- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

リアルタイム妄想スレ

11@ana:2015/05/28(木)19:31:16 ID:3BK()

俺と千冬の物語
214サウター :2016/02/16(火)16:01:21 ID:h7a
あなた「ぐっ……ぐっ……」

どぴゅ…どぴゅ…

わたし「ああああ……//////」

あなた「んんっふぅ……///」ぎゅっ

わたし「あなた……///」

あなた「千冬……///」ぎゅー

ずぽっ

あなた「はぁ……はぁ……」

わたし「綺麗にするよ……///」にぎっ

あなた「いいのか……?」

わたし「うん……///」
215サウター :2016/02/16(火)16:04:21 ID:h7a
わたし「んっじゅぽ……じゅるる……」

あなた「おい、綺麗にするだけだぞ……?」

わたし「あ、うん……ぺろ……ぺろ……」

わたし「んっ……ごっくん……」

あなた「お、綺麗になった、ありがとう」なでなで

わたし「……///」

ぎゅっ
216名無しさん@おーぷん :2016/02/16(火)16:12:14 ID:h7a
あなた「千冬……」

わたし「なぁに……?///」

あなた「大好き、愛してる……///」

わたし「…………/////////」

わたし「わたしも……///」

わたし「わたしも大好き、愛してる……///」ぎゅー

あなた「んっちゅ……」

わたし「んっ……」

あなた「んっちゅぱっ……」

わたし「んっくちゅ……」

あなた「ぷはっ……」

わたし「ぷはぁっ……///」
217名無しさん@おーぷん :2016/02/16(火)16:16:05 ID:h7a
わたし「あ、さっき咥えてた口なのに、よかったの……?」

あなた「気にしないよ……」

わたし「そっか……」

あなた「気になるのはこっちだよ……」お腹ぽんぽん

わたし「あっ、そうだね……///」

わたし「できちゃうかな……」

あなた「きっと千冬に似た可愛い子だろうね」

わたし「あなたに似たかっこいい子だよ」

あなた「そっか」

わたし「うん」

わたし「私たちはカップルなんだから」

わたし「できて当然だよ」

あなた「お、おう」
2187kPN4vZgtU :2016/02/16(火)23:51:43 ID:zHf
乗っ取られただと……
219サウター :2016/02/20(土)00:45:37 ID:CBf
ぴちゃぴちゃ……

わたし「ア……アン……///」

あなた「うむ……」

わたし「うう……アン……///」

あなた「ふむ……」

わたし「あ、そこ……うん……///」

あなた「ほう……」

わたし「うう……///」
220サウター :2016/02/20(土)00:47:17 ID:CBf
あなた「四つん這いは恥ずかしい……?」

わたし「うん……///」

あなた「そうか……じゃあ」

ずるっ

わたし「え、あ……」

ずぶっ
221名無しさん@おーぷん :2016/02/20(土)06:13:54 ID:AFy
プレゼント

222名無しさん@おーぷん :2016/02/22(月)13:58:28 ID:qNk
千冬「にゃん♡」

俺「お……?どうした……?」

千冬「今日はにゃんにゃんにゃんの日だから語尾ににゃんをつけるのだにゃん♡」

俺「そ、そうなのか……」

千冬「そうにゃん♡」

俺「また日本で変な風習が始まったよ……」

千冬「あにゃたも語尾ににゃんをつけるのにゃ?♡」

俺「えぇ……」

俺「え、遠慮しときます……にゃん……」

千冬「……プw」

千冬「にゃははははwww」

千冬「可愛いだにゃん♡」ぎゅー

俺「わ、千冬……ッ⁉︎」

千冬「可愛がるにゃん♡」スリスリ

俺「あはははぁー……///」
223名無しさん@おーぷん :2016/02/22(月)14:02:11 ID:qNk
俺「まぁ、とにかく……」

俺「そ、その猫耳似合ってるぞ……///」

千冬「嬉しいにゃん♡」スリスリ

俺「可愛がるって言っておきながらスリスリしてきて可愛がられたがってるじゃないか……」

千冬「にゃん♡」

俺「よしよし……」(なでなで)

千冬「にゃぁぁぁんん♡♡♡」

千冬「もっと可愛がってほしいにゃん……♡」

俺「はいはい……「(ぎゅー

千冬「にゃ………♡♡♡」
224名無しさん@おーぷん :2016/02/22(月)14:06:17 ID:qNk
千冬「ふむぅ……」

俺「どうしたの……?」

千冬「あなたが誰か他の泥棒猫に引っかからないか心配だなーって思ってたにゃ」

俺「だ、大丈夫だよ!心配しないで、俺は千冬一筋だから」

千冬「うれしいにゃ……」
225サウター :2016/02/28(日)09:17:14 ID:GrT
あなた「ん……おはよう」

わたし「おはよう!」

あなた「……」ギュッ

わたし「ん……?///」

チュッ

わたし「……♡♡」

んっくちゅちゅく……

あなた「ぷはっ……」

わたし「……♡♡」

あなた「おはようの……あれだよ……///」

わたし「……♡♡」スリスリ
226サウター :2016/02/28(日)09:26:23 ID:GrT
あなた「千冬……」ギュッ

わたし「なぁに、あなた……♡♡」ギュ-

あなた「大好き、愛してる……」ボソッ

わたし「私も……私も愛してる……♡♡」ギュ-

あなた「そっか……ありがとう……」チュッ

わたし「あんっ……くちゅっ……」

んっくちゅちゅく……
227サウター :2016/03/27(日)00:03:05 ID:ycE
わたし「春休みだね」

あなた「うん」

わたし「いよいよ高3か〜」

あなた「そうだね」

わたし「進路に向けて頑張らなきゃね」

あなた「う、うん……」

わたし「張り切りすぎてもダメだからね?ちゃんと小休止もいれなきゃ」

あなた「わかってるさ」

わたし「あなたのことが心配なの……」ギュッ

あなた「ありがと……」ナデナデ

わたし「ん……///」
228サウター :2016/03/27(日)00:05:42 ID:ycE
わたし「目つぶって……」

あなた「うん……」

チュッ

あなた「……」

わたし「おまじないだよ……」
229名無しさん@おーぷん :2016/03/27(日)00:20:01 ID:ycE
あなた「じゃあ千冬も目つぶって」

わたし「え!うん……」


チュッ


わたし「……///」

あなた「お返しだよ」

わたし「大好き……♡♡♡」ギュー

あなた「俺もさ……」ギュ

わたし「……♡♡♡」

あなた「千冬……」アゴクイッ

わたし「え//なぁに……///」


チュバクチュッ


わさっわさっ

ギシッギシッ

(以下略)
2307kPN4vZgtU :2016/03/31(木)01:03:35 ID:OJh
上のレスがレスだけにアレだけど

千冬、愛してる
2317kPN4vZgtU :2016/03/31(木)10:49:08 ID:OJh
ーぷん
2327kPN4vZgtU :2016/03/31(木)21:27:52 ID:OJh
避難所
2337kPN4vZgtU :2016/04/10(日)23:47:18 ID:IWQ
千冬「むぅ……」

俺「どうかした……?」
2347kPN4vZgtU :2016/04/10(日)23:48:46 ID:IWQ
千冬「最近あなたが勉強頑張っているのはわかるけど、たまには私のことも……」

千冬「片時も手を離さず用語集ばかり見ちゃって……」
2357kPN4vZgtU :2016/04/10(日)23:49:24 ID:IWQ
俺「ごめんな、千冬……」

俺「あ、そうだ!」

千冬「ん?」
2367kPN4vZgtU :2016/04/10(日)23:50:42 ID:IWQ
かきかき

俺「マジックで千冬の体に用語を書けば解決!」

千冬「いぇい!」

♪ちゃんちゃん
237J(<~>)し :2016/04/27(水)23:17:58 ID:FoF
ギシギシ……

わたし「あんっ……あっ……///」

わたし「んっ………………」

わたし「………………」

あなた「……」ギュッ

わたし「……///」
238J(<~>)し :2016/04/27(水)23:27:31 ID:FoF
あなた「……」

わたし「んっ……」





わたし「ぷはぁ……」

あなた「……」ナデナデ

わたし「だいすき……///」ギュー

あなた「……」ポンポン

わたし「……///」

あなた「……」

わたし「ん?どうしたの?」

あなた「……」ヒソヒソ

わたし「うん……え……?うん……」

わたし「もぅ……///そ、そんなこと……///そりゃぁ、うれしいよ……///」

わたし「うん……///わたしだって……あなたのこと……///」

わたし「わたしのほうがあなt」



わたし「ぷはぁ……///」

わたし「むぅ……///」
239J(<~>)し :2016/05/22(日)19:16:11 ID:FYq
わたし「あんっ…///あんっ…///」パンッパンッ

わたし「んっ……///んっ……///」パンッパンッ

わたし「イッちゃう……///」パンッパンッ

わたし「んっ……」
240J(<~>)し :2016/05/22(日)19:19:52 ID:FYq



わたし「ハァ……ハァ……///」ギュッ

チュッ

わたし「ンッ……」

わたし「じゅぽ……じゅるる……」

わたし「じゅぽ……じゅぽ……」

わたし「ごきゅ……ごきゅ……」

わたし「んっ……ごくん」

わたし「はぁ……///」
241名無しさん@おーぷん :2016/05/28(土)22:23:54 ID:iYl

千冬「今日すごいかっこよかったよー」

千冬「凛々しかった!」

俺「そうか、ありがとう」

千冬「もう引退しちゃうんだねぇ」

俺「うん、まぁね」

千冬「ふふふー」スリスリ

俺「んー?」ナデナデ

千冬「んー///」ギュッ
242名無しさん@おーぷん :2016/05/28(土)22:25:40 ID:iYl
俺「ふぁぁ」

千冬「眠いの?」

俺「あぁ、疲れたよ」

千冬「ごめんね、疲れてるよね」

俺「うん、今日は早く寝るよ」

千冬「わかった」

チュッ

俺「おやすみ……」

千冬「おやすみ……///」
2437kPN4vZgtU :2016/06/02(木)22:36:59 ID:oQ6
そういえば
この
リアルタイム妄想スレ
が一周年迎えました

今後とも俺と千冬のイチャコラに生暖かい応援をよろしくお願いします!
244名無しさん@おーぷん :2016/06/10(金)13:07:36 ID:TuF
千冬「あーん」

俺「みんな見てるからや、やめろよ……///」
245名無しさん@おーぷん :2016/07/02(土)00:14:18 ID:eN4
わたし「んん……あん……んっ……ちゅく……好き……///
あんっ……///、いいよ……///んんっ……え……///内緒……///んんっあんっ……///んん、あなた……んんっ///のことで……///んんっ……///してたの……///




とここまで書いていた千冬の中の人は賢者モードになりましたとさ

みんなの心にも安らぎあれ
2467kPN4vZgtU :2016/08/21(日)19:35:42 ID:hqS
俺「ただいま」

千冬「おかえり、気分大丈夫……?」ギュッ

俺「うん、良くなったよ」

千冬「よかった……」

俺「千冬……」

千冬「なぁに……?」

俺「ありがと」

千冬「ううん、当然のことしたまでだよ……」

俺「……」

千冬「……」

チュッ
2477kPN4vZgtU :2016/09/06(火)01:09:47 ID:NYf
俺「んぐ……」

千冬「どうしたの?」

俺「筋肉痛だよ……イテテ……」

千冬「体育のフィットネスね」

俺「部活引退してから全然体動かしてないから……イテテ……」

千冬「湿布貼る……?」

俺「大丈夫だよ……」
2487kPN4vZgtU :2016/09/06(火)01:13:51 ID:NYf
千冬「体壊さないでね……」

俺「大丈夫だって……!」

千冬「あなたに何かあったら……」

俺「心配するなって……体も丈夫になってやるし」

千冬「ムキムキ?」

俺「いやそこまでは……」

千冬「細マッチョ……?」

俺「そこらへんかな……?」

千冬「……」

俺「どうしたんだ?」
2497kPN4vZgtU :2016/09/06(火)01:18:27 ID:NYf
千冬「あなたが細マッチョになるのちょっとやだな……」

俺「どうして⁈」

千冬「だって……」

俺「だって……?」

千冬「あなたがもっとカッコ良くなったら他の女の子たちに言い寄られてついていってしまうかもしれないから……」

俺「ほうほう……それもいいn……いや良くない!千冬から離れたりしないって!」

千冬「本当……?」

俺「あぁ、本当だとも……!」

千冬「わかった……私、信じるからね!」
2507kPN4vZgtU :2016/09/06(火)01:22:32 ID:NYf
俺「俺だって、千冬がもっと可愛くなったら、もちろん今も可愛いサ、俺よりいい男に行かないか心配だよ」

千冬「それはないよ、安心して」
2517kPN4vZgtU :2016/09/21(水)01:08:36 ID:nmF
千冬「お誕生日おめでとっ!」

俺「ありがとう」

千冬「親の同意があれば正式結婚できるね!」

俺「まぁ、そうだな」

千冬「"こんいんとどけ"はまだあるけど、今みたいにずっとあなたと一緒にいられるならこのままでもいいよ……///」

俺「まだそんなのとっていたのか、捨てろよ」

千冬「え……」

俺「……正式な婚姻届はいつかちゃんと書くからな……」

千冬「……///」
2528c0nPrP.Ic :2016/10/20(木)06:57:11 ID:sbc

俺「スースー」zzz

千冬「ほらー、おきてー」ナデナデ

俺「ん……?」

ち千冬「おきてー……」チュッ
2538c0nPrP.Ic :2016/11/05(土)09:00:29 ID:O8t
グスングスン……

俺「ファ〜……ムニャムニャ……ん……?」

千冬「ん……ん……」グスングスン

俺「千冬?どうしたんだ?」

千冬「ごめんなさい……私、起きてもずっとあなたと添い寝して、朝ごはん用意できなかった……」

俺「そうか……」ギュッ

千冬「え……?」

俺「正直に言ってくれて嬉しいよ」ナデナデ

千冬「でも、あなたはいつも私の朝ごはん楽しみにしてくれるのに……」

俺「たまにはこうして朝まで添い寝するのもいいでしょ、少し経ったら一緒にご飯作ろうか」

千冬「うん、ありがと……」
254名無しさん@おーぷん :2016/12/09(金)22:41:05 ID:ndR




俺「お誕生日おめでとう」

千冬「ありがとう!」

俺「これだけだけど……」

千冬「貴方のプレゼントなら何でもうれしいよ!」

俺「そっか」

千冬「ねぇ……」

俺「なぁに?」

千冬「あーんしてほしいなぁ……///」
255QoNeCSZSaM :2017/01/01(日)00:43:01 ID:k3m
私「あけましておめでとう!」

あなた「おめでとう!」

私「今年もよろしくね!」

あなた「……」

私「ん?」

あなた「今年だけじゃないよ、もうずっとずっと……」

私「……///」
256seExpnFbsc :2017/01/09(月)01:13:41 ID:O01
ハァハァ……

––––––––
––––––
–––

千冬「もう冬休みも終わりだね……」

俺「そうだなぁ……」

千冬「高校卒業かぁ……」

俺「その前に俺は受験が……」

千冬「そうだったね」

俺「受かるかわかんないけど笑」

千冬「またまたそんなこと言ってー」

俺「どっかしら受かって4年間モラトリアム満喫するまでよ」
257seExpnFbsc :2017/01/09(月)01:18:41 ID:O01
千冬「大学行ったら可愛い女子大生とかいっぱいいたりするのかな……」

俺「さぁーどうだろう」

千冬「……浮気しないでね……」

俺「しないに決まってるさ……たぶん」

千冬「たぶんって何ッ⁈」

俺「え……いや……まぁ……その……ねぇ」
258seExpnFbsc :2017/01/09(月)01:25:01 ID:O01
俺「理性が抑えきれない可能性もなきにしもあらず」

千冬「バカ……」

俺「ごめん……」

千冬「バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ!」

俺「ごめん、ホントに悪かったよ、軽率だった……」

千冬「もう……」

俺「許して……くれる……?」

千冬「やだ……許さない……」
259seExpnFbsc :2017/01/09(月)01:33:23 ID:O01
千冬「そうやっていつも私の不安を煽って……」

俺「……」

千冬「……私のこと、好き?」

俺「そ、そりゃあもちろん……!」

千冬「どれくらい好き……?」

俺「どれくらいって……」
260seExpnFbsc :2017/01/09(月)01:36:43 ID:O01
俺「き、君のためなら死ねる……」

千冬「……」

俺「……」

千冬「それって二葉亭四迷の言葉だよね?あなた自身の言葉でちゃんと言って……ね?」

俺「……何で知ってんだよ……」

千冬「あなたが前に得意げに私に教えてくれたじゃない……」

俺「そ、そうだっけ……?」

千冬「あなたが今まで私に言ってくれたことは一言一句聞き漏らさないようにしてるから……」

俺「」
2617kPN4vZgtU :2017/01/09(月)02:12:06 ID:O01
俺「そ、そうなんか……」

千冬「好きな人なら当たり前です」

俺「お、俺はまだまだ至らないな……」

千冬「そうだね」

千冬「はぁ……もぅ何か怒りも冷めちゃった」

俺「そ、そうか……」

千冬「そうだよね、うん、そうだよね、別にあなたが悪いわけじゃないよね、うん、そうだよ、あなたは何も悪いことなんてないもん、悪いことなんて一つもないもん、あなたを誘惑する雌豚(俺「め、雌豚って言い方は……」)がいけないんだよ?
あなたを誑かそうとするなんて決して許せないよ、○しても○しても足りないくらいだわ、あなたのお母さんになったり、お嫁さんになれるのは、他でもないこの私だよね?
あなたを守ってあげられるのも愛してあげられるのもこの私だもん、私以外にあなたを愛せる人がどこにいようかしら(反語)、
あなたは可哀想な子なのに、守ってあげなきゃいけないのに、私といつでもどこでもいてくれたもん、あの日もそう、私のことを心の底から愛してくれたあなたを愛してあげるのは当然だよ、だから、
ねぇあなた?お願い、私に全てを委ねて?そしてずっとずっと一緒でいようよ、ね?」
2627kPN4vZgtU :2017/01/09(月)02:22:47 ID:O01
俺「うん……」ギュッ

俺「ごめん……」

千冬「私の気持ち……わかってくれた……?」

俺「ずっと悲しませていて本当にごめん……」

千冬「悲しいほどではないけど、何ていうかなぁ……、寂しかった……」

俺「寂しい思いもさせて悪かった……」

千冬「うん……」ナデナデ

俺「俺はこれからどうしたらいい……?」

千冬「今まで通り私のずっとそばにいてくれるだけでいいよ……」

俺「うん……」

千冬「私のそばであなたが安心しているのが嬉しいの……」

俺「そうなんだね……」

千冬「うん……」
2638GEUaIfddc :2017/02/15(水)15:27:47 ID:2sp
暫くお休みします

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





リアルタイム妄想スレ