- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

261名無しさん@おーぷん :2014/08/09(土)22:32:38 ID:5WhFBbTAQ
怨み屋本舗が一段落したので。
レギュラーキャラだった里奈の人生〜最期が後味悪い。

女子高生の里奈が怨み屋に出会ったのはネットの集団自殺に参加しようとした時。
母親の再婚相手にレイプされる日々が嫌になったからだった。
しかもこの義父、母親の安全と引き替えに里奈を脅し、正当化のために
里奈自身に「私の穴を使ってください」等屈辱的な台詞を言わせていた。
怨み屋の助けで義父は男にシャブ漬けレイプされ男なしではいられない体になり家出。
事情を知らない母親は心配するが里奈は平穏な日常を取り戻した。
その後怨み屋にスカウトされ見習いとして活動に参加する里奈だったが
ある日母親が自宅にいる時に強盗に押し入られる。
もみ合ううちに強盗のマスクが外れる。正体は出奔した例の再婚相手。
シャブ漬けオカマに成り下がったまではいいが、今度はシャブを買う金が尽きて
勝手知ったる元我が家に忍び込んだのだった。
姿を見られたため元妻を惨殺する義父。
義父に母親を殺されたと知った里奈は復讐を完遂、義父も死ぬが母親ももういないのだった。
しばらくして里奈は大学に合格し怨み屋稼業と平行して学生生活を楽しむが
怨み屋の敵対者にボコボコにされた挙げ句丸刈りにされる。
怪我が治った里奈は怨み屋から泡森という元傭兵の男を紹介され
山奥の屋敷(怨み屋所有)で格闘術を学ばせる。
怨み屋は泡森をゲイだと思っていたのだが実はバイで普通に女とも寝れるため
里奈を飴と鞭で洗脳し垂らしこんで肉体関係を持つ。
初めて男性から彼女として優しく扱われた里奈は泡森にメロメロのベタ惚れになり
尊敬していた怨み屋に反抗的になる。
泡森が本気で里奈を愛している訳でないと気付いていた怨み屋は里奈に忠告するが
盲目状態の里奈は聞く耳を持たなかった。
そして二人で山奥にこもって特訓をしている時にラスボス鎧塚が襲撃。
見張りのおっさんを殺し泡森をも圧倒する。
実は泡森は元鎧塚のパシリから愛人になった過去があって(ついでに怨み屋の元彼でもある)
泡森は鎧塚に対して微妙な愛憎が残っていた。
サイコパスの鎧塚は泡森を圧倒し拷問まがいのリンチを加え面白半分にいたぶる。
怯えながらも泡森を信じて見守っていた里奈だが泡森は瀕死の状態で
鎧塚に媚び、里奈をも差し出そうとする。
鎧塚はさんざん焦らし希望を持たせた上であっさり泡森を処刑。
その後里奈は怨み屋から教えられ学んだ観察眼や洞察力を生かし
鎧塚の片目を潰し一矢報いるものの、鎧塚の部下の手によって嬲り殺される。
怨み屋の忠告を聞かなかった事を後悔し「死にたくない」と呟きながら。
最終的に鎧塚や部下たちは怨み屋の策略で全員それぞれが最も屈辱とする凄惨な最期を迎える。
復讐を完遂した怨み屋は里奈の墓前に手を合わせ終幕。

里奈は怨み屋が跡継ぎにしようとしていた節があり、厳しく当たりながらも
妹のように思い里奈のためになるよう動いていた。
悲惨な過去があるキャラがやっと幸せになって独り立ち出来そうになってから
あっさり死んだがきついし母も里奈も不幸の連鎖から抜けられなかったのも辛い。
またいずれ新シリーズが始まるかもだけどそこに里奈はいないんだと思うと寂しい。
里奈の成長も作品のテーマの一つだと思っていたので。
このレスの続きを表示(405件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話