- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

383名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)00:14:37 ID:h5W
※アニメ話注意

「直球表題ロボットアニメ」

舞台は、戦争により人類が死滅してからも、残されたロボットたちが
争い続け、7000年以上が経過した地球。
主役は3体の、戦争用ではない女性型のロボット。


彼女たちは、遥か昔、人間が持っていた「笑い」という感情をロボットが
理解できれば、無益な争いを終わらせることができると信じ、人間が残した
資料から「笑い」について調査を行うことにした。というところがあらすじ。

調査として「ボケ」「ツッコミ」「一発ギャグ」のようなテーマについて、
笑いを理解できないなりに挑戦していく、というのが毎週の流れ。


そして、最終回。
「オチ」というテーマに挑戦していた3体の前に、突如、「笑い」について
知っているという謎のロボットが現れる。
求めているものが見つかったと喜ぶ3体に、謎のロボットは残酷な真実を告げる。

曰く。
彼は、まだ人間が存在していた頃に作られたロボットであり、ロボットに感情を
与える研究をしていた人間の博士の助手をしていた。
その研究により、ロボットが笑いを理解するためのプログラムは完成している。
しかし、「笑い」というものはそもそも、人間の予想を裏切るイレギュラーに
対して発生する感情である。
プログラム通りに動くロボットにとって、イレギュラーを理解することは、
自身の存在意義を否定するに等しいことであり、結論として「笑い」を
理解したロボットは、その活動を停止することになる。


彼は、笑いプログラムを託せる存在を求めて、長い間活動してきた。
そして今、笑いを真摯に調べてきた彼女たちであればそれを任せられると、
笑いプログラムを渡してそのまま停止する。


3体は、プログラムの扱いに悩みながらも、当初の目的に従って戦争を終わらせることを決めた。
笑いプログラムが地球全体に配信される。
彼女たちは、心から笑いながら、やがて眠るようにその活動を停止した。
このレスの続きを表示(300件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話