- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

341名無しさん@おーぷん :2014/11/11(火)21:06:37 ID:42kbH0hEf
NHKで放送されている三谷幸喜脚本の人形劇「シャーロック・ホームズ」より

この話でのシャーロックホームズは、全寮制の名門校の生徒という設定となっていて、
ワトソンやモリアーティなどの登場人物も、学校の生徒や教師として登場している。
その中の話の一つである「赤毛クラブの冒険」が、話のあとのことを考えると、後味悪かった。
(ちなみに元ネタの話は、ホームズシリーズ二作目の話である「赤毛連盟」)

真っ赤な髪を持つ2学年生徒ジェイベズ・ウィルソンは、ホームズとワトソンにある相談をしてきた。
ジェイベズは自分と同じような赤毛の持ち主であるダンカン・ロスに赤毛クラブに入らないかと言われ、その場の勢いで入会した。
ダンカンの話によれば、イギリスの各学校に赤毛クラブの支部があり、ロンドンに総本部があるらしく、
クラブの活動内容は、「全てのモノを赤い色に染め上げる」というものであった。
ジェイベズはその日から部室の物置部屋で、ダンカンが持ってきたものを赤いペンキで塗り立てていた。
ダンカンはジェイベズが塗ったモノを総本部に届けてくるといって、部室を後にしていた。
ジェイベズはあまりにも奇妙に感じるが、黙ってクラブを抜けるわけにもいかないし、
モノを赤く塗ることに楽しさを感じていた。
それでもやっぱり気になるのは気になるから、赤毛クラブについての調査をしてほしいとジェイベズはホームズに依頼をした。

ホームズはジェイベズの話と彼が塗った赤いモノの詳細を調べ、赤毛クラブの正体を突き止めた。
そもそも赤毛クラブはダンカンがでまかせで作り上げた幻でしかなく、ダンカン自身も赤毛ではなく、ウィッグを付けて赤毛と見せかけていただけだった。
ダンカンがジェイベズを騙して色々なモノを赤く塗らせていた理由、それは、学校が立ち入り禁止にしている池にいる白鳥の絵を描くためだった。
美術部に所属しているダンカンは、池の水草を食べにやってくる白鳥の絵を描くために、顧問に黙って池に行って、白鳥の絵を描いていた。
しかし、その池に帰宅部のジェイベズが暇つぶしのために石投げをしにきていたことを知る。
白鳥は人が池に石を投げたりすると驚いて逃げてしまうため、白鳥の絵を何としても完成させたいダンカンは、
ジェイベズの赤い髪から「赤毛クラブ」という架空のクラブを思いつき、ジェイベズをそのクラブに入会させ、
ジェイベズがいろんなモノを赤く塗っている間、ダンカンは池で白鳥の絵を描いていた…というのが真相だった。
ダンカンが描く白鳥の絵を見て、ホームズは「彼は将来、芸術家として大成するだろう」とワトソンと語り合った。
そんな事実を知らないジェイベズは、部室の物置小屋に行くが、物置小屋には「赤毛クラブは解散しました」という貼り紙が貼られてあり、ジェイベズは肩を落とした…。

ホームズのはこの事件を「芸術的な事件だ」と言っていたけれど、ダンカンがジェイベズを騙していたことには変わりは無いし、
それに、ダンカンに騙されたことを後にジェイベズが知ったら、ダンカンとの仲は最悪なことになりそうで後味が悪い。
ホームズもジェイベズに真実を話してないっぽいし、これで良かったのかな…と感じた。
このレスの続きを表示(342件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話