- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

143名無しさん@おーぷん :2014/06/15(日)07:02:10 ID:bGaMemhpH

散々既出かもしれないし、わかる人も多いと思うけど念のために解説しておくと
(と言いつつ、うろ覚えだけど)
吸血鬼になったディオ・ブランドーはウィンドナイツ・ロットという町を乗っ取り、町の住人を次々と手先のゾンビに変える(この作品では、ただ単に血を吸われただけの人は吸血ゾンビになる。いわゆるレッサーヴァンパイア)。
その中には、赤ちゃんを抱いた若い母親も含まれていた。
ディオは「2人とも私のものになれば、永遠に母子仲良く暮らせるんだぞ」と言うが、母親は「私はどうなってもいいから、この子だけはお助けください」と懇願。
「分かった。私はこの子には手を出さない。他のゾンビどもにも手を出させない」と約束し、母親の血をズギュンズギュンと吸う。
その結果……ゾンビになった母親は形相が一変、「あたしィィィの赤ちゃあァァァん!」と叫んで、自分の子供を貪り食ってしまう。
ほれ見たことか、自分は別に約束を破っていないぞ、と嘲笑うディオ。

このシーン、26年の時を超えてアニメ化された際「今のご時世、絶対にカットされるだろうな」と思って見てたら、普通にやりやがって驚いた(多少ソフトな感じになってはいたけど)
このレスの続きを表示(499件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話