- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

505名無しさん@おーぷん :2016/02/25(木)22:20:33 ID:6pj
夢野久作の髪切虫という話
最初に電波のようなものを受信したのか一匹のカミキリムシが夢見がちな気分で自分はクレオパトラの生まれ変わりじゃないかしら?それとも一緒に埋蔵された髪切虫かしら?とか思う内容の長い詩が書かれる
その後詩の内容通り沢山子孫を増やして世の中の女を皆丸坊主にしてやろうとか思ったりする。
そして遠くに見える赤いランプの光を古代エジプトの宮殿の明かりだと思って飛んで行く。
場面は変わって昆虫学者とその助手が赤いランプを点けたら珍しいカミキリムシが飛んで来た、古代エジプトで見つかったのとよく似てるから標本にしようとか話してて、哀れ髪切虫は毒瓶に入れられて断末魔を上げるのだった。
前半であんだけロマンチックにしといて虫のもの思いだけにしとけば良かったものの後半の飛んで火に入る夏の虫で夢もロマンも一気に吹き飛んじゃったのが後味悪い。
このレスの続きを表示(147件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話