- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

463名無しさん@おーぷん :2015/09/08(火)16:35:59 ID:BK6
都筑道夫「不自由日記」79年発表

来年こそはちゃんと日記をつけようと決意した年末、旧友Aに洒落たノートブックを売りつけられた。
パラパラとめくってみると、すでに色々書き込んである。

『1月3日。映画を見ようと新宿に出たが人ごみに恐れをなして帰宅。暮れに急死したAを思い出し訪ねると、未亡人A子歓待す。
遺稿を整理し詩集を出したいと言うので協力を約す。詩集のない詩人として記憶されるべしとも思うが。どんな女も未亡人になれば美しい』
『某月某日。B離婚。大恋愛の末に結ばれた筈だが、わからないものだ。夜、A子来る』
『某月某日。C課長胃癌で死す。姉男児を出産』
姉が結婚した事は言ったかもしれないが上司の名前まで教えたかどうか。
日記は不自由な方が面白いと言っていたが、確かにこれは不自由だ。
こんな悪戯で小遣いをかせぐとはAらしい。

Bに電話してそれとなく訊いてみる。
先日Aが訪ねてきた時、ちょっとした事で細君と口論になったそうだ。
(さてはAの奴が何か言ったんだろ。夫婦には色々あらぁね、Aだって結婚してるのだからわかりそうなものだが)

Aが死んだ。酔ってふらふらしていた所を車にはねられたそうだ。
飲み代にも困っていたのに、おそらく私から巻き上げた金で飲んだのだろう。

「不自由日記」は11月17日で終わっている。
A子との結婚を渋っている私はその日、取引先の社長の娘と知り合う。
メロドラマ的だ、これがAの才能の限界なのだろう。
なぜ17日で終わりなのか。私は11月18日、生きてはいないのか。
このレスの続きを表示(179件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話