- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

集団ストーカー 殺人 飯田博行

37バレても続ける隠ぺい工作 :2017/12/07(木)20:45:12 ID:86K
■渡り鳥、微弱な電磁波でも方向失う/ ナショナルジオグラフィック 2014.05.08

ttp://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9206/

 脳の実験を終えた後にモウリトセン氏らは、簡単なテストをしてみることにした。小屋に入れたファラデーケージのアース線を、つないだり切ったりしたのだ。
パターンは完全に一致した。アース線を操作するだけで、鳥の方向感覚のメカニズムが働いたり乱れたりした。
この現象に関心を強めた研究チームは、次に、小屋の中の電磁波の乱れを、ファラデーケージをアースした場合としない場合とで測定した。アースをしない小屋で検出されたノイズは
、AMラジオ波の広い周波数帯にわたり、非常に弱いものだった。世界保健機関(WHO)が人間の健康を守るために採用しているガイドラインの100分の1から1000分の1程度だ。それでも、
不思議なことに、鳥の磁気コンパスの機能を停止させるには十分だったのだ。
さらに、決定的な証拠として、外部の電磁波を遮断した小屋の中で、AMラジオ波程度の弱い広帯域のノイズを発生させると、鳥の磁気コンパスは働かなくなった。

この発見で、渡りをする鳴禽類が減ってきているという心配な事実を説明できるかもしれないとモウリトセン氏は話す。 この発見は、人間の生活が生み出す微弱電磁場が生物学的プ
ロセスに影響を及ぼすという、科学的に健全な初めての証拠でもある。
 モウリトセン氏によると、観測された周波数から見て、これらは携帯電話や送電線によるものでなく、ほかの電波源によるものだが、それが何かは特定できていないという。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





集団ストーカー 殺人 飯田博行
CRITEO