- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

395名無しさん@おーぷん :2015/04/01(水)21:15:47 ID:21G
山岸凉子「舞姫 テレプシコーラ」の姉のエピソード

主人公・六花と1歳上の姉の千花は母親のバレエ教室に通っている。
姉の千花は素晴らしい才能があって将来有望
妹の六花はそんな姉にコンプレックス抱きまくり、しかも股関節に問題があって180度開脚が出来ないという、
バレリーナとしては致命的なハンデがある(ただし表現力や振り付けに才能を発揮)

そんな姉が舞台で靭帯断裂の大怪我をする
掛かりつけの医師はたまたま別の手術中で手が離せず、別の医師が緊急手術するも「バレーボール」の選手だと勘違いして
バレリーナならここは切っちゃいけないという場所を触ってしまったらしい

その後何度も再手術するも元には戻れず、学校では苛めにあい、プロになるなら必要な身長(160cm)も伸びなかった
だんだん追い詰められて「医者になろうかな」なんて零すのに母親は期待と言う名のプレッシャーを掛け捲る

結果、姉は飛び降り自殺してしまった…

小さな頃からバレエばかりで周りもプロのバレリーナになるのが当たり前だと思って期待されて
「バレリーナになれない自分に価値はない」と思い込んでの末だった

あまりに酷くて今でも読むと泣ける
このレスの続きを表示(279件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話