- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

本当にやった復讐 2

61名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)09:08:00 ID:gThWb3VeI
するとそれまで極力目立たないように大人しくしていたAが無表情ですっと立ち上がり、
キッチンに入ると祖母が準備していたコーヒーカップをひとつ掴み、
つかつかとマザコンに近寄ってその中身を浴びせかけた。みんな呆然、B爆笑。
Aは今まで見たことがないような冷たい目で、
胸から太ももで淹れたて熱々のコーヒーがかかったマザコンを睨みつけながら、
「あっら~~ごめんなさい!!わてしってば、社会不適合者を見ると手が勝手に動いちゃうんですぅ~~」とやった。
口調だけが怖いくらいに芝居がかってて怖かった。
ここで叔母泣き出す、祖母何が起きたかわからずおろおろ、ボケてるババァは金魚に話しかけていた。

ようやくはっとした俺父がこの状況をどうにかしようと
「マザコンさんお祭りの方見に行きましょうか」
と声をかけるも、マザコンは気まずくなったのか何やらモゴモゴ言って、ババァの手を引いて玄関に逃走した。
泣いている叔母を慰める祖母とABは居間に残り、何故か客人の俺と俺父で非常識親子を見送ることになった。
ババァは最後までなにか起きたことにも気づいていない様子だったが車に乗せられ、
マザコンとババァは逃げるように帰って行った。

居間に戻って皆にその様子を伝えると、Aはアハハと笑って、悪魔のように恐ろしい顔で
「二度と来るなよクソどもが」と言っていた。
次の瞬間にはいつもの優しい顔に戻って、
祖母に向かって親戚を社会不適合者呼ばわりしたことを謝り、
叔母にはこんなやり方でしかママを守れなくてごめんね、と言っていた。
その後帰宅した祖父にAは褒められていて嬉しそうにしていた。
俺がすごくびっくりしたけど立派だったと思うと伝えると、Aはにっこりして
「ほんとは顔にかけてやりたかったんだけど思ったより飛距離が出なかったよー」と言っていた。
今後Aのことは怒らせまいと思った体験でした。長文スマン
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(939件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





本当にやった復讐 2
CRITEO