- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

3692/2 :2015/01/24(土)16:27:19 ID:ZLJ
汚職がばれ、男爵が唯一頭が上がらない恩人は、金を返せばマスコミだけは誤魔化してやるが辞表を出したまえ!と一喝する。

元商人は、男爵夫妻を逆恨みする者に
「男爵はね、あなたに愛人を盗られた事を恨んでなんかいませんよ」
「だって、もっと素晴らしいお方に夢中なんですもの…"お方"?ええ、その人はちゃんとした奥様なんです」
「由緒正しい軍人の遺児。旦那様はお役人。でもね、その旦那というのがひどい奴で…」
とそそのかされ、若妻の虜になった。

何かあると妻に泣きつく男爵、今回も妻に泣きつく。
男爵夫人、元商人を呼び出す。
あの気高いひとが今さら何の用だ、といぶかりながら参上した元商人に、精一杯お化粧した男爵夫人、ひざまづいて取りすがる。
「○○万フラン、必要なんですの…!」

親身なふりをして話を聞き出した元商人、男爵夫人をはねつける。
それどころか、「あの時のワシ」のように下品で田舎者丸出しの弟分を紹介してやろうか?そいつは「あの時のワシ」のように都会の上流夫人を欲しがっている、と持ちかける。

だが元商人は善良な単細胞なので、悔いて泣く男爵夫人を見て、無償で金を提供すると約束した。

元商人は銀行に走る途中でちょっと若妻の顔を見たくなり、言葉巧みに丸め込まれて銀行行きをやめる。
(若妻はお化粧中で下着姿だった。色仕掛けを匂わせる描写あり)

汚職の真相は守られたが、妻の叔父は獄中で自殺した。
男爵は辞表を出し、失踪した。
もと元帥は心労で死んだ。
もと元帥と結婚するはずだった男爵夫人の従姉は、男爵家の家政婦になった。
汚職の原因となった若妻の夫は、植民地に左遷される寸前に梅毒死。
若妻は元商人と金目当てで再婚し、そのために捨てた情夫の復讐で夫婦して病死。
男爵の真面目な息子は元商人のブサイクな娘と結婚していたが、父親を反面教師にして、妻は理想の女とは言えないが一生大事にすると心に誓った。
男爵の娘は芸術家と結婚したが、夫は大作を手掛けて失敗してから何もせずにいる。

男爵、スラム街で14歳の美少女と同棲している所を発見され、連れ戻される。
男爵夫人、男爵がデブス下女を口説いている現場を見て倒れ、数日後に死ぬ。
「家内が死ねばお前は男爵夫人、これでもワシを嫌と申すか」

男爵と下女、駆け落ち。故郷の村で正式に結婚する。
男爵の息子は、
「親は子供の結婚に口を出せますが、子供が親の愚行に口を出す不孝は許されませんからね」
とぼやいた。
このレスの続きを表示(272件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話