- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

3701/2 :2015/01/24(土)16:29:44 ID:ZLJ
>>369間違えた、こっちが先でした。

バルザック「従姉ベット」から

男爵…元平民。軍功で爵位を与えられる。若い頃は美男で妻一筋。
中年で女遊びを覚え、しかもまだ美男のつもりでいる。
老人の今では、相手は娼婦ばかり。
男爵夫人…元貧農。中年の今でも気高く美しく、婦徳の見本。
セックスレスだが、人並み以上の生活をさせてもらっているからと夫に仕えている。
元商人…平民。単細胞のデブ。男爵の遊び仲間。
寡夫。溺愛するブサイクな娘に全財産を相続させようと、再婚せずにいる。
だが「馬は所有するより月極めで借りる方が安上がり」とうそぶき、「きっちりとした契約」を結び娼婦を囲う。
若妻…父は高名な軍人、母は妾。
見た目は清楚な美女だが、セックスレスの夫公認で援助交際に励む。
風俗狂いで性病の夫は男爵の部下で万年係長。出世目当てに妻と男爵をそれとなく近づける。
もと元帥…男爵の兄。男爵と正反対の、実直で高潔な元軍人。独身。
貴族にも平民にも慕われている。
大砲の音を聞きすぎて耳が弱っているので、パーティーでは御婦人方の愚痴聞き役。

元商人、過去に男爵に愛人を奪われたから当然の権利だと、男爵夫人を口説く。
男爵家は男爵の女狂いのせいで娘の持参金が出せず、娘はもう21歳になるのに未婚だった。

元商人は化粧品のセールスマンあがりで昔は上流夫人にペコペコしていたので、今や貴族とも対等に会話できるワシ、にホルホルしている。
男爵夫人は元商人の口説きをはねつけ、でも夫には内緒にすると約束した。
「わたくし、貴方が誉めてくださる美貌とやらを「狼をひっかける罠」にしようとは思いませんわ!」

男爵が元商人から奪った愛人、今度は男爵を捨てコビトだが由緒正しい貴族で大富豪の公爵に乗り換え。
(訳によって「小人」だったり「ちょいと背丈は足りないが」だったり)

捨てられた男爵、若妻の虜になり家庭を捨てる。
男爵の浮気相手は有閑マダムや娼婦ばかりで、堅気の人妻は初めて。
しかも、男爵を愛し始めているが夫を裏切ることはできない(チラッ)、たとえそれが自分を虐げる夫であっても(チラッ)…と、男爵の愛を拒む清純な人妻なのだ。

男爵はいよいよ金に困り、妻の叔父に汚職させて金を作ろうとする。
妻の叔父は男爵のコネで仕事を得ていたし、可愛い姪(男爵夫人)の事もあるので快諾する。
このレスの続きを表示(296件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話