- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

458名無しさん@おーぷん :2015/08/31(月)17:27:21 ID:6YU
シーマには前述通り恋人がいるし、そのためにターちゃん一行を利用しようとしているのに
シーマの追手によってターちゃんの弟子『梁師範』がヴァンパイア化すると
責任を感じて体で詫びようとしたり、跳ね除けられたら本気で好きになっちゃいそうと感じたりしたのに
塔の中でエドガーも幽閉されていることに気づくと、ターちゃんの仲間『ペドロ』を自分の意志で
ヴァンパイア化(!)させ、敵に向かわせ「さあペドロ化け物どもを倒すのよ!」したり
その後でエドガーと再開すると
「エドガーと一緒だから今死んでもいい」
「あなたと初めて会ったとき何か予感がした」(エドガー「恋の予感さ」)
といちゃつきだしたり元々ちょっと言動が香ばしかったのだが後味が悪いのはランジェラ

シーマの追手は『ランジェラ』という元婚約者だったのだが、エドガーが現れる前は相思相愛だったのに
「ランジェラなんて不細工、子供の頃から大嫌いだった」
「エドガーの邪魔はさせない」と背中から撃つ
ランジェラは父の大臣に嘆願して謀反人のシーマが王女であり続けられるように手を回したり
迎えに行ったり、言動はやや問題はあるがシーマに対する愛は本物だ
最後は身を挺して真実の愛を示しシーマの目を覚まさせるのだが
事件の後、地位は剥奪されたが姉の懇願もあって罪はチャラになったシーラは
梁師範に抱き付き「もっと早く会っていたら…」「いかないで、ずっとそばにいて」

ランジェラはシーマを庇って死んだのに報われなさすぎる
アニメでは生存したランジェラとくっつくこともあって原作の後味の悪さが際立つ
このレスの続きを表示(208件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話