- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

503名無しさん@おーぷん :2016/02/23(火)23:59:02 ID:HDt
「魔の起源」という本に載っていた山の神の解釈が後味悪かった。

山の神は、名前のとおり山に住んでいるといわれる人の姿をした神で、目と足が一つずつしかない。
本の中で、山の神に関するこんなエピソードが古典から引用されている。

「山の神が村に下りてきて人を襲った。襲われた人は「あわあわ」などと悲鳴を上げながら、
抵抗らしい抵抗もせず(できず?)山の神に殺された。山の神は鬼なのだ」

山の神が村に来た理由も人襲った理由も、村人たちが黙って山の神が暴れるのを見ていた理由もなく、
「鬼なのだ」としか記されていない。

著者はこのエピソードに対し、以下のような考察を述べている。

「かつては日照りなどの際に、神に人間のいけにえをささげる風習があった。
そして身寄りのない人間や流れ者などを、いけにえ要員として『飼って』おくことがあった。
いけにえ要員に逃げられては困るので、逃げられないように片目をつぶし片足を奪ったという。
それが片目片足の『山の神』の正体だ。
殺されるために生きている身が哀れだったので、時に暴れまわっても村人はとがめたりしなかったのだろう」

当時は、日照りや冷夏などの異常気象が、即、村単位の死活問題になるハードモードだったから、
現代人の感覚で物を言ってはいけないのは分かるけれど「いけにえ要員の飼育」という考え方は
やりきれないものがあった。

あと、友達(後味の悪い話が好き)この話をしようとして「山の神は片目片足で」と言ったら
唐傘お化けを連想しやがった。
ちげーよ。
このレスの続きを表示(163件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話