- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

もしアメリカをガン無視でイギリスの植民地だけを分捕ってたら

1名無しさん@おーぷん:2016/02/09(火)11:25:23 ID:UYM()
アメリカが参戦する理由がないし、ドイツもイギリス勝ってたかもしれない。
ドイツvsソ連は分からんが、少なくとも北方領土は奪われなかったかも?
2名無しさん@おーぷん :2016/02/09(火)11:28:32 ID:b0m
ソ連は同じ手を使ってたよ!
3名無しさん@おーぷん :2016/02/09(火)11:35:35 ID:y99
だから山本五十六は愚将とかフリーメーソンとか言われる
わざわざアメリカを激怒して参戦させる為だけに真珠湾攻撃を計画したのではないかと

なにせ、山本の真珠湾攻撃への熱意って異常だったしな
4名無しさん@おーぷん :2016/02/09(火)11:42:19 ID:UYM()
>>3
戦う前から負けるのは分かってたんだよな。
なんでいきなりババ引いちゃうのか・・・。
5名無しさん@おーぷん :2016/02/09(火)20:23:05 ID:y99
>>4
いや、戦い方では勝ち様は有った。
山本が愚将なだけ。
第一次ソロモン海戦みたいな圧倒的不利な戦いでも勝利しちゃうくらい、当時の帝国海軍の練度は物凄かったんだから。
6名無しさん@おーぷん :2016/02/09(火)21:09:15 ID:kYl
この時のドイツはイギリスに押せ押せだったんだし、
日本としても挟み撃ち(と言うより空き巣同然の)アジアを狙った方が
リスクが少ない上に、資源も供給できると思うんだが。
7名無しさん@おーぷん :2016/02/09(火)21:23:25 ID:y99
>>6
無論そうだよ。
でも、最初から「米国には勝ち目無し」と決めてかかるのも違うよね。
1944年以降の、米国の総力を挙げた軍需生産が、
1941年開戦当時から存在していたかのように錯覚してはいけない。(戒め)

それにそれを言うなら東條英機が言った通り、
『日露戦争の時の方がもっと不利だったじゃないか』
とさえ言える。
8名無しさん@おーぷん :2016/02/09(火)21:29:48 ID:y99
確かに理想を言えば、インドまで征服して、
徹底的にインド洋の制海権を握り、
援蒋ルートやソ連へのレンドリース、
北アフリカ戦線への戦車補給を妨害した方が、
日本にとっても、ドイツにとっても良かったのは確か。

日本は、第一次大戦後、ドイツに大量の海軍軍人を派遣したそうだが、一体ドイツで何を見て勉強してきたのか理解に苦しむ。
ドイツによるUボート攻撃や、
逆に、連合軍による(餓死者も出した)ドイツ海上完全封鎖について、
ほんの少しも第二次大戦で検討や考慮の対象になっていないのは何故だ?
本当に理解に苦しむ事は確かだ。
9名無しさん@おーぷん :2016/02/10(水)05:33:38 ID:GON
とりあえずここの連中に需要あるかもしれない作品を貼っておこう
http://www.cwo.zaq.ne.jp/bface700/hs1/diesel_yamato/diesel_yamato_index.html
10名無しさん@おーぷん :2016/02/11(木)07:38:02 ID:BgR
アメリカが当時、満州の利権に俺達も噛ませろ、みたいなことを言ってた、と何かで読んだ記憶があるんだが、その辺はどうなんだろう。
11名無しさん@おーぷん :2016/02/11(木)07:59:08 ID:cTr
>>10
日露戦争終わったときから言ってるよ
12名無しさん@おーぷん :2016/02/11(木)10:54:31 ID:8sd
>>10
それくらいの要求なら、日本は開戦前の甲案や乙案でも受諾している。
でもアメリカは中国市場を独り占めしたかったから無視した。
13名無しさん@おーぷん :2016/02/13(土)00:00:17 ID:KhT
イギリスに勝てるのか?
14名無しさん@おーぷん :2016/02/13(土)01:54:10 ID:38P
>>13
時代遅れのイギリス海軍如きは余裕だろう
ただし、大日本帝国海軍の全力を投入する事が前提であり、
また、「西太平洋からインド洋まで」という範囲を限定する事が絶対条件だが。

大して強くもないドイツ海軍にすら散々苦戦を強いられていたイギリス海軍は、
最早かつての大英帝国の栄光は無きに等しかった

それに、イギリスにはゼロ戦に勝てる艦上戦闘機は無かったしね
艦爆や艦攻も日本の方が圧倒的に技術も練度も上

よっぽど無能な采配でもしない限り、負けるはずが無い
15名無しさん@おーぷん :2016/02/13(土)20:28:30 ID:38P
>>13
ちなみに、まだ松岡洋右が外務大臣だった1941年の5月辺り(独ソ戦前)に、
イギリスの首相チャーチルが、事実上の降伏宣言を訪欧中の松岡に送っている
もちろんハッキリと「日本に降伏します」とはイギリス人のプライドからも言えないし書けなかっただろうから、
実際の文面はやたらと上から目線になって日本を恐喝し、
「俺様の背後にはアメリカ様が居るんだぜ~」
という内容の文章に仕上がってはいるが

しかし自分の国から独立され、しかもイギリスの超大国の立場を追い越し始めていたアメリカなんて、
イギリス人からして見れば超が付く程の大っ嫌いで屈辱だったはずで、
ここで、アメリカの名前を出して凄んでみせるというのは、
【もう、そこまで追い詰められてた】
事の決定的な証拠
16名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)10:30:55 ID:hxq
イギリスには、日本海海戦で勝たせてもらった恩があるから、海軍内部のフリーメーソン達にとって、対米開戦は必須だったと思う。

だいたい、絨毯爆撃されて、海軍省の立派な建物が、あとで映画撮影で使えるぐらい綺麗残ってるって、オカシイと思わない??
17名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)10:33:32 ID:hxq
ちなみに、近頃のイギリス人に会うと分かるが、甘やかされて育ったって感じなのがいっぱいだ。


あんな連中の為に、いまだに日本が苦労しなければならなかったとは。そう思ったわ。
18名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)10:48:52 ID:hxq
>>10
それが遠因だろ。カネ払わなければ、国内のメーソンが発狂するってシナリオは、いつも一緒。マフィアだねw
19名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)22:15:36 ID:hxq
あーあ。ワニー居なくなっちゃった・・・。

せっかくSASの話聞かせてくれると思ったのにな~

しゃーねーか。
20名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)22:16:37 ID:hxq
大英帝国とともに、ワニーの時代も終焉を迎えたのかも知れない・・・

感慨深いものがある。
21名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)22:17:29 ID:hxq
ワニーーーーーーーーーーーー!


達者でなーーーーーーーーーー!
22名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)22:19:50 ID:hxq



23名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)22:21:39 ID:hxq



24名無しさん@おーぷん :2016/06/14(火)20:25:48 ID:pVw
思いつきで軍板に来るんじゃね~よ
25名無しさん@おーぷん :2016/06/19(日)12:16:06 ID:XVj
http://youtu.be/dGnbSyMsq2Y

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





もしアメリカをガン無視でイギリスの植民地だけを分捕ってたら
CRITEO