- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

336名無しさん@おーぷん :2014/11/01(土)01:54:38 ID:pyqrQcLeu
昔のトラウマスレからのコピペですが


32:本当にあった怖い名無し:2013/07/22(月) 12:56:23.82 ID:+l//Sm3w0
インドの漫画を描いてる漫画家さんの古い漫画がトラウマ

「失われた子守唄」だか「失われた旋律」って感じのタイトルだと思ったが怖いし切ない。

ある町に刑事と家族が住んでいた。
刑事の妻はスコットランド民謡『LONG LONG AGO』を子守唄代わりに一人息子に歌い、息子は歌詞の意味も知らずに母の歌を真似したりして仲睦まじく暮らしてたが
ある日、近所の女の子と高校の校庭でかくれんぼしてる最中に刑事の息子が行方不明になってしまう。
妻は息子は必ず帰ってくると信じながらも心労のため死亡。
息子は行方不明、妻に先立たれた孤独な父親の心の支えは息子の遊び友達の少女の成長だった。

高校生になった少女は、刑事に淡い恋心にも似た憧れを抱きつつ、例の高校に通ってた。
夕焼けを見ながら教室で一人、優しかった刑事の妻を思いだしつつ『LONG LONG AGO』を歌っている少女の前に奇妙な怪物が現れる。
驚き怯える少女は非常階段に逃げるが怪物は執拗に追い掛けてくる。
「いやあ!!来ないで!!」パニックに陥る少女に「ママ!」と叫びながら怪物が襲い掛かる。
少女は誤って階段から転落、頭を強打し流血しながら最後に『LONG LONG AGO』の詞の意味を思う。
死んでしまった少女の元にやってきた怪物はこう呟く。
「ママ…てうみざてる ざっとみー…ママ」
ママと繰り返しながら少女の片足を貪り食う怪物…

怪物が兵器工場の廃液によって奇形化した人間とか次々明らかになる真実もガタブルだったし
心の支えだった少女を殺した怪物への怒りに燃える刑事と怪物の対決が悲しかった。
刑事が銃を向けたら怪物が「ママー!!」と絶叫して歌を歌いはじめ、それで刑事は怪物の正体に気付き「神よ!」と叫ぶ場面は涙腺崩壊した。
刑事が怪物と化した息子を山林に放し、息子の存在を隠すために全てを背負って車ごと海へ落ちるオチは切なすぎる。

誰も悪くないのに悪い偶然が重なりすぎ…
このレスの続きを表示(316件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話