- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

179名無しさん@おーぷん :2014/07/02(水)00:18:24 ID:vDccmNFNQ
A男は高校生だ。同級生とプロを目指してバンドを組んでいる。オリジナル曲も作っている。
A男はイケメンで、熱心なファンもいた。
F子はファンの一人で、軽くストーカー気質だ。占いにはまっていて、
「これ、歌詞に使ったらいいかも」とバンドのラッキーワードを紙に書いて
差し入れしてきたりする。
A男は「ちょっと鬱陶しいけどバンドのファンだし」位にしか思っていなかったが、
バンドメンバーの一人であるB子は、F子がなんだか気持ち悪くて苛立っていた。

B子はF子が超有名な占い師に何事かを占ってもらった、という噂を聞いた。
しかし結果はF子の希望とは違ったようで、クラスメートに占いのことを
聞かれると「あんなの嘘よ」「私は認めない」などとブツブツ呟いていたらしい。

その後、A男とB子は付き合いだした。
登校時、校門の前で一緒にいるところを友達に見つかって冷やかされる。
そこへF子が走ってきてA男を包丁で刺し、そのまま逃走した。
A男は病院に運ばれたが、他界した。

B子は警察に「F子はA男が好きだったのに占いで自分の望んだような結果が
出なかったから、私を殺そうとしたんだわ。それが、手元が狂って一緒にいたA男を
刺してしまったのよ」と涙ながらに訴えた。

警察からの事情聴取の帰り道、暗くなった道をB子が一人で歩いていると包丁を持った
F子が笑顔で現れた。
「私を殺すの?」とB子が聞くと、F子は「やっぱりあなたは誤解してるのね。
私はあなたと間違えてA男を刺したわけじゃないのよ」と言って説明を始めた。

F子が超有名な占い師に占ってもらったのは、B子の未来だった。
「高校生からの付き合いの恋人が歌手としてデビューする。恋人はたちまち人気者になるが、
同時にかなりのストレスを負うことになった。恋人が人気歌手として大成できたのは
影で支え続けたB子のおかげである。
B子と恋人は長いこと付き合い、結婚する」
それが占いの結果だった。
しかしそれは間違った未来だ。
邪魔者をすべて排除し自分の力だけでのし上がってビッグスターになる、それこそがA男の
正しい未来。影で支え続けた恋人のおかげなんて認めない。
だから、A男を間違った未来から救うためにA男を刺殺したのだ。

「すべての未来を正しく修正するために、あと一つやることが残ってるわ」
F子はそう言って、大声で悲鳴を上げた。
そして悲鳴にひるんだB子の手に包丁を握らせて、自分の左胸を刺させた。

悲鳴に驚いて駆け寄ってきた人達が見たのは、胸を刺されて死んだF子と血まみれの包丁を手に
へたりこむB子の姿だった。
このレスの続きを表示(504件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話