- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

1751/2 :2014/07/01(火)01:26:38 ID:MXBxtjfSR
蟲師シリーズ 「枕小路」 漆原友紀

【前提】
舞台は対象か昭和初期。物語世界では、「蟲」と呼ばれる妖怪のような生き物がいる。
ほとんどの蟲は霊感のある人間しか見ることができないが、蟲はそこかしこにいて
良くも悪くも人間に影響を及ぼしている。
蟲師とは、蟲絡みのトラブルを解決する仕事をしている人のことである。


主人公の研ぎ師Aは、海の近くの村で妻と幼い娘と共に暮らしている。
あるときからAは予知夢を見るようになった。
Aは夢で崖崩れを予知して村人を救ったり、水脈を見つけたりした。
村人たちはAに感謝して、沢山の贈り物をした。
Aは、贈り物のおかげで、研ぎ師の収入ではできない贅沢を妻子にさせてやれるのが嬉しかった。

Aの元に蟲師が現れ、「予知夢を見せているのはAに憑いている蟲だ」と告げる。
「時間が経つにつれ、どんどん予知夢を見る頻度が上がってくる。そして最後には夢に取り込まれて
二度と目覚めなくなる。予知夢を見る割合が10日に5回以上になったらこの薬を飲め。
予知夢を見る割合を減らしてくれる。しかし、この薬はそれ以上飲んだら毒になる。
飲みすぎてもいけない」
と言って薬を渡し、「一年後、また来る」と言って去っていった。

一年後に蟲師が村を訪れると、村は人気もなく廃墟と化していた。
慌ててAの家に行くと、Aは鬼気迫る顔つきで何があったか教えてくれた。

最初のうちは、Aも妻も薬を飲み忘れることのないように気をつけていた。
あるとき嵐があって海が荒れ、何人もの村人が死んだ。Aの娘もまた死んだ。
娘の亡骸をかき抱いて、Aは「何のための予知能力なんだ、こんな大事なことが
予知できなかったなんて」と嘆いた。
村人たちは「全くだ、今までさんざん贈り物をくれてやったのに肝心な時に役に立ちやしない」と
A夫婦を冷たく睨んだ。
それ以来、A夫婦は薬のことを気にしなくなった。
このレスの続きを表示(467件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話