- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

393名無しさん@おーぷん :2015/03/31(火)23:07:36 ID:4xP
家政婦は見た でのお話
かの市原悦子が演じる、家政婦のおばちゃんが主人公のサスペンスドラマだが
この主人公は、いたずらに勤務先の家庭の問題をつつきまくって、泥沼化させて楽しむ性悪
しかし、最後にしっぺ返しを食らって痛い目見る…というストーリーになっている

ある時、孤児院?から抜け出してきた男の子を保護する
ひねくれ者で態度も悪いが、なぜか主人公には懐く男の子
なんやかんやで数日間預かることになる
ある日、新しい勤務先に行くとき、男の子はこっそり主人公の後を追いかけてきてしまう
しかし雇い主の女議員は寛容的で、勤務中男の子を家で遊ばしていい、という
この議員、養護施設へ支援するなど子供の問題に取り組んでいる人物だった
 (以下、記憶があやふやなので、違っているかもしれない)
ある時男の子が家に連れてきた女の子に、議員は冷たくあしらう
実は、女の子は議員の実の娘?しかし、後ろめたい経緯があり我が子扱いしてない
しかも議員はかなり腹黒で、子供も自身のイメージアップの道具としか考えていない様子
主人公は男の子をだんだんと可愛がり、本気で引き取ろうと考え議員に援助してもらえることになる
終盤、議員が危篤状態の実の親をも利用しようとするものの、
主人公が、その時議員が親に吹き込んだこと?を録音しておいて、葬式の日暴露する
結果、身内には議員の素性が割れたが、世間では「子供思いの良い議員」のイメージを保ったまま
主人公は議員に目の敵にされ、男の子を引き取る件はなかったことにされる

最後、男の子と手を繋いで孤児院へ向かう主人公
途中で街のビルに設置されたTVに、議員の姿が映る
「あんなやつ…」と主人公が悪態をつくと、近くにいた爺さんが「あんないいひとの悪口言うなんて、なんてババアだ!」と
主人公を突き飛ばした。すかさず「ばあちゃんになにする!」と怒る男の子
「いいの、いいのよ。でも、ありがとう」と主人公はそこで泣きだしてしまう…

そして、後日主人公はまた次の勤め先へ
歩きながら、主人公は後ろを振り返る。少し進んではまた後ろを見る
男の子の姿を探すように…
このレスの続きを表示(277件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話