪那美二となりなりて、
ミトノマグハイして五となるのであるぞ、
五は三百六十であるぞ、
天の中の元のあり方であるぞ、
七の燈台は十の燈台となり出づる時となったぞ、
天は数ぞと申してあろう、
地はいろは(意露波)であるぞ。

判らん者が上に立つこととなるぞ、大グレン目の前、
日本のみのことでないぞ、
世界中のことであるぞ、

今度は三千世界が変るのであるから今迄のようなタテカヘではないのであるぞ。
何も彼も鏡にうつるのであるぞ。鏡が御神体であるぞ。
何もうつらん御神体のカガミは何もならんぞ。

※鏡については、神示も鏡と書いてあり、もう1つの解釈の意味にもなると思います。

>>569
励みになります。
ありがとうございます。
皆様が愛を感じる幸せな日々を過ごせますように。
皆様弥栄。
571名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)17:28:14 ID:5wi
>>570
いつもありがとうございます。この歌は暗号的で全く意味がわかりません。解釈したものとかあるのでしょうか?
572忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/08(月)11:22:45 ID:wgl
>>571
初めの段の扶桑(二三)ですが、昔は日本の事をこう呼んでいたそうです。
又、二と三ですから、次の行のイザナギ三、イザナミ二とも関連があると思われます。
イザナギのキ、イザナミのミでキミの神示、キミが世という題で貼りました神示と関連すると思います。
又、一二三の二は母と書かれてあり、三はヒツキのキとも読む事が書いてあり、この神示と合致します。
父と母とで五にもなります。

次の段落について
一はアであるという神示と、親指が出てきたという神示、又、四については、真善美愛とともに、直日の神示があります。
出てきた親指は直日と思われます。
神示から離れて、
50連は言霊、カナの意味もあります。アイウエオなどのことです。
50音といいますね。
言霊学では、カナ全てに神名がついています。
てん詞という神示の詞の意味も物質でない、この言霊、音のことを示します。

次の次の行、数字が沢山でていますが、父と母の数字を足すと360度になります。
つまり、立体360度のフデに繋がります。
又、その他で360は出てきません。
天地含めた全方位という意味があると思います。
立体360度の神示と読み合わせてということです。
又それは歓喜、大歓喜の記号とも関連すると思います。

父と母がミトノマグワイしてというのは父と母の数を足すと、360度の歓喜、大歓喜。
古事記や神示では別れ別れになってしまってますよね。
色の過ちの神示もあります。

こんな書き方で理解が深まりますでしょうか?
573忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/08(月)11:32:11 ID:wgl
まとめると
父と母合わせると完全なる五の形となり、全方位和すことにより、歓喜、大歓喜へとなる。
完全なる理の元の姿のことを言っていると思います。
最終段階の人の全てと和した姿だと思います。
574名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)16:55:00 ID:JDb
>>572
丁寧で詳細なご解説ありがとうございます。
なるほどと思いました。深く研究されていらゃっしゃるのですね。勉強になりました。まだまだ理解ができていないところが
多いので恥ずかしい限りです。今後ともよろしくお願いします
575忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/09(火)17:01:20 ID:bk2
なかとみの ふとのりとこと ふとにのりあぐ。

 一はいくら集めても一であるぞ、
判らんものいくら集めても判らん道理、
二は二、三は三であるぞ、
一を二つ集めても二にはならんぞ、人民 大変な取違いを致して居るぞと申してあろうがな、 ⚪(レイ)がもとぢゃ、
一(レイ)がもとぢゃ、
結びぢゃ弥栄ぢゃ、
よく心得なされよ。
世の元、⚪ の始めから一と現われるまでは⚪ を十回も百回も千回も万回も、くりかへしたのであるぞ、
その時は、それはそれはでありたぞ、
火と水(一と三)のドロドロ(十 )であったぞ、
その中に五色五頭の竜神( │ 二ん)が御ハタラキなされて、つくり固めなされたのぢゃ、
今の人民は竜神( │ 二ん)と申せば、すぐ横を向いて耳をふさぐなれど、
マコトのことを知らせねばならん時ざから、ことわけて申してゐるのぞ。
竜神( │ 二ん)とは♠ 神(理◎ )であるぞ五色の竜神とは国常立尊の御現われの一(ヒトツ)であるぞ。

戒律をつくってはならん、
戒律がなくてはグニャグニャになると思ふであろうなれども、
戒律は下の下の世界、
今の人民には必要なれど、いつまでも、そんな首輪はいらんぞ、
戒律する宗教は亡びると申してあろうがな。

は右廻りのウズ
♠は右廻りのウズですが、巻き
が1周多い記号です。
◎は⚪の中に・のことです。



 高天原に 千木高しりて 仕へまつらむ。

 岩戸(言答)のひらけた、その当座は、不合理に思へることばかりでてくるぞ、
逆様の世界が、この世界に入り交じるからであるぞ、
親よりも子の方が早く目さめるぞ、子が親となるぞ、
さかさまの世界と申しても悪の世界ではないぞ、
霊の世界には想念のままにどんなことでも出来るのであるぞ、
うれしい、こわい世界が近づいて来ているのであるぞ。
576忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/09(火)17:09:17 ID:bk2
>>574
説明不足の時もあるかも知れませんので、わかりにくい時はおっしゃってください。
読めましても実践は四苦八苦しております。
言葉で理解しても、それを実践出来るマコトの理解は難しいです。
皆様と共に、支え合いながら全員が岩戸開き出来るようになるのがささやかな夢です。
皆様弥栄。
577名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)19:52:56 ID:IHH
>>575
子が親となるぞって今の子供たちを見て思う。一部の極端な子供を除いて
今の若い人たちのほうがおとなしくて優しい子が多いように思う。

自分の親の世代のほうが荒っぽく俗っぽい分かりやすい欲にまみれている

神事読みはじめて、輪廻繰り返してるとすると子供のほうが精神的に進ん
でる場合があるように思い出した。
578名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)19:56:35 ID:IHH
>>568
清富の合点がいきました。
金持ち成功者すべてが逆説的に清富ということになるのか?いや違うんじゃないかと思っていて、そこだけがひっかかっていたので。
579忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/10(水)20:50:17 ID:fZz
八塩路の 塩の八百会母 いますくに。

 天の声あるぞ、地の声あるぞ、和して十の日月地と現はれるぞ。五十人の仁人が出て来るぞ、
仁人とは神人(カミヒト)のこと、この仁人が救世主であるぞ、救世主は一人でないぞ。
各々の民族に現はれて五十人であるなれど、五十と言ふ数に囚われるなよ、五十人で一人であるぞ、数に囚われると、判らんことになり、岩戸しめとなるから気つけおくぞ。


 はらひため 千城百国 精治万歳。

 三年と半年、半年と三年であるぞ、その間はクラヤミ時代、
火をともしてもくらいのであるぞ、
あかるい人民にはヤミでも明るい、
日は三日と半日、半日と三日、
次に五年と五年ぢゃ、
五日と五日ぢゃ、このこと間違へるでないぞ。
手足の爪まで抜きとられ、あるにあられん、むごいことにされて追ひやられたのであるが、
マコトはマコトぢゃ、時めぐりきて、我(が)がとれたので、光がさしそめたのぢゃ、岩戸がひらけたのぢゃ。
神が苦しむ時は人民が苦しみ、人民苦しむ時は神も苦しむのぞ。
世界中の苦しみ、地上の苦しみ、天上の苦しみぞ、
この大峠を越してから大いなるタメシがあるぞ、
人の心のむつかしさ計り知れん程であるなれど、見て御座れ、見事なこと致して見せるぞ。


 岩(一 ⚪ )隠れし 比売(ヒメ)(秘命)のミホト(実秀答)は 焼かへ給ひて。

 三分の一の人民になると、早うから知らせてありたことの実地がはじまっているのであるぞ。
何も彼も三分の一ぢゃ、
大掃除して残った三分の一で、
新しき御代の礎と致す仕組ぢゃ、三分六ヶ敷いことになっているのを、天の神にお願い申して、一人でも多く助けたさの日夜の苦心であるぞ、カンニンのカンニン、ガマンのガマンであるぞ、九 (光ノ神)の花咲くぞ。
580忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/10(水)20:58:35 ID:fZz
少し前の神示の中で地は四と書いてあるのですが、別の神示の箇所で、この道四の道という神示があり、先の神示と読み合わせると、
この道四(地)の道という意味になります。
書こうと思いながら忘れていました。

>>577
神示がハラに入ってきているようで良かったです。
今のお子さん達は静かで礼儀正しい子供達が多いですね。
落ち着いています。
581忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/11(木)20:51:34 ID:kgh
平坂の 岩戸(言答)ひらけむ 音のきこゆる。

 神に怒りはないのであるぞ、
天変地異を神の怒りと取違ひ致してはならん。
太神は愛にましまし、
真にましまし、
善にましまし、
美にましまし、
数にましますぞ。
また総てが喜びにましますが故に怒りはないのであるぞ、
若(も)し怒りが出た時は、
神の座から外れて了ふのであるぞ。
救ひの手は東(ヒムカシ)よりさしのべられると知らしてあろが、その東とは、東西南北の東ではないぞ、このことよく判りて下されよ。
今の方向では東北(ウシトラ)から救ひの手がさしのべられるのぢゃ、ウシトラとは東北であるぞ、ウシトラコンジンとは国常立尊で御座るぞ、
地(千、智)の元の、天地の元の元の元の神ぞ、始めの始め、終りの終りぞ、弥栄の弥栄ぞ、イシヅヱぞ。


 ささげてむ 和稲荒稲(わしねあらしね) 横山のごと。

 五人あるぞ、中二人、外三人、この仕組 天の仕組。
※天(火)の仕組で、地(水)の道

一切と手をつながねばならん。
人民のみで世界連邦をつくろうとしても、それは出来ない相談、
片輪車と申してあろうが、
目に見へぬ世界、目に見へぬ人民との、タテのつながりつけねばならん道理、
人民同士の横糸だけでは織物にはならんぞ。
※横糸=人民

天は火ぞ、地は水ぞ、火水組み組みて織りなされたものが、ニシキの御旗ぢゃ、ヒミツの経綸であるぞ。


 赤丹(あかに)の頬に きこしめしませ 御酒(ミキ)たてまつる。

 何事が起って来ても先づ喜んで迎へねばならんぞ、
近づいてくるのは呼びよせたからぢゃ、
こんないやな、きたないものは、ごめんぢゃと申す人民もあるなれど、
それは皆 己の心のうつしでないか。内に無いものが外から近よる道理ないのぢゃ、
どんなものでも、喜んでむかへるとよろこびとなる結構な仕組、
よく会得せよ。
何事も一段づつ、一歩づつぢゃ、一足飛びは大怪我のもと。
582忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/13(土)20:43:14 ID:Nku
沖つ藻葉辺津藻葉ぞ。

 母しらす御国の五のハタラキは何れも十のつばさを持ってゐるぞ、足は十本であるぞ、
更に五十のつばさとなりなる仕組、五十の足がイツラぞ、イツラではうごきとれん。
四十九として働いてくれよ、真中の一はうごいてはならん。
真中うごくでないぞと申してあろうがな、
時過ぎてタネまく人民多いのう、人民と申すものは天狗ざから、
自分はよいのだが、世の中悪いのざと申してゐるなれど、
世の中と申すものは大神のハタラキの現れであるから、【大神の中でのうごきであるから】、
世の中が悪いと思ふのは、大神が悪いと思ふことになるのぢゃぞ、其処に底知れぬ程の魔の仕組があるぞ、気つけおくぞ。


 進(タテマツ)る 宇都の幣帛(ミテクラ) きこしめしたべ。

 神の御手に巻物があるぞ、
その巻物の数は五十巻ぢゃ、
この巻物を見たものは今迄に一人もなかったのであるぞ、見ても判らんのぢゃ。
巻物を解いて読もうとすれば、それは白紙となって了うのであるぞ、人民には判らんなり。
説くことは出来んなり、
この巻物は天の文字で書いてあるぞ、数字で書いてあるぞ、
無が書いてあるぞ、
無の中に有がしるしてあるぞ、
心を無にすれば白紙の中に文字が現はれるのであるぞ、
時節参りて誰の目にも黙示とうつるようになった、有難いことであるぞ、
岩戸がひらけて愈々の時となったのぞ、始めからの巻物よく読んで下されよ、
よくより分けて下されよ、
何も彼も一切ありやかに刻まれてゐるぞ、残る十二巻と一巻は人民では判らんぞ、無の巻物ぞ、空に書いてあるぞ。

 称言(たたえごと) 太祝詞(ふとのりと)こと 今ぞ高らに。

 木でも草でも皆、中から大きくなるのざと申してあろう、
つけ焼刃や膏薬はりで大きくなるのでないぞ、
三千年に一度と言ふ、又とない結構な時がめぐりて来てゐるのであるぞ、為せば成るぞ、
六ヶ敷いこと申してゐるのではない、
自分の中の自分を掃除して自分の外の自分を洗濯して磨けと申しているのぞ、
みがけば神と同列のミタマぞ、
釈迦ぞ、キリストぞと申してあろう。

内にあるものを磨けば外からひびくものも磨かれた、けがれのないものとなるのぢゃ、
中の自分を掃除しないで居るといつ迄たっても、岩戸がひらけてゐても岩戸はひらけん。
583忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/14(日)20:28:59 ID:XE5
青海原 青垣山の内(宇宙)に 御子生る。

 神の御座(みくら)のまわりには十の宝座があるぞ、
十の宝座は五十と五十、
百の光となって現れるのであるぞ、
大摩邇は百宝を以って成就すると知らせてあろうがな、
五十種の光、五十種の色と申してあろうがな、
光の中に百億の化仏(けぶつ)ぢゃと申してあろう、
百が千となり万となり億となるのであるぞ、
今迄は四の活物(かつぶつ)と知らせてありたが、岩戸がひらけて、五の活物となったのであるぞ、五が天の光であるぞ、
白、青、黄、赤、黒、の色であるぞ。


 百不足(モモタラズ) 八十隈手(ヤソクマデ) いまひらかんときぞ。

 天のことは今迄は人民には判らなかったのであるぞ、
時めぐり来て、岩戸がひらけて、判るようになったのぞ、
今迄の人民であってはならん、
地そのものが変ってゐるのであるぞ、
人民は我(ガ)が強いから一番おくれてゐるのであるぞ、
人民の中では宗教人が一等おくれてゐるぞ、
神人(カミヒト)とならねば生きては行かれんのぢゃ、
天地がアメツチとなってきてゐるからぞ、
天も近うなるぞ、地も近うなるぞと気つけてありたのに目さめた人民少ないぞ、
今に昇り降りで急しくなり、衝突するものも出てくるぞ、

他人におんぶされたり、車に乗せられてゐた人民たちよ、
もうその時は過ぎてゐるのであるから、自分の足で歩まねばならんぞ、
大地をふみしめよ、大地の気が身内に甦るぞ。
584名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)23:16:31 ID:zHi
>>583
黄はない
他は昔からある色で"い"をつけると表現できる
黄はできない
585忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/15(月)20:25:17 ID:Hgj
※岩戸開き
反対の世界と合流する時、
平面の上でやろうとすれば濁るばかりぢゃ、
合流するには、立体でやらねばならん、立体となれば反対が反対でなくなるぞ、
立体から複立体に、複々立体に、立立体にと申してあろう、漸次(ぜんじ)輪を大きく、広く、深く進めて行かねばならんぞ、
それが岩戸ひらきぢゃ、

低い世界は戒律なくてはならんぞ、人民の頭で、戒律と秩序、法則をゴッチャにして御座るぞ、
平面と立体とをゴッチャにするのと同じ迷ひの道であるぞ、気つけ下されよ。

病むことは神から白紙の巻物をもらったことぢゃ、この巻物をどんなに読みとるかによって新しき道がひらけるのぢゃ。
神からの巻物おろそかにするでないぞ。


 気の合う者のみで和して御座るなれど、それでは和にならんと知らしてあろうがな、
今度は合わんものと合せるのぢゃ、
岩戸がひらけたから、さかさまのものが出て来てゐるのぢゃ、
この行(ぎょう)、中々であるなれど、これが出来ねば岩戸はひらけんのぢゃ
マコトの神さえ魔神のワナにかかって御座るのぢゃ、人民がだまされるのも無理ないようなれど、だまされてゐては今度の御用は成就せんぞ。
自分自身にだまされてゐる人民も多いのであるが、ついて御座れよ、少しは苦しき行もあるなれど見事なことを致して御目にかけるぞ、自分でもビックリぢゃ、
はじめからの神示よく読んで下されよ、霊かかりよろしくないぞ、やめて下されと申してあろう。


 生命の樹、生命の水を間違へて下さるなよ。
樹とはキであるぞ、
水とは道であるぞ、
樹と水にたとへてあるを、そのままにとるから、囚われた迷信となるのぢゃ。
586忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/15(月)20:30:51 ID:Hgj
>>584
今迄は白馬と赤馬と黒馬とであったなれど、岩戸がひらけたら、岩戸の中から黄(基)の 馬が飛び出してくるぞ、キが元ぞと申してあろうが、トドメの馬であるぞ、黄金の馬である ぞ、救ひの馬であるぞ

レスありがとうございます。
上記の神示が頭に浮かびました。
皆様弥栄。
皆様が愛と喜びに溢れる日々になりますように。
587忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/16(火)20:31:05 ID:8yB
※掃除とは
真の懺悔(ざんげ)は正法をおさむることであるぞ、
掃除することであるぞ。

先づ御(おさ)め、次に治(おさ)め、次に知(おさ)めねばならんぞ、
素盞鳴(スサナル)の大神は
先づ滄海原を御め給ひ、
更に蒼海之原を治め給ひ、
次に天下(あめのした)を知め給うたのであるぞ。
素盞鳴の大神が悪神とうつるのは悪がそなたの中にあるからであるぞ。
※スサナルの大神=国常立大神

※宮=マコト
 七は成り、八は開くと申してあろうが、
八の隈(くま)からひらきかけるのであるぞ、ひらけると
〇 と九と十との三が出てくる、
これを宮と申すのぞ、
宮とはマコトのことであるぞ、
西と東に宮建てよと申すこと、これでよく判るであろうが、マコトの数を合せると五と五十であるぞ。
中心に五があり、その周辺が五十となるのであるぞ。
これが根本の型であり、型の歌であり、型の数であるぞ、
摩邇(マニ)の宝珠(タマ)であるぞ、五十は伊勢であるぞ、五百は日本であるぞ、五千は世界であるぞ、このほう五千の山、五万の川、五億のクニであるぞと申してあろうがな。


 わざわひと言ふものは無いのであるぞ、
光をわすれ、光にそむくから、イヤな事がおこるのぢゃ、
影がさすのぢゃ、禍とか悲しみとか言ふ くらい(暗い)ものがないのがマコトであるぞ、中心は無と申してあろう。
中心は見えんから、判らんから、外のカスばかり見てゐるからつまらんことで、つまらんことが起ってくるのぞ、
その見えぬ力が永遠の生命と現われるのであるぞ、見えるものは有限ぢゃ。
この世の大泥棒をタカヤマぢゃと申して、この世を自由にさせておいてよいのか、元の元の元をよく見極め、中の中の中の見えぬものを掴(つか)まねばならんぞ、そこから正さねば外側からばかり清めても何もならん。
588忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/17(水)22:42:54 ID:VgU
始めの日は始めの日に過ぎん、
始めの前にあるものが判らなければ、それは只の理屈に過ぎんぞ、マコトでないぞ、
根から出たものではない、枝葉に過ぎん、
男から女は生れんぞ、奇数から偶数は生れんと申してあろうが、
一つのものの表が男であるぞ、
裏が女であるぞ、
男から女をつくったと申すのは或る時期に於ける教ぢゃ、岩戸がひらけたのであるから教へではならん、道でなくてはならんと申してあるぞ、道は永遠ぢゃ、〇 から出て 〇に至るのぢゃ。


 四ツ足を食ってはならん、
共喰となるぞ、草木から動物生れると申してあろう、
神民の食物は五穀野菜の類(たぐい)であるぞ。
今の人民の申す善も悪も一度にひらいて、パッと咲き出るのが、次の世の新しき世の有様であるぞ、取違いせぬように、悪と申しても魔ではないぞ、アクであるぞ。
大峠の最中になったら、キリキリまひして、助けてくれと押しよせるなれど、その時では間に合わん、逆立してお詫びに来ても、どうすることも出来ん、皆 己の心であるからぞ、
今の内に改心結構、神の申す言葉が判らぬならば、天地のあり方、天地の在り方による動きをよく見極めて下されよ、納得の行くように致して見せてあるでないか。


 九分行ったら一休みせよ、
始めから終りまで休まずに行くと、今の人民では息切れ致すぞ、一休みして自分の来た道をふり返れよ。
この世の世話をさすために、人民には肉体を与えてあるのぞ、活神(いきがみ)がしたのでは堪(こば)れんものが沢山に出て来るからぢゃ、立替、立直し一時に来ているから、われよしの人民には判らんことになるぞ、
この世の動きが判らんのはわれよしざからぞ、
今度の岩戸びらきは五度の岩戸しめを一度にひらくのであるから、人民には中々に理解出来んことに、折り重なってくるから、何事も神の申す通りハイハイと素直にきくのが一等であるぞ。
589忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/18(木)17:40:16 ID:tLK

※五度の岩戸しめ
岩戸しめの始めは
ナギ(伊邪那岐命)ナミ(伊邪那美命)の命の時であるぞ、
ナミの神が火の神を生んで黄泉国に入られたのが、そもそもであるぞ、十の卵を八つ生んで二つ残して行かれたのであるぞ、十二の卵を十生んだことにもなるのであるぞ、五つの卵を四つ生んだとも言へるのであるぞ、
総て神界のこと、霊界のことは、現界から見れば妙なことであるなれど、それでちゃんと道にはまってゐるのであるぞ。
一ヒネリしてあるのぢゃ、天と地との間に大きレンズがあると思へば段々に判りてくるぞ。
夫神、妻神、別れ別れになったから、一方的となったから、岩戸がしめられたのである道理、判るであろうがな。
その後、独り神となられた夫神が三神をはじめ、色々なものをお生みになったのであるが、それが一方的であることは申す迄もないことであろう、
妻神も同様、黄泉大神となられて、黄泉国の総てを生み育て給ふたのであるぞ、
この夫婦神が、時めぐり来て、千引の岩戸をひらかれて相抱き給う時節来たのであるぞ、
うれしうれしの時代となって来たのであるぞ。
同じ名の神が到るところに現はれて来るのざぞ、
名は同じでも、はたらきは逆なのであるぞ、この二つがそろうて、三つとなるのぞ、三が道ぞと知らせてあろうがな。時来たりなば この千引の岩戸を倶にひらかんと申してあろうがな。

次の岩戸しめは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、ダマシタ岩戸からはダマシタ神がお出ましぞと知らせてあろう。
いよいよとなってマコトの天照大神、天照皇大神、日の大神、揃ふてお出まし近うなって来たぞ。

次の岩戸しめは素盞鳴命に総ての罪をきせてネの国に追ひやった時であるぞ、
素盞鳴命は天下(あめがした)を治しめす御役(おんやく)の神であるぞ。
天ヶ下(あめがした)は重きもののつもりて固まりたものであるからツミと見へるのであって、
よろづの天の神々が積もる(と言ふ)ツミ(積)をよく理解せずして罪神と誤って了ったので、
これが正しく岩戸しめであったぞ、
命(みこと)をアラブル神なりと申して伝へてゐるなれど、
アラブル神とは粗暴な神ではないぞ、あばれ廻り、こわし廻る神ではないぞ、
アラフル(現生る)神であるぞ、天ヶ下、大国土を守り育て給う神であるぞ、取違ひしてゐて申しわけあるまいがな。
このことよく理解出来ねば、今度の大峠は越せんぞ。
絶対の御力を発揮し給ふ、ナギ、ナミ両神が、天ヶ下を治らす御役目を命じられてお生みなされた尊き御神であるぞ。
素盞鳴の命にも二通りあるぞ、
一神で生み給へる御神と、夫婦呼吸を合せて生み給へる御神と二通りあるぞ、間違へてはならんことぞ。

神武天皇の岩戸しめは、
御自ら人皇を名乗り給ふより他に道なき迄の御働きをなされたからであるぞ。
神の世から人の世への移り変りの事柄を、一応、岩戸にかくして神ヤマトイハレ彦命として、人皇として立たれたのであるから、大きな岩戸しめの一つであるぞ。

仏教の渡来までは、
わずかながらもマコトの神道の光がさしてゐたのであるなれど、
仏教と共に仏魔わたり来て完全に岩戸がしめられて、クラヤミの世となったのであるぞ、
その後はもう乱れほうだい、やりほうだいの世となったのであるぞ、これが五度目の大き岩戸しめであるぞ。
590忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/19(金)17:42:53 ID:QL3
※理のささげもの=マコトの宝
ささげるもの、与へるものは、いくらでも無限にあるでないか、
ささげよささげよ、
与へよ与へよ、
言(ことば)こそは誰もがもてる 其(理)のささげものであるぞ、与へても与へても無くならんマコトの宝であるぞ。

 まだ 〇 のみ追ふてゐる人民 沢山あるなれど、
〇 では世は治まらん、自分自身は満たされんぞ、
〇 でなくてはならん、と申して 〇だけでもならんぞ、
・ が元ぢゃ、内ぢゃ、
〇 は末ぢゃ、外ぢゃ、
・ から固めて下されよ、
〇 はおのづから出来てくる、
ふさはしい 〇 が出来てくるのぢゃ。
今の世はひらけたひらけたと申しているが、それは半面だけのこと、
半面がひらけると半面がとざされる世の中、
開け放しの明るい世が目の前に来てゐるぞ。
用意はよいか、真中うごいてはならんと申してあろう、
動くのは外ぢゃ、
忙しい急しいと申すのは外側にゐる証拠であるぞ、
気つけて早う中心に飛び込めよ、真中結構、
日本は真中の国であるぞ、日本精神は真中精神、末代動かぬ精神であるぞ、
三千世界の大掃除であるから、
掃除するには、掃除する道具もゐるぞ、人民もゐるぞ、
今の有様では、いつ迄たっても掃除は出来ん、
益々けがれるばかりぢゃ、
一刻も早く日本から、日本を足場として最後の大掃除を始めて下されよ。神が致すのでは人民がかあいそうなから、【くどう】申してゐるのぞ。
※掃除=正法をおさめること

 頭と尻尾だけでは何も出来ん、化物ぢゃ。
八尾八頭(かしら)の時代はすんだのであるぞ、【かんじん】の胴体がないぞ、
日本が胴体であるぞ、
日本を何処に忘れて来たのか、自分でも判るまいがな、
尻の毛まで抜かれた化物の姿、鏡にうつして見るがよい、鏡は神示ぢゃと早うから知らしてあろうがな。


第十五帖

 五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。
591忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/20(土)21:44:20 ID:LR6
メクラの人民がいくら集まって相談すればとて、すればする程ヤミとなるのぢゃ、
行き詰って【あげもおろしも】出来んことになるのぢゃぞ、
総てを数だけで決めようとするから悪平等となるのぢゃ、
メクラをいくら並べてみても何もならん、早う改心せよ、
新しきタマの選挙があるでないか。


 はじめに碧玉を並べて下されよ、次に赤玉、次に赤黄玉、次に黄赤玉、次に黄玉、次に黄青玉、次に青黄玉、次に青玉、次に青赤玉、次に赤青玉、次に紫水晶、
合せて十一玉、
この巻、碧玉の巻であるぞ。

※何事も感謝の訳
 氷と水と水蒸気ぢゃと申してあろうがな、同じであって違ふのぞと知らしてあろう、
地には地の、天には天の、神には神の、人民には人民の、動物には動物の、植物には植物の、
それぞれの法則があり、秩序があるのであるぞ、
霊界に起ったことが現界にうつると申しても其のままでうつるのではないぞ、
また物質界が霊界に反影すると申しても其のままに反影するのではないぞ、
総てが太神の中での動きであるから、喜びが法則となり秩序となって統一されて行くのであるぞ、
それをフトマニと申すのぞ、
太神の歓喜から生れたものであるが、太神もその法則、秩序、統一性を破る事は出来ない大宇宙の鉄則であるぞ、
鉄則ではあるが、無限角度をもつ球であるから、如何ようにも変化して誤らない、
マニ(摩邇)の球とも申すのであるぞ。
その鉄則は第一段階から第二段階に、第二段階から第三段階にと、絶えず完成から超完成に向って弥栄するのであるぞ。
弥栄すればこそ、呼吸し、脈拍し、進展して止まないのであるぞ。
このこと判れば、次の世のあり方の根本がアリヤカとなるのであるぞ。


 百は九十九によって用(ハタラ)き、五十は四十九によって、二十は十九によって用(ハタラ)くのであるぞ、
この場合、百も五十も二十も、天であり、始めであるぞ、
用(ハタラ)きは地の現れ方であるぞ、
フトマニとは二十の珠であり、
十九は常立であるぞ、
根本の宮は二十年毎に新しく致さねばならん、十九年過ぎて二十年目であるぞ。
地上的考へ方で二十年を一まわりと考へてゐるが、十九年で一廻りするのであるぞ、いろは(母)の姿見よ。
592忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/20(土)21:53:34 ID:LR6
鉄腕アトムという漫画の中で、博士がアトムは完璧でないと言います。
その理由が悪の心を持っていないからと。
善悪不二の神示を思い浮かべました。
皆様弥栄。
皆様が愛を感じる幸せな日々になりますように。
593忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/21(日)20:46:44 ID:DYc
偶然と申すのは、
宇宙世界、星の世界の必然からのものであって偶然ではないぞ、

天に星のある如く地には塩があるのであるぞ、
シホ、コオロコオロにかきならして大地を生みあげた如く、ホシをコオロコオロにかきならして天を生みあげたのであるぞ。
天の水、地の水、
水の中の天、水の中の地、
空は天のみにあるのではないぞ、地の中にもあるのぞ、
天にお日さまある如く地中にも火球があるぞと申してあろう、
同じ名の神二つあるぞ、大切ことぢゃ。


 ナルの仕組とは
【成十】(七 @ 十)の経綸であるぞ、
八が十になる仕組、
岩戸(言答)ひらく仕組、
今迄は中々に判らなんだのであるが、時節が来て、岩戸がひらけて来たから、見当つくであろう、
富士(二二、普字)と鳴門(ナルト)(七 @ 十、成答)の仕組、結構致しくれよ。
※@は右廻りのウズです。
十については、火水(カミ)や縦横、つまり社会と見えない神や先祖の縦の繋がりの和合の記述もあります。
富士ナルトについては、そのものの記述と富士=真理、ナルト=ハタラキなどの記述があります。



 時、時、と申してあるが、時間ではないぞ。
神(カミ)、幽身(ガミ)にも聞かせているのぞ。
地上人には時間が考えられるなれど、
神界には時間がなく、神も霊人も時間は知らないのであるぞ。
只よろこびがあるのみぞ。
神界で時間と申すのは、
ものの連続と変化、状態の弥栄の事であるぞ。
トキ待てよ。
トキ違えるでないぞ。
地上人の時間と区別して考えねば このふでは解らんぞ。
594忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/22(月)20:25:12 ID:XjB
人民もの言へんことになると申してありたこと近うなったぞ、
手も足も出んこと近づいたぞ、
神が致すのでない、
人民自身で致すこと判りてくるぞ。
人民の学や智では何とも判断出来んことになるぞ。
右往左往しても、世界中かけ廻っても何もならんぞ、判らんでも判りた顔せねばならん時が来たぞ、ウソの上ぬり御苦労ぞ、
人民がいよいよお手上げと言うことに、世界が行き詰りて神のハタラキが現れるのであるぞ、
日本人びっくりぢゃ、
日本人はいくらでも生み出されるが日本の国は出来まいがな、
身体中、黄金(こがね)に光ってゐるのが国常立大神の、ある活動の時の御姿ぞ、
白金(しろがね)は豊雲野大神であるぞ、
今の科学では判らん。
一万年や三万年の人間の地上的学では判らんこと、
国常立大神のこの世の肉体の影が日本列島であるぞ、
判らんことがいよいよ判らんことになったであろうが、
元の元の元の神の申すことよく聞きわけなされよ、神の学でなければ今度の岩戸はひらけんぞ。
※神示の別の記述でも黄金、白銀が出てくる箇所が2箇所あります。
神様も表と裏があり、人に善悪の心があるように、神様にもあり、
神様の場合は、全きハタラキの為に裏としてハタラキを現す事もあるということです。
再度読まれる時に、黄金、白銀に注視して読まれると、お名前まで書かれてあります。


 悪の仕組通り、悪平等、悪公平の選挙でえらび出すのざから、
出るものは悪にきまっているでないか、悪もよいなれど、悪も神の用(ハタラ)きであるなれど悪が表に出ること相成らん。


 人民と申すものは生命(いのち)が短いから、気が短いから、仕組少しでもおくれると、
この神は駄目ぢゃと、
予言が違ったではないかと申すなれど、
二度とない大立替であるから少し位のおそし早しはあるぞ、
それも皆人民一人でも多く助けたい神の心からぢゃ。
おくれても文句申すが早くなっても又文句を申すぞ、判らんと申すものは恐ろしいものであるぞ。
595忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/23(火)20:41:19 ID:q3F
この世をつくった太神の神示ぞ、
一分一厘違わんことばかり、
後になって気がついても、その時ではおそいおそい、
この神は現在も尚(なお)、
太古を生み、中世を生み、現在を生み、未来を生みつつあるのぞ、この道理判りて下されよ、
世界は進歩し、文明するのでないぞ、
呼吸するのみぞ、
脈拍するのみぞ、
変化するのみぞ、
ぐるぐる廻るのみぞ、
歓喜弥栄とはこのことぞ。


 人民一度死んで下されよ、
死なねば甦られん時となったのぞ、
今迄の衣をぬいで下されと申してあろう、
世がかわると申してあろう、
地上界の総てが変るのぞ、
人民のみこのままと言うわけには参らぬ、死んで生きて下されよ、タテカヘ、タテナホシ、
過去と未来と同時に来て、
同じところで一先づ交じり合うのであるから、人民にはガテンゆかん、新しき世となる終りのギリギリの仕上げの様相であるぞ。


 白と黒とを交ぜ合せると灰色となる常識はもう役にたたんぞ。
白黒交ぜると鉛となり鉄となり銅となるぞ、更に銀となり黄金となるぞ、
これがミロクの世のあり方ぞ、五と五では動きとれん。そなたの足許に、来るべき世界は既に芽生へてゐるでないか。
596忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/23(火)20:57:54 ID:q3F
群馬県で火山噴火がありましたが、数霊でみますと。

天の意に沿う生き方をサポートしてくれ、教えてくれる。
周りの人であったり、メディアからだったりすると思います。

世の中の流れは神示にもありますが、陰陽反対のものが出やすいようです。
まるで世の中が良くなってきたような出来事があるかと思うと、それとは逆の出来事があるなど。

自分が夢中になれる事に熱中することで、迷いやとらわれがなくなり、物事の中にある真実と喜びに近づく。

魂の望む方向、潜在意識の方ですが、その望む方向へ運命が進み、
自分の神性が外に現れていくにつれ、物事が好転していきます。

皆様弥栄。
597忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/24(水)21:28:17 ID:yF2
 世の元は 〇 であるぞ、世の末も 〇 であるぞ、〇 から 〇 に弥栄するが、その動きは左廻りと右廻りであるぞ、
) と ( と申してあろう、
その中心に動かぬ動きあるぞ、
何も彼も、人民迄変るのが今度の大立替、食物も、衣類も、住居も皆変るぞと申してゐる時が来ているのぞ、
いつ迄チョンマゲを頭にのせてゐるのか、ケンビキ今一度痛くなるぞ、そのケンビキ今度は東の方ぢゃ。


 自由も共産も共倒れ、岩戸がひらけたのであるから元の元の元のキの道でなくては、タマ(玉)の道でなくては立ちては行かん、
動かん二二(普字、富士)の仕組、ひらけて渦巻く鳴門(ナルト)(七 @ 十、成答)ぢゃ
新しき人民の住むところ、
霊界と現界の両面をもつ所、
この岩戸ひらきて二度とない九十(光透)でひらく仕組。
※九十に注目しながら次の神示を読むと理解しやすいです。


 地上界に山や川もあるから霊界に山や川があるのでない、
霊界の山川がマコトぞ、
地上はそのマコトの写しであり、コトであるぞ、
マが霊界ぢゃ、
地上人は、半分は霊界で思想し、霊人は地上界を足場としてゐる、互に入りかわって交はってゐるのぞ、
このこと判れば来るべき世界が、半霊半物、四次元の高度の、影ないうれしうれしの世であるから、人民も浄化行せねばならん、
大元の道にかへり、歩まねばならん、
今迄のような物質でない物質の世となるのであるぞ。
※マ=〇=霊界=神界+幽界


 父のみ拝(おろが)みたたへただけでは足りない、
母に抱かれねば、母の乳をいただかねば正しく生長出来ないのであるぞ。
一神として拝んでも足りぬ、
二(柱)でも一方的、
十万柱としても一方的ぞ、
マイナスの神を拝(おろが)まねばならん、
マイナスの神とは母のことぢゃ、
天にまします父のみでは足りないぞ、天にあれば必ず地にもあるぞ、
一即多即汎、地即天、天即地から表即裏である、マコトを行じて下されよ。
※イザナギ=+=男、
イザナミ=-=女、
男が上で女が下で土
598忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/25(木)20:36:56 ID:cYn
目から泥を洗ひ去ると見へてくるぞ、右の目ばかりではならん、左の目の泥も落せよ。
泥のついてゐない人民一人もないぞ、泥落すには水がよいぞ、世の元からの真清(詞)水で洗ひ落し下されよ、世の元の元の元の真清(詞)水結構。


 十二人が一人欠けて十一人となるぞ、その守護神を加へて二十二柱、
二十二が富士ぢゃ、真理ぢゃ、
又三であるぞ、
今迄は四本指八本指で物事をはかって誤りなかったのであるが、
岩戸が明けたから親指が現れて五本十本となったのぢゃ、このことよくわきまへよ。


 偽(にせ)の愛、偽(にせ)の智と申すのは、
神を信じない人民の愛と智であることを知れよ、
この人民たちは神の声を聞いても聞こへず、神の現れを見ても見へないのであるぞ、
目をとぢ耳にふたしてゐるからぞ、今の人民よ学者よ金持よ、早う考へ方を変へねば間に合わん、心の窓 早うひらけよ。

※土
 土のまんぢうと申してあろう、土が食べられると申してあろう、土から人民を生んだと申してあろう、
ウシトラコンジンの肉体は日本の土ざと知らしてあろう、
土に生きよと申してあろう、
地は血(智)であるぞ、
素盞鳴命様であるぞ、
その土が生長して果ての果てに皮をぬぐ、それが地変であるぞ。
599忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/26(金)20:53:07 ID:e4f
天人が人民に語る時は、
人民の中に来て、
その人民のもつ言葉で語り文字を使うのであるぞ、
自分と自分と語る如くなるのであるぞ、
天人同士の文字は数字が多いぞ。夜明け前になると霊がかりがウヨウヨ、勝手放題にまぜくり返すなれど、それもしばらくの狂言。


 人民もの言わなくなると申してあろうが、
ものが今迄のようにものを言わなくなり、
マコトの世となるぞ、
天人の言葉はマコトであるから、只一言で万語を伝へ得るぞ。
言葉の生命(いのち)は愛であり、真であるから、真愛から発しない言葉はマコトの言葉でないぞ。
子音と母音と組み組みて父音の気を入れて始めて言葉となるのぢゃ、今の人民のは言葉でないぞ、日本の古(光)語がマコトの言葉ぞ、言霊ぞ、数霊と倶に弥栄ゆく仕組。


 人民が正しく言葉すれば霊も同時に言霊するぞ、
神も応へ給ふのであるぞ。
始め言葉の元があるぞ、ムムムムムウウウウウゝゝゝゝゝアと現はれるぞ、神の現はれであるぞ、
言葉は神をたたへるものぞ、
マコトを伝へるものぞ、
倶(トモ)に鳴り、倶に栄えるものぞ。


 言葉は生れ出るものぢゃ。
先づ言葉され、歌となり、文章となり、又絵画となり、彫刻となり、建築となり、又音楽となり、舞踊となり、
あらゆる芸術の元となるのであるぞ。
神に通ずればこそ、
愛であり、真であり、善であり、美であり、喜びであるぞ、
喜びなきものは芸術でないぞ。
今の芸術は死の芸術、魔の芸術。


 アとオとウとは天人の言(コトバ)、
アとエとイは天使の言(コトバ)、
人民に与へられた元の言(コトバ)であるぞ、
五柱の元つ太神が十柱の夫婦神と現われ十柱の子(みこ)と交わって五十神と現はれるのぢゃ。

故に五十神の中の三十二神は新しく生れるのぢゃ、更に二十七神とはたらき又二十五有法とはたらくぞ。
600忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/28(日)00:08:52 ID:WH8
二二の二の五つの今あけて、よろづゐんねん出づる時来ぬ。
天の理が地に現はれる時が岩戸あけぞ、日本の国が甘露台ぢゃ。

 歓喜に裁きのない如く、神には裁きなし。
さばき説く宗教はいよいよ骨なしフニャフニャ腰となるぞ、
戒律や裁きは低い段階、
過去の部分的一面に過ぎん、
裁きを説くのは自分で自分をさばいてゐること、
人民に罪なし。

 手長手伸(たながたのし) 堅磐常磐(かきはときは)に 祝ふ御代なる。

 生井栄井津(いくゐさかゐつ) 長井阿須波比支(ながゐあすはいき) たたへましを。

 底つ岩根 千木岩(ちぎいわ)高く 瑞(みづ)の御舎(みあらか)。

 四方(よも)の御門(みかど) 五方(いつも)とひらき 宇都幣帛(うづみてくら)を。

 御巫(かむなぎ)の 辞竟(ことお)へまつる 生足御国(いくたるみくに)。

 塩沫(しほなは)の 留まる限り 皇国弥栄(みくにやさか)ゆ。

 海原の 辺にも沖にも 神つまります。

 天の壁 地(くに)の退立(そぎた)つ 極み手伸(たの)しき。

 八十綱(やそつな)を 百綱(ももつな)とかけて ささし給はむ。
601忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/28(日)20:52:04 ID:WH8
※〇=霊界

  〇 (霊)界と申しても
神界と幽界に大別され、
又神界は天国と霊国に分けられ、天国には天人、霊国には天使が住み、
幽界は陽界と陰界に分れ、
陽霊人、陰霊人とが居る、
陽霊人とは人民の中の悪人の如く、陰霊人とは善人の如き性をもってゐるぞ。
高い段階から申せば善も悪も、
神界も幽界もないのであるが、
人民の頭で判るように申してゐるのであるぞ。
幽界は本来は無いものであるが、人民の地獄的想念が生み出したものであるぞ。

※幽界
 幽界は人間界と最も深い関係にあり、
初期の霊かかりの殆どは この幽界からの感応によることを忘れるでないぞ。
霊かかりの動作をよく見極めればすぐ判る。
高ぶったり、威張ったり、命令したり、断言したり、高度の神名を名乗ったりするものは必ず下級霊であるぞ、インチキ霊であるぞ、インチキ霊にかかるなよ、
たとへ神の言葉でも尚サニワせよと申してあろう。
迷信であってもそれを信ずる人が多くなれば、
信ずる想念によって実体化し、有力な幽界の一部をつくり出すことがあるから気付けておくぞ。無き筈(はず)のものを生み出し それが又地上界に反影してくるのであるから心して下されよ。
今の人民 九分九厘は幽界とのつながりをもつ、胸に手をあててよくよく自分をサニワせよ。


 霊的良識は、
神示や神典類によって、
又体験によって養はれ、
又高度な科学書も参考となるものぞ、科学を馬鹿にしてはならん。

幽界の霊であっても高度のものともなれば、神界の高級神霊と区別することが六ヶ敷いぞ。
初歩のサニワの誤り易いところであり、又霊眼するものの誤り易いところ、注意しなければならん、例へば霊光の如きものも強く大きくて中々にサニワ出来ないぞ。


 仙人と申すものは
如何に高度なものであっても、それは幽界に属す、
仙人界には戒律があるからぞ、
神界には戒律なし、
戒律ある宗教は亡びる、
マコトの宗教には戒律はないぞ。しかし神界にも仙人的存在はあるぞ。
602忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/29(月)18:15:11 ID:6vX
竜体をもつ霊は神界にも幽界にもあるぞ、竜体であるからと申して神界に属すると早がってんならん。

 霊界にすむものは多くの場合、自分の住む霊界以外のことは知らない。
その霊界が総ての霊界であるかの如く思ふものであるぞ。
同じ平面上につながる霊界のことは大体見当つくのであるなれど、段階が異なってくると判らなくなるのであるぞ。
他の霊界は霊自身のもつ感覚の対象とならないからである。
人民界のことをよく知ってゐる霊は、人民界を去って間もない霊か、
地上世界に長く住んでゐた動物霊か、
人民に憑依してゐた霊であるぞ。特別な使命をもつ天使は別として、人霊以外の霊で人民に憑依するのは、日本では天狗風(てき)、神風(てき)、仙人風(てき)、狐風(てき)、狸風(てき)、猫風(てき)などが大部分であるから気つけおくぞ。

 人間の肉体に他の霊が入って自由にしてゐるのだと、多くの霊覚者やサニワが信じてゐるなれど、事実そう見へるなれど、
それは誤りであるぞ。
人間の肉体は原則として真理の宿り給ふ神の生宮であるから、下級霊は中々に入ることは出来ん。
例外はあるなれど、肉体霊、外部霊、副守護霊等の想念は、
時によって動物的、幽界的となるものであるから、
それと同一波調の動物的霊が感応する、
感応はするが肉体の内部迄は入り込めない、
しかし感応の度が強ければ入ったと同様に見へる状態となるのである。
先祖霊も大体同様であるぞ。

 霊には物質は感覚の対象とはならない、
霊には、人間の肉体は無いのと同じである。
祖先霊に化けて何かを企てる動物霊が多いから注意せよ。
動物霊が何故祖先のことを知るかと申せば、その憑依の対象となる人間の肉体霊の知ってゐることを、直ちに知り得るからである。

 動物霊が人間の言葉を使ふことは、フに落ちないと申すものが沢山あるなれど、よく考へて見よ、例へば他人の家に入って、其処にある道具類をそのまま使用するのと同じ道理ぢゃ、判りたか、
動物霊でも他の霊でも人間に感応したならば、その人間のもつ言葉を或る程度使いこなせるのであるぞ、
故に日本人に感応すれば日本語、米人なれば英語を語るのであるぞ。
今の偉い人民がこの神示をよむと、理屈に合わん無茶苦茶な文章であるから、下級霊の所産だと断ずるなれど、それは余りにも霊界の事を知らぬ霊的白痴であることを、自分で白状してゐるのぞ、
気の毒ぢゃなあ、
ましてこの神示は八通りに読めるのであるから、いよいよ判らん事になるぞ。

 時に、例外として人間の魂と動物の魂と入れ替ってゐることもあるぞ、この場合は肉体に入り込んだと考へてよいぞ。
こう言ふ場合、例へばそれが狐ならば狐の様相を露呈するから、誰にでもすぐ判るなれど、
悪行を積んだ霊ともなれば巧みに、その時代々々の流れに合せて化けているから、中々見破ること六ヶ敷いぞ、心得なされよ。
或る種の霊は、自分自身は高度な神界に住んでゐると誤信してゐるものもあるが、こうした霊が感応した場合は自信を以って断言する場合が多い、
人間が知らぬ世界のことを、自信を以って強く告げられると、多くのサニワは参って了ふぞ。
603名無し :2018/01/29(月)18:27:49 ID:OpA
五情の戒律と一霊四魂
604忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/30(火)21:00:19 ID:yk8
幽界霊も時により正しく善なることを申すなれど、それは只申すだけであるぞ。
悪人が口先だけで善を語るようなものであるぞ、
よいことを語ったとて直ちに善神と思ってはならん。
よい言葉ならば、たとへ悪神が語ってもよいではないかと申すものもあるなれど、それは理屈ぢゃ、甘ければ砂糖でなくサッカリンでもよいではないかと申すことぞ。真の善言真語は、心、言、行、一致であるから直ちに力する、
言葉の上のみ同一であっても、心、言、行、が一致しておらぬと力せぬ。
偽りの言葉は、落ちついてきけばすぐ判るぞ、同じ「ハイ」と言ふ返事でも、不満をもつ時と喜びの時では違ふであろうがな。
われは天照太神なり、などと名乗る霊にロクなものないぞ、大言壮語する人民はマユツバもの。


 サニワは、場合によって霊媒を誘導してもよいぞ、
霊に向って常に愛を持って接しなければならんぞ。
誰でも絶へず霊界とのつながりがあり、霊界からの呼びかけがあるから、サニワはそれを助け、導くように努力しなければならんぞ。


 はじめに出て来る霊は殆ど下級霊であるぞ、
玄関に先づ出て来るのは玄関番であるぞ。
祖霊の出る場合は、何か頼みたい場合が多いぞ、
浄化した高級霊ともなれば、人民に判るような感応は殆どないぞ。


 霊の要求ぢゃと申して、そのまま受け入れてはならんぞ、
よく判断した上で処理せねばならん。
下級霊、動物霊の場合は酔ひどれのように箸にも棒にもかからんことを申すものぞ。
殊にその霊が病気に関連をもってゐる場合は微妙であるから、よく心得なされよ。
悪い企て、悪い行為ぢゃとて、直ちにキメつけてはならん、
やんわりともちかけて善きに導かねばならんぞ、
悪をきらふ心があってはならん、悪抱き参らせと申してあろうがな。
邪道的要求を容れて一時的に病気を治すと、それに倍してブリ返すぞ、この呼吸大切。
605忍法帖【Lv=5,サラマンダー,Z2c】 :2018/01/30(火)21:02:12 ID:yk8
>>603
大本さんのですね。
有難うございます。
皆様弥栄。
皆様が愛を感じる幸せな日々をおくれますように。
606名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)19:50:33 ID:How

 霊に ◎ (ひつぐ)神示をよんで聞かせて見よ、
その偉大さがハッキリ判るぞ。

どんな下級霊であっても、その霊を馬鹿にしてはいけない、
馬鹿にすると反射的にサニワを馬鹿にして始末におへんことになるぞ。
霊覚者や行者の中には奇跡的なことや非常識な行動をする者がよくあるぞ、
一般の人民はそれにだまかされることがよくあるぞ、
何れも下級霊のしわざであるぞ、
正神には奇跡はない、
奇跡ないことが大きな奇跡であるぞ、奇跡するものは亡びる。
高級霊は態度が立派であるぞ、
わかりたか。


 霊の発動をとめて、静かにする法は
「国常立大神 守り給へ幸(さき)はへ給へ」と三回くり返すこと。又「素盞鳴大神 守り給へ幸はへ給へ」と三回くり返すこと、
又は「太日月地大神 守り給へ幸はへ給へ」と三回くり返すこと。

世界そのものの霊かかり、
日本の霊かかり、
早うしづめんと手におえん事となるが、見て御座れよ、見事な事を致してお目にかけるぞ。


今日8時45分から皆既月食だそうですが、9時51分からはスーパーブルーブラッドムーンになり、お願いごとをすると良いそうです。
今回の前は150年前だったらしく珍しいみたいです。
皆様弥栄。
607名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)19:43:11 ID:ePT
世界を一つにするのであるから王は一人でよいぞ、
動きは二つ三つとなるのぢゃ、
キはキのうごき、
ミはミのうごき、
動いて和してキミと動くのぢゃ。三が道ぞと知らしてあろう、

自他の境界つくるでないぞ、
おのづから自他の別と和が生れて お互に折り重なって栄へるのぢゃ、
世界一家への歩み方、やり方、間違へるでないぞ。

九分九厘まで進まねば後の一厘は判らん、今が九分九厘であるぞ、日本は日本、世界は世界、
日本は世界のカタ国、
おのづから相違あるぞ。


 守護神をよく致せば肉体もよくなるぞ。
神の道は一本道であるから、
多くに見へても終りは一つになるのぢゃ、
今が終りの一本道に入るところ、この道に入れば新しき代は目の前、
神も今迄はテンデンバラバラでありたなれど、今に一つにならねばならぬことに、天が命じてゐるのであるぞ。
人民の中と外も同様ぞ。
今の人民はマコトが足らんから、マコトを申しても耳に入らんなれど、
今度は神が人民にうつりて、
又 人民となりてマコトの花を咲かす仕組、
同じことを百年もづづけてクドウ申すと人民は申すなれど、判らんから申してゐるのであるぞ。


 わが身をすてて、三千世界に生きて下されよ、
わが身をすてると申すことは
我(が)をすてること、学をすてることぢゃ、
すてると真理がつかめて大層な御用が出来るのであるぞ、

それぞれの言葉はあれどミコトは一つぢゃと申してあろうが、
ミコトに生きて下されよ。
言葉の裏には虫がついてゐるぞ、英語学ぶと英語の虫に、
支那語学ぶと支那語の虫に犯されがちぢゃ。
判らねばならんし、中々ながら御苦労して下されよ。

大難を小難にすることは出来るのであるが無くすることは出来ん。不足申すと不足の虫が湧くぞ、怒ると怒りの虫ぞ。

一生懸命、自分の信じるように、神を小さくして自分で割り切れるように、引きづり降ろして居るなれど、困ったもんぢゃ、
長くゆったりとした気持ちで神を求めて下されよ。
608名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)20:45:48 ID:sku
大空に向って腹の底から大きく呼吸してゴモクを吐き出し、大空を腹一杯吸ひ込んで下されよ。
そなたの神を一応すてて心の洗濯を致してくれよ、
神示が腹に入ったらすてて下されと申してあろうがな、
神を信じつつ迷信に落ちて御座るぞ。
※そなたの神というのは、自分で作った神のことです。
昨日のフデの最後の行と合わせてお読みください。

日本が秘の本の国、
艮(宇詞答裸)(ウシトラ)のかための国、
◎ (ヒ)出づる国、
国常立大神がウシトラの扉をあけて出づる国
と言うことが判りて来んと、今度の岩戸ひらきは判らんぞ、
こんなことを申せば、今のエライ人々は、古くさい迷信ぢゃと鼻にもかけないなれど、
国常立命がウシトラからお出ましになることが岩戸(言答)ひらきぞ、
今の学では判らんことばかり。
善と悪とに、自分が勝手にわけて、善をやろうと申すのが、今の世界のあり方。
天の王、地(智、千)の王のこと、・ のことがハッキリ判らねば足場がないではないか、
足場も、めあてもなくてメクラメッポーに歩んだとて目的には行きつけぬ道理。
※・は神示、光、喜びなど
・が足場、めあて


 つまらぬことに心を残すのは、つまらぬ霊界とのゑにしが残ってゐることぞ。
早う岩戸を開いて富み栄へて下されよ、
人民 富み栄えることは、神が富み栄えることぞ。
何事もはらい清めて下されよ、
清めるとは和すことぞ、
違ふもの同士和すのがマコトの和であるぞ。
8迄と910とは性が違ふのぞ。


 和すには5と5でなくてはならんが、陽が中、陰が外であるぞ、天が主で地が従ぞ、
男が上、女が下、
これが正しき和ぞ、
さかさまならん、
これが公平と申すものぢゃ、
陰と陰と、陽と陽と和しても陰ぢゃ、陽と陰と和して始めて新しき陽が生れる、陽が本質的なもの、この和し方がはらひきよめ。


 今まで世に落ちてゐた神も、世に出てゐた神も皆一つ目ぢゃ、
一方しか見へんから、
世界のことは、逆の世界のことは判らんから、今度の岩戸ひらきの御用は中々ぢゃ、
早う改心して こ(九、光)の神について御座るのが一等であるぞ。
外国の方が早う改心するぞ、
外(幽)国人とは逆の世界の人民のことであるぞ。
神の目からは世界の人民、皆わが子であるぞ。
世界中 皆この神の肉体ぞ、
この神には何一つ判らん、出来んと申すことないのぢゃ。どんなことでも致して見せるぞ。
609名無し :2018/02/03(土)00:02:32 ID:MaJ
>>605
はい。

私の願わくば、弥勒世に渡れる者が一人でも増える事です。
そして欲を言うならば、如来の叡智をも身に付けて、七次元界まで進まれる存在の増える事です。
610名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)20:48:22 ID:NUn
元は5で固めたのぢゃ、
天のあり方、天なる父は5であるぞ。
それを中心として、ものが弥栄えゆく仕組、
それを人民は自分の頭で引き下げて4と見たから行き詰って世界の【難ぢう】であるぞ。
手や足の指は何故に5本であるか、誰にも判るまいがな。


 天の5を地にうつすと
地の五則となるのぢゃ、
天の大神は指を折りて数へ給ふたのであるぞ、
天の大神の指も五本であるから、それを五度折りて二十五有法となされ、五十をもととされたのぢゃ、
神々、神心、神理、神気、神境であるぞ、
この交叉弥栄は限りなし、
これを五鎮と申すのであるぞ。
上天、下地、照日、輝月、光星、これを五極と申すぞ。
東木、南火、中土、西金、北水、これを五行と申す。
裸物、毛物、羽物、鱗物、甲物を五生と申し、
文則、武則、楽則、稼則、用則を五法と申すのぢゃが、
それだけでは足りない、
その中に ・ があるのぢゃ、
大神がましますのぢゃ、
人民の頭では中々に理解出来んなれど、理解して下されよ。
これが妙であるぞ、奇であるぞ、天の父の教であり、地にうつした姿であるぞ。


 神示に出したら天明に書かすのであるぞと知らしてあろう、
神示はいくらでも神界に出してあるのぢゃ、
神が想念したならば、神界ではそれが神示となっているのぢゃ、
それを人民に判るように書かすのぢゃ。
父と母との文字で書かすのであるぞ、天明は神示うつす役、書かす御役。


 陽(ひ)あたりのことと、陽かげのことと一時に出て来るのぢゃ、
タテコワシとタテナホシが一時にくるのぢゃ、
神の申した通りになって居ろうがな、
学で説くと学の鬼に囚われるぞ、智で説くと智の、理で解くと理の鬼に囚われる、
このままに伝へて下されよ。天の世界も潰してはならん、
地の世界も潰すわけには参らんが、地上の事は潰さねば建直し六ヶ敷いなれど、見て御座れよ、
一厘(理云)(リン)の火水でデングリ返して、見事なことをお目にかけるぞ。
611名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)20:54:24 ID:NUn
>>609
私も一人でも多くの考えの元、大本さんで言う宣伝師として皆様のご好意で書かせていただいてます。
実現の為に頑張りましょう。
609さん弥栄。
皆様が愛を感じる幸せな日々でありますように。
612名無しさん@おーぷん :2018/02/04(日)21:00:48 ID:aqr
※ご神業とは
口先ばかりで、その場限りでうまい事申して御座るが、
それは悪の花、心と行が伴わんからぢゃ。
己(おのれ)自身のいくさが終ってゐないからであるぞ。
そなたのもつ悪いくせを直して下されよ、それが御神業ぢゃ。
神々様も自分のくせを直すために御苦労なさってゐるぞ、そのために生長する。
昨日の自分であってはならんぞ。六十の手習でとまってはならん、死ぬまで、死んでも手習ぢゃ。
お互におろがめよ、おがむと総てが自分となる、おがむところへ集まって来て弥栄ぢゃ。


 これまでに申してきかせても言ふこときかぬ人民多いぞ、
きく耳ないならば思ふようにやって見なされ、グルグル廻って又はじめからぞ、
人民は神の中にゐるのであるから、いくら頑張っても神の外には出られん。
死んでも神の中にゐるのぞ、
思ふさまやりて得心改心、
われがわれがで苦しむのも薬と申すもの。

※マコトの衣
 正しくないものが正しい方に従はねばならんと人民申して御座るなれど、
正とか不正とか申す平面的衣を早うぬいで下されよ。
マコトを衣として下されよ、
マコトを衣にするには
心がマコトとなりなりて、マコトの肉体とならねばならん、

マコトとは数(かず)ぢゃ、言(こと)ぢゃ、色ぢゃ、その配列、順序、法則ぞ。


 右の頬をうたれたら左の頬を出せよ、それが無抵抗で平和の元ぢゃと申してゐるが、その心根をよく洗って見つめよ、
それは無抵抗ではないぞ、
打たれるようなものを心の中にもっているから打たれるのぞ。マコトに居れば相手が手をふり上げても打つことは出来ん、
よくききわけて下されよ。
笑って来る赤子の無邪気は打たれんであろうが、これが無抵抗ぞ。世界一家天下泰平ぢゃ、左の頬を出すおろかさをやめて下されよ。


 頭さげて低うなって見なされよ、必ず高い所から流れてくるぞ。
高くとまっているから流れて来んのぢゃ、
神のめぐみは水のように淡々として低きに流れて来るぞ、
自分が自分にだまされんように心して下されよ、
善悪をきめて苦しんで御座るぞ。

世界の片端浜辺から いよいよが起って来たぞ、夜明け近づいたぞ。
613名無しさん@おーぷん :2018/02/05(月)20:22:53 ID:W9C
今迄の、のがれ場所はヤマであったが、今度はヤマに逃げても駄目、カミの御旨の中であるぞ、山に移りて海に入れよと申してあろう、今度のことぞ。


 この神示は、神と竜神と天人天使と人民たちに与へてあるのぢゃ。
天界での出来事は必ず地上に移りて来るのであるが、
それを受け入れる、その時の地上の状態によって
早くもなればおそくもなり、時によっては順序も違ふのであるぞ、
人民は近目であるから色々と申すなれど、広い高い立場で永遠の目でよく見極めて下されよ。
寸分の間違ひもないのであるぞ、これが間違ったら宇宙はコナミジン、神はないのであるぞ。


 天人天使の行為が人民にうつるのであるなれど、
人民の自由、能力の範囲に於ける行為は又逆に、天界に反影するのであるぞ、

日本とカラ(支那中国)と土地が違ふように、日本人とカラ人とは違ふ、天界のうつり方も違ふのであるぞ。
同じ日本人でも時と所によって違ふ。肌のこまかい絹と荒壁にうつる映画は同じでも少しづつ違ふようなもの、違ってうつるのがマコトであるぞ、
同じ数でも123と一二三は違ふのであるぞ、判りて下されよ。
新しき世界に進む大切ことぢゃ。


 今の学者には今の学しか判らん、それでは今度の岩戸ひらきの役にはたたん、
三千世界の岩戸ひらきであるから、少しでもフトマニに違ってはならんぞ。
廻りくどいようなれど【とつぎ】の道から改めなされよ、
出舟の港は夫婦からぢゃと申してあろう、
ミトノマグハヒでなければ正しき秩序は生れんぞ、

素盞鳴命が、荒ぶる神、悪神ではなく、人民の罪を背負って下さる救ひ主の大神であることが判らねば、岩戸はひらけんぞ。

新しき世界の宮は土地(神智)(十千)であるぞ、
住所(数真意)(すまい)であるぞ、
永遠に在(おわ)す神は住む(澄む、数務)土地(十千)であるぞ、下には永遠の腕(宇丁)(うで)があるぞ。
614名無しさん@おーぷん :2018/02/06(火)20:41:50 ID:xhv
岩戸(言答)びらきと申してあるが、
天は天の、地は地の、人民は人民の、動植物は動植物の、それぞれの岩戸をひらくのであるから、
その立場々々によって違ふところがあるぞ、
それを自分のものさしで計って、岩戸ひらきとはこんなものぞと定めてゐると、いよいよ判らん時代となってくるぞ、気つけおくぞ。


※フトマニとは
 フトマニとは大宇宙の法則であり秩序であるぞ、
神示では012345678910と示し、その裏に109876543210があるぞ、
〇 九十(マコト)の誠であるぞ、合せて二十二、
富士(普字、不二)(フジ)であるぞ。
神示の始めに示してあろう。二二(富士)は晴れたり日本晴れぞ。


 判るように説いて聞かすから、今迄の智を一先づすてて、生れ赤児となりて聞いて下されよ。
天之鈿女(あめのうづめ)の命が天照大神に奉った巻物には12345678910と書いてあったのぞ。
その時はそれで一応よかったのであるなれど、それは限られた時と所でのことで永遠のものではないぞ。


 この時代には一二三四五六七八九十の数と言葉で、
死者も甦る程の力があったのであるなれど段々と曇りが出て来て、これだけでは役にたたんことになって来たのぞ。
岩戸開きの鍵であったが、今度の岩戸ひらきには役にたたんようになったのであるぞ。
始めに◎ がなくてはならん、
◎は神ぞ。
615名無しさん@おーぷん :2018/02/07(水)20:58:36 ID:VvV
人民の肉体も心も天地も皆同じものから同じ想念によって生れたのであるぞ。
故に同じ型、同じ性をもっているぞ、
そのかみの天津神は
イザナギ、イザナミの神と現われまし、
成り成りの成りのはてに
イザナギ、イザナミの
となり給ひて、
先づ国土をつくり固めんとしてオノコロの四音の島をならし八尋殿(やひろどの)を見立てられたのであるぞ、
これがこの世の元、
人民の頭に、東西南北の四方があり八方と拡がるであろうが、
八十となり、八百、八千と次々に拡がりて八百万(やをよろづ)となりなるのであるぞ。


 四と八によってなされたのであるから、森羅万象の悉(ことごと)くがその気をうけてゐるのであるぞ。
原子の世界でもそうであろうが、これが今の行き詰りの原因であるぞ、八では足らん、十でなくてはならん、 〇 でなくてはならんぞ。
岩戸ひらきの原因はこれで判ったであろうがな。


 根本の元の元の元の神は 〇 から一に、二に、三に、四に、五に弥栄したのであるぞ、
別天津神(ことあまつかみ)五柱と申してあろうがな、
五が天であるぞ。
五は数であるぞ、転じて十となるなれど、動き栄へるには
+ と - の神が現われねばならん、これが中を取り持つ二柱の神ぞ。
※-は母とありましたよね。


 ナギ、ナミ夫婦神は八分通り国土を生み育てられたが、
火の神を生み給ひてナミの神は去りましたのであるぞ。
物質偏重の世はやがて去るべき宿命にあるぞ、心得なされよ。
ナミの神はやがて九と十の世界に住みつかれたのであるぞ。
妻神に去られたナギの神は一人でモノを生むことの無理であることを知り給ひ、妻神を訪れ給ひ、相談されたのであるなれど、
話が途中からコヂレて遂に別々に住み給ふ事となり、
コトドを見立てられて千引の岩戸をしめ、両神の交流、歓喜、弥栄は中絶したのであるぞ。
616名無しさん@おーぷん :2018/02/08(木)20:51:57 ID:4GL
千引岩をとざすに際して、
ナミの神は夫神の治(し)らす国の人民を日に千人喰ひ殺すと申され、
ナギの神は日に千五百の産屋(うぶや)を建てると申されたのであるぞ。
これが日本の国の、又地上の別名であるぞ、
数をよく極めて下されば判ることぞ、
天は二一六、地は一四四と申してあろうが、
その後ナギの神は御一人で神々をはじめ、いろいろなものを生み給ふたのであるぞ、
マリヤ様が一人で生みなされたのと同じ道理、
この道理をよくわきまへなされよ。
此処に大きな神秘がかくされている、
一神で生む限度は七乃至八である、その上に生まれおかれる神々は皆七乃至八であるが、
本来は十万十全まで拡がるべきものである。
或る時期迄は八方と九、十の二方に分れてそれぞれに生長し弥栄し行くのであるぞ。


 国常立神も素盞鳴命も大国主命も、総て地(智)にゆかりのある神々は
皆、九(光)と十(透)の世界に居られて時の来るのをおまちになってゐたのであるぞ、
地は智の神が治(し)らすのぞと知らしてあろうが、
天運 正にめぐり来て、千(智)引の岩戸(言答)はひらかれて、
これら地(智)にゆかりのある大神達が現れなされたのであるぞ、これが岩戸ひらきの真相であり、誠を知る鍵であるぞ。
※〇=霊界、九十=地


 いよいよ判らんことが更に判らんことになるぞと申してあるが、ナギの命の治らす国もナミの命の治らす国も、双方からお互に逆の力が押し寄せて交わりに交わるから
いよいよ判らんことになるのであるぞ。


 判らんと申すのは一面しか見えぬことであるぞ、
双方を見る目に、早う改心致してくれよ。
この白黒まだらな時は長くつづかん、
最も苦しいのは一年と半年、半年と一年であるぞ、
死んでから又甦られるように死んで下されよ、マコトを心に刻みつけておりて下されよ。
617名無しさん@おーぷん :2018/02/09(金)20:18:46 ID:YMN
死ぬか生きるかは人民ばかりでないぞ、神々様も森羅万象の悉くが同様であるぞ、
しばらくの生みの苦しみ。
八の世界から十の世界になるのであるから、今迄の八方的な考へ方、八方的な想念や肉体では生きては行かれんのであるぞ、
十方的想念と肉体でなくてはならんぞ。


 八方的地上から十方的地上となるのであるから、総ての位置が転ずるのであるから、
物質も念も総てが変るのであるぞ。
これが元の元の元の大神の御神策ぞ、今迄は時が来なかったから知らすことが出来んことでありたなれど、いよいよが来たので皆に知らすのであるぞ。
百年も前からそら洗濯ぢゃ、掃除ぢゃと申してありたが、今日の為であるぞ、岩戸ひらきの為であるぞ。
今迄の岩戸ひらきと同様でない、末代に一度の大岩戸(言答)ひらきぢゃ。


 神の申すことは一分一厘違はんのであるぞ、
今度言ふことを聞かねば大変な気の毒となるぞ、
地(智)の下になって了ふのであるぞ、
12345678の世界が
12345678910の世となりて、012345678910の世となるのぢゃ、
012345678910が【マコト】と申してあろうがな。
裏表で二十二ぢゃ、二二の五ぢゃ、二二(ふじ)は晴れたり日本晴れぞ、判りたか。


 太陽は十の星を従へるぞ、
原子も同様であるぞ。
物質が変るのであるぞ、
人民の学問や智では判らん事であるから早う改心第一ぞ、
二二と申すのは天照大神殿の十種(とくさ)の神宝に ・ (テン)を入れることであるぞ、
これが一厘の仕組。
二二となるであろう、
これが富士の仕組、
七から八から鳴り鳴りて十となる仕組、なりなりあまるナルトの仕組。富士(不二)と鳴門(ナルト)(成答)の仕組いよいよぞ、これが判りたならば、どんな人民も腰をぬかすぞ。
一方的に一神でものを生むこと出来るのであるが、それでは終りは完う出来ん、九分九厘で【リンドマリ】ぞ、
神道も仏教もキリスト教もそうであろうがな、
卍(ぶつ)も十(キリスト)もすっかり助けると申してあろうがな、助かるには助かるだけの用意が必要ぞ。
用意はよいか。このこと大切ごと、気つけおくぞ。
なりなりなりて十とひらき、二十二となるぞ、富士(普字)晴れるぞ、大真理世に出るぞ、
新しき太陽が生れるのであるぞ。
618名無しさん@おーぷん :2018/02/09(金)20:22:11 ID:YMN
http://www.onisavulo.jp/modules/ond/index.php?content_id=24
神々が良くわかる内容となっています。

http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm0122
国祖御引退の御因縁
619名無しさん@おーぷん :2018/02/10(土)20:09:46 ID:HDk
あの子を生んで、この子を産んで去ったのであるぞ。
その中に一人だけよくない子が出来た、
その子には海の藻草や山の菜、野菜を食べさせてくれよ、
段々よい子になるぞ。


 霊界に方位はない、
人民は東西南北と申してゐるなれど、今に東の東が現れてくるぞ。霊界では光のさす方が北ぢゃ
その他の東西南北は皆南ぢゃ、
北が元ぢゃ、
北(基田)よくなるぞと申してあろうがな。

※神の御心のままに
鳴門(ナルト)の渦巻を渡る時はカヂをはなして、手放しで流れに任せると渡れるのであるぞ、
カヂをとると同じ処をグルグルぢゃ。
カヂをはなせる人民少ないのう。何んでも彼んでもカヂをとって自分の思ふ通りに舟を進めようとするから大変が起るのぢゃ、
渦にまかせる時はまかさなければならんぞ、ナルトの仕組の一面であるぞ、大切ごとぞ。


 友つくれと申してあろうが、
友と申しても人間ばかりでないぞ、山も友ぞ、川も友ぞ、動植物も友ぞ。
一人の友を得たら一つの世界を得たことぞ、
何も彼も皆友ぢゃ、友は己ぢゃ、皆己となれば己なくなるぞ、
己なくなれば永遠に生きられる、無限の己となるぞ。

御神前で拝むもよいなれど、
空を拝めよ、山も川も拝めよ、野菜拝めば野菜が、魚を拝めば魚が神となり、又、己となるのぢゃ。
足らぬことないクワシホコチタルのウラヤスの自分となるのであるぞ。


 お尻を出したらお尻をキレイにふいてやれよ、怒ってはならん、お尻を出されるには、出されるだけの何かの原因が己の中にあるのであるぞ。
利子は後からでよいと申すが先に払ふこともあるぞ、
先にお尻をふいてやらねばならんこともあるぞ。
世が迫って岩戸があいたのであるから、先にお尻をふく事も出てくるぞ、思わぬお尻もち込まれることもあるなれど、
怒ってはならん、気持よくふいてやれよ、やがては神がそなたのお尻をふいて下さるぞよ。
620名無しさん@おーぷん :2018/02/10(土)20:14:24 ID:HDk
http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm1511
大蛇退治の詳細

http://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm0250
抱きまいらすということ、和が国祖のやり方でわかる内容
621名無しさん@おーぷん :2018/02/11(日)22:27:24 ID:Vj3
※コトバ
もの与へること中々ぢゃ、心してよきに与へねばならんぞ。
与へることは頂くことと知らしてあろうが、与へさせて頂く感謝の心がなくてはならん、
強く押すと強く、弱く押すと弱くハネ返ってくるぞ。
自分のものと言ふもの何一つもないぞ、この事判れば新しき一つの道がわかるぞ。


 仕事はいくらでもあるではないか、七つの仕事があるぞ、
七人のかへミタマあると知らせてあろうがな、
高く昇らねば遠くは見えん、
目の先ばかり見ているから行きつまるのぢゃ、
道には落し穴もあるぞ、
心得て、仕事に仕へまつれよ。
岩戸はひらかれてゐるのに何してゐるのぞ、
光がさしてゐるのに何故背を向けてゐるのぞ、
十の仕事して八しか報酬ないことあるぞ、
この場合二は神にあづけてあると思へよ、神の帳面あやまりなし、利子がついて返って来るぞ、
まことのおかげはおそいと申してあろうがな。


 昨日は昨日、今日は今日の風、昨日に囚われるなよ、
人民の道は定まってゐるなれど、目の前だけしか見えんから踏み迷ふのであるぞ。
薬飲んで毒死せんように致しくれよ、薬は毒、毒は薬ぢゃ、
大峠にも登りと下りとあるぞ
馬鹿正直ならん、頭の体操、ヘソの体操大切ぞ。


 出し切って了ふと味がなくなるぞ、自分の力がかくせぬようでは大仕事は出来んぞ。
取り越し苦労、過ぎ越し苦労はやめて下され、
地球と言ふ大船に乗って一連託生ぢゃ、
現在の仕事が御神業と心得よ
不満をもってはならん、
そなたが招いた仕事でないか。
この道理判らねば迷信の迷路に入るぞ。
622忍法帖【Lv=3,スライムべス,UC0】 :2018/02/12(月)00:20:15 ID:URE
ここにも貼っておこう。
年表図の「北」の文字を「北東」(ウシトラ)に変更し、四の歳に追記しました。

日月神示未来年表Ⅱ




見やすいように分割しました。比率はA4用紙に合わせてあります。

年表部分




シナリオ部分



623忍法帖【Lv=3,スライムべス,UC0】 :2018/02/12(月)00:33:40 ID:URE
これも張らないと意味ないか。
日月神示未来年表Ⅰ



624名無しさん@おーぷん :2018/02/12(月)18:40:52 ID:Dtt

 平等とか公平とか申すのは悪魔のワナであるぞ、
天地をよくみよ、人民の申す如き平等も公平もないであろうがな、一寸のびる草もあれば一尺のびる草もあるぞ、
一寸の草は一寸が、一尺の草は一尺が頂天であるぞ。
これが公平であり平等と申すもの。
人民は選挙と申すマヤクに酔ってゐるぞ、選挙すればする程、本質から遠ざかるぞ。
他に方法がないと定めてかかるから、悪魔に魅入られてゐるから判らんことになるぞ。
世は立体であるのに平面選挙していては相成らんぞ。
平面の数で定めてはならん、立体の数に入れよ。


 悪自由、悪平等の神が最後の追込みにかかってゐるなれど、
もう悪の世はすんで岩戸がひらけてゐるのざから、何とやらのように前から外れてアフンぢゃ、
七重の花が八重に、八重が九重、十重にひらくのであるぞ、
七重はキリストぢゃ、
八重は仏教ぢゃ、今の神道ぢゃ、今までの教はつぶれると申してあろうがな。
兎や角申さず掴(つか)める所から神をつかんでついて御座れよ、水は流れる所へ流れてゐるであろうがな、あの姿。


 善では立ちて行かん、
悪でも行かん、
善悪でも行かん、
悪善でも行かん。
岩戸と申しても天の岩戸もあるぞ、今迄は平面の土俵の上での出来事であったが、今度は立体土俵の上ぢゃ、
心をさっぱり洗濯して改心致せと申してあろう、
悪い人のみ改心するのでない、善い人も改心せねば立体には入れん、
【此度の岩戸は立体に入る門ぞ】。


 八のつく日に気つけてあろうが、八とはひらくことぞ。
今が八から九に入る時ぞ、
天も地も大岩戸ひらき、人民の岩戸ひらきに最も都合のよい時ぞ、天地の波にのればよいのぢゃ
楽し楽しで大峠越せるぞ、
神は無理申さん、やればやれる時ぞ、
ヘタをすると世界は泥の海、
神々様も人民様も心の目ひらいて下されよ、新しき太陽は昇ってゐるでないか。
625名無しさん@おーぷん :2018/02/12(月)18:42:17 ID:Dtt
>>622
ありがとうございます。

皆様弥栄。
皆様が愛を感じる幸せな日々になりますように。
626名無しさん@おーぷん :2018/02/13(火)21:29:20 ID:r3Z
悪を食ふて暮さなならん時近づいたぞ、
悪に食われんように、
悪を噛んで、よく消化し、浄化して下されよ、
悪は善の仮面をかぶってゐること多いぞ、
だが悪も大神の中に生れたものであることを知らねばならん。
ダマシたいものには一先づダマサレてやれよ、
ダマサレまいとするからダマサレるのであるぞ。
生命の樹の実は美しくおいしいぞ、食べてはならんが食べねばならんぞ、
肉体慾が先に出るから生命を失ふ、心でとりて実を喜ばせて食べるとよいのであるぞ、食べないで食べる秘密。


 一升マスには一升入ると思ってゐるなれど、一升入れるとこぼれるのであるぞ、
腹一杯食べてはならん、
死に行く道ぞ、
二分を先づ神にささげよ。

流行病(はやりやまい)は邪霊集団のしわざ、
今にわからん病、世界中の病はげしくなるぞ。


 今に大き呼吸(いき)も出来んことになると知らせてあろうが、その時来たぞ、
岩戸がひらけると言ふことは
【半分のところは天界となることぢゃ、天界の半分は地となることぢゃ】、
今の肉体、今の想念、今の宗教、今の科学のままでは岩戸はひらけんぞ、
今の肉体のままでは、人民生きては行けんぞ、
一度は仮死の状態にして魂も肉体も、半分のところは入れかえて、ミロクの世の人民としてよみがへらす仕組、心得なされよ、
神様でさへ、この事判らん御方あるぞ、大地も転位、天も転位するぞ。


 マコトでもって洗濯すれば霊化される、
半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん、
今のやり方ではどうにもならなくなるぞ、
今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ、
灰になる肉体であってはならん、原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、
今の物質でつくった何物にも影響されない新しき生命が生れつつあるのぞ。
岩戸ひらきとはこのことであるぞ、
少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ、大弥栄の仕組。
627名無しさん@おーぷん :2018/02/14(水)21:26:33 ID:K9m
日々の人民の御用が神の御用と一致するように努力せねばならん、一致すれば
うれしうれしで暮しむきも何一つ足らぬものなくなってくるぞ、
食物がよろこんで飛び込んでくるぞ、
着るものが着てくれと飛び込んで来るぞ、
住居も出来てくるぞ。
心のそれぞれも同様ぞ。


 ウヨウヨしてゐる霊かかりにまだ、だまされて御座る人民多いのう、
何と申したら判るのであるか、
奇跡を求めたり、
われよしのおかげを求めたり、
下級な動物のイレモノとなってゐるから、囚われてゐるから、だまされるのぢゃ、
霊媒の行ひをよく見ればすぐ判るでないか。
早うめさめよ、
因縁とは申しながら、かあいそうなからくどう申して聞かせてゐるのであるぞ、
マコトの道にかへれよ、
マコトとは ⚪ 一二三四五六七八九十と申してあろう、
そのうらは十九八七六五四三二一 で、合せて二十二であるぞ、
二二が真理と知らしてあろう、
二二が富士(不二、普字)と申してあろうが、まだ判らんか。


 大掃除はげしくなると世界の人民皆、仮四の状態となるのぢゃ、掃除終ってから因縁のミタマのみを神がつまみあげて息吹きかへしてミロクの世の人民と致すのぢゃ、
因縁のミタマには ◎ (カミ)のしるしがつけてあるぞ、
仏教によるもののみ救はれると思ってはならんぞ、
キリストによるもののみ救はれると思ってはならん、
神道によるもののみ救はれると思ってはならん、
アラーの神によるもののみ救はれるのでないぞ、
その他諸々の神、それぞれの神によるもののみ救はれるのではないぞ、
何も彼も皆救はれるのぢゃ、
生かすことが救ふこととなる場合と、小呂すことが救ふことになる場合はあるなれど。


 月は赤くなるぞ、
日は黒くなるぞ、
空はちの色となるぞ、
流れもちぢゃ。
人民四つん這(ば)ひやら、逆立ちやら、ノタウチに、一時はなるのであるぞ、
大地震、ヒの雨降らしての大洗濯であるから、一人のがれようとて、神でものがれることは出来んぞ、天地まぜまぜとなるのぞ、ひっくり返るのぞ。

※富士山が火を噴くという記述がありますが、又神の山は皆富士というという記述もありますので、現にそのようになっておりますね。
火の雨が、火=神示=真理、真理の雨になって大難が小難となるようにお祈りさせていただいてます。
皆様弥栄

628忍法帖【Lv=3,スライムべス,UC0】 :2018/02/14(水)22:52:14 ID:j0H
あちこち修正
内容は殆ど変化無し

日月神示未来年表Ⅱ




年表部分



629名無しさん@おーぷん :2018/02/15(木)19:41:08 ID:h1C

 今迄は白馬と赤馬と黒馬とであったなれど、岩戸がひらけたら、岩戸の中から黄(基)の馬が飛び出してくるぞ、
キが元ぞと申してあろうが、
トドメの馬であるぞ、
黄金の馬であるぞ、
救ひの馬であるぞ、
このこと神界の秘密でありたなれど時来たりて人民に伝へるのであるぞ、
今迄は白馬に股がって救世主が現れたのであるが、
いよいよの救世主は黄金の馬、基(キ)の馬にのって現われますのであるぞ。
※白馬、黒馬、赤馬は聖書ヨハネの黙示録に出てきます。


 神は一時は仏とも現れたと申してありたが、仏ではもう治まらん、
岩戸が開けたのであるから、蓮華ではならん。
人民も改心しなければ、地の下に沈むことになるぞ、
神が沈めるのではない、
人民が自分で沈むのであるぞ人民の心によって明るい天国への道が暗く見へ、
暗い地の中への道が明るく見えるのであるぞ、
珍しきこと珍しき人が現れてくるぞ、ビックリ、ひっくり返らんように気つけてくれよ、
目の玉 飛び出すぞ、たとへでないぞ。


 神は宇宙をつくり給はずと申して聞かせてあろうが、
このことよく考へて、よく理解して下されよ、
大切なわかれ道で御座るぞ。
福はらひも併せて行はねばならん道理。
光は中からぢゃ、岩戸は中からひらかれるのぢゃ、
ウシトラがひらかれてウシトラコンジンがお出ましぞ、
もう【よこしま】のものの住む一寸の土地もなくなったのぞ。


 新しき御代のはじめの【たつ】の年、あれ出でましぬ かくれゐし神。
かくり世も うつし御国の一筋の光りの国とさきそめにけり。


 四つの花が五つに咲くのであるぞ、
女松の五葉、男松の五葉、合せて十葉となりなりなりて笑み栄ゆる仕組、
十と一の実り、
二二と輝くぞ、
日本晴れ近づいたぞ、
あな爽々し、岩戸あけたり。
国土をつくり固める為に、根本大神が何故にヌホコのみを与へたまひしか? を知らねば、岩戸ひらきの秘密はとけんぞ。
千引岩戸をひらくことに就いて神は今迄何も申さないでゐたのであるなれど、時めぐり来て、その一端をこの神示で知らすのであるぞ、
素盞鳴の命のまことの御姿が判らねば次(通基)の世のことは判らんそ、
神示をいくら読んでも【カンジンカナメ】のことが判らねば何にもならんぞ。
※ヌホコは確か大本さんだったと思うのですが、舌の事だと書かれてありました。
630名無しさん@おーぷん :2018/02/15(木)19:42:32 ID:h1C
>>628
ありがとうございます。
皆様弥栄。
皆様が愛を感じる幸せな日々となりますように。
631名無しさん@おーぷん :2018/02/16(金)15:30:19 ID:3zG
五チャンネル見ろよwww
632名無しさん@おーぷん :2018/02/16(金)21:22:58 ID:t4A
何も彼も前つ前つに知らしてあるのに、人民は先が見えんから、言葉の【ふくみ】がわからんから取違ひばかり、
国土(九二つち)の上は国土の神が治(し)らすのぢゃ、
世界の山も川も海も草木も動物虫けらも皆この方が道具に、数でつくったのぢゃ。
愈々が来たぞ、
いよいよとは一四一四ぞ、
五と五ぞ。
十であるぞ、十一であるぞ、
クニトコタチがクニヒロタチとなるぞ、
クニは黄であるぞ、
真中であるぞ、
天は青であるぞ、
黄と青と和合してみどり、
赤と和して橙(だいだい)となり、青と赤と和して紫となる、
天上天下地下となり六色となり六変となり六合(クニ)となるのぢゃ、
更に七となり八となり白黒を加へて十となる仕組、
色霊(イロタマ)結構致しくれよ。


 ヨコの十の動きがクラゲナスタダヨヘルであり、
タテの十の動きがウマシアシカビヒコジであるぞ、
十と十と交わり和して百となり九十九と動くのぞ。

過去も未来も霊界にはない、「今」があるのみ、これを中今(ナカイマ)と申すぞよ。

竜宮の乙姫殿、日の出の神殿、岩の神殿、荒の神殿、風の神殿、雨の神殿、暗剣殿、地震の神殿、金神殿の九柱なり、総大将は国常立大神なり、
このこと判りて下されよ、
教はなくなるぞ、元の道が光り輝くぞ、これを惟神(かんながら)の道と申すぞ。


 少しでも交じり気があったら先になって取り返しがつかんことになるぞ、
今度は一厘の【くるひ】があってもならんぞ。
柱になる人民もあれば屋根になる人民もあるぞ。
天の王と地の王とをゴッチャにしているから判らんことになるのぢゃ、その上に又大王があるなれど大王は人民には見当とれん、
無きが如き存在であるぞ。
人民は具体的にと申すなれど、人民の申す具体的とはコリ固った一方的なもの、一時的な その時の現れであるぞ。
人民の申す絶対無、絶対空は無の始めであり、空の入口であるぞ、其処から無に入れよ、空に生きよ。
いよいよの代(よ)となるぞ。


 現実の事のみで処してはならん、常に永遠の立場に立って処理せよと申してあろうがな、
生きることは死に向って進むこと、
マコトに生きる大道に目ざめてくれよ、
神示を始めから読めば何事もありやかぞ。
奥山はあってはならん無くてはならん存在であるぞ。善人の住むところ、悪人の休む処と申してあろう、
奥山は神、幽、現の三界と通ずるところ。
八尋殿の左と右に宮が建つ、奥にも一つ。
633名無しさん@おーぷん :2018/02/17(土)12:44:14 ID:y59
横縦十と横縦十と横縦十と横縦十で万やで
二度と
二度で三戸の
シカと今最初の十やで臣民気付けよ
天地で一柱で二柱で三柱
これを二つに分けるで六柱と元のキで7柱
これにて十柱って言ってる↑の奴ww
絶対空と絶対無は取違すんな
絶対空なら絶対無の不変がでる
出るなら一切が苦 苦からキが出る
キとは始まりの言葉の神様
神様と言葉の神様かつては二つと一つ
これを4つにすると元の元のと大神でる
これが岩戸開くで元の三柱及び五柱及び四柱と一柱
本当の三柱 二つの⚪️と大きい⚪️
大きい⚪️が点 キのキと永遠に奥へと広がる
キとは与える喜び黄色い馬って
634名無しさん@おーぷん :2018/02/17(土)12:47:40 ID:y59
因みに絶対無は我が無いってだけ
我が無い=中心利他愛
本当の絶対無はマジで何もないww
取違しないでね↑の奴性格悪くわざと見せてる
マツリの型 間が何か 魔か真
自己愛か利他愛かを間釣り 間つろうとは
ただの利他愛ww
簡単やで
635名無しさん@おーぷん :2018/02/17(土)12:59:05 ID:y59
緑色は種のキ 桃の種 桃は赤白
色んな意味の色
まずは二柱と思う
二人でも
水火の色と
火水の色と
要は型の順
意味も時で違うぞ まとめんの面倒
黄色だけでも地と土と風と火と水と空と
詰まり白と黒と金と銀と赤と青と紫とってあるww
まだあるかもな面倒
黄銅とかwwキなキの色金と金で黄銅見たいな
キ色の馬出てるとww因みに普通に銀も混じってる
が天地で金にしてるだけ見たいな
636名無しさん@おーぷん :2018/02/17(土)13:01:10 ID:y59
要は意味をアホ見たいに重ねてるだけ
637名無しさん@おーぷん :2018/02/17(土)13:25:27 ID:y59
十柱集めたのでやめてもらっても?宜しいか
638名無しさん@おーぷん :2018/02/17(土)13:28:38 ID:y59
僕を食べ過ぎやでやめな晴れ
二二の仕組みもっと簡単に説明しなさいよ
解ればシンプルじゃん
639名無しさん@おーぷん :2018/02/17(土)18:31:30 ID:CYl
>>638
気持ち悪い
640名無しさん@おーぷん :2018/02/19(月)18:49:20 ID:gzh
アイター
人民に罪なし されど苦来る意味よ知ってね
借り返せよ 罪では無いがww
宗教では原罪呼ばれてるけどな
日は焼くから悪 月は冷すから善
見たいな?www
焼かれなはれ 多分廻りとってるのぞ
これ借りぞ
でも借り多いと辛すぎるので休み無いけども
休めよ難しいけどね寝るのが一番
マジぞww
641忍法帖【Lv=3,スライムべス,UC0】 :2018/02/27(火)21:34:37 ID:CIX
ひっそりと更新
表の年始も立春に戻しました。

右側シナリオ部の【二〇】~【二二】に追記

それから新旧を区別する為名称を
日月神示未来年表Ⅲ
としました。




642忍法帖【Lv=0,作成中..】 :2018/03/01(木)20:39:05 ID:Mly
懲りずにまたまたこじつけw
今度は【歳】の始りを死海文書のクムラン教団の使っていた暦と同じ春分としましたw
そしたら何と【二二】の始りの2018年3月21日は旧暦の2月5日であることが判明!「 二二の二の五つの今あけて」に符合するではありませんか!他にも重要なイベントが【歳】の節目、節目で起こる事になり、やはり年始を春分と解釈する方が正しいようです。

それから節分は本来季節の変わり目を指す言葉だそうで【歳】= 季節と考えて【歳】と【歳】の間(=春分)を節分とすることにしました。

そしてシオヒルによる大洗濯で海岸線が大きく後退した場合、原発の冷却水が取水出来なくなることも考えられます(年表通りになればの話ですが)

日月神示未来年表Ⅲ 春分編



643忍法帖【Lv=3,スライムべス,UC0】 :2018/03/04(日)23:39:21 ID:L0u
細かな修正、下部テキスト変更

今まで年始を新暦1月1日➞旧暦1月1日➞立春として来ましたが、どうもしっくりこないので年始について色々と調べていた所、
死海文書のクムラン教団では春分を年の始めとする暦を使っていたと知り、春分を歳の始めとした所、2018年の春分の3月21日が旧暦2月5日に当たり神示の「 二二の二の五つの今あけて」にピッタリと符合。
どうやらこの一節が歳の始めをいつにすればいいのかのヒントになっていたようです。
これに併せて節分も暦上の節分ではなく節分=歳(=季節)の変わり目=春分と解釈を変更しました。

日月神示未来年表Ⅲ 春分編



644忍法帖【Lv=3,スライムべス,UC0】 :2018/03/06(火)20:43:50 ID:lck
『海の水がシメであるぞ。鳥居であるぞと申してあろうが、シメて神を押し込めてゐたのであるぞ。.....、シメて島国日本としてゐたのざぞ・・・』

ウシトラの扉が開いて神が表に出て来るってことは『日本の国はこの方の肉体であるぞ』とあるように文字通りシメである海の水を押しのけて、まさに島国で無くなるレベルで日本全体が隆起するということなのかも『日本はお土があかる、外国はお土がさかる』

そしてそのスイッチとなるのが三の◎になるのかも『日本真中、ボタン一つで世界動くぞ』

ポッチとな

日月神示未来年表Ⅲ春分編



645忍法帖【Lv=3,スライムべス,UC0】 :2018/03/07(水)22:30:41 ID:7Wg
年表部分をちょびっと修正

日月神示未来年表Ⅲ春分編



646忍法帖【Lv=3,スライムべス,UC0】 :2018/03/09(金)21:07:38 ID:tyS
年表の四の歳に追記
日月神示未来年表Ⅲ 春分編



647忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/12(月)00:22:41 ID:SBF
左側縦に追記
日月神示未来年表Ⅲ 春分編



648忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/13(火)23:01:31 ID:EqV
前回追記箇所修正
一部文字のズレがあったのをを修正
正念場の十年に数字をつけた



649忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/14(水)23:29:55 ID:gVH
左側面追記と年表クラヤミ時代横に追記(一日に十万)

日月神示未来年表Ⅲ春分編



650忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/16(金)22:59:52 ID:inu
128 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/03/16(金) 20:29:56.23
年表のクラヤミ時代修正




651忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/16(金)23:00:15 ID:inu
更新age
652忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/17(土)23:16:36 ID:OZC
129 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/03/17(土) 20:03:20.43
年表ハルマゲドン横追記




653忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/19(月)22:44:27 ID:vYc
134天之御名無主2018/03/19(月) 20:47:23.02
微々たる修正




654名無し :2018/03/30(金)00:16:22 ID:YRI
最近、自称「救世主」と名乗る方がまたもや増えて来ていると見られます。そうした方達の中には大本教神諭(正式には大本神諭)風に似せた「神示」などが出ています。
それらの神示をパラパラと読むと、大本教神諭風には書かれてはいますが、明らかに【似せ書】と断定が出来ます。似せて書かれたものと本物とでは、どこかが微妙に違うのです。匂いが違うと言えるでしょう。

どうして、そうした方達の背後の霊は大本教にこだわるのかと言いますと、大本教の教えを知らずに「神は語れない」分野があるからです。
世界救世教の岡田茂吉開祖や成長の家の谷口雅春開祖等は出口王仁三郎聖師の弟子であり、高橋信次師や五井昌久師等は孫弟子ともなります。
日月神示の岡本天明氏も大本教では機関紙の編集長でした。日本神霊学の父ともされる浅野和三郎師も大本教に居ましたし、名だたる方達が大本教霊学を学んだからです。
そうした関係もあったのか、過去にも大本神諭に似せた各種の神示が出ていましたが、読めばこれはおかしいぞと言うようなものばかりでした。

単に霊が見えるなどの段階は低級霊界とのコンタクトに過ぎません。わらわは○○大神となるぞと出て来ても、優秀な霊能者ならばそれらが蛇霊とか狐霊とかを見破ってしまいます。
自称救世主と称する方達は、そうした霊感者レベルの段階を越えておられるので、自分はそうした霊感者レベルではないという意思表示でもあろうかとは思います。

不思議なことですが、霊能者が書かれた著本を読むと、時にはその本から香しい匂いが漂って来る本もあれば、悪臭が漂っている様な本もあります。
本は「言葉で構成」されているのですが、【言葉を文章に起こしても】どこか著者の本質があるように、神示も本物と似せ物では違いが感じられます。匂いが違うと言うべきでしょうか。

言葉の言とは【口から出る心】
文章でもその言葉を出している者の、本心が現れて来るのです。
霊能力がある一部の方達は御存じだと思いますが、空間に現れる文字が金色の光に輝いているがあります。霊文字ですが、【言葉は光の文字】としても現れるのです。
言葉を軽んじている霊感者段階ではそうした物は出て来ないのかも知れません。

言葉は「光」そのものでもあるのです
言葉も「音」なれば、音は【日(火)として立つ】からです。
これが解ってないと「闇」の意味も解けないのです。
そうして似せ物であろう神示を出す神霊は、大本教神諭が何を告げようとしていたのか、その真意を測ることが出来なかったと見受けられます。

大本教神諭は【九つ花】を予告したのですが、 明治31年旧11月5日 記に
【九つ花は誠から咲かせる花であるから、三千年の経綸を致した。誠の本であるから誠の人の世話でないと、このお世話は出来んぞよ】
とあります。

三千年もの月日をかけて、日本語ですが「言葉を仕組んで来た」なのです。誠は言葉で成っていると解ります。ただ、誰がそんなことをしたかです。

いくら自分が救世主ですと自称して、【三六九神示】などと大本神諭風に似せた神示を出したところで、何一つ意味が解っていないなどがあります。
そんな自称救世主をあの人は救世主ですと言っている自称霊能者も、貴方が視る霊能力とは本物ですかと聞きたいところです。

私は【言霊】が何かを理解していない霊感者レベルでは、既存の霊に簡単に欺されると言います。
どこそこの神社に参拝したら、○○大神様が目の前に出て来られて、言葉の教えに欺されるなよと学ぶことを禁じられて、自分が【真理の目覚めに蓋をされている】ことに気づかないわけです。
一度、眼鏡蛇を天に帰らせないと、永遠に曇りガラスの様な眼鏡で隠された真実を見誤るのです

ヒンズー教の奥義書とされるヴェーダ典には、【人の中に眠るコブラ(眼鏡蛇)が目覚めて走りのぼる時、その人は真理に目覚める】とありますが、
巳(蛇)を帰しておかないと、真理には目覚めにくいのです。真理の意味すら理解出来ないのです。
私はその【巳(蛇)帰る】を体験したから、お釈迦様の悟りの「人に内在する良心神」の存在に近づけたのです。
そうでなければ眼鏡だけならばまだしも、真理を隠すシャッターの存在すら閉じられている事実に気づくことがなかったのです。
655名無し :2018/03/30(金)00:16:38 ID:YRI

自分の前に現れた霊が、自分は○○の神と名乗ったからと言って、それは本物とは限らないのです。低い霊感者レベルの人ならば簡単に欺されるのです。
邪神達は真実を知られたくないから、真理に近づくことを非常に恐れます。嫌います。為に、真理に向かわない道へとその人を導こうとするのです。なまじ霊が見える為に道を間違えてしまうが起きてしまうのです。

お釈迦様は菩提樹の樹の元で、【人には良心と呼ばれる神が内在する】と悟られたのですが、それも見事に消されていました。
大本教から「みろく」神が出され、「五六七」と世に出されたことによって、【九つ花】の意味も解けたわけです。そうでなければ、何時までも【九曜紋】にへばりついているところでした。

悟りとは、【吾が心】を知る
大本教神諭が予告した【九つ花】の上から下から右から左から「五番目の口」に、その口に心の意味は示されていたのです。
それだけのことを仕組めた神が、○○神社の神と称して出て来る存在とは月とスッポン以上の差があることに気づけないでは、神の世界の御用などにはとても使えないのです。
大本教神諭に「世に出ている神々の心の持ち方が悪かった」とありますが、『モウ世に出ている神々は、あまり天帝の仕組みの妨害をせずに首を洗って待っておきなさいの時節』と言えます。
ですから、自分が救世主ですと名乗る方達が続出してきても、別に不思議でも何でもありません。そうした時期なのです。

中略

そもそも、「救世主」とは何ですかです。
キリスト教ではイエスを救世主としますが、イエスが出た当時、どこにこの世の終わりの兆候があったのかとなります。
もしもそんな兆候があったならば、イスラエル地方だけでなく世界にそうした兆候があったの記録がないとおかしいのです。

救世主の救は「求めると攴」
求は「呪霊の獣」。攴は「殴(う)つ」
自己の魂を汚すと魂の表面に「毛物」が発生します。その時、その魂の心はその心境の状態において漢字が教える「獣」化をします。
だが、そうした「獣」化した魂も、その魂の汚れを洗ってあげると元の天人の世界にと戻って行きます。
つまり、本来の「救世主」とは、人の魂が「獣」化しているのを洗って元の美しい魂に戻せる存在の事なのです。
そうなりますと、【救世主】の意味は人々が思っていた意味とまるで違うと解って来ます。ですから、人類の終わりと言われる時に現れる。そして、新しき世に人類を導くです。
この世に出て魂を汚した存在も、その魂の汚れを洗ってくれる【主】のことです。どれだけの多くの人の魂の汚れを取ってあげたかです。
と言って、この地球には現在74億人からの人達が住みます。その魂の汚れを全て取れる存在は考えにくいのです。
私はイエス救世主論に対して、仮にイエスクラスの魂を持つ存在が10万人出ても、今の世は難しいと見ています。
しかし、各自の魂の中にお釈迦様の悟りである【人には良心と呼ばれる神が内在する】であれば、その良心神によって各自の魂の汚れは消えて行くのです。
全ての人が自己の魂の中の良心神を取り戻せば、全員が助け出されるともなります。
そこに、悔い改めた蛇霊は直立して天人の世界に戻る現象も見られるのです。
ならば、各自の救世主は、自己の魂に内在する良心神(天帝の分魂)と言えます。
656名無し :2018/03/30(金)01:20:12 ID:YRI
他所様のコピペ長々とすいません。

私も晴れて水晶魂授与と相成りました。
しかもミロク神を理解している存在に下さるタイプのものです。本人に如来の叡智が要求されます。
それは既存の神霊の位である五次元界より上に行ける切符です。上中下でいえば上となります。
今生をもって魂の地位が永遠の固定されるので、今生が頑張り時なのです。後からこんな事とは知らなかったの苦情は聴きたくなく受け入れられないのでいち早くに(1892年)告知されたのです。

◯に十字はミロクの神の御紋章です。
実際に頂いたなら、そしてこれをよーく見たならばある事に気付きます。
それは何でしょうか?。

これを得るには日月神示のレベルでは行けません。日月神示自体がかなり脇の存在なのです。
なれど人には段階に応じて相応しい教えがあります。しかし、いつまでもそこにへばりついているでは高が知れてしまいます。
世には他にも高い教えはありまして、おおよそ学び切ったら格上を求めるです。
高の知れない高山を登り向上したいならば、義を経する、高さに限りはない米の教えが最良となります。
私は守護霊のみならず、この神示の神にてその高山に道をつけてもらいました。
感謝感謝です。
解釈するな等を鵜呑みにするでなく、疑問をもって格上の教えと比較や訂正修正しようと出来るか、実はこの神示における大きな試しであったりします。
万一にでも気付ける方の出る事を期待して書かせて貰いました。
657忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/30(金)06:49:44 ID:xic
135天之御名無主2018/03/29(木) 21:16:35.25
左側 終末シナリオ下のアセンションに関する記述を修正

欧米各国がロシア大使館員を国外追放するなどロシアと欧米の関係が緊迫していますが

『悪の総大将は奥にかくれて御座るのぞ。一の大将(露)と二の大将(米)とが大喧嘩すると見せかけて、世界をワヤ(めちゃくちゃ)にする仕組、もう九分通り出来てゐるのぢゃ。』

が現実味を帯びてきました。

プーとトラは裏で繋がっていてこのシナリオ通りにプロレスを始める可能性があります。

日本には米の同盟国ということで露が侵攻してくるかも知れません(二の大戦)

そしてこの戦争(第三次大戦)で国としての体をなさなくなった国々を一つにまとめて世界統一政府を樹立する仕組なのかも知れません。





658名無し :2018/04/07(土)22:32:37 ID:MDB
そんな小さな事ではありません。
早く眼鏡蛇を天に返して下さい。
659忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/04/23(月)02:23:13 ID:32W
140 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/04/22(日) 17:01:22.92
『富士は火の山、火の元の山で、汚してならん御山ざから臣民登れんやうになるぞ』
右側二二の欄に追記



660忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/04/25(水)23:47:54 ID:tIS
143 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/04/25(水) 20:39:50.55
アセンションに関する記述で

「三千世界という人間の創造の力の及ぶ範疇を超えた世界」

を次のように修正しました。

「地球はこれらの世界の中心であり雛形で人類 の一人一人が新世界の種としての役割を担っているようです」

年表部の三の歳に
「新しいエルサレムが天から降りてくる」を追記




661忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/04/30(月)23:29:19 ID:ulW
144 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/04/30(月) 13:41:59.19
22を超えてゆけの部分を修正




日月神示未来年表別表



662忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/09(水)02:23:02 ID:1tR
最近5chオカ板に直接投入されるようになった。
446 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2018/05/06(日) 11:55:04.35 ID:sQ+Wvnb90
二の世の期間を次のミロクの世までとしました。





663忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/09(水)02:23:56 ID:1tR
これが最新
606 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2018/05/08(火) 20:49:38.85 ID:11WqG+Kk0
左側縦書き部を修正





多少修正




664名無しさん@おーぷん :2018/05/12(土)12:42:15 ID:8jy
>>663
御苦労さんやな
ここも二人ほど神を理解してないもんに潰されたな
神は人を集める人数を書いてるけどな、1チームだけやない
カエミタマを沢山用意してんねん
富士についてもな、神、人、心、真理の事を言っててな、一言で済む話ちゃう
そんなんも知らんと、これを広めなあかんのに奉仕してる人間らの足を引っ張る

神上がりしてもないのに自分の自慢して、他の奉仕してる人間をくさす輩
しかも、キュウビついとるで
知らんやろけどな
キリストは信者くさしたり、自分の自慢したか?
寧ろしてたんは人に真理を伝える奉仕や
ひふみの神さんも人は神の子、この世の神や
人と仲良うせいと言うてんのに、そんな基本も出来ん
人をくさす人間に限って奉仕する気も無い
神さんが求めてんのは真理を広め、人の心を救済することや
邪魔した奴らは自己を省みよ
理解してない人間ほど偉そうやねん
同じ信者仲間なはずやのに、くさして何にも自分はせんねん
それこそが神の道からはずれとるよ
通りすがり忠告や
665名無しさん@おーぷん :2018/05/12(土)12:44:26 ID:8jy
奉仕してる人らは、頑張れ
まちごうてても、神の心に叶う行為やで
666忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/14(月)04:47:54 ID:Qcp
633 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2018/05/10(木) 20:20:51.27 ID:llYLNlbW0
「猫に気付けよ、犬来るぞ」の解釈を左側に追記しました。



667忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/15(火)23:49:58 ID:blr
147 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/05/15(火) 20:45:47.05
年表部分を修正 見やすくした(つもり)
文字大きくするより行間開けたほうがよかったかな





三の◎をメインにして修正



668忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/18(金)05:22:28 ID:FX5
148 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/05/17(木) 20:33:36.62
読みやすさを改善した(つもり!)




669忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/18(金)05:22:53 ID:FX5
age忘れ
670名無しさん@おーぷん :2018/05/19(土)16:53:34 ID:q1C
十柱を集めるってどういう意味にゃん?差し支えなけれ教えてほしいにゃん。
671名無しさん@おーぷん :2018/05/19(土)17:12:27 ID:5TN
>>670

一説によれば「体内チャクラ7つと体外チャクラ3つを活性化させる」
672名無しさん@おーぷん :2018/05/19(土)17:35:58 ID:q1C
>>671
レスありがとうにゃん。うん、なんかそんな感じかもしれないですね。
ここ匿名だし、基本的に信者の人しかいないだろうから言えるけど、この前、夜寝苦しかって、「国常立の大神守り給え幸わえ給え」って3回唱えたら(なぜ唱えたんだろう)、
お腹から上の方にゾゾゾーってエネルギー吸われる感じになって、こんなこと初めてだから怖くて、しかもそれがなかなか止まんなくて、正直、神じゃなくて悪魔のように感じて、
自分以外の者拝むべきじゃんかったんやーとか思って、「自分守り給え幸え給え」っていってみても止まらんくて、「大日月大神守り給え幸わえ給え」って言っても止まらなかった。
んで、そのうちおさまったんだけど、妙に心が落ち着いて、ちょっとお腹に違和感あったから、なんかいるのかなーとか思って、観察してみたんだけど、
そのとき辺りから気(?)がちょっと感じられる感じになって、ちなみに僕のからだの中で一番パワーを感じるのはオチンポです。あんまり心地イイ感じじゃないけど。
こういう相談できる相手いないから、長文書いちゃったです。
673名無しさん@おーぷん :2018/05/19(土)17:42:57 ID:q1C
そして上のレスを書いてるときから両肩が寒い。書いてよかったのか、書くべきじゃんかったのか。
674名無しさん@おーぷん :2018/05/19(土)17:47:32 ID:q1C
初めて、ネットで、ある人に、神示読んでみてっ言ったときも、寒かったんだ。そして、ついでに言うと、いまの僕は、別に御用なんてしたくないし、いままでもこれと言って、なにかできた気もしない。
675忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/20(日)04:18:11 ID:6wV
149 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/05/18(金) 22:14:08.98
見やすさUp!



676忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/20(日)04:19:01 ID:6wV
1日以上遅れてすみません。
677忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/21(月)07:33:37 ID:Ghb
150 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/05/20(日) 20:28:05.16
タイトルをⅢからⅣへ変更
見やすさUp




678忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/21(月)07:36:44 ID:Ghb
151 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/05/20(日) 20:37:21.83
ニビルかも知れない!
https://indeep.jp/unknown-energy-toward-to-our-planet-now/
679名無しさん@おーぷん :2018/05/21(月)18:02:11 ID:4SY
>>678

これはニビルではないと思う。
680名無しさん@おーぷん :2018/05/21(月)20:43:07 ID:Bia
ニビルは太陽とシリウスBの周りを回る惑星だ
681忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/23(水)17:40:57 ID:AqS
152 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/05/22(火) 21:08:11.49
見出しを付けて読みやすくしました。
文字のボカシを小さくしました。

日月神示未来年表Ⅳ



日月神示未来年表別表



682忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/23(水)17:41:30 ID:AqS
またまた1日遅れ失礼しました。
683忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/25(金)00:54:24 ID:ZSj
153天之御名無主2018/05/24(木) 21:47:57.09
ニビルの出現時期を変更
年表の今年の部分を変更
タイトル部分に更新日時を表記

日月神示未来年表Ⅴ



日月神示未来年表別表



684忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/27(日)03:22:22 ID:6Dl
154天之御名無主2018/05/26(土) 21:01:20.12
日月神示未来年表Ⅴ



三の歳部分を修正

日月神示未来年表Ⅴ
「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」ミックス版



685忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/27(日)22:10:54 ID:6Dl
155天之御名無主2018/05/27(日) 20:40:25.88
今迄ミロクの世を夜明けと解釈していましたがウシトラの扉が開く【四の歳】を夜明けと解釈し直しました。

『此の大掃除(8月のポールシフト、秋の空グレン)一応やんだと安緒する。この時、富士(二二)鳴門がひっくり返るぞ(日本列島が時計回りに90度回転)』

どうやら「二二の五」の9月19日頃に天照大神殿(これはポールシフトで現れてくる?「二二に御社」)の十種(とくさ)の神宝に・が入り(富士の仕組)、2018年の旧九月八日から2019年春分まで日本列島をドアノブのように回して(鳴門の仕組)岩戸が開くようです。

日月神示未来年表Ⅴ




日月神示未来年表Ⅴ
「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」ミックス版



686忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/05/30(水)22:14:18 ID:18w
156天之御名無主2018/05/30(水) 10:44:29.50
「地獄の三段目」の時期を修正しました。

『岩戸開くまでに、まだ一苦労あるぞ、この世はまだまだ悪くなるから、神も仏もこの世には居らぬのざといふところまで、とことんまで落ちて行くぞ。
九月に気をつけよ、九月が大切の時ぞ。臣民の心の鏡凹(くぼ)んでゐるから、よきことわるく映り、わるきことよく映るぞ。・・・六月二十六日』

『今の世は地獄の二段目ぞ、もう一段下あるぞ、一度はそこまで下がるのぞ、【今一苦労あると、くどう申して 】あることは、そこまで落ちることぞ、地獄の三段目まで落ちたら、もう人の住めん所ざから、悪魔と神ばかりの世にばかりなるのぞ。
この世は人間にまかしてゐるのざから、人間の心次第ぞ、しかし今の臣民のやうな腐った臣民ではないぞ、いつも神かかりてゐる臣民ぞ、神かかりと直ぐ分かる神かかりではなく、腹の底にシックリと神鎮まってゐる臣民ぞ、それが人間の誠の姿ぞ。
いよいよ地獄の三段目に入るから、その覚悟でゐて呉れよ。・・・八月の十八日』

この「一苦労」が岩戸開き前の一苦労であることに気づきました。よって「地獄の三段目」は【三の歳】【二二】ということになります。
上の帖の降ろされた日が8月18日になっていることから、2018年の金星東方最大離角(宵の明星が東に廻る)の8月18日以降が地獄の三段目であることを示唆しているのかもしれません。

「22を超えてゆけ」もこの地獄を乗り越えてゆけという警告の意味で出されたのかも知れません。

日月神示未来年表Ⅴ




日月神示未来年表Ⅴ
「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」ミックス版



687名無しさん@おーぷん :2018/05/30(水)23:20:30 ID:0fU
地獄の最下層には今週末から向かうぞ
688名無し :2018/06/04(月)01:19:53 ID:lqW
『今の世は地獄の二段目ぞ、もう一段下あるぞ、一度はそこまで下がるのぞ、【今一苦労あると、くどう申して 】あることは、そこまで落ちることぞ、地獄の三段目まで落ちたら、もう人の住めん所ざから、悪魔と神ばかりの世にばかりなるのぞ。
この世は人間にまかしてゐるのざから、人間の心次第ぞ、しかし今の臣民のやうな腐った臣民ではないぞ、いつも神かかりてゐる臣民ぞ、神かかりと直ぐ分かる神かかりではなく、腹の底にシックリと神鎮まってゐる臣民ぞ、それが人間の誠の姿ぞ。


これはどういう事かを理解する為には誠が必要です。
しかしながらこの誠とは、ここの皆様の認知する誠とはまるで異なります。
689名無しさん@おーぷん :2018/06/04(月)19:19:52 ID:1XH
霊能者の憑依状態のような神がかりではなく。まともな日常を送りながら、神の理屈を理解し神の視点でこの世を見、感じ、考え日常を送る普通の人と言うことではないかとおもいます。
690忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/04(月)21:18:04 ID:7fR
157天之御名無主2018/06/04(月) 11:48:27.71
7、8月に日本に関する"それらしきもの"が発表もしくは発見されたら注意

三の歳を修正
日月神示未来年表Ⅴ



691忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/05(火)22:03:27 ID:EKp
158天之御名無主2018/06/05(火) 12:29:28.87
【日本の岩戸開き】と【地の岩戸開き】

『光は中からぢゃ、岩戸は中からひらかれるのぢゃ』

「中」は地の岩戸開きが完了する【ニ三】の前、つまり【二二】の中からということになります。そしてその中は真ん中という意味で「二二の真ん中」となり神示の『二二の五ぢゃ』はこの事を言っています。
二二(2018/3/21~2019/3/20)の真ん中は2018/9/18になります。(正確には19日ですが神示に「八と十八に気をつけて」とあり18日でも真ん中といっても差し支えないので)

また
『八の隈(くま)からひらきかけるのであるぞ』ともありますが、これは八月のちょっと入った所と取れますし八の九(マ)とも取れます。
新暦なのか旧暦なのか不明でしたが上で出てきた「二二の五」2018年9月18日の旧暦をみてみると八月九日で「八の九(マ)」と完全に一致するため旧暦で間違いないようです。

『旧九月八日とどめぞ』とある事から
岩戸開きは旧八月九日に始り旧九月八日で完了するようです。(これは日本の封印解除となる日本の岩戸開き)
面白いことに旧八月九日は旧九月八日と月と日が逆になっていて上下逆さまを元に戻すとの意味合いもあるようです。


それから日本列島が右へ回転し始め「地の岩戸開き」が始まります、2019年1月には「北」が光出し、よくなってくる。
そして日本列島が右へ90度回転し終える(元の位置に戻る)2019年3月22日の「三の◎」で日本の真中に・(テン)が入って 地球(3次元)全体の封印を解く【地の岩戸開き】の完了です。
そして次元融合が始まり地の性質が幽界、神界へと拡がっていきます。
692忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/05(火)22:03:56 ID:EKp
159天之御名無主2018/06/05(火) 12:31:11.45
続き


この後も「天」の性質が「地」へ、「地」の性質が「天」へ浸透するまで次元融合は続き、下から迫って来る「地」と上から迫って来る「天」の狭間(幽界)に存在する「三千世界宇宙の大きな流れに抗う者達」は
「天」と「地」の融合が始まる【五の歳】の始めにはその居場所を失って聖書にあるように「地に投げ落とされた」形になり自分達の存在をかけてハルマゲドンの最終戦争を起こす
(まるで溶岩が目の前に迫っているのに避難を拒否して警告しに来た人をこ○せばずっとその場所に住んでいられると思っている人達のようです)。

天と地が融合するということは神(高位の自分)と人(低位の自分)が一つになる(これが「神人」とか「神とまつらう」「人が神となる」という意味) ということでもありこの時掃除が出来ていないと穢れが高位の自分との間に破壊的な化学反応を起こします。(これは環境でも同じ)

『天のことは今迄は人民には判らなかったのであるぞ、時めぐり来て、岩戸がひらけて、判るようになったのぞ、今迄の人民であってはならん、地そのものが変ってゐるのであるぞ、人民は我(ガ)が強いから一番おくれてゐるのであるぞ、
人民の中では宗教人が一等おくれてゐるぞ、神人(カミヒト)とならねば生きては行かれんのぢゃ、天地がアメツチとなってきてゐるからぞ、天も近うなるぞ、地も近うなるぞと気つけてありたのに目さめた人民少ないぞ、
今に昇り降りで急しくなり、衝突するものも出てくるぞ、他人におんぶされたり、車に乗せられてゐた人民たちよ、もうその時は過ぎてゐるのであるから、自分の足で歩まねばならんぞ、大地をふみしめよ、大地の気が身内に甦るぞ。』

日月神示未来年表Ⅴ




日月神示未来年表Ⅴ
「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」ミックス版



693忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/05(火)22:04:25 ID:EKp
age忘れ
694忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/06(水)23:50:42 ID:NCm
160 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/06/06(水) 11:11:29.09
『穴掘りて逃げても、土もぐってゐても灰になる身魂は灰ぞ、どこにゐても助ける臣民 行って助けるぞ、神助かるのぞ、臣民も神も一緒に助かるのぞ、
この道理よく腹に入れて呉れよ、この道理分りたら神の仕組はだんだん分りて来て、何といふ有難い事かと心がいつも春になるぞ。八月の十四日の朝 』

三の歳を修正
日月神示未来年表Ⅴ





微修正
日月神示未来年表Ⅴ
「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」ミックス版



695名無しさん@おーぷん :2018/06/07(木)17:22:14 ID:tR8
>>694

>八月の十四日の朝


これは第二次大戦の終わりと関連しているのかな?
696忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/08(金)00:17:43 ID:l8c
161天之御名無主2018/06/07(木) 11:16:32.04
『一人改心すれば千人助かるのぞ、今度は千人力与えるぞ、何もかも悪の仕組は分りているぞ、いくらでも攻めて来てござれ、神には世の本からの神の仕組してあるぞ、学や知恵でまだ神にかなふと思ふてか、神にはかなはんぞ。八月の二十一日 』

三の歳を修正
日月神示未来年表Ⅴ




日月神示未来年表Ⅴ
「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」ミックス版



697忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/09(土)23:29:48 ID:OOU
162天之御名無主2018/06/08(金) 20:32:57.12
今年の7月28日に皆既月食があり31日には火星の大接近があります。
戦争が起こるタイミングとしてはこの日が怪しいかも

タイトル部を修正しました。

日月神示未来年表Ⅴ




日月神示未来年表Ⅴ
「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」ミックス版




698忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/11(月)00:21:22 ID:15t
163天之御名無主2018/06/10(日) 20:15:20.78
旧九月八日の仕組で開くはじめの岩戸は人間の顕在意識と深層意識を隔てる壁でもある為これが開くともはや自分自身を偽ることは出来なくなります。
ポールシフトは人間の心に起こる事でもあります。(意識という名の氷山がひっくり返って深層意識が前面に出て来る)
その為、良からぬ企てを持っている連中もそれを隠せなくなり日本の中でも騒動が起きます。

大きな視点でみればはじめの岩戸が開いてからウシトラの扉が開くまで期間は日本にとって要らないものや害になるものを振るい落とす為のパソコンの再起動(ついでにハードとOSもバージョンアップ)みたいなもので
再起動完了後は【神の規則】通りになって日本の内部で活動していたウイルスなどはもはや活動出来なくなります。(実際に息が苦しくなるらしい)

三の歳を修正

日月神示未来年表Ⅴ




日月神示未来年表Ⅴ
「22を超えてゆけ」「6と7の架け橋」ミックス版




699忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/12(火)23:16:35 ID:Xr0
165 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/06/12(火) 20:30:11.59
『空白とは九八九であるぞ、八と九、九と八の境をひらくことが岩戸を開くことぢゃ、空白とは最も根本を為す最も力あることであるぞ。』

三の歳を修正
日月神示未来年表Ⅴ




二二の岩戸開き



700忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/14(木)21:20:05 ID:E3H
167天之御名無主2018/06/14(木) 20:49:43.69
『皆の者 愈々ざぞ、今から弱音では何も出来んぞ、春マケ、夏マケ、秋マケ、冬マケ、ハルマゲドンと申してあろが、愈々ざぞ、褌しめよ、グレンざぞ。』

三の歳を微修正
日月神示未来年表Ⅴ




二二の岩戸開き(三の歳詳細)



701忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/17(日)00:06:51 ID:ZCx
168天之御名無主2018/06/16(土) 12:38:39.01
『神示で知らしただけで得心して改心出来れば大難は小難となるのぢゃ、やらねばならん、戦は碁、将棋、位の戦ですむのぢゃ、人民の心次第、
行ひ次第で空まで変ると申してあろがな、この道理よく心得なさりて、神の申すこと判らいでも、無理と思ふ事も貫きて下されよ、これがマコトぢゃ。八月五日、ひつ九のかミ。』

三の歳を修正









702忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/17(日)00:07:11 ID:ZCx
更新age
703忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/18(月)01:00:45 ID:Tnh
169天之御名無主2018/06/17(日) 20:51:36.79
天照大神殿の解釈が変わったのでタイトル部の文を削除
日月神示未来年表Ⅴ




日月神示未来年表Ⅴ(23を超えてゆけミックスバージョン)




加筆修正
二二の岩戸開き(三の歳詳細)



704名無し :2018/06/20(水)23:03:51 ID:W6C
【悪が世の表に出て来る背景に、外在神から内在神に切り替わる時節の変化を見る】

最近、権力によって封じ込められていた悪事が世の表に次々と出て来るようになって来ました。これでもか、これでもかです。
これまでは臭い物には蓋をせよで、権力による悪事が世の表に出て来るなどはほとんどなかったはずなのです。
検事や刑事物のドラマなどでは、一線の検事や刑事が権力の不正を暴こうとすると上層部の圧力で捜査が止められてしまうなどが出て来ますが、権力の上層部が腐っている為にどうにも出来ないが現状ではあったのです。もみ消されて来たのです。
仮にそうした悪事が世の表に出てきても、それらは氷山の一角でしかなかったのです。その大部分は隠れていました。俗に言う、【悪い奴ほど、よく眠る】です。
悪い奴ほどよく眠るは、政治の世界や官庁における悪事が世の表に出る前に下の者が自殺して、上の権力者は常に安泰であるの意味です。黒澤映画の題材で知られた言葉です。
この世の権力の表舞台に立つ人には、その本人の努力は当然にありますが、努力だけでは権力の上層部には立てません。
その人の背後にいる霊的存在の霊力も加味されていたのです。すなわち力が強い守護神を持つ人達です。
この世では真正直と言うか正しい行いの人はまず社会の上には立てませんでした。正直者はバカを見るです。霊的に言えば、その背後の守護神の霊的力が弱いのです。
この世から正義が消えた背景として、正義派の神達は霊力が弱かった。自分が生きて行く為には霊力がある悪神に従わざる得なかったがあります。つまり「長い物」には巻かれろです。
自分の背後の守護神・守護霊の霊力が強い方は、この世では【幸運】に恵まれます。しかし、そこには力の強い物が力の弱い物から【搾取】する力も働いて来たのです。俗に言う【弱肉強食】の獣の論理です。
この世で上にあがるには、それなりの神霊の守護力があり、人も守護神(霊)も権力の仕組みに飲み込まれる。
俗に言う【正義は常に勝つ】のお題目は、お題目倒れをしていたのです。
但し、それは【物語の終わりの時には必ず正義が勝つ】なのです。例えば、映画やテレビで「水戸黄門」がありましたが、その一話の終わりの時は水戸黄門の印籠で正しき者が勝つでした。それがお決まりの定番です。
常に正義が勝つためには物語の終わりの時を待たねばならないがあるのです。しかしながら、印籠程度に悪が平伏するなどはあり得ません。逆に返り討ちです。

私は今から十数年前、非常に優秀な霊能力を持たれた女性から忠告を受けました。その方の私に対する忠告とは、
「自分はこれまで正義を貫いてきた霊能者の方達が邪神に刃向かって殺されて来た事例を幾つも見ました。貴方も邪神達と折り合わないと殺されてしまいます」
と言われます。
それに対する私の返事は、「私は悪の世で生きながらえようとは考えない」です。
私は子供の頃、小学校の担任教師から言われました。「貴方はあまりにも社会正義の力が強く、それではこの社会では生きていけない。もっと周囲に折れないといけない」でした。
それが人としてこの世で生きて行く為の「知恵」だと言いました。

大本教から【世の大立替論】が出た背景には、宇宙創造神である天帝たる神が最後の決断をくだされた。その前に出来るだけ多くの人も悪も救う為の教えが出たなのです。

私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいました。しかし、本当にそれだけの神が私の背後に居るのであれば、世の底辺で埋もれているのも変な話なのです。そこにあるのは「終わりの日を待つ」でした。

私を見た霊能者の中で7~8名の霊能者の方から、貴方の本守護神は「国常立尊」様であるとの指摘を受けましたが、旧約聖書の神と称する声は、
【そなたには何の力も与えない。そなたにこの私の力を与える時は最後の最後の時である】と告げられました。
私がこの世を去る直前に神の力を与えるでは、【空手形】を発行されたようなものです。何の担保も保証もありません。
この世を去る直前になって、何の力も無く、私も神霊の「嘘」の言葉に欺されていたのかとこの世を去るような話です。
だとしても、ここまで仕組まれた言葉の仕組み。今の世に出ておられる神達には出来ない作業であり、多くの人達に早く目を覚まして欲しいが私の願いと言えます。

スピリチュアル系の方達に「良心」神を話しても、良心神など教えて貰わなくても結構と返されてしまいます。
良心の大切さを知ろうとせず、愛の一点張りを言うだけなのです。それでは誰がこんな仕組みをされたのか?。そこに辿り着く叡智が出て来ません。
705名無し :2018/06/20(水)23:05:13 ID:W6C
私が子供の時に臨んだ旧約聖書の神と名乗る声は、【そなたはナザレのイエスの愛の教えを何一つ恐れずに乗り越えて行け】でした。
その時には【愛の教えを何一つ恐れずに乗り越えて行け】の意味が解りませんでしたが、今は愛の教えの恐ろしさをヒシヒシと感じます。
愛の教えで自分の魂の中の【良心神】を見失うです。

世に出ている神々には天帝の分魂たる【良心神】は存在しません。良心神は人の身にある者に内在するからです。
人に内在する良心神では、世に出ておられる神々からの応援は期待出来ません。
その意味では、私も何の神の助けも無いような状態の者には近いのです。世の多くの人達と同じ様な状況下ではあるのです。

旧約聖書の神と称する声は、【そなたを社会の底辺に置く。そなたは社会の底辺でウジ虫の如く這ってでも生きよ。その社会の底辺で「人の心の在り方」に関して学べ】と命令されたのです。
その人の心の在り方から、人に内在する「良心」の大切さを学んだと言えます。
もし、私も恵まれた環境に育っていれば、私は【人に内在する良心神】に至ったかと言えば、至らなかったと言えます。
苦しい辛い環境の中でこそ、本当の人の【真心】に触れたと言えます。その真心とは良心でした。真の人は社会の底辺に多いからです。
イエスは「金持ちが天国に至るのは針の穴の中をラクダを通すようなものだ。幸いなるかな貧乏人」と言いましたが、私は意味の説明が言葉足らずだと言います。
貧乏人だから天国に行くのではなくて、社会の底辺に真の人が多いから、そうした真の人達には天国の門が開くなのです。貧乏人が条件とはなっていないなのです。

私は修業時代、霊能者から殺してやるの攻撃を幾度か受けました。また、黒龍神の軍団の攻撃も受けて来ました。
そうした時だけは天から助けて貰いましたが、別に何神様に仕官するするではありません。普段の生活が幸運だったではありません。

私の任務は、旧約聖書の神と称する声が私に告げた。【この国(日本)は私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国であり、そなたはその仕組みを見て人々に告げなさい】
と言われたことが、大本教神諭予告の【九つ花】による日本語の言葉の仕組みだったので、それをを愚直に伝えているだけです。

私が子供の頃に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【私はこの世の幕を引いて終わらせる。その時期が何時かは言えないが、そなたはその最後の日を見届ける。その日が何時かは、この世をよく見ておれば自ずから解る】と告げられたのです。
その時期とは、これまでの外在神頼りから自己の内在神に切り替わる頃です。
これまで活動をされていた外在神の力が弱まり、それらの外在神ではなく、自己の内在神(良心神)の力が試される時節と言えます。
「自分の良心神が、自分を助ける」です
先日、日大のアメフト問題がありました。加害者であった20歳の青年は自己の良心に基づいて、とても20歳とは思えない立派な会見をしてくれました。
彼は加害者であり、一方では強制された被害者です。誰もが彼が嘘を言っていないと解りました。彼は自分の良心神を取り戻したのです。【悔い改める】と人の良心神は戻るのです。
彼の魂の点数は、スピリチュアルに惚けている人達よりも遙かに高いものとなりました。
スピリチュアルに惚けて、何神様と出会ったと言っていて、自己の魂の点数をどんどん下げて行く。そんな時間の余裕はさほど無いはずなのです。
706名無し :2018/06/20(水)23:06:42 ID:W6C
私は二度ばかり、ブログで旧来線で泥海世界へ向かう路線とそこから分かれて未来へ向かう二線の図を出しました。
みろく世に渡るのは「自己の内在神たる良心」を持つ人達です。旧来線は今日までの神である外在神に頼って、自己の内在神を疎かにして来た人達の線路です。
それは自己の意識が外在神を頼りにするのではなく『自己の内在神の存在に芽生える』
つまり、自己に内在する良心神に向かった人達と旧来の外在神頼りの人達では、未来の行く先が違って来るのです。
これが【二線(2000)】に別れる意味で、その分岐点たるポイントのこと。「1999」と言っただけのことにしか過ぎません。別に西暦「1999」年の意味が過ぎ去ったではないのです。最終の1999は、恐怖の宇宙大王(天之峰火夫皇大御神)が天下った時のことです。
大本教では、1000と999の違いで1000の勝ちと表現しました。千分の一の違いとは何だったかです。
割分厘で【一厘】の違いです。恐怖の宇宙大王(天之峰火夫皇大御神)が地上に降り立つ時、それが人類にとって最後の別れの時と言えます。
大本教で出した【一厘の違い】は、未来に向かって行く線が違って来るなのです。
この【天之峰火夫皇大御神】は日本の記紀神話には登場して来ません。
大本教で初めて世に明らかにされた神名です。この神の働きは【天の龍神軍団】の統括です。
それがどうして言えるのかと言えますと、【峰】の字にその意味が隠されているからです。これから向かう未来は「7(質)」の世を終えて永遠(∞)の「8(蜂)」の世だからです。 蜂は8の字型に飛ぶからハチです。
人類はこれまで初めで終わりの創造神など見たことなどないのです。人類が未だ見ぬ創造神に【逢】うが【別れの初めなり】
999(くくく)の路線に行くと、火の災いが降りかかる
私が説いて来た「人に内在する良心神」の教えを読まれた方達の中には、自分が多くの人達と新幹線に乗る夢を見られた方達もあります。
そうした人達の魂はみろく世に渡る自己の魂を見られたとも言えます。
新しい世に行く人の夢には、飛行機もあれば新幹線の夢もありますし、みろく丸と言う名の船も夢に出て来るでしょう。
707名無し :2018/06/20(水)23:07:00 ID:W6C
最近、変な事件が報道されて来ました。例えば、携帯電話を買いに来た27歳の女性が身分証明書を持って来ていなかったので購入を断られると、店員の尻を蹴ったとか。
うどん店でスープを飲んで足りなくなったのでスープを足してくれと言ったら、店主に断られたので暴行したとか、すぐに切れてしまう人が増えて来ています。
そうした方達は、自己の魂の中に良心と呼ばれる神が存在していないのです。
普通ならば、そうした人を守護しているところの霊が押さえるべきことも、自分の魂の中で内在たる「良心神」に切り替わりつつあるので、自己の魂に良心神が備わっていない人はすぐにそうした切れ方をするとなります。
明らかに【選別(線別)】の状態に入って来ているのです。
貴方は、永遠の嬉し嬉しの未来の世に行きますか?。それとも、旧来線のままで泥世界に行くのですか?。

大本教神諭は、ユダヤの悪鬼がこの世を泥海にする仕組みと言いました。それは旧来線のままに行けば、やがて人類は泥海の世に向かうことが創造神段階の神には解っているからなのです。
このユダヤの悪鬼とは、今の人類の世の時代の話ではありません。今の人類以前からの話なのです。
スピリチュアルの世界では、よく「サナトクマーラ」が言われます。サナト・クマーラとは、近代の西洋神智学では1850万年前に金星から地球に降り立った創造神とされます。
この「クマーラ」が日本では「鞍馬」となって、日本の鞍馬山に今から650万年前に金星から降り立った「魔王尊・尊天」とも呼ばれています。
実際問題として、この地球に降り立った「クマーラ」が1850万年前のことだったのか650万年前のことだったのかは私には解りません。
しかし、大本教で出した【国常立尊】がその存在であるということは読めるわけです。為に一部の霊能者の方達は、国常立尊は鞍馬山の大天狗だと言われる方達もあるわけです。
私がこれまでに自分の霊眼で見て来た霊で、一番神々しかったのは【鞍馬山の大天狗】たる存在でした。だが鞍馬山の大天狗=国常立尊ではないのです。
大本教はウシトラ金神・国常立尊は今から約【三十五万年】前に地球神界の表舞台から退かれたとしました。つまり、ユダヤの悪鬼とは今の世の時代の話をしているのではないのです。
しかしながら、その鞍馬山の秘伝は【牛若丸】にもたらされるなのです。それは神界の「型」として演じられたわけです。
大本教の出口王仁三郎聖師が、【救世主は源日出雄】と名乗って【蒙古】に渡られたのは、そこに「型」があったからと言えます。
源義経(牛若丸)が蒙古に渡って【ジンギスカン(成吉思汗)】になったという伝承の型の演技です。
ただ、巷には自分の前世は源義経であったと言う方は少なからず居られます。
大本教の出口王仁三郎聖師がその名乗りを【源日出雄】とされたのは、そうした自分の前世が【源義経】だと名乗る人達のことではありませんよなのです。
【源日出雄】の意味を理解せずに自分の前世は源義経と名乗る霊能者は曲津神なのです。
私自身は、そのユダヤの悪鬼達と超太古の時代に戦って来た記憶を保持しています。但し、私は倒された方です。それは縄文とか弥生時代と言う現代の歴史の時代のことではありません。

私が解いた大本教神諭予告【九つ花】の仕組みは「ラ」の言霊を真ん中に置く仕組みです。それも「九真ラ」なのです。 また「九ラ真」です。
私達が見ている太陽をも含む地球神界で起きた出来事とは、今の私達人類が知る歴史上の話ではないのです。太古も太古の超太古の時代のことなのです。
豊受姫は、その超太古の神達を今の世の神達ではないと告げられました。当然、私達はそんな超太古の神々を知ることもなく、その時の神界の出来事をも知らないのです。

自分はすぐに切れる。不満ばかり。常にいらついている。妬み。すぐに拗ねる。そうした症状があるならば、即座に自分の性格を改めるでないといけないのです。
もう、外在神頼りでは先には進めなくなるからです。
最後の審判たる別れの時、【神は愛だから何をしても赦してくださる】は一切通じないと心得るべき。
魂の【円真(閻魔)】の裁きは、愛で赦すでなく各自の「良心神」を判定。
何時まで経っても解らない人達に用意されているのは旧来の線で泥海世界。
708忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/22(金)00:39:45 ID:sJ9
170天之御名無主2018/06/21(木) 20:44:53.13
解りにくいと思いますが
二二の解釈を表の年始を春分とし裏の年始を旧暦の元旦とし(この先逆になるかも)裏表重ね合わせた期間、つまり旧暦の元旦から翌年の春分までの期間に〇(空白)の期間29日を加えた期間を二二としました。

二二の岩戸開き



709忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/23(土)23:01:37 ID:oBQ
171天之御名無主2018/06/23(土) 21:09:35.88
『八方的地上から十方的地上となるのであるから、総ての位置が転ずるのであるから、物質も念も総てが変るのであるぞ。
これが元の元の元の大神の御神策ぞ、今迄は時が来なかったから知らすことが出来んことでありたなれど、いよいよが来たので皆に知らすのであるぞ。
百年も前からそら洗濯ぢゃ、掃除ぢゃと申してありたが、今日の為であるぞ、岩戸ひらきの為であるぞ。今迄の岩戸ひらきと同様でない、末代に一度の大岩戸(言答)ひらきぢゃ。』

二二の岩戸開き



710忍法帖【Lv=5,スライムべス,UC0】 :2018/06/23(土)23:02:00 ID:oBQ
更新age
711名無しさん@おーぷん :2018/06/25(月)02:37:27 ID:SM1
21日に何かが変わった、区切った感じがありますね
712忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/06/25(月)23:38:25 ID:io2
172天之御名無主2018/06/25(月) 20:44:27.93
表と裏の年始を逆にしてて表の年始を旧暦、裏の年始を春分としました。
その他 あちこち修正

二二の岩戸開き



713忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/06/27(水)21:03:42 ID:Xe2
173天之御名無主2018/06/27(水) 20:33:03.38
今月「日本扶桑国之図」という14世紀の古い地図が見つかりました。この地図は何故か九州が上になっているそうです。
近畿では珍しい二重の日暈(ハロ)が出現(まるでマルテン)
そして本日27日、探査機のはやぶさ2が小惑星リュウグウへ到着。
何やらメッセージ的なニュースが続いてますが、竜宮の乙姫様が愈々動き出すのかも知れません。
神示に『世界の片八四浜辺から』とありますから旧暦八月四日辺り?

「片八四浜辺から」といわれると津波を連想させますが、ニュースではあまりというか不自然なほど全く報道されませんがマウナケアの溶岩も未だに勢いが衰える気配がなく
海に流れ込んだ溶岩も深海から続く巨大火山(オアフ島はその頂上)の頂上付近に引っかかっている状況のようでこれが一気に崩落して海底にまで落ち込んで巨大な津波が発生するんじゃないかと専門家も心配しているそうです。




714忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/06/29(金)23:18:40 ID:18y
174天之御名無主2018/06/29(金) 21:01:29.15
『この神は日本人のみの神でないぞ。《自分で岩戸開いて居れば、どんな世になりても楽にゆける様に神がしてある》のに、臣民といふものは慾が深いから、自分で岩戸しめて、それでお蔭ないと申してゐるが困ったものぞ。早う気づかんと気の毒出来るぞ。』

『天も地も大岩戸ひらき、人民の岩戸ひらきに最も都合のよい時ぞ、《天地の波にのればよいのぢゃ、楽し楽しで大峠越せるぞ》、神は無理申さん、やればやれる時ぞ、・・・』

3-1

175天之御名無主2018/06/29(金) 21:03:06.08
岩戸開きとリンクしているようなのでアセンションスレから転載の転載なのだ(バカボンのパパ風)
==============================
499 本当にあった怖い名無し sage 2018/06/26(火) 20:22:38.15 ID:gUOSDDaA0
以下は転載

①7月13日 蟹座 部分日食
(水と地のグランドトライン、天に六芒星が現れる)
②7月28日 水瓶座 皆既月食
7月31日 火星が15年ぶりに地球に大接近
③8月11日 獅子座 部分日食
④8月26日 魚座満月
⑤9月10日 乙女座新月

ご覧いただくとわかるように、今年の特徴は日食と月食が3回連続でやってくること!通常は2回でですが、今回は例外的に3回。
先月、革命の星・天王星がサインを変えたこともあり、宇宙としては、この流れに乗じて「3連続の日食・月食でエネルギーシフトを完璧に行ってしまおう」という魂胆でしょう。

革命(=エネルギーシフト)は一気にやってしまった方がいいですからね。
とはいえ、大きなエネルギーが動くと、どうしたって混乱が生じる。
ときに気持ちが混乱したり環境が不安定になったりね。
そんなカオス状態を落ち着かせ、身心や人間関係を安定させてくれるのが、魚座の満月と乙女座の新月。

この2つはいわば、嵐が過ぎ去ったあとの調整役。
3度の日食・月食で動いた、大きなエネルギーとあなたのエネルギーを同化させ、なおかつ、ステイさせる――
そんなアフターケアをやってくれるのが、魚座満月と乙女座新月ですね。

というわけで、
7月13日の蟹座新月(日食)から
9月11日の乙女座新月までは

誰にとっても、ごく自然な形で人生にエネルギーシフトを起こす絶好のタイミング
宇宙がこれほど用意周到な準備をしてくれてるのに、宇宙のご厚意をムダにしちゃモッタイない(><)
715忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/06/29(金)23:19:06 ID:18y
176天之御名無主2018/06/29(金) 21:03:28.68
この世を裏から支配する者達も星回りをかなり重要視してるそうなのでこの期間に事を起こす可能性が大ですが

地球自身もこの波に乗るつもりなのかも知れません。(天変地異にも注意)
※キラウエア関連の情報は天才天界さんが上手く纏めてくれています。(本能的に何かを感じ取っているようです)

『竜宮の音秘殿、岩の神殿、荒の神殿、世界のカタハシから愈々に取り掛かりなされてゐるのざから、世界の出来事気付けて、早う改心結構ぞ。 』

"天地の波にのればよいのぢゃ" "やればやれる時" "楽し楽しで大峠越せるぞ"

宇宙の波にのりましょうず

2018年二二の岩戸開き
地平線を水平線へ変更、天地の波に乗り安い時期を追記、etc.
結局ビッシリと埋まってしまった...(笑)




716忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/02(月)02:10:12 ID:o7y
177天之御名無主2018/07/01(日) 08:22:00.46
左側に【夏】【秋】【北】【東】の注釈追加。右側上部の文を修正

2018年二二の岩戸開き



717名無し :2018/07/02(月)23:40:13 ID:qiU
みろく世に適応した専用の【水晶玉(魂)】の中に【白十字】

つい最近、ある方からメールを頂きました。そのメールによると、その方の前に透明の水球が現れて、その中に白色の正十字が入っている。
不思議なことに、その白色の正十字はどの位置から見ても正面に見えて来る。通常ならば正面に白色の正十字が見えるならば、脇から見るとそうは見えないはずなのに何故か白色の正十字が常に正面に見えて来る。
それが玉だと解ったのは光の関係からです。これが貴方が説いていおられるみろく世における○十や水晶玉(魂)のことですかの質問です。

大本教から【水晶魂(玉)】の言葉が世に出されました。今日までの魂は腐ったり捻れたりします。
そうした状態になった魂は破砕されてしまいます。有能な霊能者の方達から、神社などに行くと霊能力がある人の目に微細なキラキラしたチリの様なものが見えるとされるのは、そうした破砕された魂の残骸との説も出されています。

ある霊感者は神社に行って、そうしたキラキラしたチリのようなものが無数に見えて、自分の目に異常が起きたのかと思ったと言われましたが、そうしたことを教えて貰っていないとそうした思いをも抱いてしまいます。

そうした破砕された魂の屑は「思念」だけを帯びているとなります。私の3回ほど前のブログに【壁を通過して来るオーブ】のビデオをユーチューブにアップした物を出しましたが、
それらはカメラではレンズの関係で大きく見えますが微細な存在です。とても人間の魂と呼ばれる存在の大きさではありません。しかし、そうした霊物質の玉はこの世の次元とは関係ないことは映像から読み取れるわけです。

この「思念」はかなりやっかいで、一度肉体から想念が出てしまうと、そのエネルギーが尽きる迄の間は消えません。
人が生きていると実感できるのは「思い」を持つからであり、その思い(想い)が一切消えると魂でもその存在は価値を無くしてしまいます。

この世は「四苦八苦」であり、「喜怒哀楽」は免れません。それが厭なら【無我】の世界しかなくなるのです。
718名無し :2018/07/02(月)23:42:58 ID:qiU
無我になる事は、完全なる魂の死。

大本教神諭に、【自我があってはいけないが、まったく自我が無くても行けない】とありますが、完全【無我】となってしまいますと【自己の魂の消滅】になります。
思考能力があると言うことが生きている証拠なのです。すると仏教で説かれる【本我・真我】と【無我】は本来は別物と解って来ます。

創造神は【無我】かと言いますと無我ではなくて【有我】なのです。有我であるが故に万物の創造に入られたと言えます。
創造神が「完全無我」の存在であれば、私達人類も万物も何も誕生していないのです。

弥勒菩薩像の中には【思考】する姿がありますが、思考することは【識】の状態なのです。
霊が見えるとか霊と会話するだけで、そうした【識】を否定していれば仏典の般若心経の「色即是空、空即是色、受想行識」を何も理解していないとなります。

完全なる無我は自己の魂の命の消滅なので、その世界に四苦八苦も喜怒哀楽も輪廻転生も無い 。
そんな世界に入ることが、人類の目的であったのだろうか?。

みろく世は永遠の世とされますが、為には今の人類の肉体の中にある魂は腐ったり捻れたりする為に、新しい【みろく世に適した永遠性の命の魂が授与される】なのです。
そこで、立替前の前宣伝として大本教から「水晶魂(玉)」が明らかにされたとも言えます。

また、まったく新しい玉(魂)なので、ウシトラ金神として牛頭虎パンツの【鬼が云う】の物語が大本教霊界物語として組み立てられたとも言えます。
そうでなければ、【節分の煎り豆にも花が咲く。三千世界一度に開く梅の花】などは宣伝としても出せないからです。
719名無し :2018/07/02(月)23:44:44 ID:qiU
この大本教の【水晶魂(玉)】に関して、ある霊能者は水晶玉など重たくて持てない。落としたら割れてしまう等と言っておられました。
それは大本教が予告した「水晶玉(魂)」を西洋の魔術師が占いで使う水晶玉と混同したからだと言えます。
私が出した壁を越えて来るオーブ玉のビデオで見られたように、その【水晶玉(魂)】はこの世の物質でありません。

私にメールをくださった方が「水球」と判断されたように、【瑞(水)霊】の玉なのです。もしそれがこの世の水であれば、魂の表面に傷がつけば玉は破裂しかねません。
表面は柔軟でありながら硬質という相反する特徴を持つのです。それは、この世の鉱物質で構成されているのではないからです。

朝鮮に残されていた予言に、【最後の審判前、救世の為に「米」一字の教えが起きる。その教えが終わると最後の審判が開始される。
その「米」一字の教えに従った者達の上には天罰は降りないが、その教えに従わなかった者達の上には天罰か降りる。
その天罰を受けている中で「白十字」が現れる。その「白十字」によって助け出される。】との内容がありました。

私はその予言を記した本は持っておらず、読んで記憶しているだけです。その著者名は忘れましたが、出版社は精神世界関係の本を多数出していた「たま出版」であったことは覚えています。だが、三十数年前の本でしたので、たま出版に問い合わせても今では解らないでしょう。
720名無し :2018/07/02(月)23:52:19 ID:qiU
大本教の霊界物語には【○十はみろくの神の御紋章の定めなり】とあるように、【みろく神】を意味する紋章です。
そして、大本教神諭が予告した「九つ花」は【米】型で紐解かなければ意味が解りません。
だが、大本教だけを見ると、その「○十」とは球玉の中に【白十字】が入っているとは書かれておりません。
単に「○十」だけなのです。また、その○が球玉で霊的な「水晶玉」だとも書いてないのです。
ですから、大本教神諭は【九つ花】を誠で紐解く者が出て来ないと、大本教が予告したウシトラ神の仕組みの意味も理解出来ないと予告して来たのです。

西暦2015年11月7日付けの私のブログで【みろく世に行く切符。遂に(終に)確認された「〇十の降り注ぎ」】を出しました。
そのブログ後に何人かの人から、霊的な話で現実にはそこには何も無いのですが、その「○十」を拾ったというメールを頂きました。
それはみろく世に行くキップのことで、未だ【水晶玉】そのものではなかったのです。 今回、いよいよ「玉」そのものが出て来たなのです。

私は大本教で予告した【水晶魂(玉)】には何種類かの形があることをブログで書いて来ました。
仏教系からは仏教を示す玉が出ますし、聖書系からは聖書を示す玉が出ます。
日本神道系からは日本神道を示す「水晶玉」が出ます。
その中で【○に白色の正十字】が入っている水晶魂(玉)を頂けるのは、【米】一字の教えから「みろく神」の言葉の仕組みを理解して、
お釈迦様の悟りであった【人に内在する良心神】に向かった人達だけが、天から授かるものなのです。
ただ、それは霊的なものなので、それが自分の目には見えなかったから【授与】されていないではないのです。
「米」の教えをバカにしたり敵対した方達には出ないでしようが、「米」の教えを理解して【天帝】に向かった方達には授けられるものなのです。
新しい玉魂なので、【鬼が云う】の仕組みが大本教から出たなのです

大本教の出口王仁三郎聖師は、本当は「王仁(おに)三郎」でなく、「鬼(おに)三郎」と名乗るべきだったのです。
そのことは、いくら神様でも鬼と名乗れはあんまりじゃで、「王仁」にしたと述べておられるはずです。
無論、みろく世に渡るのは「みろくの仕組み」を説く「米」一字の教えを理解した者だけではなく、
この仕組みを組み立てた根元となる「ウシトラ金神・国常立尊」を主神として信仰した方達のみならず、
自分が信仰する宗派に良心神の存在の教えが無かったとしても、自己の良心を大切にして来た人達はみろく世にと進みます。
何故ならば、天人達が噂話としてし言ったとされるのが、最後の審判は【各自の魂の良心神】の点数で判定されるからです。
宗教宗派を問わず自己の良心を神的にして来た人達は、その点数は高いとなります。
私が見て来た魂の良心神の点数が高い方は、どなたも別にスピリチュアルなどに惚けておられません。
皆さん、まじめにコツコツと仕事をされ、よき社会人として生活され、先祖伝来の仏や地元の氏神様を大切にされています。
別に神仏頼りではないのです。自己の良心に基づいて世の為人の為にと尽くして来た人達です。すなわち【米(世根)】だからです。
では、神など無縁であった人達はどうなるのかとなりますと、その魂の汚れの状態において各自に【魂の洗濯】が起きます。
その魂の洗濯に耐えれば、魂の汚れは洗われて行きますので、これもみろく世なのです。
私は魂の洗濯は辛いので、早くから【悔い改めなさい】と言っているだけです。
自分を悔い改める為には、良心神が必要だからです。
同じみろく世に行くのであれば、何も辛い道を選ぶ必要など無いでしょう。
最後の審判の時には、日本の神社仏閣に鎮まる霊達も、全て魂の洗濯は免れないのです。

私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から、そなた一人だけにはこの神の仕組みを見せると告げられましたが、
自分一人だけが見ていると思われる光景に関して絶対の確信は持てませんでした。
そうした中で、大本教から予告された【水晶玉(魂)】を見る方が出て来られたことは、
それが降りて来ていることを意味するのかとも考えられます。
721忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/06(金)02:31:26 ID:GIR
178天之御名無主2018/07/04(水) 20:29:25.50
『まだまだ世界は日に日にせわしくなりて云ふに云はれん事になって来るのざから、表面(うわつら)許り見てゐると判らんから、心大きく世界の民として世界に目とどけてくれよ。』

あちこち加筆修正
2018年二二の岩戸開き



722名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)11:59:18 ID:zUC
神示さんて
理解進むと人にあまり勧めなくなる気がする。

何も分かってなかったあの頃
あんなにみんなに伝えようとしてたのに。

あれは何も分かってなかった
自分への声援だったのかも。
723忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/08(日)00:59:49 ID:V4h
179天之御名無主2018/07/07(土) 21:10:26.20
現在の世界は意識の大部分が眠っている(無意識がある)夢游状態のようなぼやけた人類の意識で創られた現実です。催眠術にかけられこの世を裏から支配するものたちにとって都合のいい現実を創らされているともいえます。
このような眠ったままの人類の意識で彼らに立ち向かい複雑に絡み合った世界中の諸問題を解決しようとしても絶対に無理です。2、30年前と比べても今の世の中は明らかに悪くなっています。
この先もますます悪くなっていき良くなる事は無いでしょう。悪の土俵で戦っていても勝てる見込みはありません。誰それが逮捕されたから良くなるというような単純なものありません。

『立体に入るとは誠の理解生活に入ることぞ。』とあるように岩戸が開くと言う事は人々の心にある無意識が顕在意識となり覚醒することでもあり彼らのマインドコントロールが効かなくなると言うことです。
岩戸開きは彼らのマトリクスからの解放される唯一の希望です。




724名無しさん@おーぷん :2018/07/08(日)11:49:31 ID:vSC
>>722
人によって気付くタイミングが決まっているようですね
そのときが
725名無しさん@おーぷん :2018/07/08(日)14:52:08 ID:3xe
>>722
すべては縁 (円)でしょうね
726忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/09(月)23:43:06 ID:BSh
180天之御名無主2018/07/09(月) 20:54:51.76
寝ぼけた意識で創られた現実から目覚めた意識で作る現実へ

2018年二二の岩戸開き
右側上部の枠内文章を修正



727忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/10(火)22:52:40 ID:nJz
181天之御名無主2018/07/10(火) 21:20:40.90
九十の世界(全体または一部の帯域)は人々の業(カルマ)を蓄えるバッファみたいな役割(『世界中の罪負ひておはします素盞雄の大神様に気附かんか・・・』)をしていて、
その為自分のした行為がすぐには己に返ってこず、私の様な者でも普通の生活することができていますが(悪が好き放題できる理由でもある)
『これからはその場で引繰り返る様になるぞ。』とあるように岩戸が開くとこのタイムラグが無くなる様です。そうなってからでは悪い癖を直すのは難しいらしいので岩戸がひらく前に直すのが吉みたいです。

2018年二二の岩戸開き
ほとんど変化なし



728名無しさん@おーぷん :2018/07/11(水)01:43:33 ID:BpH
業の跳ね返りに気付きやすくなったのはそういう事でしたか
729忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/11(水)22:47:10 ID:ONn
182天之御名無主2018/07/11(水) 20:33:36.63
>>181
考えたら逆でした。過ちに気づきやすくなる分悪い癖は直しやすくなりますね。問題は積もり積もった業の方ですね。掃除して目覚めれば神となり、それが出来なければ獣になる。正念場の中の正念場


以下修正

九十の世界(全体または一部の帯域)は人々の業(カルマ)を蓄えるバッファみたいな働き(『スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあらうがな。間違ひの神々様、この世の罪けがれを、この神様にきせて、無理やりに北に押込めなされたのざぞ。
それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。』)をしていて、
その為自分のした行為(想いも含む)がすぐには己に返ってこない(悪が好き放題できる理由でもある)ので、私の様な者でもそれを意識する事なく普通に生活することができる訳ですが

『これからはその場で引繰り返る様になるぞ。』とあるように岩戸が開くとこのタイムラグがそれと判るほど短くなる様です。

2018年二二の岩戸開き
天照大神殿中の文を変更



730忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/12(木)22:59:31 ID:3z0
187天之御名無主2018/07/12(木) 20:30:13.65
空いたスペースを埋めました(色付き)

2018年二二の岩戸開き



731名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)00:22:46 ID:hkd
神とか獣とかどうでもよくね?
732名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)01:36:42 ID:mvv
一応ウシトラノコンジンとかは大きく扱われてねえ?
733名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)07:42:35 ID:4Tg
いくつか疑問がある。
カルマなんて存在するのか?
あると思うからあるんじゃないか?
僕より自分勝手に生きているやつらの方がよっぽど幸せに見える。
ないものをあると言って、人を罪人にして幸福から遠ざける、という点でこの宗教はキリスト教に似ているね。
人間の法律は、あらかじめ何が禁止されているか知らされていないと原則的には効力を発しないね?じゃあ僕たちはいつ宇宙のルールを教えてもらったんだい?何が禁止されているんだい?本能にしたがった行動がなにか他者に悪影響を及ぼしたら、その場合は神が悪いよね?
もうひとつ。
どうして蚊は存在するの?
昨日は一晩中蚊にたかられて眠れなかったよ。
そのくせあの神は朝寝するなって言うね。じゃあ蚊なんか作るなよ、僕にたからせるな、といいたくなるね。
734名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)12:47:18 ID:axU
>>733
人の都合だけで考えれば蚊等存在しないだろうね。そういうのを指して
近目、近欲っていってるよ。人間に害になることや悪を通して学んだり、新しい変化を社会に与えることにより善になるということも言っている。
735名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)12:49:50 ID:axU
>>733 ひとつ言いたいのはあなたは自分の好きなように生きればいいということ。この神はあなたになにも強制していない。強制するのは偽物ともいってる。これはマニュアル。好きなようにしな。文句言ってないで
736733 :2018/07/14(土)12:57:24 ID:4Tg
そういう答えは期待してない。そういう答えしか帰ってこないだろうとは思ってたけど。自分の言葉でしゃべって。
737名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)13:04:54 ID:axU
>>736
聞く耳持たない、考えるつもりもない人に何を言っても無駄。
738733 :2018/07/14(土)13:10:05 ID:4Tg
ふんw
強制してないと言うが、僕を落として引き寄せたのは、あの神なんだろう?強制しているではないか。
言うこと聞かなきゃ灰にするっていってるじゃないか。はい。
739名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)13:43:18 ID:axU
子供か
740名無しさん@おーぷん :2018/07/16(月)12:25:21 ID:Zq8
カルマ=行為と考えたらいいんじゃない? 生きること即ち行為。行為には反作用が発生する。
本来はすぐに返ってくるものだけど悪神によってスサナルの神が九十の世界に封印(九十の世界そのものが自由を奪われてそこから動けなくなったスサナルの神といえるかも知れない)された事によって返るべきはずの反作用がその世界に留められてすぐには返って来なくなった。
下手すると悪神達はそれを延ばしたり、他人にすげ替えたり、停止させる事だって可能なのかも知れない。だからこそ悪神達は反作用を怖れずに好き勝手できる。今度の岩戸開きはこの封印を解いて本来あるべきだった悪が好き勝手できない世界に戻すって事じゃないかな?
741忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/16(月)17:47:53 ID:nPq
190天之御名無主2018/07/16(月) 12:02:27.69
左側注釈追記

2018年二二の岩戸開き



742733 :2018/07/17(火)14:48:45 ID:44Q
>>740
ご丁寧にありがとう。
「見物を舞台にあげてはならん」らしいからこういうとこに相談めいたものを持ち込むのはもうやめておくよ。(あなたが見物だって言ってるんじゃないよ?)
743名無しさん@おーぷん :2018/07/17(火)18:17:59 ID:FCn
食物は科学的栄養のみに囚われてはならん。霊の栄養大切。月光の巻 第25帖

ベジタリアンだと
ビタミンB12とか鉄分とか亜鉛とかタンパク質とか気にしちゃうんだけど
霊の栄養かぁ・・ 神示さんは流石っすわ。
744忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/17(火)22:40:38 ID:6uZ
191天之御名無主2018/07/17(火) 21:19:53.40
『スサナルの神はこの世の大神様ぞ。はじめは[右巻きの渦]であるなり、[左巻きの渦] (うご)いて月となり地となりたのざぞ。』
月は3次元を10の階層に分けた内の9と10、地は1~8までの象徴だと解釈しています。つまりこの3次元空間そのものがスサナルの神。

『素盞鳴命が、荒ぶる神、悪神ではなく、人民の罪を背負って下さる救ひ主の大神であることが判らねば、岩戸はひらけんぞ。 』

スサナル=ルシファーかな
666が上下グレンで999へ




745名無しさん@おーぷん :2018/07/18(水)14:17:42 ID:OYr
マコトでもって洗濯すれば霊化される、
半霊半物質の世界に移行するのであるから、
半霊半物の肉体とならねばならん、
今のやり方ではどうにもならなくなるぞ、
今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ、
灰になる肉体であってはならん、
原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、
今の物質でつくった何物にも影響されない新しき生命が生れつつあるのぞ。
岩戸ひらきとはこのことであるぞ、少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ、
大弥栄の仕組。五葉の巻 第16帖

神示さんは相変わらずギャグセンスが素晴らしい。
746名無しさん@おーぷん :2018/07/18(水)14:49:04 ID:OYr
黒十字総統「ついにニクレンジャーが結成されたようだな。」
747名無しさん@おーぷん :2018/07/19(木)10:11:58 ID:eCj
>>745
ギャグの要素が分からないのだけど
よければ説明してもらえないでしょうか?
748名無しさん@おーぷん :2018/07/19(木)13:49:11 ID:9Ar
ニクレンジャーっていうのが結成されて
話題になってるんですけど、
元ネタは秘密戦隊ゴレンジャーです。

この秘密戦隊ゴレンジャーのボスキャラが
黒十字総統なわけですけど、
この黒十字総統は
「原爆にも水爆にもビクともしない肉体」を持つという設定になってるんです。

ベジタリアンすると味噌とかの消費多くなりますけど
そういえば放射能耐性付くんだっけと・・フト不覚にも笑ってしまったのです。
749名無しさん@おーぷん :2018/07/19(木)13:51:51 ID:9Ar
ニクレンジャーっていうのは

ガストレッド 
ケンタホワイト
モスグリーン
吉野家オレンジ
松屋イエロー

なのですけど、改めて調べてみるとベジタリアンでも食べれる食材が増えてて
どこがニクレンジャーなんだ・・と心の中でツッコミ入れちゃうわけです。
750名無しさん@おーぷん :2018/07/19(木)16:44:00 ID:9Ar
ミスドも知らない間にベジ対応食品増えててビックリ。
751名無し :2018/07/22(日)00:44:45 ID:Wmx
仏教の【皆由無始貪瞋痴】の三毒 キリスト教の【懺悔】

今日まで言い古された事柄なのですが、今の私達日本人が気にも留めていない言葉があります。否、それどころかスピリチュアルと称する人達は、まったく取り上げようとも話題にもしない内容です。

日本人の大多数は「仏教」徒です。その仏教の葬儀の時、葬式を執り行う僧侶はお経として【懺悔文(ざんげもん)】を読み上げる宗派が多数あります。

我昔所造諸悪業 (がしゃくしょぞう しょあくごう)
皆由無始貪瞋癡 (かいゆむし とんじんち)
従身語意之所生 (じゅうしんごい ししょしょう)
一切我今皆懺悔 (いっさいがこん かいさんげ)

仏教の葬式に参列した時、日本人ならばそうしたお経を聞いたはずです。真言宗や曹洞宗などの禅宗系や多くの宗派で唱えます。
内容は華厳経から出たものですが、一般的に神仏具店で売られている【観音経】や【不動尊秘密陀羅尼経】の経典などの冒頭にも書かれています。本当に神仏信仰する人達からすればかなりポピュラーなものです。
だが、大多数の人達はそれを聞き流しているのです。僧侶が読み上げるものだとばかり思っているからです。
その口語訳の意味は一般的に下記の様に訳されています。

私が昔からなしてきた諸々の悪しき行いは、すべて始まりもない時からの貪(むさぼ)りと怒りと愚かさを原因として、身と言葉と意によって生まれたものであり、それら全てを今私は皆懺悔します。

懺悔とは、自分の罪を告白して【悔い改めます】ので赦してくださいですが、この中の【皆由無始貪瞋癡】は、今生においての意味ではありません。
人の魂は【輪廻転生】の中にあり、自分の魂が出た時からのことです。自分の前世や過去世からの積んできた悪業の罪(カルマ)です。
752名無し :2018/07/22(日)00:48:35 ID:Wmx
その中の【とんじんち(貪瞋癡)】は、仏教では【三毒】とされていますが、その根源は【癡】だとされています。
一般的には「愚かな」意味で【痴】の漢字が振られているものがありますが、【癡】とでは少し漢字の意味が違って来るのです。

痴は「知の病」です。知るのではなくて知ろうとなかった罪です。
癡は「疑の病」です。疑うではなくて疑うことをしなかった罪です。
何でも言われたことに「疑い」を持たないのは【美徳】ではありません。

私達の目には見えない世界は「霊(0)界」と呼ばれますが、【0界は存在しないではなくて、隠された世界】の意味です。9×0=0ですが、その時の「9」は「0」によって隠れてしまうなのです。

疑問と言う門を叩かない信仰者は、「癡」の者

邪神達は自分が使おうとする霊感霊能者が「知」を得ることを非常に嫌います。この神の言うことを【夢々疑うことなかれ】です。
この【癡】は真理に対しての【無知】を意味指します。私は子供の頃に臨んで来た旧約聖書の神と称する声が言った内容を信じているのではなくて、本当かどうかを疑って探って来たのです。 そこに出て来たのが、
【嘘を叩いて、誠の骨とする】でした。
そうした疑いから学ぶことを禁じるのは、「痴」に追い込むのです。
それでは何をしても神の愛で赦されると「愛」ばかりを言い、懺悔の【悔い改める】を言わなくなります。また、三毒の一つの「貪」は【我愛】にと進みます。
さらにそれは「痴」は知ることをしない病ですが、スピリチュアルのように自分の目に見える霊的な物だけに囚われて他から【学ぶ】ことを放棄しますと、自己の魂に【知性】が存在して来ません。
それが魂の【一霊四魂】の【奇魂(叡智の働き)】を阻害して、その魂が【ハート】型に変形してしまうがあります。
そうなると、その魂は自己の汚れを自らが浄化できなくなってしまい「いびつ」な魂となってしまいます。「偏屈」になります。神の愛で自分を救って貰おうと他力に走り、自己努力から離れてしまいます。
753名無し :2018/07/22(日)00:53:07 ID:Wmx
お釈迦様が説かれた原始仏教は「小乗」とされ、お釈迦様の死後に起きたとされる「大乗」とは解釈が違って来ました。
お釈迦様が本当に悟られたのは【悪魔は実体を持たない現れであり、人には良心と呼ばれる神が内在する】は小乗の教えとなります。
それに対して「仏は慈悲」だから仏に助けて貰うは大乗の為に、自分が悔い改めるよりも他力で救って貰うで【根本】の教えが忘れ去られたとも言えます。

お釈迦様は「目連尊者」以外の弟子には、霊が見える霊と会話する自己の「霊性」を開くことを禁じられたとされますが、何の修業も無く霊が見えるで走ってしまいますと、自分はお釈迦様やイエスと同格の階層の魂だという、とんでもない錯覚の中に入って行きます。
辛い修業を積んだ来た偉大な先人達の教えすら踏みにじるなのです。

貪瞋癡の【瞋】は、通常「怒り」の意味とされて来ました。しかし、この漢字本来の意味は「顛死(てんし)の人」という意味で、顛(眞頁)死とは【顛倒】することなのですが、同異義語に「転倒」があります。
転落でも顛落も同じ意味合いなのです。そこから不慮の事故等で倒れて死んだ人の意味合いなどとされて来ています。

しかしながら、この「顛(眞頁)」は頂のことで「山顛」。頭のいただき。元や根本や先や末の意味です。この先の末の時、根本の意識を真に【顛(転)じて】おかないと、

真が死ねば、神の怒りを買う

末は【顛末書】を書いたでは許されない

私達は「本末転倒」を言いますが、これは【本末顛倒】でもあるのです。真理に向かう人のことを「真人」と言います。
PC上では本字ではなくて俗字が主に使われますので、PCの関係で俗字の「顛」の字を出しています。

日本人の大多数は仏教徒でありながら、仏教で【懺悔】が言われている感覚を持たず、懺悔と言えばキリスト教の感覚を持っています。

キリスト教の教会に行きますと、教会の中に神に対して自分の罪を告白する【懺悔室】があります。
葬式の御経の時に僧侶が自分に代わって「懺悔文」を読むのではなく、生きている時の自分が【自己の良心に基づいて神に自分が犯した罪の懺悔】するのは、明らかに懺悔でも仏教とは別だという感覚は誰にでもあるでしょう。

懺悔は自分がしてこそ「値打ち」があるのであって
僧侶が自分に代わって「懺悔」しても意味がないのです。

懺悔とは、自己の良心に基づいて神に自分の過ちを告げる。

自己に良心神がないと、神に向かって懺悔は出来ない。

日本の神社でも、神様に自分のお願いを聞いてくださいと欲を祈る人ばかりで、神に自分の罪を赦してくださいと悔い改める人など数少ないと言えます。
祝詞でも神主ではなくて自分で読み上げれば、自分の罪を祓ってくださいと宣(の)っていいるではないですか。
754名無し :2018/07/22(日)00:56:19 ID:Wmx
私は神霊界修業に初めて入って、伏見稲荷山で最初の師匠の元に属する講員さん達の信仰の様を見ていて、その師匠から自分の信徒さんの信仰態度はどうでしょうかと聞かれたので、
私は【皆さん、信仰は熱心ではあられる。されど、その信仰は神様から何かして貰おうの現世御利益信仰です。それでは、自分が拝んでいる神様を乗り越えることなど出来ません】と、
何故か自分の意思では無い言葉が口から出たのです。

すると、その師匠は驚いて、【人は自分が拝んでいる神様を乗り越えるなど可能なのですか?】と尋ねられたので、
私は【神様から何かをして貰おう信仰ではなくて、逆に自分は神様に対して何が出来るか?。神の世界に奉仕する信仰に入って行きますと、現世御利益主体の神様達よりも上の世界に行きますよ】と、口から言葉が出たのです。

それを聞いた師匠は、【さすがに、神その方が言われることは違う】と言いましたが、神その方の意味が私にはよく解りませんでした。私は時々、自分では意識していない言葉を口に出すがあります。

私が伏見稲荷講に入った時、最初の師匠から【貴方には何の御利益も出ませんが、貴方のお母さんに御利益が出ます】と言われます。
その後、私の母が商店街の籤引きなどをしますと、大当たり。特等の連続です。しかし、私が伏見稲荷講から離れると、昔のカス籤の連続になってしまいました。

一部の方は「米」の教えなど信じても何の御利益も無いと言われます。

確かに、「米」の教えは稲荷信仰と違って現世御利益とは無縁です。

しかしながら、「米」の教えから【自分に内在する良心神】の気づきに入った方から、自分が置かれていた環境が良くなって来た。自分の周囲が変化して来た。
特に悪しき存在が自分の周囲から消えて行った。そうしたメールもいただきます。

そうした方達からは、私が何かをしたのではないかとお礼の言葉を受けますが、私は何もしておりませんよと返答します。
それは私が何かしたではなくて、その方が自己の良心神の目覚めから、自己の【カルマ】の解消に向かって行き、自分が置かれていた悪しき環境が好転して来ているなのです。

良心神の御利益とは、自己の過去世からの【カルマ】の解消。

良心神の効果とは、すぐに目に見えるものではありません。少しずつ少しずつ薄皮を剥ぐようなもので、時間と共によくなるのです。
人によって過去世で犯した罪の重さは違うので、他の人と同じようには行かないのです。

だが、自己に内在する良心神を捨ててしまいますと、自己の魂の中に悪しきものが蓄積して行きます。やがては、肉体として生きている時には解りませんが、その魂は【奈落の底】にと墜ちて行くなのです。

自分に内在する良心神とは私を拝むことではなくて、各自が自分で創り上げて行くもので、やがて用意されているのは、大本教神諭予告【九つ花】で解るように、
宇宙の真理。万物の創造神に近づいて行くなのです。そして自分が【神上がり】なのです。

大本教神諭予告、【人には神とも成れる魂を授けてあるにもかかわらず】なのです。それは日本神道で【直霊】と呼ばれる天帝の分魂で、自己の良心を司る働きだからです。
大本教神諭予告、【この世の閻魔】として現れるです。自分で自分を悔い改めるをしなければ、この世の閻魔は出て来ないのです。

悔い改め(懺悔)ない者には、良心神は裁きの時は閻魔として現れる。
755忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/24(火)21:30:24 ID:7iw
193天之御名無主2018/07/24(火) 20:33:32.53
月光の巻 第三帖 『こんどは、八のくまではたらん。十のくま、十のかみをうまねばならんぞ。そのほかに、かくれた二つのかみ、二つのくまをうみて、そだてねばならんことになるぞ。』

※くま(隈)は神示では旧暦の八日を指すようです。
八のくまを旧八月八日(9月17日)とすると十のくまは旧十月八日(11月15日)。かくれた二つのくまは旧七月八日(8月18日)と旧九月八日(10月16日)だと思われます。

※いままで隈(くま)を旧暦の九日(九マ)と解釈してましたが、隈は「目の隈」とか歌舞伎の「隈取り」から連想される八(左右に別れているライン)にするほうが上記の貼とも整合性があるので解釈を変更しました。

「八は開く」の言葉通り神示で「くま(隈)」は下記の様に仕組における次のシーケンスの始まる日付に当たっているようです。

七のくま(旧七月八日)は「金星東方最大離角」(宵の明星が東に巡っていたら愈々)

八のくま(旧八月八日)は「二二の五」(二二の真ん中)

九のくま(旧九月八日)は「旧九月八日の仕組」

十のくま(旧十月八日)は『旧十月八日、十八日、五月五日、三月三日は幾らでもあるぞと申してあろが、此の日は臣民には恐い日であれど神には結構な日ざぞと申してあろが』
=================================

それから「愈々の始まりの日」についてですが

「七のくま」と「金星東方最大離角」(宵の明星が東に巡っていたら愈々)の8月18日(旧七月八日)の旧暦の日付をみて気付いたのですが

『七から八から鳴り鳴りて十となる仕組』の「七から八から」も実は旧七月八日(8月18日)を指している!!(のだった)

愈々あと一ヶ月を切りました.........

2018年二二の岩戸開き
八の隈の解釈に変更を反映しました。




756忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/24(火)21:30:46 ID:7iw
更新age
757名無しさん@おーぷん :2018/07/25(水)21:22:49 ID:VTt
「アカとアカ」 って何だそれ?って感じで長年分からなかったのですけど

アカが水の古語と知って、なるほど神示さんは深いと改めて想います。


https://folklore2017.com/kotoba/9003.htm
758733 :2018/07/26(木)11:15:53 ID:GUj
くだらね
759忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/26(木)22:10:52 ID:M5L
197天之御名無主2018/07/26(木) 20:30:20.62
掃除して1人が神となれば千人力(千人助かる)
単純計算で世界の人口65億として千で割れば650万人
世界人口の0.1%
日本人口の5.9%
が真に目覚めれば全員助かる計算になります。
地域に0.1%の神人がでればその地域は助かるという事でもあります。

誰もが神になれる二二(とき)
大難 小難 臣民次第
神か 獣か 別れの秋

2018年二二の岩戸開き
七から十の仕組の節目(隈)で色分けしました。




760名無しさん@おーぷん :2018/07/27(金)12:19:40 ID:Ms9
枝葉を辿り根に至る
761名無しさん@おーぷん :2018/07/31(火)04:31:43 ID:2Ft
>>760


ベジタリアンするようになってから
あまり移動しなくなった。


肉食してた頃は、県外に出たり、
実家との往復でよく電車移動もしてたし
引っ越しもよくしてたなぁ。

菜食してからは基本は家
地元愛も強くなった気がします。
762忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/07/31(火)21:59:57 ID:Tok
209天之御名無主2018/07/31(火) 21:36:29.81
「終わりの日々に青い星カチーナは彼の甥たちとともに地球に戻り、反時計周りに周る。 ...。 彼らは我々が原初の教えを覚えているものかみるため、飛ぶ盾に乗って現れる。
終わりの日に彼らは多くの星の家族を連れてくる。 青い星カチーナの帰還は新しい日、新しい生き方を知らせる目覚まし時計となる。」【ホピの予言】

「木星の2倍の大きさの青い物体が地球に近づいている」
https://indeep.jp/object-twice-as-large-as-jupiter-goes-to-earth/


2chで拾った【ホピの予言】ダウンロード

岩戸が開いた後の様子が書かれています。ぜひ一読をおすすめします。

サイトのリンクが切れているのでダウンロードして下さい(30日後に削除されます)

https://26.gigafile.nu/0830-c5ee8f5be97750bdc9e3657e89fbde13a


2018年二二の岩戸開き
ホピの予言を追加しました。



763名無しさん@おーぷん :2018/08/01(水)12:59:09 ID:fwa
陛下はいつ死ぬんですか?
岩戸開きの完了は御代の交代らしいが
2019年3月21日までですかね
764忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/08/01(水)22:30:39 ID:qIC
212天之御名無主2018/08/01(水) 11:35:46.13
『八月ぐらぐら。八月二日』
8月2日、一応地震注意

日月神示はハルマゲドンというワードが使われていることからもヨハネ黙示録に絡めて降ろされている事が分かります。
「鳴り鳴りて」も黙示録のラッパに掛けてある事は十分に考えられます。とするとラッパが鳴り始めるのはこれから(8月18日から)という事になります。(旧七月八日~旧八月八日の間に第一から第七のラッパ全てが鳴る)

四つの隈(くま)も4人の天使(祓戸四柱?)が立つ大地の四隅に対応するのかも知れません。

2018年二二の岩戸開き
ヨハネ黙示録の七つの封印を追加しました。



765名無し :2018/08/01(水)22:49:31 ID:GMR
己の本体が宇宙創世記のまだ龍体だった時点から存在し、私はその魂の一滴であり天津神だと知って、それを知る前から何故に国常立尊様を慕うだったのかハッキリしました。
だからこそ【遵う】の道に導かれたとなります。
私には国常立尊様からの首輪がついていると申した御方が居りましたが、本当でした。
だから年老いた蛇霊ではない龍が就いていて、有名な神社では金蛇数体の出迎えがあり、それを無知な私は触って弄ったけれども罰は無く、歓迎の雨もあり、
私の琴線に触れた者、警察関係者等に対して時には殺すだけの障りを起こすともなるが起きるもありました。
こういう存在を龍男や龍女と云います。それは神をも殺す存在です。
ですから有名な寺社にて神の化身にイタズラしてもバチを当てられなかったとも言えます。
刃向かえば逆に殺されてしまいますから。
そんな私は端から端まで見えない程大きい蛇霊(蛇霊上がり龍神)を殺した事もあります。

そんな私が申すのは、日月神示に固執する事は良くないという事です。
更に格上を求めて真理に向かいなさい、です。
私にその道筋をつけて下さいましたのはこのフデの神でもあるのです。
766名無しさん@おーぷん :2018/08/02(木)21:00:28 ID:Dqn
>>765
貴方は本物か?
767名無しさん@おーぷん :2018/08/03(金)11:29:29 ID:krh
温故知新ってやつマジ性格悪いなクソ天狗野郎
768名無しさん@おーぷん :2018/08/03(金)15:04:53 ID:mCD
>>765
蛇上がりは多いけどあんまり好きじゃないな…

下ってきた龍達はそれぞれ難しい職務があるから基本的には会えないし、それぞれ孤独だと思う

蛇上がりは顔が笑ってても目に殺気がある、下り龍は目に和気があるからわかる人には見分けがつく
769名無しさん@おーぷん :2018/08/03(金)15:13:04 ID:mCD
今の力ある龍達は皆地に伏せて力を隠している、普通の人は見分けられないね、多分
それで日常の中の異常を見分けている、それだけで直接的には行動しないけど、異常な人や物と判断されればもう変わらない

今天をかけてる奴はほとんど蛇龍じゃないかな、甘い言葉に気をつけてね
770名無しさん@おーぷん :2018/08/03(金)15:16:27 ID:mCD
蛇龍の中にも魂を改めた者も出てくるだろうから、そういう者は悪でない悪として生き残れるだろうけどね、大半は蛇穴へ戻り二度とは戻っては来れない
771名無しさん@おーぷん :2018/08/03(金)16:37:11 ID:krh
くだらね
772名無しさん@おーぷん :2018/08/03(金)18:17:06 ID:JhS
例えってその時その時で意味が違かったりすっからな一律で言われても対応に困る
773名無しさん@おーぷん :2018/08/03(金)20:41:20 ID:mCD
>>772
すまんね
ただその分広義の意味を含められるから理解してくれれば嬉しいし、しなければそれでもいい
774名無し :2018/08/03(金)20:52:09 ID:PT4
行動保守が生まれ綺麗事禁止令がその柱となり、いち政党を持つ迄に至ったが、
この界隈で旧極右評論にて最初に周囲に何と言われようとコメント削除されようと【綺麗事の危険性】を訴えてそれを植え付けた者は龍男です。
乱世の龍と呼ばれる存在です。
775名無し :2018/08/03(金)22:29:10 ID:PT4
こういった存在は生活保護世帯等といった社会の底辺階級に多く見られます。
こうした世の末を這っての苦労の中でなければどうしても人として真に大切な事、人の真の真心が学べない気付けないが為でもありますし、
神代七代の物質の世を転ばせて(滑らせて・お釈迦にして)神代八代の七転び八起きで統ばるで、
八は末から広がるで、末である世の根にこそ高き御魂、真人は居られるのです。
【あんな者がこんな者に、こんな者があんな者に】は、神代八代の8で∞の世は、この世の世の根にまします末の真人から広がるが為の一八十(イワト)返りであり霊界での地位の180度返りの事であり、それは日月神示においては大グレやグレンと返る等として予告されています。

世にはクソアスベ等と罵る者も多いですが、そうした罵られる障害者の存在も、蓋を開けてみれば一族のカルマを一身に引き受けて菩薩道を歩むとんでもない高い御魂だったりします。
776名無しさん@おーぷん :2018/08/03(金)23:41:42 ID:krh
でもワイオニ三郎は偽物やと思てるで。
777名無し :2018/08/04(土)20:44:49 ID:WfW
【今大本に現はれた変性女子は偽者だ。】 自分は偽救世主宣言。

【おいでおいでをしなくても、時節を待ってゐたならば、何れ現はれ来るだらう。】
【美濃か尾張の国の中、誠の女子がわかりたら、もう大本も駄目だらう。】 地球を示す天文記号は女子の♀を折り畳んだもので、地球は水(瑞・女)の星。
その星に型が示してある。 それが国道41号線を「言成り」の「誠」をもって見ると解るとんでもない大仕組み。
宇宙創造の時点で少なくともここまで先の事が見えているとんでもない存在、天帝・みろく神が想像し(一霊四魂)大国常立尊様に命令を下し、豊雲野尊様と共に創造に入られた(厳瑞八力)。
この時に想像神と創造神とを結んだ存在を言霊神と云います。
ここに言葉に力が宿る不思議のカラクリがあるわけです。
778名無しさん@おーぷん :2018/08/04(土)22:43:59 ID:yyS
>>775
クソと言う言葉
糞は米と異なる
世根を異にする
米は田と共に在る 糞は肥やしとなり立派な米を実らせる
悪の改心結構 見渡せば糞まみれの世
人の振り見て我が振り直す
省みて学ぶ
私は偽物
779名無し :2018/08/07(火)00:40:49 ID:nDc
他(田)を救い(鋤くい)て世根(米)と成れ。

確かに診断済みではあるが、クソアスぺと罵られようが曲げてはならぬ人としての心の在り方のあり。
空気を読めというが最終的に一体何の要求が元となる空気を読めと、配慮しろというのだ?
四つ足に配慮する気は毛頭無し。対峙(退治)するだけだ。
そうして直霊=良心神=この世の閻魔に遵うの路を行く事は悪い事か?
780名無し :2018/08/07(火)00:50:17 ID:nDc
米の教えを学んで修めた者が天から授与される水晶魂には球体の中にに白十字があります。
私はそれを授かる事が決まりました。
神之公園さんにこれは何ぞと報告して、その事に関しまして記事を書いてくださった事からそうだと判明致しました。
米として実った者は刈り入れの後に脱穀(脱獄)をします。
根の国底の国であるこの世からの脱獄です。
781名無しさん@おーぷん :2018/08/07(火)07:12:51 ID:eGI
ぼくどうぶつすきやし
782名無し :2018/08/07(火)20:17:30 ID:nDc
どんな存在でも悔い改めの選択で魂の洗濯をすれば地位は低くもミロク世です。
ただ、魂の洗濯は六次元の燃ゆ(六)の魂の汚れを焼き尽くす殺魂光線であり辛いから、
最悪でも死ぬ程度の苦で済むこの世に生かされている内に悔い改めて積み越した罪を償い身に禄を付けて
その時に備えましょう。
【他を救って世の根で生きなさい】はその路を行く為のものでもあります。
この路に導いたのはこのフデの神でもありました。
有難う御座います。
783名無しさん@おーぷん :2018/08/08(水)00:57:50 ID:mi4
>>782
ネットで少し見た日月神示。
数年後思いだし再び読んでみればもう止まらない。
いろいろ調べている内に巡りあった米の教え。
とても有難いご縁だと思っています。
784忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/08/09(木)22:04:53 ID:xLU
230天之御名無主2018/08/09(木) 21:04:55.85
四つの隈(くま)に対応すると思われる祓戸四柱の神名と方角(大洗濯の宝)を追記しました。(大祓祝詞を参考にしました。)

七の隈(旧七月八日)=瀬織津比売=北(シオミツ) 第六のラッパ?

八の隈(旧八月八日)=速秋津比売=南(シオヒル) 第七のラッパ?

九の隈(旧九月八日)=気吹戸主=西(西の宝)

十の隈(旧十月八日)=速佐須良比売=東(東の宝)

の四柱がヨハネ黙示録の
「定められた時、日、月、年のために用意されていた四人の御使い」「大川ユーフラテスのほとりにつながれている四人の御使い」に対応するものと思われます。大川ユーフラテスは「二二」(≒2018年)(時の流れを川に喩えていると思われ)

『北の宝はシホミツざぞ、南の宝はシホヒルざぞ、東西の宝も今にわかりてくるぞ、此の宝あっぱれ、この世の大洗濯の宝であるぞ。』

東西南北の宝は一年に一つずつ解放されるのだと思ってましたがどうやらこの大祓で四つとも解放されるかもです。

マジでヤバイ!


2018年二二の岩戸開き




霊界物語より
『【祓戸の大神達】 祓戸四柱神、即ち瀬織津比売、速秋津比売、気吹戸主、速佐須良比売の四神である。
凡て大修祓執行に際しては八百万の神々は常にこの四方面に分れて活動を開始し、諸々の枉事罪穢を払ひ清め給ふので、
天津神たると国津神たるとを問はず、また宇宙全体たると、地球全体たると、また一郷一村一身一家たるとを論ぜずして、四方面の修祓が起るのである。
地球の大修祓、世の大立替が開始さるる時には、神諭の所謂雨の神、岩の神、風の神、地震の神の大活動となる。』
785名無しさん@おーぷん :2018/08/09(木)23:04:55 ID:8dp
オカルトと人は言いますが身を以って知れば真実だと気付くんですよね
786名無しさん@おーぷん :2018/08/13(月)21:27:04 ID:kcw
>>785
そうです。
霊(零)界は0(霊)であるが為に現実界からは隠されているだけに過ぎず、存在するものです。
ですから政(まつりごと)をもって治めるの政治を考える様な者ほど欠かせないものであるのにも関わらず、おーぷんで見るなら13韓隊なる者の様にそこの道理を弁えずに唯心(神)を蔑ろにして唯物で突き進みます。
仏→ぶつ→物 今は神代七代の七→質 で物質の世が終わる意味合いの事は日月神示のみならず各宗各派の教えにもありまして、国常立尊様に忠誠を誓って下された心有る神司達も大立て替えに関してお代等を通じて世に警告している事です。
唯物偏重刹那拝金等々こうした人類の誤った心の持ち方による想念の汚しによって、これから益々地球は浄化の火(日)風水の膿出しの作用が働いて大嵐となるでしょう。
そこのひとつの目安はオリンピックです。
私には五輪終で御臨終と示されました。
上から下まで唯物刹那の蔓延り乱れを見れば、身の終わりの時が近い事を何かに告げられる無く覚ります。
霊媒質者はそうした霊的汚れの浄化の為に眠るで、一層強い眠気に襲われるかもしれません。
少なくとも私はそうなっております。
医学的にはそういう症状を呈する病気なんて患っていない事も確認しております。

どうも長々とすいませんでした。
787名無しさん@おーぷん :2018/08/14(火)11:47:16 ID:0m0
変な霊に使われてるやつや宗教の狂信者より無神論者の方がましじゃね?
788名無しさん@おーぷん :2018/08/14(火)13:43:54 ID:vDP
>>787
木を見て森を知るとは言うが、森には様々な木がある
森を否定して無に返そうとすれば、その者達は必ずその行いを償う事になる
789名無しさん@おーぷん :2018/08/15(水)22:02:03 ID:OVh
>>787
そういう者は例え善人であっても身の終わりの時、神霊を信じる悪人よりも救われる順番は後回しになります。
まして無神論の悪人であれば三、四次元の世界に捨て置かれるとなります。

人を救うは人であり、霊魂を救うは神。
ですからその存在を信じぬ無神論の唯物主義者はどんなに善人であっても唯心主義の悪党より神から離れているが為にその霊魂は救いがたいとなる道理です。

ですが、今の心の持ち方の過ちを懺悔して唯心に立ち返り天帝に帰順、国常立尊様に帰依を誓ったならば、兇党となっていないならばどんな悪党であっても、
これまで唯物主義無神論であった者でもその誤った杭(良心神柱)を改めてあげて救ってあげますよの、主の存在を信じて生きるの【芋の教え】もあるのです。
この救いは天からの御約束事であります。

私は日月神示の読み始めの段階から国常立尊様が一番好きで帰依をしたいと願って、直ぐに導かれた【米の教え】から【みろく神の言葉の仕組み】を私ながらに理解しまして、
創造神であり始めにして終わりの神(破壊神)でもあり永遠の神である唯一神の実在を確信して国常立尊様に帰依、天帝に帰順を誓うに早くから入った者です。
私の魂の所属が宇宙開闢に働いた御言(尊)たる流エネルギーからのもの(天津)である事から、こうなったのは必然ではあります。
今はどれだけ【言葉に仕組みあり】のヒントから目を覚まして、自力で救われる姿勢(しせい→至誠)を採るに舵を切って、身の終わりに救われる者を増やせるか、しか打つ手無しの最後の段階にあります。
それを別回線で嘲り本回線で阻む13韓隊はそうした心の持ち方の過ちの一切を認めて懺悔し心を入れ替える(改心・悔い改め)までは死後の地獄閻魔庁に関わる私の権限をもって絶対に弥勒世には渡らせません!。
死んでから後悔しても絶対的に遅い!。後悔と悔い改めは魂の修行場であるこの世に生かしてもらっている内なのです。
それを云われてさえバカにして笑い、アク禁までをもするような霊界、主の存在に対する畏れ知らずの者は永遠の地獄で永遠に苦しめばいいのです。
そんな腐って捻れ潰れた心の持ち方の者は墜ちて永遠に泣くは私の願いでもあります。
政治を扱いながらも政をもって治めるの言葉成りの誠さえを蔑ろにする者は永遠の地獄で永遠に泣きなさい、です。
賢明な方はああいう者の轍を踏むなかれ。そして助かる道に舵を切って下さる事、そうした者の増える事を私は切に願って止みません。
助かる者の増える事は国常立尊様にとっても嬉しき事でありますからね。
ですからどんなにシカトされて流されようとバカにされようと私は切っ掛けを作っては申すのです。
これが私の国常立尊様(言葉の神)への忠誠心の表し方でもありますから。

またもや長々とすいませんでした。 m(_ _)m
790名無しさん@おーぷん :2018/08/15(水)23:23:19 ID:Eg3
>>789
>>789
とても心に染みる言葉ですね
私も正しい事ばかりできる人間ではないですが
何らかの霊的存在に導かれている者です

もしご存知ならで構わないのですが
聖書とひふみ神示、または神道にかかわりってあるのでしょうか?
これらの出来事が同時に起きて、少し混乱しているのです
791名無しさん@おーぷん :2018/08/15(水)23:23:41 ID:Eg3
安価2つ付けてしまいました
深い意図はありません悪しからず
792名無しさん@おーぷん :2018/08/16(木)12:39:38 ID:DdE
>>790
私の知るところによりますと、各宗各派は万教同根(同魂)の神の表れでありまして、同魂が為に一霊四魂に当てますと
和魂=神道
幸魂=キリスト教
荒魂=イスラム教
奇魂=仏教
直霊=大本
となっておりまして、
それぞれ形は違えど同じ事を言っているがみられます。
大本の三千世界の大立て替えはキリスト教の最後の審判、仏教の輪廻転生の停止、日本においては建国から云われる天の岩戸開け等です。
日月神示もおよそ半分は事実を伝えていると見られ、そこに『言霊神』という重大なキーワードがあったり、大本に併せてようやく意味の出る物事があったりします。
出口王仁三郎聖師がこの神示を受け取らなかった意味は、『神の舞台の神芝居』の【神の舞台演技としてはまだその時節ではない】があったからでしょう。
大本教はまだ『男女の予言者の型』のイロハの四八音(ヨハネ)の段階です。ひふみも四八音です。これでは九と九の九つ花の81陣は埋まりません。
始め神は言葉と共にあったの旧約聖書は、この神、万教同根の神にして国に常に立つ御言(尊)たるイロハ・ひふみ・あいうえお、の
『言葉の神』からの『日本語(神の言語)で意味の紐解ける暗号書』との事で繋がりが見られますし、やはり全てはとても深くかかわり合っていると思われます。

この世に起きる現象に関しましては、日月神示にあります『足許から鳥が立つ』で、様々に伝え申されてきた事以上の事が起きるが十分予想されます。
この「あしもと」たる「末」から立つ「とり(十里)」、この十里のハネ(八根)たる神一厘(良心神柱)を魂にもって居られれば、十里で八根を持つ米八光、鬼に金棒であり、例え死んでしまっても恐れる事はありません。
死とは霊魂の着る服たる肉体を脱ぐ。
第二の死とは、魂が着る服たる霊体を脱ぐで、裸(ラ)になってはじめてみろく世に向けて大航海(後悔)を渡れます。
この、最後の審(神)判の火の裁きの後に各魂は一(イ)八(ハ→ワ)十(ト)段の何処かに魂の永遠の地位が決まると云われ、その地位を上げるには"生かされている内に"魂に辛抱(心棒)を抱えて魂を磨いて魂のラ神点を高める事にあります。
人にのみ有る内在神である良心神を育む魂磨きは自力でしか出来ない事です。 既存の神霊達も全てが審判の対象ですから外在神に救いを求める事は出来ません。
その良心神はこの世の閻魔(魂という円の真中に有る存在の円真→エンマ)でもあり、ここが働かずに我さえ良し・この世の損得打算にばかり走って
【獣の強い者勝ちの論理】で弱い者を虐げ、この坐す間を空として「空く間(アクマ→悪魔)」としていたならば、あの世の閻魔の出番となります。国常立尊様の地獄での表れ。
真の救世主とは、そうはならぬ様に己の魂たる球を制する主に己が成る【球制主】を差します。
そこに、【神は愛であり赦される】は一切存在しないのです。


私自身まだ未熟であり、文才もない拙いながらに申させていただきました。
何かの参考になれば幸いです。
どうも失礼致しました。 m(_ _)m
793名無しさん@おーぷん :2018/08/17(金)00:56:06 ID:kr3
>>792
お返事ありがとうございます
まず、貴方の深い知識に驚いています

本文いずれもすんなり入って来るので、真実を語っておられるのが分かります
私自身未熟ですが、ここで出会えたこと生かせるよう精進いたします
本当にありがとうございました。m(_ _)m
794名無しさん@おーぷん :2018/08/17(金)22:05:37 ID:5us
>>793
此方こそ有難うございます。 m(_ _)m

こうした事に対して、まだ聴く耳の有る人が居られる事は本当に嬉しい事です。
795名無しさん@おーぷん :2018/08/18(土)23:31:59 ID:Pio
飾ることのない素の自分でお送り致します。
と言いたいところですが大概見えを張っています。

神示録(しるし)によると上つ巻と下つ巻を先に覚えなさいみたいに書かれているところがあります。
それを実践しているところです。







796名無しさん@おーぷん :2018/08/19(日)06:33:10 ID:Dr7
いきなりで失礼させていただきます。
神示に触れていて最近勇む気持ちが増してきました。
神示通りに読むはずが我流になっていたりして数年たちました。
うれしい気持ちがあって公開しますので、これがきっかけで悪友親友ほしいかもしれません。
地つ巻第二十九帖からの引用です。
【この神示 上つ巻と下つ巻 先づ読みて呉れよ、腹に入れてから神集(かむつど)ふのぞ、神は急けるぞ。】

それならばと今日まで上つ巻も下つ巻もそのまま読むのですがついつい意味を考えてしまい覚えることもできずにいました。

今回荒の巻がヒントになって上つ巻と下つ巻の形【八】の字がイメージされました。
荒の巻は一帖から成り立っていますが、句で分けると124句ぐらいです。
これを通常とは反対に並べていきます。それを読むことにします。一番最後の句から逆さまに読み始めてみましょう。
テキスト版と読み比べてみてどちらが違和感ない順序でしょうか。文章の詳細解読というよりは順番の形式を意識した場合の並び方に注目します。

上つ巻と下つ巻はともに各帖内の句をおもいきって反対に並べてしまいます。理由はテキスト版に比べてみて読みやすくなるかどうかそれだけです。
反対に並べてしまったそれぞれの帖を第一帖から読むか第四十二帖や第三十八帖から読むか
さらに反対にしたほうが読みやすいか実践してみます。

次回に適当な帖を取り上げて実践例を書き込みます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

乱筆ごめんなさい。



797名無しさん@おーぷん :2018/08/19(日)06:42:34 ID:Dr7
素人投稿を深くお詫び申し上げます。
795は削除したつもりでした。
本当にごめんなさい。
仕事の合間の投稿理由と言い訳もしてみます。
798名無しさん@おーぷん :2018/08/19(日)21:36:53 ID:71V
気にしなさんな
799名無しさん@おーぷん :2018/08/20(月)05:48:33 ID:gLb
フデには世間で言うツインレイ、スピリットメイトの事も書かれてあります。
フデではイザナギ、イザナミとして。
1つになった魂が、この世全てを救う型をしていく。
一組だけではない。
皆さん一人一人のご自分の世界を天国にしてゆく。

奉仕してらっしゃる方々、ご苦労様です。
頑張ってくださいね。
800名無しさん@おーぷん :2018/08/20(月)06:26:30 ID:gLb
それから、この世界の出来事は全て自分の心から出ている現象なので、自己を省みよです。

他人や、世の出来事を恨むので無く、自分の中にあるから現象化している。
一人一人が自分の世界を持っており、心は繋がっているので、集合意識というものがある。

まずは自分の世界を幸せにする事で全体の集合意識が変わりますので、皆様ご自分をまず、幸せにしてあげてください。
一人一人が自分の心から作った世界の主人公であり、この世界はウツシ、つまり映像です。
楽しんでくださいね。
801名無しさん@おーぷん :2018/08/20(月)06:30:43 ID:gLb
今年、天地結びの年です。
陰陽結びの年でもあります。
約束の時現れし。

フデに
申酉すぎて戌の年、めでたやなあ
802名無しさん@おーぷん :2018/08/20(月)09:17:38 ID:omy
勝手に解約してうざい説教せんといて。
803名無しさん@おーぷん :2018/08/20(月)09:18:03 ID:omy
解約→解訳
804名無しさん@おーぷん :2018/08/20(月)10:29:05 ID:omy
はぁ、今日はなんもしたくなくなったわ。
神がちんこなんかつくるから要らん苦しみが生まれるんやわ。
805名無しさん@おーぷん :2018/08/21(火)00:31:26 ID:bL5
>>800
これはずっと言われてますね
聖書を読み解いても同じ事が書かれていたりします
しかし中々難しい事ですね
それが魂を鍛えるという事なのかもしれませんが
806名無しさん@おーぷん :2018/08/26(日)01:52:56 ID:qLv
いろいろとありがとうごうざいます。


上つ巻の全42帖を反転形式であらわす実践例


上つ巻 第01帖 1-1-42(第1巻-第1帖-反転第42帖)

g.(グレンの形)

0113.神の臣民みな命(みこと)になる身魂、掃除身魂結構。
0112.加実が世界の王になる、てんし様が神と分らん臣民ばかり、口と心と行と、三つ揃うたまことを命(みこと)といふぞ。
0111.さびしさは人のみかは、神は幾万倍ぞ、さびしさ越へて時を待つ。
0110.己の心を見よ、戦が済んでいないであろ、それで戦が済むと思うてゐるとは、あきれたものぞ、早く掃除せぬと間に合わん、何より掃除が第一。
0109.臣民同士のいくさでない、カミと神、アカとあか、ヒトと人、ニクと肉、タマと魂のいくさぞ。
0108.戦は今年中と言っゐるが、そんなちょこい戦ではない、世界中の洗濯ざから、いらぬものが無くなるまでは、終らぬ道理が分らぬか。
0107.嬉しくて苦しむ者と、苦しくて喜ぶ者と出て来る  は神の国、神の力でないと何んにも成就せん、人の力で何が出来たか、みな神がさしてゐるのざ、いつでも神かかれる様に、綺麗に洗濯して置いて呉れよ。
0106.今度は何うもこらへて呉れというところまで、後へひかぬから、その積りでかかって来い、神の国の神の力を、はっきりと見せてやる時が来た。
0105.都の大洗濯、鄙の大洗濯、人のお洗濯。
0104.このむすびは神の力でないと何も出来ん、人間の算盤では弾けんことぞ、日本はお土があかる、外国はお土がさかる。
0103.いま一苦労あるが、この苦労は身魂をみがいて居らぬと越せぬ、この世初まって二度とない苦労である。
0102.神の国のまことの神の力をあらはす代となれる、仏もキリストも何も彼もはっきり助けて七六かしい御苦労のない代が来るから みたまを不断に磨いて一筋の誠を通して呉れよ。
0101.二二は晴れたり、日本晴れ。
0114.六月の十日、ひつくのかみ。


*0101(テキスト版の順序:第01帖第01句)
*0114の書記日は反転した場合トップに来るはずですが、読みづらいので一番最後にしています。帖内では文章が回転しているので
間違っているわけではありません。もっと言えば書き出しも自由です。たとえば、0104をトップにしたい場合は


0104.このむすびは神の力でないと何も出来ん、人間の算盤では弾けんことぞ、日本はお土があかる、外国はお土がさかる。
0103.いま一苦労あるが、この苦労は身魂をみがいて居らぬと越せぬ、この世初まって二度とない苦労である。
0102.神の国のまことの神の力をあらはす代となれる、仏もキリストも何も彼もはっきり助けて七六かしい御苦労のない代が来るから みたまを不断に磨いて一筋の誠を通して呉れよ。
0101.二二は晴れたり、日本晴れ。
0114.六月の十日、ひつくのかみ。
0113.神の臣民みな命(みこと)になる身魂、掃除身魂結構。
0112.加実が世界の王になる、てんし様が神と分らん臣民ばかり、口と心と行と、三つ揃うたまことを命(みこと)といふぞ。
0111.さびしさは人のみかは、神は幾万倍ぞ、さびしさ越へて時を待つ。
0110.己の心を見よ、戦が済んでいないであろ、それで戦が済むと思うてゐるとは、あきれたものぞ、早く掃除せぬと間に合わん、何より掃除が第一。
0109.臣民同士のいくさでない、カミと神、アカとあか、ヒトと人、ニクと肉、タマと魂のいくさぞ。
0108.戦は今年中と言っゐるが、そんなちょこい戦ではない、世界中の洗濯ざから、いらぬものが無くなるまでは、終らぬ道理が分らぬか。
0107.嬉しくて苦しむ者と、苦しくて喜ぶ者と出て来る  は神の国、神の力でないと何んにも成就せん、人の力で何が出来たか、みな神がさしてゐるのざ、いつでも神かかれる様に、綺麗に洗濯して置いて呉れよ。
0106.今度は何うもこらへて呉れというところまで、後へひかぬから、その積りでかかって来い、神の国の神の力を、はっきりと見せてやる時が来た。
0105.都の大洗濯、鄙の大洗濯、人のお洗濯。

以上の順序でもなんら問題ありません。

このように上つ巻のすべての帖を反転形にしてしまいます。
今度はそれを基にして上つ巻の帖のつながりを見ていきます。
807名無しさん@おーぷん :2018/08/30(木)03:58:57 ID:E0D
上つ巻は2パターンで読みます。
①第01帖から第30帖まで一切り、第31帖から第42帖まで一切り。
②第42帖から第13帖まで一切り、第12帖から第01帖まで一切り。

参考:【一帖、三十帖、二帖、二十九帖と云ふ風に読み直して下されよ、
三十帖一切りとして上下まぜまぜにして上下ひっくり返して読み直してくれよ。】海の巻第02帖より引用
*読み順は二通りできると思いますが、ひっくり返った16帖をトップにしたほうが個人的に読みやすいです。
1,30,2,29,3,28,4,27,5,26,6,25,7,24,8,23,9,22,10,21,11,20,12,19,13,18,14,17,15,16
16,15,17,14,18,13,19,12,20,11,21,10,22,9,23,8,24,7,25,6,26,5,27,4,28,3,29,2,30,1

①の場合で第16帖をトップにして、出だしだけピックアップしてみます。

上つ巻 第16帖 1-16-27
g.
1607.世はことごとに統一し、神世の礎 極まる時代来る、神世の秘密と云ふ。
1606.早く道ひらき、月と水のひらく大道、月の仕組、月神と日神二つ展き、地上弥栄みちみち、世の初め悉くの神も世と共に勇みに勇むぞ。
1605.月出でて月なり、月ひらき弥栄え成り、神世ことごと栄ゆ。
1604.弥栄に神、世にみちみち、中心にまつろひ展き結ぶぞ。
1603.早く鳴り成り、世、新しき世と、国々の新しき世と栄へ結び、成り展く秋来る。
1602.神の名二つ、カミと神世に出づ。
1601.ひふみの火水とは結ぞ、中心の神、表面に世に満つことぞ、ひらき睦び、中心に火集ひ、ひらく水。
1608.六月二十四日、一二 文(ふみ)。

上つ巻 第15帖 1-15-28
g.
1506.九月になったら用意して呉れよ。
1505.臣民一度は無くなるところまでになるぞ、今のうちに この神示よく読んでゐて呉れよ。
1504.やりかけた戦ぞ、とことんまで行かねば納まらん。
1503.顔は神の臣民でも心は外国身魂ぞ、顔は外国人でも身魂は神の臣民あるぞ。
1502.縁ある人は早く集めて呉れよ、縁なき人いくら集めても何もならんぞ、縁ある人を見分けて呉れよ。
1501.今度は末代動かぬ世にするのざから、今までの様な宗教や教への集団(つどひ)にしてはならんぞ、人を集めるばかりが能ではないぞ、
  人も集めねばならず、六ヶ敷い道(おしへ)ぞ。
1507.六月の二十四日、ひつくのか三。


②の場合は次回ピックアップします。
808名無しさん@おーぷん :2018/08/31(金)21:28:04 ID:pB0
末代動かぬ世→末から始まる弥(いよいよ)始まる改革の力の弥勒の世での地位は最後の火の審判により決まる。
その基準は魂の良心点。
後に楽園の後楽園の前に黄泉平坂(ひらさか)たる比良坂(ひらさか)があり、これが良の比で行き先が異なる事、神の天秤を示し、ここで醜女が「桃」の実たる弥勒世用の腐らぬ魂の「誂」えに群がるの型演技の意味があり。
弥勒世に至る前に、みよいづ(三四五)からみろく(五六七)の仕組みへ移行するに当たり、魂の核に隠された岩戸(一八十)を開いて、これまで隠されてきた燃ゆ(六)の六次元界の光を出す。
この燃ゆの光は魂の汚れをことごとく焼き尽くす、魂の汚れが燃え出す殺魂光線たる浄化火として働く。
だから火の審判とも云われる。
それにて己の魂の「クラス」に見合った正邪一八十段の何処かに永遠に「暮らす」の一(イ)八(ハ→ワ)十(ト)開け。
これは魂の地位を上げる為の輪廻転生というシステムの停止でもあるからこの時に決まった魂の地位は「末代動かぬ」。
だから最後の審判ともいわれる。
809名無しさん@おーぷん :2018/09/01(土)13:58:25 ID:qgf
神示

ここはまず精神良くする所。

ひつくの民は神がとことん試しに試すのざから可哀そうなれど我慢してくれよ。

はげしき行させて神うつる。

動くこと出来んようになるぞ。

じっとしておいてくれよ。

今度はどうしてもしくじること出来んのざぞ。
810名無しさん@おーぷん :2018/09/01(土)14:08:11 ID:qgf
神のお道通りに致しますと心からお詫びせねばするまで苦しむのざぞ。
この苦しみはフデにも口にもない様なことに、臣民の心次第でなる。
何もかも神にささげよ。

改心すれば助けてやる。

改心の見込みついたら、世の元からの生き神が、おのおのタマ入れてやる。
811名無しさん@おーぷん :2018/09/01(土)19:18:31 ID:bfC
そういえば①の場合の第31帖から第42帖の読み進め方を書いていませんでした。
第42帖に最初の一月に書いた帖が上つ巻でそのあとの一月に書く帖を下つ巻にしてくださいと説明があります。
だからといって、第42帖を最後に読むとは書いていません。なので、最初に第42帖を読んでも一向に構いません。
第31帖から第42帖にかけて読む場合と第42帖から第31帖にかけて読む2パターンは実行したいところです。
あくまでも余談ですが自動書記日が鏡に映っていた場合、うるう年である1944年の七月の九日は大晦日から数えると六月二十四(土)になります。
第01帖の六月の十日は七月二十三日(日)ということになります。混乱させるつもりは毛頭ありません。


②第42帖から第13帖まで一切り、第12帖から第01帖まで一切り。
上つ巻の最後の帖第42帖をはじめの帖とし、そこから30帖目に当たる第13帖をもって一切りとします。
この場合もはじっこから読むよりも中心からのほうが無理がないように思います。
42,13,41,14,40,15,39,16,38,17,37,18,36,19,35,20,34,21,33,22,32,23,31,24,30,25,29,26,28,27
27,28,26,29,25,30,24,31,23,32,22,33,21,34,20,35,19,36,18,37,17,38,16,39,15,40,14,41,13,42


上つ巻 第27帖 1-27-16
g.
2707.この神示も身魂により何んなにでも、とれるやうに書いておくから、取り違ひせんやうにして呉れ、三柱と七柱揃うたら山に行けよ。
2706.秋立ちたら淋しくなるぞ、淋しくなりたらたづねてござれ、我(が)を張ってゐると、いつまでも分らずに苦しむばかりぞ。
2705.悪の仕組にみなの臣民だまされてゐるが、もう直ぐ目さめるぞ、目さめたらたづねてござれ、この神のもとへ来てきけば、何でも分かる様に神示で知らしておくぞ。
2704.天地がうなるぞ、上下引繰り返るぞ。
2703.行けば何もかも善くなる様に、昔からの仕組してあるから、何事も物差しで測った様に行くぞ。
2702.元の仕組は富士(二二)ぞ、次の仕組はウシトラ三十里四里、次の仕組の山に行きて開いて呉れよ、今は分るまいが、やがて結構なことになるのざから、
行きて神祀りて開いて呉れよ、細かく知らしてやりたいなれど、それでは臣民の手柄なくなるから、臣民は子ざから、子に手柄さして親から御礼申すぞ。
2701.何もかも世の元から仕組みてあるから神の申すところへ行けよ。
2708.七月一日、ひつくのか三。


上つ巻 第28帖 1-28-15
g.
2808.臣民この世の神ざ、と言ふて鼻高になると、ポキン折れるぞ。
2807.残る一厘は誰も知らぬ所に仕かけてあるが、この仕組、心で取りて呉れよ、神も大切ざが、この世では臣民も大切ぞ。
2806.神の国を千切りにして膾(ナマス)にするアクの仕組は分りて居る、アクの神も元の神の仕組を九分九厘までは知ってゐて、天地ひっくり返る大戦となるのぞ。
2805.今度はアクの王も神の力には何うしてもかなはんと心から申す所まで、とことんまで行くのざから、アクも改心すれば助けて、よき方に廻してやるぞ。
2804.神とアクとの力競べぞ。
2803.これで世が治まったら神はこの世に無いものぞ。
2802.それが神のやり方ぞ、百姓は百姓、鍛冶は鍛冶と、今度はとことはに定まるのぞ、身魂の因縁によりて今度はハッキリと定まって動かん神の世とするのぞ、
茄子の種には瓜はならんぞ、茄子の蔓に瓜をならすのは悪の仕組、今の世はみなそれでないか。
2801.世界中まるめて神の一つの詞(王)で治めるのぞ。
2809.七月一日、ひつ九のか三。


上つ巻の読み進め方を書いてきましたが何か不明点ありましたら、ご質問どうぞ。
ないようでしたら、次の下つ巻にはいる準備をすすめたいと思います。
812名無しさん@おーぷん :2018/09/02(日)10:37:24 ID:1ac
善も悪も1つ、霊も身も1つ、天地ぢゃ。
(自分にある)

おもひの世界が天ぞ、
にくの世界が地ぞ、
おもひは肉体と一つぞ、二つぞ、三つぞ
おもひ起こって肉体動くぞ。
(この世に現象化)

(善悪の動き)
動きを見るときは、悪を許し、善の成長弥栄を殺すが如くに感ずる場合もある。
しかし、これこそ善を生かして更に活力を与え、悪を浄化して必要の悪とし、必然悪として生かすのである。
生きたる真理の大道であり、神の御旨。

悪を抱き参らせて悪を御用の悪として育て給わんがために課せられたる地上人の光栄ある大使命なることを自覚しなければならない。

(この世は自分の思いから現象化している)

自分と自分と和合せよ。
813名無しさん@おーぷん :2018/09/03(月)05:16:18 ID:B0R
白銀の巻は深い内容に感じます。
特に人に向けた神示録(しるし)の巻のようです。
【肉体が心を守ってゐるのであるが、ぢゃと申して肉体が主人顔してはならんぞ。何処迄も下に従ふのぢゃ。順乱すと悪となるぞ。】
社会現象としてこれから、ポキン折れる場面があるかもしれません。
健全な肉体に健全な精神が宿るというのは合わないみたいですね。
814名無しさん@おーぷん :2018/09/03(月)20:30:23 ID:B0R
連投すみません。
上つ巻の第31帖から42帖の実践例を書いていませんでした。
読んでみて思ったのですが、これも第31帖から読むよりも第42帖からのほうが読みやすい。
書かれている内容はすさまじい限りで【死】が頻繁に出てきます。ただ、地上世界では実際に
死んでしまっては生きることもできないのは当たり前にわかっています。ここでの【死】は
改心できるかできないかの意味での比ゆではないかと見当つけてみます。
普段仕事で疲れて家に帰ってきて「今日は死んだ」とこぼす私がいたりします。

第42帖から読み進めた途中の帖だけ少し書きます。


上つ巻 第35帖 (035) 1-35-8
g.
3507.何も心配いらんから、お山開いて呉れよ、江戸が火となるぞ、神急けるぞ。
3506.それとも外国人並にして欲しいのか、曇りたと申してもあまりぞ。
3505.外国人には細かく説かねば分らんが、神の臣民には説かいでも分る身魂授けてあるぞ、それで身魂みがいて呉れと申してあるのぞ。
3504.細かく説いてやりたいなれど、細かく説かねば分らん様では神国(しんこく)の民とは云はれんぞ。
3503.まだまだ悪魔はえらい仕組してゐるぞ、神の国千切りと申してあるが、喩(たと)へではないぞ、いよいよとなりたら神が神力出して上下引っくり返して神代に致すぞ、とはの神代に致すぞ。
3502.神のまにまに神の御用して呉れよ、殺さなならん臣民、どこまで逃げても殺さなならんし、生かす臣民、どこにゐても生かさなならんぞ。
3501.死んで生きる人と、生きながら死んだ人と出来るぞ。
3508.七月の七日、ひつくのか三。

上つ巻 第34帖 (034) 1-34-9
g.
3404.一日(ひとひ)に十万の人死ぬ時来たぞ、世界中のことざから、気を大きく持ちてゐて呉れよ。
3403.何も心配ないから神の仕事をして呉れよ、神の仕事して居れば、どこにゐても、いざといふ時には、神がつまみ上げて助けてやるから、御用第一ぞ。
3402.一二三(ひふみ)の御用出来たら三四五(みよいつ)の御用にかからなならんから、早う一二三の御用して呉れよ。
3401.何事も天地に二度とないことで、やり損ひしてならん多陀用幣流天地(たたよへるくに)の修理固成(かため)の終りの四あけであるから、これが一番大切の役であるから、しくじられんから、
  神がくどう申してゐるのざ、神々さま、臣民みなきいて呉れよ。
3405.七月の三日、ひつくのか三。

上つ巻 第33帖 (033) 1-33-10
g.
3304.ひつぐの民、みつぐの民、早う用意して呉れよ、神急けるぞ。
3303.神の名のついた石があるぞ、その石、役員に分けてそれぞれに守護の神つけるぞ、神の石はお山にあるから、お山開いて呉れよ。
3302.富士は晴れたり日本晴れと申すこと、だんだん分りて来るぞ。
3301.神の用意は済んでゐるのざから、民の用意 早うして呉れよ、用意して早う祀りて呉れよ。
3305.七月二日、ひつくのか三。
815名無しさん@おーぷん :2018/09/04(火)09:08:15 ID:dZu
祈れば祈るほど悪うなることあるぞ
結構な道とわからんか。
       ↓
めぐりあるだけ神がうらめしくなるぞ
めぐりなくなれば神が有難いのぢゃ。
       ↓
悪いこと通して善くなる仕組。
816名無しさん@おーぷん :2018/09/04(火)09:14:19 ID:dZu
   〈積極的めぐり解消〉
神業奉仕すれば自らめぐり取れるのぢゃ
めぐりないもの一人もこの世におらん。
817GODビッチ :2018/09/04(火)19:50:38 ID:6GK
私が、素晴らしい神様こと!
日月神示の天詞様です!もうすぐこの世は!
神によって終わらせます!^_^;;
ミロクの世に行きたい人は!私の米の救いの教えを!読んで実行しなさい!何処かに書いてます!
ミロクの神も天帝も、
この前私が素晴らしい神様になるまでは!
今までは、そんな神様は存在してなかったんですよ!私のフェイスブックは、瀬古浩二で検索!
インスタはkoji seko1で検索!最後の救いですよ!^_^後は自己責任です
818名無しさん@おーぷん :2018/09/05(水)07:19:26 ID:DWu
神示
先ず自分と自分と和合せよ。
それが和合の第一歩。
〈アメツチ心ぢゃぞ〉
すべてはそこから生まれ来るものなのぞ。
        ↓ 
各々の世界の人がその世界の神。
        ↓
全部自分
        ↓
此の世の事は人民の心次第。
世を呪うことは自分を呪うこと。
世間や他人を恨むことは自分を恨むこと。
このこと悟れば一切はそこからひらけくるぞ。
        ↓
善も悪も1つ、霊も身も1つ
〈アメツチ〉じゃ。
        ↓
悪憎むは外道の善。
        ↓
喜ばせて改心結構ぢゃなあ。
819名無しさん@おーぷん :2018/09/06(木)04:59:38 ID:rit
②第42帖から第13帖まで一切り、第12帖から第01帖まで一切り。
この場合の第12帖から第01帖の読み方も補足します。
第01帖から読んでも第12帖から読んでもどちらでもいいと思います。
帖内は回転しているのでうまく意味がつながるようにダイヤルを回転させてください。

第12帖から出だしの実践例です。


上つ巻 第12帖 (012) 1-12-31
g.
1202.この道はちっとも心ゆるせんまことの神の道ぞ。
1201.大将を誰も行かれん所へ連れて行かれんやうに、上の人、気をつけて呉れよ。
1204.六月の二十一日の朝、ひつくのか三。
1203.油断すると神は代りの身魂使うぞ。

上つ巻 第11帖 (011) 1-11-32
g.
1102.神の申したこと違はんぞ。
1101.いづくも土にかへると申してあろうが、東京も元の土に一ときはかえるから、その積りでゐて呉れよ。
1104.六月の十九日、一二のか三。
1103.東京は元の土に一時はかへるぞ、その積りで用意して呉れよ。


上つ巻 第10帖 (010) 1-10-33
g.
1001.神に目を向ければ神がうつり、神に耳向ければ神がきこえ、神に心向ければ心にうつる、
   掃除の程度によりて神のうつりかた違うぞ。
1003.六月十九日、ひつくのか三。
1002.掃除出来た方から神の姿うつるぞ、それだけにうつるぞ。


上つ巻 第09帖 (009) 1-9-34
g.
0901.この世のやり方、わからなくなったら、この神示録(しるし)をよまして呉れと云うて、この知らせを取り合ふから、その時になりて慌てん様にして呉れよ。
0905.六月の十七日、ひつくのか三。
0904.その時にお蔭を落さぬやう、シッカリと神の申すこと腹に入れて置いて呉れよ。
0903.一度は神も仏もないものと皆が思う世が来るのぞ。
0902.日本の国は一度つぶれた様になるのざぞ。
820名無しさん@おーぷん :2018/09/06(木)11:19:25 ID:Xx5
苦は旅の苦
神のやり方は初めは辛いなれど先へ行くほどだんだんよくなる。

この道つらいようなれど貫きてくれよ。
だんだんとよくなりて、こんな結構なお道がと申すようにしてある。
821忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/09/06(木)23:44:06 ID:VDd
240天之御名無主2018/09/06(木) 19:19:49.25>>242
大祓い(大修祓)真っ只中、今後一週間どころかこの先ずっと注意が必要です。

占星術によると9月10日(旧八月1日)の「乙女座新月」は一年の内で宇宙の浄化力が特に高まるタイミングで宇宙全体が浄化モードだそうです。
(乙女座はいらないものを削ぎ落とし減らすパワーを持っていてエネルギーの断捨離にぴったりで潜在意識に巣くっている偏見や思い込みを手放すサポートも大得意なのだそうです。
この浄化力を利用して飛躍を拒んできた足枷や溜め込んでしまった邪気を手放せば木星が射手座に入ってから降り注ぐ恩恵を逃さず受けることができるようです。)

「不要なもの手放して本来あるべき姿に戻す」「悪しき生活習慣を手放す」

そして今回の新月では牡牛座、乙女座、山羊座で「地のグランドライン」が形成されるためネガティブ・エネルギーはもちろん、目に見えるもの(肉体や物質的なもの)に対しても力を発揮するそうです。
「お金」や「収入」を意味する第2室で起こるため経済に関する大きな出来事もあるかも知れません。

※これはまさに身魂の掃除にぴったりと思い私も9月初日からプチ断食と瞑想(居眠りw)を始めました(ちょっと遅すぎか)。

そして、明日の9月6日は「実務」を得意とする水星が乙女座に入り、その夜に「現実化」をもたらす土星が約5ヶ月ぶりに順行へ戻るのでこれまで進まなかったことも今週後半から徐々に動き出すのだそうです。
魚座満月の頃から形成されている「地のグランドライン」にスイッチがはいるとか。
『秋立ちたら神烈しくなるぞ』も立秋の事では無く本格的な秋の到来を意味する二十四節気の「白露」を指しているのかも知れません。

ニビルも今夜から明日(最終リミットは七の仕組の最終日の9月16日まで)にかけて顕現(現実化)するのでは?


占星術の解釈についてはKEIKO先生の発行するメルマガを参考にしました
【K’s Selection】
Web:http://qt15.asp.cuenote.jp/c/b4dQaa3QcBuMyBal

2018年二二の岩戸開き





241天之御名無主2018/09/06(木) 19:41:37.45
>>240修正

☓ >>大祓い(大修祓)真っ只中、今後一週間どころかこの先ずっと注意が必要です。

◯大祓い(大修祓)真っ只中、今後一週間どころか場所を問わずこの先ずっと注意が必要です。


☓ >>『秋立ちたら神烈しくなるぞ』も立秋の事では無く本格的な秋の到来を意味する二十四節気の「白露」を指しているのかも知れません。

◯ 『秋立ちたら神烈しくなるぞ』も立秋の事では無く本格的な秋の到来を意味する二十四節気の「白露」(9月8日)を指しているのかも知れません。

242天之御名無主2018/09/06(木) 19:46:34.91
>>240
追記
四つの隈(くま)の前後は特に要注意
822名無しさん@おーぷん :2018/09/07(金)16:28:19 ID:M6E
マコトからフトマニ、男女、富士の神示
マトメ

マコトの数を合わせると五、これが根本の型。

イザナギ(三、男、+)+イザナミ(ニ、女、ー)=五

=摩ニのタマ
=フトマニ
=太神の歓喜から生まれたもの
=二十の珠
=〈根本の宮〉

フトマニとは
喜びが法則となり秩序となって統一されていく、それをフトマニと申す。
大宇宙の法則であるぞ。
無限角度をもつ珠であるから、如何するにも誤らない、マニの珠と申す。

フトマニとは大宇宙の法則であり、秩序であるぞ。
(秩序があるから念が発揮される)

神示では012345678910と示し、
その裏に109876543210がある。
合わせて二十二=富士=ニニが真理=ニニの五
富士は晴れたり日本晴れ

二人で一人でしてくれよ
(夫婦神は二神で一神と数える)

三千世界の岩戸ひらきであるから、少しでもフトマニに違ってはならんぞ。
〈出船の港は夫婦からぢゃと申してあろう〉
ミトノマグハヒでなければ正しき秩序は生まれんぞ。

明日に続く。
823名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)06:29:52 ID:cxb
ご苦労ながら、とつぎの道から改めなされよ

出足の港は二二の理(ミチ)からぢゃと申してあろう。【真理】と申してあろう。これが乱れると世が乱れるぞ。神界の乱れイロからぢゃと申してあろう。〈男女の道 正されん限り、世界はちっともよくはならんぞ。〉
今の世のさま見て、早う改心、結構いたしくれよ。和は力ぞ。

ニニと申すのは天照大神殿の十種の神宝(とくさのかんだから)に・を入れることであるぞ。
これが一厘の仕組。
ニニとなるであろう。
これが富士の仕組。
七から八から鳴り鳴りて十となる仕組、
なりなりあまるナルトの仕組。
富士と鳴門(ナルト、成答)の仕組いよいよぞ。

ナルトの渦巻を渡る時はカヂをはなして手放しで流れに任せると渡れるのであるぞ。
カヂをとると同じ処をグルグルぢゃ。

遅くなればなるほど苦しくなるぞ。

愛は神から出ているのであるから、
神に祈って愛さして戴くやうにすると弥栄えるぞ。
祈らずに自分でするから本を絶つから、われよしに〈自分愛〉になるのぞ。
824名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)07:01:16 ID:cxb
フトマニ=根本の宮。男女。
マコト=宮、道、三。

○(タマ)と九十(コト)=マコト
○=霊界(神界と幽界)
マコト=愛(マ)真(コト)=誠
=○九十=○+◉=霊界(おもひの世界)と現界

◉=コト=あの世=神人
 =超自由、超自在、超無限
終わりの四あけ、・は光の真中
◉は四の道

○+◉=ミツグ+ヒツグ

○と◉と結びて一二三となる

ニニに九(コ、光(光は神))の花咲く

ニニが真理。

夫婦愛はあるのではない。
築き上げねばならんぞ。
生み出すのぢゃ。
つくり出すのぢゃ。
そこに尊さと喜びある。

・と真と愛=・愛真善智
(・=キ、喜び、真実の愛、神示、ア、光、はじめ、霊、神、理、心)

愛は真により真は愛により向上し弥栄する。
その根底力をなすは歓喜であり、故に歓喜なき所に真実の愛は無い。

ニニ(心、男女、夫婦)は晴れたり日本晴れ
825名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)07:21:24 ID:cxb
イザナギ(男)、イザナミ(女)2つ揃うて3つとなる。

三が道

我の考えでは一切成就せん
神がうつりて成就さす

人皆神となる

この世のことだけでこの世のこと動かん
霊界との関係によって、この世が動いている
何事も天(心)から出て来る

不二の仕組とは動かん真理
ウズウミナルトの仕組とは弥栄の限りなき愛のこと

終わり
826名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)07:36:35 ID:iPk
封じ シール 動かん
827名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)07:42:22 ID:iPk
汁はバレタリ日本晴れ
828名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)07:44:49 ID:iPk
なぜ十でタリと読むのか?
829名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)22:47:34 ID:Ix1
【たり】の書かれているところ


月光の巻 第05帖
g.
十くさ、十二くさのかむたから、おきつかがみ、へつかがみ、八つかのつるぎ、九つかのつるぎ、十つかのつるぎ、いくたま、まがるかへしのたま、たるたま、ちかへしのたま、おろちのひれ、はちのひれ、くさくさのひれ、であるぞ。
のりあげよ。
となへよ。
う、たり、ここ、や、なな、む、いつ、よ、み、ふた、ひと、む、であるぞ。
む、ひと、ふた、み、よ、いつ、む、なな、や、ここ、たり、う、であるぞ。


黒鉄の巻 第39帖より引用

あめつちの数歌
ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここノ、たり。
ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここノ、たり。
ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここノ、たり、もも、ち、よろづ。


至恩の巻 第07帖
g.
根本の元の元の元の神は  から一に、二に、三に、四に、五に弥栄したのであるぞ、別天津神(ことあまつかみ)五柱と申してあろうがな、五が天であるぞ。
五は数であるぞ、転じて十となるなれど、動き栄へるには  と  の神が現われねばならん、これが中を取り持つ二柱の神ぞ。


至恩の巻 第06帖
g.
四と八によってなされたのであらから、森羅万象の悉(ことごと)くがその気をうけてゐるのであるぞ。
岩戸ひらきの原因はこれで判ったであろうがな。
原子の世界でもそうであろうが、これが今の行き詰りの原因であるぞ、八では足らん、十でなくてはならん、 でなくてはならんぞ。


*十は足りていることから【たり】なのかもしれません。
も足りている意味があるようですが、もしネーミングするとしたらマコト(九十)から採用して【またり】でどうでしょう。
830名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)23:34:38 ID:iPk
オイ鬼太郎!というか?汁でタリとかナリとか読むよって隠されてたポイよ?
831名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)23:35:13 ID:iPk

832名無しさん@おーぷん :2018/09/08(土)23:35:42 ID:iPk

833忍法帖【Lv=6,スライムべス,UC0】 :2018/09/09(日)00:31:40 ID:iW8
243 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2018/09/08(土) 19:39:46.71
「七の月」部分を修正
占星術による解釈を付け加えました。

更新はこれで最後になると思います。
突っ込みどころ満載な画像にも関わらず生暖かく見守って下さり、また、いままでスレをお貸し下さり有難うございました。

2018年二二の岩戸開き



834名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)18:31:10 ID:Kdt
下つ巻の全38帖を反転形式であらわす実践例

下つ巻も2パターンで読みます。
①第01帖から第30帖まで一切り、第31帖から第38帖まで一切り。
②第38帖から第09帖まで一切り、第08帖から第01帖まで一切り。

参考:【一帖、三十帖、二帖、二十九帖と云ふ風に読み直して下されよ、
三十帖一切りとして上下まぜまぜにして上下ひっくり返して読み直してくれよ。】海の巻第02帖より引用
*読み順は二通りできると思いますが、ひっくり返った16帖をトップにしたほうが個人的に読みやすいです。
1,30,2,29,3,28,4,27,5,26,6,25,7,24,8,23,9,22,10,21,11,20,12,19,13,18,14,17,15,16
16,15,17,14,18,13,19,12,20,11,21,10,22,9,23,8,24,7,25,6,26,5,27,4,28,3,29,2,30,1


①の場合で第16帖をトップにしたときの二つの帖

下つ巻 第16帖 (058) 2-16-23
g.
1613.江戸の仕組すみたらカイの御用あるぞ。
1612.前のやうな世が来ると思うてゐたら大間違ひぞ。
1611.江戸には人住めん様な時が一度は来るのぞ。
1610.てん四様を都に移さなならん時来たぞ。
1609.江戸が元のすすき原になる日近づいたぞ。
1608.因縁の身魂には神から石与へて守護神の名つけてやるぞ。
1607.これまでに申しても疑ふ臣民あるが、うその事なら、こんなに、くどうは申さんぞ。
1606.富士から流れ出た川には、それぞれ名前の附いてゐる石置いてあるから縁ある人は一つづつ拾ひて来いよ、お山まで行けぬ人は、その川で拾ふて来い、
   みたま入れて守りの石と致してやるぞ。
1605.神の国ぞと口先ばかりで申してゐるが、心の内は幽界人(がいこくじん)沢山あるぞ。
1604.神の国のお土に悪を渡らすことならんのであるが、悪の神わたりて来てゐるから、いつか悪の鬼ども上がるも知れんぞ。
1603.今度は神があるか、ないかを、ハッキリと神力みせてイシヤも改心さすのぞ。
1602.日本精神と申して仏教の精神や基督教の精神ばかりぞ。
1601.知恵でも学問でも、今度は金積んでも何うにもならんことになるから、さうなりたら神をたよるより他に手はなくなるから、さうなりてから助けて呉れ
と申しても間に合わんぞ、イシヤの仕組にかかりて、まだ目さめん臣民ばかり。
1616.七月の二十一日の夜、ひつ九のか三。
1615.この道栄えて世界の臣民みなたづねて来るやうになるぞ。
1614.いまにさびしくなりて来るぞ。


下つ巻 第15帖 (057) 2-15-24
g.
1504.追ひ追ひ分かりて来るぞ、一二七七七七七わすれてはならんぞ、次の世の仕組であるぞ。
1503.身魂みがけば何事も分りて来ると申してあろがな、黙ってゐても分るやうに早うなって下されよ、神の国近づいたぞ。
1502.祀る時は先づ鎮守様によくお願いしてから祀れよ、鎮守様は御苦労な神様ぞ、忘れてはならんぞ、この神には鳥居と注連(しめ)は要らんぞ。
1501.この方祀りて神示(ふで)書かすのは一所なれど、いくらでも分け霊(みたま)するから、ひとりひとり祀りてサニワ作りてもよいぞ。
1505.七月の二十一日、ひつ九のか三。


*【サニワ】竜音の巻に詳しく書かれています。第03帖に「サニワの方法書き知らすぞ」と書いているのですが、その後を読んでも具体的な方法が
いまいち掴めません。もしかして、第02帖と第01帖が具体的なサニワの方法なのではないかと思えてきました。
他帖には霊には愛をもって接したほうがいいみたいに書かれています。短歌のような五七七調は、どこかの巻にも書いていましたが、愛をあらわして
いるのかもしれません。霊とコンタクトする折には第02帖と第01帖を聞かせてあげてはいかがでしょうか。
835富士は晴れたり日本晴れ :2018/09/15(土)20:40:59 ID:pQ2

 3年位前に1年くらい、毎日少しづつ「日月神示」を読んだんだけど
、思ったほど生活が変わるほどの変化はありませんでした。期間が短す
ぎたんしょうか。 
 岡本天明さんの言ってることは、おそらく本当だとおもいました。た
だ内容が難しすぎて今でも理解できない点が多すぎます。日月神示の本
も良い本だとは思います。
 あれだけ本書いて、講演会やってN矢S一ボロ儲けってとこですか。
836名無しさん@おーぷん :2018/09/17(月)01:51:37 ID:mA1
下つ巻①のパターンで見た第31帖から第38帖までの一切り

第31帖からでも第38帖からでもどちらから読んでも一向に構いません。
ここでは、第31帖から少しだけ見てみます。

下つ巻 第31帖 (073) 2-31-8
g.
3102.このやうな仕組でこの道ひろめて呉れよ、それが政治ぞ、経済ぞ、真通理(マツリ)ぞ、分りたか。
3101.この神に供へられたものは、何によらん私することならんぞ、まゐりた臣民にそれぞれ分けて喜ばして呉れよ、臣民喜べば神も喜ぶぞ、
   神喜べば天地光りて来るぞ、天地光れば富士(二二)晴れるぞ、富士は晴れたり日本晴れとはこの事ぞ。
3103.八月の三日、ひつ九のか三。


下つ巻 第32帖 (074) 2-32-7
g.
3201.この道ひろめて金儲けしようとする臣民 沢山に出て来るから、役員気つけて呉れよ、役員の中にも出て来るぞ、
金(かね)は要らぬのざぞ、金いるのは今しばらくぞ、生命は国にささげても金は自分のものと頑張ってゐる臣民、
気の毒出来るぞ、何もかも天地へ引き上げぞと知らしてあること近づいて来たぞ、金かたきの世来たぞ。
3202.八月三日、一二 。


下つ巻 第33帖 (075) 2-33-6
g.
3303.七人に知らしたら役員ぞ、神が命ずるのでない、自分から役員になるのぞと申してあろがな、役員は神のぢきぢきの使ひぞ、神柱ぞ。
3302.一人が七人の人に知らせ、その七人が済んだら、次の御用にかからすぞ、一聞いたら十知る人でないと、この御用つとまらんぞ、うらおもて、
よく気つけよ、因縁の身魂はどんなに苦しくとも勇んで出来る世の元からのお道ぞ。
3301.親となり子となり夫婦となり、兄弟(はらから)となりて、生きかわり死にかわりして御用に使ってゐるのぞ、臣民同士、世界の民、
みな同胞(はらから)と申すのは喩へでないぞ、血がつながりてゐるまことの同胞ぞ、はらから喧嘩も時によりけりぞ、
あまり分らぬと神も堪忍袋の緒切れるぞ、何んな事あるか知れんぞ、この道の信者は神が引き寄せると申せば役員ふところ手で居るが、
そんなことでこの道開けると思ふか。
3305.八月の三日、ひつ九のか三。
3304.肉体男なら魂(たま)は女(おみな)ぞ、この道 十(と)りに来る悪魔あるから気つけ置くぞ。
837名無しさん@おーぷん :2018/09/17(月)07:35:12 ID:5A7
もう残された時間は切られた様ですね

【御臨終と五輪(地水火風空)終。されど、誠の力が世を救う】

~中略~
みろくの世は【五六七】とされますが、五次元・六次元・七次元で構成する世です。今の世は三次元・四次元・五次元で構成されている為に【三四五(みよいづ)】の世と日月神示などは書いています。
旧約聖書の神と称する声は、その事態の時、【私は地球に居る人類を助ける為に、その前に多くの神司(かむつかさ)達をこの世に出す。
だが、そなたはそうした神司(天使)が誰なのかは知ってはいない。また、そうした全ての神司達もそなたを知るのではない。
それぞれの神司達がその役割に応じて、人類救済に働く。】と告げられています。

それは、自分一人が【救世主】論ではないのです。今の世に肉体を持った多くの神司(天使)達が働くなのです。
私は今の世が終わり、新しい嬉し嬉しの世(みろく世)に導く神司(天使)が誰であるかは知りませんが、そうした神司(天使)達が出て来るとは告げられている者なのです。
【五輪終】ですから、当然に「東京オリンピック」をもって五輪が終わりと、誰しも頭に浮かびます。今の人類の歴史として最後のオリンピックになるかです。
そして、もう一つはこの世での命が終わることも【御臨終】です。御臨終は肉体を持っていた者が、この世を去って霊界に旅立つ時に医師が発する言葉と言えます。言葉が掛け合わさっていると見るべきなのです。

~中略~

そのメールを頂いた夜。私に見えた【五輪】とは東京オリンピックではなくて、仏教で説くところの【五輪塔】の五輪の意味で、【地水火風空の五大】の意味合いでした。その【五輪】が終わるでした。

仏教の【五輪 地水火風空】は万物や宇宙の構成を指します
その【地水火風空】のバランスが崩れてしまいますと
地上世界は自然の猛威の中に置かれてしまいかねません

地の崩れは地震のみならず大地の崩れにもつながり。特に山々が崩れて行く山崩れの霊的映像は以前から出ています。
大雨でも簡単に山が崩れるです。水の働きの崩れは水害の多発もありますが、プラスチックゴミ等が海の魚の胎内に入り込み海洋生物の死滅が懸念されています。
私達人類は間もなく食の岐路に立たされるかも知れません。火は炎暑等で農作物の実りがない不作から来る飢饉の到来。
風は竜巻や突風の暴風。空は仏教においては「虚空」のことですが、この場合は空ではなくて「天」に置き換えないと意味が解らなくなります。天変地異の続発です。
この「五輪」の働きがバランスを失えば、これを元に戻すことは容易ではないのです。と言うよりも、もう神に祈っても地球は現状回復をしないなのです。

私の元に【五輪終】のメールを下さった方からの後、大阪を襲った台風21号の強風被害。
そして、北海道の札幌まで被害を及ぼした【胆振(いぶり)地方の地震】が連続的に起きました。隠れていたものを出すことを煙で「いぶり」出す等と言いますが、ひら仮名で言えば同じ「いぶり」です。

私自身には、それより前に【いよいよ風神・雷神が暴れる】が出ています。日月神示などにあるもののことかと思われます。

まさに、【五輪終】に入って来たと言えます

三千世界の大立替を予告する為に発祥した大本教の【基本宣伝歌】として、下記のものがあります。
その中の「虧」は月の満ち潮を歌ったのではなく、月の表面が膨張(盈)して崩れる毀損(虧)を歌ったものなのです。
この場合は隕石が地球に降り注ぐ、仏教で説かれた最期の火の雨ともなります。そして、大地は大地震等で沈むなのです。

朝日は照るとも曇るとも 月は盈(み)つとも虧(か)くるとも たとえ大地は沈むとも 曲津(まがつ)の神は荒(すさ)ぶとも 誠の力は世を救う

しかし、悲観論だけではないのです。それに対する救世の力は「誠の力」だと、予告されたことなのです。
巷で自分が「救世主」です「メシヤ」です「みろく」ですと名乗っている方達は愚の骨頂なのです。いくら名乗っても、「五輪」のバランスを戻せない。
その時、私達は聖書の「神は言葉なりき」の言成るの【誠】の力を理解することになるのでしょう。
838名無しさん@おーぷん :2018/09/17(月)07:35:36 ID:5A7
~中略~

ただ、みろく世に入るキップは言葉の仕組みの解読者たる私を拝めば差し上げられるキップではなく、お一人お一人が自分で手に入れるキップなのです。
金銭では買えません。唯一神たる創造神信仰と誰かを頼るのではなく、自己の反省(悔い改め)と世根(米)としての働きで各自が獲得するキップなのです。

それ以外の方は、誰かが【言葉の封印】を解除するのにかかっているのかも知れません。

世の中には言葉の仕組みを見ないで、「米」教は嫌いだと言っている方達がありますが、米教を知って、米教を語る個人の好き嫌いではなくて、
その言葉の仕組みをした神の存在を理解して、その神を「拝する」でない限り、それを個人の好き嫌いにすり替えれば、その人は間違った道に入ります。
これは個人の好き嫌いではなくて、言葉の神の【仕組み】であり、樹を見て森を見ずではダメなのです。

12日に別内容のブログで更新予定でしたが、「五輪終」の後に大きな災害が立ててづけにおきましたので、
かなり深刻になったかと急遽原稿を差し替えて少し早めて出しました。次の更新は本来の予定の18日に戻します。

私ではなくて、もう【五輪終】の言葉を受け取った方が出た以上、もう残された時間は切られていると見るべきかも知れません。
その方以外は誰も「五輪終」の言葉には気づかなかったとは言えます。
839名無しさん@おーぷん :2018/09/17(月)13:48:22 ID:kiz
ここで神示が全部解読されてる
、、、が読んでも気づかん人は気づかんのかなあ、、、
840名無しさん@おーぷん :2018/09/17(月)16:43:17 ID:14o
風神(ロシア)と雷神(イスラエル)
マゴグのゴグのゴメルが現れて来たんだよ
天気輪の柱に集合
841名無しさん@おーぷん :2018/09/17(月)19:49:54 ID:kiz
聖書
先の者が後になり、後の者が先になる

年寄りから一厘は習得出来ん
842名無しさん@おーぷん :2018/09/18(火)04:18:54 ID:REn
一厘を文章からの理解はもう終わってて、今は一厘の体得の工程に移っており、スピの世界でも進んでる

弥勒の世の在り方は、神示を読んどかないとわからんから、まごまごしてる場合ではない
843名無しさん@おーぷん :2018/09/18(火)04:27:10 ID:REn
申酉すぎて戌の年めでたやなあ

今年天地、陰陽、男女和合の年

仕組み通りに使われての神示の仕組みの完成
大真理が出る
今月天で和合の型が出来て、そのエネルギーが地上に降り注いでるから現界で型の完成
844名無しさん@おーぷん :2018/09/18(火)04:57:27 ID:REn
人皆神となる(神示)
この方見えないア(神示)

まず、型してる人らに一厘の体得が進んで、それが型になって人間の神性が開かれて、全ては1つという神示に繋がりワンネスってこと
これが1つの王で治めるっていう意味なんで誤解ないように

この型をしてる人らは体得やから強制的に近い感じで苦しみながら体得してる
心の中は死の淵彷徨うほどの苦しさ

聖書に終わりの時が近づくと、私がそれであるって輩が沢山現れるが、騙されんように書いてる
ミタマ磨けてくるほど、内観に進む
内観して、自分を癒やすことになる
外見て、省みて内観して認め、自己を癒やす行為が抱き参らせるってこと
845名無しさん@おーぷん :2018/09/18(火)22:23:23 ID:8aY
ワンネスってなに?
846名無しさん@おーぷん :2018/09/18(火)22:32:38 ID:eXG
ワナデス
847名無しさん@おーぷん :2018/09/19(水)09:38:42 ID:RCr
てんし様の光が世界の隅々まで行きわたる仕組が三四五(みよいづ)の仕組みぞ、岩戸開きぞ。

フジスサナルの神あれ。
848名無しさん@おーぷん :2018/09/19(水)09:50:42 ID:RCr
道とは三つの道が一つになることぞ
みちみつことぞ
もとの昔に返すのざぞ
つくりかための終わりの仕組ぞ
終は始ぞ
始は霊(ひ)ぞ
富士、都となるのざぞ
849名無しさん@おーぷん :2018/09/19(水)19:47:19 ID:3ly
先生!いまだに霊感がありません!
850名無しさん@おーぷん :2018/09/19(水)21:06:27 ID:cYT
霊感まったく無くても神示録(しるし)はわかります。
霊感がある人は下級霊とのやりとりにさらされていますので、霊感のない人に比べて
神示録(しるし)へのヨコヤリがすさまじいことになっているはずです。
霊感の強い人はそれを克服して解読できるようになっていると予想できますので
霊感の無い人はそれに比べたら邪魔者がいない分素直に掃除洗濯できるのかもしれません。
私自身の掃除洗濯もまったくアヤシイものですが(笑)。
霊感のまったくない状態でここまできました。今後もあるのかな(笑)。
想念と宇宙波という言葉に少しひっかかることはありましたが、時間あったらまた書きます。


説明が下手すぎましたが、霊感なくてもなんの問題もないということでした。
851名無しさん@おーぷん :2018/09/19(水)23:11:40 ID:3ly
ご丁寧にありがとうございます。まぁ、僕はなんにも感じないわけではないんですが、霊が見えたりとかはほぼないですね。ただ、一人で読んでると、寂しいので、よく考えずに、書き込んでしまいました。
852名無しさん@おーぷん :2018/09/20(木)08:10:31 ID:G6C

 中矢伸一ボロ儲け。

拝金主義。
853名無しさん@おーぷん :2018/09/20(木)10:43:25 ID:Gw8
始の内は、ちょっとの事で迷いの雲が出て悪のとりことなって苦しむぞ
悪はないのであるが、無い悪を《人民の心から生むのざぞ》
悪のとりことなって苦しむのが見えているから
苦も結構なれど いらん苦はいらんぞ
神示よく読んで苦を楽とせよ
楽は喜びぞ、苦のハタラキが楽ぞ
楽は喜びぞ、光ぞ
神人共のまつりぞ
楽で岩戸開けるぞ、苦しんで開く岩戸は誠の岩戸でないぞ

今の社会も自分の心が生んだのだから内観
自己を責めるので無い、自己を傷つけ、心から愛して無い結果
心にあるものを認め、癒やし、手放し、そういう心も自分の中にあるのだと認め、それも自分なのだと抱き参らせる
854名無しさん@おーぷん :2018/09/20(木)10:45:46 ID:Gw8
自分をとことん愛してあげる
自己愛からスタート
出来たら、それを広げる
855名無しさん@おーぷん :2018/09/20(木)11:06:10 ID:Gw8
何んな事あっても不足申すでないぞ
皆人民の気からぞとくどう申してあろがな
人民のキから起こってきたのだぞ
我の難儀、我が作るのざぞ
我恨むより方法(ほか)ないぞ
人民の心さへ定まったら、此の方 自ら出て手柄立てさすぞ
手柄結構ざぞ

これらから、内観
だから、信者攻撃したり、世の中がと言ってる内は
神示を欠片も理解出来てないのが丸わかり
内観して、いらんもんを手放し、抱き参らせよ
856名無しさん@おーぷん :2018/09/20(木)21:39:59 ID:l2s
スピ系嫌い。
857名無しさん@おーぷん :2018/09/20(木)22:41:31 ID:l2s
じゃあさ、じゃあさ、親にさ、虐待されて死んじゃった赤ちゃんがいたとしてさ、その赤ちゃんにも同じこと言えんの?
それお前のこころがひねくれてるから殺されたんだぜ、せいぜい自分を恨むんだな、って言えんの?
858名無しさん@おーぷん :2018/09/21(金)12:43:26 ID:Ggw
>>857
その赤ちゃんは自らのカルマ解消出来たってこと
人は宿命というものを背負って産まれてくる
859名無しさん@おーぷん :2018/09/21(金)17:05:27 ID:Yim
で、それは誰の意見のパクリなん?
860名無しさん@おーぷん :2018/09/21(金)17:11:58 ID:Yim
つーかてめぇはそれを真実として言ってんだよな?嘘ならかえって神を冒涜してるよなー?
861名無しさん@おーぷん :2018/09/21(金)22:17:22 ID:MZF
実体験が伴うと分るようになるんですけどね
残念ながら人によって歩むスピードが違いますから…
862名無しさん@おーぷん :2018/09/21(金)23:44:38 ID:ggR
思いついたトコだけちょこっと書きます。

冬の巻より引用
g.
限りなき霊とのつながり切れんぞ。
縦には神とのつながり切れんぞ。
自分のみの自分はないぞ。
切りはなすこと出来ん。
人類は横の自分、動、植、鉱物は更にその外の自分であるぞ。
兄弟姉妹は最も近き横の自分であるぞ。
更に祖先は過去の自分であり、子孫は新しき自分、未来の自分であるぞ。

*赤ちゃんは未来の自分ですから、未来の自分を虐待している現象ということになるかもしれません。


下つ巻より引用
g.
言葉はよき事のために神が与へてゐるのざから忘れん様にな。
わるき言葉は言ってはならんぞ。
神の民の言葉は神たたえるものと思へ、てんし様たたえるものと思へ、人ほめるものと思へ、それで言霊(ことたま)幸(さき)はふぞ、それが臣民の言葉ぞ。

*私自身普段の生活の中で穏やかに文句を連発していることをやめることができていませんが。


上つ巻より引用
神の国を千切りにして膾(ナマス)にするアクの仕組は分りて居る、アクの神も元の神の仕組を九分九厘までは知ってゐて、天地ひっくり返る大戦となるのぞ。

*国は空字(くに)ともかかれるようです。
その文字を千切りにして料理のターゲットとなるワンフレーズだけ抜き取ってまな板の上に乗せます。
塩辛い批評調味料を振り掛けたり、甘い批評調味料だったり、酸っぱかったり、苦味を加えたりして一品作ります。
自分にとっておいしいと思うところだけを抜き取って理屈という料理を作り、つまみぐいする行為を指すのかもしれません。
*神をしゃぶしゃぶにした場合、副産物でアクの神が出るという例えはいかがでしょうか。ごめんなさい。
863名無しさん@おーぷん :2018/09/21(金)23:46:07 ID:Yim
じゃぁ、虐待された赤子は全部性格悪い殺され当然のやつだって主張するんだね。お前はそれを実体験として知っているんだね?嘘つけ。
お前の、大好きな神示にも書いてんじゃねーか。
「寄ってくる赤子をぶつものはあるまいがな」って。
つーか、妙にしつこいが、最初に失礼なものいいしてきたのお前だぞ?めんどくさいからいわないであげたけど。テメーのかいてる悪口、自己紹介ばっかりじゃねーか。
この宗教信じてるやつってみんなお前みたいに性格悪いの?
864名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)05:57:58 ID:38w
これは宗教じゃない。 道
865名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)11:32:02 ID:5SR
>>863
寄ってくる赤子をぶつものはあるまいがな」って

じゃあなんで赤ちゃん殺されてんの?
866名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)11:36:28 ID:5SR
最初に失礼なものいいしてきたのお前だぞ?

なんで自分が言われたと思ったの?
867名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)12:45:12 ID:duD
学習の効果じゃろ?

>>865
それすら理解出来ないようにあるいは嫌がらせ大好きに曇った結果じゃなw
868名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)12:48:57 ID:s15
カルマというものにここまで無知では難しいですね。
みなさん無視して続けてください。
869名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)12:49:14 ID:duD
まー

” 虐待された赤子は全部性格悪い殺され当然のやつだって主張するんだね。 ”

を肴にマウントとって喜んでるんだろうけどもw

ならその通りだで終わろうよ?www面倒臭いからwそんでもう二度と書き込むなwwwww
870名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)12:50:33 ID:duD
なんで人は自分が悪だと認識するとうろたえるのかねー?w
871名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)12:54:30 ID:duD
その時点で答えは出てるだろうにwwwww

「寄ってくる赤子をぶつものはあるまいがな」
に天逆様してしまう様に絶望できる時点で答えは出ているだろうにwww
872名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)12:54:57 ID:s15
カルマの解消は理不尽に思えることが多い。
それは人間の価値観だとそうなるが、神様の目からはそうではない。
日月さんはそう言ってるんじゃない?よく知りませんが。
873名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)13:05:00 ID:s15
もちろん赤子を殺した親は重大なカルマを積んだことになる。
それはどこかで解消される。これは宇宙の法則なので、回避できない。
なんか生まれ変わりはもうなくなるとかいうオカルト情報があるそうですが
本当?そうなると解消されずに残ったカルマはどうなるのですか?
874名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)13:09:38 ID:duD
善も悪も債であり縁起するやろ?

なんで自分で書けてるのに結果がわからないんだ???
875名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)13:27:07 ID:s15
duDのレスを見ると、自分語が多くて理解しずらいね。
あと私はなにもduDには聞いてないのですが?あんた誰?
悪のカルマだけでなく善のカルマというのもあるぞというならその通りですが。
それも含めて転生がもうないならどうなるの?
全部チャラ?それは絶対ないでしょう。
876名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)13:36:44 ID:duD
>>875
みてて不快に思った人w
この世の中にに不思議は存在しないよ
波及するルートに違いがあるだけで

そんであなた嫌いwwwww
877名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)13:38:24 ID:duD
ふむ?どうもナイーブになってるようだな癒しが自分自身に必要なようだ
騒がせてすまんかった
878名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)14:13:32 ID:YId
転生のシステムがカルマの解消のためにあるのなら、
それは宇宙の法則と一体の物ですね?
一部に囁かれている転生の終了とはどういうこと?
宇宙の終了ということになりませんか?
そういう話をしたかったのですよ。
神様が帳尻の合わなくなったカルマを全部引き受けてくれるんだとか。そういうものすごい話を。
879名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)14:16:05 ID:YId
ちなみに転生が未来に起こるとは限らず、過去に転生することもあるというのは知ってるつもりです。
880名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)16:00:16 ID:5SR
>>878
そもそもの転生は悟りきったら終了かな

神示はミタマ上中下三段に分けるとあって
他の宗教も同じ話があるので、全員が転生しないというわけでは無いみたいです

881名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)18:09:03 ID:zWI
世界のシステムから作り直すから
地獄が閉鎖されて
西洋の地獄の最下層の解凍も始まるんだ
882名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)19:43:09 ID:38w
今後医療が発達して、寿命が延びたり死ねなくなるということはこの物理次元に閉じ込められることになる。
883名無しさん@おーぷん :2018/09/22(土)19:52:10 ID:38w
カルマの解消は本来の目的ではないとおもう。カルマシステムはこの世界をかき混ぜ動かすためのシステムだと思うよ。この変化する世界でいろんな経験を積むことによって磨かれるのが目的
884忍法帖【Lv=7,スライムべス,UC0】 :2018/09/22(土)23:09:43 ID:wf2
244天之御名無主2018/09/22(土) 13:09:53.66
舌の根も乾かなぬうちに何とやらになりますが...(;^ω^)。(正直、更新どころではなくなると思ってましたので)

【ノストラダムスの「7の月」は春分を年始とする年(二二)の7回目の新月の意味?】

この「7の月」の旧九月一日(10月9日)付近でニビルが誰の目にも明らかに見えるようになり、その影響で一週間後の
旧九月八日(10月16日)に地球にも人間にもポールシフト(秋の空グレン)が起って千引の岩戸が開きイザナギ(日)とイザナミ(月)の再会が果され一つとなり大日月の大神となって現れる

神示にある

『戦すんでもすぐによき世とはならんぞ、それからが大切ぞ、胸突き八丁はそれからぞ、富士に登るのにも、雲の上からが苦しいであろがな、戦は雲のかかってゐるところぞ、頂上(いただき)までの正味のところはそれからぞ。』
の「雲」も〇(空白)の期間(30日)を指していると思われます

「戦」は何らかの災害の混乱に乗じた侵攻から始まる可能性が高いですね。

以上の解釈でもってノストラダムの有名な預言詩を読み解くと

「1999年(1999+19=2018)の7の月(10月9日) 天より恐怖の大王(ニビル、浄化する者、王星、赤いカチーナ)が顕れアンゴルモアの大王(日本)を甦らせる その前後(〇(空白)の期間)に 火星(赤い星=ロ・中・北連合?)が幸福に(楽々と?)支配する」


もし本当にニビルが顕れればポールシフトが起こり各人に予言者ポール・ソロモンのいう強制的なクンダリーニの上昇(強制覚醒)が起こる事になります。(神示で掃除しろ、改心しろとうるさいのはこれに備えての事なのでしょう)
※こうなればもう注意というより覚悟が必要でしょう

日月神示とほぼ同じ事を言っています!(岩戸が開くと人間に何が起こるのかを書いてあります)

【予言者ポール・ソロモンが語った「ポールシフトが人間に与える影響」が怖すぎる! “強制クンダリニ”で発狂・殺人激増、人類大選別へ!】

https://tocana.jp/2018/09/post_18081_entry.html


2018年二二の岩戸開き



885名無しさん@おーぷん :2018/09/23(日)05:01:10 ID:Pw6
下つ巻のつづきパターン②から


②第38帖から第09帖まで一切り、第08帖から第01帖まで一切り。
先頭を第38帖にした場合の全30帖の中心は第23帖と第24帖です。そこから読んでみます。
38,09,37,10,36,11,35,12,34,13,33,14,32,15,31,16,30,17,29,18,28,19,27,20,26,21,25,22,24,23
23,24,22,25,21,26,20,27,19,28,18,29,17,30,16,31,15,32,14,33,13,34,12,35,11,36,10,37,09,38

書き出しの数帖です。

下つ巻 第23帖 (065) 2-23-16
g.
2304.この方祀るのは天(あめ)のひつくの家ぞ、祀りて秋立ちたら、神いよいよ烈しく、臣民の性来(しょうらい)によって、臣民の中に神と獣とハッキリ区別せねばならんことになりて来たぞ、神急けるぞ。
2303.江戸に神早う祀りて呉れよ、仕組通りにさすのであるから、臣民 我を去りて呉れよ。
2302.この方は天地をキレイに掃除して天の大神様にお目にかけねば済まぬ御役であるから、神の国の臣民は神の申す様にして、天地を掃除して てんし様に奉らなならん御役ぞ。
2301.世が引繰り返って元の神世に返るといふことは、神々様には分って居れど、世界ところどころにその事知らし告げる神柱あるなれど、最後のことは 九(こ)の神でないと分らんぞ。
2305.七月の三十日、ひつ九のか三。

下つ巻 第24帖 (066) 2-24-15
g.
2403.改心と申すのは、何もかも神にお返しすることぞ、臣民のものといふもの何一つもあるまいがな、草の葉一枚でも神のものぞ。
2402.秋立ちたらスクリと厳しきことになるから、神の申すこと一分一厘ちがはんぞ。
2401.一が十にと申してありたが、一が百に、一が千に、一が万になるとき いよいよ近づいたぞ。
2404.七月の三十日、ひつくのか三。

下つ巻 第22帖 (064) 2-22-17
g.
2202.二三三二二(アイカギ)、   、コノカギハイシヤトシカテニギルコトぞ。
2201.岩戸開く仕組 知らしてやりたいなれど、この仕組、言ふてはならず、言はねば臣民には分らんし、神苦しいぞ、早う神心になりて呉れと申すのぞ、身魂の洗濯いそぐのぞ。
2203.一二(ひつくのかみ)、七月の二十八日。

下つ巻 第25帖 (067) 2-25-14
g.
2504.神は気(け)もない時から知らしてあるから、いつ岩戸が開けるかと云ふことも、この神示(ふで)よく読めば分かる様にしてあるのぞ、改心が第一ぞ。
2503.戦出来る間はまだ神の申すこときかんぞ、戦出来ぬ様になりて、始めて分かるのぞ、神の申すこと、ちっとも違はんぞ、間違ひのことなら、こんなにくどうは申さんぞ。
2502.今に戦も出来ない、動くことも引くことも、進むことも何うすることも出来んことになりて、臣民は神がこの世にないものといふ様になるぞ、それからが、いよいよ正念場ぞ、まことの神の民と獣とをハッキリするのはそれからぞ。
2501.今度の戦で何もかも埒ついて仕まふ様に思うてゐるが、それが大きな取違ひぞ、なかなかそんなチョロッコイことではないぞ、今度の戦で埒つく位なら、臣民でも致すぞ。
2505.七月の三十日、ひつくのか三のふで。
886名無しさん@おーぷん :2018/09/23(日)10:37:24 ID:3iB
早く祀りてみつげを世に広めてくれよ。
早く知らさねば日本がつぶれる様なことになるから、早う祀りて神の申す様にして呉れ。神急けるよ。

早よこの神示 腹に入れた人が、これから来る人によく話してやるのざぞ。

早よこの神示腹に入れよ。
早よ知らしてくれよ。

神の子には神示伝えてくれよ。
神せけるぞ。

御奉仕頑張って。
887名無しさん@おーぷん :2018/09/23(日)10:42:25 ID:3iB
岩戸開くとは元の姿に返すことぞ、
神の姿に返すことぞ。
888忍法帖【Lv=7,スライムべス,UC0】 :2018/09/24(月)00:08:28 ID:PC0
245天之御名無主2018/09/23(日) 12:12:14.57
【今晩辺りから北西の空に注意!】

『地には人民の座があるぞ、天にも人民の座があるぞ、地に神の座があるぞ。七の印(しるし)と申してあるぞ』

「七の印」とは宇宙元旦(春分)から数えて7回目の満月(9月25日)あるいは7回目の新月(10月9日)の日に現れるという意味かも知れません。(ノストラダムス恐怖の大王予言の「7の月」の意味もこれかも)
※1999年は数字のアナグラムで1999+19=2018年と解釈できる
※満月に青いカチーナ(七の印)、新月に赤いカチーナ(ニビルこと恐怖の大王)と予想

「七の燈台」は九十の世界までの道を照らす七つの満月

ホピの予言では青いカチーナが現れてその後に赤いカチーナ(浄化する者、おそらくこれがニビル)現れると言われていて、この赤いカチーナに先行して使者が来ると言われています。


【今真っ最中の米中経済戦争はこれかも知れませんねー】

『悪の総大将は奥にかくれて御座るのぞ。一の大将と二の大将とが大喧嘩すると見せかけて、世界をワヤにする仕組、もう九分通り出来てゐるのぢゃ。』
「悪の総大将」:ロシア(泥海の頃から生きている悪神の国)
「一の大将」: 世界経済 第1位のアメリカ
「二の大将」: 世界経済 第2位の中国

※本人達は知っててやってるのかどうか知りませんが これは行き着くとこまで行きそうな予感

『山の津波に気つけよ。十月の七日、七つ九のか三。』
※キラウエアや硫黄島などの火山島に起因する津波だと思われる(10月7日?)

2018年二二の岩戸開き



889忍法帖【Lv=7,スライムべス,UC0】 :2018/09/24(月)00:08:59 ID:PC0
246天之御名無主2018/09/23(日) 12:12:49.14
【ホピの予言】#1

終わりの日々になると我々はこの世界の創造を助けた二人の兄弟達を見る。
Poganghoyaは北極の守護者であり、Palongawhoyaは南極の守護者である。
終わりの日々に青い星カチーナは彼の甥たちとともに地球に戻り、反時計周りに周る。
この事実はマヤやエジプトのピラミッドなど、星座を語る多くの岩石線画でも明らかだ。
地球の回転は慈悲深くない星たちに支配されている。双子は北西の空に見えるようになる。
彼らは我々が原初の教えを覚えているものかみるため、飛ぶ盾に乗って現れる。
終わりの日に彼らは多くの星の家族を連れてくる。
青い星カチーナの帰還は新しい日、新しい生き方を知らせる目覚まし時計となる。

247天之御名無主2018/09/23(日) 12:13:29.39
【ホピの予言】#2

はじめは我々の内側で炎として燃えはじめる。もし我々が最初の教えと平和な生き方に戻らなければ
それは欲望と葛藤として我々の中で燃え上がるであろう。
そしてそう遠くない後ろから双子の浄化する者が来たる。
浄化の日をもたらす赤いカチーナである。その日を境に、地球と全ての生き物は永遠に変わってしまう
この浄化する者に先行して使者がくる。昔の生き方を覚えている者たちにメッセージを残すであろう。
メッセージは生きた石に書かれている、聖なる穀物、そして水からさえも見つかる。
890忍法帖【Lv=7,スライムべス,UC0】 :2018/09/24(月)00:09:23 ID:PC0
248天之御名無主2018/09/23(日) 12:13:52.51
【ホピの予言】#3

浄化するものは偉大なる赤い光を放つ。全てのモノの在りようが変わる。
全ての生きとし生けるもの、大きいモノから小さいなものまで変わる機会が与えられるであろう
我々に与えられた原初の教えに従い、自然に沿った生き方をするものは浄化する者に触れられずに残される。
彼らは生き残って新しい世界を創める。古の教えにのみメッセージを理解する方法が見つかる
我々が経験する全てのことは我々の選択にかかっている。

249天之御名無主2018/09/23(日) 12:14:28.51
【ホピの予言】#4

最後の日々、ほとんどのものは魂をなくしたように見える。自然の変化があまりにも激しいため
霊的な覚醒が低いものたちは気が狂う。使いようのない空っぽの容器のようになるため彼らは消え去る。
都市では人生があまりにひどいため多くはここを去ることを選ぶ。中には集団で去るものもいる。
古の生き方の価値観に戻るものだけが精神に平和を取り戻すことができる。
大地には周りにある狂気から解放してくれるものが見つかるためだ。
子を持つ女性にはとても難しい時期でもある。何故ならば彼女らは避けられ、
この時代の多くの子供たちは不自然だからである。星から来たもの、過去の世界から来たもの、
人によって不自然に作られた魂のないものたちまでいる。この時代の人々は霊魂が空っぽであり、目に生気がない。
浄化する者が訪れる時が近くなるにつれ、都市や人により作られた山やキャニオンを幽霊のように歩く者たちが
多くなる。ここを歩く者たちは重い足取りで苦痛に見える。
彼らは自らの霊性と大地とのつながりをなくしてしまったためだ。
891忍法帖【Lv=7,スライムべス,UC0】 :2018/09/24(月)00:09:46 ID:PC0
250天之御名無主2018/09/23(日) 12:14:51.16
【ホピの予言】#5

双子が登場したのち、煙のように彼らはいなくなる。他の物たちは大きな欠損を精神や肉体に抱える、
別の次元から肉体の中に歩いて来るものもいる。今まで我々を守ってきてくれた扉が開き多くの混乱があるためだ
異性同士、子供、年寄りとの混乱である。
人生は倒錯していく、社会的秩序も少なくなり、みじめな最期を終わらせるためだけに
山を訪ねて行く者たちも多い。しかしその中で何事もなかったように生きていく者たちもいる。
原初の教えを覚ええちて、心や霊性とのつながりを再び持てるようになった者たちだ。
父母を覚えていている者たち。山や森で暮らすpahanaたちだ。
浄化する者は初め小さな赤い星としてきて天空に座して我々を見下ろす。
聖なる教えをどれだけ覚えているのかを見るために。
この浄化する者は天空に様々な奇跡的な現象を起こして創造者が夢ではなかったことを我々は知る。。
霊性とのつながりを全く感じなくなった者たちまで創造者の顔を空に見る。
見えないものたちがとても強く感じられるようになる。

251天之御名無主2018/09/23(日) 12:15:31.00
【ホピの予言】#6

現実が夢との境を行き来しはじめるため、全く理解できないことがそこらちゅうで起き始める
この時期は下位の世界への扉がいくつも開かれてしまう
忘れられた過去の創生を思い出させるものがいくつも戻ってくる。
時が終わり五つ目の世界に入るこの日を全ての生きるものがそこにあることを待ち望む
上から下の台地からも我々は多くの警告を受け取る。
そしてある朝、我々は赤い夜明けとともに起きる。
空は血の赤であり、理解ができないことが多く起きる。現実は今とは全く異なることになる。
その日々になると地球ではたくさんの奇妙な獣たちが現れる。
過去からのもの、今まで見たことがないもの。そして人類も奇妙に見える。
我々はこの世界の間を歩き、多くの霊を宿しそれは我々の体の中にも宿すようになる。
そして浄化する者が宇宙に跡を残して去ると星から来た兄弟たちとともに再び大地を建て始める。
892名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)09:27:00 ID:Ns7
このスレも調子が戻ってきたようで結構ですね。
893名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)10:19:30 ID:Ns7
今朝方私の頭に忽然と浮かんだ考えを書いてもいいかな?
アダムのことなんですがね。
ええ、あのアダム。
アダムが楽園を出されたことを失楽園と言いますね。
その逆は復楽園とでもいうのか、それが日月さんの言っていることや、ホピさんの言っていることと重なるのかな?
さらにいうと、アダムは神の作った完全な人間ですから、
決して「幸福な白痴」などではなくとても優秀な人間だったと思うのですね。
アダムを幸福な白痴のようにイメージするのは逆に人間がそこまで堕落したことの証であり、本当は我々の数千億倍も賢いのです
人間がアダムのようになるならこの世界はそのまま楽園になるでしょう。
日月さんもホピさんもそのことを言ってるような気がします。復楽園は私の勝手な造語です。
アダムは目が暗くなって楽園を見失っただけなのですね。楽園の真ん中にいるのに、目が暗いのでそれがわからなくなった。
我々がアダムに戻れば、本物と偽りがひと目でわかるようになり、人間と、偽りのもの、その正体も明らかになる。
それが奇妙な生き物では?
わけがあって人に身をやつしている神もあるでしょう。
無論悪魔も。人に化けている獣もいるでしょう。
それも全部バレるのですね。本物の人は人のまま、アダムの力を持っても人は人です。
アダムは動物の言葉を理解できたのです。だから動物はアダムを見ると、喜んでまといつきました。
アダムが暗くなって言葉がわからなくなったので動物は人を恐れるようになった。
それどころかアダムは草や木の心を感じ取ることもできた。
すると見よ!世界は歓喜に満ちている。これが楽園なのです。
我々がアダムに戻ればこの世界がそのまま楽園だったのです。
そんな考えが今朝方突然浮かんだのです。日月さんやホピさんの言ってることと重なっている気がしたので書いてみました。
失礼。
894名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)10:32:09 ID:x24
残る者の身も一度は死ぬことあるぞ、
死んでからまた生き返るぞ、
三分の一の臣民になるぞ、
これからがいよいよの時ざぞ。

人民一度死んで下されよ、
死なねば甦られん時となったのぞ、
今迄の衣をぬいで下されと申してあろう、
世がかわると申してあろう、
地上界の総てが変わるのぞ、
人民のみこのままと言うわけには参らぬ、
死んで生きて下されよ、
たてかへ、たてなほし、過去と未来と同時に来て、
同じところで一先づ交じり合うのであるから、
人民にはガテンゆかん、
新しき世となるギリギリの仕上げの様相であるぞ。

大掃除はげしくなると世界の人民皆、 
仮四の状態となるのぢゃ、
掃除終わってから因縁のミタマのみを神がつまみあげて
息吹きかへしてミロクの世の人民と致すのぢゃ


大難となると、言葉通り
小難となると、精神的にともとれる
895名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)10:35:30 ID:Ns7
人が神や仏になるのは途方も無いことですが、
アダムになら、人はかつてアダムだったのですから不可能では無いのでしょう。
896名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)10:40:38 ID:Ns7
アダムの意識は今の意識とは違うものになるでしょう。
でもどうということはないです。寝て起きるようなものです。
今朝の心は昨夜の心とは別物ですが誰も気にしない。
897名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)10:41:04 ID:x24
心次第で皆救はれる。
悪には悪の道、それ知らん善の神では、
悪抱き参らすこと出来ん。
因縁あっても曇りひどいと御用むずかしいぞ。
898名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)10:44:24 ID:x24
岩戸開くとは《元の姿》に返すことぞ、
神の姿に返すことぞ。
899名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)14:21:53 ID:5Da
下つ巻②のパターンで見た第08帖から第01帖までの一切り

第08帖からでも第01帖からでもどちらから読んでも一向に構いません。
ここでは、第08帖から少しだけ見てみます。


下つ巻 第08帖 (050) 2-8-31
g.
0802.一人も臣民居らぬ時でも声出して読んで呉れよ、まごころの声で読んで呉れよ、臣民ばかりに聞かすのでないぞ、神々さまにも聞かすのざから、
  その積りで力ある誠の声で読んで呉れよ。
0801.この神示(ふで)皆に読みきかして呉れよ。
0803.七月の十七日、ひつ九のか三。

下つ巻 第07帖 (049) 2-7-32
g.
0703.一二三祝詞(ひふみのりと)するときは、神の息に合はして宣(の)れよ、神の息に合はすのは三五七、三五七に切って宣れよ。
0702.この神は信者集めて喜ぶやうな神でないぞ、世界中の民みな信者ぞ、それで教会のやうなことするなと申すのぞ、世界中大洗濯する神ざから、
  小さいこと思うてゐると見当とれんことになるぞ。
0701.この神示(ふで)読んでうれしかったら、人に知らしてやれよ、しかし無理には引張って呉れるなよ。
0706.七月十五日、一二  。
0705.天津祝詞の神ともこの方申すぞ。
0704.しまひだけ節(ふし)長くよめよ、それを三たびよみて宣りあげよ。

下つ巻 第06帖 (048) 2-6-33
g.
0601.今までの神示 縁ある臣民に早う示して呉れよ、神々さま臣民まつろひて言答(いわと)開くもと出来るから、早う知らせて呉れよ、
誰でも見て読める様に写して神前に置いて、誰でも読めるやうにして置いて呉れよ、役員よく考へて、見せるとき間遠へぬ様にして呉れよ、
七月の十五日、ひつくのか三神示。

下つ巻 第05帖 (047) 2-5-34
g.
0508.言葉はよき事のために神が与へてゐるのざから忘れん様にな。
0507.わるき言葉は言ってはならんぞ。
0506.神の民の言葉は神たたえるものと思へ、てんし様たたえるものと思へ、人ほめるものと思へ、それで言霊(ことたま)幸(さき)はふぞ、それが臣民の言葉ぞ。
0505.この神示うつす役要るぞ、この神示 印刷してはならんぞ。
0504.淋しくなった人は集まりて その神示(ふで)見てよ、神示見れば誰でも甦るぞ。
0503.それが出来たら、そこでお告げ書かすぞ。
0502. の石まつりて、神人祭りて呉れよ。
0501.江戸に神と人との集まる宮建てよ、建てると申しても家は型でよいぞ、仮のものざから人の住んでゐる家でよいぞ。
0509.七月の十五日、ひつくのかみのふで。

*【神示うつす役要る】神示は鏡であるとも書かれていることから、鏡にうつす役割と受け取れます。
反対に写ったまま印刷しても難解の山として、人の登れないように蛇(じゃ)が岳となって今まで護られてきたのかもしれません。
900名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)15:29:17 ID:Ubt
岩戸開きで聖書の神がまだ地球に来てない頃の状態に戻すのでアダムで止まってたら駄目です
目指せ八次元
901名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)16:56:41 ID:5Da
853 :名無しさん@おーぷん :2018/09/20(木)10:43:25 ID:Gw8 ×
始の内は、ちょっとの事で迷いの雲が出て悪のとりことなって苦しむぞ
悪はないのであるが、無い悪を《人民の心から生むのざぞ》
悪のとりことなって苦しむのが見えているから
苦も結構なれど いらん苦はいらんぞ
神示よく読んで苦を楽とせよ
楽は喜びぞ、苦のハタラキが楽ぞ
楽は喜びぞ、光ぞ
神人共のまつりぞ
楽で岩戸開けるぞ、苦しんで開く岩戸は誠の岩戸でないぞ

*引用させていただきましたが、
【神示よく読んで苦を楽とせよ】から
苦は9で楽は9と表すことができます。
特に【】の記号は神示録(しるし)から、かみとかすさなるとか書かれていますが他にラリルレロ の音にも関係しているみたいです。
9はロクと読むことができます。
引用文から当てはめても、はハタラキでもあることがわかります。
そこから9のハタラキは6ではないかと、もしかしたら楽は6とも書かれるのでは。
鏡の映り方はこの場合上下になります。
左右の反転は【水】から【見ず】であまり関係ないのかもしれません。
902名無しさん@おーぷん :2018/09/24(月)18:17:59 ID:x24
いつも有難うございます。
九は火と書いてます。
火は、・、真理、神、ア、喜び、真実の愛、光
なので花火と書かれているフデに繋がります。
ウズはおっしゃる通りラ行です。


スサナルの神は喜びや真実の愛、真理のハタラキの神なので、
この神様のハタラキが無い為に、人々は満たされない。
九の仕組は、それを習得する型演技なのですが、字のごとく、
苦しみから少しずつ光が見えてくるような形で習得。
型演技は一部の人は失敗もあります。
成功すれば、一二三の大真理までいきます。
ニニ(男女)に九の花咲く
合わんものを合わす型。
苦を楽しめよの意味が理解出来るかと。
陰と陽が1つになり、真理。
903名無しさん@おーぷん :2018/09/25(火)05:26:56 ID:6FW
そうですね。
せっかく神示録(しるし)に引き寄せられてもハードルは高いと思います。
鼻高とか取り違いになってしまうとポキンされてしまいます。
また神は急いでいるのかもしれませんが急ぎすぎても仕組みが壊れると書いてます。
かなりデリケートにできてるようです。
自分の性格的にはざっくり型なのでデリケートとは程遠いかもです。

今回このような形で縁ある方に巡り会えたことが一番の喜びだと思います。
五十九のミタマの意味はわかりませんが、少人数でも成就すると書いていますので、
おそらくは五十九人以内の役割分担でみろくの世の実現が成し遂げられるのでしょう。

それまで私のできることといえば、神示をうつす役割に徹していくことでしょう。
多少脱線することもあると思います(笑)。
904名無しさん@おーぷん :2018/09/25(火)09:34:43 ID:qb8
>>903
鼻高にならないよう気をつけたいと思います。
頑張ってくださいね。
905名無しさん@おーぷん :2018/09/25(火)20:51:28 ID:6FW
ごめんなさい。
鼻高は自分でした。

深夜仕事帰りで書き込んだ失敗です。
すぐ寝てればいいものを。
いい所を見せようとしていました。

これでは先が思いやられますね。

アドバイスのあまりのうれしさに脱線してしまいました。
本当にごめんなさい。
906名無しさん@おーぷん :2018/09/26(水)09:14:14 ID:SHZ
>>905
そんなつもりで書いたのでは無いので、
気にせずに、応援のつもりです\(^o^)/
>>899
いつも有難うございます。
感謝してます。
907名無しさん@おーぷん :2018/09/26(水)09:30:56 ID:SHZ
臣民の肉体 神の宮となる時ざぞ、
当分 宮なくてもよいぞ。
やがてはニニ(ふじ)に九(コ)の花咲くのざぞ、見事ニニに九の火(ほ)が鎮まって、世界治めるのざぞ、
それまでは仮でよいぞ、臣民の肉体に一時は静まって、此の世の仕事仕組みて、
天地でんぐり返して光の世といたすのぢゃ。

世の元からの仕組ざから、いよいよ岩戸開く時来たぞ。
自分で岩戸開いておれば、どんな世になりても楽にゆける様に神がしてあるのに
臣民というものは慾が深いから、
自分で岩戸しめて、それでお蔭ないと申しているが困ったものぞ。

めぐりあるから心配あるのぞ。
めぐり無くなれば心配なくなるぞ。
心配ないのが富士は晴れたりぞ。

この度のイワト開きに使ふ身魂は、我の強い者ばかりが、めぐりだけのこと償って、償うことぞ。

魂にめぐりあると何してもグラリグラリと成就せんぞ。
めぐりのままが出て来るのであるぞ。

めぐりと申すのは自分のしたことが自分にめぐって来ることであるぞ。
めぐりは自分でつくるのであるぞ。
他を恨んではならん。

神業奉仕すれば自らめぐり取れるのぢゃ。めぐりないもの一人もこの世におらん。

己の心見よ、いくさまだまだであろが、
違う心があるから違うものが生れて違うことになる道理分からんのかなあ。
世界の愈々のめぐりが出て来るのはこれからであるぞ、九月八日の九の仕組 近付いたぞ。

欲しいものには一先づ取らせておけよ。
めぐりだけ取って行って下さる仕組ぞ。
908名無しさん@おーぷん :2018/09/27(木)02:03:35 ID:8bV
ちょっと脱線します。
神示録(しるし)の応用になればいいのですが。
グレンのい形(g.)および同一項内の句読点を接続し直します。

ヨハネの黙示録

第22章
g.
22:21主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。
22:20これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。アァメン、主イエスよ、きたりませ。
22:19また、もしこの預言の書の言葉をとり除く者があれば、神はその人の受くべき分を、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、とり除かれる。
22:18この書の預言の言葉を聞くすべての人々に対して、わたしは警告する。もしこれに書き加える者があれば、神はその人に、この書に書かれている災害を加えられる。
22:17御霊も花嫁も共に言った、「きたりませ」。また、聞く者も「きたりませ」と言いなさい。かわいている者はここに来るがよい。いのちの水がほしい者は、価なしにそれを受けるがよい。
22:16わたしイエスは、使をつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である」。
22:15犬ども、まじないをする者、姦淫を行う者、人殺し、偶像を拝む者、また、偽りを好みかつこれを行う者はみな、外に出されている。
22:14いのちの木にあずかる特権を与えられ、また門をとおって都にはいるために、自分の着物を洗う者たちは、さいわいである。
22:13わたしはアルパであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。
22:12「見よ、わたしはすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。
22:11不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさらに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ」。
22:10またわたしに言った、「この書の預言の言葉を封じてはならない。時が近づいているからである。
22:9彼は言った、「そのようなことをしてはいけない。わたしは、あなたや、あなたの兄弟である預言者たちや、この書の言葉を守る者たちと、同じ僕仲間である。ただ神だけを拝しなさい」。
22:8わたしが見聞きした時、それらのことを示してくれた御使の足もとにひれ伏して拝そうとすると、 これらのことを見聞きした者は、このヨハネである。
22:7見よ、わたしは、すぐに来る。この書の預言の言葉を守る者は、さいわいである」。
22:6彼はまた、わたしに言った、「これらの言葉は信ずべきであり、まことである。預言者たちのたましいの神なる主は、すぐにも起るべきことをその僕たちに示そうとして、御使をつかわされたのである。
22:5夜は、もはやない。あかりも太陽の光も、いらない。主なる神が彼らを照し、そして、彼らは世々限りなく支配する。
22:4御顔を仰ぎ見るのである。彼らの額には、御名がしるされている。
22:3神と小羊との御座は都の中にあり、その僕たちは彼を礼拝し、 のろわるべきものは、もはや何ひとつない。
22:2都の大通りの中央を流れている。川の両側にはいのちの木があって、十二種の実を結び、その実は毎月みのり、その木の葉は諸国民をいやす。
22:1この川は、神と小羊との御座から出て、 御使はまた、水晶のように輝いているいのちの水の川をわたしに見せてくれた。
909名無しさん@おーぷん :2018/09/27(木)10:33:29 ID:pAI
めぐりだけ取って行って下さる仕組ぞ。

めぐり無くなれば嬉し嬉し。

この道に入って始の間は、却って損したり馬鹿みたりするぞ。
それはめぐり取って戴いているのぞ。
それがすめば苦しくても何処かに光見出すぞ。
おかげのはじめ。
次に自信ついて来るぞ。
胴がすわって来るぞ。
心が勇んで来たら、おかげ大きく光り出したのぢゃ。
910名無しさん@おーぷん :2018/09/27(木)10:40:31 ID:pAI
上記より
神仏には、日々陰で支えてくださっている事に感謝。
お陰様で。

自他に感謝。
911名無しさん@おーぷん :2018/09/27(木)17:07:06 ID:HAQ
二つある岩戸の月の岩戸から開くよ
912名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)19:47:42 ID:2ry
今日本の本州を覆う位の白竜が上空に女神と共にいる。
何するんやろね。
913名無しさん@おーぷん :2018/09/28(金)19:55:58 ID:2ry
女神はキクリヒメだった。
イザナギとイザナミの喧嘩の仲裁した神様。
そのハタラキをなさるということかも。
914名無しさん@おーぷん :2018/09/29(土)03:43:23 ID:SAp
上つ巻と下つ巻を見てきました。
これを先にハラに入れるように書かれていますが、濃い内容をいきなりではしんどいです。
気分転換を兼ねて、ほかの巻に移りましょう。
続いて、どの巻から見たらよいのかを説明します。


神示録(しるし)の構成
上つ巻から海の巻までの23巻と扶桑の巻から五葉の巻までの7巻(紫金の巻は五葉の巻の補巻)を
合わせ計た30巻は神と人両方に向けて書かれました。
黄金の巻から冬の巻までの7巻は人のみに向けて書かれました。
月光の巻は補巻とされていますが、自動書記の時期に拘わらず、五十黙示録を含めた神示録(しるし)全体の
補巻と見てもよいのかもです。


以上から30巻をセットで見た場合、上つ巻と下つ巻の30帖の読み方を応用します。
参考:【一帖、三十帖、二帖、二十九帖と云ふ風に読み直して下されよ、
三十帖一切りとして上下まぜまぜにして上下ひっくり返して読み直してくれよ。】海の巻第02帖より引用
*読み順は二通りできると思いますが、ひっくり返った16帖をトップにしたほうが個人的に読みやすいです。
1,30,2,29,3,28,4,27,5,26,6,25,7,24,8,23,9,22,10,21,11,20,12,19,13,18,14,17,15,16
16,15,17,14,18,13,19,12,20,11,21,10,22,9,23,8,24,7,25,6,26,5,27,4,28,3,29,2,30,1


そこで、第16巻の荒の巻から読むことにします。
荒の巻はひとつの帖のみで書かれていて、その内容も詩のように並べられていて祝詞にも見えます。
祝詞として見ると少々長い文章に感じますが、覚えてしまうにはこのチャンスしかありません(笑)。
反転の形で表わし、ひふみ祝詞の応用として三五七調に切って終いだけ長く読んでみます。

改行が多くなりすぎたので投稿分けます。
915名無しさん@おーぷん :2018/09/29(土)03:44:34 ID:SAp
まずは冒頭の三五七の句だけ載せます。

荒の巻
g.
001.124. あなさやけ(あなさやけ) おけ(おけ)、後の世に書きしるすぞ(ノチのヨにカきしるすぞ)、日月の神(ヒツギのカミ) 書き印すぞ(カきシルすぞ)。 
002.123. あら楽し(あらタノし)、あなさやけ(あなさやけ)、普字は晴れたり(フジはハれたり) 言答開けたり(イワトアけたり)。
003.122. 真言の神と飛来の神と(マコトのカミとヒライのカミと)皆和す時き成るぞ(ミナワすトキきナるぞ)。

004.121. 心しめて読む時ぞ(ココロしめてヨむトキぞ)。
005.120. 五十意図始めの光り知りて(タマイトハジめのヒカりシりて)、尊き御代とぞなりふる(トートきミヨとぞなりふる) 誠の神のふでなるぞ(マコトのカミのふでなるぞ)。
006.119. 文命の言の御代の(フミミコトのコトのミヨの)、月の光りなり(ツキのヒカりなり)。
007.118. 読字(黄泉)弥栄に光り文成るぞ(ヨミジヤサカにヒカりフミナるぞ)。
008.117. 急ぐ心ぞ(イソぐココロぞ)。

009.116. 普字に花咲く御代(フジにハナサくミヨ) 嬉し嬉し(ウレしウレし)、早う光の文路知らせたり(ハヨうコのフミジシらせたり)。
010.115. 字そそぐ(チそそぐ)光り裏(心)山(大空間)荷負ふ(ヒカりウラヤマニナふ) 母(親)の誠に覚め(ハハのマコトにサめ)、字開く命ぞ(ジヒラくイノチぞ)。
011.114. 掃除智座(ソージチクラ)、秘継ぐ数字(スジ)大神(加実)(ヒツぐカズジオーカミ)絶対開く元神は(ゼッタイヒラくモトカミは)、独楽の理(コマのリ)、
四十七音(ひふみ)四十八(意露波)(「四十七ノ四十八」)目にもの見せて神国の(メにものミせてカミグニの)、誠の善は(マコトのチは)、悪魔迄(アクママデ)
 皆新め生くの始終光ぞ(ミナアラめイくのシジュウコーぞ)、惟完ざぞ(カンナガラざぞ)。
012.113. 神の実言(命)聞く身々(カミのミコトキくミミ) 早う掃除一番ぞ(ハヨうソージイチバンぞ)。
013.112. 百霊の世(ヒャクレイのヨ) 玉秘尊き(タマヒトートき)。
014.111. 覚れ(サトれ)、覚れと(サトれと)、言(コト)、言(コト)、軸(ジク)。
015.110. 宇宙波(場)知る場加(「田」シるバカ)、月日御稜威の花ぞ(ツキヒミイヅのハナぞ)。


*【001.124.】:【反転の順位.原文の順位】
916名無しさん@おーぷん :2018/09/29(土)18:41:43 ID:toM
他力で自力の意味
内の自分は神であるが、外の自分は先祖であるぞ。
先祖おろそかにするでないぞ。
先祖まつることは自分をまつることぞ。
外の自分と申しても肉体ばかりでないぞ。
肉体霊も外の自分であるぞ。
信じ切るからこそ飛躍するのぢゃぞ。
不信に進歩弥栄ないぞ。
肉体霊も外の自分であるぞ。
まかせ切るからこそ神となるのぢゃ。
神に通づるのぢゃ。
他力で自力であるぞ。

真剣なければ百年たっても同じ所ウヨウヨぢゃ。
一歩も進まん。進まんことはおくれていることぞ。
真剣なれば失敗してもよいと申してあろうが。
省みることによって更に数倍することが得られるのであるぞ。
いい加減が一旦成功しても土台ないからウタカタぢゃ。
下座の行大切。
917名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)09:39:56 ID:RCc
荒の巻
g.(次の15句)
016.109. 目で聞く大神(メでキくオーカミ)、世のあななひの友(ヨのあななひのトモ)、天晴れ詞数食ふ能き(アッパれシスクふハタラき) 誠の御代ぞ(マコトのミヨぞ)。
017.108. 今は(イマは)、神解り(カミワカり) 解りし字に言玉息吹き鳴り(ワカりしジにコトタマイブきナり)、息吹きのままに理満ち(イブきのままにミチミち)、
元の大神にこにこと(モトのオーカミにこにこと)棒ぐるもの食し給ひ(ササぐるものメしタマひ) 喜び意図の(ヨロコびゴジュウの)弥栄弥栄成れる(イヤサカイヤサカナれる) 良き嘉き御代来るぞ(ヨきヨきミヨクるぞ)。
018.107. 神々様御喜びざぞ(カミガミサマオヨロコびざぞ)。

019.106. 秘文ぞ(ヒフミぞ)。
020.105. 月日出づ開きに秘文開き(ツキヒイづヒラきにヒフミヒラき)、字の命開く極(ジのイノチヒラくキワミ) 名美秘文三(ナミヒフミぞ)。
021.104. 御玉救ふ道(ミタマスクふミチ) 神の理開き基ぞ(カミのミチビラきモトぞ)。
022.103. 草もの云ふ世となりふなり(クサものイふヨとなりふなり)。
023.102. 読路(黄泉)の玉糸(意答)(ヨミジのタマイト)秘名の光立つ(ヒナのヒカリタつ)。

024.101. 問ひ問ひ文も(トひトひフミも) 解くなる始め(トくなるハジめ)、天のはじめのみひかりなり(アメのはじめのみひかりなり)。
025.100. はらに読(黄泉)理艮め成る(はらにヨミミチトドめナる)。
026.099. 誠の空字の御光りの(マコトのクニのミヒカりの) 世界の読(黄泉)(チカのヨミ)喜びに泣く時来た印し文(ヨロコびにナくトキキたシルしフミ)。
027.098. 理(真理)の普字(ミチのフジ)、早う開きそ(ハヨうヒラきぞ)。
028.097. 理の言(ミチのコト) 普字に印しあり(フジにシルしあり)。
029.096. 秘文の国ぞ(ヒフミのクニぞ)、言玉の弥栄光る国なるぞ(コトタマのイヤサカヒカるクニなるぞ)。
030.095. 都も鄙も皆(ミヤコもヒナもミナ) 大実光りに寄り集ふ(オーミヒカりにヨりツドふ) 誠一つの理なるぞ(マコトヒトつのミチなるぞ)。
918名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)09:41:52 ID:RCc
荒の巻
g.(次の15句)
031.094. 生れし道ぞ(ウマれしミチぞ)。
032.093. 弥栄の理ざぞ(イヤサカのミチざぞ)、あなさやけ、(あなさやけ)あな清々し世ぞ(あなスガスガしヨぞ)。
033.092. あななひの道ざぞ(あななひのミチざぞ)。

034.091. それは(それは)、その時より(そのトキより) 理決まれる事にぞあれば(ミチキまれるコトにぞあれば)、何も彼も真問ひ理に来いとぞ(ナニもカもマトひミチにコいとぞ)。
035.090. 陽の神は秘の国(ヒのカミはヒのクニ)、通基の神は実数の国(ツキのカミはミズのクニ) 数叉名立神は(スサナルカミは)、名波裸治らせ(ナハラシらせ) と給ひき(とタマひき)。
036.089. に(ココに) 誘名基の神(イザナキのカミ) 神加実達に理給ひて(カミガミタチにミチタマひて)、喜び光賜ひき(ヨロコびヒカリタマひき)。
037.088. 艮めに普字の神産み給いき(トドめにフジのカミウみタマいき)、普字数叉名立の神現れ(フジスサナルのカミアれ) 生き生き給ひき(イきイきタマひき)。
038.087. 弥栄つぎに通基つきて(イヤサカつぎにツキつきて)、御代印しの基継ぐ成るぞ(ミヨジルしのモトツぐナるぞ)。

039.086. 鳴戸(成答)理開きに開き(ナルトミチヒラきにヒラき)、貴人の御代成り成るぞ(ウズヒトのミヨナりナるぞ)。
040.085. 軸字(ジクジ) 軸字と木霊と木霊(ジクジとコダマとコダマ)、字開き(ジヒラき)、数開き成る言(カズヒラきナるコト) 網母(現実親)に有り(モモにアり)。
041.084. くくりし読は惟完読(くくりしヨミはカンナガラヨミ)。
042.083. 読字(黄泉)ぞ(ヨミジぞ)。
043.082. 光り(秘加理)輝やきて(ヒカりカガやきて) 御空に太まに(ミソラにフトまに)百草のかき葉も競ひかも(モモグサのかきハもキソひかも)、寄り集ふ誠一つの神の世ぞ(ヨりツドふマコトヒトつのカミのヨぞ)。 
044.081. 普字の山(不二の大空間)(フジのヤマ)晴れたり(ハれたり)。
045.080. 理実る世(ミチミノるヨ) 数の極(カズのキワミ) 真理ぞ(シンリぞ)。
919名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)09:47:56 ID:RCc
荒の巻
g.(次の15句)
046.079. 空字御霊(クニミタマ) 大皇命神の秘の(オースメガミのヒの)、仰ぐさまの良き時ぞ(アオぐさまのヨきトキぞ)。
047.078. 成るは(ナるは)、誠の開きの秘の山の(マコトのヒラきのヒのヤマの)神基開く(カミモトヒラく)真の神にかかり給ひしぞ(マコトのカミにかかりタマひしぞ)。
048.077. 八百の道(理)の寄る(ヤホのミチのヨる) 把立名(榛名)吾基(安芸)(ハルナ アキ)時節来て(ジセツキて)、誠もの云ふ神の世の(マコトものイふカミのヨの)、
夜明けの神々覚れよと(ヨアけのカミガミサトれよと)、神(可務)露務(カムロム) 可務露基(カムロキ) 可務露実の命もち(カムロミのミコトもち) 
八百万の神々(ヤホヨロズのカミガミ)神集ひに集ひ給ひ(カミツドひにツドひタマひ) 神計りに計り給ひ(カムハカりにハカりタマひ) 言問ひし草のかきはも言止め
(コトトひしクサのかきはもコトヤめ)、天の岩戸(言答)開放ち(アメのイワトアケハナち)、天の弥栄弥栄に智湧きに智湧き(アメのイヤサカイヤサカにチワきにチワき)、
大実光りの尊き御代ぞ(オオミヒカりのトウトきミヨぞ)、神在す天下(カミイマすアメガシタ) 四方の国々(ヨモのクニグニ) 治すし食す(シろしメす) 寿命大神
(大実親)の字の理(スメオオカミのチのミチ) 網母(現実親)の空字(国)(モモのクジ)ことごとく定まりし(ことごとくサダまりし) 弥勒の世とぞ成りふるなり
(ミロクのヨとぞナりふるなり)。

049.076. 弥栄鳴戸(成答)は(ヤサカナルトは)、光の御座の問ひに開くぞ(コのミクラのトひにヒラくぞ)。
050.075. 雨の神(アメのカミ) 風の神(カゼのカミ) 岩の神(イワのカミ) 荒の神(アレのカミ) 地震の神(ジシンのカミ) 世の基にして(ヨのモトにして)、
理実りの常盤の普字の実り良くも(ミチミノりのトキワのフジのミノりヨくも)、命出度命出度ざぞ(メデタメデタざぞ)。
051.074. 終りに(ヲワりに)、言(コト) 言(コト) 神国の(カミクニの)、誠の鏡(完神)のとどろきも(マコトのカガミのとどろきも)、皆御文字世の始かし
(ミナミモジヨのハジメかし)、今(イマ)、始る世(詞)の基(ハジマるヨのモトイ)。
052.073. 仕事は(シゴトは)、めんめの働きあるぞよ(めんめのハタラきあるぞよ)、実空字(ミグヂ) 大き理智在せることの印しなり(オーきミチマせることのシルしなり)。
053.072. 誠の(マコトの) もの云ふ時来しと(ものイふトキキしと) みそぐの太神覚りて(みそぐのフトカミサトりて) サン太神様(サンオーカミ) 知る(シる)誠(マコト)
 尊き御代と成りますのぞ(トートきミヨとナりますのぞ)。

054.071. 五十鈴の川の良きを寿ぐ(イスズのカワのヨきをコトホぐ)、動く事なく(ウゴくコトなく)、止まる事なく(トまるコトなく)永遠世に弥栄弥栄(トコヨにイヤサカイヤサカ)、
喜びの(ヨロコびの)、今開く字の理成りて(イマヒラくジのミチナりて)、光の花の(コのハナの)、一時にどっと咲く所(イチジにどっとサくトコロ)、玉の御代とて神代より
(タマのミヨとてカミヨより)生きし生き神引き合ふぞ(イきしイきガミヒきアふぞ)。
055.070. 理の(真理)御山(大空間)の(ミチのミヤマの)良きを寿ぐ(ヨきをコトホぐ)。
056.069. 光り神(ヒカりカミ)太光り(秘加理)ぞ(フトヒカりぞ)。
057.068. 吾疑問ひ秘文字奥義(アギトひヒモヂオウギ)、敬ひ(ウヤマひ)、喜び(ヨロコび)、申すらくを(モーすらくを)、天の普智独楽の(アメのフチコマの)実実普理聞こし食すらむ
(ミミフリキこしメすらむ)千萬の御代(チヨロズのミヨ)。
058.067. 見よ(ミよ)、御子達(ミコタチ)、大き道座し座す言座(オーきミチマしマすコトクラ)。
059.066. はじめの光り(はじめのヒカり)、今(イマ) 輝きて(カガヤきて)、答神(真理)覚め覚め棒ぐもの(トーカミサめサめササぐもの)、百取りしろ(網母十理詞露)に
(モモトりしろに)充ち満ちて(ミちミちて)、弥栄御座湧きに湧き(イヤサカミグラワきにワき) 天晴れ継ぐ(アッパれツぐ) 神の答は字に有り(カミのコタヘはジにアり)。
060.065. 字句字句(ジクジク)、真問ひ成り成り鳴り(マトひナりナりナり)、読(黄泉)の岩戸(言答)開くなり(ヨミのイワトアくなり)。
920名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)15:20:33 ID:ny7
岩戸開く元出来て、もうすぐ言答コトでるみたい
921名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)15:26:48 ID:ny7
岩(一〇)隠れし比売(ヒメ)(秘命)の
ミホト(実秀答)は焼かへ給いて
平坂の岩戸(言答)ひらけむ音のきこゆる。
922名無しさん@おーぷん :2018/10/01(月)20:10:13 ID:Z5c
いろいろとご面倒おかけしております。
ここにきて、ちょっと気づいたことがあります。
テキスト通りだと第16巻は荒の巻ですが、次の地震の巻は第17巻でいいのかどうかです。
地震の巻は雨の巻の位置にあるべきではないでしょうか。
上つ巻から海の巻までの23巻の並び方として、地震の巻だけ不自然な所にあります。
もしも第13巻を地震の巻とすると、続く雨の巻は第14巻ということになります。
仮説で第13巻から第17巻までの順序を自動書記日にならって並べ替えてしまいます。

せっかく第16巻の荒の巻を展開しましたが、仮説第16巻を岩の巻として展開し直します。
荒の巻は仮説第17巻として再び登場する予定です。

あくまでも仮説なのでいつでも元に戻せます。
923名無しさん@おーぷん :2018/10/02(火)09:36:49 ID:eMv
富士は晴れたり
女松の五葉 男松の五葉 合わせて(結ぶということ)十葉となりなりなりて笑み栄ゆる仕組
+(イザナギ)と−(イザナミ)の実り、ニニと輝くぞ、日本晴れ近づいたぞ

今度は合わんものと合わせるのぢゃ
岩戸がひらけたから、さかさまのものが出て来ているのぢゃ、この行(ぎょう)中々であるなれど、これが出来ねば岩戸はひらけんのぢゃ。

違ふもの同士和すのがマコトの和であるぞ。
8迄と910とは性が違うのぞ。
(イザナミは910の世界に住んでいる)

ものうむ始め女。目的たてるとスコタン。
種から生えたものは渋柿ぢゃ。
接木(つぎき)せねば甘柿とはならんぞ。(イザナギのきで接木)

この夫婦神が、時めぐり来て、千引の岩戸をひらかれて相抱き給う時節来たのであるぞ、うれしうれしの時代となって来たのであるぞ。
〈同じ名の神が到るところに現はれて来るのざぞ〉
924名無しさん@おーぷん :2018/10/03(水)14:36:12 ID:TtC
キはキの動き、ミはミの動き、動いて和してキミと動くのぢゃ。
三が道ぞと知らしてあろう。
自他の境界つくるでないぞ、
おのづから自他の別と和が生れて、お互いに折り重なって栄へるのぢゃ。

三千世界(神界、幽界、現界)の岩戸開きであるから、少しでもフトマニに違ってはならんぞ。
廻りくどいようなれど【とつぎ】の道から改めなされよ、
出船の港は夫婦からぢゃと申してあろう
ミトノマグハヒでなければ正しき秩序は生れんぞ。

臣民の肉体、神の宮となる時ざぞ、
当分 宮なくてもよいぞ。
やがてはニニ(ふじ)に九の花咲くのざぞ、見事ニニに九の火(ほ)が鎮まって、世界治めるのざぞ、
それまでは仮でよいぞ、臣民の肉体に一時は静まって、此の世の仕事仕組みて、天地でんぐり返して光の世といたすのぢゃ。

天の理が地に現れる時が岩戸あけぞ、
日本の国が甘露台ぢゃ。

岩戸あけて、めぐり果たせたいのぢゃ。
このこと肚によく判るであろうが。

此の度の岩戸開きに御用に立つ身魂ばかり選り抜きて集めて御用に使うのであるから、他の教会とは天地の違ひであるぞ

天の教許りではならず、地の教許りでもならず、今迄はどちらかであったから、時が来なかったから、マコトがマコトと成らず、いづれもカタワとなっていたのざぞ、カタワ悪ぞ、今度上下揃ふて夫婦和して、天と地と御三体まつりてあななひて、末代の生きた教と光り輝くのざぞ

内にあるものを磨けば外からひびくものも磨かれた、けがれのないものとなるのぢゃ、中の自分を掃除しないで居るといつ迄たっても、岩戸がひらけていても岩戸はひらけん。
925名無しさん@おーぷん :2018/10/03(水)20:29:05 ID:LHz
仮説第16巻【岩の巻句を読む】反転の形と書記日を終わりなき終わりで示します。
書き出しの二帖です。

岩の巻 第11帖 (376)→375 15-11
134.002.因縁みたま結構となるのざぞ。
133.003.いよいよア  九(あらく)なって来るのざぞ。
132.004.前に書かしてあること、よく読めばわかるのぢゃ、御身(みみ)に利(き)かして御身でかかしたもの二曰(じし)んの巻といたせよ。
131.005.出づ道は二つ、一はひらく道、二は極む道、道出で世に満つ、ゑらぎゑらぐ世ぞ。
130.006.云はねばならんことあるぞ。
129.007.外国にはまだまだ、きびしいことバタバタに出て来るぞ、日本にもどんどん出て来るぞ。
128.008.人の王では長う続かんのぢゃ。
127.009.早う元にかへして改心いたされよ、神国(かみくに)の王は天地の王ざぞ、外国(とつくに)の王は人の王ざぞ。
126.010.此の世を我がもの顔にして御座るが、守護神よ、世を盗みた世であるくらゐ、わかってゐるであらうがな。
125.011.誰の苦労で此の世出来てゐると思ふてゐるのぢゃ。
135.001.旧一月十五日、ひつ九のか三神示。

*二曰(じし)んの巻というフレーズが出てきます。岩の巻以前に書かしたことは、よく読めばわかるそうです。
これで、シンジっぽくないジシンの巻に入っていけそうです(笑)。

*余談ですが、神示録(しるし)のなかで王のことを王(詞)と表現している箇所があります。王を【シ】と読むことができます。
ここで、漢数字の一二三の三に縦棒を加えれば王になることから、もしかして王とは四の意味もあるのではと感じました。
さらに、摩邇(マニ)の宝珠(タマ)の中心は五であると書かれています。玉は五画です。形も五と玉は近いものがあります。
なにを言いたいのかと申しますと、漢数字の一二三四五は別表記できるとすれば、一二三王玉もいいのではないかということです。


岩の巻 第10帖 (375)→374 15-10
123.013.花のまま枯れるのもあるぞ。
122.014.いざとなればポキンぞ。
121.015.悪はのびるのも早いが、枯れるのも早いぞ。
120.016.改心の見込ついたら、世の元からの生神が、おのおのにタマ入れてやるから、力添へ致してやるから、せめてそこまで磨いて下されよ。
119.017.これ程に申してもまだ疑ふ人民 沢山あるなれど、神も人民さんには一目置くのぞ、閉口ぞ、よくもまあ曇ったものぢゃなあ、
疑ふなら今一度 我でやって見よれ、それもよいぞ、あちらこちらにグレングレンとどうにもならんのざぞ、人民には見当取れん大きな大きな大望ざから、
その型だけでよいからと申してゐるのぢゃ、型して下されよ。
118.018.キT(た)がよくなる、キたが光るぞ、きT(た)が一番によくなると申してあること段々に判りて来るのざぞ。
117.019.びっくり箱の一つであるぞ。
116.020.竜宮の乙姫殿のお宝、誰にも判るまいがな。
115.021.道は伝へて下されと申してあらうがな。
114.022.信者引張ってくれるなよ。
113.023.一人となりても、神の申す事ならば、ついて来る者が誠の者ざぞ、誠の者少しでも今度の仕組は成就するのざぞ、人は沢山には要らんのざぞ。
112.024.神代となれば天は近くなるぞ、神人共にと申してあらうがな。
111.025.こんなことに長う掛かりてゐたなら実地が遅れるから、ひときりにいたすぞ。
110.026.わからんミタマも今迄は機嫌取って引張りて来たなれど、もう機嫌取りは御免ぢゃ。
124.012.二月十六日、一二の 。
926名無しさん@おーぷん :2018/10/04(木)13:27:20 ID:5Hd
百年も前からそら洗濯機ぢゃ、掃除ぢゃと申してありたが、今日の為であるぞ、
岩戸開きの為であるぞ。
今迄の岩戸開きと同様でない、
末代に一度の大岩戸(言答)ひらきぢゃ

この岩戸ひらきて二度とない九十(光透)でひらく仕組。

平阪の岩戸(言答)ひらけむ音の聞こゆる。

読(黄泉)の岩戸(言答)開くなり。

答神(真理)覚め覚め捧くもの

言答開き成り成るぞ。
誠岩戸は永遠ぞ。瞳ぞ。
御位継ぐ理の始ぞ。

国常立命がウシトラからお出ましになることが岩戸(言答)ひらきぞ。

千(智)引きの岩戸(言答)はひらかれて、これら地(智)にゆかりのある大神達が現れなされたのであるぞ。
これが岩戸開きの真相であり、誠を知る鍵であるぞ。

神々さま臣民まつろひて言答(いわと)
開くもと出来るから早う知らせて呉れよ

天の言答(いわと)は開いてあるぞ。
地の言答(一八十)は人民開かなならんぞ。
人民の心次第で何時でも開けるのざぞ。

御光の輝く御代となりにけり、嬉し嬉しの言答開けたり、あなさやけ、三千年の夜は開けて、人、神となる秋(とき)は来にけり。

三千年の不ニは晴れたり、言答あけたり。

言答(いわと)開けたる今日ぞ目出度し、ニの言答早よう明けてよ。
【初めの御用が一二三、ニの御用は三四五の御用でフジスサナルの岩戸開き】
【一二三の仕組はひみつの仕組、以前貼ったマコトのまとめをよく見れば、秘密の仕組がわかるようにしている】

岩戸開く役と閉める役とあるぞ。
927名無しさん@おーぷん :2018/10/04(木)20:02:35 ID:5Hd
幸福
真の神(・、神示、光、喜び、真の愛)を理解すれば、一切の幸福得られるのぢゃ。
世を呪うことは自分を呪うこと、世間や他人を恨むことは自分を恨むこと。
このこと悟れば一切はそこからひらけくるぞ。
十のもの受け取るには十の努力。
〈一切は自分〉
928名無しさん@おーぷん :2018/10/05(金)10:19:10 ID:pJC
臣民の思う通りにはなるまいがな、それは逆立(想念→現実界○、現実界→想念☓)しているからぞ。
世界一度にキ(心他)の国にかかりて来るから、一時は潰れたように、もうかなはんと云ふところまでになるから、神はこの世に居らんと臣民申すところまでむごいことになるから、外国(幽界)が勝ちたやうに見える時が来たら、神の代近づいたのぞ。

富士(ニニ)を目ざして攻め寄する、大船小舟あめの船、赤鬼青鬼黒鬼や、おろち悪狐を先陣に、寄せ来る敵は空おおい、海を埋めて忽ちに
天日暗くなりにけり、折しもあれや日の国に、一つの光現れぬ、これこそ救いの大神と、救ひ求むる人々の、目にうつれるは何事ぞ、攻め来る敵の大将の、大き光と呼応して、一度にドッと雨降らす、火の雨何ぞたまるべき、まことの神はなきものか
これはたまらぬともかくも、生命あっての物種と、兜を脱がんとするものの、次から次にあらわれぬ、折しもあれや時ならぬ、大風起こり雨来たり、大海原には竜巻や、やがて火の雨、地震ひ、山は火を吹きどよめきて、さしもの敵も悉く、この世の外にと失せにけり
風やみ雨も収まりて、山川静まり国土の
、ところどころに白衣の、神の息吹に甦る、御民の顔の白き色、岩戸ひらけぬしみじみと、大空仰ぎ神を拝み、地にひざまづき御民らの、目にすがすがし富士の山、富士は晴れたり日本晴れ、普字は晴れたり岩戸あけたり。
(心の中、現実界も同じ)

火と水で岩戸開くぞ。
929名無しさん@おーぷん :2018/10/05(金)23:57:42 ID:pGZ
岩の巻次の二帖です。

岩の巻 第09帖 (374)→373 15-9
108.028.みたま磨けよ。
107.029.九分通りは一度出て来るぞ、それまでに一度盛り返すぞ、わからんことになったら愈々のことになるのざぞ。
106.030.女、子供の辛いことになるぞ。
105.031.牢獄で自殺するものも出来て来るぞ。
104.032.今度 捕へられる人民 沢山にあるが、今度こそはひどいのざぞ。
109.027.旧一月十五日、一二 。

岩の巻 第08帖 (373)→372 15-8
102.034.勇ましきやさかの道、光りあるぞ。
101.035.道はあるに闇、祓ひ潔めて道見て進め。
100.036.それが悪神に魅いられてゐるのぢゃぞ。
099.037.気付いてゐる臣民もあるなれど、どうにも、手も足も出せんであらうがな。
098.038.神の国であるぞ、我さへよけら、よその国、よその人民どうなってもよいといふ程に世界の臣民、皆なりてゐるが、表面(うわべ)ばかりよい事に見せてゐるが、中は極悪ぢゃ。
097.039.神の国は真中の国、土台の国、神の元の鎮まった国と申してあらうがな。
096.040.神の国の元のミタマと外国のミタマとスッカリ取換へられてゐるのにまだ眼覚めんのか。
095.041.此の方のコト、腹にひしひしと響き出したら、よき守護神となったのざぞ。
103.033.二月十六日、一二 。

>>928
*下つ巻の第14帖の句を抜粋していただきありがとうございます。説明するためにまさにその句をちょうど引用しようと思っていたところです。
世界史で見てみてもかつてそのような絶望の時節はなかったのではないでしょうか。終戦記念日として納得している楽天的市民集団のなかで。
他帖でお上のいうこと聞かなくなる時節が来るようですから、本来の正しい主従のあり方の型が表現されるのかもしれません。
また、日本がつぶれたようにもなるとも書いていますので、誰も体験したことのない時節が目の前だと覚悟しましょう。心の対策として。
また、神は試すとも書かれていますので、型を示しているだけ、善悪関係なく弱者への攻撃を無害にするマジナイとして示しているのかもしれません。
岩の巻第09帖は読むだけでも恐ろしいものがあります。
930名無しさん@おーぷん :2018/10/06(土)12:01:33 ID:FoL
>>929
こちらこそ、いつも有難うございます。


人民の育三郎や天災ばかりで、婚度の岩戸ひらくと思ふていたら大きな間違いざぞ。
戦や天災でラチあく様なチョロコイことでないぞ、
あいた口ふさがらんことになりて来るのざから、
早うミタマ磨いてこわいもの無いやうになっておりてくれよ、
肉体のこわさではないぞ、タマのこわさざぞ、
タマの戦や禍は見当とれまいがな
真通理(まつり)第一と申すのざ、
神のミコトにきけよ、
それにはどうしてもミタマ磨いて神かかれる様にならねばならんのざ。

今度の岩戸開きはミタマから、根本からかへてゆくのざから
中々であるぞ、
天災や戦ばかりでは中々らちあかんぞ、
根本の改めざぞ。
小さいこと思ふていると判らんことになると申してあろがな
この道理よく肚に入れて下されよ、
今度は上中下三段にわけてあるミタマの因縁によって、
それぞれに目鼻つけて、悪も改心さして、善も改心さしての
岩戸開きざから、
根本からつくりかへるよりはどれだけ難しいか、
大層な骨折りざぞよ。
叱るばかりでは改心出来んから喜ばして改心さすことも
守護神にありてはあるのざぞ、
聞き分け良い守護神殿少ないぞ、
聞き分け良い悪の神 早く改心するぞ、
聞き分け悪き善の守護神あるぞ、
この道の役員は昔からの因縁によってミタマ調べて
引き寄せて御用さしてあるのざ、
めったに見当くるわんそ、
神が縄かけたら中々はなさんぞ、
逃げられるならば逃げてみよれ、
くるくる回って又始めからお出直しで
御用せなならん様になって来るぞ。
ミタマ磨け出したら病神などDonDon逃げ出すぞ。

仕合せ悪くとも悔やむでないぞ、
それぞれのミタマの曇りとりているのざから、
勇んで苦しいこともして下されよ、
上が裸で下が袴はくこと出て来るぞ。
神が化かして使うているのざから、
できあがる迄は誰にも判らんが、
出来上がりたら、何とした結構なことかと
皆がびっくりするのざぞ、
びっくり箱にも悪いびっくり箱と
嬉し嬉しのびっくり箱とあるのざぞ。
931名無しさん@おーぷん :2018/10/06(土)19:11:58 ID:H9b
>>930
ところどころ写しになっていないです。
932名無しさん@おーぷん :2018/10/06(土)20:21:03 ID:H9b
岩の巻次の帖です。

岩の巻 第07帖 (372)→371 15-7
093.043.神の道 光るぞ。
092.044.静かに神示よく肚に入れて御用して下されよ。
091.045.わかりてもわからん、出来ん事致さすぞ、神が使ふのざから楽でもあるのざぞ。
090.046.此の方 悪神とも見えると申してあらうがな。
089.047.しかと褌締めてついて御座れよ。
088.048.結構な苦しみがわからん臣民一人も要らんのぞ。
087.049.そんな軽い信心は信心ではないぞ。
086.050.この方の許へ来て悪くなったと云ふ人民 遠慮いらん、帰りて呉れよ。
085.051.苦しいこと出来て来るのが御神徳ぞ。
084.052.この方の許へ参りて先づ借銭なしに借銭払ひして下されよ。
083.053.この神の許へ来て信心さへして居たらよい事ある様に思ふてゐるが、大間違ひざぞ。
094.042.旧一月十五日、一二 。


岩の巻 第06帖 (371)→370 15-6
081.055.一八五二六八八二三三一二三 卍千百三七六五卍十 十十八七六五曰一二三五六 八二三二一二三 六五八八 八八 十十二一三八七七八九二六 三二八五 
 一二      三 二一八九百一七 百  四七 九曰三八一三曰二
     一九三三  九二  
    二五一二二二二三三
 九一かつ十五にち ひつ九のか三
 わからん裡にわかりてくれよ。
080.056.愈々時節来たのであるから、何と申しても時節にはかなわんから、神示通りになって来るから、心さっぱり洗ひ晴らしてしまふて、持ち物さっぱり洗ひかへしてしまふて、神のみことに生きて呉れよ、みことになるぞ、タマぞ、ミコト結構ぞ。
079.057.延ばさねば助かる人民ないし、少しは神の心も察して下されよ、云ふ事きいて素直にいたされよ、神たのむぞ。
078.058.のばせばのばせば、人民まだまだ苦しいことになるぞ。
077.059.まだまだ抜かれるものあるぞ。
076.060.向ふの云ふこと、まともに聞いてゐたら、尻の毛まで抜かれてしまふのが、神にはよく判りて気つけてゐたのに、今の有様その通りでないか。
082.054.旧一月十五日、ひつ九のかミ。


*岩の巻第06帖は神示のままの原文を印刷してしまっています。出版締め切りの最後まで説くことができずに残ってしまったのでしょうか。
実際には読む人もいますので盗作例を書きたいと思います(笑)。
(天つ巻第30帖より引用)
この神示のまま臣民に見せてはならんぞ、役員よくこの神示見て、その時によりその国によりて それぞれに説いて聞かせよ。
印刷結構ぞ。一二三は印刷してよいのざぞ。
神示は印刷することならんぞ、この神示説いて臣民の文字で臣民に読める様にしたものは一二三(ひふみ)と申せよ。
*【尻の毛抜かれる】九割九部九厘九毛の世界、自分のすべての生活を根こそぎ奪われるという意味はどうでしょう。
ほかの気付きでは、あいうえお50音表では【ん】が一番最後に書かれていて、書いていない50音表もあるかもしれませんが、
【ん】の意味が、形を見ても一本の波打つ毛の詳しい説明をいままで見たことがありません。
「五十音図の格外に置かれた仮名」ー 日本大百科全書(ニッポニカ)より引用 ー とか書かれています。
関連やいかに。
933名無しさん@おーぷん :2018/10/06(土)23:43:59 ID:H9b
人のこと言えない。
九部は九分の間違いでした。
934名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)09:52:12 ID:lWu
岩の巻次の二帖です。

岩の巻 第05帖 (370)→369 15-5
074.062.五度の岩戸開き一度にせなならんと申してあらうが、生れ赤児の心で神示読めと申してあらうがな。
073.063.近くは仏魔渡り来て、わからんことにされてゐるであらうがな。
072.064.眼の玉 飛び出すぞ。
071.065.神の国であるのに人民 近慾なから、渡りて来られんものが渡り来て、ワヤにいたしてしまふてゐるのに、まだ近慾ざから近慾ばかり申してゐるから、あまりわからねば、わかる様にいたすぞ。
070.066.神の国は元のキの国、外国とは、幽界とは生れが違ふのぢゃ。
069.067.此の道理よく噛み分けて下されよ。
068.068.神の道 無理ないと、くどう申してあらうがな。
067.069.人民 苦しみさえすればよい様に早合点してゐるなれど、それは大間違ひざぞ。
066.070.花咲いて実結ぶのざぞ。
065.071.苦労、苦労と申しても、悪い苦労 気の毒ざぞ、よき苦労 花咲くぞ。
064.072.心に誠一杯につめて空っぽにして進みてくれよ、このことわからんと神の仕組おくれると申してあろうがな、早くなったところもあるなれど、おくれがちぢゃぞ。
063.073.誠の道行くだけではまだ足らんぞ。
062.074.人民 眼の先見えんから疑ふのも無理ないなれど、ミタマ磨けばよく判るのぢゃ、ついて御座れ、手引張ってやるぞ。
075.061.二月十六日、ひつ九かミ。

岩の巻 第04帖 (369)→368 15-4
060.076.元は十と四十七と四十八とあはせて百と五ぞ、九十五柱ざぞ。
061.075.旧一月十五日、かのととり、一(ひ)つ九のか三。

*元は十(かみ)と四十七(ひふみ)と四十八(いろは)とあわせて百(もも)と五(いづ、玉)ぞ、九十五(言霊、光透玉)柱ざぞ。
あてがってみました。
935名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)10:18:02 ID:B8V
>>930
変換ミス訂正

育三郎→戦

婚度→今度

DonDon→どんどん
936名無しさん@おーぷん :2018/10/08(月)03:56:18 ID:Dqg
訂正ありがとうございます。

岩の巻次の二帖です。

岩の巻 第03帖 (368)→367 15-3
058.078.こんなこと これまでにはなかりたぞ。
057.079.神がうつりて成就さすと申してあろうがな。
056.080.神だけではこの世の事は成就せんと申してあらうがな。
055.081.まことの集まりが神徳ぢゃ、神徳つむと、世界中 見えすくのざぞ。
054.082.三千年で世一キリといたすのぢゃぞ。
053.083.インチキ神の前には通らんのざぞ、心せよと知らしてあらうがな。
052.084.これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ。
051.085.くどう気付けておくぞ。
050.086.この方でもどうにもならん元のキの道ぢゃぞ。
049.087.出来てからは、いくら泣いても詫びしても後へは返せん。
048.088.間違ひ出来んうちに、間違はん様 気つけて下されよ。
047.089.天地のビックリ箱とはそのことざぞ。
046.090.天地引くるめて大建替いたすのぢゃ。
059.077.二月十六日、一二  。


岩の巻 第02帖 (367)→366 15-2
044.092.神々様 守護神どの、勇め勇め。
043.093.あらたぬし、世にするのぢゃと申してあること愈々ざ、人民、臣民 勇んでやりて下され。
042.094.元のキの道にして、あたらしき、キの光の道つくるのぢゃ。
041.095.この方等が天地自由にするのぢゃ。
040.096.この戦、神は眼あけて見ておれんなれど、これも道筋ぢゃから、人民にも見て居られんのぢゃが、友喰ひと申して知らしてあらうが。
039.097.われの国同士の戦 始まるのぢゃ。
038.098.根本からの道でないと、今度は根本からの建直しで末代続くのぢゃから間に合はん道理わかるであらうがな。
037.099.途中から出来た道では今度と云ふ今度は間に合はんのざぞ。
036.100.少しでも嘘偽あったら、曇りあったら、神の国に住めんことになるのざぞ。
035.101.二つづつある神様を一つにするのであるから、嘘偽(うそいつわり)ちっともならんのぢゃ。
034.102.人民 苦しからうが、先楽しみに御用見事つとめ上げて下されよ。
033.103.愈々の建替ざから、もとの神代よりも、も一つキの光輝く世とするのぢゃから、中々に大層ざぞ。
032.104.この先もう建替出来んギリギリの今度の大建替ぢゃ。
031.105.まことの  かかりぞ。
030.106.九(こ)の花咲けば、此の世に出来んことないぞ。
029.107.不二に九(こ)の花咲くや媛(ひめ)まつれと申してあるが、九(こ)の花、おのもおのもの心の富士にも咲くのざぞ。
028.108.こんどの苦の花は真理(ふじ)に咲くのみざぞ。
027.109.肉体の苦労も霊の苦労も、どちらの苦労にも、まけん人民臣民でないと、眼先のことで、グレングレンと引繰りかへりて、あわてふためく様なことでは、どんな事あっても、びくともせん、ミタマでないと、御用六ヶ敷いぞ。
026.110.他から見ては、わからんなれど、苦労に苦労さして、生き変り、死に変り、鍛へに鍛へてあるのぢゃぞ。
025.111.よい御用いたす身霊(みたま)ほど苦労さしてあるのぢゃ。
024.112.三千年の昔に返すと申してあらうがな。
045.091.二月十六日、ひつ九  。
937名無しさん@おーぷん :2018/10/08(月)15:58:52 ID:Dqg
岩の巻最後の帖です。

岩の巻 第01帖 (366)→365 15-1
022.114.この道理わかるであらうがな。
021.115.くらがりの世となってゐるのも、 ないからざぞ。
020.116. なきもの悪ざぞ、 は霊ぞ、火ぞ、一(はじめ)ざぞ。
019.117. なくなってゐるのざぞ、 ない  ざぞ、 でないと、まことできんのざぞ、わかりたか。
018.118.同じ神二つあると申してあらうがな。
017.119.釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ。
016.120.それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか。
015.121.それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。
014.122.間違ひの神々様、この世の罪けがれを、この神様にきせて、無理やりに北に押込めなされたのざぞ。
013.123.スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあらうがな。
012.124.鼻のあやまりないのざぞ。
011.125.人民でも、かぎの間違ひないのざぞ。
010.126.元の神には見直し聞きなほしはないのざぞ、スサナルの大神様 鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはないのざぞ。
009.127.それで見なほし、聞きなほしと申してあるのざぞ。
008.128.元の神には無いなれど、下々の神にはあるのざぞ。
007.129.神にも見(み)のあやまり、聞きのあやまりあるのざぞ。
006.130.人民 悪いこと好きでするのでないぞ、知らず知らずに致してゐるのであるぞ。
005.131.悪の守護となれば、悪よく見えるのざぞ。
004.132. が神ざと申してあろう。
003.133. は  と  、 、 が神ざぞ。
002.134.一八は弥栄。
001.135.一八(いわ)の巻 書き知らすぞ。
023.113.旧一月十五日、かのととりの日、一二 。


*言葉を字にあらわすと文章となって呼吸のしるしができます。
句読点です。【】の読点の呼吸と【】の句点の呼吸です。
辞書から日刊新聞にいたるまですべて【】で終わっているのは当たり前すぎて気にも留めたことがないのではないでしょうか。
また大学の学問分野ひとつひとつは【】で終わっています。
【】はすべて正しいことになっています。つまり、【】は理屈の上で丸く治まっているのかもしれません。
【】は社会通念上の肯定を断言しているのかもしれません。
今までは、言いかけの呼吸であった、【】の読点でしたが、
神示録(しるし)では【】は五で【】も五で、五分五分の勢力があることが書かれています。
そして【】を掃除しないと【】が入らないともされています。
裏を返せば、つぶやきを受け止めてくれる世界共通の理(みち道)がひとつだけ存在するということのようです。
それができれば【】の形が成就されるというパターンはいかがでしょう。

*次回は仮説第15巻風の巻に入りたいと思います。
飛ばしすぎたのでゆっくりめになるでしょう(笑)。
938名無しさん@おーぷん :2018/10/08(月)16:35:21 ID:NED
すれがすはらしいことになっとる
939名無しさん@おーぷん :2018/10/08(月)22:16:06 ID:EcD
アッラーアクバル
940名無しさん@おーぷん :2018/10/09(火)13:53:02 ID:Jec
弥栄の仕組
普字と成答の仕組いよいよとなったぞ。

いよいよが一四一四となるぞ。
雨の神、風の神、地震の神、岩の神、荒の神、大地震の神。
(一は親指とフデにあり。親神。五と五で十=神人、男と女で神の宮)
(推測、一霊四魂、一は直日)

神世のひみつと知らしてあるが、いよいよとなりたら地震かみなりばかりでないぞ。
臣民アフンとして、これは何とした事ぞと、口あいたまま何うすることも出来んことになるのぞ、
四つん這いになりて着る物もなく、獣となりて、這い廻る人と、空飛ぶような人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ、
獣は獣の性来いよいよ出すのぞ、
火と水の災難が何んなに恐ろしいか、
今度は大なり小なり知らさなならんことになりたぞ。
一時は天も地も一つにまぜまぜにするのざから、
人一人も生きては居れんのざぞ、
それが済んでから、身魂みがけた臣民ばかり、神が拾いあげて弥勒の世の臣民とするのぞ、
どこへ逃げても逃げ所ないと申してあろがな、
高い所から水流れるやうに時に従ひて居れよ、
いざといふときには神が知らして一時は
天界へ釣り上げる臣民もあるのざぞ。
人間の戦や獣の喧嘩位では何も出来んぞ
くどう気つけておくぞ、
何よりも改心が第一ぞ。

富士とは火の仕組ぞ、渦うみとは水の仕組ぞ、今に分りて来るのぞ。

何事も方便と申して自分勝手なことばかり申しているが、方便と申すもの神の国には無いのざぞ。
まことがことぞ、まの事ぞ、ことだまぞ。

マコト=愛真=(愛=ことだま=マ、真=コト、つまり曇り(嘘偽り)のない真の愛から発せられた言霊)

本当のてん詞様とはスサノオ様。
てん詞様が世界みそなはすのざぞ。
世界中の罪負ひておはしますすさのおの大神様に気づかんか。
941名無しさん@おーぷん :2018/10/10(水)17:03:32 ID:Ilr
自分が自分にだまされんように心して下されよ、
善悪をきめて苦しんで御座るぞ。
世界の片端浜辺から
いよいよが起こって来たぞ、
夜明け近づいたぞ。

さしも押しも出来んことがいよいよ近うなったぞ。
外は外にあり、内は内にあり、
外は内を悪と見
内は外を悪として考へるのであるが
それは善と悪でないぞ。
内と外であるぞ。
外には外のよろこび、
内には内のよろこびあるぞ。
二つが和して一となるぞ。
一が始めぞ、元ぞ。
和して動き、動いて和せよ。
悪を悪と見るのが悪。

まことの善は悪に似ているぞ、
まことの悪は善に似ているぞ。
よく見分けなならんぞ。

目的よくても実行の時に悪い念入れると
悪魔に魅入られるぞ。心せよ。
雨、風、岩、いよいよ荒れの時節ぢゃ。
世界に何とも云はれんことが、
病も判らん病がはげしくなるぞ。
食うべきものでない悪食うて生きねばならん時来るぞ。
悪を消化する胃袋 早うせねば間に合はん。梅干大切心の。
五十二才 ニ(ツキ)の世の始。
五十六才七ヶ月 みろくの世。
942名無しさん@おーぷん :2018/10/10(水)19:53:59 ID:beG
自分のことじゃないと思いますが、
個人的には今後のマツリの意欲にも関わります。

2019年に五十二才になります。
東京オリンピックのときも五十二才のままです。12月生まれなので。

それを基準にした場合、
五十六才七ヶ月のみろくの世の期日は
2024年5月ということに。

このように書いてしまった以上、神はハズレにしようとして活躍することでしょう(笑)。
少なくとももしかしたら自分のことじゃないかと夢を見る期間として今後がんばっていきたいと
思います(笑)。
943名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)06:55:05 ID:7uP
訂正:計算できない(笑)
満で五十六才七ヵ月だと
2024年7月ということに
先の話なので大差ありません(笑)
ゆめゆめ失礼いたしました。
944名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)13:44:41 ID:cfy
>>943
因縁の身魂さん頑張れ
945名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)14:03:01 ID:cfy
この大峠を越してから大いなるタメシがあるぞ、
人の心のむつかしさ計り知れん程であるなれど、
見て御座れ、見事なこと致して見せるぞ。

マコトの改心は愈々とならねば出来んものぢゃが、
出来んことも無理もきかねば この峠越せんことも
あるのざぞ。

寄り道するではないぞ。
わき目ふると悪魔魅入るぞ。
それも我の心からざぞ。
(あくまでも神示を中心として、他を参考に)
(又、現実の人生において、富士鳴門の道において)

一人となりても、神の申す事ならば、ついて来る者が
誠の者ざぞ、誠の者少しでも今度の仕組は成就するのざぞ、
人は沢山には要らんのざぞ。
信者引っ張ってくれるなよ。
道は伝えて下されと申してあろうがな。

神示判る臣民ニ三分できたなら、神愈々のとどめのさすなり。

此の神示は世に出ている人では解けん。
苦労に苦労したおちぶれた人で、
苦労に負けぬ人で気狂いと云はれ、
阿呆と謂はれても、神の道 素直に聞く臣民でないと
解けんぞ。
解いてよく噛み砕いて世に出ている
この神示心に入れ呉れと、申してある事わかる時、
愈々間近になりたぞよ。
946名無しさん@おーぷん :2018/10/12(金)15:51:56 ID:One
世界中を天国にいたす御用の御役、
つとめ上げて下されよ。
人間の念力だけでは何程のことも出来はせんぞ。
その念力に感応する神の力があるから人間に判らん、びっくりが出て来るのざぞ。
(神のところを、・、光、喜び、真愛などに置き換えて読むと肚に入りやすい)

岩戸開く道、神々苦しむなり、
弥ひらき苦しむ道ぞ、苦しみてなりなり
、なりえむ道ぞ、神諸々なり、
世は勇むなり、新しき道、ことごとなる世、神諸々四方(よも)にひらく、
なる世の道、ことごとくの道、みいづぞ
(人はこの世の神)

天の岩戸ばかりでないぞ、
地(くに)の岩戸 臣民の手で開かなならんぞ、誠一つで開くのぢゃ、
誠のタチカラオの神、誠のウズメの命殿
御用結構ぞ。

この岩戸開くのは難儀のわからん人には越せんぞ、踏みつけられ踏みつけられている臣民のちからはお手柄さして、
とことはに名の残る様になるぞ。

一二三唱へて岩戸あくぞ

岩戸開くとは元の姿に返すことぞ、
神の姿に返すことぞ。
947名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)00:36:42 ID:Kmo
>>946
いつも書き込んでくれて有り難いのだが、何の巻の何帳目かを書いてくれると嬉しい
948名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)08:18:33 ID:aTY
>>947
そうすると、何の巻の何帖の何行目の一部と説明書きが非常に長くなる。

フデの意味はフデの一部にしっかり書かれている。
抜き出さなければ、意味を理解してくれない為、仕方なくそうしている。
949名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)19:21:47 ID:B7D
ありがとうございます。
がんばります。

仮説第15巻カゼ(風、かチ)の巻

風の巻 第14帖 15-14
g.
1408.この巻かチの巻。
1407.それぞれにうれしうれしの御用いくらでも与へてとらすぞ。
1406.金も銀も銅も鉄も鉛も皆出てござれ。
1405.世界中のことざから、この方 世界構ふお役ざから、ちと大き心の器持ちて来て下されよ。
1404.この世の頭(かしら)いたして居る者から、改心致さねば、下の苦労いたすが長うなるぞ、此処までわけて申しても、実地に見せてもまだわからんのか。
1403.世界中 人に任せて神々は楽隠居なり、あら楽し世ぞ。
1402.人、神となる世にてありけり。
1401.新しき世とは神なき世なりけり。
1409.ひつくのか三、二月十六日。

*岩の巻では第01帖に巻の名の説明がありました。この風の巻ではテキスト最後の帖で説明があります。
巻のタイトルは【カゼ】ですが、ここでは【かチ】と書かれています。
もしも【か千】のことだとしたら、右からすさまじい暴風が吹いている様子をあらわしているのかもしれません。
また一粒万倍日ではないですけど千のもと(百十)の十も連想され、【か一】もあれば【か十】カジもあっていい【か百】カモ(笑)と思います。
岩(一八)の巻の次は風(かチ)の巻が来ました。岩と鍛冶職人は相性いいのかもしれません。
一八か十。イワカジ。岩戸の中に神がいました。
参考:かなとは (カミ)の七(ナ)ぞ、神の言葉ぞ。【かな】とは神の名ぞ。
*最近TVCMで金銀銅のゼッケンを発見、かみは楽しんでいるのでしょうか。
950名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)22:29:02 ID:B7D
仮説第15巻カゼ(風、かチ)の巻
次の帖

風の巻 第13帖 15-13
g.
1310.神いらん世にいたして呉れよ。
1309.一国そろたらどんな神徳でもやるぞ、おのづから頂けるのざぞ。
1308.和合せんとまことのおかげやらんぞ、一家揃ふたらどんなおかげでもやるぞ。
1307.このたびの岩戸開きは、なかなかぞと申してあろが、見て御座れ、善一筋の、与へる政治で見事建替へてみせるぞ。
1306.今迄のやり方、スクリかへて神の申す様にするよりほかに道ないのざ。
1305.魂はほかの肉体にうつりて、目的たてるのざぞ、いくら外国人殺しても、日本人殺しても、よき世は来ないぞ。
1304.魂は鉄砲では殺せんのざぞ。
1303.肉体いくら滅ぼしても、よき世にならんぞ。
1302.人の殺し合ひで此の世の建替出来ると思ふてゐるのも悪の守護神ざ。
1301.楽してよい御用しようと思ふてゐるのは悪の守護神に使はれてゐるのざぞ。
1311.二月の十六日、ひつくか三。

*【今迄のやり方、スクリかへて神の申す様にするよりほかに道ないのざ。】
はっきり書いてますね。【ほかに道ない】と。
植物でも動物でも宇宙人でもなく人を殺す目的で作られた核兵器では魂は殺せない。
広島や長崎での出来事ではたくさんの死んでない魂があるということですね。
余談でかつてあったとされるソドムとゴモラの都市も核兵器以上の爆弾で滅んだみたいですね。
その都市の人々の魂も死んでいないことになります。
その経験した魂かどうかは不明ですが神示録(しるし)にはこう書かれています。
【生き変り死に変り修行さして置いた昔からの因縁の身魂のみざから、みごと御用つとめ上げて呉れよ。】
951名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)02:56:13 ID:jeG
>>949>>950
レスを見てその巻全体を見直す事が多いから助かるよ、感謝する
神文も読むにつれだいぶ理解が進んできた、まだ分からない所はあるけども
とりあえず今は茱萸下げて高きに登りて菊を松かな、年明けたら梅咲くを只待つ事になるだろうけど
952名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)10:29:22 ID:emb
尻の毛抜かれる
これは、外国(幽界)の教えのこと。
役員がワヤにした為。
書き換えられている。

マコトのまとめを前に書いたが、
あれには、一厘の事も、ヒミツの仕組の事も、よく読めばわかるようにしている。
言ってはならずとの事なので、よく読んで読み取ってほしい。
一厘は実地で習得することになる。
そして、一番大切なこと。
以上で終了します。
953名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)23:02:34 ID:QqP
>>951
どうもありがとうございます。
自分には学はありませんが、神示録(しるし)では学も必要だと書かれています。
シュユという字、初めて見ました。実家でグミの木植えてましたね。子供のころ
食べた記憶がなつかしいです。
954名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)23:47:58 ID:QqP
風の巻 第12帖 (363)→362 14-12
g.
1209.慢心、早合点 大怪我のもと、今の人民、血が走り過ぎてゐるぞ、気付けおくぞ。
1208.出来ねばお出直しぞ。
1207.五十になっても六十になっても、いろは、一二三(ひふみ)から手習ひさすぞ。
1206.実地を世界一度に見せて、世界の人民一度に改心さすぞ。
1205.この御三体の大神様、三日この世構ひなさらねば、此の世、くにゃくにゃぞ。
1204.改心出来ねば気の毒にするより方法ないなれど、待てるだけ待ってゐるぞ、月の大神様が水の御守護、日の大神様が火の御守護、お土つくり固めたのは、大国常立の大神様。
1203.神には何もかも仕組てあるから、心配ないぞ。
1202.よほどしっかりと腹帯締めおいて下されよ。
1201.日本の人民 餌食(えじき)にしてやり通すと、悪の神申してゐる声 人民には聞こへんのか。
1210.二月十六日、ひつ九のか三。

*【神には何もかも仕組てあるから、心配ないぞ。】人ごときで心配無用、おもいっきりやってみなさい、でしょうか。
*【日本の人民 餌食(えじき)にしてやり通すと、悪の神申してゐる声 人民には聞こへんのか。】
悪の神に取り付かれている国ははっきりしてますね。N国だけかもしれません。悪の神は他国の関心薄いような。
悪の国に吸い寄せられるC国、K国、U国、G国等の図式はいかがでしょうか。
955名無しさん@おーぷん :2018/10/17(水)20:06:02 ID:UKc
悪憎むでないぞ
憎むと善でなくなるぞ
天地にごりて来るぞ
956名無しさん@おーぷん :2018/10/18(木)18:43:44 ID:Wdp
イザナギとイザナミの岩戸開き完了したようです。
菊理姫が結びの御役。
なんと八のつく日、めでたい。
957名無しさん@おーぷん :2018/10/18(木)18:49:19 ID:Wdp
これで色の過ち正されて

この道はむすび、ひふみとひらき、みなむすび...

富士は晴れたり日本晴れ
桜花一二三と咲くぞ
958名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)00:38:02 ID:5Yn
華共が擬似月を打ち上げるようだな
20年の晩夏、悪しき東の夕焼けをもって、人も物も皆全てが、二つの世界に立て分ける
959名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)00:40:41 ID:5Yn
善も悪も良きに返りて、夫婦で進む道、世開いて、目出度々々かな
960名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)01:44:45 ID:RfB
聞く理姫の息子っていうかイエスっていうか日創り箱
961名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)01:54:12 ID:RfB
ひつくりはこそのものが竹か
962名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)02:02:19 ID:5Yn
>>961
竹か、諸人を守る物なのだな
963名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)21:26:40 ID:Qww

風の巻 第11帖 15-11
g.
1105.心得よ。
1104.食物無くなっても食物あるぞ、神の臣民、人民 心配ないぞ、とも食ひならんのざぞ。
1103.何も人民の心からぞ。
1102.世界中に食べ物なくなってしまふぞ。
1101.日本の国に食物なくなってしまふぞ。
1106.二月十六日、ひつ九のか三。

*参考:夜明けの巻 第02帖より引用
g.
0222.よろこびいくらでも生まれるぞ。
0221.その喜びは、喜事(よろこびごと)となって天地のキとなって、そなたに万倍となって返って来るのざぞ。
0220.皆の者喜ばせよ。
0219.油断するでないぞ。
0218.食物心配するでないぞ。
0217.今しばらくざから、辛抱してくれよ。
0216.命も長くなるぞ。
0215.毎日、日日(ひにち)お詫(わび)せよと申してあらうが、シメて島国日本としてゐたのざぞ、よき世となったら、身体(からだ)も大きくなるぞ。
0214.人民 知らず知らずに罪犯してゐたのざぞ。
0213.鳥居であるぞと申してあろうが、シメて神を押し込めてゐたのであるぞ。
0212.海の水がシメであるぞ。
0211.おのづから頭さがるのざぞ。
0210.どこからでもおろがめるのざぞ。
0209.神の国おろがむ様になるのざぞ。
0208.北よくなるぞ。
0207.磁石も神の国に向く様になるぞ。
0206.神の昔の世は、そうなってゐたのざぞ。
0205.神の国より広い肥えた国 幾らでもあるのに、神の国が欲しいは、誠の元の国、根の国、物のなる国、元の気の元の国、力の元の国、光の国、真中(まなか)の国であるからぞ、何も彼も、神の国に向って集まる様になってゐるのざぞ。
0204.それで外国の悪神が神の国が慾しくてならんのざ。
0203.なるようにせんからならんのざぞ。
0202.何でも肉体となるのざぞ。
0201.神の国は神の肉体ぞと申してあるが、いざとなれば、お土も、草も、木も、何でも人民の食物となる様に出来てゐるのざぞ。
0223.七月二十一日、あめのひつくのかみ。
964名無しさん@おーぷん :2018/10/20(土)22:30:35 ID:pXb
脱線再び(笑)
ヨハネの黙示録
第22章の反転を各項まで見た場合です。

g.句点の反転および引用文「」の反転を実践
22:21主イエスの恵みが、一同の者と共にあるように。
22:20アァメン、主イエスよ、きたりませ。これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。
22:19また、もしこの預言の書の言葉をとり除く者があれば、神はその人の受くべき分を、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、とり除かれる。
22:18もしこれに書き加える者があれば、神はその人に、この書に書かれている災害を加えられる。この書の預言の言葉を聞くすべての人々に対して、わたしは警告する。
22:17いのちの水がほしい者は、価なしにそれを受けるがよい。かわいている者はここに来るがよい。また、聞く者も「きたりませ」と言いなさい。 御霊も花嫁も共に言った、「きたりませ」。
22:16「わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である。わたしイエスは、使をつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。
22:15犬ども、まじないをする者、姦淫を行う者、人殺し、偶像を拝む者、また、偽りを好みかつこれを行う者はみな、外に出されている。
22:14いのちの木にあずかる特権を与えられ、また門をとおって都にはいるために、自分の着物を洗う者たちは、さいわいである。
22:13初めであり、終りである。最初の者であり、最後の者である。わたしはアルパであり、オメガである。
22:12報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。見よ、わたしはすぐに来る」。
22:11「不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさらに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ。
22:10時が近づいているからである。この書の預言の言葉を封じてはならない」。またわたしに言った、
22:9彼は言った、「ただ神だけを拝しなさい。わたしは、あなたや、あなたの兄弟である預言者たちや、この書の言葉を守る者たちと、同じ僕仲間である。そのようなことをしてはいけない」。
22:8わたしが見聞きした時、それらのことを示してくれた御使の足もとにひれ伏して拝そうとすると、 これらのことを見聞きした者は、このヨハネである。
22:7「この書の預言の言葉を守る者は、さいわいである。見よ、わたしは、すぐに来る。
22:6預言者たちのたましいの神なる主は、すぐにも起るべきことをその僕たちに示そうとして、御使をつかわされたのである。これらの言葉は信ずべきであり、まことである」。彼はまた、わたしに言った、
22:5主なる神が彼らを照し、そして、彼らは世々限りなく支配する。あかりも太陽の光も、いらない。 夜は、もはやない。
22:4彼らの額には、御名がしるされている。御顔を仰ぎ見るのである。
22:3神と小羊との御座は都の中にあり、その僕たちは彼を礼拝し、 のろわるべきものは、もはや何ひとつない。
22:2川の両側にはいのちの木があって、十二種の実を結び、その実は毎月みのり、その木の葉は諸国民をいやす。都の大通りの中央を流れている。
22:1この川は、神と小羊との御座から出て、 御使はまた、水晶のように輝いているいのちの水の川をわたしに見せてくれた。
965名無しさん@おーぷん :2018/10/21(日)00:21:49 ID:TiC
仮説第15巻風の巻つづきです。

風の巻 第10帖 15-10
g.
1005.時節結構ぞ。
1004.時節には時節の事もいたさすぞ。
1003.肉体あるうちには、中々改心は出来んものぢゃから、身魂にして改心するより外ない者 沢山あるから、改心六ヶ敷いなれど、我慢してやりて下されよ。
1002.もう待たれんから、わからねばどいてみて御座れと申してあろが、わからんうちに、わかりて下されよ。
1001.これからは、人民磨けたら、神が人民と同じ列にならんで経綸(しごと)致さすから、これからは恐ろしい結構な世となるぞ。
1006.二月十六日、ひつぐの 。

参考:ヨハネの黙示録 第21章
g. 句点の反転および引用文「」の反転を実践
21:27はいれる者は、小羊のいのちの書に名をしるされている者だけである。しかし、汚れた者や、忌むべきこと及び偽りを行う者は、その中に決してはいれない。
21:26人々は、諸国民の光栄とほまれとをそこに携えて来る。
21:25そこには夜がないからである。都の門は、終日、閉ざされることはない。
21:24諸国民は都の光の中を歩き、地の王たちは、自分たちの光栄をそこに携えて来る。
21:23神の栄光が都を明るくし、小羊が都のあかりだからである。都は、日や月がそれを照す必要がない。
21:22全能者にして主なる神と小羊とが、その聖所なのである。 わたしは、この都の中には聖所を見なかった。
21:21十二の門は十二の真珠であり、門はそれぞれ一つの真珠で造られ、都の大通りは、すきとおったガラスのような純金であった。
21:20第五は縞めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉石、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった。
21:19第一の土台は碧玉、第二はサファイヤ、第三はめのう、第四は緑玉、都の城壁の土台は、さまざまな宝石で飾られていた。
21:18城壁は碧玉で築かれ、都はすきとおったガラスのような純金で造られていた。
21:17これは人間の、すなわち、御使の尺度によるのである。また城壁を測ると、百四十四キュビトであった。
21:16長さと幅と高さとは、いずれも同じである。彼がその測りざおで都を測ると、一万二千丁であった。都は方形であって、その長さと幅とは同じである。
21:15わたしに語っていた者は、都とその門と城壁とを測るために、金の測りざおを持っていた。
21:14また都の城壁には十二の土台があり、それには小羊の十二使徒の十二の名が書いてあった。
21:13東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。
21:12それには大きな、高い城壁があって、十二の門があり、それらの門には、十二の御使がおり、イスラエルの子らの十二部族の名が、それに書いてあった。
21:11その都の輝きは、高価な宝石のようであり、透明な碧玉のようであった。
21:10この御使は、わたしを御霊に感じたまま、大きな高い山に連れて行き、聖都エルサレムが、神の栄光のうちに、神のみもとを出て天から下って来るのを見せてくれた。
21:9最後の七つの災害が満ちている七つの鉢を持っていた七人の御使のひとりがきて、わたしに語って言った、「さあ、きなさい。小羊の妻なる花嫁を見せよう」。
21:8「しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である。
21:7勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。
21:6事はすでに成った。わたしは、アルパでありオメガである。初めであり終りである。かわいている者には、いのちの水の泉から価なしに飲ませよう」。そして、わたしに仰せられた、
21:5また言われた、「書きしるせ。これらの言葉は、信ずべきであり、まことである」。すると、御座にいますかたが言われた、「見よ、わたしはすべてのものを新たにする」。
21:4「人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである。
21:3見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして」、また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、
21:2また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。
21:1先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。 わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。
966名無しさん@おーぷん :2018/10/21(日)11:42:45 ID:z4l
洗濯と掃除意味

日月の巻六巻
第十九帖
今のやり方、考え方が間違っているからぞ。
洗濯せよ掃除せよと申すのはこれまでのやり方考え方をスクリと改める事ぞ。
一度マカリタと思え。
掃除(ケガレを)して何もかも綺麗にすれば神の光スクリと光輝くぞ。
ゴモク捨てよと申してあろがな。
人の心ほど怖いものないのざぞ。
奥山に紅葉あるうちにと申すこと忘れるなよ。
北に気付けよ。
神の詞(よ)の仕組よく腹に入れておいて下されよ。
今度のさらつの世の元となるのざぞ。

※この世のことは人民の心次第
967名無しさん@おーぷん :2018/10/21(日)11:44:18 ID:z4l
自分の心が作り上げたこの世
968名無しさん@おーぷん :2018/10/22(月)00:04:13 ID:ues
チョロチョロと光が射して来た感がある
969名無しさん@おーぷん :2018/10/22(月)11:52:48 ID:ULs
食事は朝夕二回
日月の巻第六巻
第二十五帖
四行目
臣民一日に二度食べるのざぞ、
朝は日の神様に供えてから頂けよ、
夜は月の神様に捧げてから頂けよ、
それがまことの益人ぞ。
970名無しさん@おーぷん :2018/10/23(火)12:30:25 ID:J9k
全部自分

この体験について書こうと思う。
この世はマトリックスの映画のような感じ。
皆繋がっていて、皆一つの宇宙を持っている。
それは別の方向から見ると、自分自身が沢山存在しているようにも見える。
パラレルワールドというのは、他人の宇宙世界に入ってしまった状態を言う。
いくつもの宇宙が折り重なった状態。
つまり、自分と近い存在の人の宇宙へ入り込むと、元の自分の宇宙にほぼ近い世界でもある。
全部自分という悟りまでくると、心から人を憎む意識は無くなる。
例え表面で争っても、相手を思う気持ちが根底にある状態。
971名無しさん@おーぷん :2018/10/23(火)13:02:37 ID:J9k
自分の心が作った映像の世界で苦しみ、泥海にしようとしてるから、心を改めるように即してる。
自分の世界が天国になるには、神であり、光であり、真実の愛である存在にならねば、天国とはならない。
では、どうするか?
神示を何回も何回も声に出して読む。
言葉の力により、又神のやり方、考え方を少しずつ理解していくところに、自身の幸福が来る。

自分に降りかかる苦しみの根底は、自身の成長の為の愛である。
細かく言うと、傷ついた過去の自分が曲がった思考になり、苦しみの種を作り出す事もある。
メグリもある。
宿命は、これを今回はこれらを勉強するぞと決めた事。
それは元の神の姿、光の存在になる為の気づきを愛の光で与えられている。

話は変わるが、本当のカミカカリとは、直感。
なので、本当のカミカカリは人にわからんと書かれている。

神の言葉が聞こえたなどの場合、真理とズレていないか確かめたり、
又はネットで調べるなどしてサニワし、鵜呑みにしてはならない。
972名無しさん@おーぷん :2018/10/23(火)13:17:00 ID:J9k
光の仕事をしている人とそうでない違い。
神はといっても、最奥の自分でもあるのだが、
全てを救おうとしているのであるから、
私についてこなければ、救われないなどの発言をする人には気をつける必要がある。
真実の人は、全体的には調和の道に進んでいる。
分裂しないという意味でなく、高い所からみると全体を思う発言。
全体の中の自分という捉え方をしている人らが本物であり、
自己を強調する発言の人々にも気をつけてください。
973名無しさん@おーぷん :2018/10/23(火)19:48:04 ID:gCg
自分も大体そのように思っているひとりです。
霊界神界は情報世界、データフィールド。この現界は物理的データを設定し断て別けること限定を作ることによってわざと作り出された世界だと思っています。この世界は三種の神器にて象徴されていると思っています。
974名無しさん@おーぷん :2018/10/24(水)06:46:17 ID:WOC
tんこ
975名無しさん@おーぷん :2018/10/24(水)11:23:20 ID:X8e
日月の巻六巻
第二十七帖
一行目

国土おろがめよ、
神の肉体ぞ、
神のたまぞ
976名無しさん@おーぷん :2018/10/24(水)11:37:02 ID:X8e
一人一人が今までもこれからも、自分の出来る御用というものをしてきたと思う。
過去にも天理、大本、又個人でそれぞれが自己の天命だと感じ、行った事は決して無駄ではないのであるから、それぞれの役割を粛々とこれからも頑張ってください。
我が我がの心、天狗の心、表の御用をしている人々を妬む気持ちを持つと、役から降ろされ、代役が出現し、道から外れてしまうので、皆それぞれの役目でみろくの世になるのだという事を忘れないで頑張ってほしいです。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ひふみ神示(日月神示6)
CRITEO