- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

こっそり俺が統合失調症を発症した後の話をする

4451◆6KctQgwHqc :2018/06/08(金)18:47:53 ID:sWy
もし宇宙がホログラム再生装置であるなら、宇宙のすべてはただのインターフェース、
いわばゲームのドット絵や三角関数を用いて描かれるポリゴンと、何ら変わらないことになります。
そこには真実はなく、別に場所、真なる宇宙にこそ実体があるわけです。

もし宇宙に直接情報が保存され、その情報が俺たちも形作っているとしたなら、
その情報を記録している媒体が存在していることになります。
媒体はあらゆる情報を保存しますが、これがログ的に動作するのかまでは分かりません。

しかし、時空が情報を持つとしたら、各時空の点は1つ1つの点の情報をすべて記録していなくてはなりません。
それは「前は0だった」とか「前は1だった」のようなログ的な情報の他に、
自分の周囲がどっちを向いているのか、周囲の状態はどうなっているのか、そうした情報も持つ必要があります。

果たして、この膨大な情報を素粒子が持ち得るのか、または時空構造が情報を持つのか、
実はこれらの情報は「物質の宇宙」の外側に保存されており、故に情報は破壊されないのか、
俺はこの保存される情報は、いわば1次元配列のように保存されているように思えます。
(プログラムの知識がある場合、ポインターのようなイメージです)
このレスの続きを表示(30件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





こっそり俺が統合失調症を発症した後の話をする
CRITEO