- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

482名無しさん@おーぷん :2016/01/17(日)21:03:10 ID:3pW
映画 攻殻機動隊 Ghost in the Shell に出てくるゴミ回収業者のエピソードが後味が悪い。

舞台は近未来。人々は、より優秀な肉体を手に入れるために体の一部を機械に変えたり
脳に「電脳」と呼ばれるサブ頭脳を追加したりした。
電脳+無線LANを使って、遠方の人と頭の中で直接会話するテレパシーもどきを使うことも
できるようになった。
もちろん会話したい相手以外に話を聞かれないように、セキュリティ対策も存在している。
そして電脳をクラッキングする犯罪も多発していた。

ゴミ回収業者(以下A)も、クラッキングを行っていた。
Aは転職したばかりの30代の男性。ゴミを回収しながら、近くの公衆電話を使って
ここで20秒クラッキング、次の回収スポットへ行き、公衆電話からまた20秒クラッキング……と
いう具合でやっている。場所をちまちまと変えるのは、逆探知を防ぐためだ。
クラッキング対象は、別居中の妻である。
Aは同僚に「こちらには全く覚えがないのにいきなり浮気していると決めつけられて出ていかれた。
娘も何を吹き込まれたか、俺が浮気したと思い込んでいる。だから、本当はどうして
妻が浮気を言い出したか知りたい。
居酒屋で愚痴っていたら、親切な人が『短時間ずつ場所を変えてクラッキングすれば
逆探知されない』と教えてくれて、クラッキングツールまでくれた」と話した。
同僚はあきれ顔で「だからって、クラッキングまでするかね」
「妻とは、最悪離婚でもいいよ。でも娘を失うのは絶対に嫌なんだよ。娘ってマジで天使だぜ。
あ、写真見る?」
と、嬉しそうに写真を見せようとしたが同僚はそっけなく
「人の家族になんて興味ねえよ」
と答えた。
そうして、ちまちまクラッキングを繰り返していると、警察が現れてAを逮捕した。
このレスの続きを表示(201件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話