- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

5年間付き合った彼女に二股されてたwww

1名無しさん@おーぷん:2017/03/28(火)23:56:46 ID:0IG()
立ったら書く
2名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:02:32 ID:nnf()
2ちゃんとかまとめしか見ないからスレ立ても初めてで右も左も分からないけど多めに見てくれ
5年間付き合った彼女に二股されてた話な
3名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:05:10 ID:HFv
お疲れ様、ゆっくりで良いからな
4名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:05:47 ID:nnf()
<今のスペック>
俺・・・20歳、都内理系大学生、顔面偏差値50とよく言われる

元カノ・・・20歳、ショップ店員、可愛い、俺が本仮屋ユイカ好きだからユイカとする

先輩・・・21歳、彼女の元彼、今は地方で働いてる、イケメン

新彼氏・・・20歳、彼女と同じ施設で働いてるショップ店員、塩顔イケメン
5名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:07:03 ID:nnf()
>>3
ありがとう
6名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:10:31 ID:nnf()
語っていく

俺は小学校の頃、少年野球のクラブチームに所属していたんだが、俺の住んでいた校区の中学校の野球部が弱いうえに碌でもない奴らの集まりで評判も実力も最悪だったため、クラブチームのみんなと隣の校区の良い野球部の顧問がいる中学校に進学したんだ。
当然中学校の入学式では、クラブのみんな以外に知り合いはいないからすごく緊張していた。元々その校区の小学校から上がってきた人たちも、俺たちを見てザワザワしていた気がする。
入学式が終わり、クラス分けされた教室に入った時に一番最初に目に入ったのがユイカだった。一目惚れだった。
二回目の席替えで俺はユイカと同じ班になり、そこでかなり俺たちは仲良くなることができた。俺は給食のときなんとかユイカを笑わせようと必死になってふざけてた。笑ってくれるユイカを見るたびにどんどん好きになっていった。
7名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:13:40 ID:nnf()
そんなこんなで1ヶ月半前まで全く知らなかった中学の人たちとも大分打ち解けることができた頃、年に一度の一大イベントである自然教室が近づいていた。
そこでも俺とユイカは同じ班になり、俺は奇跡だと思った。いや、運命だと思ったね。まぁ実際同じクラスだったから確率的にはそこまで低くないんだけど、当時の俺は舞い上がっていたからこれは運命だと信じて疑わなかった。
中学に入って最初に出来た友人(こいつをAとする)にだけユイカのことを相談していたのだが、Aに「お前ら仲良いし自然教室で告ればいけるって!」と言われ、俺は自然教室でユイカに告白することを決心した。
8名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:17:37 ID:nnf()
自然教室は非常に楽しかった。川で鮎釣りをしてみんなで食べたり、班ごとにカレーを作って食べたり、山の中をみんなと話しながら探索したりと、ユイカとも話せて俺は幸せだった。
毎年うちの中学の自然教室では、教頭先生が怖い話をした後に班ごとに肝試しをすることになっているのだが、俺とAは肝試し中のみんなを驚かせるおばけ役に指名されてしまった。
怖がるユイカに抱きつかれる妄想を繰り広げていた俺はおばけ役を断ろうと思ったが、ここで頑なに嫌がってビビりだと思われるのが嫌で引き受けてしまった。実際俺たちの班を驚かせたとき、女友達の腕にしがみついてるユイカを見て激しく後悔した。
同時にやっぱり可愛いな、なんて思ったりもした。
9名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:19:07 ID:nnf()
その夜、寝泊まりするテントの中でユイカと仲の良かった女子(こいつをHとする)に相談し、ここでも「いけるいける!」と言われ、俺は完全に付き合える気でいた。
Hにユイカを連れてきてもらい、テントから少し離れた場所で告白した。ユイカの答えは保留だった。
完全に付き合える気でいたためショックだったが、振られなかっただけマシな気もした。
10名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:19:43 ID:nnf()
読んでる人いるかな?
11名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:29:03 ID:nnf()
自然教室の帰りのバスで、ユイカと俺は隣の席だった。お互い疲れていたため会話もそこそこに寝てしまったのだが、野球部の友達がふざけて俺をユイカの方へと押して俺はユイカに寄りかかる形となってしまった。
周りが「ヒューヒュー」と囃し立てるのでユイカは起きて俺から体を離した。俺は恥ずかしさと悲しさで何も言えず、寝た振りをしたまま学校に到着するのを待っているうちにまた眠ってしまった。
こうして中学1年の自然教室は終わりを迎えた。
自然教室も終わり、普段通りの学校生活がまた始まり…はしなかった。俺とユイカの関係は何故かギクシャクし、そのまま中学3年の冬までユイカとは疎遠になってしまった。ちなみにその間も俺はユイカのことが好きだった。
12名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:31:37 ID:nnf()
ユイカとは干渉しないまま中学3年になり、部活を引退したあとは勉強もそこそこに野球部の奴らと遊びまくっていた。
そのころ、うちの中学ではAmebaやSkypeが流行っており、中学のみんなとそこで繋がっていた。みんなと言ってもうちの中学は一学年に50人もいないような小さな中学だったため、本当にほとんどの人と繋がっていた。
当時はTwitterではなくAmebaなうというものを使っていた。そんな流れで自然とユイカとも関わるようになり、夜遊びをしたりするような仲になっていた。
そしてまた俺の中でユイカのことが好きな気持ちが大きくなっていた。しかし、中1の頃のように告白して今の関係が崩れるのも嫌なので俺は悶々としながらユイカと遊んでいた。
13名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:41:25 ID:nnf()
そんなある日、突然ユイカからメールで「Yが>>1のこと好きみたいなんだけど」と言われた。
そのYというのは、俺が3年間通してずっと仲の悪かった女であり、もう長く会話すらしていない状態だったので非常に驚いた。
Yとユイカは仲のいい4人組でいつも一緒にいたので、嘘ではないと分かったが理由を聞くと「俺の睨みつける感じがよかった」らしい。Yは本気で頭がおかしいと思った。今はなんだかんだ仲いいんだけどね。
俺は自分の3年間の気持ちを伝えるならここしかないと思い、ユイカにメールで「でも俺が好きなのはユイカなんだよね」と言った。
ユイカはまた答えを保留した。それもそうだ、仲のいい友達が俺のことを好きで、その相談をユイカは受けていたのに、ユイカが俺と付き合ったらYとユイカの関係が危うくなるから。
1週間後、突然ユイカから「本当に嘘じゃないんだよね?」とメールが来たので本気だと答えると「よろしくおねがいしまふ(._.)」と返事が来た。3年間片思いし続けた結果、ようやくユイカと付き合うことができた。俺は心底喜んだ。世界が全く違うものに感じた。
付き合ったのは受験シーズン真っ只中で、夜遊びや塾終わりにずっと友達と駄弁ったりしていたため当然の如く俺は志望校に落ちた。そんな時に俺の心の支えになったのもユイカだった。ユイカさえいてくれれば何もいらないと心から思っていた。
14名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:49:19 ID:nnf()
ユイカは勉強ができないため、就職に強い高校に進学した。高校が違くても週に3回以上は会っていた。夏でも冬でも近くの公園で身を寄せ合い2人の時間を過ごした。
初めての本命チョコも、初めてのキスも、初めてのデートも、初めてのS○Xも、お互い全てが初めてだった。
そのまま人並みに喧嘩もし、人並みに仲直りもしながら付き合って1年半が経った頃、つまり高校2年の夏にユイカとの関係に疲れてしまい俺がユイカを振った。
別れたが、セフレのような関係が続いていて「このままずっとこうかな〜」なんて思っていた頃、ユイカに好きな人(先輩)ができ「先輩と付き合うことになりそうだからこの関係を終わりにしよう」と言われた。
なんだかんだユイカのことが好きだった俺は、楽な関係に甘えて好きな人を自分の側に置いておかなかったことを激しく後悔したが、手遅れだった。
そこから俺はユイカと連絡を取ることをやめ、Twitterもブロックした。クリスマス辺り(詳しい日付は知らない)にユイカは先輩と付き合った。それが原因で俺はクリスマスが嫌いになり、未だにクリスマスは男と過ごすようにしていたんだ。
15名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)00:58:39 ID:nnf()
毎年大晦日は中学の同級生(野球部+女子)と、誰かの家で年越しをすることになっているのだが、その年の大晦日は女子が全然来なかった。
友人達に半ば強制的にユイカに電話させられ、ユイカは女子を何人か誘って来た。年越しをして盛り上がったみんなは初詣に行くと言い出し、全員で行くことになったが俺だけユイカに呼び止められ、友人の部屋でユイカと2人で話し合うことになってしまった。
新年早々別れたセフレに説教をされて気分は最悪だったが、話し合っていくうちにお互いまだ気持ちが残っていることが分かり、結局またセフレに戻ってしまった。これが高2の冬の話。
16名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)01:07:15 ID:nnf()
年越しの1ヶ月後に、俺にも新しい彼女が出来たが俺とユイカの関係はそれでも続いていた。逆にどちらにも恋人がいるほうが気が楽だった。
先輩は卒業を期に遠くの地方へ就職してしまったが、ユイカとは別れず付き合い続けていた。俺は結局新しい彼女とは上手くいかず、半年程で別れてしまった。気付けば高校3年生の夏だった。
俺は国立医学部を目指していたが、別れた寂しさを埋めるためにユイカとずっと過ごしていた。花火大会やデートに行ったりもした。夏休みの終わりに、我慢ができなくなってしまい、ユイカを先輩から奪った。
こうして俺とユイカは約1年ぶりに恋人としての関係に戻った。しかし、先輩のことを巡る喧嘩で俺がユイカに手を挙げてしまい、2ヶ月程でユイカに振られてしまった。高校3年生の11月だった。
17名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)01:26:47 ID:nnf()
そこから俺はユイカのことを考えないようにするために夢中で勉強をしたが、高校3年間必死に勉強しなかった俺に国立医学部を狙えるだけの学力はなかった。ユイカと別れたことで、俺の中にはできるだけ早く卒業してできるだけ早く就職して金を稼いでユイカを見返したかった。
というかまた俺のところに来てほしかった。
そんなわけで浪人はしたくなかったし、6年間も大学に身を置きたくなかったためセンターの1ヶ月前に親に土下座をして泣きながら医学部を諦める旨を伝えた。
センターが終わり、周りの受験生は私立の対策や受験をしていた。俺は国立医学部に入れる実力はなかったが曲がりなりにも医学部を目指していたため、現在通っている大学には余裕で合格できる自信があり、私立は受験せずに2次の対策だけをしていた。
後期の出願もせず、万が一落ちたら浪人して医学部をもう1度目指そうと思っていた。
そんなとき、ふとiPhoneの日付を見るとユイカと中学3年のとき初めて付き合った日だった。3ヶ月間全く連絡もせずに勉強ばかりしていたため、久しぶりの休息も兼ねて電話でユイカをご飯に誘った。
久しぶりのユイカは相変わらず可愛く、そして愛おしかった。その日の夜ユイカの家に上がり、キスをした。
そしてまた付き合うこととなった。しかし、高校受験と同じ失敗をする訳にもいかないのである程度しっかり勉強はしていた。
前期試験が終わり、手応えは充分過ぎるほどにあったので、合格発表もわざわざ大学まで見に行かずにユイカの家で一緒に見た。合格だった。自信はあったがやはり安堵したし嬉しかった。ユイカも喜んでくれた。
18名無しさん@おーぷん :2017/03/29(水)17:15:11 ID:nnf()
地元から大学までは新幹線を使えば通える距離だったが、一人暮らしを選んだ。ユイカとは遠距離になるが、気軽に帰れる距離にはいるうえに付き合い自体も(セフレの期間を含めれば)中学3年から3年以上あったので、遠距離でも大丈夫な自信があった。
ユイカは地元のショッピングモール(?)に就職し社会人に、俺は大学に進学し、それぞれ全然違う道に進んだがそれでも大丈夫だと思っていた。
しかし、遠距離になって2年、次第に会う回数も減り、連絡の頻度も少なくなり、互いにあまり干渉しないようになっていった。
そんな中、1ヶ月程前にユイカが友達と飲みに行ってから連絡がつかなくなり、俺が明け方に起きてもまだ返信はなく、その日の朝からユイカは仕事があったためそこまで遅くなるのもおかしいと思ったので「まだ帰ってないの?」とLINEを送った。5分後にユイカから電話がかかってきた。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





5年間付き合った彼女に二股されてたwww
CRITEO