- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

2481/4 :2014/08/05(火)15:00:04 ID:WI7jUaFQH
何年か前に観た「あの日の指輪を待つ君へ」というイギリスだかどっかの映画が後味かつ胸糞悪かった。
うろ覚えだからところどころ違うかもだけど書いてみる。

主人公は70代前半くらいの女性で、最近夫(Aとします)を亡くしたばかりで娘と2人で暮らしている。
主人公はいつも不満気でイライラしていて、夫Aにも冷たくあたり、娘とも仲が悪いとういかギスギスしている。
(娘は理由もなく夫Aに冷たくし、死後も夫Aにも娘にも興味なさそうな母に対し怒りと不信を抱いてる感じ)

ある日主人公と夫Aの共通の友人であるBという男(これも老人)が訪ねてくる。
Bに対しても冷たい主人公。
また、主人公にアイルランドから「主人公と男の名前(Aではない)が刻まれた指輪が発見された」という電話がかかってくる。
(ここのあたりの前後関係を忘れてしまったので、電話を受けてからBが来たかも…)
Bは主人公に対し、「まだCのことを愛しているのか」というようなことを言う。
しれに対し主人公は「忘れたことはない」と言い、衝動にまかせてリビングの壁紙をはがし始めた。
その下には、若いころの主人公とAではない男の仲の良さそうな写真が沢山貼ってあった。
このレスの続きを表示(418件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話