open2ch.net
携帯で見る

創作文芸@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: まったりSS書くからキャラ貸してくれ【砂塵の章】 (519) 2: ■【オマサガ】みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第10.5章】(シモン待機場所) (495) 3: 詩を書いてみた (122) 4: ザ・チンポ (6) 5: 【読心】 (小説) (47) 6: 【雰囲気文学】靄(もや) (12) 7: だらだらと小説書いてってもいい? (10) 8: 小説修行スレ (4) 9: ストーリーを当て文字で作るスレ (1) 10:【おまえら】シモン、逝く【ありがとう】 (8) 11:■【オマサガ】みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第10章】 (1000) 12:ここではSS書いていいのか? (3) 13:ホームページ開設 (3) 14:好きなのに悲しいほど話題にならぬアニメ (1) 15:【オマサガ神】シモン◆MOCOY8gPysさんを礼賛するスレ (1) 16:ジワジワくる画像貼ってけ (2) 17:おーぷん創作文芸板民はシモン◆MOCOY8gPysさんに感謝しましょう (3) 18:久しぶりにこの板覗いたけど何か変化があったのか? (6) 19:ぶっちゃけシモンのおかげで文芸板注目度アップしてるよな (1) 20:俺「オマサガが潰された訳だが」 (11) 21:こそこそと小説書いてく (12) 22:■【オマサガ】みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第9章】 (1000) 23:文芸民「読む読解力もないのに小説を書こうなんてやめておけ」 (2) 24:中2病ぼくが安価で初めてSS書くぞ (12) 25:俺がSS書くから評価してくれ (4) 26:読んだ本、読んでいる本報告スレ (2) 27:お題を出しあって文章力を高め合うスレ (64) 28:お前らの書いた小説、ラノベを見て俺が感想を述べるスレ (2) 29:なんまめさん見てますか (2) 30:感想が欲しいのに誰もくれなくて泣きそう (32) 31:知恵と発想を寄せ集めた安価SF小説を作ろうぜ (5) 32:早稲田大学学部別格付けランキング (3) 33:小説評価してくれ (4) 34:簡潔明澄な方法で裏設定を解読する方法 (1) 35:彡(^)(^)「昭吾」 (1) 36:創作意欲くん「よし! じゃあバリバリ書くぞ!」 ぼく「うん!!」 (27) 37:作家志望者が集まるスレ[負け組専用] (35) 38:メモ書き用 (2) 39:創作メモ (1) 40:幻影の相貌 (1) 41:妄想設定考えたからキャラクターとかシナリオ案くれ (7) 42:おーぷんでロボットものの妄想設定作ろうぜ! (13) 43:【METAL・HEARTS・IF】 (100) 44:おーぷん全板行脚 六十六板目 (1001) 45:404NotFound (1) 46:シナリオ製造装置を開発しよう (5) 47:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (15) 48:夢で怖い話途中までみたから続き考えてみよう【夢CM】 (3) 49:メタハーのスピンオフ書いてみた (53) 50:小説評価してー! (8) 51:小説の1片を投下するから評価して (8) 52:Schachnovelle;StefanZweig (2) 53:安価で作品作るお (35) 54:思い付くまま、ノリと勢いでラノベを書いてく (6) 55:JosephFouche:StefanZweig (12) 56:JosephFoucher:StefanZweig (3) 57:ここにいるメンバーで、同人ゲームを作りたい (27) 58:源氏さんの災難 (1) 59:祈り(仮想の創作文芸小説です) (68) 60:女が土の中に埋まってた (118) 61:書けなくなった時の対処法を上げるスレ (24) 62:創作ものがたり研究室 (13) 63:好きな作家を書いていけ。 (60) 64:ふえぇ・・・趣味で小説、ラノベを書いてる人の雑談スレだよ・・・ (20) 65:IDと青空文庫で創作するスレ (3) 66:ネット小説家スレ (6) 67:本家の板にはなぜキチガイが多いのか議論するスレ (9) 68:ネットで見かけた気持ちの悪いレスを貼って行く (45) 69:三語で書け!即興文スレ (21) 70:物を書くにあたって過去の名作を読む必要はあるのか (20) 71:作家でごはん (7) 72:好きな作品を書いていけ (5) 73:【嫌われない】主人公について考えよう【主人公創り】 (24) 74:おーぷん2chワナビ部 (44) 75:【河出書房新社】文藝賞【純文学の新人賞】 (5) 76:【ワナビの】好きなラノベ作品・作家【憧れ】 (2) 77:文体検証の方法を教えてください (16) 78:文芸即売会へ行ってるおまいらはちょっと来てください (7) 79:皆で一文ずつ書いていって壮大な小説を作るスレ (71) 80:自分が読んだ本を淡々と呟くだけのスレ (10) 81:小説・ラノベ風に雑談・文練習するスレ (16) 82:おまいらオススメのSSとかあるかい? (3) 83:創作とはあまり関係ない雑談スレ (90) 84:俺の小説が伸びない (6) 85:なろう終わった1  (7) 86:【オマサガ】みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第8.5章】 (1000) 87:セキエイに登る陽 (209) 88:ホモ小説書く (3) 89:スチームパンク×能力バトルの設定考えてくれ (26) 90:ここで小説晒したらみんな見てくれるの? (27) 91:また詩を書いてみた (10) 92:【小説】なかなか書けないでいる俺にアドバイスをくれ【物語】 (2) 93:中高生の映画研究部が作成した映画にありがちなこと (1) 94:幻夜軌跡とかいう作家www (11) 95:そーぶん板の雑談スレ (191) 96:コンマって作家知ってる? (2) 97:小説の設定を一緒に考えて欲しいです。 (135) 98:誰かいる? (973) 99:ビチクソ太郎 (1) 100:創作板の愉快な仲間達 (1)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:519】まったりSS書くからキャラ貸してくれ【砂塵の章】
1菩薩◆XuHlfjDjx0ab:2015/11/15(日)19:08:48 ID:uEN
キャラの名前・性別・容姿・能力・その他諸々をご自由にお書きください
世界観は中世ヨーロッパ、中央アジア、インド、日本etc…で、大まかに人間VS魔族(モンスター)という対立構造になっています
人口の98%が戦士という対魔族専用村を拠点に魔族を狩ってゆく話なので、モンスターの設定も勿論大歓迎
※1 現在キャラ募集は凍結しております
※2 強制sageがかかったので移転してきました

まったりSS書くからキャラ貸してくれ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1434382932/l30

まったりSS書くからキャラ貸してくれ【砂塵の章】(VIP版)
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1437707800/l50

まったりSS物語wiki
http://wikiwiki.jp/bokutotu/?FrontPage



510名無しさん@おーぷん:2017/09/28(木)00:22:43 ID:OlK
a

511名無しさん@おーぷん:2017/12/16(土)07:53:32 ID:OQ1
未完(´-ω-`)…

512名無しさん@おーぷん:2018/05/24(木)06:56:55 ID:H6T
エタったんか

513名無しさん@おーぷん:2018/05/29(火)16:22:18 ID:wxv
生きてるか?>>1

514冒頓単于◆XuHlfjDjx0ab:2018/05/31(木)23:15:47 ID:3i0
生きてます

515名無しさん@おーぷん:2018/06/01(金)08:01:47 ID:ZLs
続きは期待してええんか?

516冒頓単于◆XuHlfjDjx0ab:2018/06/01(金)08:09:36 ID:Msd
就活期間に入ったので忙しくなりますが
続けていきたいと思います

517名無しさん@おーぷん:2018/06/26(火)21:55:16 ID:0IS
せめて生存報告くらいは……

518名無しさん@おーぷん:2018/07/01(日)20:48:56 ID:7zn


519名無しさん@おーぷん:2018/08/05(日)08:22:03 ID:Bas


名前: mail:

【2:495】■【オマサガ】みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第10.5章】(シモン待機場所)
1シモン待機&◆rSrhczUg7I:2017/07/04(火)21:34:40 ID:Jtd
おーぷん発、スレ住人参加型ファンタジーストーリーのスレです。
皆さんから投稿してもらったキャラを使って小説を書いています。

*キャラ募集は終了しました。

■物語まとめ 小説家になろう

オマエラサーガOP2ch

http://ncode.syosetu.com/n4311cc/

■登場キャラwiki
http://wikiwiki.jp/omaera2ch/

◉前スレ

■【黒歴史】おまえらを登場人物にして小説書く
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1398678740/

■「オマエラサーガOp2ch」第2章
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1399827318/

■「オマエラサーガOp2ch」 第3章
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1400338495/

■みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第4章】
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1402068583/

■みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第5章】
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1404225165/1-

■【オマサガ】みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第6章】
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1431526480/1-

■【オマサガ】みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第7章】
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1433056085/1-

■【オマサガ】みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第8章】
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1434723976/1-

■【オマサガ】みんなの考えたキャラで小説書いてみる【第8.5章】
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/bun/1437059376/1-

ここでシモンが次スレ建てるのを待ちましょう



486名無しさん@おーぷん:2018/03/28(水)19:19:45 ID:94B
↑ブーメラン

487名無しさん@おーぷん:2018/03/30(金)13:18:52 ID:r4J
シモンも喜んでる

488名無しさん@おーぷん:2018/04/17(火)23:14:52 ID:1eo
10か月ぶりぐらいに除いてみたが、まだ粘着してるのか
指紋はもうやめたみたいだが

489名無しさん@おーぷん:2018/04/17(火)23:15:58 ID:1eo
というかこの板死んどる…

490名無し:2018/04/18(水)01:51:25 ID:sxs
ここ関連の奴で残ってるのアルケミぐらいだからな
あいつもなろうでしか活動してないが

491名無しさん@おーぷん:2018/04/18(水)06:54:03 ID:FKH
シモンがおらんのに粘着も糞もない

492名無しさん@おーぷん:2018/04/21(土)17:07:07 ID:JVJ
シモンなろうまで潰されてて草

493名無しさん@おーぷん:2018/05/30(水)13:02:41 ID:SZq
やっと消えたか
再開お願いしますよ

494名無しさん@おーぷん:2018/06/05(火)00:22:14 ID:hyr
^^

495名無しさん@おーぷん:2018/06/14(木)17:45:15 ID:Hsz
876 :シモン◆MOCOY8gPys :2017/04/22(土)01:01:33 ID:now ×
シモンの被害者さん

ここまで喰い下った奴は今までいないぞ!
なかなに気に入った!面白すぎ!



からの現在

名前: mail:

【3:122】詩を書いてみた
1名無しさん@おーぷん:2015/07/27(月)02:33:19 ID:2Ms
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1437660781/179-
先程誘導されたので、VIPのスレ持ってきました
これからはここでやって行きます
誘導してくれた小説書きさん、ありがとう



112名無しさん@おーぷん:2017/12/13(水)11:33:21 ID:cMM
で?

113みみ:2017/12/14(木)00:18:31 ID:GQm
どうかな?

114あかさた:2017/12/14(木)17:57:25 ID:GQm
テスト

115あかさた:2017/12/15(金)21:22:16 ID:buU
てす

116てすと:2017/12/15(金)21:26:45 ID:buU
どうだ?

117てすと:2017/12/16(土)06:15:53 ID:9CO
さあ

118テスト:2017/12/18(月)23:36:16 ID:MwT
てすと

119てすと:2017/12/21(木)18:47:38 ID:Xgn
てすと

120名無しさん@おーぷん:2017/12/24(日)04:32:23 ID:0Wq
テスト

122名無しさん@おーぷん:2018/05/02(水)20:51:25 ID:aXf
うんこ

名前: mail:

【4:6】ザ・チンポ
1名無しさん@おーぷん:2017/06/08(木)09:51:40 ID:6SZ
チンポ、という名の少女がいた。
彼女は北パキスタンの山間にある寒村に生まれた。
末娘なので、いつも長女と次女からいじめを受けていた。
寒村にはテレビやゲームなど娯楽が全くなく、いじめくらいしか遊びがなかったのである。
今日も、チンポが石灰で白く濁った川から洗濯を終えて戻ると、二人の姉が柳で作った鞭を構えて待っていた。
事情を問う暇もなく、鞭がうなりながらチンポの小さな背を打った。



2名無しさん@おーぷん:2017/06/08(木)10:09:24 ID:6SZ
やめて下さい助けてください、砂利だらけの乾いた髪を振り乱して、チンポは赦しを乞うた。
しかし、姉達の鞭を振るう手は止まらなかった。麻の服が破れ、露わとなった小麦色の肌に赤い線が一本、また一本と増えていく。チンポは耐え難い痛みと恐怖と絶望に圧し潰され、遂に気を失ってしまった。即座に冷たい井戸水が浴びせられ、恐ろしい拷問が再開される。
もはや妹を妹と思わぬ所業。二人の姉は無間地獄へ堕ちるであろう。そんな風に呪ってみても、余計傷跡が痛むだけであった。
真夜中、チンポは便所から出て月を見上げた。ああ、彼女の煌々たるや何と優しげであることか! チンポの両眼から、大粒の涙が滂沱として流れ落ちていた。チンポは孤独だった。

3名無しさん@おーぷん:2017/06/08(木)10:18:05 ID:6SZ
便所に戻ったチンポは、怪しげな男が便器に腰掛けているのを見た。それも左脚を右脚に組んだ状態で。つまり、なかなか偉そうな体勢だったのである。男は頭に巨大なターバンを巻いていた。
目を凝らさねば、人の身体を得たヤドカリのようにも見えた。
男は口元に微笑みを浮かべた。彼はズボンを下着ごとずり下ろした。男の一物はナンガパルバット(パキスタンの山。標高8126m)のように雄々しくそそり立っていた。
チンポは、生命の神秘を垣間見た気がした。
同時に、その活力に満ち溢れた神秘を自らの体内へと取り込みたい、合体してそのまま融合したい気分になった。
すなわち、チンポは興奮していた。

4名無しさん@おーぷん:2017/12/01(金)23:44:18 ID:sFT
なんやこれ

5名無しさん@おーぷん:2017/12/15(金)00:37:54 ID:5R2
草&草&草

6名無しさん@おーぷん:2018/04/13(金)21:23:23 ID:1C6
えぇ…

名前: mail:

【5:47】【読心】 (小説)
1名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)00:25:20 ID:EtH
別所で書いていたやつをこの機会に貼っていくお
今別作品にかかりっきりだし、いつ完結させられるかわからないけど



36名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)19:48:41 ID:EtH
 学校の休み時間に友達の席に行き、空いた前の席の椅子を後ろ向きに使って座り、友達の机の上にタロットを置いて、
「これからお前のことを占ってみる」
と言うと、友人は驚いたようですが(当然です。私は今まで友達と体を使って動き回ったり、トランプや将棋などのゲームで遊んだりしましたが
――当時まだ子供が手軽にやるようなテレビゲームはありませんでした――、こういう内面的なものへの興味は少しも示していませんでしたから――まあ、実際それまでは普通の遊びに夢中だったんですがな)、すぐに興味を持ったらしく、
「うっそ。お前占い出来るの!? 占ってみてくれ」
と、食い付いて来ました。私がもっともらしく置いたタロットに興味津々なのも明らかでした――実際、小学四年生でタロットカードを持っているなどいくらもいないでしょうからな。
 とりあえず私は、
「何を占ってほしいですか?」
と、占い師らしい口調で訊いてみました。
 それを聞くと友人はちょっと考え込んだようですが、
「日曜のサッカーの試合について」
と答えました。――彼が地域の少年サッカー団に所属しているのは私も知っていました。

37名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)19:49:23 ID:EtH
 私がカードを手に持ってシャッフルしだすと、元々初めから周りにいた私たち二人共通の仲のいい友人の他、物珍しさから離れたところにいた同じクラスの友人や同級生が寄って来、
タロット占いというところに惹かれたのか、普段あまり話さない女子たちも集まって、やや遠巻きにですが我々の方を見てきましたな。
 私が家で勉強して練習した型通りに、机の上に置いたタロットカードの山――タロットデッキ――を右手で扇形に広げると、私は考えていた通りに、
「ではここで、目を閉じて、額をカードに近付けて、念をカードに送り込んでください」
と言いました。
 これは私が付け合わせやすいように相手の額を前に出させる方便で、実際にそんなことをしろなどとは――念を込めながら、込めた人がシャッフルするというのは載っていましたが――読んだ本に書いてなかったわけですが、いかにももっともらしく考え付いた方法で、
うまくそれに素直に従った友人が目を閉じて、座ったまま前屈み気味になり、首を俯けると、都合よくちょうど額が私の顔の正面を向いて突き出されることになりました。
「ではこれから占います」
と言うと、小さな机から落とさないようにチラと位置関係を確認した後、私も目を閉じてタロットを両手で机の上に広げてかき混ぜ始めながら――前屈みになってこつんと額を友人の額に付け合わせました。
 相手はあからさまに驚いたようでしたが、私は「そのまま念を送り続けてください」と、これもあらかじめ考えていたもっともらしい言葉で動かないようにさせ、周囲の驚いたらしい反応も無視してそのままタロットを両手でかき混ぜ続けました。

38名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)19:50:09 ID:EtH
 小学校に上がる前以来ですからもう5年程振りでしょうか――私は再び他人に――しかも家族ですらない相手に――額を付けることへの緊張と警戒に身を固くしながら
――それでもその間机からカードを落とさないように気を付けて、外面的には一生懸命平静を装いながらタロットを両手でかき混ぜました――友人に額を付け合わせました。
 ――内心恐る恐る額を付けたのですが、意外や、入ってきた思考、意識は私にとって違和感のある、驚く感覚の強いものではありませんでした。
初めに、私が額を付けた瞬間、相手のびくっとした動きと共に、突発的な驚きの感情
(というか反応の感情というか。極めて短い瞬間のものでした)がすごい勢いで駆け抜けていった後、『何してるんだこいつ』『本当に当たるのか』といった思考の言葉――独白――がこれもまた額を通して素早く私の頭に入り込んできました。
私は、これ――額を付け合わせる行為――もタロット占いの一環であるかのように平静を装って、
先に言った通り、「念を送り続けてください」と言って相手の驚きの感情・反応と、(額を離す)動きを抑えると、こぼさないように慎重にタロットをかき混ぜながら、本来の目的通りの思考を読み取ることに集中しました。

39名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)19:51:05 ID:EtH
 ――さっき言った通り、実に5年ぶり、しかも家族以外の者と初めて額を合わせるにも関わらず、私にとって、友人の額を通して入ってくる思考、感情は違和感の強いものではない
――初めに額を付けた時驚きの感情と共に入って来た意識の雰囲気というか色合いというかは、――ベスは別として――むしろ両親よりしっくりくるものでした。
警戒して額を付けた私にはかえって拍子抜けでしたが、思えば、同年代の同性という極めて近い立場はこれが初めてですし、
何といっても高学年といえるかいえないかくらいの(9~10歳の)小学生男子の考えることなんて単純で皆同じようなものですからな。
遊ぶことと体動かすこと(まあこれも遊びの中ですることが多いですが)――時々極端に内向的な子がいるにしても大体こんなものですわ。この年齢では恋愛にもさほど興味を示しませんからな。
――こう、カッと乾いた熱性の風が来る感じで――いうなればそう――サバンナの風と空気とでもいいますかな――、
遊びと体を動かすことが興味のほとんどを占めており、
友達関係――現に今額を付け合わせている私と彼の友情関係――も大部分そのことでつながっているわけで、私に対する親愛というか、友情の念もその乾いた熱い空気の中に自然に紛れ込んでおり、かえってわかりやすかったですわ。
加えて彼は、さっき言った少年サッカー団にも参加しているスポーツ少年で、なおのことそういう傾向が強かったですな。

40名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)19:51:29 ID:EtH
――あと、さほど違和感を感じなかった理由に、先ほど言った体育後や、朝方のピリピリ飛んでくる思考をしばしば受けていたことにより、
同じ生徒、友達同士の立場として、今回入って来た思考や意識の色合いにあらかじめ慣らされていたのもあるでしょうな。

41名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)19:51:53 ID:EtH
 そのように、5年振りに他人に額を付けて入って来た初めの思考、意識の印象は意外にもすんなり受け入れられるものでしたものでしたが――
さて、肝心のサッカーのことに関しては、当然私には思考や意識を読むことは出来ても、未来を予知することは出来ないわけですから、そこらへんは方便として利用したタロットの占いを素直に読んで、適当にごまかすしかないと考えていました。
しかし、せっかくですから、ある程度相手からサッカーに関する思考を読み取ってみようという思いもまたありました。
さすがに、サッカーの試合について占うと言ったのに、それについて――たとえろくに出来ることは無いにせよ――何もしないのは気が引けましたからな――私の中のちょっとした誠実な面といえましょうか。
――そうすることで、占うと言った自分の内心の折り合いを付けるとともに、ひょっとしたら、そうやって読み取った内容が占いや判断の助けになるかもしれないという思いもありました。

42名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)19:53:16 ID:EtH
 ――そうやって、サッカーに関する思考を読み取ろうとしたのですが――私が相手の驚きの気持ちを抑えるために「念を送り続けてください」と言うと、
一呼吸スース―風通しのいい薄い‘流れ’が来た直後、一気にブワッと大量のサッカーに対する意識、思考が額から流れ込んできました。
私は仰天したんですが、相手にしてみれば、素直にサッカーのことを考えたんですな。おまけに‘念を送れ’と言ったわけですから、
相手に私のようなテレパシー能力の認識がないとはいえ、こうなるのは当たり前だったわけで――まあ、素直に従ってくれるいい友人で、‘占い’相手だったということですな。
――それはもう、すごい意識の量で、サッカーボールが体に当たった感覚や、ボールを追ってグラウンドを走っている時の息の切らし方にグラウンドの土埃の臭い
(当時はサッカーブームでもないですからな。芝生でなく土のグラウンドを借りての練習や試合のようでした)、
周りのプレーヤーの掛け声、うまくシュートがゴールに入った時の快感まで――触覚、視覚、嗅覚、聴覚、運動感覚に
サッカーにまつわる感情の動きまでいちどきに大量に入ってき――一番厄介だったのは、運動感覚で、サッカープレイしている時の体を動かしている意識の再現でしたな。
私も体育の授業や、休み時間、放課後にその友人も合わせて大勢でよくサッカーで遊びましたが、やはり、普段からかけ離れて上手い彼のプレイを意識の中とはいえ再現されると、
彼ほど深くサッカーに入り込んでおらず不慣れな上、私にはついていけないプレイ――体の動き――意識の流入に、私の脚や腰が思わずむずむずと動きそうになるぐらいでした。
――これはある意味、小学校に上がる前に父親の額から読み取った仕事の意識――情報――が入って来た時の戸惑いと似ており、
友人の方は趣味とはいえ、それだけ一生懸命だったんでしょうな。普段は他愛もなく遊んでいるだけでしたが、そういう面をこのことで感じ、ちょっと感心した記憶がありますわ。

43名無しさん@おーぷん:2015/07/17(金)19:54:32 ID:EtH
半年前に書いたのがここまで
その後PCぶっ壊れて、最近までネットから離れ、今は天使と妖精を書いているのだ・・・
http://ncode.syosetu.com/n4910ct/

44シモン◆qECGVNv88M:2015/07/18(土)20:52:59 ID:Bt6
純文学ですね(^_^)
さて、ここからどうなる?

45名無しさん@おーぷん:2015/07/18(土)22:30:10 ID:w8r
>>44
完成させるにしてもまだまだでせう…
純文学というほど大したものでもないけど

名前: mail:

【6:12】【雰囲気文学】靄(もや)
1名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:41:32 ID:nuK
立ったら適当に書いてくから読んでくれ
雰囲気明治感を出したい
感想とか指摘とかよろしく



2名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:42:31 ID:nuK
お集まりいただいたのは他でもない、この私めの縦横無尽な我儘気儘が為でございます。
それは何かと申せば、夙めてまでに仕上げねばならぬ書き物でありまして、尽力など塵も知らぬという風を吹かしましますは如何にも甲斐性無しといった様相でありますが、この甲斐性無しに蜜をくべる貴殿らもまた、ともすれば甲斐性無しであるのです。
かくある我らが膝交え頭擦り合わせようとも決して文殊菩薩にはなり得ぬわけで、砂は烏合の衆を傍目にオリフィスを流れ出ることをやめませぬ。

3名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:43:39 ID:nuK
一瞥に限れば宛ら円卓会議。しかしながら跳梁跋扈する各各の左手にはシガレツトが挟み込まれており、互いの煙を雑ぜ合う容を見るに、各人の身の程など風前の埃に同じ。単なる円卓を囲んだ廃人の集いでありました。
待たれよ、シガレツトを持っていようとも右手で原稿を持ったらば推敲は可能ではあるまいか、シガレツトくらい赦しなされ。否、廃人らの右手にもまたシガレツトが握り締められておりました。

4名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:44:24 ID:nuK
「センセイ、《ガス燈の照らす霙の軌道》という表現はスバラシイ風情を感じますな。雪粒の点を線と描く耽美な時空表現。イヤハヤ、お見それいたします」
灰色の雲海の中から漏れ出す賛辞に有難さなどありませぬ。適当に往なしつつ、私は調理場に珈琲を飲みに行きました。

5名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:45:14 ID:nuK
調理場は暗く冷え切っており、厳冬の夜との境目を失っていました。勘に頼って戸棚を開け、湯呑みを取り、小瓶から挽き置きの珈琲豆を振り入れました。底の焦げた薬缶に水道から水を入れ火にかけている間、私はふと過去に埋没するのでありました。

6名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:47:55 ID:nuK
在りし日曜日、何の兆しでありましょうか、私は日の出るより夙きに覚醒いたしました。安直で愚直な私は、後の結末も露知らず、これが吉兆であると妄信してしまったのであります。
徐に布団から這い出で、縁側から庭先を覗きました。何やら蠢く影が在ります。私はじつと見、そして、我が眼を疑いました。

7名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:48:40 ID:nuK
その影は人影で、顔はまさに我が妻のものであったのです。影は私の起床を知らぬ様で美しい舞を踊るっておりました。
この朝早くから尋常ではない。言い知れぬ恐怖が身体を支配しており、動くのは眼球ばかり。言葉を発する代わりに眼を動かす私。そしてその時、 その眼は捉えてしまったのです。隣に眠る妻の姿を。

8名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:49:25 ID:nuK
靄晴れぬ庭には舞い踊る妻、並んだ布団には死んだように眠る妻。嘘も誠も現も夢もありません、幻の朝でありました。紺碧の空に滲んでゆく優しい白が何時よりゆっくりに感ぜられました。
庭で踊る妻は実体を持たぬ霊のように、ふわりふわりと舞っておりました。布団で眠る妻は寝息すら立てず、私の心の暗雲を増幅します。こうして私はすっかり前後不覚に陥ってしまったのであります。

9名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:50:11 ID:nuK
妻が舞を止めるまで、ただ静寂が過ぎ去りました。弱竹と見紛う四肢の動きが凍りつき、同時に、泥む事無く流れていた時間が止まりました。庭の妻は脈絡を断ち切ってぴたりと止まり、首をぐねりと捻りこちらを見ました。そして目尻を下げ口角を歪ませ、笑った様な顔をしました。

10名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)11:59:44 ID:2cw
支援

11名無しさん@おーぷん:2018/02/13(火)12:20:33 ID:2cw
更新マダー

名前: mail:

【7:10】だらだらと小説書いてってもいい?
1名無しさん@おーぷん:2017/10/29(日)00:01:57 ID:WY4
不定期で書いてく



2名無しさん@おーぷん:2017/10/29(日)00:03:11 ID:WY4
 1021日目の朝はじつに爽やかだった。
 寝心地の悪い小汚いベットには虫がわいていた。むし暑さと、巨大な換気扇の騒音に起こされた私は、味気ないレーションで腹を満たす。
 すっかり日課となった運動を軽く済ませ、あちこち傷んだスーツに着替える。鏡の向こうからのぞく顔は、頬がこけていた。昔より痩せたおかげか、以前より威厳が出たというか、パリッとしたかんじである。

3名無しさん@おーぷん:2017/11/03(金)18:23:50 ID:CpV
「おはようございます、大統領!」

 やかましい側近の敬礼を軽く流しつつ、私は国民たちのもとへ早足で向かう。
 こちらに来てからというもの、すっかり時間感覚を忘れてしまったもので、遅刻など日常茶飯事であった。

「その呼び名はやめろと、何度も言ってるだろ」

「いえ!大統領は何があろうと、我々の大統領であります。大統領、今日もお若いですね!」

「わかりやすいお世辞で機嫌をとるな」

 私は激務から解放され、一国民として生きるつもりだった。しかしながら、人々は期待と、親しみと、あるいは怒りををこめてそう呼ぶのだ。
 大統領、と。
 なにより、彼等は指導者を求めていた。この地の底から自分たちを救い出す希望を求めていた。

 広場に着くと、まばらに人が立ち込めていた。私の話に聞き入ろうと、じっとこちらに眼差しを向けるものもいる。毎朝大した話もしないのだが。
 彼等の後ろには、仕事場へ向かう者、朝っぱらから呑んだくれるものもいる。ここに居ないものは、すでに早くから働いているか、自室で寝ているかといったところだろう。働いているものは少ない。しかし、私は彼等に職を与えてやることもできないのだ。

4名無しさん@おーぷん:2017/11/03(金)18:36:50 ID:CpV
「ハロー、ハロー。我が国のみなさん。今日は1021日目の朝であります」

マイクから流れる放送は、地下都市全てに繋がっている。わずかで、貴重な電力を使って私にできることは、彼等に語りかけることだけ。

「本日の天気も曇り。シェルターの中は微妙に晴れです。風邪が流行っているので、体には気をつけて、手洗いうがいをちゃんとやりましょう。ちなみに、風邪には飲酒が効果的です。私も朝から呑んだくれる所存です」

 彼等は笑わない。以前は気の利いたジョークを飛ばす大統領との定評があったものの、こちらにきてからはからっきしだ。
 やかましい側近の笑い声だけが広場に響いていた。

「今月のスローガンは『節制』。シェルター内では深刻な物資不足が続いております。朝から飲むことは大変推奨されますが、節度を守って、少ない物資をみんなで分け合いながら楽しむことを心がけましょう」

5名無しさん@おーぷん:2017/11/04(土)10:27:02 ID:SZZ
「大統領!」

 群衆の中から手が上がる。私は、『そもそも飲酒を慎め』とつっこまれるものと期待したものだが、

「どうぞ」

「以前、ずいぶん前に派遣された調査隊の件なんですが……」

 いよいよか、と私はげんなりした。どうにか暗い話題になるのを避けようと、他愛ない話というか、要すれば現実逃避的な内容ばかり話してきたというのに。しびれを切らした国民たちは、どうせ結果も分かっているというのに、悲惨な現実に話を向けようとする。

「……調査隊については、いまだに進展はありません」

 その言葉に、不安げな様子を隠しきれない顔。質問を投げかけた彼女は、被服屋というか、服を直したり、洗濯をしたりする仕事を営んでいる女性だ。私もたびたび利用しているもので、顔はよく知っていた。

「それは、芳しい結果が出ていないだけという意味でしょうか? 調査隊はまだ帰還していないのですよね? 何か連絡はあったのでしょうか」

「いえ、外の環境では通信機器が使用できないもので……。我々にできるのは、ただ、帰還を待つことだけです」

6名無しさん@おーぷん:2017/11/04(土)11:17:48 ID:SZZ
 群衆がわずかにざわめく。当然だ。わずかに残った陸軍で編成された調査隊は、不足した物資を調達するだけの、短期間を想定したミッションに駆り出した。
 これまでのミッションでは、とくに問題もなく帰還してきた。にもかかわらず今回の調査に至っては、数日で戻るといった彼等は、数か月たった今も戻らないのだ。

「大統領……調査隊には、私の兄が参加しているのです。どうか、シェルターの人員で、捜索隊を出すことはできないでしょうか。もちろん私も参加します。どうか、大統領!」

「それは検討できない。いや、それには及ばないというべきか。彼等は軍事訓練を受けている。彼等は強い。素人の私たちとは比べるべくもない。必ず生きて帰ってくる」

「大統領……」

「我々には何もできない。できることは、ただ、生きて帰りを待つだけだ。ほかに何かある者は?」

 手をあげる者はいなかった。人々の顔にはすっかり暗い表情が浮かんでいる。ほら、これだから……現実的な話題には触れたくないのだ。

7名無しさん@おーぷん:2017/11/05(日)00:11:27 ID:oea
 私には何もできない。
 このクソったれな状況を解決する力など持ち合わせてもいない。大統領などと大層な名前で呼ばれるべきではない、しがないジジイにすぎない。

「しかしだ皆さん。希望を忘れてはならない。我々は人類の未来を託された、わずかな生き残りだ。幸運な者たちだ」

 そう、我々は恵まれている。あの日以来、あらゆる常識の崩壊してしまった世界でも、このシェルター内では日常を送ることができる。生きることができる。

「どんなに規模が小さくても、ここは『合衆国』だ。先人たちが開拓した国で、我々は自由のスピリットを受け継いでいる。我々はやがて、いつか、外の世界で以前のような生活を送る」

 いつしか飲んだくれも、道行く人々も足を止め、私の話に聞き入っていた。

「だから皆さん、その日までは、生き延びることです。日々の中にわずかでも楽しみを見つけ、生きる活力を養いましょう。私からは以上です。では、どうか、良い一日を」

8名無しさん@おーぷん:2017/11/06(月)00:08:01 ID:goB
 しかし、いちおうは大統領の立場にある以上、朝から飲んだくれているわけにもいかず、職務を果たす義務がある。
 まあ職務といってもざっくりしたもので、シェルター内の管理、物資の管理、警衛隊の統制など他にもさまざまだ。
 おおむね管理職みたいなものである。

「大統領! そんなにげんなりなさらずに」

 物資の在庫に関する書類をながめながら、いかに分配していくものかと頭を悩ませている横で、やかましい声が鳴りひびく。

「私がげんなりしている隣で、やかましい側近がやかましいとな? もっとげんなりしちゃうんだが」

 ひげ面に屈託のない笑顔を浮かべながら、側近はだははと笑い飛ばす。

「いやあ、大統領! いっつも自分がふさわしくないとか、役に立ってないとか、そんなくだらない事で悩んでらっしゃるでしょ?」

「訂正する。おまえはやかましい側近じゃなくて無礼な側近だ」

9名無しさん@おーぷん:2017/11/07(火)21:25:12 ID:zDr
 このやかましくて無礼な側近――ウィンストンは、私が本当に大統領だった頃からのSPだ。
 でかくて、いかつくて、極めて無礼なやつである。しかし、

「でも大丈夫。大統領は、ちゃんとやってるって、俺、見てますから! シェルターのみんなだって、大統領が頑張ってる事わかってるんですよ」

「だから……わかりやすく機嫌をとろうとするな」

 ……まあ、それなりに信用のおけるやつではある。

「ところで大統領、そいつはなんの書類で?」

 ウィンストンは興味深そうに、私の手元にある書類をのぞき込む。

「こいつはな、ウィンストン。すごいぞ。ここの欄を見てみろ」

「へえ、どれどれ……って酒ばっかじゃないすか。これがどうしたんですか?」

「馬鹿。こいつはな。我々の未来を揺るがす一大事業というか、国家プロジェクトみたいな、要すれば私にとっての希望だ」

 いまいち要領を得ないといった風に首をかしげるウィンストンに、わかりやすく在庫の欄を指さしてやる。

「これだ」

「在庫数? あ、増えてる……ああ、もしかして! 作ってるんすか、シェルター内で」

「いかにも」

 そう。物資不足が進む一方で、シェルターの西側区画を利用し、前々より食糧生産が試みられていた。
 このシェルター、当初は資産家たちが出資して建造したものだった。大戦に備え、数万人が長期避難できるように。
 しかし、どうしたものか、とうの資産家たちは現れなかった。ここの存在を知っていた私は、国民たちを引き連れ、抜け殻のシェルターに避難したのだ。
 長期避難が想定されたシェルターには、食糧生産のため、自動化された巨大な地下農園が西側に設置されていた。多少、修理が必要ではあったものの、シェルター内の数万という人間を養うには、十分な生産力である。
 そして昨年、収穫された果物を使い、果実酒を製造する計画が発足。結果としてはまずまずで、先日受けた報告書では、おおむね半年分の果実酒の醸造に成功したとのこと。

10名無しさん@おーぷん:2017/12/15(金)00:21:23 ID:5R2
見とるで

名前: mail:

【8:4】小説修行スレ
1名無しさん@おーぷん:2017/09/07(木)22:12:57 ID:2bP
俺が勝手に使っていくで



2名無しさん@おーぷん:2017/09/14(木)17:06:00 ID:6rO
なる

3名無しさん@おーぷん:2017/09/16(土)15:46:45 ID:tyu
(´-ω-`)

名前: mail:

【9:1】ストーリーを当て文字で作るスレ
1漫画板に立ってるので載せとく:2017/07/19(水)12:30:38 ID:Zrq
どんな作家業やってる人らにも贈る、文字当て目安表のやり方スレ。

漫画1話作るときに使用する例載せとく。

↓ストーリーライン

開      ↓ ~1話の全体ヨコライン37Pの場合~ ↓        終
始                                   了
|――――――――――――――――――――――――――――――――――――|
↑                                   ↑
1  ↑   ↑ ↑   ↑  ↑   ↑   ↑  ↑ ↑  ↑  ↑37
P  波   波 波   波  波   ギ   波  波 波  波  波 P
   乱   乱 乱   乱  乱   ャ   乱  乱 乱  乱  乱 
                    グ                

展開目安の例文字:波乱 平穏 驚愕 悲惨 展開 盛り場 狼狽 結末 魅せ場 独創 ギャグ ほか



これ、こういうの作ってって漫画を描いて【文字目安入れに見合った展開】を描いていく。

自分が入れてみたい文字、気に入っている文字、好きな文字、その他の文字、
それをこのヨコライン表の矢印に入れて漫画のストーリー作りをする。
もしくは、これよりより矢印針のように入れていってより事細かに細かく展開目安を入れて作品制作していく。

それだけでも目安表が無いよりはいくらかストーリー目安としてそれに向かって描いていける。
そんな作り方を考えて作ってみますた。

どんな漫画を描きたいかやほか、使えてく制作分野にとって目安あるのと無いのとでは、
完成物に違いができる…。

そんな考えのもと、誰でも表見ながら手軽に描けるメリットとして提示提案してみた。

もひとつ、この表を使って世の中のいろんな作品物を
文字記入方法で当て入れしてみていく利用方法としても一つの手としてあるって言っとく。

そして自分で作った目安表うpったりとかして好き勝手していくといいよ。

そんなスレ。

そんだけ(´・ω・`)


ノシ



名前: mail:

【10:8】【おまえら】シモン、逝く【ありがとう】
1名無しさん@おーぷん:2017/07/03(月)12:59:40 ID:Ngx
どうでもいいけど



2名無しさん@おーぷん:2017/07/03(月)13:10:40 ID:AYP
どうでもいいならスレ立てんなカス

3名無しさん@おーぷん:2017/07/03(月)18:14:55 ID:FxO
シモンのファンと名乗る嵐の爆撃で埋められててワロタ

4名無しさん@おーぷん:2017/07/03(月)21:16:46 ID:qar
ウルトラメガトンスーパーギガンティックザマァ

5名無しさん@おーぷん:2017/07/04(火)00:33:55 ID:XfX
シモンくん、いつ笑い話になるの?もう二ヶ月たったよ?


836 :シモン◆MOCOY8gPys :2017/04/22(土)00:50:42 ID:now ×
>>830
まぁ、いづれ笑い話賑わったなるさ
その時に腹の底から笑いたけりゃ
とことん馬鹿やろうや

6名無しさん@おーぷん:2017/07/04(火)11:42:20 ID:z6q
自分に非があることをいつか笑い話になるって楽観してる時点でもう駄目だったんだなぁ

7名無しさん@おーぷん:2017/07/04(火)13:17:41 ID:XfX
ガチで何回か泣いてそう

8名無しさん@おーぷん:2017/11/17(金)22:03:26 ID:hHE
恋人もいないのに  シモンズ フルバージョン 歌詞付き.flv
http://youtu.be/pPGvI6unbSI&list=PLpCTHnuJMCzZzacP6klIK2cNMbehVGb67

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net