- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

浪漫を保持しつつ、自衛隊用空母を現実的に考える

11:2015/11/10(火)15:17:34 ID:tBW()
考える上での前提条件として
「自衛隊には空母が必要である」
と仮定する。
この点に関する異論は認めない。
21 :2015/11/10(火)15:18:52 ID:tBW()
次に、
「なぜ空母が必要なのか」を考える。
というかこじつける。
31 :2015/11/10(火)15:22:08 ID:tBW()
航空母艦という兵器を考える上で、設定できる能力は以下の3種類。
・対空能力(早期警戒を含む)
・対地能力(災害救助・対艦能力も含む)
・対潜能力(対機雷能力も含む)
4名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)15:22:27 ID:VCT
名前は翔鶴、または瑞鶴とする
51 :2015/11/10(火)15:23:35 ID:tBW()
ゲームの如くステータスを振るとして、
Max100の数値をどれに振り分けるべきか。
それによって「その空母になにをさせたいのか」を決める。
61 :2015/11/10(火)15:25:03 ID:tBW()
そうは言ってもすぐには分からん。

ので、現実の空母を例にしてみる。
71 :2015/11/10(火)15:28:48 ID:tBW()
例1.アメリカ式空母
  大正義正規空母。海上の移動要塞。ハイコスト・ハイパフォーマンス。
  小型版としてフランス式空母(シャルルドゴール)もやや強引にこっち
  に含んでみる。
  恐らく、この手のスレで想定されるのは大体コレ。
81 :2015/11/10(火)15:36:37 ID:tBW()
例2.ロシア式航空巡洋艦
  冷戦が生み出した米機動艦隊迎撃用決戦兵器。浪漫の塊。
  大量の対空兵器と超大型対艦ミサイルを搭載。
  艦載機で米機動部隊の防空網をこじ開け、
  →192発の短SAMと6基の複合CIWSで群がる敵機を叩き落し、
  →超大型対艦ミサイルの射程に敵空母が収まるまで突き進む。
  そんな映画のラストシーンみたいな戦術のための船。
  よってステータスは対空全振り。やってることは航空戦艦に近いと思う。
91 :2015/11/10(火)15:39:14 ID:tBW()
例3.イギリス型軽空母。
  英国面が生み出した傑作。アメリカ以外の空母はだいたいコレ。
  事実上ハリアーしか使えないSTOVL空母だけど、上二つと比べて
  圧倒的に安価。
  空母は欲しいけどお金が無い。
  そんなアナタにお勧め。
101 :2015/11/10(火)15:42:31 ID:tBW()
まとめると、

アメリカ式:最強&最強。コストも最恐。
ロシア式:浪漫(しか無い)。
イギリス式:コスパ最高。性能そこそこ。
111 :2015/11/10(火)15:44:15 ID:tBW()
ここで忘れちゃいけないのは、

自衛隊は貧乏である

という現実。
なので、なんといわれようとも金のかかるアメリカ式は却下となる。
121 :2015/11/10(火)15:48:45 ID:tBW()
なぜアメリカ式は金がかかるのか?

・カタパルトが高い。
 蒸気カタパルトの技術は実質的にアメリカから買わなきゃならん。
 蒸気カタパルトの場合、整備性が悪く故障も多い(4基あるとして、
 常に半分はメンテ中と考えなきゃならんレベル)。
 今から作るなら電磁カタパルト一択だけど、やっぱりアメリカから
 買わなきゃならなくなる。
131 :2015/11/10(火)15:53:35 ID:m3H
・アレスティングシステムが高い。
 時速200㎞で突っ込んでくる艦上機を受け止める技術が必要。
 →やっぱりアメリカから買わなきゃならなくなる。

逆に言えば、カタパルトもアレスティングも要らないのならば、
かなり安くなる。
それがイギリス式の安さの理由。
(ロシア式はアレスティングのみ有り)
141 :2015/11/10(火)15:57:00 ID:m3H
・空母が欲しい(前提条件)。
・お金は無い。
・イギリス式軽空母は安そうだ。

おぼろげながら形が見えてきた気がする...

が。

ここで浪漫的に残念なお知らせがある。
151 :2015/11/10(火)15:59:03 ID:m3H
現実的に考えて、

F-35C 艦上機
F-35B STOVL機

の二者択一なのである。
161 :2015/11/10(火)16:03:27 ID:m3H
対抗馬としてギリ挙げられるのはスパホかラファールかハリアーなのだが、
どう考えてもF-35を蹴るだけの理由が見つからない(Su-33とかMiG-29Kとかは
現実的に案にすらならん)...
171 :2015/11/10(火)16:07:05 ID:m3H
なんとか浪漫を見出すとすれば、

ロシア式ならF-35C艦上機が使える(かも)。
イギリス式だとF-35B STOVL機しか使えない。

純粋な能力差ではF-35C>>>F-35Bなわけだから、
結局、「空母に何をさせたいのか」が最初のステップとなる。
181 :2015/11/10(火)16:09:11 ID:m3H
自衛隊が空母を保有する理由として考えられるのは、
やっぱり、シーレーン防衛。
それも「空の脅威」から海上輸送路を守る必要性がある。

...とこじつけられる。
191 :2015/11/10(火)16:18:17 ID:ZYj
手元に世界地図があれば分かりやすい。

日本のシーレーンは東シナ海・南シナ海・マラッカ海峡・インド洋・ホルムズ海峡...
と延びているわけだが、
この内、”自衛隊の防空圏内”に入っているのは東シナ海だけ。
他は米軍頼みなわけだ。
特に、中国のアレがある南シナ海方面は現実的な脅威の割に空っぽと言っていい。

ここに空母を置く。
と考える。
201 :2015/11/10(火)16:21:42 ID:ZYj
・フィリピンに空自を駐屯させた場合
・南シナ海に空母部隊を配置した場合

どちらが安くて面倒が少ないか。
具体的な計算は全くしていないけど、空母のほうが安上がりなんじゃないかと
思う。軍事基地という「不動産」は高くつく。特に海外に置く場合は。
21名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)16:38:14 ID:4NY
ちゃんと読むから続けてくれ
早期警戒機をどうするかも加味してね
E2D運用できれば最高だけど強襲揚陸艦タイプじゃそうもいかんしな
そうでないと日本の防空エリアから出られない空母打撃群になってしまう
221 :2015/11/10(火)17:12:30 ID:7Vp
(夕飯のビーフシチュー作ってくるから待ってて)
23名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)17:31:43 ID:4NY
うまそう

いずもにF35B載せてはい、出来上がり最強

という安直な話で終わらないことを願う
もう見飽きたしそんな空母打撃群を持つのはそんな簡単な話じゃない
241 :2015/11/10(火)17:53:30 ID:7Vp
(沸騰待ちなう)

南シナ海に展開できる自衛隊戦力のうち、
・対地(対艦・災害救助)能力
・対潜能力
は割と充実してはいるが、
・対空能力
が空っぽである。

ここに空母を突っ込む余地がある。
つまり、自衛隊空母は「対空能力」を重視したものでなくてはならない。
251 :2015/11/10(火)18:01:17 ID:7Vp
Max100のステータスで表現すれば、
・対空能力:50
・対潜能力:40
・対地能力:10
くらいの対空・対潜特化型空母、というのが現実的な自衛隊型空母
に求められる能力だと思う。

対空・対潜特化型のシーレーン防衛用空母...

そう言われて、何か思い出さないだろうか。
261 :2015/11/10(火)18:04:24 ID:7Vp
大戦期の急造品。船団護衛の切り札。Uボート・キラー。

護衛空母

である。
27名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)18:10:36 ID:4NY
人少ないがめげずに続けて
見てるから
281 :2015/11/10(火)18:10:46 ID:7Vp
目指すべきは現代版護衛空母、とここで仮定してしまおう。
護衛空母といえばなんといっても「安さ」。量産性も含めた低価格が
強味だ。必要最低限の航空戦力を運用して海上輸送路を敵機・敵潜水艦
から護衛する。それが護衛空母。

自衛隊にはぴったりだ。
291 :2015/11/10(火)18:25:03 ID:7Vp
方向性が決まったところで、他国の例を見てみると...

・ロシア式:○カタパルト不要。=安い。
      ○F-35C艦上機が使える(かも)。
      ×アレスティングは必要。
      ×スキージャンプで発艦させるために武装・燃料を加減しなきゃならない。
       ≒F-35Cの能力半減。

・イギリス式:○カタパルト・アレスティング不要。=安い。
       △F-35B STOVL機しか使えない。
       ○F-35Bをフルスペックで使える。

値段の割にロシア式のメリットが薄く、
値段の割にイギリス式のメリットが厚い。

よほどの理由が無い限り(F-35B開発中止とか)イギリス式軽空母でいいと思う。
30名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)18:47:41 ID:4NY
もしかしてシーキングAEW改めEV-22積むか?
31名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)18:50:40 ID:4NY
俺はアメリカ級強襲揚陸艦的な物を推す
321 :2015/11/10(火)19:03:25 ID:7Vp
>>21
で突っ込まれた通り、対空能力で重要なのは早期警戒能力(AEW)の有無。
ぶっちゃけF-35のCかBかって話より重要。
カタパルト・アレスティングがあればE-2級の艦上AEWを運用出来るが、
無ければヘリ型AEWで我慢しなきゃならなくなる。

が。

ここで浪漫が爆発する。
33名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:04:20 ID:4NY
期待
341 :2015/11/10(火)19:07:45 ID:7Vp
>>30
正解。
カタパルト要らずアレスティング要らずで使えるE-2級(かもしれない)AEW。

オスプレイの早期警戒型である。








(浪漫爆発っつっても、やっぱり現状他に選択肢無いからね)
35名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:09:26 ID:4NY
ゴメン先に言っちゃって

俺はUS-2のAEWタイプを考えたんだが、これもまたロマン
361 :2015/11/10(火)19:12:22 ID:7Vp
なんたって航続距離・巡航速度共にヘリ型AEWとは段違い。
上手にやればスキージャンプで滑走発艦だって出来るかもしれない。
何よりもあの変形ギミックは浪漫。

最低限、レーダーピケットとして機能してくれれば何とかなるし、
将来的には↓これ↓みたいな











AEW型のUAVでもいいと思う。
371 :2015/11/10(火)19:15:00 ID:7Vp
・イギリス式軽空母
・F-35B STOVL機
・オスプレイAEW

飛行甲板が埋まってきたね。
では搭載する艦上機の数を決めよう。
最低限必要な数を決めて、そこに盛っていく方向で考えたい。
38名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:18:52 ID:4NY
自律型ドローンAEWを警戒護衛艦に載せるというのも手だね

後はあきづき型護衛艦みたいなのを充実させて行きたいな
391 :2015/11/10(火)19:20:09 ID:7Vp
船団護衛のみを考えた場合、戦術単位として

F-35B *2個小隊6~8機
オスプレイAEW *1個小隊3機

くらいが最小限かな? これ以上減らすとやばい気がする。
40名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:25:33 ID:4NY
上陸支援は構想に無いんだな?
その陣容だと対潜が弱いんじゃないか?
それは周りの護衛艦やDDHが一緒に行動して担当する前提なのか?
411 :2015/11/10(火)19:28:40 ID:7Vp
ここに対潜(対機雷)能力を付与する形で、

対潜ヘリ *1個小隊4機
掃海輸送ヘリ *1機

とすれば、計14~16機。

英インヴィンシブル級が計21機、伊カヴール級が計20機だから、
もうちょい欲張れる計算になる。

>>40
鋭い。もうちょい後で。
421 :2015/11/10(火)19:31:38 ID:7Vp
・イギリス式軽空母
・南シナ海でシーレーン防衛
・F-35B*8、オスプレイAEW*3、対潜ヘリ*4、掃海輸送ヘリ*1

次はいよいよ空母のサイズを考える。
43名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:31:50 ID:4NY
わかった
静かに見守る
44名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:33:39 ID:4NY
ヘリは
SH60とMH101?
451 :2015/11/10(火)19:36:03 ID:7Vp
STOVLを運用する軽空母を考える際、必ずしもスキージャンプ台は必須ではない。
全長≒滑走路が長くて速力が出せれば、大戦期のレシプロ機のごとく
発艦出来る。

正直、あのスキージャンプ台は甲板上の構造物としてはかなり邪魔なのだ。

>>44
SH60とMH101で現状問題無いと思う。H101で統一しちゃうのも浪漫だけど。
46名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:37:48 ID:4NY
おっとMCH101か
DDの格納庫にははいらんな
これだけは母艦搭載か
471 :2015/11/10(火)19:40:47 ID:7Vp
スキージャンプ台が必要な軽空母の例としては、
伊カヴール:全長244m 最大速力28kt
西フアンカルロス1世:全長230.82m 速力21kt(強襲揚陸艦)

スキージャンプ台の要らない軽空母(?)としては、
米ワスプ級:全長257.3m、最大速力22kt
米アメリカ級:全長257.3m 最大速力22kt

がある。

ちなみに日本のいずも型は、
全長248m 速力30kt
とある。
481 :2015/11/10(火)19:42:32 ID:7Vp
数字だけで考えれば、あと10mくらい甲板を伸ばすかスキージャンプ台を
設置しないと、いずも型でSTOVL運用は無理っぽい。
49名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:44:25 ID:4NY
ロマン的には水上機母艦の秋津洲の現代版に双発飛行艇型早期警戒機の組み合わせ希望
501 :2015/11/10(火)19:47:37 ID:7Vp
と言うわけで...

選択肢は二つ。

・スキージャンプ方式にするか?
・サイズと速力でカバーするか?

これは正直好みで決めちゃってもいいと思う。
ID:4NY 君に任せた。

>>49
浪漫だなぁ...なぁアッシマー?(母港執務室の机の下を見つつ)
51名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:48:52 ID:4NY
イヤイヤ
いろいろしゃしゃり出てすまんかった

最後までやってくれ
見てるから
521 :2015/11/10(火)19:53:25 ID:7Vp
正直、どちらも一長一短あって悩みどころ。

全長と速力を取れば、それだけお金がかかる。
その代わり脚が速ければ戦略機動も高まる。

スキージャンプ台にすれば、全長と速力を節約できるから安くなる。
その代わり発艦以外の役に立たない邪魔者を艦首に据え付ける羽目になる。

軽空母の全てがスキージャンプ方式であり、
アメリカの強襲揚陸艦だけがフラットな現状を考えれば、答えは見ているだろうか...
531 :2015/11/10(火)19:57:00 ID:7Vp
アメリカ級のWikiに

>>当初は西欧諸国の軽空母(イギリス海軍のインヴィンシブル級など)
 のようなスキージャンプ勾配の設置も検討されたが、
 V/STOL機の発艦効率が向上する一方でヘリコプターの発着に使えるスペースが
 減少することから、最終的には棄却された

とあるし、発艦効率だけなら
スキージャンプ>>>フラット甲板
らしい。

マジで迷う。ここが分水嶺となるやもしれん。
54名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)19:59:41 ID:4NY
一艦だけで全部賄おうとするとその壁に当たるよね
551 :2015/11/10(火)20:02:58 ID:7Vp
迷った時は基本に帰ろう。

自衛隊型空母の任務は「シーレーン防空」。
つまり優先度はF-35B>>>ヘリ。
発艦効率優先だ。

てなわけで、ここはスキージャンプ式にする。
561 :2015/11/10(火)20:05:57 ID:7Vp
そうと決まれば、全長も速力も節約できる。
全長だけなら「いずも型」の248mで充分っぽいし、速力はもうちょい
怠けてもよさそうだ。

必要能力が決まったので機関方式を決めよう。
571 :2015/11/10(火)20:09:32 ID:7Vp
海自の場合、1980年代以降はCOGAG(巡航用ガスタービンと戦速用ガスタービンの併用)
を採用しているが、
ここは浪漫的に欲張って、

統合電気推進

を推したい。
58相模川右岸 :2015/11/10(火)20:12:08 ID:416
やっぱ機動部隊要るよな 第9航空戦隊
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/army/1440923929/l50
591 :2015/11/10(火)20:13:24 ID:7Vp
なにせ現代の戦闘艦、電力はいくらあっても足りない。
将来登場するであろうレーザーCIWSに備えたっていいだろう。
多少のロスがあるっぽいが、速力で妥協できるからデメリットは少ないはず。
601 :2015/11/10(火)20:15:06 ID:7Vp
・スキージャンプ式軽空母
・F-35BとオスプレイAEWと対潜ヘリ
・統合電気推進

かなり形が固まってきた。
次はレーダーを含めた個艦防衛装備を考える。
61名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)20:17:30 ID:4NY
手堅過ぎたとこへ変化球来たな

面白くていいかも?
621 :2015/11/10(火)20:20:29 ID:7Vp
>>61
冒険出来る部分がここだけ みたいな気もする...

いずも型はひゅうが型と比べ、大型化した割には値段が安い。
その理由は個艦防衛装備の簡略化だ、ってのは有名な話。
図体の大きさよりも電子装備のほうが高くつくのが現代戦。
となれば、
当然、安さ重視の自衛隊空母もまた個艦装備は軽くするに限る。
(浪漫が...)
63名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)20:22:29 ID:4NY
>>50
貼るの忘れてたわ



641 :2015/11/10(火)20:24:13 ID:7Vp
ぶっちゃけ、いずも型と同レベルでいいと思う。

ファランクスCIWS*2
SeaRAM-CIWS*2
OPS-50三次元レーダー
OPS-28対水上レーダー
OPS-20航海レーダー

短SAMすら諦めていくスタイル。

>>63
(固い握手)
651 :2015/11/10(火)20:26:58 ID:7Vp
逆に、図体を大きくしてもそれほど高騰しないのなら、
ある程度の大きさにしてもいい。
F-35BもオスプレイAEWも小柄とは程遠いからね。
661 :2015/11/10(火)20:32:04 ID:7Vp
まとめ
【これが自衛隊型空母だ!】

・スキージャンプ式軽空母
・対空・対潜重視のシーレーン防衛用
・F-35BとオスプレイAEWが主力
・統合電気推進
・個艦防衛装備はいずも型準拠
・艦体規模はいずも型の(やや)拡大版

何一つ計算してないからただの直感だけど、艦の値段だけなら
いずも型とほとんど変わらずに造れそうな気がする。

次は最大の問題・随伴艦の編成について。
671 :2015/11/10(火)20:36:13 ID:7Vp
「空母を運用するなら3隻は必要」
ってのはよく聞く主張だが、アメリカ型の原子力空母でもない限り、
2隻あればギリギリなんとかなる。
整備が面倒なカタパルトもアレスティングも原子力も無いもんね。

しかし、ってことは、最低でも軽空母2隻分の随伴艦も必要になるということ。

節約した分、ここで盛るのか。
更に切り詰めるのか。
681 :2015/11/10(火)20:38:17 ID:7Vp
米機動艦隊の場合、
・空母*1
・イージス巡洋艦*1
・イージス駆逐艦*2
を基本とし、これに前方哨戒用の攻撃原潜や補給艦が付く。

もちろん、こんな贅沢は海自には出来ない。
が、目安にはなる。
691 :2015/11/10(火)20:43:15 ID:7Vp
要するに、軽空母艦載機の防衛網を潜り抜けてきた敵機や敵潜を
排除するための
・防空担当艦
・対潜担当艦
が最低1隻ずついればいいわけだ。
イージス艦や原潜が必須ってわけじゃない。
701 :2015/11/10(火)20:45:33 ID:7Vp
防空担当艦
には、あきづき型を。

対潜担当艦
には、25DD型とかたかなみ型とかを。

(潜水艦も出来れば欲しいけど...お金ががが...)
711 :2015/11/10(火)20:47:25 ID:7Vp
どーしても、というのならあきづき型1隻だけでもなんとかなりそうな気もする。

軽空母*1
あきづき型*1 *2個

これでミニマムな機動部隊だ。
721 :2015/11/10(火)20:54:18 ID:7Vp
対艦ミサイルが海面スレスレを超音速巡航してくるのが当たり前となりつつある現代戦、
いかにイージス艦といえども、水平線の向こう側は見えない=撃てない。
その場合、イージス艦でもあきづき型でも射程距離は40km程度らしい(TASのWikiだと37kmだそうな)

頑張れ秋月。
731 :2015/11/10(火)20:57:07 ID:7Vp
まとめ
【これが自衛隊型空母機動艦隊だ!】

・スキージャンプ式軽空母
・対空・対潜重視のシーレーン防衛用
・F-35BとオスプレイAEWが主力
・統合電気推進
・個艦防衛装備はいずも型準拠
・艦体規模はいずも型の(やや)拡大版
・護衛はあきづき型*1
・軽空母*1 あきづき型*1を2セット

以上がつらつら考えた結論となる。
実際に計算した場合、たぶん人件費あたりで詰むと思う。
が、頑張ればなんとかなりそうな雰囲気もあると思う。
741 :2015/11/10(火)21:00:54 ID:7Vp
しかしだ。

ここで出てしまうのが貧乏性。
せっかく造った軽空母、色々付け足して便利に使わにゃ...

多目的艦 なんてのが流行な昨今、こんな意見は必ず出てくる。
751 :2015/11/10(火)21:04:00 ID:7Vp
いずも型には輸送機能・補給機能・病院船機能が付与されている。
伊カヴールにも揚陸艦機能がある。
西フアンカルロス1世や米ワスプ級に至っては強襲揚陸艦に軽空母能力が付与されている。

では、この自衛隊型軽空母に付与されるのは何か?
76名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)21:05:51 ID:4NY
>>72
まあ、シースパローだからしょうがないよね

欲いえばこんごう型が一隻空母打撃群に加えたいとこだが
77相模川右岸 :2015/11/10(火)21:10:57 ID:416
いずも級にF-35Bを載せれば要が足りる。
万全である必要はない。
主に政治的に必要なのだ。
781 :2015/11/10(火)21:11:46 ID:7Vp
>>76
(現状、現実的な案としては空母打撃群どころか護衛空母群だからね。
 最大射程50kmのESSMとあきづき型のFCS-3でギリなんとかなる)
79名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)21:13:42 ID:4NY
フォークランドのインビンシブルが最後まで悩まされたのが低空で侵入するアルゼンチンのシュペルエタンダールを艦載レーダーだけではとらえきらなかった早期警戒機の無い所だったからね
まぁEV-22はまだ構想段階だけどそこを考えたのは評価
801 :2015/11/10(火)21:14:24 ID:7Vp
>>77
割といい線いってる。

自衛隊軽空母って言ってるけど、要はいずも型をちょっと大きくして
スキージャンプ付けただけと言っても過言じゃないからね。

そこからが本題なのです。
81相模川右岸 :2015/11/10(火)21:14:58 ID:416
現在ある護衛艦艦隊の輪形陣にF-35Bを載せた「いずも級}を配置する。
そいいう考え方で、既に艦隊が組まれてる。
821 :2015/11/10(火)21:15:39 ID:7Vp
強襲揚陸艦を海自が計画中、って話があるでしょ。
83相模川右岸 :2015/11/10(火)21:16:42 ID:416
>>80
スキージャンプは必要ない。
アメのワスプ級をみれば明らか。

いずも級大きくするのは、LCACを運用する強襲揚陸艦として必要。
84相模川右岸 :2015/11/10(火)21:17:37 ID:416
>>82
研究費500万円だけどな。
851 :2015/11/10(火)21:17:58 ID:7Vp
現状、ひゅうが型とおおすみ型の組み合わせで立体上陸作戦は可能っちゃ可能。
いずも型の就役でさらに現実的になってはきている。

このタイミングで強襲揚陸艦を計画する理由は何か。
86相模川右岸 :2015/11/10(火)21:20:25 ID:416
>>85
建て前は敵に奪われた離島の奪還。
それでいいじゃないか。
871 :2015/11/10(火)21:20:37 ID:7Vp
つまり、

計画中の強襲揚陸艦といずも型を組み合わせ、
空自の届かない南シナ海で
護衛空母群じみたことをするつもりではないか。

と俺は考えているわけだ。
88相模川右岸 :2015/11/10(火)21:22:10 ID:416
>>87
北方領土の奪還を忘れていかん。
南シナ海だけなら強襲揚陸艦は必要ない。
891 :2015/11/10(火)21:24:21 ID:7Vp
今まで述べてきた自衛隊型軽空母にウェルドックを付け足して、
ヘリはいずも型に集中させて、こっちにはSTOVLとAEWを集中させて、

「軽空母」と「ヘリ空母」と「強襲揚陸艦」を組み合わせた艦隊

を、近々ヤバい南シナ海シーレーン防衛に投入するんじゃないか。

そう考えている。
90名無しさん@おーぷん :2015/11/10(火)21:25:52 ID:4NY
ところで一群しか編成しないのか?

船団護衛だと複数群必要だが
驚異の元を断つなら強力な一群に集中でもいいと思うが
昔のハルゼーの58機動部隊みたいな
91相模川右岸 :2015/11/10(火)21:26:44 ID:416
24DDH「かが」の進水。
安保関連法案の成立。

我が国が固定翼機を載せ、南シナ海へ艦隊を派遣するのは明らかである。
92相模川右岸 :2015/11/10(火)21:28:27 ID:416
>>90
「いずも」「かが」を纏めて輪形陣の中央に置くのは、日本的な発想といえる。
つまり空母の集中運用だ。
931 :2015/11/10(火)21:29:57 ID:7Vp
ヘリをいずも型に集中出来れば、スキージャンプの欠点は一応解消される。
軽空母にF-35BとオスプレイAEWを集中させれば、空自の届かない海域で動ける。
形としては、現状のいずも型の部隊に軽空母を加える形になると思う。それが一番無駄が少ない。


南シナ海がヤバイこと、空自だけじゃシーレーン全てはカバーできないことは明白だし、
どうにかしなきゃと考えるのは当然のこと。
「どうにか出来そうな」案の一つが自衛隊型軽空母であり、計画中の強襲揚陸艦なんだと思う。

浪漫だ。実に浪漫だ。なぁ。
94相模川右岸 :2015/11/10(火)21:30:41 ID:416
ブリッツ・クリーグ(電撃戦)がドイツのオリジナルなら、空母の集中運用は日本のオリジナルだ。
95相模川右岸 :2015/11/10(火)21:32:29 ID:416
軽空母艦隊は浪漫ではなく現実的な話。
浪漫とは発艦カタパルトを備えた正規空母の保有を指す。
961 :2015/11/10(火)21:34:02 ID:7Vp
>>90
出来れば南シナ海、マラッカ海峡周辺、ペルシャ湾周辺に2個セットずつ
置きたいところだけど、今ぶっちぎりでヤバいのが南シナ海だからね。

予算的にも1群編成できれば万々歳でしょう。
(1群ってのは軽空母*1+護衛*1 *2セット って意味かい?)
971 :2015/11/10(火)21:35:26 ID:7Vp
>>95
浪漫を保持しつつ現実的に考える だからね。
98相模川右岸 :2015/11/10(火)21:38:19 ID:416
>>96
常駐する必要はない。必要な時に出す。
我が国の防衛ラインはの基本は千島・樺太からマラッカ海峡まで。

輪形陣の中心には軽空母1隻、あるいは2隻。
柔軟性を持たせるべし。

万全である必要はない。
100点でなければ0点ではないのだから。

ないより、あった方がいいと考えた方がいい。
99相模川右岸 :2015/11/10(火)21:39:20 ID:416
>>97
タイプはともかく、空母艦隊を取り戻すこと自体が浪漫だからな。
1001 :2015/11/10(火)21:41:26 ID:7Vp
理屈をこねただけの俺の妄想上の自衛隊型空母を現実的に考えた場合、
その姿に最も近いのが、海自の強襲揚陸艦計画なんじゃないか。

そう俺は結論する。
というか、そうであって欲しいね。
浪漫的にも、国防的にも。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





浪漫を保持しつつ、自衛隊用空母を現実的に考える
CRITEO