- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後味の悪い話

1303/3 :2014/06/12(木)13:31:44 ID:JyI5wRPs9
決闘の時、自分に勝ち目がないと思ったロバートは、大俳優と相談して策を立てた。
つまり、リチャードが銃を撃った瞬間に撃たれたふりをして倒れ、A公爵は医者を
呼びに行かせる。そしてリチャードがロバートを案じて駆け寄った瞬間に撃ち殺したのだ。
決闘は夜だったし、リチャードとロバートは似ていた上A公爵は気が動転していたので、
この入れ替わりはバレなかった。
そして入れ替わりに気づかれないように、婚約破棄して急いで外国に旅立ったのだった。

真相を知ったA公爵夫人一行は怒り狂ってロバートを責め、軽蔑の言葉を投げつけた。
「こんなやつにはオールの先でさえ触りたくない」と言う者さえいた。
ブラウン神父は冷ややかな目でA公爵夫人一行を見て、「あなたたちは先ほどB公爵に
慈悲を、と言った。そしてB公爵が罪の重みに苦しみ、真に慈悲を必要としていると
知った途端にB公爵を責めだした。こうなると思ったから、帰って欲しかったのです。
あなたたちはB公爵の罪を責めますが、これだけの罪を犯してその罪を告白できるものが
どれだけいるでしょうか。
さあ、もうお帰りなさい。
私たち聖職者は、まさにB公爵のように真に慈悲を必要とする人のために
いるのですから」と、突き放した態度を取った。


--------------------
ブラウン神父の「悔い改めた重犯罪者>>>犯罪を犯していない一般人」みたいな態度にもやもやした。
このレスの続きを表示(549件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後味の悪い話