- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

思い付くまま、ノリと勢いでラノベを書いてく

1作者乙◆GppThCZkZY:2016/06/25(土)19:55:33 ID:rLz()
書き溜めなし
熱血ロボットラノベを目指す
人もいないしいいよね
2作者乙◆GppThCZkZY :2016/06/25(土)20:06:54 ID:rLz()
その日世界は、絶望の底に落ちた。
街は燃え、空は紅く染まり、人は惑い、叫び、泣き、倒れ……。地獄のようだった。文明の発達も、穏やか毎日も、当たり前の生活も、全てが塵へと変わる。
人々は恐怖し、迫る終焉を感じていた。
3作者乙◆GppThCZkZY :2016/06/26(日)08:16:58 ID:cpk()
「――……父さん、母さん……ひな……」

 阿鼻叫喚と化す街の片隅で、少年の声がこぼれた。燃え盛る一軒の民家の前に座り込み、その腕にまだ幼い少女を抱きしめる。少女の体はぴくりとも動かない。既に、事切れていた。
 耐え難い悲しみにうち震える少年。だが弱々しかった瞳は、やがて強さを増し始めた。そして街の奥を睨み付け、大粒の涙を流しながら吠える。

「……許さない……絶対に、許さない……!」

 その目には炎が宿る。紅蓮よりもなお紅く、業火よりもなお熱い。
 彼が見つめる先、陽炎の向こう側。そこには、数体の巨像の姿があった。35歳
公立小学校教員
580万円
それなりに満足している。
仕事は好きだし、割りと役に立ってる自信も持ててきた。
最初の三年は力不足で凄く苦労したけど、
その三年本気で勉強したのが役立ってる。
下品だけど、クビにならないのもでかい。
 地響きを轟かせ、全てを踏みにじる巨像。街も、人も、栄華も、文明も、微笑みも、温もりも、全てを蹂躙しながら。
 その姿は、まるで降臨せし最期の神であった――。
4作者乙◆GppThCZkZY :2016/06/26(日)08:17:38 ID:cpk()
>>3
ワロタ
なんか変なコピー入ってるし
5作者乙◆GppThCZkZY :2016/06/26(日)08:18:28 ID:cpk()
「――……父さん、母さん……ひな……」

 阿鼻叫喚と化す街の片隅で、少年の声がこぼれた。燃え盛る一軒の民家の前に座り込み、その腕にまだ幼い少女を抱きしめる。少女の体はぴくりとも動かない。既に、事切れていた。
 耐え難い悲しみにうち震える少年。だが弱々しかった瞳は、やがて強さを増し始めた。そして街の奥を睨み付け、大粒の涙を流しながら吠える。

「……許さない……絶対に、許さない……!」

 その目には炎が宿る。紅蓮よりもなお紅く、業火よりもなお熱い。
 彼が見つめる先、陽炎の向こう側。そこには、数体の巨像の姿があった。
 地響きを轟かせ、全てを踏みにじる巨像。街も、人も、栄華も、文明も、微笑みも、温もりも、全てを蹂躙しながら。
 その姿は、まるで降臨せし最期の神であった――。
6名無しさん@おーぷん :2016/07/13(水)14:06:49 ID:b0M
オタワ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





思い付くまま、ノリと勢いでラノベを書いてく
CRITEO