- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

218名無しさん@おーぷん :2014/07/27(日)20:22:27 ID:BsINIAg2f
Flobotsというバンドの、Handlebarという曲のPV/歌詞がどちらも後味悪い。

まずざっくり曲の内容を書くと、穏やかなイントロから始まって
「自転車で手放し運転出来るんだよ、ラップが上手いよ、踊れるよ」のような些細な自慢が続く。しかし自慢の規模は大きく政治的になっていき、激し目になった最後のサビでは独裁者の権利を自慢、最後にもう一度穏やかな演奏の中で手放し運転を自慢する。

PVでは、まず初めに自転車を手放しで運転する二人の男(AとBとする)が現れる。二人の目の前に分かれ道が出てきて、お互いの別れを惜しんでそれぞれの道を歩みだす。
Aはスラムに入り、ホームレスのような奴等と話をしたりする。
一方でBはビル街を歩いていく。どうやら彼は出世していってるらしい。
お互い真逆の道を歩いていく様子が流れ、場面転換。Aはスラムの仲間に何かを主張しだし、Bは社内で企画の説明している。そのままBは政治家になり、沢山の人の前で演説を始めた。その中に沢山の銃を持ったテロリスト達が突撃し、Bを暗殺しようとする。しかし機動隊がすぐさま現れて彼等を撃退していく。そうしてどんどんテロリストが減っていき、Bの目の前で首謀者が殺される。その首謀者はAだった。

Aが死ぬ前に思い出したのは、手放し運転をする二人。
このレスの続きを表示(424件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話