- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

47続き :2014/04/23(水)10:35:56 ID:0BbJ9qJzh
姫は嬉々として、目が見えるようにしてほしい、美しい自分の顔を見たいから。と答えた。
その夜、宮殿に狼藉者が忍び込み姫を乱暴しようとしたが抵抗されたので顔に熱湯をかけて逃げた。
姫は、醜くなった顔を道化師の少年には見られたくないと泣いた。
王と王妃は姫の乙女心を思って泣いたが、少年は(顔を見たら殺す)と言われたように思い、自分で目玉をえぐった。
王と王妃は少年が犯人だと察したが、追求しなかった。

老人がふらりと現れ、姫の目を治してやった。
姫はやけどでさらに醜くなった自分の顔と内縁の夫である醜い盲目の少年を見た。
我々が何をしたと言うのです、と抗議した王を老人は睨み、人間特有の短慮を罵った。
道化師の醜い少年がどうなったのか、誰も知らない。終
このレスの続きを表示(619件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話