- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

だらだらと小説書いてってもいい?

3名無しさん@おーぷん :2017/11/03(金)18:23:50 ID:CpV()
「おはようございます、大統領!」

 やかましい側近の敬礼を軽く流しつつ、私は国民たちのもとへ早足で向かう。
 こちらに来てからというもの、すっかり時間感覚を忘れてしまったもので、遅刻など日常茶飯事であった。

「その呼び名はやめろと、何度も言ってるだろ」

「いえ!大統領は何があろうと、我々の大統領であります。大統領、今日もお若いですね!」

「わかりやすいお世辞で機嫌をとるな」

 私は激務から解放され、一国民として生きるつもりだった。しかしながら、人々は期待と、親しみと、あるいは怒りををこめてそう呼ぶのだ。
 大統領、と。
 なにより、彼等は指導者を求めていた。この地の底から自分たちを救い出す希望を求めていた。

 広場に着くと、まばらに人が立ち込めていた。私の話に聞き入ろうと、じっとこちらに眼差しを向けるものもいる。毎朝大した話もしないのだが。
 彼等の後ろには、仕事場へ向かう者、朝っぱらから呑んだくれるものもいる。ここに居ないものは、すでに早くから働いているか、自室で寝ているかといったところだろう。働いているものは少ない。しかし、私は彼等に職を与えてやることもできないのだ。
このレスの続きを表示(7件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





だらだらと小説書いてってもいい?
CRITEO