- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

俺の親父が世界の真理を追求した結果

x  
1 :名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)17:33:34 ID:MuKCCbEjZ
立ったら書く
2:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)17:36:18 ID:MuKCCbEjZ
俺の家系は、元々お寺の家系だった。俺のひいじいさんに当たる人は、九州のえらいお坊さんで、京都に出て比叡山で修行し、お坊さんの道を行きつつ当時には珍しく、西洋医学も学んでいる人だったらしい。
3:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)17:37:58 ID:MuKCCbEjZ
ひいじいいさんは修行の結果、病気の人を治せる力を身につけた。地元の田舎で、足腰たたない村人を、立てるようにしたりとか、そういった不思議な力を使って人々を助けていたらしい。
4:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)17:41:04 ID:MuKCCbEjZ
勝手に語る。書き溜めないし文章も下手だが許せ。俺の親父は、科学が大好きな唯物論者で、ひいじいさんのそういう逸話を聞いて、アホか、そんな非科学的なことがあるかよ。と思っていた。と、同時に、子供の頃から幽霊を見たりとか、超常現象によくあっていて、そのたびに、「今の現象を科学の力を持って必ず解明してやる」と決意を新たにしていた。
5:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)17:44:50 ID:MuKCCbEjZ
親父は、数学や物理が大好きな人間で、超常現象などという言葉は、科学が負けた気がして、許せなかった。魂や神といった存在は、現代科学では証明できないが、自分がそれを証明することで、科学は発展し、超常現象は自然現象になる、と考えていた。そんな折に、親父はある現象に着目した。インドのサイババが、何もないところから、ビブーティと呼ばれる聖粉やら、仏像のようなものを発生させる、「物質化現象」だ。
6:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)17:48:20 ID:MuKCCbEjZ
「物質化現象」は、無から有を生じさせる、エネルギー保存則をまったく無視した究極の超常現象だ。そう考えた親父は、インドに赴き、サイババに会いに行くことにした。しかし、サイババのいるアシュラムについた親父は落胆した。サイババに直接謁見できるのは、多くの参拝者の中から選ばれた、ほんの一部の人間だけだった。
7:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)17:51:27 ID:MuKCCbEjZ
サイババに礼拝する時間になると、サイババが出てくる広場に多くの参拝者が集まり、伏礼する。そこに親父も行き、礼服する。サイババは、手の中から聖粉ビブーティやら、飴玉などを物質化しながら参拝者達に投げ渡し、その中から、謁見する人を選んでいく。
8:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)17:54:34 ID:MuKCCbEjZ
驚くべきことに、サイババは親父を謁見の相手に選んでくれた。親父は喜んで、サイババの謁見の間に赴き、物質化現象が単なる手品じゃないか、何度も繰り返し確認させてもらった。サイババはゆっくりと、分かりやすく、繰り返し親父に物質化現象を見せてくれた。親父は手品のねたもある程度勉強していたが、どうやっても手品であることは確認できなかった。物質化現象は実在する、と認めざるを得なかった。
9:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)19:39:25 ID:MuKCCbEjZ
この物質化現象を解明するには、インドの聖者に自らなって、自分がそれを実現できるようにならねばならない、と考えた。それから、親父は母と離婚して、インドで修行僧となった。
10:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)20:54:50 ID:MuKCCbEjZ
親父は様々な修行を経て、物質化現象を実現出来るようになった。結局のところ、科学は物質界ではきわめて正しい学問であるが、神の世界から物を取り出すそれは、科学では証明できない、神は実在し、それにお願いすることによって、物質化現象は実現可能。そのためには、神との関係性が大事であることが分かった。
11:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)21:01:08 ID:MuKCCbEjZ
神との関係性を高めることについて触れる。まず、魂は輪廻転生を経て、様々なことを学ぶ。最初は虫などの小動物に生まれ、中型動物、大型動物、人間・・・と魂のレベルが上がるにつれて、より高等な動物に生まれ変わる。人間にも低レベルの人間(ほとんど99%)中レベルの人間(神の叡智を学ぶ人1%)高レベルの人間(聖者レベル、わずか)がいる。
12:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)21:04:33 ID:U4sPznINb
つまりお前の親父は中レベルから高レベルの人間になったわけだな
13:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)21:05:15 ID:MuKCCbEjZ
魂が人間のレベルを超えると、テワダーという神の使いになる。このレベルは、人間界に来る前のブッダ、キリスト等が該当する。テワダーの上がテープポッポンというもの。ミカエル、シヴァ、ヴィシュヌ、人間界に来た後のキリスト等が該当する。その上にテーププーサンというレベル、ここはブラフマー等がいて、最高レベルはニッパン(涅槃)人間界に来た後のブッダがいるわれわれの魂はみな最終的に神になる
14:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)21:10:22 ID:MuKCCbEjZ
>>12 親父自身は高レベルの底辺だっつってた魂が人間のレベル超えた時点で、俗に言う解脱というやつになるらしい。神の世界なんてのは会社と一緒で、テープポッポンまで行ったら課長クラスみたいなもんで、そっから下には堕ちないらしい
15:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)21:13:38 ID:MuKCCbEjZ
魂を成長させるにはカルマを貯めないこと、徳分を稼ぐこと、らしい。お釈迦様は、まず殺生するなといった。その次に汝姦淫するなかれと言った。つまり肉類を食うのは、レイプするより悪いことなのだ。魂の成長においては。
16:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)21:17:03 ID:MuKCCbEjZ
だから肉類を食べたら、悪いことをした分自分に帰ってきて、いつまでたっても魂が成長せず碌なことにならんらしい。また、徳分を稼ぐには善い行いを当然することだ。そうやって、魂が成長すれば、神に近づける。また、マントラを唱えることで、神との関係性が得られる。マントラとはインドのサンスクリット語の、お経的なものだ。
17:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)21:22:51 ID:U4sPznINb
そんでお前も親父の後に続くのか?頑張れ
18:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)21:50:02 ID:MuKCCbEjZ
>>17ずばり、それなんだよな俺の家系はひいじいさんの代から、代々それで離婚繰り返してんだ
19:聖魔女アルドラ:14/10/05(日)21:57:16 ID:HxnnWwNLY
それ私にもできるかな?
20:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)22:43:12 ID:MuKCCbEjZ
>>19物質化現象?修行すれば、誰でも出来る。俺は、まだ修行も何もしていない、大学出てふつーに働いてて、結婚控えてるふつーの20代後半なので、出来ないがな。だが親父もそっちの道に行くために離婚したのが30後半。俺が6歳の時だ。俺もそっちの道に進むなら、将来的に離婚、になる可能性がある。だから、悩んでるんだよね。
21:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)22:47:44 ID:MuKCCbEjZ
ところで先ほどの魂の話で、人間のように物質として形を持った魂がいれば、そうでない、その辺に見えない魂だけのものもいる。それらをスピリッツという。こいつらは物質世界に多大な影響を及ぼす。これが一般的に幽霊だとか、妖怪だとか言われる心霊現象を、引き起こすものの正体である。スピリッツには良いものと悪いものがいる。神と同様、スピリッツと関係性を持つには神の呪文、マントラに対し、スピリッツ用の呪文、オラシオンを唱える。これは一般的に「魔術」と呼ばれるものだ。
22:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)22:53:46 ID:MuKCCbEjZ
良いスピリッツと関係性を持ち、善い行いをするのが白魔術。悪いスピリッツと関係性を持ち、悪い行いをするのが黒魔術。オラシオンはマントラの一種ともいえる。(神も言ってしまえばスピリッツなので)神の中にも色々な奴がいる。中には、魂の成長を望まず、邪魔をする邪神もいる。具体的には阿修羅、ルシファー等がそう。こいつらが、黒魔術を人間に伝え、悪用させて魂の成長の妨害をもくろむ。黒魔術は効きやすい。欲をなくすことが魂の成長なので、欲を満たすことは魂の成長を妨害する。よって欲を満たすには黒魔術の方が威力を発揮する。しかし、ヤクザに頼んで金貰うようなもんなので、やめたほうがいい。
23:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)22:57:59 ID:MuKCCbEjZ
親父は善いスピリッツと関係を持ち、白魔術により人々の病気などを治している。結局、親父は子供のころバカにしてたひいじいさんの話と、同じことを自分もしてるなぁと笑っていた。
24:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)23:02:21 ID:MuKCCbEjZ
そして、この世界について。親父の知り合いが魂のレベルが高い僧侶が、瞑想にて魂だけ神の世界に行って、聞いてきた事実。この宇宙に、生命体は地球しかいない。この宇宙が直径150億光年の球体とするならば、同じような球体は、全部で7つある。そのうち、4つに地球と同じような星が存在する。この宇宙は、ブラフマーなとテープポッポンの神が創ったものなので、こういう魂の階層がある仕組みだが、他の宇宙は他の仕組みでなりたっているようだ。
25:名無しさん@おーぷん:14/10/05(日)23:26:56 ID:MuKCCbEjZ
質問あればどぞ~
26:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)00:30:56 ID:N35YGXAb0
もしまだ居たら教えてくれ、人は生きていくうえであーでもないこーでもないと悩んだりするが、自分が創造できる範囲で本当の答えや解決法は最初から決まっていて分っているのか?
27:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)07:21:17 ID:GvC2kQObs
>>26ケータイから。神様は越えられない壁を与えません。あーでもないこーでもないと悩むこと自体に意味がある。魂は、自分が成長するのに最適な運命となる人生を選んで生まれてくる。あなたが悩んでいるのなら、そのことについて勉強したくて、悩みたくてあなたは生まれたとも言える。そして、それは乗り越えることが出来る。ただし、悪いスピリッツの影響で、また黒魔術により与えられた不幸は、乗り越えられません。
28:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)08:49:52 ID:yl3Ne6AIk
>黒魔術により与えられた不幸は、乗り越えられません。少し気になったのだが黒魔術の代償は、場合によりけりで簡単なものなら、たいした程度はないと訊いていたが。なんだか、不安になったなあ若干の術法なら、そういう低リスクというのも、嘘や騙しだったりするのかな?
29:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)09:36:42 ID:NNmHww1A8
サイババのビブーティはトリックだって暴露されてたじゃん
30:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)10:52:07 ID:gQlBuZ8LY
修行って日常捨てなきゃやっぱ出来ないもんなのか?あと黒魔術とかする奴って何のために妨害してんだ?逆を言えば魂を神に近付ける意味だけど、何か目的でもあんの?
31:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)11:56:34 ID:F25zlwvfX
普通に神道で良いよ俺は
32:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)21:35:10 ID:D4W7pgF2O
>>28若干の術法なら低リスク、というのはあると思うけど、正直親父の受け売りの部分が多く自分で検証した内容ではないので、はっきりしたことは言えない。どちらにせよやるなら白魔術にしといたほうが善いと思う。>>29そのように疑うことはとても大切なことだ。非科学的な宗教やら神やら何ぞ根拠なく妄信するのはよくない。客観的な事実に基づいて検証は進めるべき。とりあえず調べてみたけど、サイババの手の中が光っている内容のもの、合成写真っていう内容のものが見つかった。手の中が光るのは物質化する際に伴う発光なので、光るからイカサマとは言えない。合成写真も、イカサマっぽく見せるためにわざとそうしたっていう説と、単純にサイババのトリックをごまかすためという説と色々あって、結局本物をこの目で見なければ検証不可能。まぁ言ってしまえば、親父の言うこと全部妄想の中二病こじらせただけかもしれん。だが、実の親父が俺や母を捨ててまでつかんだことなので、嘘とは思いたくない。俺は検証したいと思っている。
33:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)21:51:06 ID:D4W7pgF2O
>>30まず肉食や殺生を一切やめて、酒飲むなって時点で、社会人やってくの無理があるよね。普通に付き合いで飲みがあったりするし。味噌汁とかでもカツオの粉末だし入ってたりするし。食事一つとっても日常をけっこー制限する必要がある。黒魔術とかするのは、主に欲望を満たすため、敵を打ち滅ぼすため。練習のため無差別に攻撃してみる等色々。魂をなんで神に近づけないといけないのか、俺も親父に同じ質問をした。答えは、「まだ分かっていない」だった。だから俺の推測で書く。犬は言葉しゃべれないけど、人間は言葉も話せば携帯も開発できる。同様に人間は奇跡を起こせないけど、神は奇跡や運命を使いこなせる。上の階層に行くほど知ってる世界が広がるんじゃないか。より真理に近づけるのではないかってことは言えると思う。
34:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)21:59:49 ID:gQlBuZ8LY
>>33ふーん、そりゃあ大変だねあ、黒魔術って要は魂の成長とは逆の方向性なんでしょ?それを使う奴ら?は何で妨害するのって疑問だったんだけどね魂の成長の目的を知ってるから、それを妨げたいのと違うの?それとも単に魂を成長させる行いそのものを否定したい想いだけなのかなまあ知らんなら知らんでいいけど
35:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)22:02:25 ID:gQlBuZ8LY
あースピリッツだっけ?そいつらは何か知ってんじゃねえのかなルシファー?もそうなんでしょ?そいつって神なんでしょ?じゃあ何か知ってそうだよね
36:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)22:49:21 ID:D4W7pgF2O
>>34例えば、会社でも自分より部下が出世したら妬んで足を引っ張る奴がいるじゃん?それと一緒で、神の世界にも自分より上に行くのを妬んで、成長を辞めさせる神がいる。それがルシファーや阿修羅っていう神らしい。それらが黒魔術を伝えているんよ。
37:名無しさん@おーぷん:14/10/06(月)23:13:23 ID:gLNhNnEuI
>>1はぶっちゃけその道に行きたいの?行きたくないの?検証したいだけなら、別に離婚しなくても子供が独立した後なり定年した後なりに修行開始すりゃええわけで。誰でもできて方法がわかってるなら日本でもある程度下地作りはできるんでないの。
38:名無しさん@おーぷん:14/10/07(火)00:31:12 ID:jNVP9Saec
>>36あれ?矛盾してねえか?神になるには欲を捨てるんでしょ?ならなんでルシファーとか阿修羅はそんな嫉妬深いのに神なの?
39:名無しさん@おーぷん:14/10/07(火)02:57:13 ID:1gkQwFfpc
お父様が物質化したものうpして欲しい見たいの見たいのヾ(*´∀`*)ノ
40:名無しさん@おーぷん:14/10/07(火)11:22:12 ID:0L6G0ba4t
阿修羅は別に悪い仏じゃないんだが……
41:名無しさん@おーぷん:14/10/07(火)11:32:25 ID:KFwWalEtT
>>36ちょっとまてなんでそこで阿修羅さん出てくるねん
42:名無しさん@おーぷん:14/10/07(火)11:39:56 ID:KFwWalEtT
とりあえず>>1のお父さんは何教なんだ?ヒンドゥー?仏教?なんでサイババから入って、キリスト教のルシファーやら黒魔術やらの単語が出てくるのかが一番よくわからないんだが…ルシファー接点なくね?
43:名無しさん@おーぷん:14/10/08(水)22:01:00 ID:bpxtwIhcu
サイババ懐かしいなあ…。
44:名無しさん@おーぷん:14/10/12(日)19:16:23 ID:eg8Z91DbO
メッキがはがれてきたな
45:名無しさん@おーぷん:14/10/21(火)21:10:40 ID:kj6MLbINq
俺の親父が世界の真理を追求した結果家庭が崩壊したでござるwww
46:名無しさん@おーぷん:14/10/21(火)23:36:09 ID:l7Pt5rw0Z
親父の話が更に高僧からの又聞きや受け売りであっても興味深いんで7つのうちの4つが…、ってのが何かで見たか読んだ気がするデジャブ何かの神話だったか、そういった視てる人の話だったかは忘れたけど
47:名無しさん@おーぷん:14/11/23(日)11:53:48 ID:eRT
物質界では、二つの相反する事象がセットになってる、2面性の真理なるものがあるらしい。つまりは、成長するという目的があるとすると、当然成長させないという反作用が発生する。
48:名無しさん@おーぷん:14/11/23(日)19:37:40 ID:Sae
主はもういないのかね今は情報が徐々に繋がってきてるサイババもそうだけど、アリスベイリー、クリシュナムルティ、ヨガナンダ等読めば、魂の存在に左程矛盾が無いように思える
49:名無しさん@おーぷん:14/11/23(日)21:44:58 ID:iP5
神の戦い という話を思い出したざっくりとした共通認識で繋がってたりしないんかなhttp://nazolog.com/blog-entry-3096.html
50:忘れるな。:15/08/10(月)10:32:36 ID:ypY
主がまたこれを見たなら返信してほしい。この話に終わりはあるのか。そしてこれが人間のすべきことなのかそれと、神が地球をつくり我々を作ったことに目的があるのならば、答えて欲しい。そして神はとても愚かだ。神は地球を作った、ならば宇宙を作ったのは神以上の存在ではないか。私はこの世の真理をしりたい。なので、本格的に教えて欲しい。
51:名無しさん@おーぷん:16/06/15(水)19:39:05 ID:312
主がネタとしてスレ建てたは良いが想像力が続かず頓挫した、に一票。
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

俺の親父が世界の真理を追求した結果