- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

創作ものがたり研究室

1名無しさん@おーぷん:2014/08/20(水)12:09:18 ID:qiN5iX8uP()
物語の創作方法を考える
2名無しさん@おーぷん :2014/08/20(水)12:13:35 ID:qiN5iX8uP()
まずは【怪談】を書けるようになるにはどうすればいいのかを考える
以下他スレに書いたものの転載

怪談の基本的な構成

ビジュアル的な勘違いや誤解から恐怖パターン
①あるうわさ。何かしら特徴的な造形。無害なものとされている。
②たしかめにいってそのものと遭遇する。
③実は悪しきものだった。うわさの造形に重大な誤解があったことがわかる。

謎の監視者パターン
①日常で何かしらのちょっとした違和感や不可解が発生する。
②何者かから「すべて知っているぞ」「見ているぞ」的な伝達を受けて①の現象に思い至り終わる。

実は悪化していましたパターン
①超常現象にあったり自分から体験しにいったりする。
②日常に戻る。
③自分では無自覚だったが他者からそれが終っていない、むしろ悪化していることを指摘されて終わる。
3名無しさん@おーぷん :2014/08/20(水)12:15:34 ID:qiN5iX8uP()
繰り返されていた攻撃の恐怖パターン
①友人など他者に不幸、不吉なことが起こる(自殺、精神病など)。
②被害者が日常的に触れていたものや現象や習慣を知る。
③そこから被害者が日常的によくないものと接触していたことが判明して終わる。(電話から呪いの言葉を聞き続けていたなど)

トラップ昔話パターン
①何かしらのアイテムや場所にアプローチする。大抵登場人物は子供。
②仕掛けられていた罠が発動(過去に封じられた悪いものなど)。
③年寄りが由来を語る。

めずらしい舞台やシチュエーションで押し切るパターン
・あまり詳しくは知られていないような舞台を用意してそこに異形や超常現象を適当に放り込む。(歯科医師だとか製靴工場での話だとかなんかそんなの)
・それにまつわる詳しい知識などをさらっと入れる。とりあえずリアルだなと思わせる。
・上手く書ければ起きる恐怖のパターン自体はありきたりでも「そういうとこでもそういうことってあるんだー」みたいな感じで押し切れる。

※構成については今後も随時追加予定
4名無しさん@おーぷん :2014/08/20(水)12:27:51 ID:qiN5iX8uP()
しかし結局のところ人の記憶に残りやすく人気の出やすい話というのは
クリーチャー造形の優れた作品である場合が多いように思う
なので最初にクリーチャーの造形を考えて「いける」と思ったのが出来たら
それに沿った物語を作っていくというのも一つの手段なのである

怪談クリーチャーは大きく考えて以下のような要素で構成されている(作成中)

○デザイン
・基本モデル:人型(年齢性別なども決める)、動物型、その他型(箱など)
・形:基本の形をオズボーンのチェックリスト的な発想方法でいじっていくと作りやすい
(例えば人体の一部分を増やす、削る、長くする、逆にする、大きくする、別のものと組み合わせる・・・など)
・色:その存在を象徴する色(個人的に思うこわい色:白>赤>青>黒)
・動き:
・名前:

○遭遇シチュエーション
・場所:
・タイミング:時刻やそのときの主人公の状況や精神状態など(?)
・距離:遠目でみてもやばいと思った(遠)。突然現れた(近)。

○攻撃方法とその効果
<攻撃方法>
・出現:見た目や存在が与える恐怖そのものがすでに攻撃
・追跡:つかまったらどうなるんだ?という読者自身の想像が武器となるのである意味一番こわい
・音声:独特の発声、悲鳴、鳴き声、叫び声、決めゼリフ、その他効果音、など
・精神:
・斬撃:刃物、爪、など(かすったりギリギリでかわしたりがベター)
・打撃:全身を使って(就寝中に乗っかってくるなど)、平手(平手の場合は直接攻撃ではなく手形でこわがらせるのが目的)
・掴み:主には捕獲のため、または痕をつけてのちに恐怖させるため
<効果>
・即死:
・重症(物理):乗車中に事故を起こされるなど
・重症(精神):「彼は今でも精神病院にいます」など
・軽傷(物理):引っかき傷、手形、あざ、など
・軽傷(精神):「今でも○○が苦手です」など
5名無しさん@おーぷん :2014/08/20(水)23:29:47 ID:86oHdrah8
俺はちゃんと見てるぞ
6名無しさん@おーぷん :2014/08/21(木)17:24:30 ID:NaVjoIULa
少しでも物語を作りやすくするためには何を知ってどうすればいいか?
みたいなことを素人が勝手に色々考えるだけなので
どうかやさしく見守っていただきたい・・・
何かアイディアがあれば遠慮なくどうぞ
7名無しさん@おーぷん :2014/08/21(木)18:38:18 ID:NaVjoIULa
試しに既存の怪談クリーチャーのステータスを上記に割り振ってみる(※同時に修正も行う)

第1回目は『八尺様』です

○デザイン
・名前:八尺様
・基本モデル:成人女性
・象徴色:白
・外見:異質な長身。2メートル越え。白い帽子に白のワンピース。顔は明かされない。
・動作:特徴的なものはなし。
・音声:「ぽぽぽぽ」「ぼぼぼぼ」なる笑い声。また人語を操り人の声色を真似ることもできる。
・性質:ストーカータイプ。気に入った人間を追う(気に入る理由は不明)。しかし地蔵様によって移動範囲を制限される(弱点)。

○攻撃方法とダメージ
<攻撃方法>
・追跡:被害者のいる家へ入ろうとする。ゆっくり走っている車の中を覗こうとする。
・打撃:家や車の窓をノック。姿は見えずとも存在を示して怖がらせる。
<ダメージ>
・軽傷(物理):盛り塩やお札を黒く変色させた。「ちゃんと攻撃は仕掛けてましたよ」の証であるとも言える。

次回は『八尺様』の物語の秘密に迫ります
8名無しさん@おーぷん :2014/08/25(月)09:51:32 ID:7DDc6bD7C

既存怪談『八尺様』の物語構成を考える


①なぜ父親の実家へ行かなくなったのか?その理由が語られる。
②十年以上前に祖父母宅で八尺様と遭遇。
③その場で祖父母へ連絡。八尺様のことを聴く。
 ・八尺様の由来を知る。
 ・魅入られると数日のうちに取り殺されてしまう。
 ・地蔵によって行動範囲を制限されている。つまり地蔵結界の外へ出れば逃げられる。
④深夜に隔離された二階の一室へ八尺様が来る。祖父母たちのサポートによってしのぐ。
⑤翌朝車に乗って逃走。追われるも逃げ切る。
⑥十年後の現在、地蔵結界が破られ八尺様が再び現われる可能性があると語って終わる。


↓上記から物語の骨組みだけを取り出した形。『八尺様』固有の要素や名称といった肉付けを取ったもの。


①回想として始まる。
②身近な非日常(田舎)にて怪異と遭遇(前兆)。
③ヘルパーの協力を得る。怪異の情報を得る。
 ・来歴を語ることにより怪異の存在感をより強める。
 ・被害内容を明らかにして現実的な恐怖を高める。
 ・怪異の弱点や対処法を示すことで以後の展開の流れを明確にする。
④怪異との戦い(その1)
⑤怪異との戦い(その2)※戦いに打ち勝ち日常を取り戻す
⑥拠り所であった弱点が無効になったことによる非日常の再来をあおって終わる。


※上記骨組みを基にしてオリジナルの肉付けを施すだけで別の話を容易に作れるのではないだろうか?
9名無しさん@おーぷん :2014/08/25(月)10:40:53 ID:7DDc6bD7C
補足:その他『八尺様』を読んで個人的に思ったところ

○テンポについて
とにかく文章のテンポがいい。9行目で早くも八尺様の笑い声が出てきている。余計なことが一切書かれていない感じ。
それでいて、
>この地区(今は○市の一部であるが、昔は×村、今で言う「大字」にあたる区分)に地蔵によって封印されていて(後略)
みたいな細かいことがさらっと書かれたりもしていて、うまくリアリティを醸し出しつつ調子よく物語が進んでいってる。

○「ぽぽぽ」について
たとえ読む気がそんなにないときにバーッと画面スクロールしていても「ぽぽぽ」書かれてたら手も止まる。
「え、何?」ってなってとりあえず読んでみたくなる。
秀逸であると思う。

○バトルについて
大体こういう短い怪談のバトルはまず直前に「遭遇」がありそのあとの「戦い」でとりあえずの勝利をおさめ、
その後どうなるか?という展開が多いように思う。
しかし『八尺様』においては「遭遇」のあと「戦い1」と「戦い2」がある。これはわりと珍しいんじゃないだろうか。
それでいて飽きずにおもしろいというのは、戦いのカラーがしっかり分かれているからだと思う。

「戦い1」は隔離された密室内で主人公が一人耐え忍ぶといういわば”静”の戦いであり、
そこに返事禁止に対しての呼び掛けだましといった類型的な戦いが繰り広げられ昔話バトルファンも納得の展開。

「戦い2」は移動する車中で複数のサポーターと共に村を脱出するという”動”の戦いが行われ、
更に自動車(しかし”軽トラ”であることで田舎的情緒は失われない)という現代的文明的な舞台・アイテムを用いることで
前の戦いとの明確な雰囲気、演出の差別化がはかられている。
10名無しさん@おーぷん :2014/08/31(日)00:14:17 ID:QKZ4oradY
くだらんなあ
11名無しさん@おーぷん :2014/08/31(日)19:26:02 ID:PYBns1O6X
俺は面白いと思う
12名無しさん@おーぷん :2014/11/30(日)18:55:03 ID:D6b
朔と坊を繰り返すか?

朔と坊






さくっとぼうず
13名無しさん@おーぷん :2016/05/03(火)02:19:45 ID:jqY
保守7

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





創作ものがたり研究室
CRITEO